TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TNAがマットサイダルを獲得か!?
6/29付TNAニュース速報です。

☆現在ROHにレギュラー参戦しているマットサイダルですが、次回のiMPACT!収録に参加するという話が出ています。サイダルは以前から、AJスタイルズ、クリストファーダニエルズらが推薦していたと言われています。
 サモアジョー、ジェイリーサルらも、TNA登場以前にAJとダニエルズが上層部に獲得を推薦した選手だといわれています。

☆TNAと各テレビ局との折衝が続いていますが、MyNetworkTVとの交渉は終了し、契約は成立しなかったようです。一方、FOXネットワークとは、iMPACT!とは別に2番目の番組制作について話し合われているそうです。
 TNA iMPACT!は2004年からFOXネットワーク傘下のFSN(FOX Sports Net)で放送が開始された経緯があります。このときは1年契約で、契約満了後は全国ネットでの放送枠を失い、一時、ネット配信された事があります。数ヵ月後に現在のスパイクTVとの契約がまとまり、放送時間の変更を経て現在に至ります。

★TNAは携帯向けの情報サービスの中で、前回のiMPACT!で過去最高の視聴率(1.21%)を記録した事を報告し、2時間枠の獲得に近づいたと発表しました。
 
スポンサーサイト
久々にAJ、ダニエルズのタッグが復活
6/28付TNAニュース速報です。

★7/15放送分iMPACT!で、TNA世界タッグタイトルをかけて、チーム3D vs LAX vs AJスタイルズ、クリストファーダニエルズ戦が発表されました。
なお、この試合のチーム3D以外の2チームは、携帯からの投票結果で選ばれたことになっていますが、選択肢はLAX、AJダニエルズ組、ナチュラルズの3チームから選択となっていました。

★TNAは8月にアメリカ中西部を巡る3日間のツアーを発表しました。
8/3 アイオワ州ウエストデモイン
8/4 カンザス州カンザスシティ
8/5 カンザス州ウィチタ
チケットは6/30発売です。

◆UFCはケンシャムロックとの契約を解除しました。残り1試合を行う契約が残っていましたが、ダナホワイトは、彼がUFCで戦えるレベルに無いとしています。ケンシャムロックはTNAの初代NWA世界ヘビー級チャンピオンです。

◆AAAはトリプレマニアにハルクホーガンを招聘する為、6桁のギャラのオファーを出しましたが、ホーガンはこれを断ったそうです。ビッグショーも、レスリング以外の仕事に携わっているためとし、オファーを断ったそうです。
一方、WWEを解雇されたサブーと、TNAに解雇要求を突きつけているロンキリングスの出場が発表されています。また、リタも特別レフリーとして登場し、所属するパンクバンドの曲も披露する予定になっています。
アングルはMMAの秘密のテクニックを準備している?
6/26付TNAニュース速報です。

※WWEブログの方に記述しましたが、クリスベノワ関連のニュースに関しましては、一切、取り扱わない事にいたしました。ご理解賜りたく存じます。

★スラミバーサリーに登場したロードウォーリアーアニマルですが、試合当日にジョブをやる事を告げられると、これを拒否したため、結局、リックがフォールされました。チーム3D vs スタイナーブラザーズ戦を改めて行う場合、リックがフォールを奪われている事が、ストーリーに悪影響を与えないかどうかが心配されているそうです。

★10月のバウンドフォーグローリーはシカゴで開催する事が計画されているそうです。

★センシが先週、TNAに解雇するよう申し入れていたそうです。この申し入れは却下されました。

☆カートアングルがすでに断ったと報じられた、ボードッグからのオファーは、7桁に及ぶギャラが提示されていたそうです。最終的に、ブロックレスナーか、ダニエルピューダーと対戦し、その前に、ウォーミングアップ的な試合を数試合行うという計画だったそうです。
一方、アングルはレスナーに個人的に連絡を取り、一緒にボードッグに参戦する話を持ちかけていたそうです。その中で、アングルのトレーナーが特別な技術を開発しており、これを知らない相手なら、例えティトオーティスや、チャックリデルでも勝てると話していたそうです。

★前回のiMPACT!収録から、リッキーバンデラスが参加していたそうです。バックステージセグメントの収録を行ったそうです。一方、バンデラスはメキシコ在住でかつAAAで働いていながら、TNAが引き抜いた格好になった為、コナンはTNAとAAAの板ばさみになり、TNA退団の遠因になったのではないかと噂されています。

オースチンエリーズのTNA離脱が決定
6/24付TNAニュース速報です。

★オースチンエリーズが求めていた解雇要求を、TNAが正式に認めました。早速エリーズはROHと正式に契約をかわしています。
9/1放送のPPVで、ROH再デビュー戦を行うものと見られています。


コナン、キリングスそれぞれの言い分
6/23付TNAニュース速報です。

☆TNAがRVDに接触したそうです。しかし、RVDは数ヶ月の休養を取る決心を固めており、興味を示さなかったそうです。

☆カートアングルは先週末、食中毒にかかり、嘔吐したそうです。

☆TNAはショーンウォルトマンと再契約し、BGジェームズ、キップジェームズらと、DXを再結成させる事を計画しているそうです。しかし、ウォルトマンにBG、キップらよりも低額のオファー出したため、契約には至っていないそうです。

