TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
視聴率は漸減傾向です
3/30付TNAニュース速報です。

★3/29放送分iMPACT視聴率は0.97%でした。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

スティングは引退を決意していたそうです
3/29付TNAニュース速報です。

RFビデオが、コナンの腎臓移植のドナーを確保したとアナウンスしています。再度適合性の検査が行われますが、事前に行われた検査では、非常に高い適合性を示したそうです。

★先日、ディクシーカーターがヨーロッパを訪れたのは、イギリスでiMPACT!を放送しているブラボーと会議を行う為だったそうです。また、イギリスでショーを開催することも話し合ってきたそうです。

★スティングがTNAの公式サイトで、2006年で引退するつもりだった事を明らかにしています。しかし、ディクシーカーターやその他の役員たちに説得されて、2007年もレスリングを続ける決心をしたそうです。しかし、来年以降の事は何も約束できないとしています。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ムタの狙いはXディビジョンでした
3/28付TNAニュース速報です。

☆全日本プロレスの武藤敬司がTNAから呼びたいのは、若手の選手達で、アングルやスティングのような大物ではないと言う噂です。現段階では具体的な契約は結ばれていません。

☆ディスティネーションXにグレートムタが登場した際、広報担当のスティーブンゴドフリーはムタを知らず、慌てて資料を集めたそうです。

☆クリスチャンケイジはチャンピオンにふさわしくないのではないかという声が上がっているそうです。彼の能力はマイクアピールでは突出しているものの、試合内容では他の選手達に劣るというのが理由だそうです。ディスティネーションXの試合も、ジョーに引っ張られなければ良い試合にはならなかったのではないかと言う人もいたそうです。

☆ディクシーカーターはレスラー達に非常に好かれているそうですが、クリエイティブチームの考えを全て受け入れてしまうのが欠点だと言われているそうです。

☆ディスティネーションXで「ルッソーを首にしろ」というチャントが観客から起こりましたが、選手達からはそれほどルッソーは嫌われておらず、むしろ、最近のストーリーの迷走はジェフジャレットとダッチマンテルの計画性の無さから来ているものだと言う声が上がっているそうです。

★今後のDVDの発売予定です。

・ファイナルレゾリューション2007 5/1
finalresolution2007.jpg

・ターニングポイント2006 4/17
・ディスティネーションX 6/17
・ロックダウン2007 7/27
・ベストオブアビス 7/31
・アゲンストオールオッズ2007とサクリファイス2007は発売日未定



テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

逆算するとジョーの戴冠はサクリファイス!?
3/27付TNAニュース速報です。

☆ジェフジャレットはタイトルをNWAからTNA独自のものに切り替えるタイミンミングとして、5月のサクリファイスの後のiMPACT!を考えているそうです。

★TNAの6/17開催PPVスラミバーサリーは、協力関係にあるメキシコのAAAの年間最大イベント、トリプレマニアと同じ日に開催が予定されていますが、双方とも変更の予定はありません。

★3/15放送分のiMPACT!でのスキットで、ボブバックランドが踏み台昇降運動をしていましたが、これはバックランド自身のアイディアだったそうです。バックランドはこの運動を3時間続ける事を日課としているそうです。

☆ジェシーワードは、レティーシャの擁護を続けており、彼女の出番を増やすように働きかけているとの事です。また、マキシムオンラインの美人コンテストにレティーシャがエントリーした際も、バックステージの多くの人に投票するよう、依頼していたそうです。

★ドンウエストは、商品販売責任者に任命されたそうです。今後、TNAグッズの販売促進に関わる仕事を兼任していくとの事です。

★3/26のiMPACT!収録のバックステージに、ショーンウォルトマンが来ていたそうです。一方、ディクシーカーターは、公用でヨーロッパに出張していたため、収録には来なかったそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

復帰したジャレットの話題が複数
3/26付TNAニュース速報です。

★4/12放送分のiMPACT!収録でジェフジャレットが復帰しました。噂どおりフェイスとして登場し、チームアングルに加わりました。

☆サモアジョーが、クリスチャンとトムコ相手に負けブックを組まれたのは、以前、インタビューの中で、TNAが無茶なブッキングをしてROHに出なければいけなくされた為に、怪我をしてしまったと発言した事に対する罰ではないかと、多くのレスラーたちは考えているという噂です。一方、ジョーはこれに対し、特に反感を抱いてはおらず、むしろ自分のプッシュに満足しているようです。むしろ、他のXディビジョンの選手たちの扱いについて、間違った方向に向かっていると憂慮しているそうです。

☆ジェフジャレットとジェリージャレットは、依然として仲違いした状態にあると、多くの人が考えているそうです。(ジェリージャレットは2005年の10月にWWE本社を訪れ、現在のウラジミールコズロフをビンスマクマーンに紹介し、その前後から、TNAに一切関わっていないとされています。同年6月のスラミバーサリー大会で、悪質なファンを殴ってしまったジェフジャレットが、警察に逮捕されないように奔走していたとされており、その後、どういった経緯で関係が悪化したのかは不明です。)

☆以前ご紹介した、ジェフジャレットがXディビジョンの試合を「ビデオゲームのようだ」と称したとされる記事ですが、称したのでは無く、ビデオゲームのような試合をするように命令したという記事が出回っています。どちらが正しいのかは不明です。

★チーム3Dがフロリダ州のキシミーでプロレス学校を設立するそうです。

★ロックダウン大会のカードです。

・チームケイジ(クリスチャンケイジ、AJスタイルズ、トムコ、スコットスタイナー、アビス) vs チームアングル(カートアングル、スティング、ライノ、サモアジョー、ジェフジャレット) リーサルロックダウン(フォールを奪ったものはサクリファイス大会でNWAヘビー級タイトルに挑戦できる)

・LAX vs チーム3D 電流金網マッチ

・センシ vs オースチンスター 特別レフリー:ボブバックランド

・ジェリーリン vs クリストファーダニエルズ

・ゲイルキム vs ジャクリーンムーア

・クリスセービン vs サンジェイダット vs ジェイリーサル vs アレックスシェリー vs シャークボーイ Xスケープマッチ

・ピーティウィリアムズ vs ロバートルード

・クリスハリス vsジェームズストーム 目隠しマッチ


テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

4/12放送分iMPACT!収録簡易速報
4/12放送分iMPACT!収録簡易速報です。

チームアングルの4人(スティングを含む)がリングに登場。ロックダウンTシャツを披露する。スティングがカートアングルの電話に出られなくてすまなかったと言い(恐らくこのシーンは後で別撮りされるものと思われます)、TNAを本当に愛していると言う。
スティングはアングルに最後のメンバーを教えて欲しいと言うが、アングルはこれを断る。ジョーは俺たちが信用できないのかと言うと、アングルはこの放送の最後に分かる事だという。


