TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェイク"ザスネーク"ロバーツの噂
☆先日、カナダ人レスラーのシンを伴い、TNAに売り込みに現れたとされるジェイクロバーツですが、今回のiMPACT!に登場する可能性があるとのことです。TNA上層部は、仕事のブランクが長いことや、過去の薬物乱用を問題視していますが、彼のレスラーとしての商品価値の高さと優れたマイクパフォーマンスは高く評価しているとの事です。
ちなみに、シンとのコンビでTNAに売り込んだのは、シンの運転で会場まで移動するのが目的の一つだったという噂があります。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ゴールドバーグ情報
相変わらず信憑性の低い記事しかない、ゴールドバーグ情報です。

☆コラムニストのアレックスマーブズ氏によると、ゴールドバーグはTNAのハードジャスティス大会への登場をほのめかしているそうです。TNAとの契約は交わされていないようですが、スパイクTVとの契約は交わされており、iMPACT!以外のテレビ番組への出演はあるとのことです。

★現在のゴールドバーグは"Justified"という映画の撮影中とのことです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ゴールドバーグ情報
相変わらず信憑性の低い記事しかない、ゴールドバーグ情報です。

☆コラムニストのアレックスマーブズ氏によると、ゴールドバーグはTNAのハードジャスティス大会への登場をほのめかしているそうです。TNAとの契約は交わされていないようですが、スパイクTVとの契約は交わされており、iMPACT!以外のテレビ番組への出演はあるとのことです。

★現在のゴールドバーグは"Justified"という映画の撮影中とのことです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

7/29付 TNAニュース速報
7/29付 TNAニュース速報です。

☆メキシコのAAAのプロモーター、アントニオペーニャ氏がトレイシーとクリスティへミーを7/28,30の興行に呼ぼうとしましたが、トレイシーは別の仕事が決まっており、へミーはデモアの元でトレーニング中ということで、共に断ったそうです。

★7/21のUWF/TNAのハウスショーの観客動員は、僅か300人程度でした。

☆TNAは有名選手との契約を、1試合幾らの契約から、1週間毎の契約に変更しようと試みているそうです。これにより、TNA主導で選手を他のインディ団体への貸し出しが行えるようになります。センシはこれに反発しているようです。

★スパイクTVは"The Dudesons"と"Raising the Roofs."という番組があまりにも酷いため、両番組のCM中にTNAのプロモを流しています。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

7/28付 TNAニュース速報
7/28付 TNAニュース速報です。

☆最近、クリスティへミーがスコットデモアの元でトレーニングを積んでいるようです。彼女の希望もあり、TNAは今後レスラーとして彼女をプッシュして行く方針のようです。

★スコットスタイナーがニューヨークの「アルティメットカード」と「コミックユニバース」というお店でサイン会を行います。

★デーブメルツァー氏によれば、ビクトリーロードの開催直前のユニバーサルスタジオ前で開演を待つ人々の列は、最近のTNAのPPVの中では最も短かったとのことです。

★前回のiMPACT!の収録に、ブライアンリーとショーンウォルトマンの姿があったそうです。ウォルトマンはMTVのソサイエティXプロジェクトの契約下にありますが、ブライアンリー(かつての偽アンダーテイカー)は仕事を探しているとの事です。

★ジェイクロバーツもiMPACT!のバックステージに姿を現していたそうです。他のレスラーに対し、TNAとの契約はしていないと語ったそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

7/27付 TNAニュース速報
7/27付 TNAニュース速報です。

★バウンドフォーグローリー大会の直後のiMPACT!の収録は、火曜日になるそうです。デトロイトからオーランドまでの移動日を挟む為です。

★シレルダのバイオグラフィーがTNA公式サイトのロスターページに追加されました。

★パパラッチプロダクションズのビデオの、ディレクターズカット版がTNA公式サイトにアップされました。

★ソールコレクターマガジンの表紙にクリスティへミーが登場しました。
Christy.jpg


☆レフリーとしてTNAに登場している、マーク"スリック"ジョンソンは、カメラの回っていないところではジェフジャレットの付き人のように振舞っており、それで登場機会を与えられていると皮肉る人もいるそうです。

★スパイクTVの特別番組、"Women of Action"は現地27日の夜9時放送で、クリスティへミーとゲイルキムが登場する予定です。

★バウンドフォーグローリーのチケットの価格は、最前列$150、2~4列目$125、5~13列目$65、スタンド席前列$45、スタンド席中段$40、スタンド席後方$20となりました。大会前日のファンフェストのイベントには、$150か$125のチケットを持っている人は無料で入場できるそうです。

★ジムコルネットの記者発表を
http://www.wrestlingepicenter.com/articles/155997143.shtml
にて聴くことができます。リアルプレーヤーが必要です。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

7/26付 TNAニュース速報
7/26付 TNAニュース速報です。

★現地の26日、The Dark Matchというインターネットサイトのラジオ番組に、ラリーズビスコが登場します。現在のTNAやWWE/ECWについて言及すると予告されています。
http://radiowrestling.net/
こちらで様々なネットラジオ局の放送が聴けます。The Dark Matchもこちらで聴くことが出来ます。

★サモアジョーは前回のiMPACT!の収録で、スタイナーのポテトショット(本当に殴ってしまうこと)を目の下に受けてしまい、不機嫌だったそうです。

★ECW入りが噂されたジェームズミッチェルですが、来年の5月まで契約が残っており、TNAでの待遇にも満足しているとの事です。

★チーム3Dはしばらくの間、登場が無くなるとの事。これは、契約の中で登場回数が決められており、今のペースで登場し続けると、回数が足りなくなってしまうからです。

☆またセンシがバックステージで顰蹙を買ったそうです。ビクトリーロード大会の対戦相手が直前まで知らされなかったことに腹を立て、不適切な態度を取ったと言うことです。iMPACT!への登場が無かったのはこのためとの事。


「☆」は確証がなさそうな記事をあらわしています。鵜呑みにされないことをお勧めいたします。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

7/26付 TNAニュース速報
7/26付 TNAニュース速報です。

★現地の26日、The Dark Matchというインターネットサイトのラジオ番組に、ラリーズビスコが登場します。現在のTNAやWWE/ECWについて言及すると予告されています。
http://radiowrestling.net/
こちらで様々なネットラジオ局の放送が聴けます。The Dark Matchもこちらで聴くことが出来ます。

★サモアジョーは前回のiMPACT!の収録で、スタイナーのポテトショット(本当に殴ってしまうこと)を目の下に受けてしまい、不機嫌だったそうです。

★ECW入りが噂されたジェームズミッチェルですが、来年の5月まで契約が残っており、TNAでの待遇にも満足しているとの事です。

★チーム3Dはしばらくの間、登場が無くなるとの事。これは、契約の中で登場回数が決められており、今のペースで登場し続けると、回数が足りなくなってしまうからです。

☆またセンシがバックステージで顰蹙を買ったそうです。ビクトリーロード大会の対戦相手が直前まで知らされなかったことに腹を立て、不適切な態度を取ったと言うことです。iMPACT!への登場が無かったのはこのためとの事。


「☆」は確証がなさそうな記事をあらわしています。鵜呑みにされないことをお勧めいたします。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

7/25付 TNAニュース速報
7/25付 TNAニュース速報です。

☆マイクジョンソン氏によると、スパイクTVの内部の噂として、iMPACT!の2時間スペシャルを月曜日の夜9~11時の時間帯で放送すると言う計画があるようです。WWEのRAWがUSオープンの放送のため、11時以降にずれる週を狙う予定との事です。

