TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8/7放送分iMPACT!収録結果簡易速報
8/7放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

○ロキシー vs ジャッキームーア● 
特別レフリーをトレイシーが務める。

○サンジェイダット vs カレーマン●
試合後、ソーカルヴァルが泣きながらリングサイドに登場。結婚指輪を無くしたという。ダットがハグして慰める。プリンスジャスティスブラザーフッド(カレーマン、シャークボーイ、スーパーエリックの新ユニット)の残り2人が現れて、リングはダットのタイツの中にあることを告げる。ダットはわけがわからないというそぶりを見せるが、ヴァルはダットにビンタ。

○ジェイリーサル、クリード vs モーターシティマシンガンズ●
試合後、シェリーはセービンを突き飛ばして立ち去ってしまう。コンスケンスズクリードのリングネームは、クリードのみに変更された様子。

○クリスチャンケイジ、ライノ、LAX vs ビアマニー、チーム3D●

○オーサムコング vs サリナス●

○サモアジョー、BGジェームズ、AJスタイルズ、マットモーガン vs トムコ、カートアングル、キップジェームズ、ブッカーT●
ジョーがトムコからピンフォールを奪う。

照明が落ち、天井の梁にスティングが登場。
スポンサーサイト
カートアングルの浮気相手
7/30付TNAニュース速報です

△トムコが8/7放送分iMPACT!収録のバックステージで、同僚達に別れの挨拶をしていたそうです。トムコは今年四月、IGFの大会に出場するため、ロックダウン前のファン感謝祭を欠席したため、TNAから30日間の謹慎処分を受けて以降、不満が溜まっていたとされています。

△ケビンナッシュは7/30放送分iMPACT!の収録後、とても怒っていたそうです。TNAからサモアジョー相手に負け役をやるよう求められたことに腹を立てていたとされています。

★先日、ネット上で放送されるカートアングルの番組、「リアル・アングル」がスタートしました。この中で、アングルがWWE時代に関係を持った浮気相手が、カレンを殺してやると脅迫してきた事を明かしています。番組中でこの女性の素性は明らかにされていませんが、2003年の5月に、カートアングル夫妻に対して2年半に渡ってストーキング行為を続けてきたして逮捕された、ディーン・サイデンの事だとみられています。逮捕当時、カートはこの女性との関係を否定していましたが、今回の番組ではこれを覆した事になります。サイデンはアングル家の留守番電話に、執拗にカートの子供を妊娠しており、責任を取れという内容のメッセージを残していたと警察が発表しています。
サイデンはリックフレアーに対するストーキング容疑でも逮捕歴があるそうです。
7/31放送分iMPACT!収録結果簡易速報
7/31放送分iMPACT!収録結果簡易速報です。

○ビアマニー vs クリスチャンケイジ、ライノ●
ビアマニーがハードジャスティスでのTNAタッグタイトル挑戦権を獲得。チーム3Dが介入したことに対し、クリスチャンはハードジャスティスでのタッグマッチでの対戦を要求。

○ジェイリーサル、シャークボーイ、カレーマン vs ジョニーデバイン、ロックンレイブインフェクション●
リーサルがマイクで再びソーカルヴァルにプロポーズするが、ヴァルはリングから出て行くように言う。リーサルは怒って退場。

ブッカーTがリングに登場。サモアジョーに「金網戦への旅」を与えてやると言う。2人は乱闘になるが、誰かが天井付近からバットを落とす。ブッカーがそれを拾ってジョーを殴る。
AJスタイルズが登場。ジョーの容態見ている。AJはマイクを取ると、スティングに出てくるよう要求。スティングのテーマがヒット。しかし出てきたのはカートアングル。AJに何度もオリンピックスラムを決めて出て行く。

○コンスケンスズクリード vs ピーティウィリアムズ● ノンタイトルマッチ

バックステージでAJスタイルズがカートアングルにハードジャスティスでラストマンスタンディング戦での対戦を要求。

○マットモーガン vs サルリナウロ●
モーガンはトムコを呼び出す。乱闘になり、セキュリティが止めに入る。しかし、止めきれず、モーガンがトムコを殴り倒す。

○ゲイルキム、テイラーワイルド vs ベルベットスカイ、アンジェリーナラブ●
試合後、オーサムコングが現れ、キムとテイラーを殴り倒す。ODBとロキシーが現れてコングを追って行く。
TNAは選手の貸し出し条件を厳しくしているという噂
7/27付TNAニュース速報です

★ムースの脚は順調に回復しており、埋め込んでいた固定具が取り外されたそうです。脚に痺れが出ているそうですが、予想の範囲内で、痛みが増してきているのも感覚が回復している証拠であり、経過は順調だと担当医が述べているそうです。

