TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アゲンストオールオッズの客入りがピンチ
1/30付TNAニュース速報です

★アゲンストオールオッズまで2週間を切りましたが、まだリングサイド2列目の席が売れ残っているそうです。

★以前、シェリーマルチネスがポルノ作品に出演すると報じられた際、本人がポルノ作品であることを否定した「ノートリアス・ジュエル・ディナイル&シェリーマルチネス」は2/11にリリースされるそうです。

☆シェリーマルチネスは、最近、ポルノのコンベンションイベントに参加するためにTNAのハウスショーを休んだとして顰蹙をかったそうです。

☆ボビーラシュリーの獲得にTNA上層部は強い興味を持っているそうですが、ラシュリーはMMA転向を強く希望しており、「TNA入りは最後の手段」だと言っているという噂です。

★TNA公式サイトのロスターページから、リックスタイナー、センシの項目が削除され、ジミーレイブとペイトンバンクスが追加されました。

★クリスティへミーは最近行ったオーサムコングとの試合で脳震盪を起こしたため、医者から収録参加を止められているそうです。
スポンサーサイト
レイヴェンがTNAを離脱
1/29付TNAニュース速報です

★レイヴェンがTNAを離脱することが決定したと報じられています。レイヴェンとTNAの契約は最近満了したか、近いうちに満了するとされており、新たな契約を結ばないことで双方とも合意に達したそうです。

★ロウキーは新日本プロレスと契約を結んだとレスリングオブザーバーが報じています。
このポスターは欲しいです
1/28付TNAニュース速報です

★TNAのテキサス遠征の観客動員です。

1/9 ベルトン 1,200.
1/10 オースチン 750 ヒスパニック系の観客が非常に多い
1/11 ダラス 1500(満員) TNAの親会社パンダエナジー関係者が多く観戦
1/12 オクラホマ州オクラホマシティ 1,500



★シェリーマルチネスのリングネームは、よりヒスパニック系らしさを出すため、サリナスという名前に変更されました。

★TNAのドラッグテストの結果、処分を受けた選手はだれもいなかったそうです。なお、マリファナの使用に200ドルの罰金を課すと言うこと以外、テストの内容や罰則などについては明らかにされていないそうです。

★クリスチャンケイジがgametap.comというゲーム専門のニュースサイトで、マンスリーコラムの連載を始めました。
最初のコラムはコチラで原文を読むことができます。
クリスチャンはAJスタイルズ、サモアジョーらに次ぐゲームファンとして知られています。好きなゲームのジャンルはスポーツゲームとの事です。

★ディスティネーションXのポスターです。

カレーマンはしばらくレギュラーで登場するそうです
1/27付TNAニュース速報です

☆ジェームズストームが、バックステージインタビュワーのクリスタルと交際している事をマイスペース上で認めているそうです。

☆カレーマンのギミックは長期間続ける予定になっているそうです。

☆シャークボーイのストーンコールドの物真似ギミックは、短期間で終了する予定だそうです。

★ベルベットスカイが、WWEのグレゴリーヘルムズとの2ショット写真を、マイスペースと自身の公式サイトにアップしました。ヘルムズのマイスペースでも同じ写真が公開されています。
2007年の各賞受賞者が発表されました
1/26付TNAニュース速報です

☆マイクジョンソンが、バウンドフォーグローリーでロンキリングスとタッグを組んだオースチンクリードがアゲンストオールオッズに登場すると報じています。

★1/25にオハイオ州トロイで開催されたハウスショーの有料入場者数は2854人だったと、会場のホーバートアリーナが発表しています。

☆先日放送されたiMPACT!のシャークボーイの自宅のシーンで、アンジェリーナラブとベルベットスカイがマウストゥマウスをしようとしたときにシャークボーイの上に飛び乗ったのは、ディスコインフェルノだったそうです。

☆オーサムコングのセコンドとしてファイナルレゾリューションから登場している女性は、「チアリーダー・メリッサ」の名前で出場しているインディレスラーのメリッサ・アンダーソンだそうです。当初、コングのマネージャーにはジェームズミッチェルをつける予定でしたが、男性が女性に暴力を振るうことをスパイクTVに禁じられているため、役割の幅が狭まってしまうと考え、女性マネージャーをつけることになったそうです。

★クリスティへミーが、WWE時代にステファニーマクマーンからもらったブーツをオークションに出品しています。2人の足のサイズが丁度同じだったため、ステフが使用していたものと譲り受けたのだそうです。WWEの試合ではずっと着用していたもので、WM21のトリッシュとの試合でも使用したそうです。コチラで確認できます。

★2007年のTNA各賞受賞者です。

フィニッシャーオブザイヤー
1位 マッスルバスター - サモアジョー
2位 フラックスキャパシター - カズ
3位 グリンゴキラー - ホミサイド

ノックアウトオブザイヤー
1位 ゲイルキム
2位 クリスティへミー
3位 トレイシーブルックス

タッグチームオブザイヤー
1位 モーターシティマシンガンズ
2位 LAX
3位 AJスタイルズ、トムコ

対決オブザイヤー
1位 サモアジョー vs カートアングル
2位 スティング vs カートアングル
3位 クリスチャンケイジ vs サモアジョー

2008年に期待する選手
1位 ブッカーT
2位 カズ
3位 ジューダスメシアス

もっとも印象的だった選手
1位 スティング
2位 ジェフジャレット
3位 エリックヤング
INSPIRATIONAL SUPERSTAR OF THE YEAR:

Xディビジョンスーパースターオブザイヤー
1位 ジェイリーサル
2位 カズ
3位 クリスセービン

印象に残った瞬間
1位 ブッカーTのTNA登場
2位 スティングがTNA世界タイトル奪取
3位 カートアングルが全タイトルを独占

年間最高試合賞
1位 スティング vs カートアングル バウンドフォーグローリー
2位 アルティメットX(LAXvsXXX) バウンドフォーグローリー
3位 ラダーマッチ(クリスチャンケイジvsカズ) ジェネシス

MVP
1位 サモアジョー
2位 カートアングル
3位 クリスチャンケイジ


TNAで初のドラッグテストが実施
1/25付TNAニュース速報です

★1/24放送分iMPACT!視聴率は1.21%でした。先週の1.22%には及びませんでしたが、依然として高い水準を保っています。

★2/16のPWAの大会にはカズがブッキングされています。同大会にはスコーピオも出場予定です。

★TNAは先日のiMPACT!収録時に、予告どおりドラッグテストを行ったそうです。選手に限らず、スキットのみの出演者達もテストの対象となったそうです。

★TNAは6月に初のイギリスツアーを予定しているそうです。昨年末に契約を結んだ元イギリス人レスラーでインディ団体のプロモーターだったアレックス・シェインが興行を取り持つそうです。

☆マイクジョンソンが、ディスティネーションXでエレベーションXマッチが予定されていると報じています。
1/24放送分iMPACT!番組内容詳細
1/24放送分iMPACT!番組内容詳細です

先週の放送後の出来事として、駐車場に出たサモアジョーをケビンナッシュが追っていくシーンが流れる。ジョーはもう終わったと怒鳴る。
先週の試合中、ジョーが凶器使用の濡れ衣をレフリー着せられたことについて、コルネットは自分の責任ではなく、レフリーの失態だとロッカールームの選手たちに説明。しかし、自分が責められているという。そして、その汚名を注ぐため、今夜の番組は趣向を凝らすという。発表されたカードはジェイリーサルvsジョニーデバインディビジョンタイトルストリートファイト。リーサルとデバインは一触即発。マットモーガンが割ってはいる。続いて発表されたのは、AJ、トムコvsモーターマシンガンズのTNAタッグタイトルマッチ。チーム3Dがこれに異論を唱える。ブラザーレイはクリスタルに、「お前とは一夜だけの関係だった。もう電話してくるな。」AJに「良い王冠だな」というと、コルネットに対し、20度の世界タイトルを獲得した最高のタッグチームにタイトルへ挑戦させないなど、頭がおかしいのではないかと言う。そしてモーターシティマシンガンズにたいして、こんなクズども・・・といったところで、マシンガンズが突っかかろうとする。モーガンが止める。コルネットチーム3Dを加えた3ウェイにする代わりに、もう自分に何も言ってくるなという。レイは俺たちは3ウェイが大好きだというと立ち去る。コルネットは全員に対し、「さっさと出て行け!」

オープニング映像

ケビンナッシュがリングに登場。ジムコルネットに対し、先週、ジョーがはめられたのを多くの人が見たと呼びかける。そしてコルネットに対し簡単な道と困難な道があるという。簡単な道は、出てきてジョーとナッシュに対して正しいことをすること。もう一つはiMPACT!ゾーンでジョーとしばらく一対一で過ごすこと(試合をすること)だという。そしてコルネットをジンボーと呼ぶと、「お前はどうする?」
ここでマットモーガンが登場。モーガンは先週のことなどもう誰も気にしていないのだという。そしてナッシュをひとしきり年寄り呼ばわりすると、若さもスピードもパワーもサイズも自分の方が上だという。さらに自分がTNAの法律だという。そして、ナッシュに平和的にリングを去るか、永久的にリングを去るかどちらを選ぶかたずねる。ナッシュはモーガンにつかみ掛ってクズ呼ばわり。モーガンがナッシュを攻撃する。ここでジョーがリングに現れて、モーガンにシャイニングケンカキックを見舞う。観客は大歓声。
ジョーはコルネットに対し、もう簡単な道は閉ざされたとし、今夜は危険な道を行ってもらうという。そしてコルネットにサモアジョーの名前を忘れられなくしてやるという。

アングルアライアンスの控え室でジェレミーボラッシュが今夜の番組内容を紹介していると、アングルが割って入り、何をしているのかと問い詰める。ボラッシュは自分はアナウンサーだというが、アングルはチームが忙しい時なので、邪魔をするなという。そしてプリンスAJに対し、トムコを説得してこいという。AJは渋る。カレンがAJをおだてはじめる。AJはやる気になる。

クリスタルがバックステージでクリスチャンにインタビュー。クリスタルは2007年のMVPは誰だと思うかと尋ねるが、クリスチャンはすでに受賞スピーチを用意しているという。クリスチャンはトムコの決断は尊敬に値するというと、トムコは今夜も自分の側につくという。

ジェームズストーム、ロバートルード vs エリックヤング、サンジェイダット
ペイトンバンクスがルードのセコンド。バンクスは髪を茶色に染め、メガネをかけている。
ルードとエリックが先発。しかしストームがエリックの背後から不意打ちをしかける。ルードが攻勢に出ようとするがエリックがかわして攻撃。しかしコーナーに上ったところでストームが背後から突き落とす。ルードはストームにタッチ。エリックが捕まる。観客はエリックに声援を送る。エリックははようやく反撃に転じルードにジョーブリーカーをヒットしてダットにタッチ。ダットがストームを圧倒してコーナーからダイブ攻撃。しかし、ルードがかわして着地したところをストームのスーパーキックに狙い打たれ、ルードがペイオフでしとめる。
勝者:ロバートルード、ジェームズストーム
試合後トレイシーがリングに乱入してMsバンクスを襲撃。エリックがトレイシーを止めルードがバンクスを連れて退場する。

クリスタルが会場入りすブッカーTにインタビューするが、ブッカーは無言で立ち去る。

Xディビジョンスターオブザイヤーのノミネート選手を紹介するビデオ。ジェイリーサル、クリスセービン、カズがビデオに登場。リング上でJBが受賞者はジェイリーサルと紹介。リーサルが入場する。ソーカルヴァルがトロフィーを渡してキス。リーサルはマイクを持つとキャラクターを演じるのを辞め、観客達に感謝のスピーチ。しかしチーム3Dの振る舞いに笑顔を奪われてしまったという。しかし、今夜ジョニーデバインを倒してフラストレーションを払拭するという。

クリスタルがブラックレインの部屋でレインにインタビュー。レインはミスティを取り返すと喚くが、ジョーが入ってきて凶器でレインを殴り倒す。カズが現れてレインのかつらと武器を持って行ってしまう。