★観客動員の好調なUWF/TNAは8月も10、11、12日とハウスショーの開催を予定しています。今回はサウスカロライナ州での開催です。

★AJスタイルズは9/10のMaryland Championship Wrestlingの"Tribute to the Legends"というイベントに登場する予定です。

★土曜日のiMPACT!の視聴率は0.6%でした。

☆モンティブラウンは、TNAと再契約していないようです。彼の契約は10月に満了する予定です。モンティは今秋にもWWEと契約するのではないかと見られています。

☆ボビールードは有名なマネージャーを付けてプッシュされるとの噂です。

☆サモアジョーがクリエイティブチームのメンバーであるスコットデモアにクレームを付けたと言う噂が大げさに広まっているそうです。噂では、ジョーが自分の扱われ方に不満を持っているということでしたが、実際には、前回のライノとの試合の決着方法について意見があっただけとの事です。

★サモアジョーとサンジェイダットは8/23のUrban Wrestling Empireというイベントに出場するようです。

☆ロンキリングスはTNAとの長期契約下にありますが、現在の扱いには不満があるとのことですが、契約破棄にいたるような大きなものでもないとしています。

☆ジェームズギャングがエリックヤングを仲間に引き込んだストーリーラインは、ヤングの失敗にイラつかされるギミックを、ジェームズギャングが望んだためとの事です。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

7/25付 TNAニュース速報
7/25付 TNAニュース速報です。

☆マイクジョンソン氏によると、スパイクTVの内部の噂として、iMPACT!の2時間スペシャルを月曜日の夜9~11時の時間帯で放送すると言う計画があるようです。WWEのRAWがUSオープンの放送のため、11時以降にずれる週を狙う予定との事です。

★観客動員の好調なUWF/TNAは8月も10、11、12日とハウスショーの開催を予定しています。今回はサウスカロライナ州での開催です。

★AJスタイルズは9/10のMaryland Championship Wrestlingの"Tribute to the Legends"というイベントに登場する予定です。

★土曜日のiMPACT!の視聴率は0.6%でした。

☆モンティブラウンは、TNAと再契約していないようです。彼の契約は10月に満了する予定です。モンティは今秋にもWWEと契約するのではないかと見られています。

☆ボビールードは有名なマネージャーを付けてプッシュされるとの噂です。

☆サモアジョーがクリエイティブチームのメンバーであるスコットデモアにクレームを付けたと言う噂が大げさに広まっているそうです。噂では、ジョーが自分の扱われ方に不満を持っているということでしたが、実際には、前回のライノとの試合の決着方法について意見があっただけとの事です。

★サモアジョーとサンジェイダットは8/23のUrban Wrestling Empireというイベントに出場するようです。

☆ロンキリングスはTNAとの長期契約下にありますが、現在の扱いには不満があるとのことですが、契約破棄にいたるような大きなものでもないとしています。

☆ジェームズギャングがエリックヤングを仲間に引き込んだストーリーラインは、ヤングの失敗にイラつかされるギミックを、ジェームズギャングが望んだためとの事です。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

7/24付 TNAニュース速報
7/24付 TNAニュース速報です。

★10月発売予定のスティングのDVDの撮影が完了しました。先週、彼の自宅に行き、2日がかりで数時間にも及ぶ撮影を行いました。WCWの繁栄と没落や、自らの宗教観、家族のこと、TNAへの登場と今後の展望など、様々なことを語っているそうです。また、フレアー、ビショフ、ホーガン、ルガー、ナッシュ、ブレットハートについても言及しています。さらに、彼が獲得したトロフィーや、貴重な写真、リングコスチュームなども収められています。

★元TNA所属、現在WWEのディベロップメント契約下にあるマイキーバッツが、WWEのクリエイティブチームからハリーポッターギミックを提案され、一度も観たことが無いと語ったする記事中で、TNAについても言及しています。

TNAではテリーテイラー(人事担当の長)には個人的に世話になった。彼に出来ることは全てやってくれたと思う。TNAとの契約できたのも、彼のおかげだった。TNAは大きな成功をおさめるだろ。TNAでは揉める事も、重圧に晒されることもほとんど無く、追い詰められることが皆無だった。


繰り返し、自分の選択(WWE入り)を後悔していないとも語っています。

★ジェフハーディがAWA Power Pro Wrestlingというプロモーションの「Cruel Summer」というイベントに登場しました。メインイベントでジンボフォックスという選手のセコンドに着き、勝利をアシストしたとの事です。


スティングのビデオはあんまり期待していなかったのですが、試合以外の部分が盛りだくさんのようですので、買う気になってきました。聴き取りは大変そうですが、頑張って翻訳してご紹介しようと思っています。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

7/24付 TNAニュース速報
7/24付 TNAニュース速報です。

★10月発売予定のスティングのDVDの撮影が完了しました。先週、彼の自宅に行き、2日がかりで数時間にも及ぶ撮影を行いました。WCWの繁栄と没落や、自らの宗教観、家族のこと、TNAへの登場と今後の展望など、様々なことを語っているそうです。また、フレアー、ビショフ、ホーガン、ルガー、ナッシュ、ブレットハートについても言及しています。さらに、彼が獲得したトロフィーや、貴重な写真、リングコスチュームなども収められています。

★元TNA所属、現在WWEのディベロップメント契約下にあるマイキーバッツが、WWEのクリエイティブチームからハリーポッターギミックを提案され、一度も観たことが無いと語ったする記事中で、TNAについても言及しています。

TNAではテリーテイラー(人事担当の長)には個人的に世話になった。彼に出来ることは全てやってくれたと思う。TNAとの契約できたのも、彼のおかげだった。TNAは大きな成功をおさめるだろ。TNAでは揉める事も、重圧に晒されることもほとんど無く、追い詰められることが皆無だった。


繰り返し、自分の選択(WWE入り)を後悔していないとも語っています。

★ジェフハーディがAWA Power Pro Wrestlingというプロモーションの「Cruel Summer」というイベントに登場しました。メインイベントでジンボフォックスという選手のセコンドに着き、勝利をアシストしたとの事です。


スティングのビデオはあんまり期待していなかったのですが、試合以外の部分が盛りだくさんのようですので、買う気になってきました。聴き取りは大変そうですが、頑張って翻訳してご紹介しようと思っています。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

7/24付 TNAニュース速報
7/24付 TNAニュース速報です。

★10月発売予定のスティングのDVDの撮影が完了しました。先週、彼の自宅に行き、2日がかりで数時間にも及ぶ撮影を行いました。WCWの繁栄と没落や、自らの宗教観、家族のこと、TNAへの登場と今後の展望など、様々なことを語っているそうです。また、フレアー、ビショフ、ホーガン、ルガー、ナッシュ、ブレットハートについても言及しています。さらに、彼が獲得したトロフィーや、貴重な写真、リングコスチュームなども収められています。

★元TNA所属、現在WWEのディベロップメント契約下にあるマイキーバッツが、WWEのクリエイティブチームからハリーポッターギミックを提案され、一度も観たことが無いと語ったする記事中で、TNAについても言及しています。

TNAではテリーテイラー(人事担当の長)には個人的に世話になった。彼に出来ることは全てやってくれたと思う。TNAとの契約できたのも、彼のおかげだった。TNAは大きな成功をおさめるだろ。TNAでは揉める事も、重圧に晒されることもほとんど無く、追い詰められることが皆無だった。


繰り返し、自分の選択(WWE入り)を後悔していないとも語っています。

★ジェフハーディがAWA Power Pro Wrestlingというプロモーションの「Cruel Summer」というイベントに登場しました。メインイベントでジンボフォックスという選手のセコンドに着き、勝利をアシストしたとの事です。