★CMLLのCMLL2008グランプリ戦で、アレックスシェリーが優勝しました。総勢16名が参加したイリミネーションマッチで、最後に残ったウルティモゲレロをボーダーシティストレッチ(チキンウイングクロスフェイス)で下しました。しかし、このときにマスクを引っ張ったとしてウルティモゲレロが、カベジェラ・コントラ・マスカラ(一方が髪の毛、もう一方がマスクをかけた試合)戦での再戦を要求しましたが、シェリーは即答を避けています。
TNAからはシェリーの他にクリスセービン、サンジェイダット、ジョニーデバイン、ジェイリーサル、AJスタイルズが出場しています。

☆オーサムコングは1ヶ月ほど番組から離れ、9月のノーサレンダーで復帰するプランになっているそうです。

☆TNAは今後アビスに画鋲を使わせたくないと考えているそうです。また、画鋲を使用するにしてもPPVのみに限定するそうです。

☆TNAは以前よりも、所属選手のインディ団体や海外団体への貸出条件を厳しくしているそうです。以前はTNAへの収入を確保するために、他団体への貸し出しは重要と考えていたそうですが、現在はTNAの財政事情が良くなっている事もあり、必ずしも他団体に貸し出す事が経済的に良い事とは言えなくなっていると、現在、他団体への選手貸し出しの窓口になっているボブライダーが考えているためとされています。特にミッキーナックルズ(ムース)が60人程度しかい観客のいなかった大会で怪我をした事は重要視されているそうです。

☆TNAは先日のワールドXカップに出場したアレックスコズロフと高く評価しているそうです。しかしコズロフは現在CMLLの契約下にあり、TNAとCMLLが協力関係にあるため、直ちにコズロフがTNA入りする事はないと見られています。

☆ビンスルッソーの役割は、以前よりも大きくなっているそうです。しかし、TNA内で権限が強化されていると言うわけではないそうです。

☆ノーサレンダーのチケットの売れ行きは非常に好調で、過去最高を記録したロックダウンを上回る勢いとの事です。ノーサレンダーはカナダのトロント近郊で開催されます。

△ジェームズミッチェルがprowrestling.netのインタビューに答え、その中で解雇後、ディクシーカーターから個人的に2度電話を貰い、TNAでの仕事振りについて賞賛されたことを明かしています。ミッチェルは、また機会があればTNAに出場したいとコメントしています。

☆TNAは本部オフィスが手狭になっているため、より大きなオフィスへの移転を計画しているそうです。

★ディバリのTNAでのリングネームはシーク・アブドゥル・バシールに決まりました。

★TNAは9月のニューヨーク遠征の会場として、複数の1万人規模のアリーナを押さえているそうです。
本日のニュースは視聴率のみです
7/26付TNAニュース速報です

★7/24放送分iMPACT!視聴率は1.1%でした。
モーガンはWWE時代、優等生だとされていました
7/23付TNAニュース速報です

☆カズの退団を報じたニュースは、ストーリーラインの一環だとされています。

★ラリーズビスコがインタビューの中で、TNAについて、素晴らしいスタッフに恵まれて、いい番組を作っているとしながらも、WWEのビンスマクマーンのような手法に近づきすぎており、エンターテイメントよりももっとスポーツ性を重視するべきだとコメントしています。そして、運動能力の高い選手達に、くだらないスキットをやらせ、知名度の高い選手同士をなんどもメインで戦わせる事に、観客達が飽きていると批判しています。

★マットモーガンがインタビューの中で、WWEではいい経験をしたとし、最初に限界のトレーニングを経験した事で今の自分があるとしています。しかし、他の選手との交流が少ないため、意思の疎通が不足しており、お互いに足を引っ張られるのではないかと疑心暗鬼になってしまったとしています。一方、TNAではまったく状況が異なっており、他の選手の試合を誰もがよく見ており、(それはWWEでも同じだったがとしつつ)TNAではカートアングル、スティング、ケビンナッシュと言ったベテラン選手たちが、常にアドバイスをしてくれるのだとしています。

★ヘクターゲレロが公式サイトを立ち上げました。コチラで確認できます。
ビッキーからゲレロ家への連絡は途絶えているそうです
7/21付TNAニュース速報です

★カリフォルニア州アナハイムで旗揚げ戦が行われたアフィリクション(MMAのプロモーション)の会場に、マットモーガンとモーガンが現在出演中のアメリカングラディエーターズの出演者達が来ていたそうです。その他の有名人ではWWEのスティーブオースチン、アンダーテイカー、グレゴリーヘルムズ。資産家のドナルドトランプ、MMAファイターのティトオーティスらが来ていたそうです。

★マイアミヘラルド紙のインタビューにヘクターゲレロが答え、その中でビッキーゲレロはもうビッキーゲレロではなくなってしまったと、現在、ビッキーからの連絡が途絶えている事を明かしています。現在でもゲレロ家はビッキーの事を愛しており、連絡を待っているとしています。