先週放送されたシャークボーイのセグメントのハイライト。過去にひどい目にあされたシーンがまとめる。最後に先週のストーンコールドの物真似シーンがリプレイされる。

エリックススキッパー vs シャークボーイ
シャークボーイは皮のベストを着て、ストーンコールドそっくりのテーマ曲で、物真似をしながら登場。序盤からスキッパーを圧倒。マウントを奪ってパンチ。スキッパーは反撃し、サッカーボールキックを狙うが、コーナーへのスプラッシュをシャークボーイがかわして、逆にストンピングを連打で見舞う。しかしスキッパーが再び反撃。倒れたシャークボーイにトップロープからのレッグドロップを狙うがかわされる。起き上がったところでシャークボーイのストーンコールドスタナーがヒットしてピン。
勝者:シャークボーイ
試合後、シャークボーイはマイクを持ってシャークボーイは生まれ変わったという。ここ3ヶ月ほどの泥沼は今日で終わったという。観客は「What!」チャント。シャークボーイはいつでもお前らのケツに噛み付いてやるといい、「Shark boy said so!!」で締めるとコーナーに上って投げ込まれたジュースを飲む。

ノックアウトオブザイヤーのノミネート者の紹介ビデオ。Msブルックス、クリスティへミーゲイルキムがノミネート。
リング上でJBがゲイルキムの受賞を発表。キムがドレスで登場。マイクを持つと、2007年は素晴らしい年だっという。しかし、2週間前のコングとの試合で脳震盪を負っているのが残念だという。そしてむやみに人を傷つけるコングがノックアウトタイトルを持つことは、その価値を貶めることだという。さらにコングは決してキムを屈服させることはできないという。ここでオーサムコングのテーマがヒット。コングが花道から登場。謎の女性がついている。リングに上がろうとするコングにキムが奇襲。しかし、ヘッドバット一発で倒されてしまい、バックブローを食らってしまう。コングがパワーボムを狙ったところでODBが登場。観客は熱狂。コングに向かっていくがクローズラインで倒されてしまう。しかしパワーボムを広報に着地してかわすとドロップキックの連発でコングを場外に落とす。

バックステージでアングルがトムコに加勢するように説得している。条件としてプライベート機での移動や豪華な食事に加えてカレンも与えるという。トムコはカレンにいったい何ができるのだという。アングルはイマジネーションを働かせろという。トムコは奥さんも子供もいるという。アングルは「カレンだぞ。そんなストリッパーの女の話じゃないんだ。」トムコは激高してアングルに殴りかかっていく。

コマーシャル明け、アングルとトムコが乱闘しながら花道脇からリングに向かってくる。トムコはアングルをリングに放り込んで殴り続ける。セキュリティが止めに入る。アングルは場外に脱出して、マイクを持つと来週、トムコとの対戦を要求する。トムコは再びアングルに突っ込み殴りかかる。

クリスタルがバックステージでジョニーデバインにインタビュー。デバインは今夜自分の名前の価値をリーサルよりも高くしてやるという。ブラザーレイがデバインに対し、ハードコアを見せてやれというと、続いてマシンガンズに対して、散々ディーボンの体型について馬鹿にしてくれたが、今夜AJ、トムコともども葬ってタッグタイトルを奪取し、アゲンストオールオッズではストリートファイトフォールカウントエニウェアマッチでマシンガンズ相手に防衛戦を行い、チーム3Dが一番であることを思い知らせるという。

ジョニーデバイン vs ジェイリーサル(c) Xディビジョンタイトルストリートファイトマッチ
場外乱闘でスタート。リーサルはデバインの頭を鉄階段にたたきつける。リング下からイスを取り出し、デバインの首にかけてそのまま鉄柱に打ち付ける。ゴミ間をリングに放り込んでリングに上がる。しかしデバインが反撃。ダウンしたリーサルにイスを乗せてムーンサルトを狙うがリーサルがかわして逆にイスの上にDDTでデバインをたたきつける。
コマーシャル明け。デバインの額が割れている。リーサルはの額をゴミ缶で殴る。もう一度殴って、今度はナックル連発。ゴミ缶を持たせて座らせると、ゴミ缶にドロップキック。さらに竹刀で額を殴ってリーサルコンビネーションをヒット。マッチョマンエルボーを狙うが、ここで3Dが登場。リーサルは場外の3Dにダイブ。リングに戻ったところで、デバインがリーサルを捕らえて、立てたイスの上にリーサルを倒す。しかし、リーサルは反撃してイスでデバインの頭をクリーンヒット。カバーするがレフリーを3Dが引きずり出し、レイがリーサルの背後から竹刀で殴って、倒れたリーサルの上にデバインを乗せる。レフリーのスリックジョンソンが走りこんで来てカウント3。
勝者:ジョニーデバイン Xディビジョンタイトル奪取
試合後、サモアジョーが乱入。気づいた3Dがこっそり退散する中、気づかなかったデバインを背後からジョーが襲いコキーナクラッチ。デバインがタップするがジョーは離さない。そのまま落ちてしまう。3Dはリングの外から見ているが入ってこない。ジョーは、今夜中、こんな事を続けてやるという。

マイクテネイがアビスにインタビュー。アビスがマスクで顔を隠すのは父親を恥じているからだという。確かにミッチェルはアビスの生物学上の父親だが、アビスと母親はミッチェルに幼いころから虐待を受けていたという。そしてアゲンストオールオッズの有刺鉄線マッチではメシアスとミッチェルに決して癒える事のない苦痛を与えてやるという。

もっとも印象的な瞬間賞のノミネートを紹介するビデオ。ブッカー夫妻のTNA登場。カートアングルがTNAの全タイトルを独占。スティングがTNAタイトルを獲得の3場面がノミネート。
ケンドールギル(元NBA選手)がリングにいる。ギルはカートアングルが出演するプロスvsジョーズの宣伝。続いて受賞者はブッカー夫妻と発表。ブッカーが一人で花道を歩いてくる。
トロフィーを受け取って観客に感謝のスピーチ。JBはリング復帰時期をたずねるが、今はシャメールの回復が先だという。スクリーンにロバートルードが登場。シャメールの件はブッカーの責任だという。そして、さっさと帰って妻の回復を祈っていろという。

クリスタルがバックステージでBGジェームズとボブアームストロングにインタビュー。BGは公式にアゲンストオールオッズでのタッグタイトルマッチが決まったという。ボブはブートキャンプ式のトレーニングでBGが吐くまでしごいてやると言う。

ロックンレイブインフェクション vs タイガーマスク、カレーマン
ロックンレイブインフェクションはギターヒーローのギターを持って入場。続いてタイガーマスクが入場。そのパートナーとして日本から来たのは、ホットでスパイシーなカレーマンとコール。独特のダンスで入場。観客は「That was Awesome」チャント。
試合はタイガーとレイブでスタート。タイガーが圧倒してカレーマンにタッチしてダブルのエルボーを見舞うとカレーマンがダンスを交えたトリッキーな動きで優位に立つ。しかし、ホイトがタッチを受けるとパワーでカレーマンを圧倒。自軍コーナーで反則を交えた攻撃を続けるカレーマンは攻撃をかいくぐってタイガーにタッチ。タイガーが再びレイブを捕らえ、雪崩式のダブルアームスープレックスをヒット。さらにさサマーソルトキック。コーナーに上るがホイトが出てきて投げ落とされる。カレーマンがレイブをホイトに交錯させ2人が場外に転落。タイガーがブランチャーを狙うがホイトが受け止めてボディスラムで場外の床に投げる。その間にカレーマンがレイブにスパイシードロップを決めてカバー。しかしホイトがカットに入る。立ち上がるカレーマンにホイトがブートをねらうが、タイガーがカレーマンを突き飛ばして助けると、勢いあまったホイトは場外に転落。カレーマンはコーナーに上って場外のホイトにクロスボディ。タイガーはトップロープからレイブにダイビングヘッドバットを決めてピンフォール。
勝者:タイガーマスク、カレーマン

MVPのノミネートはカートアングル、クリスチャンケイジ、サモアジョーの3人。JBがサモアジョーをコールする。ジョーが登場。ジョーはJBになぜMVPがTNA世界ヘビー級タイトルに挑戦できないのか、観客達に説明しろという。JBは何ヶ月か前にタイトルには挑戦したが、勝てなかったと言う。ジョーは、その通りだが、今それを言うのは間違いだといい、JBを殴り倒す。コルネットがリングに登場。ジョーは怒り来るってトロフィーを破壊。コルネットに詰め寄るが、ナッシュが止めに出てくる。コルネットは先週の判定は間違いだったというが、誤審は野球やアメフトでもあることだという。そこで、アゲンストオールオッズのクリスチャンvsアングルの特別立会人の役を与えてもいいという。そして、これを飲むならディスティネーションXでのタイトル挑戦を保証するという。ナッシュはジョーに耳打ち。コルネットは何が望みだと尋ねる。ジョーは、5年契約と、カートアングルよりも15%高い給料を求める。コルネットは少し考える時間をくれというが、ジョーはこれを認めない。コルネットは来週、契約を結ぶといい握手する。ジョーは壊れたトロフィーを掲げる。

バックステージでAJがトムコに協力するように言っているが、トムコはAJがボスにつくつもりなら、お前も敵だという。

チーム3D vs モーターシティマシンガンズ vs AJスタイルズ、トムコ(c) TNA世界タッグタイトルマッチ
試合権利があるのは2人だけで、さらに自分のタッグパートナーにはタッチできず、敵選手としかタッチできないという変則ルール。
AJ、トムコの登場時、カレンも出てくる。レイとセービンでスタート。セービンがアームドラッグでレイを投げ、腕を固めていく。レイはかきむしりで脱出するとSTOをヒット。コーナー付近でAJがレイにタッチして入る。セービンが後ろ蹴りからスイングDDTをヒット。カバーはトムコがカットする。そのままトムコはシェリー、ディーボン、レイを蹴散らすが、背後からレイに襲われて場外に転落してしまう。そのレイにAJがスワンダイブしてナックルパートを打ち込む。さらにAJは場外のマシンガンズの2人にノータッチトペコンヒーロをヒット。レイがAJを攻撃しようとするがカレンがレイを誘惑。AJがレイを背後から襲うが、これをブロックしたレイがAJをカレンに交錯させる。AJはカレンを心配しているが、トムコがAJをリングに放り込む。AJはディーボンにタッチして場外に降り、カレンを抱き上げて引き上げていく。セービンがトムコにタッチ。レイがトムコをバックドロップの形に担ぎ上げて、ディーボンがネックブリーカーに捕らえる連携技をヒット。ここでコマーシャル。
コマーシャル明け、トムコがディーボンに捕まっている。ディーボンはダイビングヘッドバットを狙うがトムコが回避。トムコはディーボンにテンカウントパンチ。しかし、背後から近づいたレイがトムコを肩車してデッドリーデバイス(ドゥームズデイデバイスと同型)。カバーはマシンガンズの2人が同時にカット。3Dの2人を同時にドロップキックでそれぞれ倒して、ディーボンにキック。レイがクローズラインで反撃。マシンガンズは場外に落とされる。その間にトムコのクローズラインがディーボンにヒット。すぐに押さえ込んでカウント3。
勝者:トムコ、AJスタイルズ
試合後にAJが戻ってきて、リングしたでトムコに抱きつく。トムコはAJを突き倒す。クリスチャンが花道に出てきて、この様子をみて喜んでいる。
アングル曰く「レスナーは小心者」
1/24付TNAニュース速報です

★カートアングルがローカルラジオ番組に出演し、WWEで怪我人が続出している理由として、明らかなオーバーワークであるとして、自身とジョンシナを例に挙げ、自身がWWEに所属していた当時は自宅に戻れる日が月に5日程度しかなかったとしています。話題がブロックレスナーのことに移ると、レスナーは素晴らしい競技者なのでプレッシャーがなければUFCで勝利を収めると予想できるものの、レスナーは気が小さいため、プレッシャーがかかると実力をフルに発揮できないかもしれないなどとしています。

★ブロックレスナーは電話取材に対し、レスナーが友人と語ったカートアングルのMMA出場に対して、すでに肉体的なピークを過ぎているため出場すべきではないとコメントしています。WWE離脱を表明したラシュリーがMMA転向の可能性を示唆されていることに関しては、何も知らないとして特にコメントしませんでした。また、WWEについて質問されると、自身はすでにMMAの選手だとして、質問自体を拒否しています。