スティングのビデオはあんまり期待していなかったのですが、試合以外の部分が盛りだくさんのようですので、買う気になってきました。聴き取りは大変そうですが、頑張って翻訳してご紹介しようと思っています。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

7/23付 TNAニュース速報
7/23付 TNAニュース速報です。

★TNAオフィシャルサイトに昨年のハードジャスティス大会のジェフジャレットvsAJスタイルズのNWAヘビー級タイトル防衛戦の試合が、アップされました。特別レフリーはUFCの有名選手ティトオーティズが勤めています。

★先々週のライノのECWやビンスマクマーンに対する発言を、TNA幹部たちは歓迎しているとの事です。

☆シレルダという名前は、短くすると「Sir」(男性に付ける敬称)になると言うことで、かつてのWWEのディーバ「チャイナ」に対抗して付けたということです。しかし、元々はジョークだったとの事です。

★7/22のジャクソンビルでのUWF/TNAのハウスショーは、観客動員1824人、お金を払って来た人は1580人と発表されました。
試合結果は以下の通りです。
○AMW vs ダイアモンドインザラフ●
○エリックヤング vs PTウィリアムズ●
○サモアジョー vs アビス vsライノ
○アレックスシェリー vs ジェイリーサル●
○ゲイルキム vs アンバーオニール●
○AJ、ダニエルズ vs ジェームズギャング●タッグタイトル防衛

★ラリーズビスコが、発毛企業のコマーシャルに出ています。
http://www.medicalhairrestoration.com/celebrityallstars.aspx
持っているECWのベルトはレプリカです。ビクトリーロードで脈絡無く、髪を切られてしまったのは、このプローモーションの為ではないかと噂されています。他に、チャボゲレロとジミーハートも同じページに登場しています。

★ホミサイドのフィニッシュホールドの呼称は、コップキラー(警官殺し)で知られていますが、TNAではグリンゴキラーの名称を使うようです。グリンゴはヒスパニック系の人たちから観た英米人を指す言葉で、LAXのギミックに合わせた模様です。

★7/22現地放送のG4というテレビゲームを扱った番組にサモアジョーが登場し、初めて買ったのは「Joust」というゲームで、「相手のダチョウの上に着地するゲーム」と呼んでいたそうです。またこのショーにはクリスチャンも出演しましたが、ジェイ・レソと、本名で出演したそうです。クリスチャンの正式な本名はウィリアム・ジェイソン・レソ(William Jason Reso)です。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

7/22付 TNAニュース速報
7/22付 TNAニュース速報です。

☆TNA iMPACT!の放送枠は2時間に拡大されるとTNAは信じているそうですが、Spike TVは2時間スペシャルの計画はあるものの、レギュラー放送の2時間枠への拡大は否定しています。

☆ジェフハーディとTNAの契約は7/20を持って満了したとの事です。以前、バージニアで行われたWWEのショーにジェフが現れた際、ビンスマクマーンと会ったとの事。噂ではビンスはジェフをWWEに引き戻したいと考えており、実現するとすれば8月になるだろうとの事です。
ジェフハーディは過去2年間で3回しかTNAのショーに登場していませんが(そんなわけありませんね。あと3回、ショーに出場する契約になっていたそうです)、関連グッズの売上が好調だったために、解雇にはいたらなかったと見られています。

★「Don't fire Eric!」TシャツがTNA公式ショップにて来週発売される予定です。

★次回のGlobal Impactは月曜日の公開予定で、TNA公式サイト、スパイクTVのサイトの両方にアップされます。内容はAJスタイルズ、ケビンナッシュ、クリストファーダニエルズのバックステージでの様子、および、クリスセービン、サンジェイダットvsセンシ、ピーティーウィリアムズ戦です。

★ノックアウツのDVDのプレビューエリアに、ジャッキーが追加されました。

★Toy Biz社の新作フィギュアはサブーとレイヴェンの2体がセットになっており、今秋発売予定です。さらに2007年には、スティング、ジャレットのセット。ジェームズギャングのセットなどの発売が予定されています。

★以前、NAに出場していたヘクターガルザが、メキシコの試合で重傷を負ったそうです。ドクトルワグナーJrのクローズラインを受けた際、全く動けなくなってしまったようで、背骨のダメージが積み重なり、非常に深刻な事態を招いたとの事。病院での容態は安定しているそうです。

★ノースカロライナのウィリアムストンでのハウスショーの結果です。

○ダニエルズ vs PT●

○アビス vs リーサル●

○ジェームズギャング vs AMW●

○スキッパー vs エリックヤング●(PTの妨害により)

○ライノ vs シェリー●
(本来はリンが出場予定でしたが、度重なる手の負傷のため、ライノが代わりに出場しました。リンはロードエージョンとの仕事を続けるようです。)

○サモアジョー vs AJスタイルズ●

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

7/21付 TNAニュース速報
7/21付 TNAニュース速報です。

★TNAの公式ショップ、「shopTNA.com」にて、新しいXディビジョンのTシャツが発売されました。(先日コメント欄で教えて頂いたものです)シャツの背中には「Two Words....No Limits.」と書いてあるそうです。

★TNA公式ショップでは、スティングとLAXのTシャツも発売しております。

★iMPACT!で出番の無かったシレルダですが、引き続きTNAに所属しているとの事です。「TNA Gutcheck challenge」で優勝した特典としてTNAへの出場権が与えられていたので、それを消化すれば解雇されるという見方がありましたが、今のところそれはなさそうです。

★今度発売されるスティングのDVDのため、マイクテネイ、ドンウエスト、ジェイリーサル、AJスタイルズ、クリスチャンケイジらがインタビューの収録を行ったと言うことです。

★7/20のTNA iMPACT!の視聴率はニールセンの発表で0.8%でした。6/15以降の最悪の数字です。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

7/20付 TNAニュース速報
7/20付 TNAニュース速報です。

★ケーブルテレビの配信事業者向けの宣材では、ハードジャスティスのスティングvsジェフジャレットのNAW世界ヘビー級タイトルマッチは、6角形金網マッチとされているそうです。

★7/15の土曜日に放送されたiMPACT!の再放送の視聴率は0.6%でした。

☆サンジェイダットがXplosionに頻繁に登場する理由は、インドで放送されている番組が好調だからだそうです。可能な限り、インドの番組にダットが登場できるようにしているとの事です。

★TNAの選手たちの入場テーマがロスターページに追加されました。今回はLAX,ジェームズギャング,ケビンナッシュ,チームUSAの曲がアップされました。

★Toy Biz/Marvel社製のTNAアクションフィギュアは8月に発売延期されました。

☆TNAはシレルダとゲイルキムの抗争は続行する予定であるにもかかわらず、前回のiMPACT!の収録にシレルダの出演はありませんでした。彼女はTNAのGutcheck Challengeというオーディション番組の勝者で、その特典としてTNAの出場権を獲得しています。
もう一人、男性の優勝者だったジョンボーレンは現在、WWEのディベロップメント契約下にあります。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

7/19付 TNAニュース速報
7/19付 TNAニュース速報です。

★以前、TNAに所属していたアポロが、IWAプエルトリコを退団し、WWC(カリートのお父さんの団体)と関係の深いNWSと契約しようとしたところ、まだIWAとの契約期間が残っているとし、抗議を受けました。
 アポロは地方裁判所で決着を付け、IWAから開放されることを望んでいるとの事。
http://www.tnawrestling.com/roster/apolo/index.html
TNAオフィシャルサイトのロスターページに残ってました。上からのリンクは切られています。