ジェレミーボラッシュが、ケビンナッシュからサプライズがあるという。ナッシュが出てきて、「ブラックマチズモ」としてジェイリーサルを呼び入れる。

ジェイリーサル vs クリスセービン ノンタイトルマッチ
リーサルはドレッドを解いて、サベージ風の髪型にしている。
セービンはリーサルの変貌に興味が無い様子。セービンが攻め込み、リーサルが反撃する展開から、素早いロープワークの攻防になり、リーサルのトップロープからのダブルアックスハンドルがヒットする。再びリーサルがトップロープに登ろうとすると、今度はセービンがドロップキックで打ち落として2カウント。続いて、リーサルの全身をくまなく踏みつける攻撃から、セントーンを決め再び2カウント。セービンのチンロックをリーサルが逃れるが、セービンは髪を掴んで捕まえ、コーナーに押し込む。リーサルはパンチの連打で脱出し、エルボーで動きを止め、クローズラインで倒してカウント2。今度はセービンがトルネードDDTで2カウント。再びセービンが攻撃を仕掛けるが、切り返しあいをリーサルが制し、トップロープからのダイビングエルボーでピン。
勝者:ジェイリーサル

テネイとDWはロックダウンのカードを発表している。

ロバートルード、ジャクリーンムーア vs ピーティーウィリアムズ、ゲイルキム
ジャッキームーアのニックネームがプラウドオブテネシーに変更されている。(ミステネシーは美人コンテストの協会からクレームがついたため。)
ゴング前にキムが、エプロンサイドのムーアに突っかかる。ルードとPTは場外で乱闘。ルードがPTを倒して時間を稼ぎ、キムにバックドロップを決める。PTがリングに戻ってルードを攻撃する間にキムが場外に脱出し回復をはかる。レフリーのルディチャールズはキムのダメージが重いと見て、退場させようとする。しかし、キムは猛然とリングに向かい、ムーアに突進する。
PTがルードにカナディアンデストロイヤーの体勢に入ると、ジョームズストームが登場し、PTを挑発。PTが気をとられた隙にルードが丸め込んでピン。
勝者:ロバートルード、ジャッキームーア
クリスハリスが登場し、ムーアとストームを攻撃。エリックヤングもイスを持って出てきて、ルードとムーアを追い回す。ルードはマイクを持ち、エリックにイスを手放すように命令する。

LAXのヘルナンデスとホミサイドが、口にテープを貼られたブラザーラントを引きずってリングに登場。LAXはチーム3Dを探していると言う。ここで、コナンはうっかりダッドリーボーイズと言ってしまう。LAXは、アメリカ政府がラテン系の人々に対して行っている仕打ちを、ブラザーラントに対して行う事にしたと言うと、電流を流した金網に触れた人間がどうなるのかを示す為、ラントにスタンガンを使用すると言う。しかし、実行する前に3Dが登場し、ラントを放すように要求する。LAXはとにかく実行するというと、実際にラントにスタンガンを押し付ける。TNAの医療班が飛び出してきて、ラントに応急処置を施し、バックステージに連れ帰る。

サモアジョー vs AJスタイルズ
もしジョーが勝てば、チームアングルがリーサルロックダウンで先攻を獲得。(先攻が有利な試合形式の為)
AJが調子に乗ってアピールしているところへジョーが襲い掛かる。AJがドロップキックを狙うが、ジョーはあっさりすかしてAJはマットに転落。今度はAJがブレーンバスターを狙うが、持ち上げられない。ジョーはカウンターでフロントスープレックスを決める。スタイルズが反撃し、フライングラリアットを顎にヒットさせてジョーを倒す。今度はジョーにボディスラムを決め、ロープワークからのニードロップで2カウント。さらにAJが攻め、コーナーのジョーに対し、ショルダーブロックで突っ込む。ジョーが反撃しようとするところに、AJは膝へのドロップキックで勢いをとめてしまう。AJはコーナー串刺し式のフライングラリアットを狙うが、ジョーがパンチとエルボーで反撃し、しつこく突っ込んでくるAJをついにSTOで捕らえる。ジョーはハンマーパンチの連発で叩き込むと、AJが突っ込んでくるところにカウンターのパワースラムでカウント2。AJをコーナーに詰めるが、攻撃はAJがすかしてリバースDDTで2カウントを奪われる。ジョーがセカンドロープからのキックを狙うとAJはレフリーを楯に使いレフリーが昏倒。ジョーはAJをコーナーに振り、走りこんでの膝を入れるが、マッスルバスターはAJが脱出して丸め込みに入る。しかし、そのままジョーはコキーナクラッチ。チームクリスチャンのメンバーが出てきたところで、ジェフジャレットが登場。AJにギターショットを食らわせる。
勝者:サモアジョー
ジョー以外のチームアングルのメンバーがジャレットと握手。観客たちはジェフジャレットに声援を送っている。


以下、Xplosion用の試合
○クリスセービン vs サンジェイダット●

○ランスホイト vs アレックスシェリー●

○ハボック(デバイン)、マーター(ベントリー) vs ナチュラルズ●

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

4/5放送分iMPACT!収録簡易速報
4/5放送分iMPACT!収録簡易速報です。

リング上に道路工事現場のようなセットが置いてある。
ライノ vs トムコ 8マイルストリートファイト
バックステージで試合開始。壁には大量の武器が配置してある。建物の端から端まで乱闘しながら移動。観客たちはすばやく非難し、乱闘するスペースを空けている。
ようやくリングサイドに到着すると、トムコはライノを顔面から鉄階段に叩きつける。ライノは反撃し、リングの下からゴミ缶、イス、テーブル、パイロンを持ち出す。
両者、ようやくリングに入り、トムコがゴミ缶の蓋でライノの頭を殴り、続いて工事現場に置く、円柱状の車両止めサインでライノを殴り倒す。ライノは猛反撃し、イスでトムコの背中を殴り、パイロンで頭を殴りつける。ライノはゴミ缶を持つが、トムコはそのゴミ缶越しに、ライノの顔面にブート。トムコはリング内を片付けると、ゴミ缶でライノを背後から殴る。ライノはテーブルをコーナーにセットするが、トムコはライノにウエストロックを仕掛けるも、そのままライノにコーナーのテーブル目掛けて突っ込まされてしまう。
アビスが乱入し、イスでライノを殴ろうとするが、ライノがかわしたひょうしにトムコを殴ってしまう。すかさず、ライノのゴアがヒット。
勝者:ライノ
試合後、アビスが再びリングに上がったところでカートアングルとサモアジョーが登場し、アビスを倒す。クリスチャンケイジ、スコットスタイナー、AJスタイルズが登場し、5対3でアングルチームが倒されてしまう。

