TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナッシュの行動はディクシーが容認していたそうです
3/30付TNAニュース速報です。

※最近prowrestling.netがソースの記事に不確かなものが多いため、当分の間、ここがソースと分かっている記事に関しては△の記号をつけておきます。先日、ベルベットスカイが即座に否定した、トレイシーブルックスに激しく非難されたという記事のソースもprowrestling.netでした。

△prowrestling.netが、オーランド市内のバーで、ジョニーエースとジェフジャレットが鉢合わせた際、同じバーに居合わせたTNAの選手達がジョニーエースに話し掛けても会話に応じなかったものの、ケビンナッシュとの会話には応じたと報じています。ナッシュがWWE内のHHHやショーンマイケルズといった実力者達と親しいためだとしています。

★ケビンナッシュはレッスルマニアウィークエンドの間、さまざまなWWE関係者達と会っており、元WWEクリエイティブチームのセス・メイツと行動を共にしていたそうです。ディクシーカーターはナッシュがWWE関係者達と接触することを認めていたとの事です。

★WWE主催のファンアクセスツアーの団体がユニバーサルスタジオを訪れた際、TNAのブラザーレイ(元ババレイダッドリー)、AJスタイルズ、カズ(フランキーカザリアン)、アールへブナーらが現れ、参加者達にTNA iMPACT!の収録も観覧していくよう、呼びかけていたそうです。

★TNAは番組宣伝用のトラックを準備し、WM24開催期間中にオーランド市内を走らせていたそうです。
スポンサーサイト
WM24上空からの宣伝をTNAが計画
3/29付TNAニュース速報です

★3/28にオーランド市内のバーで、偶然TNAのジェフジャレットとジョニーエースが鉢合わせたそうです。2人は驚いていたものの、その後、談笑していたそうです。同じバーには、WWE側はエッジ、MVP、Mrケネディ、シェルトンベンジャミン。TNA側はクリスチャンケイジ、ケビンナッシュ、ライノ、カレンアングル、サモアジョー、ロバートルード、ゲイルキム、スコットスタイナー、ODB、トレイシーブルックス、ジェレミーボラッシュ、デビッドペンザー。そして元WCWで現在中学校の教師をしているグレイシアが同席していたそうです。
ビンスマクマーンはWWE所属選手達に対し、TNA関係者と接触しないよう通達したとされていますが、エースとジャレットが友好的に談笑していたため、他の選手達もそのまま談笑を続けたとされています。
一方、別のレストランでは、アンダーテイカーとそのガールフレンドが、ブッカーT、シャメール夫妻と会食したと伝えられています。

☆WWEは、TNAが飛行機をチャーターして「Watch TNA iMPACT!」というバナーを貼り、WM24開催中のシトラスボウル上空を飛ばせる計画をしていることを察知したそうです。WWEはこれが映らないように放送するものの、観客達に見えてしまうことは防げないとみられています。
4/10放送分iMPACT!収録結果簡易速報
4/10放送分iMPACT!収録結果簡易速報です。

プレショー
○カレーマン vs ジョニーデバイン●
スパイシードロップでピン。試合中、レフリーのアールヘブナーが水を飲んだところでカレーマンがその後頭部を叩き、吹き出した水がデバインにかかってしまう。

iMPACT!
チームトムコがリング。チームケイジが登場。メインイベントはチーム3Dvsスティング、ナッシュに決定。クリスチャンはトムコに対し、自分がいつでも前に立ってからこそ、何も考えずにいられたのだと言う。
AJはチームケイジを挑発。チームケイジがリングに向かってくると、チームトムコのメンバーはAJを追いて退場。それに気付かないAJは捕まりそうになるが、ギリギリでリングから脱出する。

○コンスケンスクリード vs ジミーレイブ● 
ハンマーロックDDTでピンフォール。

ジムコルネットが、テネイとDWに話をするが、内容は聞き取れず。

○スコットスタイナー、ピーティウィリアムズ vs モーターシティマシンガンズ●
マシンガンズはリバースDDTとドロップキックの連携技を見事に決めるが、PTのカナディアンデストロイヤーが、スコットに不意打ちをかけられたシェリーにヒットしてピンフォール。
試合後、スコットはPTに最後の洗礼を与えるとして、リングでPTの髪を切る。

カートアングルがリングに登場。サモアジョーに契約書へのサインを求める。ジョーはこれに応じ、ロックダウンでタイトルを奪う事ができなかったら、二度とレスリングはやらないと宣言する。

○ロキシーラヴォー vs アンジェリーナラブ●
エプロンに上がったベルベットスカイとラブが交錯した隙に、バービークラッシャー(相手に飛びついて、ハンマーロックとボディシザーズを同時に極めつつDDTで落とす)でピン。

○スーパーエリック vs ブラックレイン●
非常に短い試合。デスバレーで決着。レリックが試合後に乱入してエリックを手錠でトップロープに繋ぐ。カズが救出に駆けつけるが、ロックンレイブインフェクションが出てきて、レイン、レリックとともにカズを攻撃する。エリックは自力で手錠を壊して自由になると、ヒールたちを一掃してしまう。

○ケビンナッシュ、スティング vs チーム3D● (反則)
3Dがそれぞれチョークスラムとスコーピオンデスロックに捕まったところでAJとトムコが乱入して反則裁定。ライノとクリスチャンも出てきて乱闘になり、最後はAJがライノのゴアをリング中央で食らう。
ナッシュとスティングは、リングで観客達に対しウルフパックのジェスチャーでアピール。
3/27の視聴率は奮わず
3/28付TNAニュース速報です

☆TNA上層部が、ロビーマカリスターが来場しているのを番組中で映した事に対し、多くのTNA所属選手たちが強い反感を抱いているそうです。彼が放送に利用されればWWE内での彼の立場を悪くする事は容易に想像できたためです。実際、iMPACT!の放送後、WWEはロビーを自宅に帰らせたと報じられています。ロビーは友人のジョニーデバインを訪ねるのが目的だったそうです。

★3/27放送分iMPACT!視聴率は1.0%でした。史上最高視聴率を目指していましたが、最後の15分間こそ1.25%と健闘したものの、その他の時間帯は奮いませんでした。裏でNCAAバスケットボールの試合が行われていた事が影響したと考えられています。

4/3放送分iMPACT!収録結果簡易速報
4/3放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

○ロバートルード vs ジェイリーサル●

トムコがリーサルロックダウンは5対5になったと発表。自分のチームの5人目はジェームズストームだという。クリスチャンが現れ、この番組中に5人目を発表するという。

○LAX、モーターシティマシンガンズ vs ロックンレイブインフェクション、ブラックレイン、レリック●

○AJスタイルズ、トムコ vs ライノ、クリスチャンケイジ● (反則)