★TNA iMPACT!の2007年度の年間平均視聴率は1.04%でした。2006年度は0.89%。2005年度は0.79%でした。

★2008年のアゲンストオールオッズDVDは4/22発売です。

★マイクジョンソンが、2008年度はオーランドで開催するPPVは2回のみの予定と報じています。

☆ショーン「ホスロー」ディバリは早い時期のTNAとの契約を希望しているとコメントしていましたが、TNAは興味を持っていないそうです。
TNAがiMPACT!のSpoiler対策
1/22付TNAニュース速報です

★1/22に行われたiMPACT!収録に新日本プロレスの中邑真輔選手が登場し、Xplosion(一部のローカル局で放送している番組。WWEのヒートのような感じ)の試合に出場しました。おそらく、公式サイトで配信しているTNA Todayで放送するための措置と思われます。一方、タイガーマスクは1/21、1/22共にiMPACT!の試合を行っています。

★1/22のiMPACT!収録の際、同時に収録されたアビスvsジューダスメシアスのノーロープ有刺鉄線マッチはアビスが勝利しました。

★1/21、1/22の収録は、放送順とは異なる順番に試合やスキットを収録しています。事前に番組内容が漏れてしまっている事に対し、事前情報を混乱させて少しでも番組の新鮮味を保つのが狙いとされています。

☆1/21の収録で、サモアジョー、ケビンナッシュに対しマットモーガンが対立する姿勢を見せたところ、観客から大きな歓声が上がりました。これを受けマットモーガンの評価が高まっており、今後、サモアジョーとの対立ストーリーが進められると見られています。
1/31放送分iMPACT!収録結果速報
1/31放送分iMPACT!収録結果速報です。

※昨日と本日のiMPACT!収録は、試合の収録順と放送順を意図的に変えることで、放送内容を分かりにくくする措置を取っているそうです。                                                   

ブッカーTのビデオメッセージ。ファンの応援に感謝していると言う。ルードがリングに出てきてブッカーを責める。

○ロバートルード、ジェームズストーム、Msバンクス vs Msブルックス、エリックヤング、サンジェイダット●
ブッカーTがリングに登場。ルードを罵って攻撃する。

○ジミーレイブ、ランスホイト vs ピーティウィリアムズ、スコットスタイナー●
スタイナーがPTを裏切る。

○AJスタイルズ vs タイガーマスク●

Xplosion

○中邑真輔 vs エリックススキッパー●

○ゲイルキム vs ロキシーラヴォー●

○ODB vs ベルベットスカイ●

再びiMPACT!収録
リング上でサモアジョーが新たな契約書にサイン。ジョーはナッシュと共に登場。ジムコルネットとマットモーガンが待っている。ジョーは契約書にサインするがモーガンがペンをジョーに投げつける。ジョーはモーガンをテーブルに突っ込ませると、契約書が破れてしまう。

ジムコルネットが、今夜行われるトムコvsカートアングル戦のゲストレフリーを務めるとアナウンス。(この日、この試合の収録は行われなかったようです。)

ロバートルードが試合を行うために入場。ブッカーTが客席からリングに現れルードを攻撃。逃げるルードを追いかけていく。

○オーサムコング vs Msブルックス● 
Msバンクスが試合後にトレイシーを襲撃する。

○カズ vs ブラックレイン● ポールマッチ
4つのコーナーのうち3つにネズミ捕り、一つにミスティがセットされており、ミスティを奪取したほうが勝利と言う試合。試合はカズが勝利するものの、試合後にブラックレインがカズを襲ってミスティを奪還する。

○ホミサイド vs ジョニーデバイン●(反則)
チーム3Dの介入でホミサイドの反則勝ち。ヘルナンデスがデバインにボーダートスを見舞う。

再び、ジョーが新契約書にサイン。今度はカートアングルが乱入。ジョーがアングルをテーブルに投げ飛ばすと、またしても契約書が破れてしまう。

○カレーマン、シャークボーイ vs ジミーレイブ、ランスホイト●
カレーマンがiMPACT!でデビュー
1/21付TNAニュース速報です

★1/21のiMPACT!収録にカレーマンが登場し、新日本プロレスのタイガーマスクと組んで、タッグマッチに出場しました。カレーマンはクリストファーダニエルズが日本にレギュラー参戦していた時に使っていたギミックです。

★1/22のiMPACT!収録で、アゲンストオールオッズでの開催が予定されていたアビス vs ジューダスメシアスの有刺鉄線マッチが行われると発表されました。この試合の様子はアゲンストオールオッズの中で放送されます。アゲンストオールオッズの会場があるサウスカロライナ州のアスレチックコミッションがこの試合を許可しませんでした。TNAはすでにこの試合を大きく宣伝してしまっていたため、試合形式を変更できないと判断し、このような措置を取ったそうです。
1/24放送分iMPACT!収録結果速報
1/24放送分iMPACT!収録結果速報です
※試合数が明らかに多いので、翌週分の試合やスキットが混ざっている可能性があります。

ケビンナッシュがジムコルネットを呼び出す。コルネットの代わりにマットモーガンが登場。言い争いになりモーガンがナッシュを攻撃。サモアジョーがナッシュを助けに出てくる。

○ロバートルード、ジェームズストーム vs サンジェイダット、エリックヤング●
試合後、トレイシーがルードのセコンドについていたMsバンクスを攻撃する。

TNAの各賞受賞者の発表。

Xディビジョンレスラー賞はジェイリーサル。マチズモのキャラではなく普通のしゃべり方でスピーチ。3Dの嫌がらせに嫌気が差しているが、今夜ジョニーデバインを葬ってやるという。

ノックアウト賞はゲイルキム。キムはオーサムコングを挑発するスピーチ。コングがキムを襲うがODBがキムを助ける。

最も印象的な瞬間賞はブッカーTの登場。ブッカーとシャメールが受賞している間、ロバートルードがスクリーンに登場。ルードがシャメールを殴ってしまったのはブッカーの責任だと言う。

MVPはサモアジョー。ジョーはボラッシュに、なぜMVPの自分に世界タイトルマッチが組まれないのだと言う。ボラッシュは過去に挑戦しているが、カートアングルに負けたと言う。ジョーはボラッシュを殴り倒してしまう。ジムjコルネットが現れて、ジョーにアゲンストオールオッズのカートアングルvsクリスチャンケイジ戦の特別レフリーをジョーが引き受ければ、ディスティネーションXでのタイトル挑戦を認めると提案。ジョーはこれを断り、カートアングルよりも15%高い給料での5年契約を要求。コルネットは渋々要求を飲む。

○シャークボーイ vs エリックススキッパー●
シャークボーイがスタナーでピン。ストーンコールドの物まねでアピール。 

○ジョニーデバイン vs ジェイリーサル● Xディビジョンタイトルストリートファイトマッチ
チーム3Dの介入でデバインが勝利。新王者になる。試合後、サモアジョーが出てきてデバインを攻撃する。

バックステージ。カートアングルがトムコにクリスチャン戦での援護を依頼している。言う事をきくならAJに与えたものを、トムコが望むならカレンも含めて与えると言う。トムコは自分は結婚していると言う。アングルはカレンの話をしているのであって、そんなどこかのストリッパーの事はどうでもいいと言う。怒ったトムコがアングルを攻撃。乱闘しながらリングサイドへ。アングルは来週、トムコとの試合を要求する。

○タイガーマスク、カレーマン vs ジミレイブ、ランスホイト●

○AJスタイルズ、トムコ vs チーム3D vs モーターシティマシンガンズ●
試合途中、エプロンから突き落とされたカレンが負傷。AJがカレンを担いでバックステージに引き上げてしまう。トムコが残されるが、孤軍奮闘して勝利してしまう。

○ジューダスメシアス vs ジョバー●

○ヘルナンデス vs キップジェームズ●
試合後、キップがロキシーにクビを宣告する。

シャークボーイがストーンコールドの物真似。スリックジョンソン(レフリー)とセキュリティにスタナーを見舞う。

チーム3Dとジョニーデバインがアピールしていると、モーターシティマシンガンズとジェイリーサルがスクリーンに登場。3Dとデバインはバックステージに向かい乱闘が始まる。

○アンジェリーナラブ vs ODB vs ロキシーラヴォー●

○クリスチャンケイジ vs ジューダスメシアス●
試合後、アビスがメシアスを襲撃。AJとアングルがクリスチャンを襲う。トムコがクリスチャンを助けに来る。
ディーボンがTNA離脱の噂を否定
1/20付TNAニュース速報です

☆ジェームズストームがTNA離脱を望んでいるという噂が流れています。しかし、クリスハリスが契約延長を拒否したとき、ストームは契約延長に合意したとされています。

☆AMWの解散はハリスがシングルでの出場を望み、何度も上層部にかけ合ってようやく認められたものだったそうです。その後、ハリスがストームにタッグの再結成を希望するか尋ねたところ、ストームは望まないとしたそうです。

☆先週金曜日のPWAに出場がアナウンスされていたブラザーレイですが、欠場しました。家族の問題が理由とされています。ディーボンは同大会に出場しました。

☆ゲイルキムはオーサムコングとの試合の脳震盪で欠場とされていますが、これはワークとされています。一方、キムの本当の欠場理由は、胸のインプラントが破裂した為だと言う噂が流れています。キムはWWE時代に、2度インプラントが破裂しているそうです。

☆1/17放送分iMPACT!にシャークボーイの医者として登場したDrスコット・フィッシュマンを演じたのは、スパイクTV取締役のスコット・フィッシュマン氏だったそうです。

★ホミサイドが先日のインタビューで手術が必要だと語った事に対し、多くの人々がすぐに長期欠場に入ると勘違いしているようだとして、肩の状態は悪いものの、すぐに手術が必要なほどではなく、実際に手術をするのは半年から2年後くらいの間になるとコメントしています。

★ブラザーディーボンは、インタビューの中で、チーム3Dが2月頃にTNAを離脱してWWEに復帰するのではないかという噂が流れている事について、WWE復帰を希望している事は否定しないものの、TNAでの現状には満足している上、契約は9月まで残っている為、当面、WWEに復帰する事はないと語っています。
iMPACT!視聴率が過去最高を記録
1/18付TNAニュース速報です

★1/17放送分iMPACT!視聴率は1.22%でした。平均視聴者数の1623000人はiMPACT!史上最高の数字だったそうです。11時から放送されたGlobal iMPACT!は0.76%で平均視聴者数は949000人でした。

★ODBがクリスマスのエピソードで着用したサンタのコスチュームがオークションにかけられています。こちらで確認できます。

★TNAとUFCは、TNAがUFCの2/2のPPV大会を宣伝する契約を交わしたそうです。今後2週分のiMPACT!の随所で、ブロックレスナーvsフランクミア戦の宣伝を挿入し、ブロックレスナーのトレーニング風景や、カートアングルのレスナーvsミア戦に関する予想などを番組中で放送するそうです。

☆TNA上層部はGlobal iMPACT!の放送をとても喜んでいたそうです。カートアングルやトムコが日本で歓迎された様子を放送できた事に好感を持っているそうです。
1/17放送分iMPACT!試合結果詳細
1/17放送分iMPACT!試合結果詳細

先週のハイライトでスタート。今夜、AJ、ジョー、クリスチャンによるタイトル挑戦者決定戦を行うとアナウンスされる。

リムジンのドアをボラッシュが開けるとカートアングルに続いてカレン、AJが出てくる。先週の戴冠式と同じような格好の3人に対し、JBはどうしたのかと尋ねるが、カートは毎週、毎晩がクリスマスのようなお祝いなのだと言う。それを聞きつけてエリックヤングが登場。クリスマスと聞いて興奮している様子。カートアングルはリムジンの中にサンタクロースを閉じ込めてあると言う。カートは今夜はお祝いだけではないと言う。エリックはリムジンに向かって話しかけている。カーとはエリックに黙れと言うと、今夜はAJが3ウェイ戦に勝利する事で、アゲンストオールオッズではタイトル戦を行わずに防衛が決まるのだという。JBは、AJがあなたに挑戦するかもしれませんよと言う。カートは何を言っているんだと言う。JBはAJが決める事だと言うが、カレンはすでにAJは自分の居場所を決定していると言う。カート達は立ち去る。エリックはリムジンの傍で待っていると言う。