VKM vs LAX ノンタイトルマッチ
試合前、クリスティヘミーが登場し、VKMに文句を言い始めるが、ランスホイトが現れてクリスティを排除する。LAXファンはD-Xは要らないというチャントをはじめる。
ヘルナンデスがBGを叩きのめす。すかさずホミサイドにタッチし、ホミサイドはコーナーに登ってダイビングエルボーで2カウント。LAXは頻繁にタッチを繰り返すが、キップはただ見ているだけという展開。
ようやくBGがブートでヘルナンデスを倒すと、キップにタッチする。キップはLAXを一人でなぎ倒す。VKMはホミサイドを場外に放り出し、ヘルナンデスを攻めるが、LAXは他のメンバーが介入し、ここでDQ裁定が下る。
勝者:VKM(反則)
チーム3Dが登場し、ロックダウンの電流金網マッチを受けると宣言する。レイはロックダウンで3Dがタイトルを奪い、LAXはティファナに帰って、母親の子牛売りの宣伝をする事になると言う。

オースチンスター vs センシ サブミッションマッチ
センシが場外に落ちたところで、スターのトペスイシーダがヒット。リングに戻りスターがチキンウィングクロスフェイスを狙うが極まらない。続いてスターはローリングエルボーをヒットさせる。続いてスターは足をロックしたままチンロックを極める。今度はセンシのドラゴンスリーパー。これをスターが脱出してブレインバスターを狙うが、センシがブロック。今度はセンシがダイビングダブルフットスタンプを狙うが、これはスターがかわす。スターはセンシにハーフボストンクラブをがっちり極める。センシはタップを拒否するが、バックランドが駆け寄りタオルを投入。
勝者:オースチンスター

ジムコルネットが、選手全員参加の公開会議を行うと言う。
クリスチャンケイジをマックスバイアリーストック(かつての映画に登場した強欲でわがまま人物)に例えて非難する。そして、リーサルロックダウンで試合を決めるピンを奪ったものには5/13のサクリファイスで、NWA世界ヘビー級タイトル挑戦権を与えると発表する。
発表が終わると照明が落ち、再び点いた所でスティングが登場し、リング上のチームクリスチャンを攻撃している。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

3/29放送分iMPACT!簡易速報
3/29放送分iMPACT!簡易速報です。

オープニングでボブバックランドが実況席の前に現れ、がなり立てている。そのままコマーシャルに入るアナウンス。
コマーシャルに入ると、金網がリングにおりてくる。

ロックダウン前哨戦Xスケープマッチ
参加選手:ジェリーリン、アレックスシェリー、サンジェイダット、オースチンスター、ピーティーウィリアムズ、シャークボーイ

試合内容はレビューワーが書ききれないとの事で、退場者を退場順に示しています。()内は退場させた選手と決まり手です。
アレックスシェリー(シャークボーイがピンフォール)
サンジェイダット(ジェリーリンがゴッチ式パイル)
シャークボーイ(オースチンスターの垂直落下式ブレインバスター)
オースチンスター(PTウィリアムズのカナディアンデストロイヤー)
残り2名(リンとPT)になったところで、先に脱出した方が勝ちというルール。先に床に着地したのはジェリーリン
勝者:ジェリーリン(脱出成功)
しかし、直後に乱入したクリストファーダニエルズにバットで殴り倒される。

クリスチャンケイジ、AJスタイルズ、スコットスタイナーがリングに向かってくる。クリスチャンが正式にスコットスタイナーをリーサルロックダウンのメンバーと発表した事で、ブーイングを浴びる。スタイナーはクリスチャンに、協力する事でタイトルに挑戦させる約束をした事について念を押している。そして、4人目のメンバーはアビスであると言う。ジェームズミッチェルがアビスと一緒に出てくる。アビスのお母さんはいない。
AJはクリスチャンに5人目は誰なのかと尋ねるが、クリスチャンはそれはお楽しみは最後に取って置いたんだと言い、トムコを呼び入れる。しかし、トムコのテーマは流れているのにトムコが出てこない。ようやくトムコがマイクを持って出てくる。クリスチャンがハグで迎えようとするが、トムコは拒否。クリスチャンと以前、タイトルに挑戦させる約束をしたのに、スタイナーとも同じ約束をしていることに抗議する。そして、そういうことなら、今夜、タイトルマッチの先払いをしてもらうと言う。クリスチャンが何か言おうとするとカートアングル、ライノ、サモアジョーが花道に登場。
アングルはトムコに対し、クリスチャンのような嘘つきのいい加減な男が、タイトルマッチの約束なんか守るわけが無いだろうという。そして、チームアングルに加われば、クリスチャンと対決させる事を保障すると言う。
トムコは、誰を信用していいのか分からなくなったと言うと、ジムコルネットがリングサイドに登場。そういうことなら、トムコがどちらのチームに入るか、試合で決めれば良いと言い出す。クリスチャンが何か言おうとするが、トムコはその条件を受け入れる。

ジェームズストーム vs エリックヤング
ヤングは一人で入場。綺麗なドロップキックの連続で先制する。ストームはエリックをコーナーに押し込むとパンチの連打。そのままラフな攻撃を続け、コーナーに引っかかって倒れたエリックの顔面に、場外で助走をつけたブートを叩き込む。エリックは旋回式ラリアットで反撃すると、フロントスープレックスで2カウント。ストームのスーパーキックをブロックすると、バックドロップを決め、コーナーに上るがジャッキームーアが妨害し、リングに突き落とす。そこへストームのスーパーキックがヒット。
勝者:ジェームズストーム
ゴング直後に、クリスハリスが花道を出てこようとするのを、ゲイルキムが止めている。ロバートルードとミスブルックスが出てきて、エリックが負けたのは本当の友達なんかいないからだと言って、いびっている。これを聞いたPTウィリアムズがリングに飛び込み、ルードを攻撃し、ルードが間違っている事を証明する。

アビス vs カートアングル
トムコはリングサイドに座っている。
アングルはアビスに膝蹴りから片足タックルでテイクダウン。アビスは脱出をはかるが、アングルに簡単に倒されてしまう。アングルはすばやく立ち上がるとアンクルロック。アビスはロープエスケープ。ここで、クリスチャンはなにやらアピールを始める。アングルがクリスチャンを追って場外を走り回るが、アビスからカウンターのブートを食らってしまう。アビスはアングルを顔面から鉄階段に叩きつけ、リングに押し込むと超滞空式のブレーンバスターを決める。続いてネックバイスに入るがアングルは脱出し、ハンマーパンチの打ち合いから、アングルがジャーマンスープレックスを決める。続いてオリンピックスラムを狙うが、アビスは脱出してショックトリートメントを狙う。しかし、これをアングルが切り返してアンクルロックが極まる。アビスはギブアップを確認しに来たアールヘブナーを捕まえ、アングルと交錯させて脱出。ブラックホールスラムを決める。レフリーのルディチャールズが飛び込んで来て2カウントを叩く。ここで、アビスは間を置いてアピールし、チョークスラムを狙うが、アングルがすかさず切り返して丸め込んでピン。
勝者:カートアングル
トムコがリングに入り、アングルを契約書ごと殴り倒す。ライノが飛び込んで来てAJと乱闘。続いてサモアジョーが登場。さらにスコットスタイナーが実況席脇から現れる。チームクリスチャンの5人が、チームアングルの3人を叩きのめして終了。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