○シャークボーイ vs エリックススキッパー● Xスケープマッチ予選

○トレイシーブルックス vs ペイトンバンクス●

カートアングルが登場。サモアジョーに、ロックダウンのタイトルマッチで負けたらTNAを辞めるという書類にサインしろと言う。スコットスタイナーが現れ、ロックダウンのTNAタイトルマッチの勝者と、サクリファイスで戦うためにブリーフケースの権利を行使すると発表する。

○スティング vs ジェームズストーム●

チームケイジの5人目はマットモーガンと発表
iMPACT!収録にWWEの選手が多数来場
3/27付TNAニュース速報です

★3/27のiMPACT!収録の観覧希望者のうち、2千~3千人ほどが入場できなかったそうです。観客の入場の際には、ディクシーカーターが出迎えたそうです。
Impact Zoneのキャパシティは900人で、観覧希望者には先着順に整理券が配られ、開場時、整理券番号順に入場します。iMPACT!収録、PPV共に入場料は無料(ユニバーサルスタジオへの入場料は別)で、全席自由です。

★3/27のiMPACT!収録のダークマッチで、カレーマン、シャークボーイ、エリックヤング組が、ランスホイト、ジミーレイブ、レリック組に勝利しました。

★3/27の収録会場では、無料でTNAグッズが観客達に振舞われたそうです。

★3/27の収録のバックステージには、ハイランダーズ、シャノンムーア、チャボゲレラらが訪れていたそうです。他にもWWE所属選手が複数名来ていたそうです。また、ミッドウェイ社の幹部も観戦していたそうです。

★3/27放送分iMPACT!の中で、観客席のローリーロビーマカリスターが映った際、「WWE所属レスラー デレック・グラハム-クーチ」とテロップで表示されていたそうです。表示された名前は本名です。WWEがロビーを解雇したと言う報道は全くなされていません。(映像で確認しましたが、『元』と取れるような記述はありませんでした。)

☆WWEは所属選手達に、WM24の期間中、TNAの選手と接触しないように通達をだしているそうです。

★TNAは裁判所に対し、コナンから起こされた訴えに対して、真っ向から反論する意見を提出したそうです。その中で、コナンとの契約ではあらゆる怪我について、コナンが責を負うことで合意に達していると主張しているそうです。
TNA側の反論文はコチラでコピーを確認する事ができます。

◆3/16のAAAに出場したサブーですが、脚の骨折と背骨の故障を抱えたボロボロの状態で出場し、試合でも余り動く事ができなかったそうです。ロンキリングスがWWEと契約を結んだために、どうしても休めない状況にあるそうです。
3/27放送分iMPACT!試合結果速報
3/27放送分iMPACT!試合結果速報です。
今週はiMPACT!史上初の生放送ですので、リアルタイムで速報しています。

観客席でのブッカーTとロバートルードとの乱闘でスタート。そのままリングになだれ込んでいく。ペイトンバンクスとトレイシーも出てきて、乱闘を始めようとするがセキュリティが出てきて止める。

マイクテネイとドンウエストが今夜のカードを紹介。TNA公式サイトでオーサムコングの次の対戦相手を決めるファン投票を行っているとアナウンスする。
ジムコルネットは、インタラクティブマッチは2つ行うとし、もう一つはブッカーTvsロバートルード戦でファン投票で試合形式を決定すると発表。

ジェレミーボラッシュがAJとトムコに、アングルのスパーリングパートナーを務めることと、スティングの復帰について尋ねていると、アングルが登場。アングルは2人に対し、今夜のスパーリングで怪我をさせるつもりは無いが、足を引っ張ってくれると言い放つ。

ジョニーデバイン vs アレックスシェリー Xスケープマッチ予選
シェリーが優勢に試合を進めるが、チーム3Dが登場。シェリーがそちらに気をとられる。ここで照明が落ち、チーム3Dは退散する。シェリーは危険なダイビング攻撃をデバインにヒット。観客は熱狂。
ここでコマーシャル。

コマーシャル明け、デバインが優勢に転じている。しかしシェリーが反撃。ムーンサルトをヒットしてニアフォール。デバインは場外に抜け出して三脚を持ち出してシェリーの頭を殴り、フォールを奪う。
勝者:ジョニーデバイン

ソーカルヴァルがリーサルのトレーニングを手伝っている。ヴァルが見守る中でリーサルはベンチプレスを始めるが、ピーティウィリアムズが通りかかり、錘が軽すぎると言う。リーサルがトレーニングを続けていると、サンジェイダットが通りかかる。ヴァルはサンジェイと話し込んでしまい、リーサルはウエイトにつぶされそうになっていしまう。

バックステージでブッカーTが、ルードとの試合を成立させるための計画は成功したと言い、ルードを(シャメールも試合に出場する)ロックダウンに出場できなくしてやるという。ブッカーは観客に対し、ルードの血を望んでいるとアピール。

コマーシャル明け、チーム3Dがデバインの勝利を祝福。引き続きXディビジョンの崩壊に務めるように言う。レイは続けてスティングに対し、自分達はいつでも攻撃できるのだと言い、スティングが近づかなければ、自分達も近づきはしないという。しかし、再び照明が落ちると、チーム3Dは錯乱状態になってしまう。

WWEのロビーマカリスターが観客席にいるのが映る。

スコットスタイナー、ピーティウィリアムズ、ラカカーン vs LAX、サリナス
先週の試合後の、スタイナーのPTに対する洗礼のシーンが映る。今回は電気責め。
序盤はLAXが完全に支配。しかしPTが流れを変えてスコットにタッチ。スコットがホミサイドをパワーで圧倒する。ホミサイドはようやくヘルナンデスにタッチして、ヘルナンデスがクリーンザハウス。カーンがヘルナンデスに対峙するが、サリナスが割って入り場外乱闘。ヘルナンデスがスタイナーにトップロープ越えのノータッチトペを敢行。、ホミサイドがTボーンスープレックスから、そのままブリッジを維持してカバー。カウント3。
勝者:LAX、サリナス
試合後、スコットはPTに手錠をかける。

事前収録のインタビュー。BGジェームズが、フィーストオアファイアードマッチはチームの終わりの始まりだったと言う。そしてキップは、自分がキップよりも父親を選んだ事が気に入らなかったのだとし、自分はキップを誤解していたとして、キップが自分のエゴを押し通したために、過去の栄光を汚してしまったという。

コマーシャル明け、ロックダウンの宣伝と、コンスケンスクリードのプロモーション映像が流れるが、音声が流れない放送事故。

事前収録でテネイがカレンアングルにインタビュー。カレンは別居が正しい判断だったという。そして、カートはサモアジョー戦に集中する余り、子供達のことについて何も感じられなくなっているという。カレンは今、自分のことを大事にしてくれる人と会っているが、これ以上は深入りできないと言う。

コマーシャル

サモアジョーのトレーニング風景。金網の中でトレーニングを積み、MMAファイターがアドバイスしている。ジョーは中継で実況陣のインタビューに応じ、アングルを叩きのめす準備は着々と整っていると言う。そして、タイトルはバックステージでの計略や謀略などで奪うものではないと言い、ロックダウンで世界タイトルを奪取すると誓う。