★TNA公式サイトは、7月一杯を持ってカズを解雇すると言う記事をアップしましたが、その数時間後に削除しました。
問題の記事では月曜の朝にカズから解雇を求められ、これをTNAが了承したとされています。ただし、今週末にノースカロライナ及びサウスカロライナ州で開催されるハウスショーに出場する事は合意したそうです。また、今週木曜放送予定の、カレンアングルの番組内新番組の最初のエピソードで、解雇を求めた理由と今後について語るともされていました。
記事の真意や削除された理由などについて、今のところ分かっていません。
ランスホイトのリングネームが変更されました
7/20付TNAニュース速報です

★次週のiMPACT!より、カレンアングルの番組内番組、「カレンズアングル」(カレンの視点)がスタートしますが、事前収録によるバックステージで、着席してのインタビュー形式フォーマットで収録されるそうです。

★7/17放送分iMPACT!にランス・ロックと言うリングネームで、ランスホイトが出場しましたが。公式サイトのロスターページの名前も、ランスロックに変更されました。

☆ジェフジャレットの復帰時期については、未だに何も発表されていませんが、来年1月のイギリス遠征にはブッキングされていることから、10月のバウンドフォーグローリーでの復帰が有力視されています。

★ノーサレンダーのポスターデザインです。
nosurrender08.jpg
ノーサレンダーはカナダで開催
7/18付TNAニュース速報です

★7/17放送分iMPACT!視聴率は1.05%でした。

★CMLLのレイブカネロとウルティモゲレロの2人は、8月の1日と2日にテキサス州で開催されるハウスショーにブッキングされています。

★TNAは9月のノーサレンダー大会を、カナダのトロント近郊にある、オシャワという町のゼネラルモータースセンターで開催すると発表しました。
7/24放送分iMPACT!収録結果簡易速報
7/24放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

○コンスケンスズクリード vs ジミーレイブ vs ジョニーデバイン vs エリックヤング
試合後、レイブとデバインはクリードを殴り倒す。アビスが出てきて救出。クリードを連れて行く。

○マットモーガン vs コーリーチェイビス●

○テイラーワイルド(c) vs ベルベットスカイ● TNAノックアウトタイトルマッチ
開始5秒で丸め込み。カウント3。スカイは再戦を申し入れるが、今度も20秒で丸めこまれる。ラブが介入して2人でテイラーを殴り倒すが、ゲイルキムとODBが救出に現れる。

○ビアマニーinc vs モーターシティマシンガンズ●
試合後、LAXがビアマニーを攻撃する。

○ピーティウィリアムズ vs ジェイリーサル● ノンタイトルマッチ

ブッカーTとサモアジョーが、ハードジャスティスの金網戦の調印式に現れる。ブッカーはその場でフルメタルメイヘム金網マッチにしようと提案。ジョーがこれを受ける。照明が落ち、スティングのテーマがヒット。照明が戻ると、バットを持ったスティングがリングに現れており、ジョーが倒れている。

○カートアングル、チーム3D vs AJスタイルズ、ライノ、クリスチャンケイジ● テーブルイリミネーションマッチ
テーブル貫通技を食らったものから退場し、最後に生き残った選手がいるチームが勝利。アングルとAJが残り、AJがアングルをテーブルに載せたところでフランクトリグが介入。この隙にアングルがAJをテーブル葬。
ディバリはTNAに継続出場
7/15付TNAニュース速報です

★ネットラジオ番組に出演したジェレミーボラッシュが、TNAはディバリと契約を結んだ事を明かしています。今後もディバリはTNAの番組に出演するものと見られています。

☆レリックことジョニースタンボリは、元サバイバー出場者のジョエルアンダーソンのトレーナーの仕事を任される予定でしたが、アンダーソンがTNAからのオファーを、金額が低いとして断ったため、結局解雇されたそうです。アンダーソンがTNAのオファーを蹴った背後には、TNAに食い込もうとしたジョニーフェアプレイの入れ知恵があったのではないかと言われているそうです。

☆最近のiMPACT!視聴率の不調の責任を誰が取るか、TNA内でスケープゴートを探そうとしているのではないかという噂が流れています。サモアジョーにその責を求める声もあるそうですが、昨年、カートアングルと抗争していた時期のPPVの売上が好調だったことから、直ちにタイトルを移動させると言う話にはならないだろうとされています。

☆TNAとCMLLは引き続き、互いに選手を派遣しあう事で関係を継続させる事を望んでいるそうです。両者の間は、ヘクターゲレロが取り持っているそうです。TNAはCMLLのミスティコとペロアグアヨJrを呼びたいと考えているそうです。

★ブラザーディーボンは、ビクトリーロードの試合中、アキレス腱に重度の捻挫を負ったそうです。試合後、自力で引き上げる事もできなかったそうです。

☆スコットデモアがTNA離脱を申し入れた際、ディクシーカーターとジェフジャレットはこれまでのデモアの貢献について感謝し、TNA復帰を望むのであればいつでも受け入れると伝えたそうです。

★TNAはスコットデモアから辞意を伝え聞いたことで新たなエージェントを探していたそうですが、元WWEで現在はプエルトリコで活動しているサビオ・ベガを採用したそうです。

