TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TNAの現在のストーリーラインのまとめ
本当はスラミバーサリーの直後ぐらいに一旦まとめておこうと思ったのですが、予想以上に忙しかったため、少し遅くなりました。
現在の各選手の役割についてまとめておきます。


カートアングル(フェイス→ヒール)TNA世界ヘビー級王者
ロックダウンでフェイス軍団のリーダー格を務めながら、協力しようとしないメンバー達にキレてしまい、その後は自分の過去の栄光と実績をひけらかして横暴に振舞う、WWE時代のようなキャラに転向。ツボにはまった演技で視聴率アップに貢献中。共闘していたときから折り合いの悪いサモアジョーと、お互いの持つベルトをかけて、ハードジャスティスで完全決着戦に向かう模様。なおタッグのベルトはジョーが2本とも持っているため、アングルに権利はないらしい。

サモアジョー(フェイス)TNA世界タッグタイトル、及び、Xディビジョン王者
ビクトリーロードのマッチオブザチャンピオンズ戦に出場するため、Xディビジョンタイトルを久しぶりに獲得。アングルと組むことになるが、予想通り試合終盤に裏切られるものの、対戦相手のチーム3Dの宿敵、スタイナーブラザーズのリックスタイナーが3Dを妨害したことで、1対3の状況下ながらピンフォールを奪うことに成功。2冠王となる。アングルとの完全決着戦を熱望しているのは、アングルよりもむしろジョーの方。

クリスチャンケイジ、トムコ、AJスタイルズ(ヒール)
最強ヒール軍団も、スコットスタイナーがスタイナーブラザーズの再結成に伴いフェイスターンして脱退。さらにアビスを利用するだけ利用して、暴行を加えて追い出したことで、アビスとその後見人のスティングに付けねらわれることになる。さらに、クリスチャンはクリスハリスの標的にされ、ライノにも引き続きつけ狙われており、周りは敵だらけの状態。敵が多すぎて、タイトルを狙う余裕はなさそう。

アビス、スティング(フェイス)
ジェームズミッチェルの呪縛から解き放たれたアビスは、自分を利用し暴行したクリスチャンへの復讐を狙う。スティングはこれをサポートしている。しかし、アビスに突き放されたミッチェルが新たなモンスターを用意してアビスへの報復を予告。誰が新モンスターなのかに注目が集まる。(台風でハッスルからの帰国が遅れたマットモーガンが最有力)なお、スティングとクリストファーダニエルズの抗争はうやむやのまま無かったことにされる様子。

チーム3D「ブラザーレイ、ブラザーディーボン」(フェイス→ヒール?)
タッグタイトルをビクトリーロードで奪われご機嫌斜め。観客からのブーイングが日増しに強くなる中、ついに観客に対し暴言を吐き始める。このままナチュラルにヒールターンするのか。それともスタイナーブラザーズがフェイスなので、抗争が終わるまでヒールとなるのかは現時点で不明。スタイナーブラザーズとのレジェンド対決が注目されるが、元WWE世界タッグ王者のVKMがこの争いに首を突っ込んできており、三つ巴の様相。

スタイナーブラザーズ「スコット、リック」(フェイス)
去年から再結成の噂があったスタイナーブラザーズが、スコットの契約問題が解消されたためついに実現。スラミバーサリーでチーム3Dと雌雄を決するはずが、スコットが一時重体に陥るほどの怪我を負い流れてしまう。この際、スコットの代理としてロードウォーリーアーアニマルが登場。究極のレジェンドタッグが急ごしらえながら誕生する。
命を救われたプエルトリコの病院で、スコットはラテン系の人々への感謝の気持ちを覚えた事でLAXと急接近中。共通の敵であるチーム3Dを相手に共闘もありえる展開。

LAX「ホミサイド、ヘルナンデス +時々マシェッティ」(ヒール→フェイス?)
過激な白人に対する逆差別的言動で不動のヒール軍団だったのが、コナンの離脱や熱狂的なサポーターの出現で、なし崩し的にフェイス扱いされている。チーム3Dにタイトルを奪われたことで、タッグ戦線の中心から一歩引いているが、人気、勢いともレジェンドたちに引けを取らないどころかそれ以上。

