TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナッシュがまたブッキングに怒っていたそうです
8/30付TNAニュース速報です

★8/28放送分iMPACT!視聴率は1.1%でした。

☆前回のiMPACT!収録の際、カートアングル相手の負けブックを不服として、またケビンナッシュが怒っていたそうです。しかし、これをナッシュのわがままと見て、敬意を失った者が多くいるとされています。

☆スティングはかなり高額の給料を貰いながらも、ハウスショーや海外ツアーなどに参加せず、クリエイティブチームの提案に首を横に振ることも多いとして、反感を持つものが増えていると噂されています。また、ディクシーカーターが考えているほど、今のTNAにスティングは貢献しておらず、特にカートアングルの加入後はアングルを中心とした団体となっており、スティングの貢献度は目に見えて低下しており、給料に見合う働きをしていないと彼らは考えているそうです。

★サリナスが9/20にカリフォルニア州で開催される医療用マリファナエキスポに参加するそうです。以前よりサリナスは、マリファナの有益性について主張していました。
スポンサーサイト
WWEがクリスチャン復帰を画策?
8/28付TNAニュース速報です

★TNA、ゲイルキム双方から公式にゲイルキムがTNAから離脱した事が発表されました。

★ケビンナッシュがインタビューの中で、先日iMPACT!の収録から帰ってしまったと報じられた件について、クリエイティブチームから試合で鉄パイプを使うように指示され、それが自分自身や観客を危険にさらす可能性があると考えて拒否し、ジェフジェレットの許可を得て立ち去ったのだとコメントしています。

△今年末にTNAとの契約が切れるクリスチャンケイジに対し、WWEはSmackdownでエッジと共闘するか、抗争するかのどちらかのポジションを用意しているとして、クリスチャンにWWE復帰を打診しているそうです。一方で、現在のTNAでの給料とスケジュールのバランスには満足しているとされますが、クリエイティブチームに対しては、友人のスコットデモアが外された時から不満があるのではないかとされているそうです。ただ、多くの人々は、恐らくTNAに残留するだろうと考えているそうです。

ミックフォーリーがTNAの条件提示に合意!?
8/27付TNAニュース速報です

☆複数のソースが、ミックフォーリーとTNAの契約交渉が合意に達したとし、ミックとWWEとの契約が満了する9/1以降、いつでもTNAの番組や大会に登場する準備が整ったと報じています。

☆今年度中にTNAとの契約期間が満了する大物は、クリスチャンケイジ、スティング、チーム3D、ケビンナッシュらとされています。このうち、スティングは延長契約がまとまるまで出場しないとされていましたが、その後番組に登場したため、すでに交渉がまとまったものと見られています。チーム3D、クリスチャンケイジについては、TNAを離脱しWWEに復帰する可能性があるのではないかと噂されています。クリスチャンは日ごろ、TNAでの扱いに満足していると口にしているそうですが、WWEを離脱する前も似たようなことを周囲に語っていたため、参考にはならないのだそうです。

☆ゲイルキムは元々TNAを離脱する意思は無かったそうですが、WWEからTNAの少なくとも3倍以上の額を提示され移籍を決断したそうです。キムは他のノックアウトたちに希望を持たせるためにも、6桁(10万ドル)の年俸をTNAに求めたそうですが、これが受け入れられなかったとの事です。
一方で、キムはTNAでの待遇には非常に満足していると日ごろから語っており、WWE移籍は本意ではないとされています。

☆キムの離脱がiMPACT!収録のバックステージで発表された際、多くの同僚達は驚きのあまり言葉を発することも出来なかったそうです。とくに親しかった人々は、別れの言葉をかける機会すらなかったことに失望していたそうです。
ついにTNAvs元WWEの抗争がスタート
8/26付TNAニュース速報です

★9/4放送分のiMPACT!収録でジェフジャレットが復帰しました。AJスタイルズ、サモアジョーらTNA生え抜きの選手達に加え、アングルらへの協力を拒んだクリスチャンケイジと組んで、カートアングル、ブッカーT、チーム3DらWWEからの移籍組にスティングを加えたヒール達との抗争がスタートするようです。
なお、ジェフジャレットが登場するシーンは9/11放送分に回される可能性もあります。

★今週のiMPACT!収録会場に、シャノンムーアが来場していました。

★8/21放送分iMPACT!で行われたオーサムコング vs ゲイルキムのストリートファイト戦は、ゲイルキムのTNA最終戦でしたが、皮肉な事にこの日の最高視聴率1.20%を獲得しました。

☆マイクジョンソンは、TNAがすでにミックフォーリーを使った商品の制作を検討していると報じています。
9/4放送分iMPACT!収録結果速報
9/4放送分iMPACT!収録結果速報です
今週は3週分の収録ですので、昨日の8/28放送分や、この9/4放送分の中に、
9/11放送分のエピソードも順不同で含まれています。