★日本のZEOR-ONE MAXの天下一Jrトーナメントに、クリスセービンとアレックスシェリーがエントリーされています。10人参加のトーナメント戦で8月開催予定です。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ゴールドバーグの噂
☆あくまでも噂ですが、ゴールドバーグがTNAに登場し、サモアジョーと対戦する可能性はあると言うことです。ただし、もし実現するとしても、数ヶ月先になるとしています。

★ゴールドバーグは、1980年代の「Half Past Dead(邦題『奪還 DAKKAN-アルカトラズ』」という映画のリメイク作品に登場し、この撮影はロサンゼルスにて今月行われるとの事です。



ゴールドバーグに関しては、今後も情報が錯綜すると思われますので、お気をつけください。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

7/20,27日放送分TNA iMPACT!収録速報
7/20,27日放送分TNA iMPACT!収録速報です。
いつも通りのPPVの翌日の2本撮りです。


7/20放送分

ジェレミーボラッシュがスティングの控え室の外にいる。リーサルが出てきて、ハードジャスティス大会について話している。リーサルは、獲得しているタイトル挑戦権について、挑戦したいのはセンシに対してでは無、NWA世界ヘビー級チャンピオン、ジェフジャレットであると語る。

ジャレットとスコットスタイナーがリングサイドでリーサルとの防衛戦について話している。スティングがリーサルをだましてけしかけて来たのだと言い、スタイナーに自分の影に徹するよう話している。

ナチュラルズ w/シェインダグラス vs マットベントリー、フランキーカザリアン
「ベンザリアン」のTNA再結成試合。選手登場の前にダグラスが出てきてナチュラルズの紹介。両チームとも、衣装をそろえている。ナチュラルズが序盤優勢だが、アンディがカザリアンに捕まり、スリングショット式のレッグドロップを食らったことで攻守が逆転。ベンザリアンはアンディにダブルチームで攻撃。アンディはなんとか脱出しスティーブンスにタッチ。ここから4人入り乱れての乱闘。しかし、ベントリーがスーーパーキックを失敗したところを、スティーブンスにパワーボムの体勢で抱え上げられ、マットにたたきつけられると同時にアンディのレッグドロップを食らう連携技から、スティーブンスが丸め込んでピンフォール。
勝者:ナチュラルズ

テネイとDWが、テレビの視聴者について話している。ボラッシュがスティングの体調を見極めるため、エリックヤングをしばらく放っておくと語る。エリックはボラッシュに「エリックをクビにするな」キャンペーンへの協力を頼んでいた。この計画はじきに明らかになるとのこと。

ライノ vs 誰か(恐らくロバートアダムスという選手)
ゴアでピン。
勝者:ライノ

ライノは先日、対戦相手を募集したエクストリームチャレンジでは、真の戦いを望んでいると言っている。サモアジョーのテーマがヒットし、ジョーが登場。ライノは、口汚く罵る。ジョーは、ハードジャスティスまで待つ必要は無いと言い、来週のiMPACT!で対戦すると言う。ライノはこれを受け、再び罵りリングに来いと挑発セキュリティが出てきて2人を押しとどめる。

ボラッシュはビクトリーロードの敗戦について、ブラザーラントにたずねている。レイは、ディーボンとともにタッグタイトルを目標に定め直し、まずはAMWを破り、ついでにジェームズギャングをぶっ飛ばすと語る。ラントには、Xディビジョンタイトル奪取を指示する。

AMWがビクトリーロードで負けたのはどちらの責任かを言い争っている。キムはシレルダをなじっている。タッグチャンピオンのAJスタイルズとクリストファーダニエルズがリングに登場。AJはたくさんの茶封筒を持っている。ダニエルズはビクトリーロードで防衛したことを語り、次の対戦相手を決めたいと言う。まず、チーム3Dに対し、チーム3Dと書かれた封筒の中に契約書が入っていることを告げ、すべてのタッグチーム宛に契約書を用意していると語る。コナンがスペイン語実況席から、LAXの分はあるのかと問いただすと、LAXと書かれた封筒を見せ、ダニエルズが手渡す。コナンはペンを要求するが、ペンを捨てLAXはチャンピオン組に襲い掛かる。AJがホミサイドのコップキラーをくらってしまう。LAXは他のチームの契約書を破り捨て、自分たちの契約書にダニエルズの血でサインする。

ボラッシュが、AMWの話を聞きに言っている間にスティングがいなくなったと告げている。きれいなひざ掛けを纏ったズビスコは、コルネットがジョーvsライノ、リーサルvsジャレットを決定したと語る。

ジェフジャレット vs ジェイリーサル NWA世界ヘビー級タイトルマッチ
先日の8人タッグでフォールを奪って、リーサルがタイトル挑戦権を獲得した経緯が説明される。ゴングと同時にリーサルが、まだポーズをとっているジャレットに飛び掛る。両者とも場外に転落し、すぐに戻ってくる。ジャレットはリーサルにキック。ロープワークはリーサルがかわし、ジャレットを場外に落としてトペ。スタイナーは鉄パイプのようなものを持ち出す。ジャレットがルディチャールズ審判の注意を引き付ける間に、スタイナーがリーサルを殴る。場外で、ジャレットとスタイナーが2人がかりでリーサルを攻撃。リングに戻り、ジャレットが4の字固め。リーサルはうつぶせになって切り返すが、スタイナーがジャレットを引っ張ってロープブレイクさせる。レフリーとスタイナーが口論しているところへ、リーサルがスタイナーにダイブ。リーサルがリングに戻り、攻撃をジャレットに加えた後、トップロープに上ったところでスタイナーが鉄パイプで殴り、ジャレットのストロークが決まる。
勝者:ジェフジャレット タイトル防衛

試合後、ジャレットとスタイナーがリーサルの真似をしていると、照明が消える。照明がつくとスティングがリングにおり、2人を攻撃している。セキュリティと審判が飛び出してくる。

ボラッシュがコルネットの部屋に入ろうとするクリスチャンを捕まえている。クリスチャンは、ジャレットについているスタイナーを抑えるため、自分がスティングのセコンドにつけるかどうか尋ねるつもりだと語る。


7/27放送分

ボラッシュはヤングとジェームズギャングにヤングをスターにする新たなアイディアを質問している。「百聞は一見にしかず」らしい。

ラントとアビスが花道の奥で乱闘している。レイヴェンは観客席から眺めている。アビスは椅子の上にブラックホールスラムでラントをたたきつける。

ボラッシュはモンティブラウンに、ライノvsサモアジョーについて聞いているが、モンティは決着がつかなかったPPVでのライノとの試合について語りたがっている。

ピーティーウィリアムズ vs ジョニーデバイン vs シャークボーイ vs サンジェイダット
ナッシュとシェリーがリフトに乗ってデバインを応援している。試合途中で元チームカナダの2人が結託。全員がそれぞれのフィニッシュムーブを放つが、PTのカナディアンデストロイヤーがシャークボーイに決まり、ピンフォール。
勝者:ピーティーウィリアムズ

ボラッシュがラントに、なぜアビスを襲ったのか尋ねると、ロッカールームで最も悪い奴をいつもターゲットに定めているんだと語り、アビスにどんな形式でもいつでもいいから挑戦させろと語る。

クリスチャンがリングに登場。スティングが登場できないことをわびる。クリスチャンはスティングがTNAに登場した動機を疑っていたとし、しかし、今ではスティングがTNAをより良いものにするため、ジェフジャレットというガンを追い払おうとしていると感じているとした。スティングは様々な目に見えない問題を抱えており、多忙であること。コルネットに自分がスティングのセコンドに立つ許可を申請し、スティングからその答えを貰うことを語る。スティングが登場しハードジャスティスはスティングの時間になると語り、ジェフジャレットというガンを追い払う日だと語る。しかし、クリスチャンがセコンドにつくことは出来ないとした。