VKM「キップジェームズ、BGジェームズ」(フェイス)
WWEへの宣戦布告が失敗に終わった後、噛み付いてきたクリスティヘミー軍団との抗争に入るが、仲間だったはずのランスホイトがヘミーとくっついてしまい、抗争自体もうやむやになってしまった。その影響か、急遽、チーム3Dとスタイナーブラザーズの対決に首を突っ込んできている。ビクトリーロードで、謎のヴードゥークイーンを登場させ、観客があっけに取られる迷場面を演出。迷走はまだまだ止まらない様子。

ライノ(フェイス)
ヘビー級戦線フェイスの実力者でありながら、特にこれと言った役割を持たず、その時々の抗争でフェイス側に味方している。クリスチャンとの因縁もくすぶっているが、今は下火。

クリスハリス(フェイス)
ストームとの因縁もくすぶっているものの、現在の標的はクリスチャン。しかし、なぜか登場したダスティンローズに邪魔されている。ダスティンがハリスを狙う理由はまったく不明。

ジェームズストーム、ジャクリーンムーア(ヒール)
ハリスの標的がクリスチャンに移ってしまったため、相手がいなくなったと思ったら、ライノと対戦が組まれてしまう。ジャクリーンはストームをサポートしつつ、ゲイルキムを標的としているため、キムがついているエリックヤングも2人に敵視されている。

エリックヤング、ゲイルキム(フェイス)
ジェフジャレットの協力もあり、エリックヤングはロバートルードの呪縛から解放される。ゲイルキムもエリックに協力。しつこくエリックを懐柔しようとするMsブルックスを撃退する。エリックの絶大な観客人気は健在。キムの試合も女子とは思えないほどの人気を誇る。

ロバートルード、Msブルックス(ヒール)
ジムコルネットの介入もあり、結局エリックヤングを手放すことになった。試合に敗れるたびにトレイシーのせいにするロバートルードとそれに黙って耐えるトレイシーという関係がお約束。

XXX「クリストファーダニエルズ、センシ、エリックススキッパー」(フェイス?)
スティングとの抗争がうやむやに終わったダニエルズ、いまいちバックランドと上手く絡めないセンシに、一度解雇されたエリックススキッパーを再び呼び戻して、TNA初期の名チームがビクトリーロードで再結成。機動力ならTNA最強のユニットが復活した。今のところ誰につくのかは不明。

モーターシティマシンガンズ「クリスセービン、アレックスシェリー」(ヒール)
デトロイトゆかりのXディビジョンの若手有望株二人を組ませてみたものの、ちょうどいい抗争相手がおらず、影が薄くなってしまった様子。

ジェリーリン(フェイス)
ベテランに敬意を払わない若手のはねっかえりに業を煮やし、教育のため戦い続ける。

ピーティウィリアムズ(フェイス)
ルードとエリック、ハリスとストームの両方の抗争にかかわっていたが、両方とも沈静化しつつあるので、ピーティがあまってしまった。現在は特に抗争相手はなし。

ジェイリーサル(フェイス)
控え室で冗談でやっていたランディサベージの物真似が大受けし、現在のブラックマチズモのキャラが生まれた。念願のXディビジョン初戴冠も経験したが、その後すぐにタイトルを奪われてしまった。

サンジェイダット(フェイス)
新キャラ「グル(聖人)」として登場するも、平和、非暴力を説く性格上、戦闘力は低下した様子。

クリスティヘミー、ランスホイト、ダマジャ&バシャム(ヒール)
クリスティが連れてきたチームは、元WWEのバシャムズだったが、VKMとの抗争はうやむや。むしろ、途中でクリスティが誑し込んだランスホイトの方が目立っている。VKMがチーム3D、スタイナーブラザーズに向かっているので、現在は手持ち無沙汰なチームになってしまっている。

カズ(ヒール?)
元セロトニンメンバーながら、あまりの理不尽さにチームを抜け、現在はセロトニンに報復をもくろんでいる。

セロトニン「レイヴェン、マーター、ハボック」(ヒール)
相変わらず存在意義の不明なユニット。とにかくレイヴェンがメンバーを竹刀で殴るのがお約束だが、試合の勝敗にはあんまり関係なく殴る。抗争相手も特に無く、いつもジョブをやらされている印象。

