TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
開設から一年が経過しました
 いつもご覧いただき、まことにありがとうございます。

 当ブログは昨年の5月30日に最初のごあいさつ文を掲載し、翌31日より記事の公開を始めました。そのときより、丸一年が経過したことになります。開設当初、これほど多くの方々にご訪問いただけるとは、想像もしていませんでした。
 現在は活動を休止されているNew WWEリアルタイムの四方山話さんにリンクしていただき、またブラックアイ2さんに記事を取り上げていただいたことで、飛躍的にアクセス数が増大いたしました。この事は、私の更新意欲を大いに高め、これまでこのブログを続けてくる為の原動力となりました。心より感謝いたします。

 TNAもまだまだこれから伸びシロのある団体ですし、今後とも追いかけて行きたいと思います。
 なにとぞ、これからもお引き立てくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


 尚、当ブログの開設日についてですが、最初にお伝えしたとおり、本当は5/30なのですが、TNAの初PPVが2002年の6月19日で、この日が創設記念日とされていますので、これにあやかり、このブログも2006年5月18日までは仮運営期間とし、2006年6月19日に正式開設したものとさせていただきます。完全に後付け設定ではありますが、何卒、ご容赦下さい。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

キリングスも気まずかったことでしょう
5/30付TNAニュース速報です。

★TNAの会場で写真を撮影し、HPで公開していたマット・ローズブーム氏は、同様の行為を昨年の夏頃から続けており、TNAのスタッフの許可も得ていたそうですが、前回のiMPACT!の収録時に、ビルバンクスがやってきて、撮影を禁止されたそうです。他にも多くの観客達が写真撮影を行っていましたが、注意されたのは彼だけだったそうです。理由として、プロ用の機材を使っていた為と説明されたそうですが、一般的なキヤノン製のデジタルカメラだったと主張しています。

☆ノースカロライナ州のシャーロット・ダグラス国際空港で、WWEのジョンシナとロンキリングスが偶然はちあわせたそうです。キリングスはTNAの公式サイトに、シナを小馬鹿にするコメントを収録したビデオを公開していました。シナのほうからキリングスに話しかけたそうですが、キリングスは無視したそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

全日にアビスを招聘!?
5/29付TNAニュース速報です。

☆先日のiMPACT!収録の際、クリスハリスとジェームズストームの試合が、バックステージで非常に評判が高かったそうです。

☆ロンキリングスは膝の手術から回復しているものの、夏の終わり頃まで試合には復帰しないそうです。それまで、スキットやプロモのみの登場を続けるそうです。

★TNAの新ベルトをデザインしたのはデビッド・ミリカンと、リコ・マンという人物だそうです。

★5/24のiMPACT!視聴率は決定値で1.01%でした。

☆武藤敬司は、アビスを全日本プロレスに招聘することを計画しているそうです。また6/20から始まる全日本プロレスのジュニアヘビー級トーナメントにクリスセービンをブッキングしました。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

マットモーガンがバックステージに現れる
5/28付TNAニュース速報です。

☆クリスチャンケイジが結んだTNAとの契約期間は2年だそうです。

☆スラミバーサリーのテーマ曲は"The Listening"の"Come On Get Down"だそうです。

☆スラミバーサリーの会場となる、マニシパル・オーディトリアムは、レスリングの会場として使用した場合のキャパシティが9000人程度になるそうです。

☆TNAの各新ベルトのレプリカは、今年中に発売されるそうです。

☆ダッチマンテルは、アビスとリッキーバンデラスを抗争させるアイディアを気に入っており、予定されているプエルトリコ大会で、両者を戦わせたいと考えているそうですが、バンデラスはメキシコで多くのブッキングを受けてしまっており、現段階でTNAとの契約は決まっていません。

★今回のiMPACT!収録に、マットモーガンが来ていたそうです。もし、バンデラスが獲得できなかった場合は、モーガンがアビスの抗争相手の第一候補と考えられているそうです。テストやAトレインも候補に挙げられていますが、ジムコルネットがモーガンを気に入っているのは以前から伝えられており、モーガンが最も有力視されています。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

6/14放送分iMPACT!収録結果簡易速報
6/14放送分iMPACT!収録結果簡易速報

○スタイナーブラザーズ、バシャム&ダマジャ vs チーム3D、VKM●

クリスティヘミーがキップに何かを吹きかける隙をついて、バシャムが丸め込みでピン。3Dとスタイナーズは引き離される。ランスホイトが出てきて、キップの容態を心配している。

○サモアジョー、AJスタイルズ、カートアングル vs スティング、トムコ、ライノ● キングオブザマウンテン挑戦者交代マッチ
もし予選通過者チームが敗北したら、挑戦権を返上し、代わりにスティングチームのメンバーが本線に出場できるというルール。
しかし、トムコが出てこない。ダニエルズがリングに登場。タッチを求めたスティングを殴り倒す。ライノは場外で乱闘中。ダニエルズはスティングにラストライツ。アングルがスティングを押さえ込んでピン。

○クリスチャンケイジ vs アビス●(反則) キングオブザマウンテン予選試合

試合中、トムコとAJが乱入するが、アビスは場外でAJを捕らえ、プレススラムでトムコの上に叩きつける。アビスがイスでクリスチャンを殴って反則裁定。試合後、アビスはイスでレフリーも殴る。リング下に入って画鋲の袋を取り出すとセキュリティが止めに入る。しかし、蹴散らされる。テリーテイラーとサイモンダイアモンドが止めに入るが、やはり蹴散らされると、ついにばら撒かれたのは画鋲ではなくガラスの破片。
トムコとAJがアビスを攻撃し、ダブルのチョークスラムを狙う。しかし、クリスチャンがそれを止めると、有刺鉄線バットを持ち出して、アビスを殴ろうとする。しかし、アビスはカウンターのビッグブート。トムコとAJを追い払うと、リングで仁王立ち。

TNA Today及びXplosion用の試合
ロンキリングスがラップを披露。

○ランスホイト vs ハボック●

○アレックスシェリー vs ピーティーウィリアムズ●

○センシ vs マーター●

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

6/7放送分iMPACT!収録結果簡易速報
6/7放送分iMPACT!収録結果簡易速報です。

○ロバートルード vs ジェリーリン●
ルードとミスブルックスがリンをいたぶっていると、エリックヤングがイスを持って登場。ルードはトレイシーを突き飛ばして楯にする間に逃走。トレイシーも逃げようとするが、エリックが捕まえリングに引き戻す。リンがトレイシーにゴッチ式パイルをかけようとするが、ジムコルネットが出てきて、TNAでは女性に暴力を奮うことはゆるさないと言う。そして、トレイシーには、試合に参加したいのであれば、今夜、ゲイルキムとの試合を組むと言う。

○ゲイルキム vs トレイシーブルックス●
試合後にロバートルードが出てくる。キムはルードに突っかかるがトレイシーが背後からキムを殴り倒す。

クリスハリス vs ジェームズストーム(結果:ノーコンテスト) キングオブザマウンテン予選試合
会場内を歩き回って乱闘を続ける。ステージの下でハリスがスピアーをヒット。レフリーは両者カウントアウトを宣告するが、先にリングに戻ったものに出場権を与えると言う。しかし、両者とも立ち上がれない。アングルとジョーが出てきて、試合の様子を伺っているが、そのうち両者ともリングに上がって、にらみ合いになり、セキュリティが引き離す。
AJスタイルズがリングに鉄パイプを持って上がり、アングルを殴ろうとするが、しゃがんでかわされ、逆にアンクルロックを極められてしまう。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