オープニング映像
パイロが上がり、DWが今夜、ジェームズミッチェルがアビスの秘密を明らかにすると言う。

ジェイリーサルのテーマがヒット。モーターシティマシンガンズと共に入場。アレックスシェリーがマイク。自分達をモーターシティ"マチズモ"ガンズと呼び、3Dがアゲンストオールオッズのストリートファイト戦でマシンガンズが負けたらXディビジョンを解体すると言ったことに対し、自分達が勝利したら、太りすぎて動けないような選手を排除する為、Xディビジョンには275ポンドの体重制限を設けるという。ここでチーム3Dが登場して妨害。観客は大ブーイング。レイは自分は275ポンドよりも軽いと言う。そして、ディーボンは300ポンドを超えているが、Mrオリンピア(ボディビルのチャンピオンの事)のような体をしているからで、オーサムコングよりもでかい***(修正音)をぶら下げていると言う。観客に「黙れ、間抜けども」と言った後、自分達は最高にスリムで鍛えられた肉体をしているんだとアピールする。さらにレイは、ディーボンがファッション紙の表紙を飾る予定だと言う。そして、自分達が勝ったあかつきにはお前達を惨めな暮らしに逆戻りさせてやると言い、リングに上がる。
 レイは自分達が紳士であることを示すとし握手を求める。マシンガンズは警戒している。握手の後、そのまま3Dが帰ろうとしたところをマシンガンズが背後から攻撃。乱闘になりセービンが3Dの竹刀でレイの頭を殴る。セキュリティが止めに入る。モーガンも出てきてセキュリティに指示を出している。

バックステージでクリスタルがアビスにインタビュー。ジェームズミッチェルがアビスの秘密を公表しようとしていることについて話を聞こうとする。アビスは秘密を公開したら、ジェームズミッチェルとジュダスメシアスに終わりを刻んでやると言う。

シャークボーイが負傷してきたシーンをまとめたビデオ。先週のトムコとの試合の後、担架で運び出されるシーンが流れる。
JBが日曜日にシャークボーイの自宅に来ている映像。医者と看護婦が診察している。シャークボーイの家族がいるが、みんなシャークボーイと同じマスク。Drスコットフィッシュは、手の施しようがない危険な状態で、このままだと引き潮のときに浜に打ち上げられてしまうだろうと言う。

トムコ vs エリックヤング
エリックはまだリムジンの中に閉じこもっている。サンジェイらがエリックに呼びかけ、ようやくリムジンから出てくる。再びエリックのテーマがかかって今度は入場。
試合開始。トムコがパワーで圧倒。トムコのスリーパーホールドをトムコを担ぎ上げてエリックがデスバレーのような形で投げ落とし。すぐさまコーナーに登ってムーンサルトを狙うが、トムコがかわしてクローズラインがヒット。そのままカウント3。
勝者:トムコ
試合後、ジェームズストームが乱入。エリックにアイズオブストームをヒット。エリックのおもちゃのベルトを奪ってののしる。ストームはトムコにビールを渡して乾杯。トムコはこれを受け、一口飲んでからストームにガットショット。場外に投げ落とす。エリックを助け起こしてベルトとビールを手渡す。

クリスチャンがクリスタルに対し、トムコの行為を見たかというと、AJとは大違いだと言う。そしてAJにはやった事の代償を払ってもらうとし、タイトル挑戦権は自分が奪うと言う。サモアジョーは金を稼ぐ為、AJはカレンに騙されてカートを守る為に試合に出てくるが、カートアングルとアゲンストオールオッズで戦うのは自分だとし、「If you don't know, now you know.」で締め。

コマーシャル明け、クリスタルがダスティンローズをブラックレインの部屋に連れて行く。ダスティンはパニックになり、転んで喚いている。

ODB vs アンジェリーナラブ
ODBが先に入場。大歓声。ラブの入場時に、選手オーサムコーングのフィニッシュシーンがリプレイ。試合開始。ODBが圧倒。観客はODBチャント。ショートレンジのクローズラインでラブを倒してカウント2。コーナーからのルーテーズプレスはラブがかわす。ラブは旋回式ヘッドシザーズから、変形のジョーブリーカー。カウント2。さらに2段蹴りで2カウント。ラブがロープに走ったところにOBがカウンターのクローズライン。ラブを担ぎ上げてランニングパワースラムでカウント3。
勝者:ODB
試合後ODBはオーサムコングに対し、コングがTNAのノックアウトたちを倒してきたが、まだODBを倒してはいないとアピール。アゲンストオールオッズでコングとノックアウトタイトルをかけた試合を申し込む。そして、自分は軽蔑されるのは嫌いじゃないが、アゲンストオールオッズではコングを見下してやるとアピール。

クリスタルが控え室前にいる。扉が半開きでナッシュが誰かに話をしているのが映る。今夜の試合に勝利して、金と力と女を手に入れろという。アングルが変わってサモアジョーが聞いていたのが映る。

シャークボーイの自宅。月曜日の様子。クリスハリスがいる。JBに黙れと言うと、なんでこんなにシャークボーイがテレビに映る時間があるのだとし、こいつの苗字は「アングル」か?と言う。ここでLAXが登場。シャークボーイの形見分けを貰いにきたという。

センシ vs カズ
序盤は動きの早い攻防から、センシの大車輪キックがヒット。コーナーにカズを追い込んで攻撃を加える。カズも反撃を試みるがセンシはペースを譲らない。センシのコーナーへの突進をかわしたカズが丸め込みで2カウントを奪い、キックをヒット。さらに水面蹴りでセンシを倒して、セカンドロープの反発を利用してレッグドロップ。カウント1。センシの突進をかわして2段蹴り。最後はウェイブオブザフューチャーでピン。
勝者:カズ
試合後、ブラックレインが乱入。カズを凶器で攻撃し、ミスティの籠を奪う。しかし籠の中にミスティがいない。怒ったレインが籠でカズを殴り、攻撃を続ける。

JBがミッチェルにインタビュー。アビスの秘密についてたずねる。ミッチェルはその話は今夜必ずするとし、20年に渡る秘密が今夜終わりを告げると言う。そしてクリス(アビスの本名)に対し、すべての虚構が今夜暴かれるのだと言う。

AJがロッカールームでトムコに対し、今夜の試合に勝利したとき、どうすればいいかアドバイスを求めるが、トムコはやりたいようにすればいいと答える。

ランスホイト vs アビス
ホイトにはジミーレイブがついている。アビスはチェーンを持って入場。試合開始。アビスがパワーで優勢。ホイトをクローズラインで場外に落とすと、ジミーレイブをリフトアップして、場外のホイトに投げつける。ここでジェームズミッチェルが花道に登場。クリス(アビス)に対し、時間が来たというと、真実を明らかにする準備は良いかとし、最後のチャンスを与えると言うと、公表されたくなければ自分のところに来いという。アビスはこれを拒否する。ホイトがここから優勢。ファイアーンズキャリーの体勢にアビスを担ぎ上げ、そのままアビスの体を旋回させて、自分の肩でアビスの顎を砕くように落とす。コーナーに登ってムーンサルトを狙うが、アビスが回避。すぐさまブラックホールスラムがヒット。カウント3。
勝者:アビス
アビスはコーナーにかけてあったチェーンを取り、ミッチェルに向かう。ミッチェルはすでに退場しており、トロンに登場。アビスの秘密とは、ミッチェルがアビスの姓を現在の母親のものに変更した事で、アビスの本名はパークスではなく、本当はミッチェルだと言う事。アビスは自分の本当の息子だと公表する。アビスはがっくりととうなだれる。

クリスタルがアビスにインタビュー使用とするが、アビスは取り乱しており、泣き喚いている。クリスタルを押しのけて立ち去っていく。

ロバートルード vs サンジェイダット
ルードはMsバンクスを連れている。先週、トレイシーを解雇したシーンがリプレイ。ダットは入場時に今週もソーカルヴァルにキスしようとするが断られて、尻を触っていく。試合開始後、ダットはMsバンクスに抱擁を求めるが、バンクスは拒否。テネイはシャメールはまだ病院で治療を受けていると説明。ルードが場外に転落し、ダットがノータッチのトペコンヒーロを決める。ダットはスワンダイブしようとするが、バンクスが足を掴んで阻止、ルードがダットを場外にたたき落とす。ここでトレイシーが登場。コマーシャル。
ルードのスパインバスターがヒット。カウント2。ダットがスピードを生かして反撃。スワンダイブ式ルーテーズプレスで2カウント。再びスワンダイブしようとしたところでルードがロープを揺らしてダットが落下。すかさずペイオフで3カウント。
勝者:ロバートルード
試合後、リング下からトレイシーがルードをにらんでいる。リングに上がってバンクスともみ合いになる。トレイシーはルードにビンタ。ルードはトレイシーを羽交い絞めにして、バンクスがトレイシーにビンタ。マットモーガンが救出に飛び込んでくる。ルードたちはあわてて逃げ出す。

JBがAJに今夜の試合についてインタビュー。AJにはカレンがついている。JBは勝ったらどうするのかと言うが、AJが何か言おうとすると、カレンがAJが正しい選択をするなら、カレンもそれに見合うことをするというとAJの頬にキス。AJはJBに口紅がついていないかどうかをたずねる。

通路ででクリスタルがVKMにインタビュー。BGとキップは、パートナーの事でもめている。BGは信用しろと言うが、キップは自分よりもでかくてすごい奴だとしてもぶっ飛ばしてやると言う。

コマーシャル明け、火曜日のシャークボーイの自宅の様子。アンジェリーナラブとベルベットスカイが見舞いに来ている。2人はこんなに酷い状態を見たことがないという。こういうときの処置法はマウストゥマウスだと2人が言うと、シャークボーイの父親がシャークボーイの上に乗って仰向けに寝る。スカイとラブは立ち去る。

VKMがリングに登場。キップはBGに説明を求める。キップは10年、チームを組んできたとし、その自分よりもチームを組みたいやつがいると言うのは許せないと言う。BGはそのパートナーは生まれたときからの付き合いだとし、彼と組む事が人生の目標だったと言う。BGはパートナーとして、自分のヒーローで父親であるボブ"ブレット"アームストロングをコールする。ボブがリングに登場。BGと抱擁。続いてキップもボブと抱擁。3人で腕を上げる。

水曜日のシャークボーイの自宅。エリックヤングが登場。シャークボーイに頑張れと言う。アニメに出てきた魚のキャラクターをいくつか挙げ、彼らのように頑張れと言う。するとシャークボーイが目を覚ます。医者が何か言いたい事はあるかと尋ねると。シャークボーイは起き上がって、ストーンコールドの物まね。「Shark Boy Said So!!」で締める。

カートアングルがスーツで登場。アングルは今夜2つの大きなことが起ことし、一つはAJが3ウェイ戦に勝利し、アゲンストオールオッズでの自分への挑戦を避け、ロックダウンでのタイトルマッチの権利を獲得する事。もう一つはこの後、Global iMPACT!で新日本の永田裕志との試合が放送される事だと言う。

コルネットのオフィス。スコットスタイナーとPTウィリアムズがいる。コルネットはスコットにXディビジョンの素晴らしさを説明している。PTは口を挟もうとするが、そのたびにコルネットが制する。スコットは4フィートの奴や120ポンドの奴らがいるんじゃないのか?というが、コルネットが否定し、最高の選手がそろっていると言う。スコットは自分こそベストだと言うと、PTの持っていたスーツケース(Xディビジョンタイトルの挑戦権が入っている)を持って退室する。

AJスタイルズ vs サモアジョー vs クリスチャンケイジ 3ウェイイリミネーションマッチ
最初にAJが王冠を被って入場。続いてサモアジョー。最後にクリスチャンケイジ入場。大歓声。試合開始。クリスチャンはまっすぐにAJに向かって突進。コーナーにたおしてストンピング。サモアジョーもAJにストンピング。ダブルでショルダースローをAJに見舞い、場外に投げ捨てる。クリスチャンとジョーの攻防を場外からAJがクリスチャンの足をすくって妨害。ジョーがAJにダイブしようとするがAJはリングに滑り込んでかわす。逆に場外のジョーにダイブしようとするが、ジョーはレッグラリアットでAJを打ち落とす。さらにジョーはAJを引き起こして立たせると、クリスチャンがコーナー上からダイブ。ジョーはかわしてAJのみがクロスボディを食らう。ジョーはリングに戻って場外の2人エルボースイシーダ。コマーシャル。