☆クリストファーダニエルズは、エリックススキッパー、センシと共にXXXを再結成したいと語っているそうです。

★6/15にアラバマ州シェフィールドで開催されたハウスショーの観客動員は500人でした。

★ロンキリングスは、スラミバーサリーでヒールとして復帰させられた事と、その試合でジョブをやらされた事。登場時に自分のテーマ曲がかからなかった事。復帰後にプッシュされると聞かされていたのに、翌々日のiMPACT!収録では出番が無かった事など、様々な不満が募り、解雇を求めるに至ったそうです。また、膝の怪我が治ったばかりにも関わらず、膝の故障を公表する書類にサインを求められた事でも怒っているいるそうです。キリングスは今後もTNAに解雇を求めていくそうです。

★コナンはTNAに選手の組合を作ろうとしていたそうですが、トップスター達の合意が得られなかったそうです。また、彼の腎臓移植に対し、ファンから14000ドル、AAAからは35000ドルのカンパが得られたのに、TNAからは一銭の援助も無かったとしています。そしてTNAに年俸を5万ドルから8万ドルに上げるよう、要求したところ、テリーテイラーからは受諾する可能性があると言われたものの、ジェフジャレットはコナンが、あるインタビューの中でTNAを批判を行ったことで、昇給を見送ると告げたそうです。コナンはメキシコなら今の3倍は稼げるとジャレットに告げ、退団を選択したそうです。
コナンはひっそりとストーリーから退場
6/22付TNAニュース速報です。

★6/21放送分iMPACT!視聴率は1.2%でした。

★ケビンナッシュは、ジェイリーサル、サンジェイダットのサポート役のポジションを終え、今後はモーターシティマシンガンズ(セービン、シェリー)のバックにつき、ヒールを演じる事になるそうです。

★スコットスタイナーは無事退院し、自宅に帰ったそうです。

★コナンの離脱にまつわるセグメントは、特に収録せず、今後はホミサイドがマイクを担当していく事になるそうです。今後数週間、LAXは大きく再プッシュされるそうです。
PPV Slammiversary 試合結果速報
PPV Slammiversary 試合結果速報です。

更新できていないのに気付きませんでした。当日、最後までアップしたつもりが、落ちていたようです。ここのところ、コメント欄もまったくチェックできておらず、気付きませんでした。大変申し訳ありません。
遅くなりましたが、最後までご紹介いたします。

過去5年の歴史を振り返る映像でスタート。
グリーン上のタイガーウッズを、ジェフジャレットがギターショットで殴り倒す小芝居が流れる。
ロー・キャッシュ・カウボーイズによる、テーマ曲の演奏。パイロが上がる。

LAX vs ライノ、センシ
ライノ、センシ組にヘクターゲレロがついている。ライノがホミサイドにパワーボムを狙うが、切り返そうとしたホミサイドはトップロープを超えて場外に転落。観客のTNAチャントがはじまる。ヘルナンデスのクラッカージャック(首根っこを掴んで後方に反り投げる技)がセンシに決まる。ライノのスパインバスターがホミサイドにヒット。ヘルナンデスがカットに入る。センシは場外のヘルナンデスにダイブ。ライノのゴアがホミサイドに決まってピン。
勝者:ライノ、センシ
コナンはホミサイドにスラップジャックを渡すが、ヘクターがこれを止める。

実況陣がスコットスタイナーの負傷をアナウンス。テネイとDWはキングオブザマウンテンマッチに触れ、謎の男は誰なのかと話し合っている。

KOTMのハイライトが流れる。

バックステージで、JBがジムコルネットのオフィスの前で、KOTMの謎の挑戦者について探っている。トレイシーがエリックを誘惑しようとしているのが映る。ゲイルキムがエリックを助けに入ると、エリックにキス。トレイシーを睨みつける。トレイシーはキムを「b*tch」呼ばわりする。

ケビンナッシュが登場。実況積に加わる。「グル(尊師)」になったサンジェイダットが、バラの花びらを巻きながら登場する。

ジェイリーサル vs クリスセービン Xディビジョンタイトルマッチ
アールヘブナーがレフリー。観客は「ブラック・マチズモ」チャント。ナッシュのマイクが作動しないトラブル。しかし、すぐに復旧する。テネイは視聴者に、KOTMの勝者予想投票を呼びかける。ヘクターゲレロはスペイン語実況に戻っている。リーサルはサベージのシグネチャームーブを一通り終えると、リーサル独自の技を出し始める。リーサルコンビネーションがヒットするが、セービンがキックアウト。リーサルはコーナーに上って、マッチョマンエルボーをヒット。カウント3。
勝者:ジェイリーサル Xディビジョンタイトル奪取
試合後、リング上でナッシュとリーサルがハグ。

スラミバーサリー前の記者会見の様子のリプレイと、フランクワイチェック、ジェームズストームの衝突の様子が流れる。

ストームとジャクリーンがレティーシャのインタビューを受けている。ストームは、ワイチェックが今夜、自分達の領域に踏み込んでくると言う。ジャッキーはレティーシャに「あんたの胸にはいくらかかってるの?」