5/31放送分iMPACT収録試合結果簡易速報
5/31放送分iMPACT収録試合結果簡易速報です。

ジムコルネットがリングに登場。キングオブザマウンテンマッチについて議論しており、すでにカートアングルとサモアジョーが出場を決めているという。今週はジェフジャレットvsAJスタイルズの試合を予定していたが、ジャレットは家庭の都合で参加できなくなったと言う。そして、この決断は止むを得ないものだと支持する。
クリスチャン、トムコ、AJスタイルズが登場。ジャレットが逃げ出したお祝いをしたいと言う。クリスチャンはコルネットに対し、AJの腕を上げ、ジャレットの棄権による不戦勝をコールするように要求し、サクリファイスは5対1の陰謀で敗れたのだと文句を言う。コルネットはサクリファイスで自分をはめただけでなく、キングオブザマウンテン予選の対戦相手すら自分に教えようとしないと言う。
コルネットは対戦相手が未定であることに謝罪をし、AJの不戦勝を宣言する。しかし、クリスチャンがここでAJの不戦勝に、ビジネス上の不利益が発生するとして異を唱え、AJvsトムコで予選試合を行うと決めてしまう。AJは怒るが、クリスチャンはAJをなだめすかせて了承させる。

クリストファーダニエルズ vs ライノ
試合前にスティングがダニエルズを襲い観客席で乱闘。そのまま会場の外へ出て行ってしまう。
残されたライノは「ダニエルズの歯をへし折ってやるつもりだったが、スティングが奴を叩きのめした。変わりにエクストリームチャレンジを行う。バックステージにいる奴、誰でもいいからかかって来い!!」
LAXがリングに登場。コナンはTNAがLAXを陰謀で貶めようとしていると言う。そして、ライノはそのTNAに加担するものだと言う。LAXはタッグタイトルを取り戻すと言い、観客席にいるヘクターゲレロに向かって、「裏切り者」と呼ぶ。ヘクターははリングサイドに出てきて、ライノのセコンドに付く。
○ライノ vs ホミサイド●
試合後、LAXはイスでライノを襲う。ヘクターが助けに入るが、LAXに蹂躙される。クリスハリスが出てきて救出する。

○クリスセービン vs カズ● ノンタイトルマッチ

○AJスタイルズ vs トムコ● キングオブザマウンテン予選試合
試合中、クリスチャンが登場し、試合を観戦。両者を応援している。カートアングルが試合の中盤に出てくる。カートアングルを無視すると、さっさと引き上げてしまう。AJはトムコを丸め込んでピン。試合後にクリスチャンと口論する。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

アングルがMMAの為の休暇を打診
5/27付TNAニュース速報です。

★カートアングルは、自身のMMA戦について、ボードッグ、EliteXC、UFCの3社と、契約交渉を行っているそうです。最も先に進んでいるのはボードッグで、今週中にも日程に関する話し合いに入ると見られています。EliteXCは、アングルの登場を望んでいるものの、具体的なプランが何も立てられていないそうです。UFCは、ダナホワイトがプロレスとMMAの両立は不可能だと発言しており、アングルの招聘には最も消極的なものの、財政的にゆとりがあるため、最も高額のオファーを出していると噂されています。
一方、アングルはMMAの準備に専念する為、しばらく休暇を取ることをTNAに申し出ているそうです。

★クリスチャンケイジが、TNAとの契約を複数年延長することに合意しました。

☆TNAは8月中にiMPACT!の2時間を獲得したいと考えているそうです。多くの選手達の契約が10月に切れるため、その前に士気を高めるのが狙いだそうです。

☆チーム3Dは、以前ほどWWEに復帰した後に引退するということにこだわっていないそうです。最近彼らがレスリングスクールを開設し、その運営に忙しいのが理由だそうです。

☆そのチーム3Dのブラザーディーボンですが、短期間、シングルで活動した後でチームの再結成を強く望んでいるそうです。

☆RVDのTNA移籍は決定的と言われながらも、かつてクリスベノワが同じように移籍を噂されながら、結局WWEとの契約を延長したことがあり、過度の期待をしないようにしているそうです。RVDは充分な貯蓄をしているため、かならずしもフルタイムで働く必要は無く、WWEのような過密スケジュールで働くつもりは無いと考えられています。

☆サブーはTNAへの復帰をしており、すでにTNAとの交渉を開始しているそうです。一方、コナンがサブーのAAA招聘を望んでおり、同時に契約交渉が進められているそうです。

☆AAAが、膝の手術の為にTNAを長期欠場しているロンキリングスを専属選手として迎えたいと考えているそうです。キリングスはTNAに解雇を申し入れたとも言われていますが、TNAはこれを一蹴しており、TNAとの契約が満了するまでは実現しないと見られています。

☆最近、ジェフジャレットが再びハルクホーガンに接触したそうです。前回よりも高額のオファーを出したそうですが、それでもまだ少ないと断られたそうです。また、AAAがトリプレマニアにホーガンを招聘しようと接触をしていましたが、ホーガンはこの夏の間は何もするつもりはないとして断ったそうです。AAAは引き続きビッグショーの招聘を画策しているそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

今度のUFCの話はほのめかしでは無いようです
5/25付TNAニュース速報です

★UFCのダナホワイトは、カートアングルのMMAデビューについて、かなり現実的な交渉を開始している事を明らかにしました。

☆TNA移籍が予想されているRVDですが、自身がリングネームの使用権を有している為、TNAに移籍してもRVDとして活動できるとされています。

★ディスティネーションXのDVDは6/19に発売予定です。

★ビクトリーロードのポスターデザインです。
victoryroad07.jpg

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

X-PACはAAA入りも思案中
5/24付TNAニュース速報です。

★TNA復帰が噂されるアポロですが、養育費の支払いを怠ったとして収監されたそうです。未払い額が6500ドルに達しており、この半分を支払えば釈放されるそうです。

☆WWEはRVDのTNA移籍を見越して、ワンナイトスタンドでRVDにスニツキー相手のジョバーをやらせ、そのままTVに登場させないつもりだという噂が流れています。

☆TNAと契約交渉が順調とされているショーンウォルトマンですが、ガールフレンドのアリシアウェブ(元WWEのライアンシャムロック)と共に、メキシコのAAAにフルタイムで参戦することに、強い興味を持っているとも伝えられています。

★元TNAのキャシディライリーは、現在キャシディジェームズとして、OVWに所属しています。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

リーサルがサベージと電話で話したそうです
5/23付TNAニュース速報です。

★TNAはナッシュビルで開催されるスラミバーサリー大会の前日である6/16にファン感謝イベントを開催すると発表しました。入場料は前売り40ドル。当日券50ドルとの事です。

★ダグバシャムがインタビューの中で、WWEのプロテクト期間が終わった直後にTNAからオファーがあり、サクリファイスの前のiMPACT!収録から参加するように依頼されたことを明かしています。

☆ボードッグがカートアングルの起用に興味を持っており、2008年の夏にダニエルピューダー戦を考えているそうです。アングルにはその前に、ウォーミングアップ的な試合を2,3試合やらせたいと考えているそうです。

★ジェイリーサルは、ランディサベージと電話で会談し、現在のギミックを続ける許可を得たそうです。

☆ROHや他のインディ団体への出場を、所属選手達に禁じた措置は、それらの団体から収入を確保していたアンダーカードのレスラー達に大きな打撃を与え、彼らの士気が下がっていると言う噂です。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ジャレット夫人が亡くなりました
5/23の早朝ジェフジャレットの妻、ジルジャレットさんが亡くなりました。慎んでご冥福をお祈りいたします。

ジルさんは1990年台の終わりごろにガンを患い、その後、何度も再発を繰り返していました。
葬儀は5/24に、テネシー州ヘンダーソンヴィルのヘンダーソンヴィル教会で執り行われます。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