過去のLOCKDOWN大会のハイライト
 本日はTNA関連ニュースが特に無かった為、代わりに4月開催PPVであるロックダウンの過去のハイライトシーンをご紹介いたします。ロックダウン大会は、全試合が金網マッチという性質上、TNAのPPVの中でも最も過激な展開になる大会です。

 まずは2005年大会から。
 現在はWWEに移籍しECWに所属しているトリニティの、金網上からのムーンサルトです。
trinity.jpg

 しばしばコーナー上から場外へ、素晴らしいムーンサルトを見せていましたが、この時は金網上から女子特有のしなやかなフォームでムーンサルトを披露しました。さすがに、出場選手4人全員で受け止めに行っています。トリニティは現在ECWを故障欠場中ですが、無理からぬ事だと思います。


 続いてアビス vs AJスタイルズのNWA世界ヘビー級挑戦者決定戦から、画鋲の上に落とすスタイルズクラッシュです。
crushontacs.jpg

 アビスはさすがに重すぎたのか、パイルドライバーを持ち上げきれずに失敗するような感じで前に倒れこんでいます。アビスが画鋲に落ちるシーンは珍しくないのですが、腹から落ちるとさすがにちょっと引きます。


 続いて2006年大会より、2007年も行われるリーサルロックダウンの中でAJスタイルズがジェームズストームに敢行した、TNA史上最も危険と言われたダイブです。
lockdowndive.jpg

 ただでさえ不安定な金網の上にラダーを設置して、天井の梁につかまり、金網上に設置したテーブルの上のストームにダイブしています。一歩間違えば大惨事というシーンでした。
 WWEはレスラーを映画に出したがりますが、AJスタイルズこそアクション映画に打ってつけだと思いました。


 最後はアビス vs クリスチャンケイジのNWA世界ヘビー級タイトルマッチです。クリスチャンはWWE時代からハードバンプの名手としても名高い選手でしたが、TNAでもいかんなくその能力を発揮しています。
christiandive.jpg

 金網上からさらに飛び上がってダイブしています。ヘビー級としては軽いクリスチャンですが、これだけ飛び上がり、しかもダウンした状態のアビスへのダイブですので、インパクトの衝撃は凄まじく、クリスチャンの体が大きくバウンドしています。最後のコマの表情も、恐らく演技ではないでしょう。


 というわけで、毎年過激なことをやらかす選手が出てくるロックダウン大会です。今年はどんな離れ技が飛び出すのでしょう。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

今日は記事がありませんでした
3/25付のTNAニュースはめぼしい物がありませんでした。

★TNA公式サイトのノックアウツのセクションが一新されています。
http://www.tnawrestling.com/knockouts/

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

視聴率は漸減
3/24付TNAニュース速報です。

★3/22放送分iMPACT!視聴率は1.0%でした。

★ローカルラジオ番組にラリーズビスコが登場した際、TNAは2時間枠をまもなく獲得すると述べたそうですが、とくに裏付けがあっての発言ではないと見られています。

★TNA公式ショップは500セット限定で、エレベーションXを記念した商品のセットを販売するそうです。内容は、ライノのTシャツ、AJのグローブ、及び、開催を記念する額入りプレートで、価格は99ドル95セントです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

バティスタは案の定ストップがかかりました
3/23付TNAニュース速報です。

☆ブラザーレイはクリエイティブチームにチーム3Dをタッグチャンピオンにするよう、しつこく働きかけを続けていると言う噂です。しかし、現在のLAXに対する連敗は、チーム3D戴冠へ向けての布石と考えられており、ただ、心象を悪くしているだけとの声も上がっています。
さらにバックステージで、ディーボンとラントに関しては、以前と同様、他の選手たちに慕われているそうですが、レイはそうではなくなってきていると言う噂も上がっています。

☆チャボゲレロとWWEの契約が満了する事を受け、TNAが獲得に興味を持っているという噂です。

★ブラザーディーボンのスムージーショップのオープニングセレモニーに登場するとされていたバティスタですが、WWEからストップがかかり、来られなくなったそうです。代わりにクリスジェリコとメイヴェンが登場すると発表されました。

☆クリスティヘミーのチームとして、バシャムズとハートスロブズのどちらと長期契約を結ぶかで協議が行われ、バシャムズが選ばれ、選にこぼれたハートスロブズがワンマッチ契約に回されたそうです。
バシャムズが登場する前に、もう一組ディックスもワンマッチ契約で登場するそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

アイランドドライバー -サモアジョー-
 ジョーが日本に定期参戦していた頃からのファンにはお馴染みの技ですが、TNAでは封印していた取って置きの必殺技がアイランドドライバーです。
islanddriver.jpg

 三沢光晴選手のエメラルドフロージョンと同じ技です。TNAでは昨年6月のiMPACT!で、クリストファーダニエルズ相手に雪崩式で放ち、Xディビジョンタイトルを奪って以来、封印されていました。
 写真は先日行われたディスティネーションXのクリスチャンケイジとのNWA世界ヘビー級タイトルマッチで放たれたものです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

いずれにせよアングルを中心に回っているようです
3/22付TNAニュース速報です

☆カートアングルは依然として健康状態に不安があると見る人が、TNA内にいるとの事です。一方、バックステージでの大物然とした態度に反発する声も上がっており、いつもブツブツと辻褄の合わないことを言っているという噂も上がっています。この噂に対し、アングルは噛みタバコ嗜む為ではないかという事を言っているスタッフがいるそうです。
不満の声が上がる一方で、アングルの身に万が一の事態が起こったとき、この会社はうろたえるばかりで何もできないのではないかと言う不安の声も出ているそうです。

☆アビスがダッチマンテルの後にいつも付き従っているという噂について、アビスことクリスパークスは、実際は過度の心配性で、以前のエリックヤングのキャラクターのように、TNAに登場し始めた初期の頃には、いつ自分がクビにされるかを気にしてビクビクしていたそうです。また、最近のプッシュに関しても、周りの評価を気にしすぎるあまり、だれ彼かまわず評価を求めて周り、特にダッチマンテルの助言を常に求めるようになっていると言う噂です。

☆近々NWAのタイトル使用を止めるという噂ですが、特にストーリーには絡めず、自然にフェードアウトする形でTNAタイトルに移行する予定だそうです。

☆現在、ジェフジャレットの承認を受け、ダッチマンテルがすべてのテレビのストーリーラインを書いているそうです。ビンスルッソーはアイディアを提供するにとどめているそうです。