MMAファイターのフランクトリグが実況席に加わる。AJスタイルズとトムコがトレーニング着でリングに登場。1ラウンド1分のスパーリングが始まる。
トムコが先発。アングルは三角締めを極めるがトムコが奪取。アングルは再びテイクダウンを奪い、もう一度三角。トムコは流血。ここで時間切れ。
2ラウンド目は、AJスタイルズが、しばらくはアングルをかわして、リングを逃げ回る展開。
3ラウンド目はトムコがヘッドロックでテイクダウンを奪うが、アングルがアンクルロックに切り返して時間切れ。トムコとアングルは握手を交わす。
4ラウンド目。アングルがAJにヘッドロック。AJは脱出。その後はこれといった事は無く終了。

アングルはAJに不満をぶつける。クリスチャンのテーマがヒット。ライノ、ナッシュを伴って登場。アングルが真剣なスパーリングを求めると言うのなら、自分達が受けてやってもいいと言う。
アングルはリングから立ち去る。残されたAJとトムコをクリスチャン達が攻撃。チーム3Dが救援に駆けつけるが、ディーボンが途中でカメラのケーブルに足を引っ掛けて転んでしまう。
ヒール軍が優位にたち、クリスチャンをテーブル葬しようとしたとき、照明が落ちバットを持ったスティングがリングに現れる。スティングはリングから全員を追い払うとマイクを持ち、オーランドに戻って来れたことは素晴らしいことだといい、ロックダウンのチームトムコvsチームクリスチャン戦を今夜行いたいと言う。

コマーシャル

JBがロバートルードに、投票の結果、ブッカーTとの試合はファーストブラッドマッチに決ったと報告。ルードは最悪の悪夢はロックダウンで現実になるというと、今夜はブッカーに血を流させ、ロックダウンでその妻の血を流させてやると言う。

ロバートルード vs ブッカーT ファーストブラッドマッチ
テネイは試合中に、今夜の8人タッグ戦はコマーシャル中断なしで行われるとアナウンス。序盤はブッカーが圧倒。ルードを場外の落としたところでコマーシャル。

コマーシャル

ルードはリング側面にブッカーの額を打ち付ける。ルードはイスを持ち出し、ドロップトーホールドでブッカーをイスに倒れこませるが、流血しない。ルードはコーナーにイスをセットして、ブッカーを突っ込ませようとするが、逆に自分が突っ込まされてしまう。
ブッカーはイス越しにルードにキックを決めようとするが、ルードが逆にイスでブッカーを殴る。それでもまだ流血しない。ルードは再びイスでブッカーを殴ろうとするが、ブッカーがかわしてロープを叩いてしまい、反動で自爆。場外乱闘になり、ブッカーがルードを鉄柱に額から叩きつけ、少量の血が流れる。
勝者:ブッカーT

クリスタルがオーサムコングとライーシャサイードにインタビュー。サイードは用意していたコングからのメッセージを読む。内容は、相手が誰であろうが、破壊して突き進むのみというもの。コングの対戦相手はコマーシャル明けに発表されるとアナウンス。

コマーシャル明け、JBがゲイルキムとODBに、票が割れたため、どちらも得票数が500に満たなかったと言う。JBはODBが勝者だと告げる。キムはODBを激励する。

ODB vs オーサムコング ノックアウトタイトルマッチ

ODBはコングにボディスラムを狙うが持ち上げられず、コングに押しつぶされてしまう。コングが圧倒し、ODBにキャメルクラッチ。しかしコングがスプラッシュを自爆。ODBはクローズラインの連発からようやくルーテーズプレスでコングを倒してニアフォール。しかし、コングのオーサムボムが決ってしまい、ピンフォール。
勝者:オーサムコング

コマーシャル

クリスタルがバックステージで、クリスチャンにインタビュー。クリスチャンはチームメイトを紹介する。
チームトムコ vs チームケイジ
クリスチャンとAJでスタート。一進一退の攻防からAJがトムコにタッチ。トムコは先ほどのアングルとのスパーリングで目を傷めた様子。クリスチャンはナッシュにタッチ。トムコと一進一退の攻防。
ライノが入って、チーム3Dの2人をまとめて攻撃し、ディーボンから2カウントを奪う。しかし、レイがレフリーの注意をAJたちに向かせた隙に、リングポストにライノの股間を打ち付ける。レイがタッチを受けて、セカンドロープからボディプレスをヒット。しかし、ライノがキックアウトする。
チームトムコはライノを自軍コーナーに孤立させ、頻繁にタッチを繰り返しながら攻撃。ライノはレイをクローズラインで倒して自軍コーナーに這い戻り、スティングにタッチ。
スティングが入ってクリーンハウス。チーム3Dの2人まとめてスティンガースプラッシュをヒット。さらにAJにスコーピオンデスロックを極める。しかし、全員で乱闘になる。チームケイジが圧倒し、ディーボンにスコーピオンデスロックをかけるスティングを、残り3人でガード。ついにディーボンがタップアウトする。
勝者:チームケイジ

チームケイジが勝利を祝っているところへ、ジェームズストームが登場。スティングの後頭部をビール瓶で殴る。続いてチームトムコのメンバーがチームケイジを襲いノックアウト。ストームを加えた5人でチームケイジを見下ろす。
ロックダウンの観客動員はTNA史上最高が確定
3/26付TNAニュース速報です

★今春、TNAのトレーディングカードの発売を予定しているトライスタープロダクションズ社は、ケビンナッシュをTNAトレーディングカード担当の特別スポークスマンに任命したと発表しました。ナッシュはスポーツトレーディングカードや、スポーツ関連記念グッズのコレクターとして知られています。

☆ランディクートゥアとカートアングルが、夏頃にグラップリングマッチで対戦するとされている件について、プロのサブミッションマッチリーグを開催し、その中で対戦を行うと言う噂が流れています。

☆LAXをイメージチェンジして再プッシュすることが検討されているそうです。

★マットモーガンは4/8~5/8のスケジュールで、アメリカングラディエーターズシーズン2の撮影に入るそうです。番組は5/12から放送されるそうです。

★6月のイギリス遠征に、6/12のリバプール大会が追加されました。

★ロックダウン大会のチケットは、残すところ2000枚を切っているそうです。会場のキャパは8000人程度とされており、すでに過去最高のチケット販売数を記録しているそうです。

★カートアングルは、自身2冊目の自伝を2009年に出版するそうです。WWE時代やTNAへの移籍について言及するそうです。

☆8月のハードジャスティスは、ユニバーサルスタジオで開催する可能性があるそうです。
iMPACT!生放送に元PRIDEファイターが登場
3/24付TNAニュース速報です