ジェームズストーム、ロンキリングス vs フランクワイチェック、ジェリーリン
ワイチェック、リン組は、テネシータイタンズのユニフォームを着たマスコットと共に入場。試合はリンとキリングスでスタート。しかし、すぐに交代し、ストームとワイチェックがリングに入る。ストーム組はアメフトのボールを持ち出し、ストームはタイタンズのヘルメットを装着すると、ワイチェックがボールをこぼしたような真似をして挑発。ワイチェックのドロップキックがストームにヒット。ワイチェックはリンを担ぎ上げると、トップロープ越しに場外のストーム達の上に投げ落とす。しかし場外でストームのクローズラインを食らってしまう。ワイチェックはガードレールに叩きつけられる。テネイがワイチェックが引退した理由は脳震盪であると説明。ストームのアイオブザストームがリンにヒット。ジャッキーがビール瓶をストームに渡すと、ストームはリンと、コーナーにいたマスコットの顔につばを吐きつけると、ワイチェックをカバー。しかし、マスコットがカット。ワイチェックのゴッチ式パイルドライバーがストームに決まってピン。
勝者:フランクワイチェック、ジェリーリン

ボブバックランドとアレックスシェリーの対戦が決まった経緯のハイライトが流れる。
ボブバックランド vs アレックスシェリー
ボブバックランドは、昔と同じローブとタオルで入場。バックランドは今年58歳。テネイはバックランドがこの10年間、試合を行っていないと説明。
試合は早々にセービンが乱入し、バックランドの反則勝ち。
勝者:ボブバックランド(反則裁定)
試合後、バックランドはセービンとシェリーそれぞれにチキンウィングクロスフェイスを極める。ナッシュが登場しバックランドを止める。リンも入ってくるがナッシュのブートを喰らってしまう。セービンとシェリーは2人がかりでリンを攻撃。リーサルがリンの救出に登場。リングを一掃する。

会場の照明が落ちる。誰かがスティングを呼んでいる声が会場に響く。声の主はクリストファーダニエルズ。照明が落ちたまま、ダニエルズのアピールが続く。ダニエルズは新たな光を見つけたのだという。そして、ダニエルズが神の意思に従うと言うと、「目には目、命には命を!」
スティングがリングに現れる。ダニエルズを黙らせる。

VKMとダマジャ&バシャムのこれまでの抗争のまとめ。

ダマジャ&バシャム vs VKM

VKMがリングに登場、いつものアピール。試合は凡戦。リングサイドでクリスティヘミーが観客のサインボードを引きちぎって煽る。早々にキップが押さえ込んでピン。
勝者:VKM

試合後、キップがクリスティを追いかけていくと、ランスホイトが現れて捕まえる。そのままクリスティをリングに押し込むが、ホイトはVKMを攻撃。バシャムズと協力して、VKMを殴り倒す。観客は無反応。その後、ホイトとクリスティがキス。

コルネットのオフィスで、コルネットがスコットスタイナーの負傷を受け、スタイナーズ棄権の決断を下そうとしている。リックスタイナーが代わりの選手の名前をコルネットに耳打ちし、自分は準備が出来ているという。

LAXがヘクターゲレロを襲い、セキュリティが止めに入る。

ヤングとルードのこれまでのストーリーのおさらい。

ロバートルード vs エリックヤング フリーダムマッチ
トレイシーがヤングの契約書を持って登場。観客はヤングを応援。リングサイドのファンが「"Mr"ブルックス」のサインボードを掲げている。トレイシーが契約書でヤングをはたく。試合序盤はルードが優勢。しかし、ヤングは場外に出るとコミカルな動き。トレイシーと共に踊り始める。すると、トレイシーのズボンをひきずり下ろしてしまい、お尻が見えてしまう。
リングにもどり、トップロープからのダイビングエルボーがルードにヒット。リードはキックアウト。ヤングはルードとトレイシーを2人まとめてファイアーマンズキャリーに抱え上げ、FUのような技を決める。カバーはルードがキックアウト。しかし、最後はルードがイスでヤングを殴りカウント3。しかし、ルードはマイクを持ち、ヤングにクビを宣告していると、ジムコルネットが登場。試合はまだ終わっていないという。そしてルディチャールズレフリーに試合を再開するように指示。トレイシーがイスを取りに行くが、ゲイルキムが阻止。そのままトレイシーを追いかけて、バックステージへ。ルードはコルネットを睨みつけている隙に、ヤングが丸め込んでピン。
勝者:エリックヤング

バックステージでチーム3Dのアピール。レイは、スコットは現在、ぶっ壊れているという。奴は喋りすぎで喉がつぶれたのだという。そして、リックにせいぜいいい奴を探してくるんだなと言う。

チーム3D vs リックスタイナー、X TNA世界タッグタイトルマッチ
リックがつれてきた謎のパートナーは、ロードウォーリアーアニマル!!観客は大声援。LODチャントがはじまる。3Dには「3D sucks」チャント。アニマルがドゥームズデイのアピールをするが、3Dが切り返し、逆にリックに3Dを決めてピン。
勝者:チーム3D TNA世界タッグタイトル防衛
試合は短く、リプレイも無し。

クリストファーダニエルズが登場。今回のPPVは全体に時間が足りず、急いでいる感じ。

クリストファーダニエルズ vs スティング
スティングは天井から降りてくる。ダニエルズはヒールムーブで観客を煽る。倒したスティングの胸の上に乗る。さらにレフリーのアールヘブナーとも言い争う。スティングの胸を叩くジェスチャーを真似て馬鹿にするが、その隙にスティングはスコーピオンデスドロップを決める。ダニエルズはエンジェルズウィング、ラストライツと連続でトライするが、スティングはこれらを切り返してスコーピオンデスロックに入り、ダニエルズがタップアウト。
勝者:クリストファーダニエルズ
この試合も短く、リプレイも無し。