サブーは出戻ることを予期していました
5/22付TNAニュース速報です。

☆TNAを解雇されたナチュラルズですが、NWAが新チャンピオンを決定するトーナメントのタッグ部門に出場させ、タッグチャンピオンにするというプランがあるそうです。ナチュラルズはTNA時代に3度、NWA世界タッグタイトルを獲得しています。

☆ビンスルッソーは、マットサイダルの獲得を希望しているそうです。

☆ホーガンがTNAと出演交渉を重ねた結果、TNAには出場しない決定を下したと語ったそうです。一方、WWEに関しては、2度とWWEとビンスの為には働かないとコメントしたそうです。

☆ボブバックランド起用理由ですが、内部の人間も誰も理解できていないそうです。

★ジェレミーボラッシュが、ペインクリニックというラジオ番組に出演し、インタビューを受けています。内容を抜粋してご紹介します。

・サブーはこの業界で最も親しい友人の一人だ。昨年のロックダウンの後にサブーがTNAを離れるとき、「心配するな。どうせすぐに戻ってくる。」と言っていた。

・RVDとTNAは正式な交渉はまだ行っていない。もし加入すれば、AJスタイルズvsRVDのようなメインイベントを試合を組むこともできるだろう。

・クリスベノワとはかつて交渉が成立しそうになったことがあったが、WWEが大金を積んでベノワを囲い込んでしまった。ベノワは家族の生活を優先したようだ。ベノワは悪くない。もし私が彼の立場だったら同じ選択をしただろう。

・オースチンスターのTNA入りは私も推薦したが、現在は後悔している。才能があるのは間違いないが、彼が向かっているところは、TNAの目指すところとは違うようだ。

・ニューヨーク州のシラキュースでハウスショーを予定している。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ようやくランスホイトにも日の目が当たる?
5/21付TNAニュース速報です。

☆ランスホイトにVKMを裏切らせて、別のパートナーをつけ、ヒールチームとしてVKMと対立させると言うプランがあるそうです。

☆バックステージでは、多くの人がRVDの移籍を予想していますが、口には出さないようにしているそうです。少しでもサプライズ色を強める為だそうです。

★ROHの創業者で、RFビデオのオーナーである、ロブファインスタイン氏が見つけてきた、コナンの腎臓移植のドナー候補者に対する適合検査が、最終段階に入ったそうです。このテストに問題が無ければ、実際に腎臓移植手術が行われるそうです。

★BGジェームズがサクリファイスと翌日のiMPACT!の収録で試合が無かったのは、あくまでもストーリー上のもので、何も問題は無いとのことです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

TNAトゥデイにアントニオ猪木が登場
5/19付TNAニュース速報です。

☆ショーンウォルトマンのTNA復帰交渉は、前向きに進められているそうです。

☆ダマジャ&バシャムとの契約は、ワンマッチ毎に交わされているそうです。今後、年契約に移行するかどうかは現段階で未定とのことです。

★週末版のTNAトゥデイが公開されました。コチラで公開されています。センシvsホミサイドの試合が収録されています。また、この中でアントニオ猪木がインタビューに答えています。本人が英語で受け答えしています。一部、通訳の補助を受けています。猪木氏の発言の内容を大雑把にまとめておきます。

・TNAの番組はテレビで観て楽しんでいる。
・明らかに衰退している日本のプロレスを復興させたい。
・自分達の時代には「戦い」があり、番組を盛り上げていた。しかし、現在はエンターテイメントが主体に変化した。これが衰退の原因だと考えている。IGFで観客が求めている戦いを提供したい。
・カートアングルは世界レベルで有名な選手で、日本でも非常に人気のある選手だが、今後、さらに有名な選手を招聘するつもりだ。他のTNAの選手も招聘したい。
・国際交流を促進したい。かつてはホーガンやアンドレのようなスター選手が頻繁に来日していた。再びそのような交流を始めたいと考えている。
・最も強かった対戦相手はハルクホーガン、アンドレザジャイアント、ルーテーズだ。
・(ボブバックランドはどうでしたか?という質問に対し)彼とは東京でWWFタイトルをかけて素晴らしい試合をした。
・最高の試合は、ドリーファンクJrと戦い、60分時間切れドローになった試合だ。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

私が見たときは残り4時間で160ドルくらいでした
5/18付TNAニュース速報です。

★5/17放送分のiMPACT!視聴率は1.04%でした。

★ゲイルキムがe-bayに、試合で着用したコスチュームなどを出品しています。
ゲイルキムからの出品物は
http://search.ebay.com/_W0QQsassZgailkimdirect
で確認できます。

★TNAを解雇されたナチュラルズがEメールでインディ団体からのブッキングを受け付けています。
naturalsbookings@yahoo.com

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

スリーパースープレックス -サモアジョー-
 先日のサクリファイスのサモアジョー vs AJスタイルズ戦で、ジョーがフィニッシュにスリーパースープレックスを使用しました。コメントで、以前ROHで使っていたことを教えていただきましたが、TNAでは初めて使ったものと思われます。

 スタンディングでスリーパーに捕らえた後、左腕をAJの左の脇の下から差し込んでフックしており、小橋選手のスリーパースープレックスと同型です。
 カメラのアングルが非常に悪く、投げ始めからマットに落とすところまでがほとんど映っていないのが残念です。
sleepersuplex.jpg

 ヘビー級戦線でこの技をメインのフィニッシャーに使うとは考えにくいので、アイランドドライバー同様、封印技扱いになるものと予想しています。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ミッチェルの新モンスターは元WWEの大型選手?
5/17付TNAニュース速報です。

☆ジェームズミッチェルが新たに率いるモンスターとして、外部から大型の選手を連れてくると予告していますが、当初、WSXのリッキーバンデラスが候補に挙がっていたものの、現在はトーンダウンしており、元WWEのアンドリューマーチン(テスト)、ジャイアントバーナード(Aトレイン)、マットモーガンらが候補に挙がっているそうです。

★TNA公式サイトのTNAトゥデイが更新され、Xディビジョンの新ベルトが公開されています。また、ロバートルードのインタビューも放映されており、その中でカートヘニングのビデオを参考に、役作りをしている事を明かしています。

☆TNAは最近、ROHのタッグチャンピオンである、ブリスコ兄弟をTNAに誘ったそうですが、彼らはROHとの契約を選んだそうです。

☆カナダのUWAという団体がTNAの選手を借りる契約を結びましたが、その試合をテレビ放映することは禁じられたそうです。

★UFCのダナホワイトが取材の中で、その日(17日)の午後3時にカートアングルと電話会談を予定していると語りました。一方、ブロックレスナーに対しては、興味を持っているものの、プロレスラーがMMAに転向するのは極めて難しいとしています。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

サブーはTNAでRVDとの抗争を希望!?
5/16付TNAニュース速報です。

★スパイクTVはiMPACT!の中で男性が女性に暴力を奮うシーンを控えるよう注意していましたが、最近のiMPACT!の中で、トレイシーがパワーボムとギターショットを一つのセグメントの中で受けるシーンが放送されてしまい、かなり怒っているそうです。なお、PPVに関しては、そのような注意や警告は発せられていません。

☆サブーはTNAへの復帰を望んでいるそうですが、一緒にRVDもTNAが雇い、サブーとRVDの1対1の抗争アングルを始めることを望んでいるそうです。

★サブーの奥さん(ヒトミさん。日本人です。)が5/14のiMPACT!収録のバックステージを訪れ、スナップ写真を撮影していたそうです。

★ダグバシャムがインディ団体のブッキングをEメールで受け付けています。
dougbasham1@hotmail.com

★5/12に放送されたiMPACT!の再放送は視聴率0.4%でした。ロードトゥサクリファイスの視聴率は0.6%でした。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