★ジョニーデバインが公式サイトを立ち上げました。コチラで確認できます。

☆サモアジョーとブッカーTの抗争は9月のノーサレンダーまで続くと見られており、アイクイットマッチなどのギミックマッチで対戦すると見られています。なおスティングは、特別レフリーや、立会人として試合に関わるものと見られています。

☆TNAはオーストラリアでの視聴率がWWEを上回った事に非常に喜んでおり、近くオーストラリア遠征を行う事を検討しているそうです。

★ビクトリーロードのタッグタイトルマッチに登場したランバージャック達は、ブッカーTのレスリングスクールの練習生たちだったそうです。
7/17放送分iMPACT!収録結果簡易速報
7/17放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

ブッカーTとシャメールがリムジンで登場。TNAタイトルのベルトを肩にかけている。2人はリングに登場し、ブッカーTこそ最高のチャンピオンで、サモアジョーにも倒されなかったとアピールする。
ジムコルネットが現れ、ブッカーをチャンピオンとは認められないとし、ベルトをジョーに返還するように言う。サモアジョーが登場。ジョーは、ベルトは持っておけと言い、自分がチャンピオンであり、ハードジャスティスでまた会う事になるからだと告げる。

バックステージにビアマニーがいる。今夜はビアマニーのリベンジだと言い、ファンも攻撃してやると言う。

バックステージでボラッシュがカズにインタビュー。

○ピーティウィリアムズ vs カズ●

ボラッシュがエリックヤングにインタビュー。

○マットモーガン vs ジミーレイブ●
非常に短い試合。試合後、ランスホイトが現れてモーガンを侮辱。
○マットモーガン vs ランスホイト●

バックステージで、ノックアウトたちがコルネットに詰め寄っている。10人バトルロイヤル戦が決定。勝者にはノックアウトタイトル挑戦権を与えると言う。タイトルマッチの日時は未定。

チーム3Dとカートアングルが、スティングのような衣装で現れ、スティングを仲間に引き入れようと呼びかける。AJ、クリスチャン、ライノが現れ再戦を求める。アングルたちはPPVでテーブルマッチでの対戦として受諾するが、クリスチャンが来週、テーブル5台イリミネーションマッチでの対戦だという。

ノックアウトバトルロイヤル。時間差バトルロイヤルルール。登場順に、ジャクリーン、ゲイルキム、アンジェリーナラブ、ベルベットスカイ、ロキシーラヴォー、ラカカーン、トレイシーブルックス、クリスティへミー、ODB。
勝者はベルベットスカイ。

ブッカーTが今夜、コンスケンスズクリードとストレッチャーマッチで戦うと言っている。

バックステージで、ボラッシュがリーサルとヴァルにインタビュー。ヴァルはリーサルが自分にどうして欲しいのか分からないとし、サンジェイダットの気持ちには答えられないと言う。

○サンジェイダット vs ジョニーデバイン vs エリックヤング●
試合後リーサルが現れてダットを攻撃。ダットはイスを持ち出して鉄柱を殴ったあとで倒れる。ヴァルはリーサルがイスでダット殴ったと誤解し、立ち去っていく。

ビアマニーが登場。攻撃対象とするファンを探している。LAXのシャツを着たファンを捕らえる。レフリーが現れてファンを守る。ビアマニーは続いてヘクターゲレロを襲う。リングにヘクターを入れて、ベルトで鞭打ち。LAXが救出に駆けつけ2人を追い払うと、ヘクターをバックステージに連れて行く。

クリードのバックステージインタビュー。ブッカーT戦の準備は出来ていると言う。

○ブッカーT vs コンスケンスズクリード● ストレッチャーマッチ
フィニッシュラインをブッカーがストレッチャーを押して超えるが、救急車の中にサモアジョーが潜んでいる。
カズのハードバンプは観客の度肝を抜いたそうです
7/13付TNAニュース速報です

☆ビクトリーロードの開始前、ケビンナッシュが観客達の前に現れて、写真撮影などに応じていたそうです。

★ビクトリーロードの開始前に、ウィリー・ネルソンの娘が国家を歌ったそうです。

★ムース(ミッキーナックルズ)がインタビューの中で、脚の怪我について触れ、鍛えているため普通の人よりは早く回復できるだろうと述べています。また、TNAからは完全に回復すれば、いつでも起用したいと言われているそうです。一方、ナックルズとしては、今後デスマッチへの挑戦を希望しているそうです。

☆チームメキシコがワールドXカップに優勝しましたが、今後、彼らを起用するプランは無いそうです。一方で、ウルティモゲレロはiMPACT!の収録でオーランドを訪れた際、収録を非常に楽しんでいたとされ、TNAにレギュラーで出場する事を望んでいたそうです。また、かつてTNAに出場し、現在はCMLL所属のショッカーも、再びTNAにレギュラーで出場する事を望んでいるそうです。