アビスvsトムコの煽り。

バックステージでレティーシャがAJ、クリスチャン、トムコにインタビュー。 クリスチャンがAJをおだてている。トムコにはアビスを潰してしまうように言う。

アビス vs トムコ ノーDQ完全決着戦
場外で乱闘。アビスはトムコを鉄階段に突っ込ませると、トムコはアビスの顔面を鉄階段に叩きつけてお返し。アビスのチョークスラムはトムコがキックアウト。アビスはリング下から画鋲の袋を取り出し、リングにばら撒く。しかし、トムコに反撃され画鋲に落とされてしまう。画鋲が背中や腕にささり、血が滴り落ちる。アビスのブラックホールスラムがヒット。トムコがキックアウト。アビスはリング下から、ガラスの破片が入った袋を持ち出す。しかし、またトムコに反撃され、アビスがガラスに落とされる。さらに破片を拾ったトムコは、それでアビスの額を割り、顔面からマット上のガラスにアビスを叩きつける。トムコはリング下から有刺鉄線バットを持ち出し、花道でアビスを殴る。二人は花道脇に設置してある足場に上り始める。アビスがトムコを掴み、下に置いてあったダンボールに投げ落とし、自分もダイブ。なんとかリングに戻り、アビスがブラックホールスラムでトムコを画鋲に叩きつけてピン。
勝者:アビス

バックステージで、JBがジョーとアングルにインタビュー。ジョーはアングルに「今夜は現実だ(real)」と言うと、アングルは「Its real, damn real」

リングにテネイが上がり、ジェフジャレットを紹介する。
録画でジャレットが登場。ジャレットはTNAの現在と過去についての感想を語り、亡くなったジル夫人に触れる。ジルからは勇気を与えてもらったとし、いつもジェフではなくジャレットと呼ばれていたことを語ると、ジルと子供達の写真を見せる。ジェフは彼女は5/23のレースでゴールを迎えたといいい、今の自分にとってリングの上は辛すぎる場所だというと、皆に感謝の意を述べ、さらに別の写真を見せる。スクリーンに「ジル・ジャレット 1969-2007」の表示。観客達は「Thank you Jeff」チャントを贈る。

リングにコルネットがいる。KOTMの5人目の挑戦者について、決定を下したという。コルネットには2人の選択肢があったという。一人はジェフジャレット。もう一人は別のTNA創設メンバーだという。そして、ジャレットが指名したとし、クリスハリスに決定したとアナウンス。

クリスハリス vs サモアジョー vs AJスタイルズ vs カートアングル vs クリスチャンケイジ キングオブザマウンテンマッチ
ルールは5ウェイで争う、逆ラダーマッチ。(ベルトを持ってはしごを上がり、リング上に吊るした者が勝利)。途中でピンフォールされたり、タップアウトしたりした者は、2分間、ペナルティボックスに入れられた後、試合に復帰する。
ファン投票ではサモアジョーが30%の支持を獲得。
序盤はAJとクリスチャンが共闘。しかし、AJが裏切ってフォールしようとする。場外でジョーがAJをガードレールに叩きつける。クリスチャンはハリスにアンプリティアをトライ。しかしハリスは切り替えして脱出し、AJからピンを奪う。AJがペナルティボックス入り。
ジョーがラダーで2人の対戦相手をまとめて倒し、場外に投げ出す。アングルの3連続ジャーマンがジョーにヒット。しかしクリスチャンがアングルを妨害。ここでAJが復帰。アングルにスタイルズクラッシュを狙うが、アンクルロックに切り返される。クリスチャンはエプロンとガードレールに橋渡しされたラダーの上にセットされている。その上に、ハリスがAJをトップロープ越しに投げ落とす。ハリスがベルトを持ってラダーを登る。しかし、アングルに捕まり、オリンピックスラムでピン。ハリスがペナルティボックス入り。
ジョーのマッスルバスターがAJにヒット。カバーはアングルがカット。ここでレフリーと選手が交錯。レフリーが気絶する。ジョーがアングルからタップを奪うが、レフリー不在。レフリー復活後にクリスチャンがアングルからピン。アングルがペナルティボックスへ。
クリスチャンがベルトをもってラダーを登る。ジョーが反対側から登ってクリスチャンを突き落とす。観客はTNAチャント。ハリスはベルトを持つと、ラダーを上り始める。再びジョーが反対側から登るが、今度はハリスに突き落とされてしまう。さらにクリスチャンもハリスを止めに行くが、やはり突き落とされる。AJがラダーにドロップキック。ようやくハリスを止める事に成功。アングルが復帰。ジョーとAJがペナルティボックス上で乱闘。ハリスもボックスに登る。ジョーはAJを実況テーブルの上に投げ落とす。観客は「This is awesome」チャント。さらにハリスは檻の上でクリスチャンを捕らえ、ブレーンバスターで叩き落す。TNAチャント発生。ハリスはラダーを掴んで回転し、クリスチャンとアングルをなぎ倒す。ラダーを設置するとベルトを持って上り始める。しかし、クリスチャンはラダーを倒してしまう。今度はクリスチャンがラダーを登る。アングルがラダー上でアンクルロックをかけ、これを阻止。しかし、クリスチャンの蹴りでフックが外れる。そのとき、ハリスがクリスチャンをスピアーで突き落とす。ラダー上にはアングルが残り、ベルトを掲げる事に成功。
勝者:カートアングル TNA世界ヘビー級タイトル獲得
試合後、アングルにジョーが握手を求めるが、アングルはこれを拒否してオリンピックスラム。