クリエイティブチームの責任者はマンテル
5/15付TNAニュース速報です。

☆ジェフジャレットが奥さんの看病をする為に、クリエイティブチームを離れている間、ダッチマンテルとビンスルッソーがシナリオを書いているそうですが、最終的な決定権はダッチマンテルに与えられているそうです。

★5/15公開分のTNAトゥデイが公開されました。この中で、新ベルトが披露されています。また、冒頭でジェレミーボラッシュが、今週末に公開されるTNAトゥデイの中でアントニオ猪木のインタビューを放送し、誰を貸し出し、誰がTNAに登場するのかを明らかにするとしています。
http://www.youtube.com/watch?v=YRiXuRIDFzY&eurl

★5/14のiMPACT!収録時に撮影された写真が、以下のサイトで公開されています。新キャラクターのストンパーや、新ベルトも映っています。写真は転載禁止ですのでコチラでご確認下さい。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

5/24放送分iMPACT!収録速報
5/24放送分iMPACT!収録速報です。

チーム3Dが新ベルトを持って登場。レイはスタイナーブラザーズに話があるという。スタイナーブラザーズ登場。歓声とブーイングが入り混じったリアクションで迎えられる。3Dは世界最高のタッグチームの一つと戦えることは光栄な事だと言う。
スコットは「俺達の栄光についてお前らは何も分かっちゃいない。チーム3Dなど、何も手にしていないに等しい。俺達はWCWの初代世界タッグ王者だが、お前らはお前らのWCWタイトルと言えば、ビンスマクマーンが勝手に決めた事だ。ECWの世界タイトルなど、そもそも世界に通用しない。お前らがビンゴホールから出られずにいた頃、俺達はIWGPの世界王者だった。チーム3Dは誰も倒してはいない。」
今度はリックスタイナーがスタイナーブラザーズが倒してきたチーム名を読み上げていく。
レイは、「そんなどうでもいい連中をいくら倒したところでなんの価値も無い。そんなゴミ共よりもチーム3Dにリスペクトを払うべきだ」と言う。
スコットは、「チーム3Dの栄光など、クソだ!!」
ディーボンは「別にスタイナーズの鼻っ柱を折ってやりたいわけじゃない。確かに、あんたらは多くの連中を倒して来たが、その中にチーム3Dは入っていないだろ。」
スコットがスラミバーサリーでチーム3Dに挑戦すると言う。レイは挑戦を受け、スタイナーズのベストをぶつけて来いと言う。

バシャム&ダマジャ w/クリスティへミー vs キップジェームズ、ランスホイト
キップがバシャムを押す展開だが、レフリーのブラインドをついて、ノータッチでダマジャが入ってくる。そこから、バシャムズが頻繁にタッチを繰り返し、キップを蹂躙。ホイトは何もできない。ようやくキップが猛反撃して脱出するが、ホイトはヘミーを排除しに行っている。結局、バシャムズのマンハッタンドロップとレッグラリアットの連携技でキップが沈む。
勝者:バシャム&ダマジャ

クリスチャンケイジ、トムコ vs LAX
トムコとヘルナンデスでスタートすると思いきや、トムコは組み合う前にクリスチャンとタッチして下がってしまう。序盤はLAXがダブルチームでクリスチャンを圧倒。クリスチャンが辛くも脱出し、トムコにタッチ。すかさずホミサイドがトムコにパンチを見舞うが効かない。アンチLAXファンからトムコに対し歓声が送られる。トムコはホミサイドにフォールアウェイスラムを決める。ヘクターゲレロがリングサイドに出てきて、コナンと話をしている。クリスチャンがホミサイドを押さえ込んで2カウント。トムコがランニングパワースラム。しかし、ヘルナンデスがレフリーのブラインドをついてノータッチで入り、スリングショット式のショルダータックルをクリスチャンに決め、続けて首根っこを掴んで後方に放り投げる。ホミサイドが場外のヘクターゲレロに突っかかっていく間に、ヘルナンデスはボーダートスの体勢。しかし、クリスチャンはこれを脱出し、トムコがヘルナンデスの顔面にキック。クリスチャンのフロッグスプラッシュが決まってピン。
勝者:クリスチャンケイジ、トムコ
コナンたちは今にもヘクターを攻撃しそうになるが、ライノとクリスハリスが登場。LAXがおとなしく引き上げる。

サモアジョー vs スティング KOTM予選試合

両者一進一退の攻防。ジョーがスコーピオンデスロックを抜け出せば、スティングがコキーナクラッチを阻止する。ジョーがパンチで攻撃をしていると、クリストファーダニエルズがリングサイドに登場。スティングがスティンガースプラッシュを狙うが、ジョーがかわして延髄切り。スティングはダニエルズに立ち去るように要求。ジョーは構わず背後からスティングを攻撃。ダニエルズは立ち去らない。ジョーはスティングを叩きのめしてダウンを奪い、立ち上がるところにレッグラリアット。ジョーはクロスフェースのような技を極める。スティングは反撃しようとするが、そのままジョーが投げを打ってダウンを奪い、エルボーを落としてカウント2。スティングはスープレックスをかわしてスコーピオンデスロック。ここで、ダニエルズがレフリーのアンドリュートーマスにいちゃもんを付け始める。レフリーの注意がそれたところで、ダニエルズはスティングにバットを渡す。スティングはこれを拒否すると、ダニエルズはスティングを背後から殴る。ジョーのサモアンドロップが決まってカウント3。
勝者:サモアジョー KOTM出場権獲得

Xplosion用の試合
○センシ vs ホミサイド●
グリンゴキラーを切り返したセンシが丸め込んでピン。

○ピーティウィリアムズ、エリックヤング vs クリスセービン、アレックスシェリー●
PTがセービンにカナディアンデストロイヤーを狙ったところで、シェリーがカットに入り、その隙をついてエリックが丸め込んでピン。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

5/17放送分iMPACT!収録速報
5/17放送分iMPACT!収録速報です。

新チャンピオンのカートアングルが登場。新ベルトを巻いている。数ヶ月を要し、サモアジョー、スティング、スコットスタイナー、クリスチャンケイジらを倒して、ついに世界チャンピオンの座を勝ち取ったと言う。
スティングが登場。昨夜のアンクルロックは本物で、鎮痛剤が必要だったと言う。そして、タップアウトしたことを認める。しかし、タップアウトよりもクリスチャンに対するカウント3の方が早かったと言い、真のチャンピオンは自分であると主張する。
クリスチャンとトムコが登場。クリスチャンは「スティングとカートアングルは自分たちの主張が正しいと自惚れているようだが、ジムコルネットにルール違反があった事を正式に抗議した。」と言う。
コルネットはクリスチャンに同意せず、「クリスチャンケイジはフォールを奪われたのだからチャンピオンではない。スティングはタップアウトしたのだからチャンピオンではない。」とし、アングルの持っていたベルトを取り上げると、「カートアングルもチャンピオンではない。アンドリュートーマスはあの試合の正式なレフリーではなかったからだ。従って、あの試合は無効試合だ。」と言う。
アングルたちは激しく抗議する。コルネットは「ジョーやライノ達の方が、君達3人よりもハングリーだ」と言うと、10人参加のキングオブザマウンテン出場権を賭けた試合を行うと言う。