☆ビクトリーロードで、ブラザーディーボンが足首かアキレス腱を痛めたそぶりを見せていたそうです。またアルティメットX戦で、超高所からのダイビングレッグドロップを敢行したカズは、バックステージでかなり苦痛を訴えていたそうです。

☆8月のハードジャスティスのメインイベントは、サモアジョーvsブッカーTの再戦が予定されているそうです。

PPV VictoryRoad 試合結果速報
PPV VictoryRoad 試合結果速報です

オープニング映像ではケネディ大統領の暗殺やスペースシャトルの爆発事故などが取り上げられ、ヒューストンでは問題が起こると煽る。(会場はヒューストン)

ジェレミーボラッシュが場外で観客達に、試合形式を決定するファン投票を呼びかけている。

インタビュワーのローレンとBGジェームズがリングサイド。BGジェームズはLAXを賞賛。続いて今夜のカードの紹介。

ワールドXカップイリミネーションマッチ
各チーム3人ずつの計12名が参加。チームメキシコはウルティモゲレロ、レイブカネロ、アベルノ。チームジャパンは吉野正人、ミラノコレクションAT、プーマ(石狩は帰国)。チームインターナショナルはダグウィリアムズ、アレックスコズロフ、タイソンデュークス。チームTNAはカレーマン、モーターシティマシンガンズ。
非常に早い展開。最初の脱落者はタイソンデュークス(インターナショナル)。続いてプーマ(メキシコ)がチームジャパンに落とされる。続いてミラノコレクションAT(ジャパン)が退場。吉野がアベルノ(メキシコ)を落とす。ウルティモゲレロがカレーマン(TNA)を落とす。さらにダグウィリアムズ(インターナショナル)が失格。アレックスコズロフがウルティモゲレロ(メキシコ)からタップアウトを奪う。続いてセービンがブカネロ(メキシコ)を退場させる。
最後に残った4人はモーターシティマシンガンズ(TNA)、アレックスコズロフ(インターナショナル)、吉野正人(ジャパン)。コズロフがセービン(TNA)をロープを利用して落とす。吉野がコズロフ(インターナショナル)をサブミッションでタップアウトさせる。
最後に残った2人はアレックスシェリーと吉野正人。互いにニアフォールの奪い合い。しかし最後はシェリーが勝って3カウント。
勝者:チームUSA(3ポイント獲得)
現在の各チームのポイントは以下の通り。
TNA - 6
ジャパン - 4
メキシコ - 3
インターナショナル - 3

マイクテネイが、ブッカーTのビデオパッケージを流す。ブッカーが自宅を紹介。シャメールも登場。非常に高価な車の数々を見せびらかす。

ゲイルキム vs アンジェリーナラブ
ラブはゲイルキムに忍び寄って奇襲攻撃をしかける。レフリーはアールヘブナー。ベルベットスカイが場外でキムを攻撃。レフリーは見ていない。しかしピンフォールを奪えないラブは徐々に苛立っていく。ゲイルキムがリング中央でクリーンフォールを奪う。
勝者:ゲイルキム
試合後スカイが入ってキムを攻撃。ラブとダブルチームで倒すと紙袋をキムの頭に被せる。

バックステージでLAXのシャツを着たローレンとBGジェームズがファン達と一緒にいる。ファン達はストーム、ルードに似せた人形を殴っている。

リーサルとダットのこれまでの抗争をまとめたビデオ。
ジェイリーサル vs サンジェイダット
リーサルはダラスカウボーイズのイメージカラーに合わせたコスチュームで登場。試合前、ダットがヴァルにカードと花を贈る。リーサルが怒って攻撃。レフリーはスリックジョンソン。リーサルは実況席付近でダットを攻撃。ヴァルはダットが怪我をしたのではないかと心配している。するとリーサルがヴァルを叱る。リーサルコンビネーションがヒット。しかしヴァルがリーサルに何事か話し掛ける隙をついてダットがロープを使った押さえ込みでピンフォールを奪う。
勝者:サンジェイダット

LAXvsビアマニーInc(ルード、ストーム)の抗争をまとめたビデオ

バックステージでJBがビアマニーにインタビュー。2人は言い争っている。ルードは12人の選ばれたファン達が試合に参加することに怒っており、彼らを間抜けな標的だという。ストームは、ヒューストンは最悪で、だからヒューストンオイラーズもテネシーに移動してタイタンズになったのだという。そしてヒューストンで最も良いのは、PPVが終わって出て行けることだという。続いてストームはLAXをこき下ろし、自分達が次のタッグチャンプだとアピール。ビアマニーとジャクリーンはファンどもからも、奴らの鞭からも逃げないという。