ブラザーラント(フェイス?)
活躍華々しいチーム3Dの兄貴分たちとは裏腹に、さっぱり登場機会が与えられない。試合前のファンサービスには登場しているらしく、もしかすると故障欠場かも。

シャークボーイ(フェイス)
怪我から復帰後、アンダーカードの盛り上げ隊長として、PPVに参戦している。

ジェフジャレット(フェイス)

実生活で奥さんを亡くし、スラミバーサリー以降、登場機会はなし。年内にTNAヘビー級王座を獲得すると言う噂があるが、本格的に引退に向けた準備の可能性も。

ケビンナッシュ(フェイス?)
主に別撮りのスキットで活躍。若手をおちょくる役割。

Mrバックランド(フェイス?)

相変わらず、よくわからないが、とにかく最近の若者はなってないらしい。

ダスティンローズ(ヒール?)

ビクトリーロードからなぜか突然クリスハリスを妨害している。ターゲットがハリスなのか、対戦相手のクリスチャンを援護したのか。いずれにせよまったく謎の状態。

ロンキリングス(ヒール?)
TNAに解雇を突きつけ、そのまま会場にも来ていない。ジャレットの説得も受け入れなかったため、このままフェードアウトの線が濃厚。
スポンサーサイト
TNAの現在のストーリーラインのまとめ
以前、TNAのロスターメンバーの状況をまとめた記事をアップしてから2ヶ月が経過しました。いろいろと激動しておりますので、改めてまとめておきます。今回は各抗争毎に分けております。

クリスチャンケイジ、トムコ、スコットスタイナー、AJスタイルズ vs カートアングル、サモアジョー、ライノ
 プラネットジャレットが無くなり、強力なヒールユニットが消滅しましたが、新たなヒールユニットとして、現NWA世界ヘビー級王者のクリスチャンを中心に集結。スコットスタイナーを「相談役」として雇うことで、層が分厚くなった感があります。
 これに対抗する勢力として、クリスチャンの持つベルトを狙うカートアングルに、アングルとの再戦を望むサモアジョーが協力。AJと対立するライノはその流れで協力する形になってます。しかし、軍団と言うよりは3人の利害が一致しているときだけ手を組むという寄り合い所帯。にもかかわらず、一人一人がTNAで最強クラスという不思議な集団です。
 普通はヒールの方が強力なメンバーを抱えながらも結束がいまいちで、地力で劣るフェイス軍団が鉄の結束で立ち向かうのがセオリーなんですが、完全に逆転してます。

LAX vs チーム3D
 結局、タッグタイトルを保持したままのLAXが、少しTNAを離れていたチーム3Dの復帰後に小競り合いを繰り返し、ついに本格抗争へ。LAXは3Dにやられた報復として、3Dの関係者を次々に襲撃すると言う展開。両者ともアゲンストオールオッズのタイトルマッチで決着を狙っています。LAXの結束が堅い一方で、奇行の目立つ末弟のブラザーラントをレイが殴ったのが、果たして何の伏線なのかが気になるところです。さらにLAXは新メンバーの加入も絶えず噂されており、タイトルマッチもすんなり終わるとは考えにくい状況です。

クリスセービン vs ジェリーリン vs クリストファーダニエルズ
 Xディビジョンタイトルはこの3人で争われる展開。次回PPVでは若手の傲慢な態度に業を煮やしたジェリーリンが、現王者でかつて面倒を見ていたクリスセービンと対決。セービンにタイトルを奪われたダニエルズは、今のところ抗争相手がいない状態。最新のiMPACT!でも、登場はプロモーションビデオのみでした。ただ、PPV以後はダニエルズも当然、タイトルに絡んでくると思われます。AJがヘビー級戦線にいる今、Xディビジョンの頂点を争う3人の抗争です。