ジェレミーボラッシュが登場し、観客にアントニオ猪木を紹介する。6月に選手の交換派遣を行うと発表する。エリックヤングと新マスコットのストンパーが出てくる。

クリスセービン、アレックスシェリー vs ジェリーリン、4代目タイガーマスク
セービン、シェリー組はモーターシティマシンガンズとコールされる。
セービンは新ベルトを持って登場。セービンとリンでスタート。激しい打撃戦で始まる。リンがヘッドシザーズで主導権を握ってタイガーにタッチ。セービンは慌てて自分コーナーに逃げ帰ってシェリーとタッチ。シェリーはジョーブリーカーを決めるが効かない。セービンとダブルでSTOとドロップキックの合わせ技でようやくダメージを与える。タイガーはバックドロップから延髄切りを狙うも、セービンのエースクラッシャーを受けてしまう。リンを場外に落としてから、セービンとシェリーはタイガーの頭部に、マシンガンのような蹴りの連打を浴びせ、ピンフォール。
勝者:クリスセービン、アレックスシェリー
試合後もタイガーをいたぶる2に、ジェリーリンが襲い掛かるが、返り討ちにあう。ここでボブバックランドが救出に登場。しかし、それでも攻撃をやめないセービン達を、ジェイリーサルが追い払う。

クリストファーダニエルズ vs レイヴェン ファーストブラッドマッチ
レイヴェンにはセロトニンの3人がついている。ダニエルズはバット、レイヴェンは竹刀を使う。レイヴェンはドライバー(ねじ回し)でダニエルズの額を攻撃しようとするが、ダニエルズは脱出。レイヴェンはイスを要求するがダニエルズが阻止。レイヴェンが攻撃しようとするがダニエルズの延髄切りがヒット。ダニエルズはイスの上にSTOで落とそうとするが、レイヴェンはDDTに切り返すも、ダニエルズがかわす。レイヴェンは割れた竹刀の破片を使って、ダニエルズの額を割ろうとするが、ローブローを食らってしまう。今度はダニエルズが破片を奪い、レイヴェンを攻撃して流血。
勝者:クリストファーダニエルズ
セロトニンは試合中は介入せず、試合後にレイヴェンを救出。カズはレイヴェンにお仕置きが必要だと言うと、レイヴェンはひざまずく。レイヴェンはカズをとめようとするが、構わずレイヴェンを殴る。マーターとハボックが立ちふさがって止める。

エリックヤングは、自分の応援団を引き連れて会場に入ってくる。ジェフジャレットは今夜ここにはいないが、自分を信じることと、何が正しいことなのかを教えてくれた彼には感謝していると言う。続いてファンに対し、自分を支えてくれてありがとうと言う。そして、自分は自由の身だと言うと、ルードとミスブルックスが登場する。
ルードは「黙って聞いていれば、何を言っているんだ。ジムコルネットは訴訟を起こされることを恐れて、規約を変更したんだ。お前には優秀な弁護士が必要だ。なぜなら俺はお前を全財産を賭けて訴えてやるからだ。」というとエリックに封筒を渡す。エリックは受け取って尻を拭く。ルードはエリックを殴り倒すが、トレイシーの妨害を振り切って、エリックが反撃する。観客はジェフジャレットにチャントを送るが現れない。マスコットのストンパーがルードの注意をひきつける間に、エリックはイスを取るが、ルードを殴るのに失敗してしまう。

カートアングル vs ライノ KOTM予選試合

どちらもペースを掴む時間帯の無い試合。ライノがTKOでペースを掴みかけるが、アングルはアンクルロックを狙う。ライノがこれをかわしてパワースラムをヒット。ライノはゴアを狙うがかわされて、ジャーマンスープレックスを食らう。アングルはチンロックを極めるがライノは立ち上がってクローズラインを決め、コーナーに押し込んでスピアーを決める。ノーザンライトスープレックスで2カウントを奪い、続いてスパインバスターをヒット。
アングルはコーナーに上るが、ライノが追いついて雪崩式ブレーンバスター。ライノのフロントスープレックスをアングルがかわしてジャーマン。さらにオリンピックスラムを狙うが、これをライノがかわしてゴア。しかし、アングルがこれをかわして今度はオリンピックスラムがヒットしカウント3。
勝者:カートアングル

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

スタイナーズvsチーム3Dの噂
5/14付TNAニュース速報です。

★5/13にNWAはクリスチャンケイジとチーム3Dから、それぞれNWAを冠したタイトルを剥奪すると発表しました。

★TNAは今週放送のiMPACT!の中で、TNAタイトルのベルトを披露すると発表しました。また、Xディビジョンのベルトも新調し、こちらも披露するそうです。

☆TNAはNWAのタイトル剥奪を、ラリーズビスコに演じさせるプランを練っていたそうですが、結局採用されませんでした。

★アントニオ猪木が、TNA上層部と会談する為に、オーランドのiMPACT!収録会場を訪問します。同時にインタビューを収録し、TNA公式サイトで公開する予定です。

★ジェイリーサルは、現在のブラックマチズモのキャラクターについて、いつもバックステージでサベージの物真似をやっていたのをケビンナッシュが見て、今のキャラクターを提案されたと語っています。サベージはリーサルが子供の頃からあこがれていたレスラーとの事です。観客達の反応も上々で、満足しているそうです。

☆サクリファイスのロバートルードvsジェフジャレット戦は、番組後半に予定されていましたが、ジャレットが奥さんの元に少しでも早く帰れるようにする為に、試合順を繰り上げたそうです。

☆ロックダウン大会の目隠しマッチで使われたフードは、ジョニーデバインが縫ったそうです。

★DISHネットワークでPPVを購入した人の中に、注文が受理されず、番組を視聴できなかったケースがあったそうです。

★サクリファイスでストンパーと言う、カンガルーのマスコットキャラクターが登場しました。今後、ファンサービスやキャラクターグッズの販売などに貢献するとしています。

★サクリファイスでリックスタイナーが登場し、スコットスタイナーと共闘するシーンが見られました。昨年のバウンドフォーグローリーでスタイナーブラザーズを再結成するプランがありましたが、スコットスタイナーとの契約交渉が座礁していた時期と重なり、実現していませんでした。
スラミバーサリーでチーム3Dvsスタイナーブラザーズ戦が行われるのではないかという噂も出ています。

★TNAは「TNAの1年目」と題したDVDの発売を計画しているそうです。TNA最初期の試合やスキットを集めた内容になるそうです。発売が決定されれば、来年リリースされるだろうとの事です。

☆サクリファイスのバックステージにセロトニンは来ていましたが出番はありませんでした。レイヴェンは来場していなかったそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

TNA PPV サクリファイス 試合結果速報
TNA PPV サクリファイス 試合結果速報です。

今回はプレショー無し。代わりに、ロードトゥサクリファイスがそのまま流れる。
オープニング映像が流れる。レスラー達を英雄になぞらえるが、彼らも人間であるというテーマで作られている。

クリスセービン vs ジェイリーサル vs サンジェイダット Xディビジョンタイトルマッチ
リーサルの入場時、観客はウェーブを始める。序盤はダットとリーサルが共闘し、セービンを攻撃していく。セービンを場外に投げ落とすと、そこからはダットとリーサルが戦い始める。観客は非常に盛り上がっている。セービンはダットを場外に落とすと、リングに戻らないように妨害しつつ、場外でリーサルを痛めつける。ダットは2人まとめてケブラーダで倒す。
全員リングに戻り、ダットはコーナー上からミサイルキックをセービンに放つが、かわされてリーサルに誤爆。ここで、TNAの新マスコット「ストンパー」が映る。ダットはリーサルにアラビアンプレス式のセントーンでニアフォールを奪う。セービンは2人を攻撃し、2人ともコーナーに逆さ磔にすると、その顔面にドロップキックを打ち込んでいく。
しかし、リーサルのフライングエルボーがセービンにヒット。カバーはダットがカットし、ダットがリーサルに450スプラッシュでニアフォール。観客は"This is Awesome"チャント。セービンがダットをリーサルと交錯させて隙を作り、ダットを丸め込んでピン。
勝者:クリスセービン Xディビジョンタイトル防衛
試合後、リーサルとダットは言い争う。リーサルがダットを突き飛ばしたことで乱闘がはじまる。ケビンナッシュが仲裁に現れるが、ダットは背後からナッシュの脚を蹴り、逃げていく。