ジェームズギャング w/エリックヤング vs AMW w/ゲイルキム +A1
試合の直前、キップがA1とエリックをジェームズギャングに勧誘していたが、A1は拒否。ヤングは受け入れるが、反則攻撃での勝利は受け入れないとする。A1とヤングが組み合うが、ハリスがヤングを背後から殴り倒す。A1はヤングを攻撃することを拒む。ストームが入るが、ヤングではなくハリスを殴り倒す。あっけにとられるA1をヤングが丸め込んでピンフォール。
勝者:エリックヤング、ジェームズギャング

サモアジョーvsライノ
試合はパンチ、ハンマー、キック、クローズライン、延髄切りなどからグラウンドの攻防へ。モンティブラウンが出てきてリングサイドに座る。ライノはモンティのいる場所が邪魔な感じ。ジョーは連続攻撃で反撃。セントーンで2カウントを奪う。ライノはクローズライン。しかし、レフリーを巻き込んでしまう。スパインバスターを決めジョーをフォールするが、モンティはライノを場外に引きずり出す。ジョーはモンティ目掛けてトペ。ライノとジョーは乱闘しながら移動し、ライノが花道でフロントスープレックス。ライノはテーブルを設置し、ゴア炸裂。しかし、ライノをモンティが襲う。ジョーはモンティにコキーナクラッチ。両者の死角から、ライノが2人まとめてゴアでテーブル貫通。
試合はノーコンテスト

試合が終了した後、ライノはファンに大歓声を受ける


XplosionとGlobal Impact用の試合

サンジェイダット、クリスセービン vs センシ、ピーティウィリアムズ
勝者:サンジェイダット(センシへのスタンディングシューティングスタープレス)



ロンキリングス vs A1
勝者:ロンキリングス(シザーズキック)
試合前に、キリングスは自らのラップで入場。WWEのシナにあてつけるように。


テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

Steve Gerweck氏のVictory Road評
昨日の速報を訳しながら、なんとなく後半尻すぼみになってしまった大会のような印象を持ってしまい、本当のところどうだったのか、GERWECK.NETのSteve Gerweck氏のVictory Road評を訳しておきます。


ビクトリーロード大会はまともなもので、悪くは無かったが、特別すばらしくも無かった。評価は普通と言ったところ。こういった大会では、一つのすばらしい試合だけで、良い大会と評価されるわけではなく、逆に悪い試合があったからといって、ひどい大会と評価すべきでもない。

どうやら、ナチュラルズは長髪を守りきったようだ。彼らの新しいルックスはたいして前と変わってはいなかった。TNAは良い開幕試合用の選手を確保できたが、これは短期的な見方でしかなく、彼らの評価はマネージャーたちのサポートがあってのものだ(彼らの実力では無い)。

私は、不透明決着は嫌いだが、ライノとモンティの試合は上手いやり方を見つけたと思う。ライノのプロモが効果的に働いていたことも関係するだろう。

LAXは良いヒールユニットになっている。ホミサイドをリングで観るのが楽しみだ。

チームカナダの解散はちょっと長く、観客を飽きさせてしまった。スパイクTV(iMPACT!)では、44分間しかないから、PPVでやったんだろう。

本心から、センシとカザリアンの試合は良かったと思う。しかし、彼ら2人の試合としては期待はずれだった。カザリアンが髪を切ったのは正解だったと思う。

レイヴェンとズビスコの敗者髪切マッチは最も予想を裏切られた試合だった。まさか、普通にレイヴェンが勝つとは誰も思っていなかっただろうから。

私はナッシュではないから分からないが、彼がXディビジョンを踏み台にして自分がXディビジョンで目立とうとしているのではないだろうか。シェリーもデバインも結果的に損をするかもしれない。そろそろ、引退すべきじゃないだろうか。

チーム3Dとジェームズギャング、アビスの乱闘は面白かった。でも、テーブルを使わないフィニッシュはありえない。

TNAはAMW解散へのきっかけを作ったようだ。そんなものは観たくない。彼らは世界最高のタッグチームだから。しかし、TNAがタッグ戦線を新しくしたがるのは良いことだ。しかし、なんであの謎の女は「シレルダ」って名前にされたんだ?かつて「サー(男性の敬称)」と呼ばれた奴のの名前じゃないか。ゲイルキムのバンプは本当にすばらしい。

メインイベントは誰が勝っても、それぞれの展開でハードジャスティス大会に繋がる、面白い試合だった。TNAのメインイベントのレベルでは、素晴らしい試合とはいえないが、十分にエンターテイメントとして楽しめた。スティングにガソリンをかけたことは驚いたが、ハードジャスティス大会を盛り上げるため非常に効果的な事だ。

ジムコルネットのプロモが全く無かった。ナッシュビルまで出向いて、プロモの撮影をしておくべきだったのではないか。



TNAは観客が非常に好意的に見ている団体なので、まあまあの反応は平均以下の内容だったと受け取ってしまいます。ここ何回かのPPVでは、アビスvsクリスチャンの連戦や、AMWvsAJ、ダニエルズの連戦など、非常に盛り上がった素晴らしい試合が続いていたので、今回も期待していたのですが、どうも、そこまでの好試合があったようには思われません。前回大会で様々な変化を示唆した煽りで、谷間の大会になってしまったのかなという印象です。しかし新展開で動き始めることで将来的な楽しみは増えました。ここから、TNA最大のイベント、バウンドフォーグローリーまで繋いで行く大きなストーリーに発展させていくわけですから、この動き出しはとても重要です。まずは、iMPACT!の収録で何が起こるかですね。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

7/16 TNAニュース速報
7/16 TNAニュース速報です。

★ビクトリーロードにはランスホイトもバックステージに来ていたそうですが、登場機会はありませんでした。また、ジミーハートの姿もあったそうです。

★スティングのDVDの為に、選手たちはインタビューの収録を行っており、これまでにAJスタイルズ、エリックススキッパー、デビッドヤング、クリスセービン、サンジェイダット、クリストファーダニエルズが収録を終えているそうです。

★ESPNスターチャンネルのスタッフがビクトリーロードのバックステージに来ていたとの事です。将来的に、インドやアジア地域でのTNAの放送を見据えてのことです。すでに、サンジェイダットとチーム3Dがインタビューの収録を終えているとの事です。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

TNA PPV Victory Road大会速報
TNA PPV Victory Road大会速報です。こまめに追加更新しております。

プレショーの司会はジェレミーボラッシュとクリスティへミー。最初に、「エリック(ヤング)では無くジャレットをクビにしろ」のサインボードが映される。

へミーが床屋の椅子に座り、敗者髪切りマッチの宣伝。

ジョニーデバイン w/アレックスシェリー vs シャークボーイ
テネイはかつてのTNAのスター選手が、センシの持つXディビジョンタイトルに挑戦すると言っている。シャークボーイがカバーに行くが、シェリーがレフリーの注意を引き付け妨害、代わってデバインがダブルアームパイルドライバー(新技)でピンフォール勝ち
勝者:ジョニーデバイン

ライノのプロモ。先日のiMPACT!の内容は本心であると語る。モンティをゴアで出血させてやると宣言。


-ここから本放送-

挑戦者決定戦の4人のプロモの途中でジェフジャレットがそれを遮り、4人をそれぞれ嘲ると、彼にとって最も厄介な相手に、ハルクホーガンの名前をあげる。そして、いずれにせよ自分に叩きのめされることになると挑発。