スティング vs ジェームズミッチェル w/アビス

 実際に闘うのはアビスですが、すっかりスティングとミッチェルで、アビスを取り合うという構図になっています。アビスがかつて殺人の罪を犯し、服役していたというストーリーから、どうやらミッチェルがアビスのトラウマを利用して、マインドコントロールで操っており、スティングはその洗脳を解こうとしているようです。アビスがタイトルを持っていたときは、タイトルが絡んだ利害もあって、わかりにくい面があったのですが、タイトルが移動したことで、シンプルになってきました。すでに2ヶ月引っ張っているアングルですが、結末はどうなるのでしょう。

ジェームズストーム w/ミステネシー、ロバートルード w/ミスブルックス(?) vs クリスハリス、ピーティーウイリアムズ w/ゲイルキム、エリックヤング
 かつてのプラネットジャレットのメンバーだったAMWとチームカナダのメンバーが、それぞれの元チームメイト同士で対立。利害が一致するもの同士が協力すると言う展開。
 ソロでプッシュされながらも芽が出ないロバートルードは、自分の失敗を全てミスブルックスこと、トレイシーのせいにして怒鳴りつける毎日。ルードはエリックヤングの会場人気に目をつけ、彼の懐柔をトレイシーに命令するも、トレイシーの方がエリックヤングについて行ってしまう。
 一方、LAXとの抗争に破れ、自暴自棄となったジェームズストームがクリスハリスを裏切り、ミステネシーことジャクリーンと結託。目の負傷のため欠場中のハリスに代わり、LAXからアメリカ国旗を守ったピーティーウイリアムズがゲイルキムの協力を得て対立。
 結果的にルードとストームのキャラが被ってしまったので、2つのストーリーラインをくっつけたようにも見えますが、悪くない展開だと思います。はたしてトレイシーの翻意は本心からのものなのか。さらにクリスハリスはどのような報復に出るのかが今後の焦点となるでしょう。

アレックスシェリー vs オースチンスター vs ジェイリーサル、サンジェイダット vs センシ +ケビンナッシュ、ボブバックランド
 ナッシュ主催のPCSは、微妙な反応を残しながら、元祖パパラッチのシェリーが優勝。しかし、Xのタイトル挑戦などの特典は特に無いようで、この5人で団子レース状態を維持しています。
 クリエイティブチームの方向転換で、iMPACT!最初期の10分制限がXディビジョンに適用されるかもしれないという噂がありますが、実現するとしたら真っ先に彼らが担当することになるでしょう。センシはコナンがLAXに引き抜きたがってますが、他の4人は今のところ抗争相手もいないので、しばらくこの状態が続くのかもしれません。
 会場人気ではシェリーが他を圧倒しています。誰が上へと抜け出していくのか楽しみです。

VKM vs ウーマンズディビジョン?
 結局、WWEからの反応は、予想通り全く得られず、挙句に主要なターゲットだったDXがHHHの負傷で活動休止となり、一気にトーンダウン。なぜか、前回PPVでクリスティへミーに食いつかれ、完全にスキット要員と化しています。
 女性蔑視発言を繰り返すキップジェームズが、このままクリスティへミーの熱望するウーマンズディビジョンの設立を黙って見ているのかどうかが焦点となるでしょう。ストーリー上はキップがヒールなのですが、観客の多くはキップを支持しているのが気になるところです。
 それと、未定とされるPPVでのヘミーの対戦相手が誰なのか。期待込みでリタが有望視されていますが果たして。

ランスホイト、デビッドエクスタイン(フェイス) vs デールトーボーグ、AJピアジンスキー(ヒール)
 メジャーリーグきってのTNAファンの2人に、それぞれレスラーがついて抗争中。2006年ワールドシリーズMVPのエクスタインが抗争の中心におり、4月のPPVがセントルイスなのも、彼がカージナルスの選手だからです。野球のシーズンがはじまるまでの限定ストーリーなのですが、ランスホイトにとっては復帰後初のプッシュですし、なにしろ(おまけ扱いとはいえ)一般のマスコミに紹介される大チャンスです。ただ、メジャーリーガー達がそう何度も登場できるはずも無く、彼らが来ない日はホイトも休みになるので痛し痒し。

ロンキリングス
 すっかり試合から遠ざかってます。TNA公式サイトやiMPACT!でプロモーションビデオが流されていますが、特に、抗争相手も無し。このまま腐ってしまわないといいんですけど。