バックステージでジェレミーボラッシュがロバートルードとミスブルックスにインタビュー。JBはエリックヤングはどこにいるのかを尋ねると、エリックには自宅にいるように命令してあると言う。そしてルードは今夜ジェレットを倒して、スターからスーパースターになると言う。

リングサイドでナッシュがマイク。次の木曜のiMPACT!でダットをぶちのめすと言う。

マイクテネイとドンウエストは今夜の試合のラインナップを紹介している。

事前収録のセグメント。バシャム&ダマジャが挨拶代わりにVKMを襲撃する。DWはこれでBGジェームズが病院送りにされたため、試合が行われるかどうかはわからないと言う。

ジェフジャレットとロバートルードのこれまでのビデオ。

ジェフジャレット vs ロバートルード

ロバートルードは入場時にジャレットを急襲。パイロが上がる。ルードは場外でパワーボムを狙うが、ジャレットはリバーススープレックスで返す。ジャレットはルードをリングに押し込んだところで、正式に試合開始。
トレイシーはジャレットの脚を掴んで、場外に引きずり出そうとする。ジャレットがトレイシーを場外へ追いかけて行く背後からルードが襲い掛かる。ルードはジャレットの鉄階段に突っ込ませる。リングに戻って、ルードはジャレットの腕を肩を集中攻撃。ルードがスリーパーを極めるが、ジャレットが切り返して逆にスリーパー。ルードが脱出し4の字固めを極める。ジャレットがロープに逃れる。
リング中央で殴りあいになり、ジャレットが打ち勝って4の字固め。トレイシーがレフリーの注意をそらし、ルードのタップアウトは見逃される。ルードはイスをリングに投げ込み、使おうとするが、レフリーに止められる。ジャレットがドロップキックでルードの持っているイスを打ち抜き、続けてストローク。カバーするが、トレイシーがレフリーを場外に引きずり出して阻止。ルードはブラスナックルを取り出してジャレットを殴る。カバーはジャレットがキックアウト。ルードはジャレットのギターを奪って殴ろうとするが、レフリーが阻止。ジャレットはストロークを狙うが、ルードが切り返してペイオフがヒットし、カウント3。
勝者:ロバートルード
テネイは、「ルードの人生で最大の勝利」とアナウンス。試合後、ルードはギターでジャレットを殴ろうとするが、エリックヤングが救出。エリックとジャレットは、それぞれルード、トレイシーに4の字固めをかける。

バックステージでレティーシャがクリスチャンケイジ、AJスタイルズ、スコットスタイナーにインタビュー。スタイナーはトムコがまだ来ていないという。もし来なかったらクリスチャンが罰を与えると言う。
AJはジョーなど恐れはしない。なぜならクリスチャンとスタイナーがついているからだと言うと、2人に確認するが、2人は無視。
クリスチャンは、今夜の防衛を約束すると言う。

ライノ vs クリストファーダニエルズ
序盤は一進一退の激しい攻防。ライノがゴアを失敗したことでダニエルズがペースを掴む。ダニエルズは様々な関節技でライノの腕を狙う。観客は前の2試合ほどは盛り上がっていない。
ライノはスパインバスターで2カウントを奪う。しかし、腕を痛めてしまう。ダニエルズはコージクラッチを極める。ライノはロープエスケープ。ダニエルズがBMEを失敗。すかさずライノがTKOを決める。ダニエルズは場外に脱出しバットをリングの下から持ち出す。ライノがダニエルズを捕まえたところで、ダニエルズがバットでライノの頭を殴り、押さえ込んで3カウント。
勝者:クリストファーダニエルズ
試合後、ダニエルズは逃げようとするがライノに捕まり、リングサイドに引き戻されて、イスで殴られる。ダニエルズは流血。さらにイスの上にライノドライバーを見舞おうとするが、セキュリティが止めに入る。ダニエルズは指で額の血をぬぐうと、それを舐めてニヤっと笑う。

バックステージで、キップジェームズが、「BGは病院で、ランスホイトの飛行機が遅れている。しかし、試合を棄権する気は無い。2対1でやってやる」と言う。

バシャム&ダマジャ w/クリスティヘミー vs キップジェームズ ハンディキャップマッチ
キップは頭に包帯を巻いて登場。バシャムがその包帯を剥ぎ取る。ダブルチームでキップを攻撃するが観客は"boring"チャント。バシャムズは同士討ちをしてしまい、キップが反撃。しかし最後はダグバシャムのダイビングヘッドバットでピン。
勝者:バシャム&ダマジャ
試合後もキップをいたぶり続けるが、ようやくランスホイトが到着し救出する。

クリスハリスとジェームズストームのこれまでの関係をまとめたビデオが流れる。

レティーシャがクリスハリスにインタビュー。AMWの歴史について語るが、これまでストームによってもたらされていた悪夢を、ストームに返してやると言う。

クリスハリス vs ジェームズストーム w/ジャッキームーア テキサスデスマッチ 

ゲイルキムはセコンドについていない。実況陣はキムの動向を気にしている。ルールはラストマンスタンディング戦と同じ。場外乱闘で、ハリスがストームを壁に突っ込ませると、壁をぶち抜いてしまう。ハリスはトップロープから観客席内のストームへ向かって、フェンス越しにダイブを敢行する。ハリスがピンを奪ってカウントスタート。ストームが8で立ち上がり、試合続行。ハリスがストームをリングに押し戻す。
再びハリスが危険なダイブを狙うが、ストームはイスを投げつけて迎撃。ストームはハリスをロープに逆さ磔にして、顔面をイスで殴りつける。ハリスは流血する。ストームはテーブルをセットし、その上にフランケンシュタイナーで叩きつけようとするが、ハリスが切り返す。ハリスはコーナーにテーブルを立てかけると、カタパルトスローでストームをテーブルに叩きつける。ストームはテーブルに脚に顔面が当たったらしく、激しく出血する。ストームはテーブルをセットし、テーブル貫通式パワーボムを決めてピン。ハリスはカウント9で立ち上がり、試合続行。観客は"This is Awesome"チャント。ストームはさらに出血が激しくなっている。ストームはテーブルをリングサイドに設置。エプロンサイドに上がるが、リング内からハリスがスピアーで突っ込んできて、ストームはテーブルに落下。ハリスはゴミ缶の上にカタトニックでストームを叩きつけフォール。しかし、ストームがキックアウト。
ジャッキーが試合に介入しようとするが、キムが出てきてこれを阻止。ハリスがビール瓶で、割れたストームの額を殴りつけてピン。ストームは立ち上がれず決着。
勝者:クリスハリス

