TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TNA Sacrifice PPV 試合詳細 5/14開催 前半
TNA Sacrifice PPV 試合詳細 5/14開催

ちょっと前になりますが、開催済みの最新PPVということで、詳細な結果を記しておきます。DVDが発売された際も、日本語字幕はありませんので、参考になると思います。

PPVは長いので、2回に分けてアップします。まずは前半戦をどうぞ。
[TNA Sacrifice PPV 試合詳細 5/14開催 前半]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

TNA Sacrifice PPV 試合詳細 5/14開催 後半
サクリファイスの試合詳細の後半部です。
[TNA Sacrifice PPV 試合詳細 5/14開催 後半]の続きを読む

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ネタ元サイトのコラム
 ネタ元のWreslteView.comのJhon Minnersのコラムを紹介します。試合結果とかだけだと、ライバルも多いと思うので、独自性を出す為にも、細かいところまで突付いていく予定です。

 なお、口汚い箇所もあるコラムですので、ご了承下さい。私が書いたものじゃないので、私宛に抗議を送っても無駄です。広い心でお読みいただければ幸いです。

 最後に、私の雑感も述べてます。
[ネタ元サイトのコラム]の続きを読む

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

5/25の視聴率など
TNA関連のニュース記事です。

5/25放送のTNA iMPACT!は過去最高の視聴率1.2%を記録しました。推定で120万人が放送を見たことになります。
18~49歳の男性に限ると1.3%。18~34歳の男性だと1.5%にのぼります。

センシ(ロウキー)は今回のiMPACTの収録に参加しませんでしたが、これはノア参戦の為。ノアのシリーズ終了後はTNAにレギュラー参戦する予定です。

ROHのプリンス・ナナがiMPACTのバックステージに現れたそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

6/1放送分のiMPACT収録速報
今回のiMPACT収録は怒涛の3本撮りでした。

6/1放送分のiMPACT収録速報

最初の試合の前、ジェフ・ジャレットが猛然と今日の対戦相手を問い正している。スコット・スタイナーを連れており、こちらもエラい剣幕でドン・ウエスト(解説者、以下DW)に詰め寄っている。彼らはDWをリングに引きずり出し、答えを強要するとともに、ラリー・ズビスコにリングへ来るよう要求する。代わりにスティングが登場!!ジャレットは逃げようとするが、レイヴェンが入ってきて襲撃。これが、ジャレットの質問の答えなのか!?

第1試合
ノンタイトルマッチ
NWA世界タッグチャンピオンAmerica's Most Wanted(以下AMW) vs Naturals

ナチュラルズは新しい衣装で登場。序盤がナチュラルズが優勢。しかし、ダグラス(Naturals)がストーム(AMW)にクローズラインをかました際、ハリス(AMW)に近づきすぎたため、コーナーに詰められる。AMWはゲイル・キムと共に、ダグラスに暴行するも、ピンを取れない。ダグラスとストームがリング中央で衝突し、両者共タッチしようともがく。スティーブンス(Naturals)が先にタッチしそうになるが、キムがエプロンサイドから銃剣で妨害。ルディ・チャールズ(審判)が発見し、AJとダニエルズがそれを奪う。誰も見てない隙に、ハリスがダグラスに手錠をはめる。チャールズが手錠に気づき、ハリスの退場を宣告。ダニエルズはスティーブンスに銃剣を差し出すが、これを断る。しかし、ストームのビール瓶攻撃が炸裂し決着。
勝者:AMW
試合後、AMWはダグラスをサードロープに手錠で固定し、ナチュラルズをいたぶる。


ジェレミー・ボラッシュ(インタビュアー)がアレックス・シェリーにケビン・ナッシュとの関係について訊く。ナッシュが現れ、シェリーとの新しいチームを自慢する。


第2試合
ジェフ・ジャレット w/ゲイル・キム vs レイヴェン

客席での乱闘でスタート。レイヴェンはゴミ缶の蓋でジャレットの頭を殴る。リングに戻り、ジャレットがレイヴェンを殴るが、逆に火が付いたレイヴェンがパンチ連打から、ローリング式クローズライン。もう一度、リングを出てフェンス付近の客席に入る。レイヴェンはジャレットをテーブルにセットするが、エルボードロップは失敗。ジャレットはそれに乗じて、イスでレイヴェンの頭を殴打。
レイヴェンはジャレットをテーブルに投げつけ、花道で乱闘してからリングに戻ってくる。レイヴェンはイスを掴んで、思いっきり殴りかかる。レイヴェンはストロークをかわし、カウンターでレイヴェン・イフェクト(DDT)。レイヴェンは対角線攻撃に行こうとするが、ジャレットはアンドリュース・トーマス(審判)を盾に使う。トーマスは倒れ、レイヴェンがスリーパーを仕掛けるが、ジャレットは脱出。レイヴェンはギターを掴み殴ろうとするが、ここでラリー・ズビスコが止めに入る。今度はジャレットがギターを掴むが、こちらも止める。しかし、レイヴェンは誤ってズビスコを殴打。ジャレットのストロークが炸裂しカウント3。観客は激怒。
勝者:ジェフ・ジャレット