★生放送される3/27放送分iMPACT!にMMAファイターのフランク・トリグが登場するそうです。アングルが言及している、サモアジョーvsカートアングルのMMAマッチのセットアップに関わるようです。

★TNAはモバイルアラートで、10月のバウンドフォーグローリー開催地候補として、ニューヨーク、シカゴ、トロントなどを検討していると報じています。

★カートアングルが出演したラジオ番組の中で、アマレスを始めた最初の年は散々で、成績は1勝16敗だったと明かしました。また、プロレスに転向した1年目は、サイコロジー(直訳すると心理学ですが、観客との駆け引きといった意味合い)に重点を置いていたとしています。収入に関しては、もっとも多かった年で300万ドルの収入があったとし、現在でも7桁の収入があるそうですが、彼にとってお金は重要な問題ではないとしています。

☆ディスティネーションXのメインイベントは、アンダーカードの試合が長くなってしまったため、5分~7分程度、短く切り上げたそうです。

☆iMPACT!のリングサイドで、チーム3Dと小競り合いをしているジョエルアンダーソン(サバイバーの元出演者)は、現在TNAの関係者からレスリングのコーチングを受けているそうです。十分にレスラーとして成長するまで、しばらくリングに上がる事は無いそうですが、時が来ればチーム3Dと対立していく予定になっているそうです。

☆ジョニーフェアプレイの起用に関して、TNA上層部はまだ結論を出していないものの、起用しない方向に向かっているようだとされています。

★3/27はスティングの49歳の誕生日だそうです。

★コナンの主任弁護士はアトランタの雇用機会均等委員会に、コナンがTNAから不当な扱いを受けたと訴え出たそうです。委員会はTNAに対し、30日以内に訴えに対する返答を求めるとしています。コナンは700万ドルの損害賠償を求めているそうです。
ロックダウンのチケット販売は好調のようです
3/23付TNAニュース速報です

★ミッドウェイ社が開発中のTNAのゲームの発売予定日は6/25に延期されたそうです。

★ロックダウンのチケットは150ドル、50ドル、35ドルの席が売り切れたそうです。125ドルと25ドルの席はまだ残っているそうです。

★ロックダウンでの復帰が予告されているコンスケンスクリードですが、4/10放送分iMPACT!に登場する予定になっているそうです。

★ベストオブ2007のDVDは、発売日が4/22に延期されました。

★チーム3Dとロバートルードが、4/19のPWAの大会にブッキングされています。
ベルベットスカイが噂を直ちに否定
3/21付TNAニュース速報です

★トレイシーブルックスがベルベットスカイの収録中の振る舞いについて、激しく非難したとされる件について、ベルベットスカイが自身のブログで事実無根であるとコメントしました。

★3/20放送分iMPACT!視聴率は1.0%でした。

★元TNAのコナンが、TNAから人種差別的扱いを受けたとしてTNAを訴えました。コナンやロンキリングスの手術費用に関してTNAは負担しなかったものの、スコットスタイナーの手術費用は負担したとして、不当性を訴えるそうです。

★生放送される3/27放送分iMPACT!でスティングの復帰が予告されました。
アングルがオーサムコング戦を希望したと発言
3/20付TNAニュース速報です

★トレイシーブルックスがロックダウンの出場者リストから外されました。

★チャックリデルがインタビューの中でカートアングルに言及し、「レスリングの技術だけでUFCでも活躍できると考えているのだとしたら、夢でも見ているんじゃないのか。」とコメントしています。そしてアングルはいつもMMA挑戦を口にするが、何も行動しておらず、MMAのトレーニングも行っていないとし、もし、UFCに来てレスリングをやるつもりなら、それは一つのことしかできないファイターに過ぎず、叩きのめされてしまうだろうとしています。そして、「いくら(レスリングが)優れていようが関係ない。通用しない。」としています。

★TNAは5月8日から10日にかけて、バーモント州とニューヨーク州でハウスショーを開催します。

★前回のiMPACT!収録の際、ドンウエストの声が途中から出なくなってしまったため、マイクテネイとドンウエストは実況の音声を再度収録し直したそうです。

★カートアングルがローカルラジオ番組のインタビューの中で、オーサムコングとの対戦を希望したものの、TNAが認めなかったとコメントしています。

☆前回のiMPACT!収録の際ノックアウト達を集め、彼女たちの素行に関する会議が行われたそうです。その中で、トレイシーブルックス、ゲイルキム、クリスティへミーの3人が、他のノックアウト達よりも自分達を格上だと考えているのではないかと言う不満が新たに加入したノックアウト達の間に広がっているという話がでたそうです。また、前回収録時に行われた試合の中で、ヒールターンしたベルベットスカイがゲイルキムをちゃんと襲わなかったとして、トレイシーが非難していたそうです。さらに、ロッカカーンがメイクが気に入らないとして担当の女性に何度もメイクをやり直させていたことが報告されたそうです。一方、ODBとオーサムコングに関しては、何も問題にされなかったそうです。特にオーサムコングはロッカールームで非常に同僚達から好かれているそうです。
アングルはMMAに新たなTNAの未来を夢見る?
3/19付TNAニュース速報です

★カートアングルがネットラジオ番組「ビトゥイーンザロープス」に出演し、いくつかの質問に答えています。ボビーラシュリーについては、何も言えないとしながらも、大きなサプライズに向けて準備はしているとコメントしています。また、ロックダウンでサモアジョーとMMAルールで対戦するとし、これはTNAがこれから始めようとしている事の始まりだと語っています。そして試合では互いにリングシューズをはかず、足首にはテーピング、手にはオープンフィンガーグローブを着用して戦う事になるだろうとし、ビッグショーvsメイウェザー戦に当てつけてやるとしています。
注目されているランディクートゥアとの対戦については、制約をつけたMMAルールで夏頃に戦う事は互いに合意しているとしましたが、どこのプロモーションで行うか等についてはコメントしていません。

★グレゴリーヘルムズが自らのブログの中で、最近寄せられる多数の質問メールに答えるとし、最近スーパーヒーローギミックを始めたTNAのエリックヤングに対して、一切の悪い感情を抱いていないとコメントしています。ヤングとは1度だけ会ったことがあるとし、底抜けに面白い、いい奴だったとしています。しかし、スーパーヒーローギミックに関しては、ハリケーンに敵う者はいないとしています。

☆ジェフジャレットは、WWEのホールオブフェイムをTNA所属選手が観覧する事に反対しているそうです。すでに何人かの選手はリックフレアーを見るためにチケットを購入しているとされています。
元ナチュラルズの2人はWWEにトライアウト出場?
3/18付TNAニュース速報です

★3/18のSmackdown収録に元TNAのナチュラルズのアンディダグラスとチェイススティーブンスが登場しました。もう一人ルーク・ホークスというインディレスラーを加えた3人vsビッグショーのハンディキャップマッチに出場し、チェイススティーブンスがピンフォールを奪われました。3/17のRAW収録のバックステージにも来ていたそうです。今のところ、どのような待遇で収録に参加したのかはわかっていません。