コマーシャル明け、クリスチャンは場外。ジョーがAJを圧倒。マンハッタンドロップからシャイニングケンカキックをヒット。その上に担ぎ上げたクリスチャンを落とし、2人を並んで座らせてその顔面へサッカーボールキック。ダウンした2人の上にニードロップを狙うがクリスチャンが回避して、AJだけが食らう。クリスチャンはジョーにネックブリーカードロップのような技。3人ともダウン。ジョーが先に立ち上がってAJをコーナーのクリスチャンに向かって振る。クリスチャンはAJを担ぎ上げ場外へ落とすと、自分はジョーに突っ込む。ジョーはカウンターのスナップパワースラムをヒット。2カウント。クリスチャンはジョーの隙をついて場外に落とす。AJがクリスチャンの背後からスワンダイブしてナックル。AJはスタイルズクラッシュを狙うが、クリスチャンが足を掴んでブロック。そのままテキサスクローバーホールドが決まる。ジョーがエプロンに上がったところでクリスチャンがジョーを落とすが、すぐにジョーがリングに上がって、クリスチャンにキックをヒット。マッスルバスターはクリスチャンが脱出。そのままスタンディングのコキーナクラッチ。ここでAJがスワンダイブしようとするものの、ジョーはクリスチャンをロープにぶつけ、その反動でAJが場外に転落。ジョーはクリスチャンを担ぎ上げるが、このとき暴れるクリスチャンの足がレフリーにあたり、レフリーは顔を抑えてしまう。クリスチャンはアンプリティアを狙うが、ジョーがこらえてコキーナクラッチ。AJは場外でイスを掴みリングに戻って2人を殴ろうとするが、ジョーが技を解いて回避。クリスチャンを別方向に避けたため、その間のマットをAJがたたいてしまうAJはイスでジョーの腹を一突きし、クリスチャンの頭を殴る。続けてAJはジョーを殴ろうとするが、ジョーはキックで反撃。イスがAJの顔面に当たってしまう。ジョーはイスを場外に捨てようとするところでレフリーがこれに気付き、ジョーに反則負けを宣告する。ジョーはレフリーに食って掛かるがモーガンが出てきてジョーに退場を宣告する。ケビンナッシュも出てきてジョーを制止する。ここでコマーシャル。
コマーシャル明け。AJの裏DDTがヒット。カウント2。AJはクリスチャンにパンチの連打。クリスチャンはチョップで反撃するものの、AJのスパインバスターがヒット。AJの攻撃をかわしたクリスチャンのクローズラインがヒット。AJは一回転してしまう。クリスチャンはフロッグスプラッシュ。AJがこれを回避してスタイルズクラッシュ。しかしクリスチャンがブロックして裏DDTをヒット。ロープワークからウラカンラナを狙ったAJをクリスチャンがパワーボムに捕らえる。クリスチャンはアンプリティアの体制。AJはバックドロップに切り返すが、クリスチャンが後方に着地。AJのペレキックがヒット。AJはコーナーからダイブ。クリスチャンが回避。AJも転がってすぐに立ち上がるがクリスチャンのスピアーがヒット。2カウント。AJはクリスチャンの喉をついて場外に落とそうとするがクリスチャンがこらえてこーなーに登る。それをAJがマットに落としてスパイラルタップを狙うが、クリスチャンがかわして自爆。クリスチャンはフロッグスプラッシュ。しかしAJが膝剣山でカウンター。AJはアンプリティアを狙うが、クリスチャンがこれを切り返して本家のアンプリティアがヒット。カウント3。
勝者:クリスチャンケイジ
試合後クリスチャンは倒れているAJをまたいで立つが、ダメージで頭を抑えている。
1/17放送分Global iMPACT!番組内容
1/17放送分Global iMPACT!番組内容です

東京の風景でスタート。東京ドームには3万人近い観客が集まったとアナウンス。
カートアングルは永田選手についての印象と試合予想。トムコは日本とアメリカのレスリングスタイルの違いについて、クリスチャン、スコットスタイナー、カートアングルが日本の観客の前で試合をすることの、TNAにとっての重要性を語る。

トムコが東京にいるとき、普段のトレーニングをどのようにしているのかが映る。電車でジムまで移動している。続いて、アングルの写真撮影の模様。続いて記者会見の様子。その途中で新日本側のIWGPタイトルに関する見解がアナウンス。カートアングルを正式な王者とは認めていないことが説明される。

TNAの選手達が東京ドームに入り、試合に備えている様子が流れる。ピーティウィリアムズは、これほど多くの観客の前で試合をするのは初めてだと言う。
PT,AJ、クリスチャンが出場した6人タッグのハイライトシーンが流れる。
試合後のインタビューでクリスチャンが、「これでTNA1、新日本0だ。」とし、レスリングを熟知している日本のファンの前で試合をできて楽しかったと言う。

アビスの試合のハイライト。花道で画鋲にフェイスクラッシャーでたたきつけられるシーンが流れる。試合に敗れた後、中西選手に再戦を申し込む。

ブラザーディーボンが、日本で10年ほど前にも試合をしたが、今でもファンの前に立てることが信じられないと言う。チーム3Dの試合のハイライト。試合後レイが、3Dは日本で一度もまけたことがないとアピール。

トムコ、ジャイアントバーナードのIWGPタッグ王者組と、スタイナーブラザーズとの試合のハイライト。試合に勝利したトムコが、最も偉大なタッグチームの一つに勝利したとアピールする。

アングルvs永田戦の煽りビデオ。試合前のインタビューの様子。永田はアングルの実績は認めるとしながらも、IWGPチャンピオンとは認めないと言う。
マイクテネイは永田選手の実力を、スティング、サベージ、ホーガン、ロードウォーリアーズらに匹敵すると説明する。

試合内容は省略

永田の腕折りの体勢で、永田の顔がアップになる。テネイは永田の闘争心が表情に表れていると説明し、ここでコマーシャル。

試合後アングルと永田が握手。永田がアングルの腕を掲げる。試合後のインタビューで、アングルは予想以上の強敵だったとコメントする。
3月のPPVはバージニア州で開催
1/17付TNAニュース速報です

★TNAは1/31、2/1にケビンナッシュをサウスカロライナ州グリーンビルに派遣し、同地で開催されるアゲンストオールオッズ大会のプロモーションを行うそうです。

★1月21日と22日のiMPACT!収録の際、TNA初のドラッグテストが行われる予定です。

★次回のiMPACT!収録には新日本プロレスのタイガーマスクが出場すると、公式サイトが報じています。

★TNAは3月のディスティネーションX大会を、バージニア州ノーフォークで3/9に開催すると発表しました。

★トレイシーブルックスが撮影に使用したブラジャーがe-bayでオークションにかけられています。
http://cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&item=310015668405

★TNAは1/17に放送したGlobal iMPACT!のDVDをリリースするそうです。DVDには新日本プロレスとの対抗戦をノーカットで収録するそうです。

★LAX、カートアングル、サモアジョーらのTシャツが、TNA公式ショップでバーゲンセールされています。価格はそれぞれ5ドルです。
ジョーのタイトル奪取が検討されているそうです
1/16付TNAニュース速報です

☆TNAはサモアジョーにTNA世界ヘビー級のタイトルを与える事を検討しているそうです。ジョーの戴冠については2年間に渡り何度も検討されて来たそうですが、そのために見送られてきたそうです。しかし、現在のストーリーではタイミングが悪い為、実現するとしても4月のロックダウンになると予想されています。

☆アゲンストオールオッズのチケットは、依然として1000枚程度しか売れていないそうです。

☆クリスマスターズの友人が、マスターズがTNA入りを希望しないのは、WWE復帰が難しくなる事と、有名な選手は優遇されるものの、若手はスポットを与えてもらえない等と考えているためだ語ったそうです。

★カートアングルは昨年犯した飲酒運転の裁判の為、出廷する事が決定したそうです。時期については明らかにされていません。
キム自身が負傷欠場を否定
1/14付TNAニュース速報です

★シェリーマルチネスのTNAでのリングネームはサリナスに決まったそうです。これは、ディクシーカーターの結婚後の姓から取ったそうです。

★ダラスで開催されたTNAハウスショーはチケット完売の成功に終わったそうです。TNAの親会社でディクシーカーターの父親が所有するパンダエナジーがあるのがダラスで、同社の役員たちも多数観戦に訪れており、ディクシーカーターが観客たちに感謝のスピーチを行ったそうです。

★早急なTNA入りを希望しているとされるショーン「ホスロー」ディバリのプロテクト期間は1/14で終了したそうです。

★ゲイルキムはマイスペースで、故障欠場するという報道は全くのでたらめであり、現在の体調に全く問題は無いとコメントしています。

★gamestop.comはTNAのゲーム発売予定日を5/1としています。
ハリスの離脱が正式に発表されました
1/11付TNAニュース速報です

★1/10放送分iMPACT!視聴率は1.1%でした。

★TNAは公式にクリスハリスが離脱した事を認めました。

★TNAのビデオゲームの発売予定日は6/27と報じられています。

★ホミサイドがインタビューの中で、長い期間に渡り肩の故障に悩まされており、いずれは手術の為長期欠場を余儀なくされることになると語っています。

★IFLのカート・オットーが12/28に行われたインサイドMMAのインタビューに対し、IFLの試合に出場する事でカートアングルと合意に達した達していたと語ったそうです。
1/10放送分iMPACT!結果詳細
1/10放送分iMPACT!結果詳細です

ファイナルレゾリューションのハイライトでスタート

会場入りするロバートルードにクリスタルがファイナルレゾリューションでシャメールを殴った事について問い詰める。シャメールは顎を骨折して入院したらしい。ルードは何度も言った事だとしながら、あれは不運な事故だったという。そして責めるのなら彼女を守らなかったブッカーTを責めるべきだと言い立ち去ろうとする。
クリスタルは怒ったように、後悔はしていないのかと問うが、ルードはこれはプロフェッショナルレスリングの世界で起きた事で、後悔など決してしないという。そして今夜起こることはアクシデントだったとしても、すべてルードの意による事であり、Msブルックスについては今夜結論を下すという。

センシ、エリックススキッパー vs モーターシティマシンガンズ
入場後、コーナーに上がってアピールするMMGの2人を背後からセンシとスキッパーが奇襲。セービンを排除して、シェリーをダブルチームで倒す。シェリーがチョップで反撃するが、権利のないスキッパーが入ってカット。スキッパーがシェリーを抱え上げ、センシがロープの反動を利用したハイキックでシェリーを倒す。センシがセービンを場外に落として、スキッパーと共に再びダブルチーム攻撃を狙うが、シェリーが2人を交錯させて脱出。セービンにタッチ。スワンダイブ式ドロップキックをセンシにヒット。スキッパーは攻撃してくるがこれをかわし、スキッパーがコーナーに近づいたところでシェリーがエプロンサイドからキック。センシはセンシの顔面にブート。スキッパーにクレイドルショックを狙うが、スキッパーが脱出。そのままロープに押し込んだところで、タイミングよくシェリーがセービンにタッチ。それに気付かないままスキッパーが権利のないセービンを丸め込む。シェリーが入ってスキッパーを場外に落としてブランチャーを見舞う。セービンはコーナーに登るが、センシのスペースローリング式ハイキックが顔面にヒット。センシは雪崩式ブレーンバスターを狙うがシェリーが妨害。そこへスキッパーが突っ込んでくるが、シェリーがかわしてセンシに誤爆。センシはコーナーに逆さ吊り。セービンがコーナーから飛び降りると同時に、センシの顔面にシェリーの低空ドロップキックがヒット。続いてセービンも低空ドロップキックを決める。シェリーはスライスブレッド#2を狙うが、スキッパーが回避。セービンがスキッパーを場外に落とす。センシがシェリーを狙ってロープに走ったところで、セービンがシェリーを押しのけてセンシにカウンターのソバット。シェリーにセンシをカナディアンバックブリーカーの形に抱え上げさせて、セービンはロープに走ってセンシにダイアモンドカッターのような技を仕掛ける連携攻撃がヒット。センシが立ち上がるのを待って、セービンが後ろ回し蹴り。シェリーがスーパーキック。最後はスーパーキックと延髄切りの挟み撃ちで3カウントを奪う。
勝者:モーターシティマシンガンズ
終始ハイペースで技が繰り出されるめまぐるしい試合。