第3試合
ジェイ・リーサル vs アレックス・シェリー w/ケビン・ナッシュ

ワールドXカップ以来、不穏な関係に見える両者の対決。まずは、反則無しの打ち合いでスタート。リーサルはバック・ドロップでカウント2を奪うも、シェリーはフルネルソンで反撃。シェリーは"リーサル"の(原文ではシェリーの)左肩と腕を集中的に狙っている。シェリーは数分間、腕を攻め続けるが、サブミッションには行けない。リーサルはシェリーのコーナースプラッシュを避けると反撃開始。リーサルはリーサル・ウェポンになる(ハルク・アップ?)が、シェリーは肩をキック。シェリーはナッシュをエプロンサイドに呼ぶ。ナッシュは肘を向け、リーサルをぶつけようとするが、切り返されシェリーが喰らう。すかさず丸め込んでカウント3
勝者:ジェイ・リーサル

試合後、ナッシュとシェリーがリーサルをいたぶっていると、クリス・セービンが登場。ナッシュが慌てて逃げ出すのを見て、観衆唖然。セービンは「俺は奴が逃げ出すのを知っていた。奴の腰は回らない状態だ。」セービンは、ナッシュにPPVでの対戦を要求する。


ボラッシュが3Dに、先週のiMPACTでやったジェームス・ギャングのパロディについて訊いている。話題は「ビンゴホール」と「アリーナ」の憂鬱な問題に触れる。(恐らく、WWEがECWアリーナの独占使用権を獲得した問題)。ラリー・ズビスコはAJとダニエルズの、AMWとのPPV大会での対戦要求を聴いている。マーク”スリック”ジョンソン(審判)が、オフィスに入り、PPV前に新たなメンバーが参戦することを告げている。ボラッシュはLAXになぜメキシコ人のアナウンサーは仕事をしないのか、問いただして去っていく。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

6/8放送分のiMPACT収録速報
6/8放送分のiMPACT収録速報

第1試合
スティング vs スコット・スタイナー w/ ゲイル・キム

昔を思い出すような対戦。両者、互いにパンチ、キックを交換。スコットが場外に逃げると、スティングも後を追う。スティングはスコットを場外フェンスにぶつけ、イスで殴りつける。両者、リングに戻るが、スコットは何かの包みでスティングを殴打。パンプアップエルボーから腕立て伏せでアピールする。スコットはフロントスープレックスで投げ、変形のSTFに捕らえる。スティングは脱出するも、再度、スープレックス。スティングはスープレックスを避け、グラウンドに引き込もうとする。スティングはクローズラインで(倒すことに)成功する。お互いに足を取り合う状態で、パンチを交換する。その後、いくつかの動きがあり、スティングが優勢になるが、スティンガースプラッシュに行こうとすると、スコットはへブナー兄弟のどちらか(審判)を盾にする。すかさず、ゲイル・キムがイスでスティングを殴打しようとするが、スティングは阻止。今度はジャレットがストロークを決めるがカウント2。幾度もフォールと反則攻撃が繰り返され、とうとう、審判はゴングを要請し、スティングの反則勝ち。
勝者:スティング(DQ)

試合後、スコットとジャレットがスティングをいたぶっていると、ロン・キリングスが登場。続けてアビスが登場しキリングスに飛び掛る。そこへクリスチャン・ケージが加わり、スコット、ジャレット、アビスはリングを追い出される。


スコットはマイクを取り、試合に負けた腹いせにがなり立てている。マイクを人質代わりに、ラリー・ズビスコを呼び出す。チェイシン・ランスが試合のために入場してくるが、スコットはレンガで殴りつける。ランスに代わり、サモア・ジョーが出てきて、スコットと対峙。もみ合う2人をセキュリティが分ける。

コナンがスペイン語実況席を離れ、テネイ(メイン実況)とDWのコメントブースに入る。


第2試合
サンジェイ・ダット vs ジェレル・クラーク

どちらも攻めようとするが、上手く優位に立てない展開。クラークがダットをロープを使ったサブミッションに捕らえる。ダットは、スワンダイブ式のドロップキックを顔面にヒットさせ、続けてスワンダイブ式のギロチンドロップでカウント2。クラークは接触を避け、630スプラッシュを狙うも失敗。ダットはそこへスタンディング・シューティングスター・プレスでカウント3。
勝者:サンジェイ・ダット


第3試合
クリス・セービン and ジェームス・ギャング vs チーム・カナダ(エリック・ヤング、A1、ボビー・ルード) w/スコット・デモア

ナッシュとシェリーが、リフトの上から試合を観ている。チームカナダ劣勢の展開から、ナッシュに気を取られたセービンをA1が後ろから殴って形勢逆転。ルードが審判の気を引くサポートをする。セービンはその後の数分間、いたぶられ続け、なんとか、キップ・ジェームスにタッチ。ジェームス・ギャングの2人はクリーン・ザ・ハウス(相手を全員、場外に放り出すこと)。セービンは場外のヤングにトペを敢行。ルードはキップにエースクラッシャーを決め、ホッケースティックで攻撃しようとするが、飛び出してきたライノに追い回される。残されたA1にキップがフェイマサーを決めて、セービンがフォール。カウント3。
勝者:クリス・セービン