終了です。
ビショフの言う事も一理あります
6/20付TNAニュース速報です。

★エリックビショフがClubWWI.comのインタビューの中で、TNAがWWEに対抗できない理由として、スティングやカートアングルのような素晴らしい選手を揃えながら、彼らを登場させただけで、ストーリーに活用できていない事をあげ、クリエイティブチームの貧弱さを批判しています。

★TNAを離脱したとされたロンキリングスですが、スラミバーサリーの前に解雇するように申し入れたものの、TNAはこれを認めなかったとされています。翌々日のiMPACT!の収録には、キリングスの登場機会が用意されていなかった為、元々呼ばれていなかったそうです。キリングスは最近のTNAの扱いに強い不満を抱いているとされ、ファンもまた多くのが、最近の彼のキャラクターを酷いと感じているようです。
一方、コナンの解雇の要求は報道されたとおり、iMPACT!収録の前に認められたそうです。
6/28放送分iMPACT!収録簡易速報
6/28放送分iMPACT!収録簡易速報です。

ジムコルネットが登場。アングルにTNA世界ヘビー級タイトルをかけて、ライノ、クリスチャンと3ウェイで戦ってもらうという。

サモアジョーとカートアングルが乱闘。セキュリティたちとコルネットが止めに入る。

○バシャム&ダマジャ vs VKM●

○カートアングル vs クリスチャンケイジ vs ライノ●
30分を超える長い試合。前半にアビス、クリスハリス、AJスタイルズ、トムコが乱入。最後はジェームズストームから顔面にビールを履きかけられたライノがアングルに押さえ込まれてピン。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

6/21放送分iMPACT!収録簡易速報
6/21放送分iMPACT!収録簡易速報です。

Xplosion
○センシ vs クリスセービン vs ジェリーリン●

○ゲイルキム vs ジャッキー vs Msブルックス●

○サンジェイダット vs マーター●
マーターのセコンドについていたハボックをセロトニンから抜けたカズが襲撃

○LAX vs モーターシティマシンガンズ(セービン、シェリー)●

iMPACT!
ジムコルネットがビクトリーロードで、現在の全てのタイトルホルダーによる試合、チーム3D vs カートアングル、ジェイリーサル戦を行うと発表する。

○ジェームズストーム、ロバートルード vs ライノ、エリックヤング●
ストームがライノにスーパーキックを決めてピン。

試合後、ライノは試合後に怒り狂って、リングサイドにあるものを破壊。アナウンステーブルも破壊してしまう。

○クリスハリス vs レイヴェン●
カズが乱入してレイヴェンを攻撃した後、カタトニックが決まってピン。

クリスチャンが謎の男達に襲撃される。

アビスとクリスチャンが乱闘しながら入場口のトンネルを抜けてくる。アビスは有刺鉄線バットでクリスチャンを殴ろうとするが、トムコとAJが助けに来る。2人がかりでアビスに立ち向かうが、アビスに反撃され、逃げ出してしまう。

○サモアジョー vs クリスセービン vs ジェイリーサル● Xディビジョンタイトルマッチ
サモアジョーがXディビジョンタイトル奪取。これにより、ビクトリーロードのメインイベントはチーム3D vs カートアングル、サモアジョーに変更される。
コナンとキリングスがTNAを離脱
6/19付TNAニュース速報です。

☆6/19のiMPACT!収録の直前、コナンとロンキリングスがTNAを辞めたと、デーブメルツァー氏が報じています。2人は今後、AAAにレギュラー参戦するものと思われます。辞めるタイミングが不自然な為、何らかのトラブルか衝突があったものと思われます。コナン、キリングスともに、最近手術を受けていますが、TNAは治療費を立て替えただけで、2人からの返却を求めており、特にキリングスはこれに反発していたとされています。

スラミバーサリーのこぼれ話がいくつか
6/18付TNAニュース速報です。

★iMPACT!の収録は、ナッシュビルからオーランドの移動日が挟まる為、一日遅れになります。

★WWEがジムコルネットの保持していたOVWの保有権を買い取りました。ジムコルネットは50%の保有権を有していました。

★TNAはビクトリーロードで、新しい形式のギミックマッチを行うと発表しました。詳細はiMPACT!でコルネットからアナウンスされるそうです。

★UFCの記者会見で、ダナホワイトがカートアングルと最近、接触したと明かしました。ブロックレスナーとは接触していないそうです。そして、カートアングルに一定の好意と敬意を表しながらも、MMAでは通用しないと改めてコメントしています。

★スラミバーサリーの開始前、ゲイルキム、ソーカルヴァル、ランスホイト、ピーティウィリアムズ、シャークボーイ、レティーシャクラインらがリングサイドに出てきて、サインや写真撮影に応じ、ファンサービスに努めていたそうです。
カメラに映るエリアに観客が寄せられており、放送上は満員に見える状態でしたが、実際に入りは65%程度だったそうです。
大会の開始前の前説の中で、ジェレミーボラッシュが、最も大きな歓声を上げた観客は、大会後、バックステージに招待すると発表したそうです。この為、第一試合から非常に盛り上がっていたとの事です。