★TNA公式ショップは新たにLAXのTシャツと、Xディビジョンの公式レプリカベルトを発売しました。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

スティングの年俸はアングルクラスの噂
3/21付TNAニュース速報です。

★ジェームズミッチェルが、インセインクラウンポッセの新作アルバムの2曲目で、イントロを担当しているそうです。タイトルは「Ride the Tempest」です。

☆スティングは年俸50万ドルでTNAとの契約を更改したそうです。ジェフジャレットはこの契約に反対したそうですが、ディクシーカーターの判断で、この条件が決定したそうです。

☆クリスハリスは、目を負傷したというストーリーラインを続行するという連絡を受け、TNA上層部に強い不満を抱いているそうです。一方多くの関係者が、元AMWの2人に関して、試合のあるなしに関わらず、ギャラが補償されていると信じているそうです。

☆デビッドサハディが、アゲンストオールオッズの評価として、TNAで歴代最悪のPPVと書き込まれているのを発見した事を受け、ジムコルネットは「相手にする必要は無い」と言い、マイクテネイは「ニューヨークタイムズが言ってるんじゃないんだから」と相手にしなかったそうです。一方、ドンウエストはかなり怒っていたそうですが、全体の意見として、WWEの狂信的ファンによる中傷だということで落ち着いたそうです。

☆Xplosion用の収録で、リーサル、ダット vs シェリー、セービン戦が行われましたが、最初から最後まで、超高速で試合が行われ、途中、一切のアピールが行われなかったそうです。これに関しコナンとコルネットがもっと落ち着いて試合をするように、彼らに注意を促したそうです。これに対し彼らは、ジャレットからXディビジョンの試合はテレビゲームのようだと言われたから、そのような試合を行ったと答えたそうです。

☆レティーシャには才能がないと多くの人が思っているものの、番組プロデューサーのジェシーワードが彼女を気に入っているため、彼女は起用され続けているという噂です。

☆コナンはLAXにセンシを加入させることを提案していましたが、はっきりと断られたそうです。理由として、クリエイティブチームは、センシはXディビジョンの試合しかできず、メインイベントには対応できないと考えている事が上げられたそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

VKMが解雇を申し入れていたという噂です
3/20付TNAニュース速報です。

☆カートアングルのステロイド疑惑報道が流れた際、WWEのスタッフたちから、「いい気味だ。WWEをやめるなんて馬鹿がする事だ。(WWEを辞めたから、表ざたにされたという意味。)」と言う声が上がったそうです。しかし今回、WWEに現在所属している選手たちの名前が上がり、大きなショックを受けているそうです。

☆数週間前にVKMの2人はWWEに復帰する為、TNAに解雇を申し入れたそうですが、断られたという噂です。

★クリスベノワがイギリスでインタビューに応じた中で、TNAの「This is TNA!」を観たとき、余りにも方向性が定まっていない事に驚いた」というコメントを発しています。

★マキシムオンラインの美人コンテストにエントリーしているレティーシャですが、予選を突破しました。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

スコットスタイナーとケンゾーがタッグ
3/19付TNAニュース速報です。

★AAAの3/18の大会に、ライノとスコットスタイナーが出場しました。スコットスタイナーは鈴木健想、メシアスと組み、ロスヘルブラザーズ(チャーリーマンソン、チェスマン、シベルネティコ)と対戦しましたが、メシアスがスタイナーに誤爆し、敗北しています。また、ライノはメインイベントの六人参加のロイヤルランブル形式の試合に出場し、最後の2人に残りましたが、ラパルカに敗北しています。
また、この大会でAAA初のホールオブフェイムが発表されています。昨年なくなったアントニオペーニャと、レイミステリオJrがインダクトされました。

★3/15放送のiMPACT!視聴率は1.06%でした。

★TNA公式ショップでスティングの新作Tシャツが発売されました。

★カートアングルは4/22にコネチカット州ブリストルで開催される、ノースイーストレスリングというインディ団体の大会に出場するそうです。

★TNA公式サイトは、「TNA Today」というオンラインニュース番組の配信をはじめました。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ラストライツ -クリストファーダニエルズ-
クリストファーダニエルズの必殺技と言えばエンジェルズウィングとBMEですが、TNAではこれまで使わなかったもう一つの必殺技がラストライツ(最後の祈り)です。
lastrites.jpg

3/15のiMPACT!のリンvsリーサルvsカズの3ウェイマッチの後に乱入し、リンを捕らえたシーンです。ステップは完全にドラゴンスクリューですので、首に仕掛けるドラゴンスクリューと言っていい危険な技です。
ギミックチェンジに伴うフィニッシャーの変更予告なのかどうか、現時点では分かりませんが、今後の試合で使われる可能性は高いものと思われます。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

やっぱり、バシャムズだそうです
3/18付TNAニュース速報です。

★ロックダウンの前売り券は、現段階で約3000枚が売れたそうです。

☆インタビューワーのレティーシャには、全く才能がないとバックステージで言われているそうです。

☆クリスティへミーのチームとしてハートブレイカーズが登場したのは、バシャムズと対戦する前に、何チームかをVKMが蹴散らして、強さをアピールさせるためと言ううわさです。このため、ハートブレイカーズとの契約は、この一回のみ出場とされています。

☆ゲイルキムとジャッキームーアがディスティネーションXで使った、ロープを使った動きは、ジムコルネットが教えたそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ジャレット復帰の噂
3/17付TNAニュース速報です。

☆ジェフジャレットが、ロックダウン大会のリーサルロックダウンで、カートアングル軍にベビーフェイスとして参加するという噂です。

☆バックステージの噂で、20代の若いレスラーたちは、今のTNAのスキットやストーリーラインは、現在のプロレスシーンにマッチしておらず、古臭いと考えているそうです。特に、アビスの母親が登場したスキットは酷いと捉えているそうです。
中傷記事も変に一人歩きされたら困るので紹介しています
3/16付TNAニュース速報です。

☆今週の日曜日に、ナウカルパンで開催されるAAAのショーにスコットスタイナーが登場しますが、その際のギャラは2500ドルだそうです。

☆コナンはしばらくの間、AAAにヒールのマネージャーとして登場するそうです。

☆日本のメディアで、全日本プロレスにカートアングルが、TNAにグレートムタが近々登場するだろうという記事が出ていますが、今のところ具体的な選手の貸し借りについては、全く決まっていないとの事です。

★ゴールドバーグがインタビューの中でTNAについて発言しています。TNAがビンス(WWE)のライバルになるために必要な選手は、ブロック(レスナー)か、自分か、神のみぞ知る誰かのいずれかしかないとし、自分なら会場を満席にする事も容易い為、もしTNAが利口であれば、自分を喜ばせる提案をしてきたはずだった(つまり、不満足なオファーしかなかった)等と述べたそうです。
早速、ネット上ではこの態度に反発する意見が上がっています。