★TNAは今春、トライスタープロダクションズからトレーディングカードを発売すると発表しました。
カレーマンの成功で堕天使の復帰は遠のく!?
3/17付TNAニュース速報です

☆カレーマンのギミックをTNAで使う事はクリストファーダニエルズ本人の発案だったそうですが、TNA上層部は日本で成功したギミックであることは知っていても、TNAでどう受け止められるかは不安視していたそうです。しかし、ダニエルズのこれまでのパフォーマンスを高く評価しており、働きに報いる意味もあってゴーサインを出したそうです。
当初は、ダニエルズの解雇ギミックの間のつなぎと考えられていたそうですが、あまりにも観客の反応が良かったため、当分の間続けることになったそうです。

☆ケンタッキー州パイクビルで開催したハウスショーには6000人以上の観衆を動員したそうです。この結果にTNA上層部は驚喜しており、今年度中にもパイクビルでPPV開催を検討しているそうです。

☆5月のサクリファイスは、ユニバーサルスタジオで開催される最後のPPVになる可能性があるそうです。
KY州パイクビル大会は大成功
3/16付TNAニュース速報です

★ケンタッキー州のボクシング&レスリング協会は、同州のパイクビルで開催されたTNAのハウスショーの中で3件の違反行為があったと指摘しています。ライノとロバートルードが観客席で乱闘した事が問題になっているそうです。

★ケンタッキー州パイクビル大会のチケットはほぼ完売で、4000枚以上が売れたそうです。さらにグッズもアンダーカードの選手のものまで含め、完売だったそうです。さらに、大会終了後カートアングルが1回20ドルで観客達との写真撮影を行いましたが、300人以上の人が行列を作り、用意していたポラロイドフィルムが足りなくなってしまったそうです。

★ヘルナンデスがマイアミヘラルド紙のインタビューの中でホミサイドを「天才」と評し、世界最高のタッグチームの一つになりたいとコメントしています。

☆リッキーバンデラス(ジューダスメシアス)は、メキシコのAAAへの出場日を優先できる形での継続出場をTNAに求めたそうですが、TNAはこれを断ったそうです。バンデラスは年俸約10万ドルで、週5日、年間52週出場するという契約をAAAと結んでいるそうです。TNAはアビスとの抗争終了後にバンデラスを起用するストーリーラインを用意していなかったため契約を終了したそうです。一方で、バンデラスを活用できるストーリーラインができれば、再び契約を結ぶ可能性はあるとされています。




アングルはまだMMA戦の準備が整っていないそうです
3/15付TNAニュース速報です

★3/14にケンタッキー州パイクビルで開催されたハウスショーにブッカーTの出場が当初宣伝されていましたが結局参加せず、同日開催されたPWAのメインイベントに登場し、チーム3Dと対戦しました。チーム3DはPWAを侵略しに来たと言うギミックで出場を続けるようです。

★MMAjunkie.comのインタビューにカートアングルが答えています。その中で、MMA挑戦はオリンピックの後、ずっと望んでいたとしながらも、現在、万全の体調を維持しているものの、MMAで戦うための体はできていないとしています。
ブッカーがルードと戦う理由
3/14付TNAニュース速報です

★3/13放送分iMPACT!視聴率は1.12%でした。

★3/5のAAAの大会にスコットスタイナーがサプライズ登場したそうです。

☆AAAはモーターシティマシンガンズの起用を検討しているそうです。

★3/13のハウスショーをジェームズストームが欠場しましたが、ディスティネーションXのエレベーションX戦で負傷した事をアピールするための措置と見られています。

☆ブッカーTは、ロバートルードの可能性を見込んでルードとの抗争を望んだそうです。また、トムコとの抗争も望んでいるそうです。一方でブラックレインをヒールターンさせて、タッグを結成する事を提案しているという噂です。
アングルとクートゥアは、打撃なしのルールで対戦を検討中
3/13付TNAニュース速報です

★カートアングルはTAGGラジオで、ランディクートゥアはババのラブスポンジ(ネットラジオ番組)で、それぞれ、この夏ごろに両者の間でグラップリングマッチを行うことを話し合っていると発言しました。MMAルールから打撃を排除したような試合形式との事です。

★3/14にケンタッキー州パイクビルで開催するハウスショーのチケットは、4000枚以上が売れているそうです。

★3/11のハウスショーで、コンスケンスクリードがサンジェイダットとのタッグマッチで復帰したそうです。この試合でサンジェイダットがヒールターンし、対戦相手のクリスセービンにローブローを放ったそうです。今のところ、iMPACT!やPPVのストーリーには無関係のようです。

★4/6にアイオワ州デモインで開催が予定されていたハウスショーがキャンセルされました。理由は明らかにされていません。

★元WWEのシャッドガスパード(クライムタイム)が、TNAとアメリカングラディエーターズからそれぞれ接触があったことをブログで明かしています。今後については現在検討中としています。
3/20放送分iMPACT!収録結果簡易速報
3/20放送分iMPACT!収録結果簡易速報です
3/11に収録されたエピソードです

ブッカーTが登場、シャメール復帰を祝うとしてシャメールを呼び出す。そして二度と危険な目には遭わせないと誓う。ジムコルネットが登場。ブッカーに対し、ディスティネーションXでシャメールが周囲の人々、特にコルネットを鞭打った事は好ましくなかったとし、ロックダウンでロバートルード、MsバンクスvsブッカーT、シャメール戦を行うと発表。ブッカー達はシャメールが試合に組み込まれたことを怒り、ブッカーは載っていたシャンペンごとテーブルをひっくり返してしまう。コルネットはその怒りは今夜対戦するAJスタイルズにぶつけるように告げる。AJは今夜の試合に特別ゲストのための席を用意しているらしい。

○スコットスタイナー、ピーティウィリアムズ vs エリックヤング、カズ●
今夜は普通のエリックで登場。試合中、花道にブラックレインとレリックが登場。エリックに話し掛けて注意をひきつける間にスコットがエリックを押さえ込んでピンフォール。

○トムコ vs ライノ●
AJスタイルズの介入を利用してトムコが勝利。試合後もAJとトムコはライノを攻撃するが、クリスチャンが救出。クリスチャンがライノに手を差し出すと、ライノは握手に応じる。クリスチャンとライノは、さらにAJ、トムコを攻撃するが、今度はチーム3Dが現れてトムコらに加勢。続いてケビンナッシュがイスを持って登場。ライノ達を助ける。
コルネットがチーム3Dvsクリスチャン、ライノ戦を今夜行うと発表する。