ダイアモンドインザラフ w/サイモンダイアモンド vs ナチュラルズ w/シェインダグラス
ダグラスが登場しプロモを止める。
シェーンダグラス:ECWは「フランチャイズ」を失い、代わりに「ディック・フレアー」を獲得した。ナチュラルズは生まれ変わり、準備万端である。今夜はNWAタッグタイトルを取り戻す道の始まりだ。
衣装は変わっているが、2人とも肩の辺りまで髪を切っただけ。あんまり変わっていない。フランチャイズがバックステージへ戻り試合開始。
短い試合で最後はスティーブンスがスキッパーをパワーボムの体勢に持ち上げ、アンディがトップロープからのミサイルキックと同時にマットに叩きつける新合体技でピンフォール。
勝者:ナチュラルズ
試合後、ナチュラルズが健闘を称えあっているとフランチャイズが戻ってきて、彼らが自惚れているのでは無いとアピール。

バックステージでボラッシュがクリスチャンケージといる。クリスチャンは、自身も出場する、Road to Victoryマッチについて語る。
クリスチャン:古いクリスチャンでは無く、それを打ち破るものを見せられるだろう。しかし、すべてを捨てるわけではない。スタイナーはチャンピオンにふさわしい精神を持っていないので、本来の「ジャレットの影」というポジションに戻してやる。
サモアジョーについては、彼をTNAと認めつつ、「フライの食い過ぎじゃないのか?」とも。スティングはミルクに例え、特に期限切れのミルクがピッタリとした。

ライノ vs モンティブラウン
ライノがリングに走ってくる。2人は場外乱闘でスタート。観客はライノに大声援。序盤からモンティはパウンスを狙うが、レフリーに誤爆。レフリーが失神で両者ラフファイト。今度はライノがゴアをレフリーに誤爆。両者乱闘を繰り返しながら、観客席へ雪崩れ込んでいく。ゴングがなり、両者失格の判定。
無効試合:両者失格


バックステージにLAXがいる。
コナン:早くスペイン語を覚えたほうがいい。この国は乗っ取られるからだ。すでに1100万人の不法移民が入り込んでいるんだからな。

LAX vs ロンキリングス、サンジェイダット
スペイン語アナウンサーのムーディジャックがLAXを紹介。ロンキリングスが「What's up?」のラップで入場中にLAXが襲いかかる。観客席には、「LAXを強制送還しろ」のサインボードが。かなりの好試合から、フィニッシュはヘルナンデスにラストライドの体勢に抱え上げられたサンジェイダットに対し、コナンがトップロープからリング中央付近まで飛ぶ大ジャンプアタックを見せピンフォール。
勝者:LAX

ボラッシュがスコットスタイナーにバックステージでインタビューしている。スタイナーは他の3人をこき下ろし、腕の筋肉を誇示しながら勝利宣言。ボラッシュが「もし来月、ジャレットと対戦することになったらどうしますか?」と質問すると、リングの中にも外にも、仲間はいないと答える。

かつてのチームカナダのメンバーがカナダ国家で入場してくる。
デモア:ジムコルネットというアホのせいで、今夜がチームカナダのメンバーをそろって見る事のできる最後になってしまった。これは大きな事の始まりである。ボビールードは純粋に最高のアスリートで、最高にアツいフリーの選手となる。
ルードがリングを去る。
デモア:私はピーティウィリアムズのことはいつも大事に思ってきた。息子よ。お前を愛している。
2人はハグ。PTもリングを去る。
デモア:A1はストリップ小屋で用心棒をしていたところをスカウトした。彼に失望させられたことは一度も無い。(ファンはYou can't wrestleチャント)
A1はデモアに感謝しリングを去る。
デモアとエリックヤングが残る。客席の最前列に「エリックヤングをクビにするな」のサインボードが掲げられている。デモアはチームカナダの消滅はエリックのせいだと非難する。
デモア:エリックを見つけたときは、ただのデブガキで、間抜けなことばかりやっていた。お前にはうんざりだ。
チームカナダのジャケットとパンツを返すように要求。エリックは下着と靴下だけの姿になるが、靴下の色が左右で違っている。ファンは「俺たちが助けてやる」チャント。
デモア:にもかかわらず、俺はお前に優しく接してやっていたんだ。お前なんかクビにされちまえ。
エリックがマイクを持ち、観客に「俺をクビにしたいか?」。観客は「ノー」。
エリック:だったら、「クビにさせない」作戦を始めよう。
観客は「Don't fire Eric」チャント。エリックは客席に入っていく。

10/22のバウンドフォーグローリー大会の宣伝。デトロイトで開催と発表。

バックステージでセンシがボラッシュにインタビューを受けている。
センシ:俺はXディビジョンタイトルを獲るためにTNAに来た。そして作戦は成功した。今日の対戦相手はかつてのXディビジョンチャンピオンだ。

センシ vs カザリアン Xディビジョンタイトルマッチ
カザリアンは、WWE入りしたことを許された模様。髪は短くなっており、紫のトランクスで入場。ファンの反応はさまざま。チームカナダのスキットが長すぎたのか、観客のノリが悪い。センシの強烈な蹴りが側頭部に決まってカウント2。ようやく、小さな「Let's go Senshi, Let's go Frankie」チャントが始まる。内容は良いのに盛り上がらない。11分18秒。ダイビングダブルフットスタンプでピンフォール。
勝者:センシ

バックステージにラリーズビスコがいる。レフリーのスリックジョンソンがやってきて、試合をやらなければズビスコが失職することを告げ、試合は公正に裁くと言っている。ズビスコは「レイヴェンと倒した後、男と男の話をしようじゃないか。」

レイヴェン vs ラリーズビスコ 敗者髪切マッチ
女性の理髪師が床屋の椅子の後ろに控えている。試合開始直後、ジョンソンがズビスコにつまずいてしまう。レイヴェンはレフリーごとまとめてキック。レイヴェンイフェクトが決まるが、レフリーは失神。ズビスコはすかさずローブロー。しかし、もう一発レイヴェンイフェクトが決まってピンフォール。
勝者:レイヴェン
ズビスコは逃げようとするが、セキュリティに連れ戻され、レイヴェンも加わって、床屋の椅子に固定される。ズビスコが喚いているがお構いなしにレイヴェンが頭を刈り始める。スリックジョンソンもシェーバーを持ち、ズビスコの頭を刈る。

バックステージ、ナッシュ、デバイン、シェリーがいる。ナッシュは「新しいXディビジョンの象徴は俺だ」。

ケビンナッシュ、アレックスシェリー w/ジョニーデバイン vs ジェイリーサル、クリスセービン
テネイはナッシュが選手生活の中で13度もの膝の手術を受けていることに言及。シェリーはヒールらしい妨害。実況席では「やらなくてもいいのに。」もう一度シェリーが妨害するが、観客の反応はいまいち。最後はセービンがシェリーを素早く丸め込んでピンフォール。
勝者:クリスセービン、ジェイリーサル
試合後、両チームは乱闘をはじめる。セービン、リーサルが攻撃されているところへ、ジェリーリンが助けに入ってくる。どうやら、ハードジャスティスで6人タッグが組まれる模様。

バックステージで、ブラザーレイが「バイオレンス」を15回くらい繰り返して言っている。ブラザーレイはジェームズギャングが"バレット"ボブアームストロングを連れて来るべきところで、アビスという悪魔と契約したと語る。ディーボンは、チーム3Dに欠けていたところを、ラントが入ったことで、完璧なチームになったとし、「Oh my brother testifyyyyy.」で絞め。
これまでの過去の経緯のハイライトシーンをまとめたビデオが流れる。