★ジムロスが自身のブログでTNAについて言及しています。TNAはWWEと対等のステージに立とうとする直前まで来ているとしながらも、WWEを意識しすぎているとしています。TNAは自分の道をしっかり進むべきだとし、マンデイナイトウォー時代、WWEはそうして来たと語っています。一方、これはTNAに対する批判ではないと締めくくっています。

☆ダッチマンテルはビンスルッソーに習い、何人かの選手を自分の子飼いにしようとしているという噂です。その対象は、ロバートルード、エリックヤング、アビスだとの事です。アビスはバックステージで、常にマンテルの後を影のようについて行っているとの事です。また、試合やプロモの収録の後には、必ず有力者から助言を得てゴマをすっているとの事です。
一方、ビンスルッソーは実際にはシナリオを書いておらず、大雑把なアイディアを提示するだけで、後は他人任せにしているという噂も上がっています。また、VKM、クリスティヘミー、ロンキリングスを子飼いとして扱い、そのためにプッシュの機会を与えているとの事です。
(露骨に悪意のある記事ですので、記事の真贋の判断は慎重にお願いします。個人的にはただの中傷だと思っています)

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

退場者は5名いたそうです
3/15付TNAニュース速報です。

☆昨日お伝えしたディスティネーションXの最中に起こった夫婦喧嘩騒ぎですが、このときもう一組、別の男女が口論を始めたそうです。セキュリティが割って入り、2人は引き離されましたが、男性が持っていた飲料のビンを投げようとする素振りを見せたため、セキュリティチーム責任者のドンハリスが、見事な手際でチョークスリーパーをかけ、男性を取り押さえたそうです。その後も暴れる男性を連行するため、警官隊が会場の外に連れ出そうとしましたが、大男だったために会場のドアから出すことに難航し、警官隊総出で地面に抑え付けたそうです。男性は公務執行妨害で逮捕されたと見られています。

 一方、この男性からの反論メールとされるものも出回っています。この中で、問題になった夫婦の隣にこの男性のお母さんが座っており、その横に逮捕された男性が座っていたそうです。夫婦喧嘩を始めた方の男性は酔っ払っており、試合に対して汚い野次を飛ばし、彼の妻に対しても暴言を吐き、ひっぱたいたそうです。それを逮捕された男性のお母さんが注意したところ、男性が絡んできたために、彼が母親を守ろうとしたのだそうです。この際、周囲から「戦え」と野次られたそうですが、一切の暴力を奮ってはいないと主張しています。この時持っていた瓶はスプライト(最初の記事ではスプライトの瓶とされていました)では無く、マウンテンデューだったとしています。
 しかし、クリスセービンに事件の主犯と見られてしまい、Fワードを浴びせられたことで完全に悪者にされてしまい、ドンハリスを含むTNAのセキュリティーたちに背後から殴られ、チョークスリーパーをかけられたとの事です。ドンハリスは彼の2倍はありそうな大男だった為、とても怖かったそうです。
 また、会場のドアを出た直後に、警官隊に地面に叩き伏せられたこと。手錠をかけられ、お母さんと一緒にパトカーに乗せられた時、窓の外からババレイダッドリー(ブラザーレイの事)が、彼を指差して嘲笑していた事などを述べています。

 いくつかの目撃談が錯綜しており、瓶を投げようとしたのが、酔っ払いの息子だったといった話など、それぞれに食い違いがみられます。逮捕された男性の反論も、本物と言う保障はありませんのでお気をつけください。

★NWAのレスリングレジェンドファンフェストに、現王者のクリスチャンケイジと、サモアジョー、AJスタイルズらが出席すると発表されました。イベントは8/10から12まで行われるそうです。

★サクリファイス2007のポスターです。
sacrifice07.jpg

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

アーノルドスカーランドが亡くなりました
元レスラーで、WWEの前身であるWWWF時代に、ブルーノサンマルチノやボブバックランドのマネージャーを務め、彼らをWWWFチャンピオンに導いた名マネージャーとしてWWFの殿堂入りをはたした、アーノルド・スカーランドが3/13に亡くなりました。享年82歳でした。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

1962年に日本で行われた、力道山とフレディブラッシーの試合を裁いたレフリーとしても知られ、後にビンスマクマーンSr(現WWE会長のビンスマクマーンの父)の片腕として、WWWFを支えた人物でもあります。

arnold2_profile.jpg

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

もう一つのはた迷惑な戦い
3/14付TNAニュース速報です。

☆ビンスルッソーは、クリスティヘミーのチームが誰であるのかを、ずっと秘密にしていたそうです。

★ディスティネーションXで行われた、セービンvsリンのXディビジョンタイトルマッチの途中、観客たちが一斉に画面の右の方を向き、試合と関係ない場面で歓声が上がりました。このとき、客席でお互いに殴りあう激しい夫婦喧嘩がはじまり、セキュリティが止めに入っていたそうです。夫婦の息子は汚い野次を飛ばし、怒ったセービンがそれに一言言い返したところで、レフリーのアールヘブナーにとめられ、試合に集中するように注意されたたそうです。一家はまもなくセキュリティにつまみ出されたそうです。

☆先日行われたベストオブザタッグチームDVD発売記念サイン会は、家族に緊急の問題が発生したとして、ジェフジャレットが参加せず、かわりにナチュラルズが来ていたそうです。ストームとナチュラルズは、訪問者たちに人気が無く、エリックヤングばかりがサインを求められており、きまずい空気が流れていたそうです。

★マキシムオンラインの美人コンテストに、レティーシャがエントリーしています。投票はこちら

★グレートムタがPPVに登場しましたが、真の目的はジェフジャレットと会談し、全日本とTNAの間で、選手の貸し借りをする契約を結ぶ為とされ、実際に両者は合意に達したそうです。
放送にはありませんでしたが、武藤とアングルのツーショット写真も撮られており、交流が開始されるものと見られています。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

クリストファーダニエルズのインタビュー
クリストファーダニエルズが今週のライブオーディオレスリングに出演しています。そのインタビュー内容のハイライトです。

・新ギミックは、新鮮なキャラクターでスタートを切るためのものだ。

・新ギミックは、ルッソーと協議して決定した。

・ルッソーの事は評価している。新しいアイディアに対して積極的だ。彼はよりよい番組の制作のために努力していると思う。

・ルッソーは、かつてのウィークリーPPV時代(iMPACT!の開始以前)の経験を、美味く活かしている。

・新ギミックのこれからの展開についてはまだ話せない。

・XディビジョンをTNAの主力に戻したい。

・ROHへは出続けたいが、近い内に出られなくなるだろう。

・シカゴのROHに出た後、カナダのインディ団体に出る予定だったが、酷い悪天候で行けなくなったことがある。

・ずっとバンバンビガロのファンだった。彼は、世界中で通用する選手だった。

・このインタビューの中で、アーニーラッドの死去を知った。

・サモアジョーがカートアングルと絡んでいるのは、TNAを向上させていく上で、良いアイディアだと思う。アングルは今後、いろいろな相手と対戦していくだろう。



新ギミックのダニエルズです。
newdaniels.jpg

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ディーボンの店でバティスタがサイン会
3/13付TNAニュース速報です。