○サンジェイダット vs ホミサイド●
ロックダウンで行われるXスケープマッチの予選試合

AJスタイルズが登場。今夜の試合に招いたゲストとしてカレンアングルを紹介する。用意した特別席にカレンをエスコートする。

○ブッカーT vs AJスタイルズ●
試合中、ルードとバンクスが現れブッカーの妨害をするが、ブッカーが勝利。

○ODB、ゲイルキム vs アンジェリーナラブ、ベルベットスカイ●
ODBがアンジェリーナからピンフォールを奪う。

○クリスチャンケイジ、ライノ vs チーム3D●
ライノのゴアがディーボンに決ってピンフォール。
試合後、AJとトムコが現れチーム3Dを助けると、デバインがクリスチャン、ライノを攻撃。ナッシュ、モーターシティマシンガンズ、カレーマン、シャークボーイが登場して、クリスチャン、ライノに加勢。しかし、ヒール軍団に蹴散らされてしまう。ここでスティングのテーマがヒット。ヒールたちはリングを離れ、スティングを探し回る。

Xplosion
○カレーマン、シャークボーイ vs ロックンレイブインフェクション●
カレーマンがレイブからスパイシードロップでピンフォールを奪う。
カートアングルがHHH、HBK、ビンスを非難
3/12付TNAニュース速報です

☆ワールドXカップのチームUSAメンバーは、アレックスシェリー、クリスセービン、サンジェイダット、ジェイリーサルの4人が予定されているそうです。チームカナダはピーティウィリアムズ、ジョニーデバイン、タイソンダックスともう一人を現在検討中とのことです。

☆CMLL所属のミスティコが、水面下でTNAと接触しているという噂が流れています。関係があるのかどうかは不明ですが、ワールドXカップのチームメキシコはCMLL所属選手が登場すると噂されています。

☆3/27のiMPACT!以後、TNAは生放送を予定していないそうです。

☆イギリスのサン紙のインタビューに対し、カートアングルがWWE時代、アングルがシナよりも優れたレスラーとして観客達から歓声を浴びていたため、HHHからバックステージで非難されたとしています。また、ショーンマイケルズと少し荒れた試合をした際、ビンスマクマーンから、マイケルズに対してやりすぎだと非難されたとしています。アングルは2人の長髪で女々しい奴らの相手はうんざりだと強く彼らを非難しています。
さらにビンスマクマーンについて尋ねられたところ、TNAこそ自分の求めていた場所で、そこにいられて幸せだとして、ビンスを挑発するコメントを付け加えています。
フェアプレイの誘いをサリナスは受け流したそうです
3/10付TNAニュース速報です

★ディスティネーションXで披露したエリックヤングのスーパーエリックのギミックは、今後も継続して使用するそうです。

☆6月のイギリス遠征のチケットが発売されましたが、出だしの売れ行きは好調とのことです。

★ジョニーフェアプレイが、ディスティネーションXのバックステージで、フェアプレイとその婚約者のミッシェル・デイトン(バイセクシャルであることを公言している、アメリカンネクストトップモデルという番組のかつての出場者)と共に、サリナスをホテルに誘ったそうですが、丁重に断られたとラジオ番組でコメントしました。さらに、「あんないい女と『3ウェイ』をしたいと思わない奴はいない」などと発言しています。その場面は多くの人々が目撃しており、フェアプレイたちの幼い娘もいたそうです。

★カレンアングルはディスティネーションXには来ていなかったそうです。また、VKMの2人も来場していなかったそうです。

★カレンアングルの次のiMPACT!での爆弾発言は、妊娠の発表ではないかという憶測が流れていましたが、実際の収録では別居の提案でした。

★ディスティネーションXをディクシーカーターは観客席の最前列、ビンスルッソーは花道の左奥から観戦していたそうです。また、デイブヘブナーがバックステージを訪問していたそうです。

☆ジェームズストームは、エレベーションXのセットから落下した際、何らかの負傷をしたようだと伝えられています。

☆ディスティネーションXの後のロッカールームの士気は、非常に高かったそうです。

☆アビスは現在、クリエイティブチームの手伝いをしており、番組の収録の際はバックステージに来ており、ディスティネーションXの会場にも来ていたそうです。
3/13放送分iMPACT!収録結果簡易速報
3/13放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

ジムコルネットがリングに登場。ロックダウンはダブルメインイベントとして、カートアングルvsサモアジョーのTNA世界ヘビー級タイトルマッチと、恒例のリーサルロックダウンを開催するとし、リーサルロックダウンの各チームキャプテンはクリスチャンケイジとトムコだとアナウンスする。

○カレーマン vs ピーティーウィリアムズ●

スーツを着たサモアジョーが登場。タイトルマッチに向けてアピール。

○ブラックレイン、レリック vs モーターシティマシンガンズ●
試合後にスーパーエリックが登場。レイン達をリングから追い払う。

○カートアングル vs カズ● ノンタイトルマッチ

カレンアングルが登場。カートに別居を申し入れる。カートは喜ばしい事だと言い、カレンは泣きながらリングを走り去る。

○ロックンレイブインフェクション、クリスティへミー vs LAX、サリナス●

○ゲイルキム vs ベルベットスカイ●
試合後、アンジェリーナラブがキムを攻撃。ODBが救出する。

○ケビンナッシュ、クリスチャンケイジ vs トムコ、AJスタイルズ●
チーム3Dの乱入による反則裁定。

チーム3Dがリングサイド最前列にいたジョエルアンダーソンを襲う。
スティングが近く復帰するそうです
3/9付TNAニュース速報です

★TNAはドイツのPremiereという、PPVの放送局と契約を結んだそうです。PremiereはiMPACT!をCM無しの90分番組として無料で放送し、TNAのPPVを販売、放送するそうです。

☆TNAはサモアジョーを長期にわたる番組の柱とするために、ロックダウンから大きなプッシュを与えると噂されています。

★レイヴェンがWWEにもTNAにも戻るつもりは無いとコメントしてしています。現在、レスリングスクールを開校する事を考えているそうです。

☆スティングは近く復帰するそうです。昨年11月のジェネシスを最後に、番組から離れていますが、本人が長期休暇を求めたためだそうです。

★ディスティネーションXの中で行われた、3/6日放送分iMPACT!のメインで行われたカートアングルvsクリスチャンケイジ戦の結果に関する投票は、54%対46%で、クリスチャンの勝利と判断する側が上回りました。メインイベントでアングルアライアンスが最初の5分間を2人で戦う事になったのは、この投票結果を受けての措置でした。
iMPACT!視聴者からアールヘブナーの判定に疑問を呈する声が寄せられたとして、急遽ジムコルネットがこのような判断をしたということになっています。

★MTVの「Made」というドキュメンタリーショーにモーターシティマシンガンズの2人が出演した際の映像がコチラで公開されています。プロレスラーになりたいという14歳のゲイの少年を2人がコーチするという企画です。