チーム3D、ブラザーラント vs ジェームズギャング、アビス
ラントがアビスに対峙するように要求。観客から「ラント」チャント。試合中、ジェームズギャングはビールをがぶ飲み。3Dも相手を心配しつつ、自分たちも飲む。観客はTNAチャント。アビスはラントを場外に放り出し、ひたすら場外乱闘。武器も様々なものが持ち込まれる。全て、場外で行われる。ラントは花道からアビスに飛び掛る。ディーボンは竹刀でキップジェームズにチョーク攻撃。レイはホッチキスの芯を打ち込む道具を持ち出し、アビスの額に「ECWはTNAを恐れている」という紙を打ち付ける。3Dがアビスに決まる。観客はテーブルを要求。ジェームズギャングがテーブルを持ち出す。3D側がテーブルを使って何かやろうとするが、キップが竹刀で妨害。アビスはラントにアシッドドロップから、ブラックホールスラムを決めてピンフォール。
勝者:アビス、ジェームズギャング
テーブルは結局使われず。

バックステージでゲイルキムとAMWがボラッシュのインタビューを受けている。
ハリス:タイトルも持っていようがいまいが、俺たちが最高のタッグチームだ。
ストームはビールを飲んでいる。ハリスはビールをやめるように言い、ストームが「何でだ?」ときくと、「お前は16針も頭を縫ったばかりだろ。」

クリストファーダニエルズ、AJスタイルズ、シレリア vs AMW、ゲイルキムNWAタッグタイトルマッチ
ストームは入場時もまだビール瓶を持っており、ハリスはそれを怒っている。ハリスは、DWに「あいつが7まで数えることができたら、俺たちの勝ちだ」。キムがストームの足元に倒れこんでおり、その上にハリスが倒れこんでしまう。キムは怒っている。AJが膝の上にキムを乗せ、お尻を引っぱたいている。ハリスが助けに入る。キムがダニエルズにデスセンテンスを決めるが、カウント2で返される。エンジェルズウィングがハリスに決まるが、キムがカットに入る。ストームはアイオブザストーム(エアプレーンスピン)をAJに決めるがAJがキックアウト。ストームがビール瓶を使おうとするが、ハリスがそれをやめさせる。すかさずAJがハリスを丸め込んでピンフォール。
勝者:AJスタイルズ、クリストファーダニエルズ、シレリア
タイトル防衛

AMWは内輪もめに発展しそうな気配。

8/13のハードジャスティス大会の予告。テネイが今夜の挑戦者決定戦の勝者とジャレットの防衛戦があると告げる。

挑戦者決定戦にいたるまでのハイライトのビデオが流れる。

スティング vs クリスチャンケイジ vs サモアジョー vs スコットスタイナー 第一挑戦者決定4ウェイマッチ
テネイはジョーの連勝記録について語るが、クリスチャンもまだTNAでは負けていないことに触れる。スティングは最後に出てくるが、あまり人気が無い。スティングがジョーをさそり固めに捕らえるとスタイナーがカット。スティングとスタイナーは場外乱闘を開始。ジョーはクリスチャンとリング内で戦う。途中で入れ替わり、スタイナーとスティングがリングへ。カメラマンに扮したジャレットがリングサイドに出てきて、ガソリンをスティングの目に噴射。レフリーがスティングをバックステージに連れて行く。TNA役員たちがジャレットを追いかけている。しかし、ジャレットは逃げ延びる。スタイナーはクリスチャンを場外マットの上にフロントスープレックスで叩きつける。そこへジョーがリング内からダイブ。観客は「ジョー、ジョー」チャント。スティングの治療の様子をテネイがレポート。ジョーがテーブルを場外に設置。そこへスタイナーがエルボードロップ。ジョーはテーブルにたたきつけられる。クリスチャンはフロッグスプラッシュをかわされ、スタイナーリクライナーに捕まる。ジョーはスタイナーを捕まえコキーナクラッチ。スティングが復帰。スタイナーにスコーピオンデスドロップを決めピンフォール。
勝者:スティング ハードジャスティス大会でのタイトル挑戦が決定

クリスチャンがリングに戻り、スティングに講義しているが、やがて両手を広げ、スティングがそれに応じ、ハグして終了。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

7/15付 TNAニュース速報
7/15付 TNAニュース速報です。

★TNAの放送圏外の視聴者向けにPPV大会のオンデマンド配信サービスがスタートしました。
http://www.mediazone.com/channel/tna/jsp/index.jsp
リンク先で購入できます。価格は$14.99。過去の大会(サクリファイス、ロックダウン、ディスティネーションX、アゲンストオールオッズの4大会)も、ダウンロード販売されています。
なお、WindowsPCと高速回線が必要となっています。さらにアメリカ、カナダ、ニュージーランドにお住まいの方は利用できません。
詳細はリンク先でお確かめください。

☆デーブメルツァー氏によると、未定のビクトリーロードでのセンシのXディビジョン防衛戦の相手は2人(3ウェイマッチ)の予定で、内の一人はTNAにレギュラー参戦している選手ではないとの事。ビクトリーロード以降は、レギュラー参戦することになるとの事です。選手名は明かされていません。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

7/14付 TNAニュース速報
7/14付 TNAニュース速報です。

☆7/6放送のTNA iMPACT!の視聴率が、前番組のUFCの放送が無かったにもかかわらず、ほとんど下がらなかったことで、SpikeTVはTNAとの関係をより深めようとしているとの事です。他の新作ドラマシリーズの視聴率が振るわなかったことも、TNAに有利に働いたと見られています。

★ジェイリーサルがチームカナダとのオールオアナッシングマッチでピンフォールを奪ったため、来週のiMPACT!で何らかのタイトルに挑戦すると公式にアナウンスされました。センシの持つXディビジョンタイトルへの挑戦が濃厚です。

★チーム3Dのブラザーラントがオフィシャルウェブサイトを立ち上げました。
http://www.matthyson.com/

☆センシのビクトリーロードの対戦相手はピーティーウィリアムズになるだろうとの事です。

☆オースチンエリーズ改めオースチンスターのTNA復帰は次回のiMPACT!の収録になるだろうとの事です。

☆ECWで働くためにWWEと接触したとされたジェームズミッチェルですが、現在はTNAとの契約下にあり、WWEとの接触も否定しています。

★今週日曜日に迫ったビクトリーロードの決定済みカードは以下の通りです。

プレショーマッチ
 ジェニーデバインvsシャークボーイ

第一試合 第一挑戦者決定4ウェイマッチ(形式未発表)
 クリスチャンケージvsスコットスタイナーvsサモアジョーvsスティング

第二試合 NWA世界タッグ選手権試合(6人タッグ)
 AJスタイルズ、クリストファーダニエルズ、シレルダ組vsAMW、ゲイルキム組

第三試合 
 チーム3D、ブラザーラントvsジェームズギャング、アビス

第四試合 敗者髪切りマッチ
 レイヴェンvsラリーズビスコ

第五試合
 アレックスシェリー、ケビンナッシュvsクリスセービン、ジェイリーサル

第六試合
 ライノvsモンティブラウン

第七試合
 ヘルナンデス、ホミサイド(LAX組)vsサンジェイダット、ロンキリングス

第八試合 Xディビジョンタイトルマッチ
 センシvs未定(ピーティーウィリアムという噂あり)

第九試合 タッグマッチ
 ナチュラルズvsダイアモンドインザラフ(エリックススキッパー、デビッドヤング)




テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

TNA iMPACT!よりライノのシュート発言
7/13放送のTNA iMPACT!にて、収録時点では放送されるかどうかわからなかった、ライノのWWEに対する発言部分が、実際に放送されました。注目度の高いこの部分のみご紹介しておきます。ちなみに、番組の冒頭にオンエアされました。
その他の部分は
http://tnanews.blog69.fc2.com/blog-entry-85.html
この記事をご覧ください。


ライノが赤いバッグを持ってリングにいる。

ライノ:ビンスマクマーンが私に仕事をさせたいと言ってたずねて来てからの数週間、いくつかの決定を下すことになった。俺はビンスに「Kiss my ass!」と言ってやった。俺はTNAだからだ。(観衆は大喜びで「TNA」チャント)ビンスはECWをもう一度立ち上げたいと言う。しかし、最後のECW TVチャンプもECW世界チャンプもいなくて、どうしようって言うんだ。俺は、唯一のこの2つのタイトルの所有者で、5年間もの間、両方のベルトをこのバッグに入れて保管していた。ビンスはこのベルトを取り戻すため、契約書の次は訴状を送りつけてきやがった。もしビンスが男で、「タマ」があるんなら、Impact Zoneまで取りに来てみろ。俺はウォーマシンであり、このベルトの正当な所有者として、5年間保持してきたんだ。

ライノはバッグを持ち、リングを後にする。テネイとDWはどうしたらいいかわからない様子。カメラは外に出たライノに追いつく。

ライノ:もう、過去を穿り返すのはうんざりだ。TNAにはシェーンダグラス、チーム3Dらと共にECWの心と魂が宿っている。もう、ECWはちゃんと葬ってやるべきなんだ。ECWは終わったのだから。

ライノはバッグをゴミ缶に捨てる。

ライノ:俺たちの血も汗も涙も、ビンスの収益として奪われることにうんざりなんだ。

ライノはゴミ缶にライターオイルを注ぐ。

ライノ:ECWの死から、TNAの長い命が生まれる。

ライノは火のついたマッチをゴミ缶に落とし、炎が燃え上がる。

ライノ:俺はEXTREMEな挑戦を待っている。6角形でも4角形でも8角形でも、どのリングのやつでも構わない。IMPACT ZONEに来て、俺と闘え!!


テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コナンのインタビュー
マンデイナイトメイヘムに登場したコナンのインタビューでの発言内容を、ダイジェストでご報告しておきます。

・3LKは十分なプッシュを受けられなかったし、移民の問題が世間を賑わせていたので、LAXのアイディアをクリエイティブチームに持ちかけた。

・ホミサイドは、レイミステリオ、エディゲレロらと並び、ヒスパニック系レスラーの将来を背負って立つ存在である。

・ミステリオの戴冠はエディゲレロのときと同様。他に選択肢が無かったと考えていること。そして、WM22のオートンvsアングルvsミステリオのタイトルマッチは、バティスタが欠場していた状況ではベストの選択で、もう少し試合時間を与えるべきだった。

・グレートカリにミステリオが完敗させられたのは、WWEがミステリオを今後プッシュする気が無いということだろう。

・WWEの薬物禁止要綱について、先週復帰したバティスタは今回も明らかに"juice up"しているし、ハードなスケジュールを考えれば、強い痛み止めを服用することは不思議ではない。HHHだって、テストされれば陽性反応がでるんじゃないか。

・ライノのTNAへの残留は、TNAの将来に向けて最も良い兆候であり、そういう話をしているわけではないが、チーム3DもTNAにとどまると感じている。

・TNAの成長を見ていると、レスリング界の未来はここにあると感じる。スパイクTVは2時間の枠を与えるべきである。

・エディゲレロの名前をWWEが使い続けていることについては、彼の遺族が望むならすぐにやめるべきだとし、エディの葬儀に出席したときも、いかにビンスが偉大であるかという事ばかりを喧伝していた。ミステリオがエディのトリビュート興行を行う許可を得ようとしたときも、WWEはすでに企画していると言いながら、結局、それは行われなかった。唯一のトリビュート興行はデンバーで、WWE勢抜きのメキシコ系レスラーが行った、チャボクラシックだけである。

・チャボゲレロは、十分にWWEに報いられてはいない。クリスチャンやクリスジェリコがWWEを離脱したように、もっと多くのレスラーが早かれ遅かれWWEを離脱するだろう。WWE社内では、給与の低さが原因でさまざまなトラブルが起きている。名前は出せないが親しい友人も当事者となった。チャボもWWEをはなれ、WWEによるゲレロの広告を外せるようになることを願っている。

・MTVのソサイエティXプロジェクトのコンセプトは、非常に良く考えられたものだ。WWEもTNAも無視しているが、もう一度レスリング業界を発展させるためのヒントがあるのではないだろうか。

・新しいECWはかなりひどい。「Extreme」の意味をわかっているクルーがいないようだ。成功させたければ、ポールヘイマンのやりたいようにやらせ、サブーやトミードリーまーやサンドマンをプッシュするべきだ。マイクノックスのような新顔をプッシュしたいのは、ビンスが気に入らないものをぶち壊すのが好きな人間であるということだ。

・ブライアンピルマンや、その他の亡くなったレスラーたちに触れ、TNAの月3回、同じところで行う収録と言うのは、レスラーたちの過労死を防ぐ上で完璧なスケジュールである。

・カーター社長やジャレット親子およびTNAには公式に感謝の意を表したい。






テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

7/13付 TNAニュース速報
7/13付 TNAニュース速報です。

☆サンジェイダット、ロンキリングスvsLAXの試合をビクトリーロードで行うことが検討されているそうです。

☆センシがXディビジョンタイトルをビクトリーロードで防衛することは決まっていますが、対戦相手はまだ決まってないとの事。

☆ビクトリーロードで、フランキーカザリアンとマットベントリーのタッグが復活するだろうとの事。

☆インターネット配信サービス用の宣材では、ハードジャスティスのメインイベントはジェフジャレットvsスティングとなっているようです。

★2006年のロックダウン大会の購入件数は、初期の統計で40000件との事。

☆ホミサイドの新しい契約では、年間28回の登場が保証されているとの事。TNAはiMPACT!とPPVをあわせても36回しか収録がありませんので、ほぼレギュラーメンバーとしての契約となります。

☆先週土曜日のiMPACT!の再放送の視聴率は0.5%でした。

☆前回のiMPACT!の収録時のライノのシュート発言の放送は、大きな波紋を呼ぶと、スパイクTV、TNAともに考えているそうです。さらに、追加での収録も行われているらしいとの事。

★IWCという団体の8/5のイベントは、AJスタイルズとクリスチャンが見出しを飾っているそうです。さらにアビスも登場予定です。

☆ジェームズミッチェルがECWに登場するためWWEと接触したとの事です。ビクトリーロードではジェームズギャングの助っ人としてアビスが登場する予定で、そこでのミッチェルの扱いに、今後の彼の行動のヒントがあるのではないかと見られています。




テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

7/12付 TNAニュース速報
7/12付 TNAニュース速報です。

★ジムコルネットは、TNAと10回の出演契約をしているそうです。続く2回のPPVへの出演予定はありません。

★アレックスシェリーは肩の状態を回復させるため、インディの仕事を断っているようです。

★アレックスシェリーとジョニーデバインのタッグチームは、「ザ・パパラッチ」と呼ばれることになりました。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

7/12付 TNAニュース速報
7/12付 TNAニュース速報です。

★ジムコルネットは、TNAと10回の出演契約をしているそうです。続く2回のPPVへの出演予定はありません。

★アレックスシェリーは肩の状態を回復させるため、インディの仕事を断っているようです。

★アレックスシェリーとジョニーデバインのタッグチームは、「ザ・パパラッチ」と呼ばれることになりました。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。