試合後、クリスチャンがリングに登場。センシのダメージをいたわるスキッパーを攻撃して場外に投げ捨てると、倒れているセンシも場外に投げ捨てる。
クリスチャンはマイクを持つと、AJに対し今夜奪われたものをすべて取り戻すとアピール。

コルネットのオフィス。クリスハリスが出番が与えられないと文句を言う。コルネットはそれならジューダスメシアスと試合を組むと言う。そして試合は5分後なのでさっさと支度をしろという。ハリスは試合に勝って、もう一度戻ってくると言うが、コルネットは戻ってきたら自殺すると言うと大きなため息。
コルネットはみんな問題ばかり引き起こすと言ってクリスタルに嘆く。ここでサモアジョーが入ってくる。サモアジョーはコルネットの差し金か?と怒鳴る。ファイナルレゾリューションでナッシュが裏切った事について、コルネットが糸を引いたのではないかと疑っている。コルネットはナッシュからの敬意は自分で得るものだと言う。ジョーは、ナッシュの件については自分が扱うとし、今夜、行動を起こすと言う。

事前収録のセグメント。駐車場に車が入ってくるが運転席から出てきたのはジェレミーボラッシュ。続いてAJが後部座席から出てきて逆サイドのドアを開けてカレンをエスコート。車の中から咳払いが聞こえ、JBが助手席のドアを開けるとカートアングルが出てくる。JBはアングルが用意しているという今夜の特別なプランについて質問する。アングルは全世界にアングルアライアンスの結成を伝えると言う。そして、AJに対し、今夜からAJスタイルズではなく、"プリンス"AJスタイルズだという。アングルはJBに荷物を持ってくるように言うと立ち去る。カレンはAJにハグ。

アングルのロッカールーム。JBがAJにクリスチャンが激怒しているのは当然だとして、AJにどうするつもりかたずねる。AJは自分が何をしたと言うのだと言う。JBはファイナルレゾリューションでの裏切り行為をあげる。AJはJBに、どうしたらいい?と弱気にたずねる。JBはお前のボスはカートだろという。
AJはカートにどうしたらいいか訪ねるが、アングルは(プリンスとしての)戴冠式の事を考えていればいいという。AJは今度はカレンに、自分がクリスチャンに殺されるかもしれないと説明する。カレンは何も心配ないという。そしてまず髪を整えて、タキシードを着なさいと言う。
AJはJBを連れて対策を練りに出て行こうとするが、ここでドアがノックされる。入ってきたのはトムコ。AJはトムコに泣きつくが、トムコは自分のことは自分で解決しろと言う。

ジューダスメシアス vs クリスハリス
メシアスはジェームズミッチェルと共に登場。ミッチェルは実況席に加わる。続いてハリスが入場。実況席に近づく背後からメシアスが奇襲して試合開始。リングに入って、メシアスが優勢。ミッチェルはアビスの秘密を暴露するのは1週間後だと言う。ハリスが反撃してスパインバスターで2カウントを奪う。さらにフェイスクラッシャーをヒット。ハリスがカタトニックを狙うが、ミッチェルがリングサイドに上がり、ハリスがそれに気を取られた間にメシアスがブラッドミストをハリスの顔面に発射。そのまま、変形のフラットライナーでピン。
勝者:ジューダスメシアス

クリスタルがMsブルックスにインタビュー。クリスタルはルードとの対決を思いとどまるように言うが、トレイシーは悪夢を終わらせる為には必要な事だと言うと立ち去っていく。

ファイナルレゾリューションで行われたオーサムコングvsゲイルキムのハイライトがリプレイされる。

VKM vs ピーティウィリアムズ、サンジェイダット
ピーティは新しいテーマ曲で入場。新ニックネームは「メープルリーフマッスル」。サンジェイは花びらをまきながら入場。リングに入って、持ってきたタンバリンにキス。PTはリングサイドにTNAタイトル挑戦権の入ったスーツケースを置く。キップとサンジェイでスタート。キップが自軍コーナーに近づいたところで、BGが勝手にタッチ。サンジェイはPTにタッチ。PTがBGを圧倒。技の間に腹筋運動や、腕立て伏せを挟んで筋肉を誇示する。

コマーシャル明け、キップがPTを圧倒している間にスコットスタイナーがリングサイドに忍び寄って、自分の持っていたスーツケースとPTのケースを摩り替え立ち去る。PTはダットに交代。ダットがキップのフェイスバスターに捕まっているとき、PTはケースが変わっていることに気付きバックステージへ。ダットが孤立するが、VKMが仲間割れしている隙に丸め込みでピンフォール。
勝者:サンジェイダット、ピーティウィリアムズ
ダットは試合後、リングサイドのソーカルヴァルにキス。リング内ではVKMの2人が言い争っている。BGがリングを降りるがキップがマイクを持ち、来週、BGがタッグタイトルに挑戦する際のパートナーを発表するように求める。

バックステージで歩いているクリスチャンにクリスタルがインタビュー。AJを見つけたらどうするつもりかたずねる。クリスチャンはお前の考えている通りだと言う。クリスチャンが立ち去るがしゃべっていた場所後方の机の下にJBとAJと撮影スタッフが隠れている。

コマーシャル明け、さっきの机の下でAJがJBに、さっきのを聞いたかという。JBはAJにおならをしなかったか?とたずねる。AJは表情でやった事を表し、ナーバスになっているんだと言う。そこにエリックヤングが登場。JBとAJは驚く。エリックは隠れるのならユニバーサルスタジオの園内に紛れ込んだ方がいいという。AJも針を隠すのなら藁山の中と言うなと納得。しかし、戴冠式では確実に狙われると言う。しかし、エリックにグッドアイディアだと言うと机から出て行く。エリックはなぜか代わりに机の中に入る。

これまでのチーム3DとXディビジョンの抗争のまとめ。

リング上にチーム3Dとジョにーデバインがいる。レイがリーサルとMMGに対し今度はストリートファイトマッチでの対戦を求める。MMGとリーサルが勝利したらXディビジョンのベルトは返してやるが、負けたらXディビジョンは終わりだと言う。ディーボンがOh My Brother Tstify!!で締め。チーム3Dのテーマがヒット。

バックステージをサモアジョーが歩いている。その背後からクリスタルと複数のセキュリティがついてくる。ジョーはセキュリティに対し、余計な手出しをするなというと、控え室に入る。いたのはナッシュ。振り向いたナッシュはバットを構えている。ナッシュは自分はビジネスマンだから、無料でジョーと戦う気義理はないという。そして、自分には様々な財産と預金があるという。そして、ジョーが欲するもののすべてを持っているというと、泣き言を言うのは止めて、自分の言う事を聞けと言い、バットをジョーに渡して立ち去る。ジョーは手を出せない。

グローバルインパクトは来週木曜夜11時放送のアナウンス。(1/4の新日本プロレスの様子はここで流される予定です。)

テネイが病院の控え室でブッカーTにインタビュー。ブッカーは医者からシャメールの状態はよくないと聞かされたと言う。そして、シャメールをリングにあげたのは自分の人生最大の失敗だったと言う。そして、自分の怒りはただ一人ロバートルードに向かっていると言うと、シャメールの傍に行くといって立ち去る。

ロバートルードが入場。リングに上がってブッカーTに対し、ファイナルレゾリューションの試合を了承し、妻を守れなかったのはすべてお前だと言う。そしてその結果、シャメールは顎の骨折したのだという。
続いてMsブルックスに対し、お前は今夜で公式にクビだというとトレイシーにリングに出てくるように言う。トレイシーは泣きながら入場。ルードがトレイシーに何か言おうとするが、トレイシーは黙れと一喝すると、ルードはシャメールの顎を折り、自分にも乱暴な態度で接してきたと言う。そして、ルードは女性に暴力を振るう事でしか力を誇示する事のできない男だと言う。さらに、ルードは金も才能も地位も手に入れたが、中身は間抜けな「ボブ」のまんまだったと言う。
ルードはトレイシーをののしって今にも攻撃しそうになるが、コルネットが登場。ルードにスパイクTVもTNAも、自分自身も男性が女性に暴力を振るう事は認めないと言う。そしてルードは男性と言う種の恥であり、自分を失望させたと言うと、どうしても女性に暴力を振るう事で力を誇示したいと言うのなら、謹慎処分を下して惨めな人生を送せてやると言う。しかし、処分しないのはブッカーTが戻ってきたときにルードがどのような目に遭うのかを見たいからだという。
トレイシーに対し、ボビーから復讐からの保護を保障すると言う。トレイシーが下がろうとするが、観客席からルードの信奉者の女性が出てきて背後からトレイシーを襲撃。イスで殴りつけて馬乗りになって攻撃。ルードはトレイシーに向かい、たった今からトレイシーをクビにして、Msバンクスを採用すると言い、2人で立ち去る。

ジェレミーボラッシュがユニバーサルスタジオにいる。その背後で観客達との写真撮影に応じているツタンカーメンがいる。JBに近づいてくると正体はAJ。JBはカレンがAJにタキシードを着るように言っていたと言う。AJはカレンが自分を探していたのかとたずねるとJBは同意。AJはカレンはどこだと訪ねるが、トイレに言ったようだと言う。AJは男子トイレじゃないよなと言うが、JBは自分に聞くなと言い、一緒に立ち去る。

ロックンレイブインフェクション vs LAX
ホイトとヘルナンデスでスタート。ブレーンバスターの打ち合いはヘルナンデスが投げ勝ち、超滞空式で叩きつける。両者タッチ。レイブのブートがヒットしたところでレイブはホイトにタッチ。ホイトのブートがホミサイドにヒットする。ホイトがリバースのスプラッシュマウンテンを狙うが、ホミサイドがグリンゴカッターに切り返す。両者タッチ。ヘルナンデスがレイブを吹っ飛ばしてホミサイドにタッチ。レイブにコンビネーション攻撃を続けカバー。ホイトがカットに入る。ホイトはコーナーに登ってムーンサルトを狙うが、ヘルナンデスはそのまま場外に突き落としてしまう。ホミサイドはレイブにグリンゴキラーを狙うが、レイブが切り返してスクールボーイ。しかしカウント2でキックアウトすると再びグリンゴキラー。今度は決まってカウント3。
勝者:LAX

クリスタルがトムコにインタビュー。なぜAJはアングルを選んだのかについてたずねられるが、トムコは「スクールボーイクラッシュ(ゲイのポルノ映画)」に影響されたんじゃないのか?と答える。クリスタルはスクールボーイクラッシュがなんなのか分からない様子。

シャークボーイ vs トムコ
シャークボーイは相変わらず満身創痍。しかし、コスチュームの上からテーピングを巻いている。トムコはタッグのベルトを巻いて登場。シャークボーイが松葉杖で殴りかかろうとするが、トムコがブートで蹴り飛ばして試合開始。シャークボーイの攻撃は力なく、効果がない。トムコのクローズライン一発で倒れてしまう。トムコがリフトアップの後フォールアウェイスラムで投げ捨てる。トムコはトーチャーラックネックブリーカーでピン。
勝者:トムコ
試合後、医療班が担架を持ってくる。

男子トイレにAJがカレンを探しに行く。個室からカレンの声。開けるとドレスの肩紐を外したカレンがいる。AJに結ぶように頼む。カレンはJBがいるのに気付くと、席を外すように言う。カレンはAJに男にはステップアップのために重要なときが有るとし、それが今夜だと言う。そしてAJをひとしきりおだてる。AJは真に受けて戴冠式の準備に向かう。カレンはやれやれと言った表情。

クリスタルがカズにインタビュー。カズはミスティのかごを持っている。クリスタルはレインがミスティを狐だと思っていると言うが、カズはこのネズミにメリーナという名前をつけたと言う。