★ディスティネーションXの放送開始前、ジェイリーサルとトレイシーが、10ドルで観客との写真撮影に応じていたそうです。収益金は全額チャリティ財団に寄付されるそうです。さらにダークマッチとして、アンジェリーナラブvsロキシーラヴォー戦が行われ、ロキシーが勝利したそうです。この試合は、地元局のラジオ番組のプロモーションを兼ねており、番組DJをラブが叩きのめそうとしたところで、急遽特別試合が組まれたという体裁で行われたそうです。また、大会中もっとも大きな声援を送っていた6人を、大会終了後のバックステージに招待すると言うアナウンスがされていたそうです。

☆ディスティネーションXの客入りは、ざっと見た感じで5割程度だったそうです。

PPV DestinationX試合結果速報
PPV DestinationX試合結果速報です

駐車場にカートアングルが到着。AJとトムコは前回のiMPACT!の金網戦の結末について口論している。AJはカートにカレンの容態について尋ねるが、カートはカレンの事など考える暇があったら、もっと真剣にやれと言う。

LAX vs ロックンレイブインフェクション vs モーターシティマシンガンズ タッグタイトル挑戦者決定戦
観客は非常に盛り上がっている。試合開始早々、ヘルナンデスがホイトを担ぎ上げて場外に投げ落とすと、ブランチャーを見舞う。最後はヘルナンデスがレイブにボーダートスを決めてピンフォール。非常に良いオープニングマッチ。
勝者:LAX タッグタイトル挑戦権獲得

ジョニーフェアプレイがリングサイドにいる。

バックステージでボラッシュが前回のiMPACTで行われた金網戦について説明。フィニッシュシーンのいろんなアングルからのリプレイが流れる。ボラッシュはその試合はどちらが勝利していたと思うかTNA公式サイトで投票を受け付けていると宣伝する。(先に金網から脱出した方が勝利と言うルールで、金網からの落下がクリスチャン、アングル共、ほぼ同時。レフリーのアールヘブナーはクリスチャンの勝利と判断)

ジェイリーサル vs ピーティーウィリアムズ Xディビジョンタイトルマッチ
レフリーはブライアンヘブナー。PTはカナディアンデストロイヤーにトライするが、リーサルがブロックして投げっぱなし式ドラゴンスープレックスをヒット。PTが辛くもキックアウト。今度はPTがシャープシューターを極める。リーサルはリーサルコンビネーションをヒットしてコーナーに登るが、スコットスタイナーが介入してリーサルを突き落とす。PTのカナディアンデストロイヤーがヒット。カバーするがソーカルヴァルがレフリーをリング外に引きずり出して阻止。ラカカーンがヴァルを攻撃しようとするがサンジェイダットがヴァルを助ける。PTが気をとられる隙にリーサルが丸め込んでピンフォール。
勝者:ジェイリーサル Xディビジョンタイトル防衛

バックステージでクリスタルがナッシュ、ジョー、クリスチャンにインタビュー。今夜のメインイベントについて話す。

カズ、エリックヤング vs ブラックレイン、レリック
観客の声援はエリックに集中。しかし、怖気づいてバックステージに逃げ帰ってしまう。カズが2人がかりで攻撃を受けるが、タッチを求めてもエリックはいない。するとスーパーヒーローもののテーマのような曲がヒット。アニメのヒーローのようなコスチュームを身に付けたエリックヤングが出てくる。観客は「スーパーエリック」チャント。エリックはレリックとブラックレインに2人まとめてデスバレーを決めピンフォールを奪う。
勝者:エリックヤング

バックステージでアングルアライアンスがジムコルネットと口論している。チーム3Dが現れ、なぜ自分達を陥れようとするのだと、コルネットに詰め寄る。

オーサムコング vs ゲイルキム vs ODB ノックアウトタイトルマッチ
ODBがロープにコングを固定し、キムがトップロープからレッグドロップを落とす。場外のコングに対しキムがコーナー上からダイブするがコングにキャッチされてしまう。そこへODBがエプロンからダイブ。2人まとめて倒してしまう。キムとODBは共闘しようとするが上手くいかない。コングはキムにセカンドロープからのスプラッシュを見舞い、キムが戦線離脱。最後はODBにオーサムボムを決めてピンフォール。
勝者:オーサムコング

事前収録の、ライノがエレベーションXのセット上を歩いているシーンが流される。

ジムコルネットがリングに登場。大きな歓声で迎えられる。もし今夜の計量にチーム3Dがパスした場合、今後、計量は行わないと発表。しかし、パスできなければ契約は打ち切るという。そして前回のiMPACT!の金網戦で下したアールヘブナーの判断と、試合のルールについてどう思うか、観客達に問う。

シャークボーイ、カレーマン vs チーム3D 魚市場ストリートファイト
リングサイドの観客が「チーム3Dの影は275ポンドよりも重いぞ」というサインボードを掲げている。カレーマンの登場ではドンウエストも踊っている。リングサイドにさまざまな魚を載せたトレイが並べられている。3Dは2人とも計量にパス。ドンウエストはあり得ないといい、ヘブナーの判断を非難する。ジョニーデバインが袋を持ってリングに登場。中にはお菓子がたくさん入っている。3Dは食べようとするが、カレーマンとシャークボーイが背後から襲い掛かる。レイはリングサイドの魚を次々と観客席に投げ込む。さらに生の魚に噛み付いて、ドンウエストに向かって吐き出す。デバインが粉をカレーマンに投げつけて目潰しを狙うが、カレーマンが回避してレイに誤爆。視界を奪われたレイは間違えてカレーマンと共にディーボンに3Dをヒットしてしまう。
勝者:カレーマン、シャークボーイ

試合後、チーム3Dはリングサイドのジェニーフェアプレイと対峙。フェアプレイと共に「サバイバー」に出演していたジョエルアンダーソン(消防士の人)が、フェアプレイを守ろうと立ちはだかる。レイはアンダーソンを突き飛ばして席に押し戻す。アンダーソンがガードレールを飛び越えてレイに飛びかかろうとするが、セキュリティが阻止してバックステージに連行する。

バックステージでジェレミーボラッシュがAJスタイルズに、次のiMPACT!でカレンが爆弾発言をするらしいことを伝えている。

ブッカーT vs ロバートルード ストラップマッチ

試合中、ペイトンバンクスが手錠をルードに渡そうとするがトレイシーが阻止して奪い取り、ブッカーに渡そうとするが、これをルードが奪って手錠でブッカーを殴って勝利。
勝者:ロバートルード
勝者の権利としてバンクスがトレイシーを10回鞭打つ。ルードが皮ひもをバンクスから受け取って、トレイシーを鞭打とうとするとシャメールが登場してトレイシーを救出。シャメールは皮ひもを持ってきており、それでルード、バンクスだけでなく、とめに入ったセキュリティやコルネットまで鞭打つ。

ジェームズストーム vs ライノ エレベーションX
場外乱闘でスタート。ちょっかいを出してきたジャッキーを追いかけて、ライノが足場に上っていく。それをストームが追いかける。足場の上で殴りあいになり、ライノが打ち勝ってストームが落下。リングにセットしてあったテーブルを貫通して落ちる。
勝者:ライノ