ナチュラルズ vs シェインダグラス

 すっかりただの暴力親父になってしまったシェインダグラスと、結局、芽の出なかったナチュラルズ。アンディはナチュラルズの再プッシュの際、強行にイメージチェンジに反対したといわれ、結局、以前と代わり映えがしないまま、観客の支持を得ることなく、現在は解雇が噂されています。
 一方、「ナチュラルズの上手い方」こと、チェイススティーブンスは、オープニングマッチやXplosionなどで、ジョブをやってはシェインが怒鳴るというパターン。ストーリー的に建て直しが必要でしょう。

レイヴェン w/セロトニン(フランキーカザリアン、マットベントリー、ジョニーデバイン)
 チーム結成でプッシュかと思いきや連戦連敗。その都度レイヴェンが出てきてお仕置きというパターンで、結局、何をやらせたいのか意図がつかめません。抗争相手がいるわけでもなく、ただジョブを繰り返す3人と、彼らに竹刀を振るうレイヴェン。この連敗劇はなにかの伏線なんでしょうか。それとも、ただ単にジョバー軍団を作りたかっただけなのでしょうか。

A1、ノーマンスマイリー、シャークボーイ、エリックススキッパー、デビッドヤング、サイモンダイアモンド
 結局、前回のまとめをやったときから、一度も登場はありません。ロスターページには残っているものの、実質、解雇状態と言えるでしょう。現状で彼らが登場機会を与えられることは万に一つもなさそうです。ただ、TNAが2時間枠を獲得したときのために、残しているのかもしれません。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ロスターメンバーの現状
本日もこれと言ったニュースが無かったので、BFG以降、急展開しているTNAの選手たちが、ストーリーライン上、どのようなポジションにいるのかをまとめておきます。

NWA世界ヘビー級チャンピオン アビス(ヒール)
 今後のストーリー如何では、ベビー転向もありえる流れ。スティングがアビスの本名(クリス)をiMPACT!で出した事から、マスクを脱ぐ可能性もあります。出自の話も出てきたことから、噂の「ジェイクロバーツが生き別れの父親」というギミックがスタートするのか!?

NWA世界タッグチャンピオン? LAX<コナン、ヘルナンデス、ホミサイド>(ヒール)
 タイトル剥奪がコルネットから宣言されましたが、TNAを訴えるというギミックでTNA上層部と対決しつつ、国旗のアングルでAMW、PTウィリアムズと抗争中。TNAでは貴重な絶対的ヒール。

Xディビジョンチャンピオン クリストファーダニエルズ(フェイス)
 タイトルを奪った事で、AJスタイルズと仲違いしタッグは解散。ダニエルズはリン、リーサル、ダットらと組み、ベビーフェイスを継続しそうな流れ。

カートアングル(フェイス)
 絶対的エースという流れ。ジョーとの再戦は休戦となり、ヒールとの対決になるのではないでしょうか。

サモアジョー(ヒール→フェイス)
 ヒールのポジションながら抜群の人気の為、中途半端でしたが、アングル戦の終了でどうやら完全にフェイスターンした様子。アングルとの共闘が始まるのか?

スティング(フェイス)
 タイトルを反則裁定で奪われてから、ダークサイドスティング路線かと思いきや、現在はアビスを説得中。GENESISのタイトルマッチでは、画鋲の上にチョークスラムで落とされると言う頑張りを見せていました。まだまだメインイベンターの有力候補です。

AJスタイルズ(フェイス→ヒール?)
 Xディビジョンタイトルをあっさり奪われ、ダニエルズに不信感を募らせるという流れでコンビ解散。iMPACT!で口論を止めに入ったライノに毒づいた事で、ヒールターンは決定的な状況。

クリスチャン(ヒール)
 ライノとの抗争は未だ継続中。WWE時代の用心棒、タイソントムコの加入で、キャプテンカリズマ完全復活か!?

ライノ(フェイス)
 クリスチャンのライバル兼、若手のベビーフェイス組の相談役というポジションか!?