クリスティ・へミーが登場し、(実況席の)テネイとDWの手を取る。DWは観客にスラミバーサリー(次回のPPV)で新顔(恐らく大物)が登場することと、スコット・スタイナー vs サモア・ジョーが決定したことを告げる。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

6/15放送分のiMPACT収録速報
6/15放送分のiMPACT収録速報

NWA世界ヘビー級王者"キャプテン・カリスマ"ことクリスチャン・ケージが"ピープス"にキングオブザマウンテンの試合について語り、対戦相手を一通りコケにする。しかし、スティングに話が及んだ時、本人が登場する。スティングはクリスチャンと観客たちに、自分がジェフ・ジャレットの追放の為に活動していることを語る。しかし、クリスチャンは信用せず、ペイントで表情を隠して、嘘をついているんだと主張する。両者は互いに攻撃し合う。


第1試合
エリック・スキッパー and デビッド・ヤング vs ナチュラルズ

両チームが互いに主導権を奪い合いながら試合は展開するも、完全にはペースをつかめない。ナチュラルズがヤングをナチュラル・デザスターに捕らえるも、サイモン・ダイアモンドが乱入し、ダグラス(ナチュラルズ)の首をチェーンで殴打し試合終了。
勝者:デビッド・ヤング(多分)
試合後、ナチュラルズはダイアモンドを追い回し、LAXのところまで追い込むものの、LAXはナチュラルズを攻撃。"フランチャイズ"シェイン・ダグラスが登場し、ナチュラルズをリングに上げる。ダグラスはマイクを取り、(ナチュラルズが)才能を無駄にしていると語る。かつて、クリス・キャンディドをマネージャーに付ける事で、NWAタッグチャンピオンになった時の事を引き合いに出し、誰かのサポートを受けるように提案する。そして、あるアイルランド人を引き合いに出し、彼が素晴らしい興行を行ったことを語った。


テネイとDWが観客動員について語っていると、"スリック"マーク・ジョンソンが登場し、新顔が来ていることを告げる。


第2試合
ケビン・ナッシュ vs Mr.X(ミゼットレスラー) ナッシュのXディビジョンデビュー戦

ナッシュはマイクを取ると、「こいつは、シークレットシューズを脱いだ、クリス・セービンだろ」。試合にはならず。ナッシュはシェリーの助けも借りて、小さな相手をいたぶった。最後はジャックナイフで終了。
勝者:ケビン・ナッシュ


第3試合
AMW, モンティ・ブラウン and ボビー・ルード vs AJスタイルズ, クリストファー・ダニエルズ, レイヴェン and ライノ

試合はAJ組みが優位に進めるが、ストーム(AMW)が雪崩式ノーザンライトボムでAJを捕らえ、4人で次々とAJを攻撃する。AJはなんとかライノとタッチ。何度もニア・フォールになるが、決定打は出ず、ちょっと飽き気味の展開でゲイル・キムが乱入し、ダニエルズに旋回式DDT。すかさず、ブラウンがパウンスでピン。
勝者:モンティ・ブラウン

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

syndicated Xplosion試合速報
syndicated Xplosion放送用の試合速報
(ローカル局で放送されている、TNA版のVelocityみたいな番組)
6月1、8、15日放送分のiMPACTの収録時に、同時収録された試合です。

第1試合
ロン"ザ・トゥルース"キリングス vs エリック・スキッパー w/サイモン・ダイアモンド
シザースキックで決着。
勝者:ロン・キリングス


第2試合
サンジェイ・ダット and クリス・セービン vs ピーティー・ウィリアムズ and エリック・ヤング
ピーティーがパウダー攻撃を狙うが、ダットに蹴られて自分で被り、間違えてパートナーのヤングにカナディアン・デストロイヤーを決めてしまう。セービンがすかさず、ピーティーをクレイドルショックに捕らえてピン。
勝者:クリス・セービン


第3試合
"アルファ・メイル"モンティ・ブラウン vs デビッド・ヤング w/サイモン・ダイアモンド
パウンスでピン。
勝者:モンティ・ブラウン

試合後、サイモン・ダイアモンドにもパウンス

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

TNAの試合速報を公開します
 WWEはいろいろなサイトで紹介されてますんで、いまさら参入してもダメ。ということで、試合数も少なくて丁度いい、TNAの試合結果や最新ニュースを海外サイトより抜粋し、意訳してお届けします。
 100%ネタバレサイトですので、結果を知りたくない方はご覧にならないことをオススメいたします。

なお、ネタ元は
http://www.wrestleview.com/です。怪しいと思ったら、ネタ元で確認してください。

また、私のブログは、
http://plaza.rakuten.co.jp/finch3/にて運営いたしております。日常の出来事が中心で運営中です。合わせてご愛顧いただけますと、幸いです。

では、今後ともよろしくお願いいたします。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。