カートアングル、AJスタイルズ、トムコ vs クリスチャンケイジ、サモアジョー、ケビンナッシュ

アングルアライアンスは最初の5分間、2人しか試合に出場できないルール。アングルアライアンスはトムコとAJでスタート。カウントダウンが始まると、ジョーが花道でアングルを待ち受け、登場と同時に攻撃する。リングに戻ったジョーは場外のトムコに向けてエルボースイシーダを敢行する。ナッシュは膝をかばいながらたたかう。AJにジャックナイフを決めるが、アングルがナッシュの膝を攻撃。ジョーがAJにマッスルバスターを狙うが、アングルがローブローで阻止する。しかし最後はジョーがトムコからコキーナクラッチでタップを奪う。
勝者:サモアジョー、ケビンナッシュ、クリスチャンケイジ
良い試合ながら、メインイベントとしては短い試合。
RVDが事実上TNA入りを否定する発言
3/7付TNAニュース速報です

★3/6放送分iMPACT!視聴率は1.2%でした。

★TNAはジューダスメシアスの離脱を正式に発表しました。

★TNA公式サイトのロスターページからレイヴェンの項目が削除されました。

★RVDがインタビューの中で、TNA入りについて、WWEからそれ以外の団体へ移ることは後退を意味するとし、TNA入りする意思が無い事を示しました。

☆ボビーラシュリーは、現在MMAのトレーニングに専念しているそうです。しかし、ラシュリーのマネージャー達は、さまざまなオプションを考えており、ラシュリーもプロレスから完全に離れるつもりではないとされています。ラシュリーはブッカーTと特に親しいそうで、時折PWAでもトレーニングを積んでおり、WWE以外の団体との契約が解禁される5月にもTNAはブッカーTを通して契約を持ちかけるものと見られています。
NBCからマットモーガンに正式オファー
3/6付TNAニュース速報です

★NBCは、新アメリカングラディエーターズの第2シーズンのグラディエーターとしてマットモーガンにオファーし、モーガンがこれを受諾するコメントをTNA公式サイトで公開しました。ディクシーカーター、ジェフジャレットともに、モーガンを支持しているそうです。アメリカングラディエーターズの収録は4月に行われますが、TNAの番組への登場に支障はないそうです。

☆レスリングオブザーバーがニュースレターの中で、トムコが新日本プロレスと契約を更新しなかったのは、給料の面で折り合いがつかなかったためだと報じています。トムコは新日本プロレスへの参戦に満足していたため、契約を更新できなかった事を残念に思っているとの事です。

★今後のDVDの発売予定です。

3/11 ファイナルレゾリューション2008
4/22 ベストオブTNA2007
4/29 アゲンストオールオッズ2008
5/13 ディスティネーションX2008
6/17 ロックダウン2008



★ディスティネーションXのカードです。

カートアングル、AJスタイルズ、トムコ vs サモアジョー、クリスチャンケイジ、ケビンナッシュ

ライノ vs ジェームズストーム エレベーションX

ジェイリーサル vs ピーティウィリアムズ Xディビジョンタイトルマッチ

オーサムコング vs ゲイルキム vs ODB ノックアウトタイトルマッチ

ブッカーT vs ロバートルード ストラップマッチ

シャークボーイ、カレーマン vs チーム3D 魚市場ストリートファイト

カズ、エリックヤング vs ブラックレイン、レリック

LAX vs モーターシティマシンガンズ vs ロックンレイブインフェクション TNAタッグタイトル挑戦チーム決定戦


複数の選手がWWEのホールオブフェイムを観覧の予定
3/5付TNAニュース速報です

★前回のiMPACT!収録の際、オーサムコングと対戦したアンジェリーナラブは、指の骨折と脳震盪を負ったそうです。

★トムコがマイアミヘラルド紙のインタビューに答え、その中でレスラーになる前にリンプ・ビズキッドのボディガードをやっていた事や、MMAファイターのティトオーティスと友人である事などを語っています。

★ディスティネーションXのPRのために、3/6はジェームズストーム、3/7はトムコ、3/8はジェームズストーム、エリックヤング、トレイシーブルックスが、開催地のノーフォークでイベントに参加するそうです。

★3月のTNA月例記者会見はモーターシティマシンガンズの2人が担当し、3/6に開かれます。

☆6月のスラミバーサリーは、オーランドで開催されないと予想されていますが、ナッシュビルでも無いとみられているそうです。

☆複数のTNA所属選手が、WWEのホールオブフェイムのチケットを購入しているそうです。リックフレアーへの敬意から、観覧するものとみられています。まだ、誰が出席するかは判明していませんが、ケビンナッシュは出席する可能性が高いとみられているそうです。

★TNAはロックダウン前日の4/12にファン感謝祭を行うと発表しました。ほとんどのTNA所属選手が参加し、質問会、サイン会、撮影会などを行うそうです。チケットは3/7よりTNA公式ショップで発売されます。価格は前売りが40ドルで、当日は50ドルです。
トムコは新日本から離脱ではなく解雇?
3/3付TNAニュース速報です

★3/27放送分のiMPACT!の生放送が正式に発表されました。

☆gerweck.netは、トムコが新日本プロレス離脱を表明した本当の理由として、新日本プロレスがトムコのタッグパートナーだったジャイアントバーナードとの契約は更新したものの、トムコとの契約を更新しない事を決定したためだと報じています。

★5月のサクリファイスはユニバーサルスタジオで開催すると発表されました。

★AAAのホールオブフェイムに、エディゲレロのインダクターとしてへクターゲレロが招かれたそうですが、TNAは出席を禁止したそうです。先にAAAはビッキーゲレロを招待していましたが、WWEが出席を禁止していました。
ボビーナイトはTNAのオファーを断りESPNへ
3/1付TNAニュース速報です

★ボビーナイト(大学バスケットボールの監督)はTNAからの出演交渉を断ったそうです。ナイトはESPNに解説者として登場する契約を結んだそうです。

★アビスのプロフィールが公式サイトから削除されました。

☆TNAは生放送を3/27からスタートする事で、なかなか届かなかった視聴率1.3%を達成する事を期待しているそうです。

★マットモーガンがマンデーナイトメイヘムというネットラジオ番組に出演した際、日本で別次元のレスリングを体験したことで、自分の仕事に対する考え方を整理する事ができたとコメントしています。また、WWEがOVWからジムコルネットを解雇したことについて、大きな失敗だったとし、現在のTNAの選手達(特にモーターシティマシンガンズ)はコルネットの理論の恩恵を受けているなどとしています。また、自分自身の手本としてケビンナッシュを参考にしていることも語っています。

★TNA公式ショップでシャークボーイの新しいTシャツが発売されました。ストーンコールドのTシャツを真似て、前面に大きく「24:7」とプリントされています。コチラで確認できます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。