★スラミバーサリーのダークマッチで行われたトレイシー vs DJチャールズはトレイシーの勝ちでした。
スラミバーサリー直前の視聴率は好調
6/16付TNAニュース速報です。

★6/14放送分iMPACT!視聴率は1.1%(1.08%)でした。

★TNAが始めたインターネットの新サービスは
http://www.xtremeregime.com/
で閲覧できます。内容をTNAに限定したマイスペースのようなサービスです。一般のユーザーがブログを作ることも可能です。

★6/6にディクシーカーターとジェフジャレットが会合のために赴いたのは、ロサンゼルスにあるFOXの役員用オフィスだったそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

アングルとボードッグの交渉は決裂!?
6/15付TNAニュース速報です。

☆サモアジョーは腰にヘルニアを抱えているそうです。しかし、スケジュールは完全に埋められ、フル出場を求められているそうです。ジョーはTNAのブッキングを批判するコメントを昨年末にしたため、その後、扱いが悪くなっているともされています。

☆カートアングルとボードッグとのスケジュール交渉は、決裂したとレスリングオブザーバーがニュースレターで報じています。ボードッグ側は、アングルがMMAに出場するならUFCになると考えているそうです。

★スラミバーサリーのダークマッチに、地元のラジオ局のDJチャールズとミズ・ブルックスとの試合が組まれています。

★スコットスタイナーの奥さんが、プエルトリコの夫の元に到着したそうです。スタイナー夫人は、ジャレット夫人が亡くなったとき、その側に付き添っていたそうです。

☆クリエイティブチームを離れた事で、スコットデモアのTNA内での影響力は薄れてしまったそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ジェームズストームが月例記者会見を担当
6/14付TNAニュース速報です。

★発売予定のDVDリストです。

ディスティネーションX 6/19
ロックダウン 7/3
ベストオブアビス 7/31
スラミバーサリー 8/21
ベストオブジェフジャレット 9/18



★TNAの今月の月例会見はジェームズストームが担当しました。内容のハイライトをご紹介します。

・TNAで最高の瞬間は、トリプルXとの金網マッチだ。(スキッパーの金網渡りがあった試合)

・レスリングを始めて10年半になる。クリスハリスとはその内の5年間、タッグを組んでいたことになる。

・TNAには2番手のヘビー級タイトルが必要だ。

・テネシーは俺の故郷だが、スラミバーサリーではブーイングで迎えられるだろう。

・ハリスといつも、自分達は北に行くつもりはなく、TNAに留まり、この会社の成長を見届けたいと言い続けて来た。

・ジェリーリンがスラミバーサリーの試合に絡んできた事に文句はない。

・クリスハリスとの対戦はやりやすい。お互いによく知っているからだ。

・AMWの解散は会社の決定だった。

・自分がシングルのレスラーとして認識される事は良い事だ。

・ハウスショーにたくさん出場したい。

・ジャクリーンと組んで以降、もっとも気に入っている瞬間は、ゲイルキムが彼女の歯をへし折ったときだ。あの時は笑った。

・クリスハリスとは、また近いうちに戦うだろう。

・TNAには2時間番組を制作する充分な能力があると思う。

・フランクワイチェックとの試合がタッグになったのは残念だが、この変更が必要な事だったのは理解している。



★Slam!Sportsのディクシーカーターに対するインタビューのハイライトです。

(5週年を迎えたことについて)
・とても大きな事です。当初は3ヶ月も持たないだろうと否定的な意見を多くの人に言われていました。私達はそうした声と戦い、見返すことで今日の成功を手にしたと考えています。

・TNAはついに、確実な収益を上げられるようになりました。長年の努力と、様々な取り組みの結果です。今回のPPVはスラミバーサリーですが、収益の点ではターニングポイントと呼ぶべきですね。

(2時間枠について)
・秋に2時間枠を獲得する事を目標にしています。スパイクTVで2時間枠を獲得するのが最良ですが、もし無理なら番組にとってよりよい選択をするでしょう。スパイクTVは素晴らしいパートナーで、チャンスを与えてくれました。しかし、我々も期待に応え、実力を証明してきたのです。正しい判断が下される事を期待しています。数ヶ月後に答えが出るでしょう。

(ROHのPPV開始について)
・我々も彼らの成功を望みますが、同じ業界内で反対の立場に立つことになりました。今後彼らと協力しあうことはないでしょう。互いに健闘を祈るだけです。選手の交流も、もはや過去の事です。


テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

キリングスの復帰戦はタッグで元NFL選手と対決
6/13付TNAニュース速報です。

★スラミバーサリーで予定されていた元NFLのフランク・ワイチェック vs ジェームズストーム戦がタッグマッチに変更され、フランク・ワイチェック、ジェリーリン vs ジェームズストーム、ロンキリングスにカードが差し替えられました。

☆Xディビジョンのタッグタイトルの新設については、いまだに結論が出ていないそうです。ジェフジャレットは一貫して、反対を主張しているそうです。

☆マスコットのストンパーですが、ボツになったかもしれないとの事です。

☆6/6にスラミバーサリー用スキットの事前収録が予定されていたそうですが、急遽キャンセルされました。これはジェフジャレットとディクシーカーターに、テレビ局の幹部職員達との会談の予定が入った為とされています。
KOTMの5人目はサプライズ登場!?
6/11付TNAニュース速報です。