LAX(c) vs ビアマニーInc TNA世界タッグタイトルファンのリベンジマッチ
ジャクリーンはセコンドについていない。LAXにはヘクターとサリナスがついている。12人のLAXのシャツを着たファンが、ベルトをもってリングを取り囲んでいる。ビアマニーが場外に落ちたときには、ベルトで彼らを鞭打つ。観客たちも熱狂している。ビアマニーにはブロークバックマウンテン(ゲイのカウボーイの友情を描いた映画のタイトル)チャント。ヘルナンデスのシットダウンパワーボムがルードにヒットするがキックアウト。続いてヘルナンデスがトップロープからダイブするが、ストームがルードを救出。しかし、最後はLAXがダブルチームでルードを攻めてピンフォール。
勝者:LAX 世界タッグタイトル防衛

ブッカーTの自慢ビデオパート2。彼のレスリングスクールとその練習生たちが紹介される。ブッカーは今夜TNAタイトルを奪うという。

テイラーワイルド(シャンテルテイラーのTNAでのリングネーム)がコングからノックアウトタイトルを奪ったシーンのリプレイ。

テイラーワイルド(c) vs オーサムコング TNAノックアウトタイトルマッチ

試合前にテイラーがベルトを掲げていると、その背後から攻撃。開始30秒でピンフォールを奪いかける。コングはサブミッションでのギブアップを狙うが、テイラーは降参しない。ワイルドがまたしても丸め込みでコングから3カウントを奪う。
勝者:テイラーワイルド TNAノックアウトタイトル防衛
試合後勝利を喜ぶテイラーをサイードが襲い、リングに引き戻してコングと2人で攻撃。コングのインプラントバスターが決る。さらにイスの上に落とそうとしたところでアビスが登場。コングはアビスを恐れていない。しかしサイードはコングを引き下がらせようとする。そしてサイードがアビスにビンタ。アビスはニヤッと笑ってブラックホールスラムを見舞う。
アビスはテイラーを抱えあげて引き上げていく。

ブッカーTの自慢ビデオパート3.ブッカーがシャメールに話し掛けている。シャメールのサラダにリンゴが入っていないとして、使用人をしかりつけている。

スペースシャトルの映像。

過去のアルティメットXマッチのハイライトシーンをまとめたビデオ。
アルティメットXマッチの勝利チームには4ポイントが与えられる。

カズ(TNA) vs 土井成樹(ジャパン) vs ボラドールJr(メキシコ) vs ディバリ(インターナショナル) アルティメットXマッチ

土井がワイヤーに捕まるがボラドールJrに引き落とされる。ボラドールJrがXのサイン(これを奪った者が勝利)に近づくが、カズが土井を交錯させて阻止。4人が一斉にXサインに近づくが全員が落下。場外の土井にボラドールJrがムーンサルトをヒット。カズとディバリが同じポールに登って殴りあい。ディバリがリングに落下すると、カズがポールからレッグドロップを落とす。ボラドールJrがその間にサインを奪う。
勝者:チームメキシコ 4点を獲得し、合計7点でワールドXカップ優勝

試合後、チームメキシコがトロフィーを受け取る。テネイがインタビューする。

ブッカーTの自慢ビデオパート4。ブッカーがゴルフコースにいる。ブッカーは「ブッカー・ティー」を取り出す。コースにいた人が、ブッカーとタイガーウッズと比較してコメント。ブッカーはショートパットのように、簡単にTNAタイトルを奪ってやるといい、ゴルフカートで去っていく。

フランクトリグが実況に加わる。

AJスタイルズ、クリスチャンケイジ、ライノ vs カートアングル、チーム3D
JBがリングに登場。投票の結果、試合形式はフルメタルメイヘム(あらかじめ金属製の凶器が多数用意されたノールールマッチ)に決ったと発表する。
アングルが開始前にAJを襲う。AJは反撃し、場外にいたヒール達に、コーナー上からのムーンサルトをヒット。クリスチャンはゴミ缶で二度レイを殴りニアフォール。チーム3DはダブルでAJを攻撃。フェイス軍はラダーを持ち出してチーム3Dを攻撃する。アングルがクリスチャンをフロントスープレックスでラダーに叩きつける。AJはラダー上からスプラッシュをレイに決めるが、カバーはアングルがカットする。クリスチャンは前の試合の後に残されていたアルティメットXのポールからヒール軍にクロスボディを敢行する。さらにライノがゴアでヒール軍の3人まとめて倒す。しかしチーム3Dはクローズラインでライノをテーブルに叩きつける。カバーはクリスチャンがカット。アングルはクリスチャンにアンクルロック。しかし、クリスチャンが切り返す。チーム3Dの3Dがクリスチャンに場外でヒット。観客は「holy sh*t!"」チャント。リングに戻り、AJがレイを顔面からテーブルに叩きつけ、アングルにスタイルズクラッシュ。しかしアングルがキックアウト。デバインが介入して竹刀でAJを殴ろうとするが失敗。逆にAJに竹刀で殴られる。アングルのオリンピックスラムがAJにヒット。AJはキックアウト。
ここでレフリーのアールヘブナーが気絶。フランクトリグが実況席を離れる。AJがラダーを登るが、トリグが竹刀でAJを殴る。アングルがテーブル貫通オリンピックスラムをAJに決めてピンフォール。
勝者:カートアングル、チーム3D