バックステージでJBがスティングにインタビューを試みる。しかし、ダニエルズが割り込んで来る。スティングは今は時間が無いと言って立ち去る。

4代目タイガーマスク vs センシ vs ジェリーリン vs アレックスシェリー
センシとリンでスタート。センシはリンの腕を狙って攻撃。センシとシェリーがタッチ。リンはタイガーとタッチ。シェリーがタイガーのマスクを小馬鹿にして、さっさとセンシにタッチする。組み合いからセンシが胸板に激しいキックを見舞い、再び組み合いへ。センシがリンとタッチ。スモールパッケージホールで2カウントを奪う。シェリーがタイガーとタッチし、リンの顔面を掻き毟り。シェリーのアトミックドロップをかわしてタイガーとタッチ。シェリーはスタナーから、タイガーにも掻き毟り。しかし、タイガーはペレキックで倒して、スタンディングムーンサルトを決める。タイガーがコーナーに登ったところで、シェリーが捕まえてジョーブリーカー。しかし、タイガーはシェリーをコーナーに上げると、雪崩式のダブルアームスープレックスを決める。カバーはセンシがカットする。
センシはスワンダイブ式バックキックをタイガーの頭部に入れると、座り込んでいるシェリーを攻撃。シェリーを蹴り倒す。その間にタッチしたリンがスワンダイブして、センシの膝へのドロップキックを決める。さらにシェリーにスワンダイブ式ドロップキックを決める。タイガーはリンにタイガースープレックスを狙うが、持ち上げられない。リンはサンセットフリップに切り返してカウント2。リンがTKOで再び2カウント。シェリーがリングに入って、リンを攻撃する。
リンがシェリーの蹴りをキャッチ。シェリーはリンの目を突いてから蹴り。リンがシェリーの攻撃をかわして場外に脱出しようとしたところで、センシがリンを攻撃。リンとセンシはコーナー上でもみ合いになり、リンがゴッチ式パイルの体勢にセンシを捕らえる。ここでタイガーがセンシにキック。センシは場外転落。代わってタイガーがリンをダブルアームの体勢に捕らえるが、シェリーがタイガーへキック。シェリーはコーナー上に座り込んだリンにスーパーキックを決め、雪崩式のウラカンラナを決める。しかし、上手く回転してリンが逆に押さえ込みカウント3。
勝者:ジェリーリン

試合後、セービンとシェリーがリンを攻撃。ボブバックランドが救出する。

レティーシャがトムコにインタビュー。スタイナーには必ず来ると伝えているにもかかわらず、スタイナーは愚かにも、誰も信じようとしなかったと言う。

チーム3D vs LAX vs トムコ、スコットスタイナー 世界タッグタイトルマッチ
入場時から、トムコとスタイナーは口論している。3DはNWAのベルトを持って入場。まだ新ベルトを持ってはいない。観客の反応は、3Dに対しては声援とブーイングが混ざっており、LAXに対しては歓声が送られている。
ブラザーレイ、ホミサイド、スコットスタイナーでスタート。観客は「3D sucks」チャントをはじめる。ディーボンがスタイナーに攻め込まれると、レイは観客に声援を促すが、観客は応えない。ディーボンがようやくレイにタッチ。レイはLAXをなぎ倒す。しかし、3Dがそろって場外にいるところに、ヘルナンデスがブランチャーでダイブ。まとめて倒される。
リング内でスタイナーがホミサイドを肩に担ぎ上げ、トムコがコーナー上からダイブ。しかし、ホミサイドが一瞬早く、スタイナーを丸め込んでトムコは自爆。スタイナーとトムコは口論を始める。スタイナーはブラザーレイを羽交い絞めにすると、トムコはロープに走るが、レイがかわしてブートはスタイナーに誤爆。すかさずディーボンがトムコを抱え上げて3Dがヒット。
勝者:チーム3D 世界タッグタイトル防衛
試合後、スタイナーがトムコを突き飛ばすと、トムコもやり返す。やがて殴り合いに発展するが、ここでリックスタイナーが登場。スコットとダブルチームでトムコを攻撃し、クローズラインで場外に叩き落す。


※サクリファイスとは関係ありませんが、先ほどNWAはクリスチャンケイジとチーム3Dから、それぞれタイトルを剥奪すると発表しました。


サモアジョー vs AJスタイルズ
観客席で「シナはジョーを恐れている」というサインボードが掲げられているのが映る。
組み合うが、パワーで勝るジョーがAJを吹っ飛ばす。AJは片足を取って倒しに行くが、ジョーに蹴りはがされてしまう。ジョーはAJを水面蹴りで倒す。
ジョーが優勢に試合を進め、AJが場外に脱出したところへ、ジョーが得るボースイシーダで突っ込む。
AJはレフリーに怪我をしたとアピール。ジョーがAJを捕まえて、リングに押し戻す。すぐに場外に出て、ジョーはAJをガードレールに打ち付け、クローズラインで追い討ちを狙うが、AJがかわして自爆。AJは自分の頭の良さをアピールする。
リングに戻ってAJが優勢。ロープを使ったチョーク攻撃をレフリーに止められる。ジョーはパンチで反撃するが、AJは逆水平チョップで押し返す。AJがロープに走ると、ジョーはカウンターのフロントスープレックス。さらにマンハッタンドロップから、重爆キックを狙うが、AJが伏せてかわしたところへセントーンを決める。
AJはスタイルズクラッシュを狙うが、惜しいところでジョーが脱出し、逆にデスバレーを食らってしまう。
ジョーが膝を押さえている。AJはジョーが傷めた右足を狙うが、ジョーは左足でAJの顔面に蹴り。ジョーは一気に攻め込もうとするが、踏ん張りが利かず倒れてしまう。AJはコーナーに上ってスパイラルタップ。しかしジョーは転がってこれをかわし、普通に立ち上がって、膝の故障がフェイクだった事をアピール。スタンディングでコキーナクラッチを決めると、そのまま後方にスープレックスで投げる新技でピン。
勝者:サモアジョー

クリスチャンケイジ vs スティング vs カートアングル 世界ヘビー級タイトルマッチ
スティングとアングルが共闘してクリスチャンを攻撃する。スティングがアトミックドロップを決めると、2人がかりでクリスチャンを場外に落とす。スティングとアングルはリング中央でにらみ合い。クリスチャンがリングに入ってくると、再び場外に放り出してしまう。
クリスチャンが再び戻るとスティングに共闘を持ちかけるがスティングが拒否。スティングはクリスチャンをリフトアップスラムで叩きつけ、エルボードロップを落とす。
アングルは花道でスティングにオリンピックスラム。すかさずリングに戻ってクリスチャンを攻撃しようとするが、逆にブートで反撃されてしまう。クリスチャンはサードロープにアングルの喉を引っ掛けると、アングルの上に乗る。さらに、背後からチョーク攻撃でアングルの動きが次第に弱くなっていく。
アングルへのフォールが2で返されると、場外に出て行ってスティングを攻撃。リングに戻ってくるところで蘇生したアングルに捕まり、8連発ジャーマンを食らってしまう。アングルがカバーするが、スティングが飛び込んでカットする。スティングはアングルを場外に落としてクリスチャンをカバーするが、2カウント。
スティングは雪崩式ブレーンバスターをクリスチャンに狙うが、アングルが入ってきて、スティングを引き倒すと、クリスチャンごとマットに叩きつけられる。アングルはスティングをカバーして2カウント。続いてクリスチャンのカバーに行くが、こちらも2カウント。クリスチャンにオリンピックスラムを狙うが、クリスチャンは着地してかわし、アンプリティアを狙う。アングルはクリスチャンを突き飛ばして、コーナーに押し込むとクリスチャンはへたり込んでしまう。そこへ2人まとめてスティンガースプラッシュを食らってしまう。スティングがアングルをカバー。クリスチャンがレフリーを引っ張ってカウントを阻止する。
スティングがスコーピオンデスロックをアングルに狙うが、アングルは前転してアンクルロックの体勢。クリスチャンがアングルに蹴りを放ったところで、アングルはこの蹴り脚をキャッチして、2人まとめてアンクルロック。スティングとクリスチャンは同時に前転して、反動でアングルを引き剥がす。クリスチャンはスティングにアンプリティアを狙うが、スティングが丸め込みに切り返す。スティングがクリスチャンを押さえ込んだ体勢のまま、アングルがスティングにアンクルロック。レフリーはスティングのフォールカウントを入れるが、3とほぼ同時にスティングがタップアウト。
勝者:カートアングル 世界ヘビー級タイトル奪取