★ディスティネーションXに登場したグレートムタです
mutatna1.jpg

クリスチャンの挑発を、ジミー鈴木氏が通訳して伝えているシーンです。

mutatna2.jpg

毒霧発射後の、頭巾を取ったムタがクリスチャンを威嚇するシーンです。

★ディスティネーションXのラストライツマッチの後、スティングが箇所は不明ですが苦痛を訴えていたそうです。翌日の収録には問題なく参加しています。

★ディスティネーションXのエレベーションXの後、AJスタイルズはしばらく立ち上がれなかったそうです。それほどの大バンプの後にも関わらず、翌日のiMPACT!の収録にも通常通り参加しました。
AJはこの高さから落下しました。
fallaj.jpg


★ブラザーディーボンが、スムージーのお店をフロリダ州のメルボルンで4/7にオープンしますが、オープニング記念として、WWEのバティスタのサイン会が行われるそうです。バティスタの自宅があるフロリダ州タンパからメルボルンまでは、200kmほどの距離です。

★ジェフジャレット、ジェームズストーム、エリックヤングの3名は、3/13にベストオブザタッグチームDVDの発売を記念して、ナッシュビルでサイン会を行うそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ロックダウンでNWAの名前は使えない!?
3/12付TNAニュース速報です。

☆ディスティネーションXのカートアングルvsスコットスタイナー戦のあと、スタイナーは少し足をひきずるようにしていたそうです。

★PPVのシステムのトラブルで、ディスティネーションXがうまく購入できなかった人が、多数出たとの事です。

★iMPACT!の収録の中で、ロックダウンのメインイベントは、リーサルロックダウン10人タッグマッチと発表されました。
リーサルロックダウンは、最初は金網があげられており、両チームから1名ずつがリングインして試合を始め、5分後に先攻チームのメンバーの一人がリングイン、以後、2分ごとに交互に両チームの選手が一人ずつリングに入り、全選手がリングに入ったところで、金網が下ろされるという変則マッチです。
WCWのウォーゲームに似ていますが、リングは1つだけで、ピンフォールでも勝ちとなる点が異なります。

★ロックダウンのLAXvsチーム3Dは電流金網マッチがiMPACT!の収録の中で、コナンから提案されました。

☆セントルイスはTNAがNWAのタイトルを使用できる地域の外にあるため、ロックダウンでNWAのタイトルマッチは行わないのではないかと見られています。ヘビー級王者のクリスチャンはリーサルロックダウンに出場しますので、タイトルマッチが行われない事は確定していますが、タッグに関してもノンタイトルになる可能性があるとされています。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

3/22放送分iMPACT!収録速報
3/22放送分iMPACT!収録速報

ライノ、サモアジョー、カートアングル vs カズ、ハボック、マーティア(セロトニン)
マーティアは髪を染めている。フェイスプリントはそのまま。マーティアがライノに、カズがアングルに、ハボックがジョーに順番にやられ、最後はマーティアがジョーのマッスルバスターを食らってピン。
勝者:サモアジョー、カートアングル、ライノ

チーム3Dが荷物も持ってリングに登場。無駄にできる時間は無いという。レイはロードウォーリアーホークのTシャツを着ている。レイは10年前の3Dは、今のLAX並に卑劣なことをやっていたと言う。そして「LAXは3Dの名声を求めているが、それは不可能なことだ。だから俺たちはお前たちにチャンスをやろう。」と言うと荷物からWWEタッグ、WCWタッグ、ECWタッグのベルトを取り出す。ロックダウンでこの名声とお前たちのタイトルをかけて戦いたいと言う。
3Dが帰ろうとすると、マシェッティに車椅子を押させてコナンが登場。松葉杖を使ってリングインすると、3Dのとったタイトルなど何の意味もないという。今のTNAチャンピオンは、自分のチームであるといい、ロックダウンで電流金網マッチを提案する。

オースチンスター vs エリックヤング
観客はエリックを応援。ゴングと同時にスターが攻撃を仕掛ける。スターはコーナーにエリックを送ると、顔面に串刺しドロップキック。さらにコーナー上に座らせて背中を引っかく。ロバートルードとミスブルックスがリングサイドに出てくると、スターは気を取られてしまい、エルボードロップに失敗。ヤングが反撃する。しかし、トレイシーがレフリーの注意を引いた隙に、ルードがエリックを背後から襲い、動きを止めると、スターがブレインバスターからピンフォール。
勝者:オースチンスター
試合後にPTウィリアムズが登場。かつてのチームメイトたちと向き合う。PTはヤングと握手。しかし、ルードはエリックを引き倒すと、ロッカールームに無理やりつれて帰る。

ジェリーリン vs ジェームズストーム w/ジャッキームーア
ストームとジャッキーが先にリングイン。リンのテーマが流れるが、リンは入場してこない。レフリーはリンが負傷のため出場できないとアナウンス。ストームは「俺には大好きなことが2つある。ビールを飲むことと、誰かをぶん殴ることだ。ビールが今は無いから、誰かをぶん殴らせろ。」と言うと、クリスハリスが登場。しかし、ゲイルキムはハリスを止めようとしているがキムをののしるとキムがジャッキーに襲い掛かる。ハリスはストームをおいかけてロッカールームに入っていく。

クリスチャンケイジ、AJスタイルズ vs アビス、スティング ヘルフリーズオーバーマッチ
アビスとスティングは全く協力しない。AJとクリスチャンはスティングを孤立させ、集中攻撃する。クリスチャンがダイビングヘッドバットを失敗したところで、スティングはようやくアビスとタッチ。クリスチャンはAJとタッチ。アビスがショックトリートメントで主導権を奪う。フォールはクリスチャンがカット。今度はクリスチャンにショックトリートメントを狙うが、AJが助けるが、スティングが2人まとめてダイビングクロスボディで倒す。ここで、ジェームズミッチェルが女性を連れて登場。アビスは混乱し、ミッチェルについて行ってしまう。AJとクリスチャンはスティングに2人がかりで攻撃するが、スティングアップして反撃。2人まとめてスティンガースプラッシュ。AJにスコーピオンデスロックを極める。しかし、クリスチャンがレフリーの注意を引いている隙に、スコットスタイナーが介入。鉄パイプでスティングを殴り、AJをそのうえに乗せてピン。
勝者:AJスタイルズ、クリスチャンケイジ