バックステージでJBがサモアジョーにインタビュー。JBはシャメールが会場に来ていることを告げる。ジョーは、ブッカーがタイトルに挑戦するのなら人生を賭けてもらうという。ナッシュが現れて、仲直りの握手を申し出る。ジョーがこれを了承して握手。

ブッカーTとサモアジョーのこれまでの抗争をまとめたビデオ。

シャメールがリングサイドに座っているのが映る。
ヒューストンのファンはブッカーを応援。ジョーにブーイングが飛ぶ。
サモアジョー(c) vs ブッカーT TNA世界ヘビー級タイトルマッチ
ジョーが攻撃するたびにブーイングが起こる。シャメールの様子がたびたび映し出される。場外乱闘になるとブッカーTチャントが発生。ブッカーはジョーの頭を鉄階段に叩きつける。ジョーがこれで流血。リングにもどりブッカーのアックスキックがヒット。しかしカバーはジョーがキックアウト。ジョーのスナップパワースラムがヒット。これはブッカーがキックアウト。シャメールが心配そうにブッカーを見ている。ブッカーがレフリーのルディチャールズと交錯。ジョーが左腕のラリアットをヒット。しかしレフリーは倒れている。ジョーは場外でブッカーにチョップ。ガードレールの角にブッカーを座らせて走りこんで、顔面にキックを叩き込む。さらにブッカーの頭を鉄柱に叩きつける。シャメールがジョーにビンタ。ジョーはシャメールのボディガードを攻撃。
リングに戻り、レフリーはスリックジョンソンに交代している。ブッカーも流血している。ジョーがレフリーを攻撃。続いて現れたアンドリュートーマスレフリーもジョーが攻撃してしまう。TNAのスタッフ達がジョーを止めに入るが、セキュリティたちも歯が立たない。シャメールもリングに駆け寄って助けを呼んでいる。ジョーがブッカーにチョーク。ここで照明が落ち、スティングが登場。ジョーとスティングが口論になる。スティングはジョーにやりすぎだというが。ジョーはスティングを置いてリングをおり、立ち去ろうとする。しかしリングに戻ってブッカーを再び攻撃。スティングも戻ってきてジョーを引き離す。ジョーがスティングを罵ると、スティングがバットでジョーを殴る。ブッカーがジョーをカバー。シャメールが3カウントを入れる。
勝者:ブッカーT(?) TNA世界ヘビー級タイトル獲得(?) (シャメールは正式なレフリーではないため、結果は確定ではない様子。)
シャメールがベルトをブッカーに手渡し、2人で退場。
アングルがかつての薬物使用量をコメント
7/11付TNAニュース速報です

★7/10放送分iMPACT!視聴率は1.0%でした。

☆解雇されたジェームズミッチェルの契約期間は、あと1年を残していたそうですが、クリエイティブチームに彼を活用するプランが無かったため、解雇したそうです。

☆スコットデモアは一昨年にブッキングチームから外されて以降、TNA内での発言力が弱まっていたため、WWEのエージェントになることを考えていたと噂されています。WM24のバックステージにデモアが来ていたことも報じられています。解雇される直前、デモアが与えられていた仕事は、ノックアウトとフランクトリグのトレーニングだったそうです。

★カートアングルがESPNのインタビューに対し、薬物依存症が最も悪化していた時は、3時間おきに12~16錠のペインキラーを服用していたと明かしています。

★ビクトリーロードのカードです。

TNA世界ヘビー級タイトルマッチ
サモアジョー(c) vs ブッカーT

ファンのリベンジ TNA世界タッグタイトルマッチ
LAX(c) vs ロバートルード、ジェームズストーム

ファン投票で試合形式を決定 6人タッグマッチ
AJスタイルズ、クリスチャンケイジ、ライノ vs カートアングル、チーム3D

ワールドXカップ最終戦
イリミネーションマッチ
アルティメットXマッチ

ジェイリーサル vs サンジェイダット

ノックアウトタイトルマッチ
テイラー(c) vs オーサムコング

ゲイルキム vs アンジェリーナラブ

ハーミーサドラーが正式にTNA所属へ
7/9付TNAニュース速報です

★TNAは正式に元ナスカーレーサーのハーミーサドラーと契約を結んだと発表しました。
サドラーは現役時代から大のレスリングファンとして知られ、WWEを解雇されたヘブナー兄弟と共同でUWFという団体を創設し、2006年までTNAと提携し、UWF-TNAとしてTNAのハウスショーをプロモートしてきましたが、コネチカット州で予定していたハウスショー会場の消火設備の不備を地元の消防局に指摘され、ショーがキャンセルされた事を発端としてTNAがプロモート能力に不信感を抱き、2007年以降は提携を解除されていました。しかし、その後もTNAから選手を派遣する形でUWFの大会が開催され、サドラー自身もTNAの番組に時折出場していました。