終了です。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

サクリファイスで新ベルトがお目見え
5/13付TNAニュース速報です。

★最近のiMPACT!は大幅な編集が行われ、試合やスキットはかなり短くカットされて放送しているのだそうです。

★チェイススティーブンスが解雇に対するコメントを発しています。周囲の人々への感謝と、レスリングを続けていく意欲を語った、優等生的な内容です。

☆オースチンエリーズはTNAに対し解雇を求めているそうです。謹慎中の主な収入源はROHとなる予定でしたが、TNAがROHと断絶してしまった為、自分でインディ団体のブッキングを受けるしか無くなった為です。何人かの人々はエリーズの復帰を望んでおらず、現在の契約が切れる夏頃を持って解雇すべきと考えているそうですが、ROHのPPVにエリーズは大きく貢献する可能性があり、TNA側に選択権のある延長オプションを使って、契約を延長する可能性もあると見られています。

★ビンスマクマーンが株主総会でWWEの将来の展望を語りましたが、その中でTNAは「ニッチ番組」としてなら成功できると語りました。TNA最大の失敗はWWEに対抗しようとしていることで、それよりも独自の番組作りをする必要があると述べています。TNAの番組に対しては、見る時間が無いと応えています。

☆ジル・ジャレット(ジェフジャレットの奥さん)は、患っていた肺炎の容態が安定した為、退院したそうです。

★スペイン語実況のウィリー・アルビナは、元々、プエルトリコのWWC(カリートの父親の団体)の実況でしたが、WWCを辞めたそうです。

★サクリファイスに登場する4代目タイガーマスクは、翌日のiMPAC!収録にも参加します。

★サクリファイスでNWAのタイトルを放棄し、TNA独自のタイトルに切り替えるそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

解雇されたアンディダグラスがコメント
5/12付TNAニュース速報です。

★解雇されたアンディダグラスがマイスペースのブログでコメントをしています。「ついに自由になった!!」というタイトルで、ここ数ヶ月間、まともな起用をされなかった事に対し不満を感じていたこと、解雇を自分達が望んでいたこと、解雇に関してトラブルは無かったこと等を述べています。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

新ベルトが完成したそうです
5/11付TNAニュース速報です。

★5/10放送分iMPACT!視聴率は1.01%でした。

★TNA世界ヘビー級とTNA世界タッグの新しいベルトが完成したそうです。これを機に、Xディビジョンのベルトも新調されるそうです。

★ジャクリーンムーアは、iMPACT!の試合中に欠けた歯の手術を行ったそうです。サクリファイスには登場する予定ですが、試合は組まれていません。

★ジェフジャレット、エリックヤング、トレイシー、ジェームズストームは、5/17にナッシュビルにあるバッファロービリヤードで開催されるiMPACT!の視聴イベントに参加するそうです。

★クリスチャンケイジが、ロサンゼルスタイムスのインタビューの中で、マイクタイソンがバスターホームズにノックアウトされた試合を観て、とても驚いたことを語っています。

★ジェイリーサルとブラザーラントは、5/12にマサチューセッツ州スプリングフィールドで開催される、ビッグタイムレスリングのチャリティイベントに参加します。

★5/12の深夜にスパイクTVは「ロードトゥサクリファイス」と言う、PPV前の特別番組を深夜に放送します。

☆ジェフジャレットは、TNAの収録に参加するとき以外は、病床の妻の元でほとんどの時間を過ごしているそうです。

☆バシャム&ダマジャというのは、バシャムズのOVW時代のギミックで、WWEが商標権を取得していない為にこのギミックを使うことにしたそうです。

★ホミサイドがマンデイナイトメイヘムに出演し、インタビューに答えています。ごく簡単にご紹介します。

・タイトルがNWAからTNA独自のものに代わる事は良いことだ。

・ROHに出るのはあと一回だけだ。TNAの判断は正しいと思う。(将来的にROHに登場する可能性について。)将来については何がおこるかは分からない。

・RVDがTNAに来るとしたら、会社にとって非常に望ましいことだ。

・LAXは大成功している。

・6月にプエルトリコで行うハウスショーを非常に楽しみにしている。



テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ナチュラルズが解雇
5/10付TNAニュース速報です。

★TNAはナチュラルズのアンディダグラスとチェイススティーブンスを解雇しました。

★TNAは6/15にアラバマ州シェフィールドで、また6/23にロードアイランド州リンカーンでハウスショーを開催すると発表しました。

★サクリファイスのカードが発表されました。

クリスチャンケイジ vs カートアングル vs スティング
NWA世界ヘビー級タイトルマッチ

チーム3D vs LAX vs トムコ、スコットスタイナー
NWA世界タッグタイトルマッチ

クリスセービン vs ジェイリーサル vs サンジェイダット
Xディビジョンタイトルマッチ

クリスハリス vs ジェームズストーム
テキサスデスマッチ

クリストファーダニエルズ vs ライノ

ジェフジャレット vs ロバートルード

サモアジョー vs AJスタイルズ

4代目タイガーマスク vs センシ vs アレックスシェリー vs ジェリーリン

VKM vs バシャム&ダマジャ(バシャムズ) w/クリスティヘミー

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ボードッグがアングルに興味
5/8付TNAニュース速報です。

★サクリファイスに、4代目タイガーマスク vs ジェリーリン vs アレックスシェリー vs センシの4ウェイマッチが追加されました。

☆TNAとスパイクTVの放送枠拡大交渉の成否は、今のところ五分五分とみられているそうです。噂されたTNAが他局に移籍すると言う件に関しては、特に進められている話は無く、両者とも契約を継続することに関しては異存ないものと見られています。

☆TNAはランディサベージに対し、ジェイリーサルを助ける役割で登場することを打診しているそうです。

☆アレックスシェリーは、ダッチマンテルからある試合について「最低のヨーロッパ流チェーンレスリング」と酷評されたそうです。どうやら、もっとメリハリをつけて、見せ場を作るように指導されたようです。

★前回のiMPACT!にセロトニン、ピーティーウィリアムズ、センシは、会場に来ていなかったそうです。元々、彼らは登場予定がありませんでした。

★ブラザーレイは、ビンスマクマーンからWWEのエージェントにならないかと、3種類の役割を提示されていると語りました。

☆MMA団体のボードッグは9月に開催するPPV大会で、カートアングルvsダニエルピューダー戦、もしくはカートアングルvsホジャーグレーシー戦を行うことに興味を持っているそうです。

☆ショーンウォルトマンはTNAへの復帰を望んでいるそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

オースチンエリーズの発表は見送り
5/7付TNAニュース速報です。

★オースチンエリーズが予告していた、去就に関する発表は、今回はできなくなったと言うコメントが発表されました。

☆オースチンエリーズはTNAに解雇を申し入れているという噂が流れています。

☆ジェームズミッチェルがアビスの次に引き連れる新たなモンスターとして、リッキーバンデラスが候補に上がっているそうです。

★サクリファイスのカードとして、サモアジョーvsAJスタイルズが追加されました。

☆クリスティヘミーのチームとして、セロトニンを使うというアイディアが出された際、クリスティヘミーが強くバシャムズを推したそうです。

☆TNAは元々バシャムズに強い関心は持っていなかったそうですが、ゲイルキムが彼らを推薦し続けた為に、採用したという噂です。

☆TNAはセロトニンの扱いについて、明確な方針を持っておらず、このままストーリーから外してしまうのではないかと言われています。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。