クリスセービン(フェイス→ヒール)
 Xディビジョンのタイトルを取ったあたりから路線変更。現在は一匹狼。

チーム3D(フェイス)
 ナチュラルズを率いるシェインダグラスとの抗争が勃発中。現在は敗北して欠場中という展開。当然、報復はある!?

ジェームズギャング→VKM(フェイス)
 これと言った抗争は無い。強いて言えば、勝手にビンスマクマーンと抗争中。収拾はつくのでしょうか!?

レイヴェン(ヒール?)
 金髪のオールバックにNOSAWA論外からパクッたような隈取りで、どうやら教祖様ギミックをやるらしい。ECW時代のように成功するでしょうか?その前に、今のバッドシェイプはスティングを見習って何とかして欲しい。

AMW w/ゲイルキム(ヒール→フェイス?)
 LAXと抗争中。反米のLAXに対し、当然のようにAMWに期待が集まっている。このため、なし崩しにベビーフェイス扱いされている。

ナチュラルズ w/シェインダグラス(ヒール)
 なんか、よく分からない流れで気がついたらヒールという感じ。なんか、存在が浮いている感じ。このまま他のタッグチームのジョバーにされるかも。

サンジェイダット、ジェイリーサル w/ジェリーリン(フェイス)
 最近、Xディビジョンの扱いが軽く、その煽りを喰っているような感じで、やや不遇。セービンに捨てられたがダニエルズに拾われそう。

センシ(ヒール)
 タイトルを失い、微妙な立場。現状、ライバルも見つからず良くない流れ。ロッカールームでの振舞いに問題があると言われていることも関係があるのでしょうか!?

ピーティーウィリアムズ(ヒール→フェイス?)
 LAXの国旗燃やしを阻止した事で、一気にフェイスターンか?現在はAMWに味方する様子。

ロバートルード w/ミスブルックス(ヒール)
 大々的に売り出した割にはPPVでの扱いはプレショー要員。ギミックは滑った感がありあり。最近のトレイシーいびりはギミックの再チェンジの前振りかも。

アレックスシェリー、オースチンスター w/ケビンナッシュ(ヒール?)
 Xディビジョンの試合巧者の2人も、全く動けないナッシュに絡んだ事で、試合を組んでもらえない状態。ナッシュの飾りみたいなポジションで、最近かわいそう。

マーベリックマット、フランキーカザリアン、ジョニーデバイン(ヒール?)
 復帰以降、ようやくプッシュらしいプッシュが与えられたマットとカザリアンにデバインをくっつけた感じ。成功するかしないかは、今後の教団がらみの抗争が盛り上がるか否かにかかっています。今は、ダメな空気が漂ってますので。

ロンキリングス、ランスホイト(フェイス)
 BFG後の挑戦者決定戦では多少プッシュされたものの、GENESISでは出番なし。2人とも観客人気はそこそこあるのに目立てません。タッグでも、シングルでも中途半端なポジションの2人です。

エリックヤング(フェイス)
 オープニングスキットの常連になってしまいました。あのギミックでいつまでやるのかは不明ですが、とりあえずファンは喜んでいる様子。でも、会場とテレビの視聴者とに温度差が無いかどうか心配です。

ブラザーラント(フェイス?)
 アビスとの抗争とBFGでの憤死で、デスマッチのやられ役と言うポジションを獲得。現在は特に抗争相手はなし。

ジェフジャレット(ヒール→フェイス?)
 タイトルを奪われた事で戦線離脱。実質的にTNAの代表と言っていい人物だけに、オフィスワークに忙殺されているのかも。引退前にフェイスターンしたいと語っており、復帰後は引退カウントダウンになるのか!?

スコットスタイナー(ヒール)
 契約交渉でもめている間にカートアングルがTNAと契約、その後の登場は無し。正直言って、アングルの登場で、TNAに知名度だけの選手は全く必要がなくなってしまったので、存在価値が上がる事は無いように思います。他の、かつてのビッグネーム達にも言えることですが。

シャークボーイ、ノーマンスマイリー、A-1、エリックススキッパー、デビッドヤング、サイモンダイアモンド(崖っぷち)
 最近、見ません。2時間枠が確保できなければ、このままカットされるかもしれません。新ギミックでも始まれば別ですが。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。