Xplosion用の試合


Xplosion matches taped:
○「マッチョマン」ジェイリーサル、サンジェイダット vs クリスセービン、アレックスシェリー●
リーサルがシェリーにサベージっぽいダイビングエルボーでピン。

○オースチンスター、ロバートルード vs センシ、ランスホイト●
ホイトがチョークスラムにルードを捕らえようとしたところで、トレイシーがレフリーの注意を引いている間に、スターがホイトにローブロー。ルードのDDTがホイトに決まってピン。
3/15放送分iMPACT!収録速報
3/15放送分iMPACT!収録速報です。

収録開始前の場外。入場を待っているファンたちにビルバンクスとブラザーラントが話しかけ、子供たちとの記念撮影に応じている。ソーカルヴァルは3/15分には登場しないことが告げられる。リッキーロメオもLAXと3Dの争いの中でひざを負傷したらしい。

3/15のiMPACT!
リングが金網で囲われており、その中からジムコルネットがロックダウンのメインイベントは10人タッグリーサルロックダウンマッチであると発表する。両チームのキャプテンはクリスチャンケイジとカートアングル。彼らが4人のチームメイトを今日から次のPPVまでの間に連れてくると言う。クリスチャンがコルネットに対し、リーサルロックダウンルールについて文句を言おうとするが、TNAのテーマが流れて邪魔されてしまう。

AJスタイルズが登場。首に固定具を付け、松葉杖をついている。ライノと観客たちに対し「これがお前たちの望みか?医者からは、もう元の体には戻らないと言われた。俺は、ライノがこんな風になってしまうことなんか望みはしなかったのに。今夜はもう、試合をすることができなくなってしまった。」観客.は「Thnak you rhino.」チャント。AJは「ライノにここにきて、俺の妻に、なぜ俺がこんなことになったのか、事情を説明してほしい。」というと、ライノが登場。「どうやら、まだやられたりないらしいな。」AJは「あんたが俺を助けようとしていたことはわかっているんだ。俺はあんたとの争いをもう終わりにしたい。」ライノは観客たちの反応をみている。観客たちはAJお叩きのめすことを望む。AJは「あんたとクリスチャンの抗争の意味がやっとわかったよ。」というと、ライノは納得して握手する。するとAJは松葉杖で不意打ちを食わそうとするが、ライノが受け止める。しかし、AJはライノの股間を蹴り上げる。AJがライノを攻撃するが、ライノも反撃。AJの顔面を金網に押し付ける。ライノが優勢になったところでクリスチャンケイジが乱入。松葉杖でライノの首を殴る。カートアングルとサモアジョーが登場。AJを叩きのめすと、危険を察知したクリスチャンは、あわてて金網を乗り越えて逃げ出す。

クルーが記録的な速さで金網を撤去すると、ジェレミーボラッシュと共に、ケビンナッシュと彼の新たな友人、サンジェイダットが入場する。ナッシュは「ダットは6週間もほら話を吹き込み続けて、リーサルに「マッチョマン」みたいな格好をさせてしまった。」ナッシュとボラッシュは、リーサルが入場してくれば、がん患者の支援団体に1000ドルずつ寄付をすると言っている。しかし、リーサルは入場を拒否する。ナッシュが「リングに出てくればお前のために用意したテーマ曲をプレゼントする」と言う。リーサルが姿を現すと、サベージのテーマそっくりの曲が流れ、リーサルは戸惑っている。

ジェイリーサル vs ジェリーリン vs カズ(フランキーカザリアン)
カズがリーサルに奇襲をかけ、丸め込みでカウント2。リーサルとリンが手を組むと見せかけて、リーサルがリンに不意打ち。しかし、再び2人でカズに向かい、スープレック系の技でリンが2カウントを奪う。カズはリンを丸め込んで2カウント。リーサルがカズにノーザンライトスープレックス。しかし、リンに押さえ込まれる。リーサルはリンに延髄切りを狙うがかわされて、逆にリンに丸め込まれ2カウント。リーサルはリンを倒し、カズからピンを奪う。技名は不明。
勝者:ジェイリーサル
試合後、クリストファーダニエルズが登場。リングに走りこみ、3人をバットで殴り倒す。

アレックスシェリー、LAX vs チーム3D(レイ、ディーボン、ラント) w/ジョニーロッズ
シェリーはチンピラ風の衣装。コナンは実況席に陣取る。シェリーとディーボンでスタートするが、シェリーはうまくすかしてヘルナンデスにタッチ。ディーボンはルーテーズプレスからパンチの連打。レイにタッチ。レイはショルダースルーを狙うが、ヘルナンデスにかわされ、肩に蹴りを食らってしまう。LAXはレイの左ひじを集中攻撃。レイは痛みで悲鳴を上げる。しかし、ホミサイドが不用意に近づいたところへサイドウォークスラム。レイはからくもラントとタッチする。ラントは場外乱闘に行くが、シェリーがラントを捕まえて、エプロン上に顔面からたたきつけ、ホミサイドが椅子で殴る。リングに押し込むと、待ち受けていたヘルナンデスがネックハンギングの状態から後方にそり投げ、リングの端から端までふっとばされる。LAXは3者連続のダイビングボディプレスからフォール。ディーボンがカット。LAXがダブルチームの攻撃を狙ったところで、。ラントが反撃してディーボンとタッチ。ディーボンはLAXを場外に放り出す。シェリーを捕えるとワッツアップ。続いて「ゲットザテーブル」コールからテーブルを設置。シェリーにテーブル貫通式3Dがヒットするが、マシェッティがレフリーの注意をひいてカウントを阻止。講義するロッズとマシェッティの対応に追われ、レフリーは試合を見ていない。ディーボンがレフリーをリングに戻したところで、背後からヘルナンデスが丸め込んでピンフォール。
勝者:LAX、アレックスシェリー
コナンは何回やってもLAXが勝つという。そして、次は3Dの名声を奪い取ってやると言う。
スタッフが出てきて、シェリーが控え室に戻る手助けをしている。

クリスチャンとAJがリングに向かって来る。クリスチャンのチームの3人目はアビスだと言う。スティングが登場し、アビスは俺たちのパートナーだと言う。アビスの未来は俺たちと共にあると言う。クリスチャンとスティングがもみ合いになると、ジムコルネットが登場。来週、AJ、クリスチャン vs スティング、アビスの試合を行うと言う。スティングは「なぜ、待つ必要がある。」というと、AJとクリスチャンをたたきのめす。
アーニーラッドが亡くなりました
NFLとWWFの両方で殿堂入りしている、ビッグキャットことアーニーラッドが3/10に亡くなりました。享年68歳でした。

2004年に結腸癌である事が分かり、以後闘病生活を続けていましたが、胃や骨などに転移し3年以上に及ぶ闘病生活は、残念な結果となってしまいました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

ladd.jpg

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。