★TNAはボルチモアレイヴンズ(NFL)のレイ・ルイスをスラミバーサリーに招聘し、すでに登場が決まっているフランク・ワイチェックと対戦させる事を提案していたそうです。ルイスは合意したものの、現役選手であるためチームの許可が下りず、このアイディアはボツになったそうです。
レイ・ルイスは2001年のレッスルマニアでHHHと対戦する話がありましたが、これも流れています。

★前回のiMPACT!収録で、キングオブザマウンテンマッチの5人目の参加者は決定しませんでしたが、謎の人物として5番目の選手が登場する予定になっているそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

誤ってモンティブラウンの映画像がテレビで放映
6/10付TNAニュース速報です。

★スコットスタイナーの容態ですが、まだ危険な状態にはあるものの、後遺症などは残らないだろうとされているそうです。

☆アレックスシェリーは、TNAでの扱われ方について不満を抱いているそうですが、それは口にせず、与えられたキャラクターを黙って演じていると言う噂です。

★先日の記者会見の映像が、ローカルニュースで放映された際、誤ってモンティブラウンが映っているタイトル画像がインサートされていたそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ベテランレフリーが辞職
6/9付TNAニュース速報です。

★6/7放送分iMPACT!の視聴率は1.0%でした。

☆TNAがプエルトリコで開催したショーの観客動員は、7000人とする情報がインターネットで流れましたが、実際は2500人程度で、その内、入場料収入を支払った人は2000人程度だったそうです。キャパシティ18000人の同会場でかつてWWEがショーを開催した際は、チケットが売り切れたそうです。

☆スコットスタイナーが手術を受けた際、ダッチマンテルは強行に彼と共にプエルトリコに留まる事を主張したそうです。ジェフジャレット、アビス、ジェレミーボラッシュらも、手術が終わるまでプエルトリコに留まっていたそうです。

☆スラミバーサリーで予定されていた、スタイナーブラザーズ vs チーム3Dは、スコットスタイナーの代役を立てて行われる予定になっているそうです。

☆ジェフジャレットは奥さんの死後、全てをレスリングに捧げたように打ち込んでいるとの事です。

★アールヘブナーが、最近収録に参加していないのは、奥さんが発作で倒れた為だそうです。

★スリックジョンソンは転職するためにTNAを辞職しました。
以下は噂ですが、スリックジョンソンはジェフジャレットに媚を売って立場を良くしようとしていたと人物として、評判の悪い人物でした。ジェフジャレットが昨年のBFG以降、奥さんの看病のためにTNAを離れ、その後ろ盾を失ったため、立場が悪化したと考えられていました。
ジェレミーボラッシュがジャレット離脱後も、他の人たちから好かれていたためにその立場が悪化する事はなかったのと対照的に、スリックジョンソンの登場機会は急速に減らされていました。また、ジェフジャレットがこれに異を唱えなかった事も、追い討ちをかけた可能性が高いです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

クリスチャンがブッカーTのラジオ番組に登場
6/8付TNAニュース速報です。

★ブッカーTが6/9と6/23にネットラジオで、「Tea Time with King Booker」という番組を放送します。6/9放送分のゲストに、TNAのクリスチャンケイジが呼ばれているそうです。コチラで配信されます。

★スコットスタイナーはまだ集中治療室にいるものの、状態は良くなりつつあるそうです。ただ、「言葉の問題で看護師との意思疎通が上手く行かず、いらだっているようだ」とのことです。

★スティングはバハマ行きを直前に取りやめていたそうです。

☆TNAの関係者達は、ドンウエストが収録のたびに会場が「Sold Out」と言うのを嫌がっているそうです。TNAの収録会場は、入場無料だからです。

☆カートアングルは、来週ボードックとMMAの長期契約について話し合う予定になっています。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

スティングは霊の存在を信じている?
6/7付TNAニュース速報です。

★6/2放送分iMPACTの再放送は視聴率0.5%でした。

★スティングは、テッドデビアス、レックスルガー、ニキータコロフらと、スピリチュアルスピーキングツアー(霊的体験談を話し合うツアー?)に参加するため、バハマを訪れているそうです。

★UWFはMCWと合同で6/9に大規模なイベントを開催しますが、サブー、チーム3D、クリストファーダニエルズ、クリスセービン、サンジェイダットらを招聘しています。また、元WWEのサブー、メイヴェンらもブッキングされています。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ジャッキーゲイダがひっそりと解雇
6/6付TNAニュース速報です。

★ジャッキーゲイダは3週間前に解雇されていたそうです。TNAの役員から電話で解雇を通達されたそうです。

★TNAはスラミバーサリーの前に、ファンが自由にブログを作成し写真やビデオなどを紹介できるサービスを開始すると発表しました。詳細は来週発表されるそうです。

☆サブーは経済的にゆとりが無いため、TNA復帰を急いでいるという噂が流れています。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

スタイナーの手術は成功
6/5付TNAニュース速報です。

★スコットスタイナーの手術は成功したそうですが、まだ安静を保つ必要があるため、飛行機に乗ることができず、引き続き入院して回復につとめるそうです。スコットスタイナーはプエルトリコ大会で負った怪我のため、手術を受けていました。

★ドンフライが最近のインタビューで、カートアングルとのMMA戦を望んでいたそうです。

☆カートアングルはスラミバーサリーの宣伝のため、積極的に地方の宣伝活動に参加する予定だそうです。

☆Xディビジョンにタッグタイトルを置く事が議論されているそうです。しかし、ジェフジャレットは否定的な立場にあるそうです。

☆ロンキリングスは、医師からレスリング復帰が許可されたそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ドリームマッチがキャンセルの危機
6/4付TNAニュース速報です。