アングル夫妻とAJスタイルズが正装でリングに登場。リング上には赤いじゅうたんと豪華なイスが置かれている。カートはマイクを持つと、アングルアライアンスの新しいプリンスとして、AJスタイルズを紹介する。AJがイスに座る。カーとは王冠をAJに被せる。そしてファイナルレゾリューションの決定を賞賛する。観客は「You Suck」チャント。カートは観客達に「金メダリストのケツにキスしろ」という。カートはAJがクリスチャンのクソ野郎をファイナルレゾリューションで叩きのめしたと言う。AJはそれは言わないで欲しいと言う表情。カートはAJが正しい選択をしたのだからそれに見合う地位は保証されるという。そしてクリスチャンなど恐れるに足りない存在になったのだという。ここでクリスチャンのテーマがヒット。AJがあわてる。
花道からクリスチャンが登場。クリスチャンははっきりさせたい事が一つ有るとし、ファイナルレゾリューションの試合中、クリスチャンのアンクルロックで、アングルがタップアウトするのを確かに見たと言う。そしてプリンスAJに対し、お前の忠誠はすべて嘘だったと言うと、言い分があるのなら聞くと言うが、AJはクソ食らえと返答。続いてクリスチャンはカレンを侮辱。AJがカレンを庇い、レディにそのような事を言うなと言うと、クリスチャンは自分が倒すと言う。クリスチャンはこれを受け、リングに向かうがここでサモアジョーのテーマがヒット。ジョーがマイクを持って登場。カートに対し挑戦を要求。これにもAJが応戦。クリスチャンが加わり、今すぐ決着をつけようと言う。ここでコルネットが登場。クリスチャンの言い分を認め、リマッチ権があるという。サモアジョーの言い分も認め、タイトル挑戦権を得る資格があるという。このため、来週、AJスタイルズ、クリスチャンケイジ、サモアジョーの3ウェイダンスマッチを行い、クリスチャン、ジョーのいずれかが勝利した場合はアゲンストオールオッズでのTNAタイトル挑戦権を与え、AJが勝利した場合には、TNAタイトルに挑戦するか2ヶ月挑戦を伸ばしてロックダウンでタイトルに挑戦するかの選択肢を与えると言う。

ゲイルキム vs オーサムコング ノックアウトタイトルマッチ
コングには顔を隠した謎の女性がついている。キムはいつもより険しい表情で入場。JBがメインイベントのコール。レフリーはアールヘブナー。コングは東京出身とコール。キムのコール中にコングが突っ込みゴング。キムはコングの突進をエプロンにでてかわすが、バックブローを食らって場外に転落。コングは鉄階段にキムの頭をたたき付け花道に投げつける。キムは花道の段差を利用して飛び掛るがコングが受け止めて、キムの背中を花道の側面にたたき付け、コンクリートの壁に激突させる。コングはさらにキムに突進するが、キムがかわして壁をぶち抜いてしまう。ここでコマーシャル。

コマーシャル明け、コングがパワーで圧倒。キムをコーナー上にセットするが、キムが反撃してスイングDDTで2カウント。倒れたコングにパンチを打ち込み、コーナーに登ってセントーンで2カウント。キムは再びコーナーに登るが今度はコングがキャッチしてチョークスラムで2カウント。コングのコーナーへの突進をキムが回避するが、結局つかまりコングのFFF(旋回しないエンジェルズウイング)。カバーはキムがキックアウトする。コングのパワーボムを後方に着地したキムがドロップキックをヒットしてコーナーに登り、飛びつきウラカンラナを狙うも、コングが受け止めてパワーボム。そのままエンドレス式で3発目にシットダウンパワーボムを決めてピンフォール。
勝者:オーサムコング TNAノックアウトタイトル奪取
コングがベルトを頭上に掲げて雄たけびを上げる。
ゲイルキムの負傷欠場はガセ?
1/10付TNAニュース速報です

★スパイクTVはPPVの前日に放送していたPPV宣伝番組を今後放送しないと発表しました。

★テキサス州ベルトンで開催されたハウスショーの観客動員は800人程度だったそうです。

☆クリスハリスとWWEとは、まだ本契約にはいたっていないものの、すでにハリスのエージェントとWWEの交渉は終わっており、契約は決定的な状況にあると伝えられています。これはハリスとTNAとの契約が満了するのは実際は来週で、これを待たなければ契約を結ぶ事ができないためです。ハリスとWWEとの契約はディベロップメンタル契約ではなく、一軍契約と見られています。一方、先に報じられたほど、TNAはハリスの引き止めに熱心ではなく、WWEが強い興味を持つとも思っていなかったのではないかと報じられています。

☆ジェームズストームとTNAの契約もクリスハリスと同時期に満了したとされていますが、こちらは前回のiMPACT!収録の際に契約を延長したそうです。

☆マイクジョンソンが報じたとされている、ファイナルレゾリューションでゲイルキムが負傷しため、しばらく欠場するという報道について、本人がこれを否定しているというコメントが知人から寄せられているそうです。これによると、ゲイルキムは軽い脳震盪は起こしたものの、大きな問題になるような故障をしてはいないと言っているそうです。

★イギリスでのiMPACT!の放送局はブラボー2から移籍するとすでに報じられていますが、ネットワーク会社を移籍するわけではなく、ブラボーのメインチャンネルでの放送に変更されるそうです。

☆センシのTNAとのレギュラー出場契約はすでに満了したものの、以前よりも高いギャラでのワンタイム契約で出場を続けているそうです。
クリスハリスがWWEに電撃移籍!?
1/9付TNAニュース速報です

★gerweck.netはクリスハリスがWWEと契約を結んだと報じています。ハリスとTNAの契約は先週満了しており、TNAは再契約を望んでいたものの、ハリスはWWE入りを選んだとされています。

☆ファイナルレゾリューションのオーサムコングとの試合中、ゲイルキムが脚を負傷したそうです。キムは治療のためしばらくの間休養するとみられています。

☆チーム3Dが近くTNAを離脱するのではないかといわれていますが、一方であと1年はTNAとの契約が残っており、離脱する事はないという意見も出ています。

★レスリングオブザーバーがニュースレターで報じているTNAカナダツアーの観客動員数です。

12/27 モントリオール 900人
12/28 ケベックシティ 1,000人
12/29 ガッティーノ 700人
12/30 オシャワ 2800人



★gerweck.netの行ったファイナルレゾリューションに関する投票結果です。

Q.内容について
良かった - 23%
普通 - 12%
悪かった - 19%
観ていない - 46%
(全1,003票)

Q.ベストマッチは?
キム vs コング - 41%
ルード、トレイシー vs ブッカー夫妻 - 2%
AJ、トムコ vs ジョー、ナッシュ - 5%
アルティメットX - 11%
アビス vs メシアス - 4%
クリスチャン vs アングル - 31%
LAX vs レイブ、ホイト - 3%
カズ vs ブラックレイン - 3%

ダニエルズのギミックチェンジの準備でしょうか?
1/8付TNAニュース速報です

★1/7にニューヨーク州エルミラで開催されたECW/SDのハウスショーの会場で、TNAのストリートチームが2/23にエルミラで開催されるTNAのハウスショーのチラシを配っていたそうです。

★TNA公式サイトは、クリストファーダニエルズ関連グッズのバーゲンセールを行っています。

☆ブッカーTがTNAへの移籍の意思を固めた一因の一つは、ブッカーTのRAW移籍後、HHH派以外の選手からの人望を集めたため、HHHに疎まれたのが理由だという噂が流れています。
1/17放送分iMPACT!収録結果簡易速報
1/17放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

○ODB vs アンジェリーナラブ●
ODBがアゲンストオールオッズでのノックアウトタイトル挑戦権を獲得。

チーム3Dとジョニーデバインが、モーターシティマシンガンズ、ジェイリーサルに対し、ハードコアストリートファイトルールでの対戦を、アゲンストオールオッズで行うよう要求する。MMGとリーサルはこれを受諾し、乱闘になる。

○トムコ vs エリックヤング●

○カズ vs センシ●
試合後、ブラックレインがカズを襲う。

キップジェームズがBGジェームズを呼び出し、今後誰をタッグパートナーとしてやっていくのか答えるように要求する。BGジェームズは自分の父親の"ブレット"ボブ・アームストロングだという。ボブが登場。3人は互いに抱擁。一緒にリングを立ち去る。

○アビス vs ランスホイト●
ジェームズミッチェルがアビスの秘密とは、ミッチェルがアビスの父親である事だという。

○ロバートルード vs サンジェイダット●

○クリスチャンケイジ vs サモアジョー● vs AJスタイルズ● 3ウェイマッチ
先にサモアジョーがクリスチャンに敗北して失格。続いてAJを下したクリスチャンがアゲンストオールオッズでのTNAタイトル挑戦権を獲得。
今月のiMPACT!に新日本の選手が来襲!?
1/7付TNAニュース速報です

★TNAのエージェントを務めるテリーテイラーが、現役時代のダメージの蓄積で悪化している両膝の整形手術を受けたそうです。

★カナダのビューワーズチョイスカナダで、ファイナルレゾリューションが購入できないというトラブルがあったそうです。どうやら設備に問題があったそうです。

☆センシとTNAの契約はすでに完了しており、インディ団体への出場を始めています。

☆今月下旬のiMPACT!で、新日本プロレスの複数の選手が登場すると見られています。
1/10放送分iMPACT!収録結果簡易速報
1/10放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

Xplosion
○ODB、ジャッキームーア vs アンジェリーナラブ、ベルベットスカイ●

iMPACT!
○モーターシティマシンガンズ vs センシ、エリックススキッパー●

○ジューダスメシアス vs クリスハリス●

○ピーティウィリアムズ、サンジェイダット vs VKM●
試合中にスコットスタイナーが登場。ピーティのスーツケースと自分のものを取り替えてしまう。PTはダットを置いて追いかけていくが、VKMも仲間割れを起こし、ダットがピンフォールを奪う。

ロバートルード vs Msブルックス戦はコルネットが許可しない。コルネットはルードに謹慎処分をちらつかせるが、結局ブッカーTへのリベンジマッチの機会を与えると言う。トレイシーはルードの熱狂的な信奉者に襲われる。

○トムコ vs シャークボーイ●

○LAX vs ロックンレイブインフェクション●

アングルのチーム結成式がリングで行われる。アングルはAJスタイルズに「プリンス」という名前を与える。クリスチャンが登場してマイクアピールの応酬になるが、サモアジョーが登場。ジョーとクリスチャンは共闘してアングル、AJ組と乱闘。コルネットが出てきて、来週、クリスチャン vs ジョー vs AJの試合を行い、その勝者にアゲンストオールオッズでのアングルへの挑戦権を与える事を決定。

○オーサムコング vs ゲイルキム● ノックアウトタイトルマッチ
素晴らしい試合内容で、オーサムコングが勝利。ノックアウトタイトルを奪取。
ダニエルズはカレーマンで復帰?
1/6付TNAニュース速報です

★TNAはアゲンストオールオッズで有刺鉄線デスマッチを行うとアナウンスしました。

☆ファイナルレゾリューション開催前のミーティングで、選手達に対し、1/21、22のiMPACT!収録の際にドラッグテストを行う事が通達されたそうです。公式な発表ではありまえんが、テストの対象となるのはステロイド、ペインキラー、及びマリファナを含む違法な薬物と言われているそうです。一方、罰則については名言されていないそうです。

☆1/4の新日本プロレス参戦は、TNA内部の人々に高く評価されており、特にカートアングルvs永田裕志戦はアングルのベストマッチの一つになったと最高の評価を受けているそうです。

★1/18のPWA(ブッカーTのプロモーション)にはチーム3Dが出場します。

☆クリストファーダニエルズはカレーマンのギミックでTNAに復帰するのではないかという噂が流れています。ダニエルズが日本にレギュラー参戦していた当時、日本の団体で使っていたギミックです。
PPV Final Resolution試合結果速報
PPV Final Resolution試合結果速報です。

クリスチャンとアングルの抗争をまとめたハイライト映像でスタート。

LAX vs ロックンレイブインフェクション
ヘルナンデスが場外のホイトに向かってトップロープ越しのダイブを観光。ジミーレイブはエプロンサイドでホミサイドにDDTをヒット。ホミサイドはロープの間を抜けるトペコンヒーロでレイブにダイブする。ヘルナンデスがレイブにボーダートスを狙うが、クリスティへミーが介入してくる。レイブが反撃してコーナーに登るが、突き落とされて股間を打ってしまう。そのままヘルナンデスに雪崩式ボーダートスを食らって3カウント。
勝者:LAX
試合後、LAXの女性メンバーがホイトの背後に忍び寄ってローブロー。続いてヘミーを殴り倒すと、マスクを取ってシェリーマルチネスであることを公開する。