☆アビスは、復帰後スコットスタイナーとの抗争を予定していたそうですが、スタイナーが怪我で半年余り欠場すると見込まれており、現段階でアビスをストーリーの中で活用するプランが全く無い状態に置かれているそうです。
ジェームズミッチェルが解雇?
7/7付TNAニュース速報です

★7/3放送分iMPACT!視聴率は1.0%でした。

△TNAがジェームズミッチェルを解雇したと報じられています。

★ムースことミッキーナックルズが、所属するIWAミッドサウスの試合で右脚を骨折しました。

☆PWインサイダーのマイクジョンソンは、スコットデモアがTNAとの契約を近く解除すると報じています。

☆現在TNA公式サイトで放送されているスピンサイクルという番組をスパイクTVの30分番組として放送する事が、TNAとスパイクTVの両者の間で話し合われたそうです。
ラシュリーはTNA入りを望んでいない!?
7/5付TNAニュース速報です

★元TNAのアポロが、現在住んでいるプエルトリコのポンセで、7/2の早朝、強盗に遭ったと報じられています。警察の発表によると、太った男が近づきアポロを殴り、240ドルとリーボックのスポーツシューズを奪ったそうです。現場はガソリンスタンドで、犯行後犯人はバイクを盗み、近くの公営住宅街に逃走したそうです。

☆ボビーラシュリーは現在、TNAとレギュラー契約を結ぶよりも、海外の団体を中心にワンマッチ契約で出場することを求めていると噂されています。
ハードジャスティスにアイスTが登場
7/4付TNAニュース速報です

★ビクトリーロードのAJスタイルズ、ライノ、クリスチャンケイジ vs チーム3D、カートアングル戦の試合形式を決めるファン投票が公式サイトで始まっています。

★ビクトリーロードではワールドXカップ最終戦として、イリミネーションタッグマッチとアルティメットXマッチが予定されています。

★ハードジャスティスにラッパーのアイスTの登場が宣伝されています。l

★ビクトリーロードの発表済みカードです。

TNA世界ヘビー級タイトルマッチ
サモアジョー vs ブッカーT

ファンのリベンジ、TNA世界タッグタイトルマッチ
LAX vs ロバートルード、ジェームズストーム

ワールドXカップ決勝戦

遺恨試合
ジェイリーサル vs サンジェイダット

観客が試合形式を決定
AJスタイルズ、クリスチャンケイジ、ライノ vs カートアングル、チーム3D

ゲイルキム vs アンジェリーナラブ

(開催が噂されている試合)
TNAノックアウトタイトルマッチ
シャンテルテイラー(c) vs オーサムコング

レジェンドの招聘を検討中?
7/2付TNAニュース速報です

☆ブッカーTを紹介するラッパーとしてアイアンシークを起用するという話があるそうです。

☆先日ブッカーTがイギリスツアーの際に、ケータリングの不備に怒っていたと報じられましたが、ブッカーはTNAのブッキングや、ファンやメディアへの顔見せに借り出されることに対して、不満を言った事は一度も無いそうです。しかし、ケータリングや満足な宿泊施設が海外遠征で用意されていなかったのは初めての経験だったため怒ったのだとされているそうです。

☆ビクトリーロードのカードに、シャンテルテイラー vs オーサムコング戦が追加される見通しとのことです。

☆フランクトリグは元々レスリングファンではなく、むしろレスリングに批判的なコメントをしていたそうです。

☆ハードジャスティスのポスターデザインです。
hard2008.jpg

残すはチームメキシコの2人だけです
7/1付TNAニュース速報です

☆チャンピオンがサモアジョーに代わってから、イベントの後の写真撮影会の希望者がカートアングルの時代と比べて減少しているそうです。多くの人々がサモアジョーを番組の顔をしてサポートしていますが、メインイベンターとしては力不足ではないかという声も上がっているそうです。

☆前回のiMPACT!収録にチームメキシコのバロドールJrとアベルノが来場しませんでしたが、まだビザの手配がつかなかったためとされています。しかし、今週中にも手続きは完了し、ビクトリーロードには登場できるそうです。

△ブッカーTが、イギリスツアーにケータリングの食事が用意されていないと怒っていたそうです。待遇が改善されないならツアー途中で帰国するとTNA上層部に発言していたそうです。
ブッカーはヒールターンに満足しており、それまでは機嫌が良かったとされています。

レリックがTNAを退団
6/30付TNAニュース速報です

★TNAでレリックとして活動したジョニースタンボリが、TNAとの契約を解消することで合意に達したと発表しました。

★WWEのナイトオブチャンピオンズの開始前、TNAのストリートチームがTNA iMPACT!とビクトリーロードのチラシを会場前で配っていたそうです。

★最近のiMPACT!収録会場に、NFLインディアナポリスコルツのマービン・ハリソンが来ていたそうです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。