★プエルトリコで行われたハウスショーでスコットスタイナーが負傷したそうです。スタイナー、ロバートルード vs ジェフジャレット、アポロの試合の中で、アポロのキックを受けた際に首を痛めたそうです。試合の直後は問題が無かったそうですが、その日の深夜2時ごろに、呼吸が困難になり、病院に担ぎ込まれることになったそうです。現在、手術が予定されています。
スラミバーサリーでスタイナーブラザーズがチーム3Dと対決する予定でしたが、変更されることになりそうです。

★来週のiMPACT!でサンジェイダットの新キャラクターが披露されるそうです。どうやらガンジーをモチーフにしたキャラクターで、非暴力を唱える人物になるそうです。クリエイティブチームは典型的なインド人の衣装を着用させたがったそうですが、サンジェイはこれを拒否したそうです。

★WWEを解雇されたロブコンウェイですが、インタビューの中でTNAとの契約の可能性について、TNAと接触していないものの、オファーがあれば応じる可能性があることを示唆しています。また、TNAの番組について、テレビで観ているとし、自分のやりたいレスリングをやっていると評価しています。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

リッキーバンデラスの参戦が決定的
6/2付TNAニュース速報です。

☆ジェームズミッチェルが率いる新モンスター候補として挙げられていたリッキーバンデラスですが、6/19のiMPACT!収録でTNAデビューするとされています。

★TNAは携帯向けの情報サービスの中で、ナチュラルズとの契約は解消したものの、今後もTNAに参戦すると発表しています。恐らく、ワンマッチ契約で登場する可能性を示唆したものと見られています。

★コナンのドナー候補は3人確保されているそうです。コナンは年内にメキシコでレスリングに復帰する意向です。

☆TNAが最近LAXの扱いをメイン級から、中堅クラスに下げているのは、LAXの価値はコナンにあり、ヘルナンデスとホミサイドに関しては、メインイベンタークラスの価値が無いと考えている為だそうです。そしてコナンは明らかにTNAよりもAAAを大事に考えおり、この事がLAXの扱いを軽くする決定的な要因となっているそうです。

☆RVDはWWEを辞めても、TNA入りに興味を持っていないという噂が急速に広まっています。TNA内部にもRVDが契約に応じないだろうという意見が広がっているそうです。

★近日発売予定のDVDリストです。

6/19 ディスティネーションX
7/3 ロックダウン
7/31 ベストオブアビス
8/21 スラミバーサリー
今秋 ベストオブジェフジャレット
今秋 ベストオブクリスチャンケイジ


テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ジムコルネットもROHから撤退
6/1付TNAニュース速報です。

★5/31放送分iMPACT!視聴率は0.92%でした。

★ジムコルネットがROHとの関係を絶ちました。

★ジョニーデバインがTNAに解雇を求めているという情報が流れましたが、本人がこれは誤解から生じたもので、その意思は無いとコメントしています。

★スラミバーサリーの決定済みカードです。

・TNA世界ヘビー級タイトルキングオブザマウンテンマッチ
AJスタイルズ vs サモアジョー vs カートアングル vs 他2名

・TNA世界タッグタイトルドリームマッチ
チーム3D vs スタイナーブラザーズ

・Xディビジョンタイトルマッチ
クリスセービン vs ジェイリーサル

・フリーダムマッチ(エリックヤングが勝てば開放)
エリックヤング vs ロバートルード

・チャレンジマッチ
Mrバックランド vs アレックスシェリー

NFLのフランクワイチェックとジェームズストームの対決


テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

元NFLのスター選手が記者会見に登場
5/31付TNAニュース速報です。

☆ジェフジャレットとディクシーカーターは、今週末にテレビ局と交渉を行う為、ロサンゼルスを訪れるそうです。どの局と接触するのかは明かされていません。

★ロンキリングスがマイスペースのサイトに、新曲のCDを6ドルで販売すると記述しています。希望者は彼の自宅宛に、郵便為替を送るように指示されています。

★5/31にTNAの記者会見がナッシュビルで行われ、ジェフジャレット、ジェリーリン、ジェームズストームが担当しました。この中で、ジェームズストームがジェフジャレットといざこざを起こし、ジャレットを助ける為に元NFLテネシータイタンズのフランク・ワイチェックが登場し、ストームにギターショットを放ったそうです。ストームは逆に、口に含んだビールをワイチェックに吐きかけたそうです。ストームとワイチェックは、スラミバーサリーで何らかの形で対決するようです。

☆前回のiMPACT!の収録は、ジャレット夫人の訃報を悲しむ雰囲気はありましたが、概ね士気は高かったそうです。一方で、何人かのアンダーカードの選手たちは、現在の契約が満了した後は、契約を更新しないことを明言していたそうです。

☆クリスセービンとアレックスシェリーはタッグを結成し、チーム名はマーダーシティマシンガンズとなるそうです。

☆子供の養育費を滞納したとして収監されていたアポロが釈放されました。

★ジョンシナと空港で出くわし、シナからの接触を無視したとされたロンキリングスですが、シナからは何も接触してこなかったとし、シナとその言い分のみを掲載したメディアを批判するコメントを発しています。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。