昨夜行われたと言う、DCS(ドリンキングチャンピオンシップシリーズ)の一回戦の様子が流される。両者とも、何本飲んだかは隠されている。クリスタルとジェレミーボラッシュが審判を務めている。結果はストームが勝利。

クリスタルがバックステージでAJとトムコにインタビュー。AJはアングルにつくか、クリスチャンにつくかは、今夜中に決断を下すと言うが、まだショーは終わっておらず、考える時間は残っていると言う。トムコは、AJの考えは間違っており、自分達はジョー、ナッシュとのタイトルマッチを控えているため、そちらの方が今は大きな問題だと言う。

カズ vs ブラックレイン
カズはリングインしてすぐにレインに襲い掛かる。レインは一旦場外に退避。カズはエプロンからのフライングクローズラインで追い討ちを決める。その後、カズが優位に試合を進めていく。中盤はレインのペース。ロープを使ったチョーク攻撃など、反則を交えてカズの首を攻撃していく。レインがクローズラインを狙ったところで、カズがクロスボディアタックで反撃。両者ダウン。両者カウント8で立ち上がる。ここからカズがキックの連打からスピニングネックブリーカーをヒット。レインはキックアウトする。続いてカズはスワンダイブ式DDTをヒット。これもレインがキックアウトする。カズのレッグドロップはかわされて自爆。レインがブラックアウト(Xファクターのような技)をヒット。これをキックアウトしたカズがウェイブオブザフューチャーをヒットしてピン。
勝者:カズ

試合後、カズはミスティ(ネズミ)を持っていく。レインは怒り狂って叫んでいる。

カートアングルのロッカールームにジェレミーボラッシュがいる。アングルに対して自分にアイディアがあるという。カートはお前はインタビュワーだろというが、結局聞こうとする。カレンが割って入り、それよりもタイトルマッチに集中するべきだと言う。そして、この業界での地位を守る事を考えているのはいつも自分だけだと言うと立ち去ってしまう。カートはJBにカレンを追うように指示する。

ゲイルキム(c) vs オーサムコング ノーDQノックアウトタイトルマッチ
キムの入場時、エプロンにいるキムにコングが突進するが、キムがこれを察知して場外に下り、逆にコングの足首を捕まえて場外に引きずり出す。場外乱闘になり、コングのクローズラインがヒット。コングは実況テーブルの上の物を捨てて、その上にパワーボムを予告。しかしキムがキックでこれを阻止。コングはキムをリング内に押し込む。コングがキムを圧倒。キムはエルボーで脱出してコーナーに登るが、コングはバックブローでキムを叩き落す。キムはロープに引っかかって逆さ吊りの状態。そのまま場外に突き落とされてしまう。コングは後を追って場外へ。場外でコングはジャイアントスイングの体勢にキムを捕らえると、キムの頭をガードレールに叩きつける。2人は観客席になだれ込む。キムは客からペットボトルを奪ってコングを殴る。キムが反撃してコングをガードレール越しにリングサイドへ落とす。キムはハンマーロックを極めてコングの肩を鉄柱にぶつける。しかしコングは簡単にキムをノックアウトするとリングに押し込む。コングはイスでキムを殴ろうとするが、かわされて、跳ね返ったイスで自爆。キムはコングを場外に落として、コーナーに登ってダイブするが、コングがこれをキャッチ。リングに押し戻してしまう。
コングはキムの髪を掴んでバックブローを連発。パワーボムを狙うがキムが回転して脱出。その上にコングが座り込んで押しつぶそうとするが、これもキムが回避する。さらにコーナーのキムヘの突進を回避するとコーナーに登る。しかし、コングがここを捕らえてリバースパイルドライバー。カバーはキムがキックアウト。しかし、コングはレフリーのカウントに不満がある様子。レフリーのスリックジョンソンにパワーボムを見舞う。この間にキムは場外に下りてイスを持ってくると何度もコングを殴りつけて、最後は頭に叩きつける。コーナーに登ってスプラッシュをヒット。しかしレフリーが気絶している。キムはセカンドレフリーを要求。ルディチャールズが現れてカウントを取るが、コングがキックアウト。コングはキムにチョークスラム。キムがキックアウト。コングはルディチャールズにもパワーボムを狙うが、この隙にキムがロールアップ。チャールズがコングの上に落ちてしまい、コングがダメージ。そのままそのままカウント3。
勝者:ゲイルキム
素晴らしい試合。試合後、コングはキムを攻撃しようとするが、セキュリティが止めに入り、ラブとスカイがキムを助ける。

バックステージ。カレンアングルがAJを探して男子トイレに入って行き、AJを問い詰める。すると個室からODBが高笑いしながら出てくる。

クリスタルがジェームズミッチェルにインタビュー。アビスの秘密について聞き出そうとするが、ミッチェルは拒否。アビスからしゃべらせると言う。

アビス vs ジューダスメシアス
メシアスはアビスの足を集中攻撃。アビスはリング下で画鋲を探すが、ミッチェルが持っている。アビスはミッチェルを追いかける。その背後からメシアスが攻撃。アビスはチョークスラムをヒット。メシアスがキックアウト。ミッチェルが大きな黒い袋を持ってリングサイドに戻ってくると、アビスもリング下から有刺鉄線を巻きつけたイスを持ち出す。レフリーはアビスからイスを奪い取る。アビスのブラックホールスラムがヒットするが、ミッチェルがレフリーを妨害。メシアスは有刺鉄線付きのイスでアビスの頭を殴ってピンフォール。
勝者:ジューダスメシアス

ミッチェルはマイクを持ち、秘密をバラせとアビスに言う。アビスは拒否。ミッチェルは大きな黒い袋からガソリンの入った缶を取り出す。メシアスがガソリンをアビスにかけ、ミッチェルがマッチに火をつけるが、ここでセキュリティが止めに入る。

バックステージでクリスタルがナッシュにインタビュー。自分はビンタをした相手に次にあったときはキスをする男だと言う。

ロバートルード、Msブルックス vs ブッカーT、シャメール
ルードの信奉者はスタンド席。スローペースでルードがブッカーを攻撃。ブッカーはサイドキックを放つが、ルードが回避して場外転落。トレイシーは残念そうな表情。ルードはトレイシーにブッカーを攻撃するよう指示するがトレイシーが拒否。ルードがトレイシーを突き飛ばすが、レフリーはこれをタッチと判定。ブッカーはシャメールとタッチ。シャメールはトレイシーをタックルで倒してはたく。ルードがカットに入る。ルードとトレイシーが口論になる隙に、シャメールがトレイシーを丸め込んでカウント3。
勝者:シャメール、ブッカーT
怒ったトレイシーはルードにビンタ。ルードはトレイシーをコーナーに押さえつけて殴ろうとする。シャメールが止めに入るが、ルードはシャメールをレフリーと勘違いして、顔をこぶしで殴ってしまう。激怒したブッカーが飛び込んでくるが、ルードは大急ぎで逃げていく。

クリスタルがクリスチャンにタイトルマッチについてインタビューしている。

DCSの2回戦の様子が流れる。ストームがトイレに行ってしまい、ストームの敗北。

チーム3D、ジョニーデバイン vs モーターシティマシンガンズ、ジェイリーサル アルティメットXマッチ
アルティメットXのセットが組まれている間、3Dがマイクで対戦相手をなじっている。さらにソーカルヴァルはヤ○○○だと言う。両チーム入り乱れての場外乱闘でスタート。ブラザーレイがケーブルを掴もうとするが、結局掴まる事ができない。ディーボンがレイを肩車してベルト(いつものXの代わりに、3Dが強奪中のXディビジョンのベルトが吊るされている)を直接掴ませようとするが、結局崩れ落ちてしまう。今度はディーボンがレイの肩の上に立ち上がってベルトを取ろうとするが、リーサルにドロップキックで蹴り落とされてしまう。リーサルはケーブルから落下しつつデバインに飛びついてハリケーンラナをヒット。シェリーがディーボンに突進するがかわされてレフリーに誤爆。レイがラダーを持ち出してリングにセット。デバインがラダーに登る。セービンがラダーを倒してデバインは場外にセットされていた2台のテーブルに落下するものの、テーブルが割れない。結局ディーボンがラダーを登ってベルトを取り、レイがレフリーをたたき起こして勝利を認めさせる。
勝者:チーム3D、ジョニーデバイン

クリスタルがジョーにインタビュー、ジョーはナッシュとは最悪の関係で始まったが、一緒にトレーニングするうちに理解し合えたという。

AJスタイルズ、トムコ(c) vs サモアジョー、ケビンナッシュ TNAタッグタイトルマッチ
ナッシュとジョーのチームワークは良好。AJとトムコはジョーを孤立させて集中攻撃。AJがスワンダイブするが、ジョーが空中でパワースラムに捕らえる。ジョーがナッシュにタッチを求めるがナッシュは場外に下りてタッチを拒否すると、ジョーを侮辱するジェスチャーをして退場。ジョーはそれでもAJにマッスルバスターを決めるが、トムコがカット。AJとトムコのツープラトンのパワーボムを食らってピン。
勝者:AJスタイルズ、トムコ

DCSの最終戦の様子が映る。ストームがエリックが飲むのを妨害して勝利。アゲンストオールオッズで、エリックヤングとの対戦の試合形式を決定する権利を得る。

バックステージでJBがカートに、カレンがAJを誘惑しようとしていたと言う。最初、カートは怒るが、途中から笑い出し、誰もカレンには逆らえないと言う。

カートアングル(c) vs クリスチャンケイジ TNA世界ヘビー級タイトルマッチ
観客はクリスチャンを支持。素晴らしい攻防で序盤が進む。アングルのフロントスープレックスでクリスチャンが場外に転落。リングに戻ってアングルが素晴らしいフォームのムーンサルトプレスをクリスチャンにヒット。アングルはアンクルロックを狙うが、クリスチャンが切り返してシャープシューター。アングルはそれをアンクルロックに切り返す。クリスチャンがロープエスケープ。クリスチャンのアンプリティアをアングルがバックドロップに切り返して2カウント。トップロープに登ろうとするクリスチャンをアングルが1度は阻止するが、2度目はフロッグスプラッシュを食らってしまい、かろうじてキックアウトする。クリスチャンのクローズラインをアングルがかわして、レフリーに誤爆しそうになる。この隙にアングルがローブローからオリンピックスラムをヒット。クリスチャンがギリギリでキックアウトするが、カレンがエプロンサイドに上がってレフリーに抗議。クリスチャンのアンプリティアがヒットするがアングルがかろうじてキックアウト。カレンはクリスチャンの注意を引き、カートが隙をついてアンクルロックに入ろうとするが、逆にクリスチャンがアンクルロックを極める。たまらずカートがタップするが、カレンがレフリーの注意をひきつけており、レフリーは見ていない。ここでAJスタイルズが登場。リングサイドからカレンを排除して、クリスチャンとハグ。しかし、背中を向けたクリスチャンの背後からスワンダイブしてナックルを打ち込み、すぐさまカートがオリンピックスラムでピンフォール。
勝者:カートアングル

カートとAJが一緒に立ち去り放送終了。
正月の視聴率も安定
1/4付TNAニュース速報です

★1/3放送分iMPACT!視聴率は1.1%でした。

☆レスリングオブザーバーは12/20のIGFの観客動員について、カートアングルやブッカーTの名前を出して宣伝していたものの、2500人程度にとどまったと報じています。IGFは約12000人収容の会場に6233人を集めたと発表しているそうです。

☆TNAの選手達の多くは、ドラッグテストが1月の中旬から下旬ごろに始まると予想しているそうです。

★ファイナルレゾリューションのカードです。

カートアングル vs クリスチャンケイジ TNA世界ヘビー級タイトルマッチ

AJスタイルズ、トムコ vs サモアジョー、ケビンナッシュ TNA世界タッグタイトルマッチ

ゲイルキム vs オーサムコング ノーDQノックアウトタイトルマッチ

ロバートルード、Msブルックス vs ブッカーT、シャメール

モーターシティマシンガンズ、ジェイリーサル vs チーム3D、ジョニーデバイン アルティメットXマッチ

カズ vs ブラックレイン

アビス vs ジューダスメシアス

ロックンレイブインフェクション vs LAX




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。