ブッカーTとカートアングルがリングでアピール。スティングの先週のコメント(TNAのリスペクトが足りない等)とその後の行動(AJにスコーピオンデスドロップ)に賛同する。そしてクリスチャンも自分達に協力してジャレットを倒そうと言う。クリスチャンが断ると2人でクリスチャンを攻撃。AJが助けに入る。

○コンスケンスズクリード vs シークアブドゥルバシール●
レフリーのグラマーボーイシェインがバシールを蹴り、クリードが抑えこむ。試合後、バシールとシェインが乱闘になる。

スティングが登場。先週、観客がだれもブーイングしなかったので驚いたという。サモアジョーが現れてスティングを攻撃しようとするが、ナッシュが止める。スティングがジョーにスコーピオンデスドロップを決める。

○クリスチャンケイジ vs AJスタイルズ● 4ウェイズトゥグローリー予選試合
試合後、フランクトリグがAJを竹刀で殴る。

○オーサムコング vs ロキシーラヴォー● ビンボーブロウル
試合後、ODBがコングと乱闘。

スティングがジェフジャレットを呼び出すと、サモアジョーが天井の梁に登場。ジョーはJJがノーサレンダーに来るのは間違いないという。ここでジャレットのテーマがヒット。ステージに現れる。観客は大声援。

×クリスチャンケイジ vs アビス× ノーコンテスト
チーム3D、ブッカーT、カートアングルが介入してくる。マットモーガンがクリスチャン達に加勢。

AJスタイルズがノーサレンダーでフランクトリグに試合を申し入れる。トリグがこれを受ける。

ビューティフルピープルビューティページェントにテイラーワイルドが優勝。審査員はプリンスジャスティスブラザーフッドのメンバー。

○ブッカーT、カートアングル vs マットモーガン、アビス●
チーム3Dのアシストで決着。
8/28放送分iMPACT!収録結果速報
8/28放送分iMPACT!収録結果速報です

○オーサムコング vs ジョージー●
試合後、コングとODBが乱闘。

○コンスケンスズクリード、ジェイリーサル vs ピーティウィリアムズ、シークアブドゥルバシール●
試合後、試合中の誤爆を巡ってPTとバシールが乱闘。

○カレーマン vs ジミーレイブ●
試合後ランスロックが入ってカレーマンを攻撃するが、プリンスジャスティスブラザーフッドのメンバーが救出に駆けつける。

○カートアングル vs ケビンナッシュ● 4ウェイズトゥグローリーマッチ予選
実況席にサモアジョーがいる。ジョーがナッシュに声をかけた隙をついてアングルがペースを奪って勝利。カートアングルがノーサレンダーの4ウェイズトゥグローリーマッチ出場権獲得。ナッシュはジョーと険悪になりかけるが立ち去る。

○ビューティフルピープル vs テイラーワイルド、ロキシーラヴォー●
スカイがヘアスプレーをロキシーの目に噴射して勝利。試合後、キップジェームズがロキシーの頭に紙袋を被せ、テイラーワイルドの髪を切ろうとするが、ライノが救出する。

○ビアマニー vs スーパーエリック、シャークボーイ● ノンタイトルマッチ
LAXが試合後にビアマニーを攻撃。

スティングがリングに現れ、最近の自身の行動について語る。最近のTNAの若手は自分に対する敬意が足りていないと言う。AJスタイルズが登場。言い争いになり、スティングがスコーピオンデスドロップを決める。

チーム3Dとジョニーデバインがアビスを呼び出す。最初はやさしく語りかけているが結局アビスを攻撃。マットモーガンが現れてアビスを助ける。

○ODB vs ライーシャサイード●
試合後、バックステージでODBがサイードのフードを取る。顔は映らない。コングがODBをノックアウトする。

ケビンナッシュがリングに登場。サモアジョーに対し、ノーサレンダーの準備が不十分だと言うと、3連戦をするように指示。
○サモアジョー vs ランスロック●

○サモアジョー vs ジョニーデバイン●
ナッシュは良くやったというが、3人目は特別サプライズだというと、トムコが登場。

○トムコ vs サモアジョー●
ナッシュが介入してトムコをアシスト。


Xplosion
○ライノ vs サンジェイダット●
シャノンムーアはTNA復帰を熱望
8/24付TNAニュース速報です

★元WWEのシャノンムーアのインタビュー内容のハイライトです。

・WWE内に何人か自分の事を良く思っていない人間がいた。解雇は自分の能力に関するものではなく、感情的なものだと思う。

・WWE入りする以前、TNA入りを蹴ったといわれているが、TNAから正式なオファーを受けてはいなかった。

・TNA時代は楽しかった。AJスタイルズとの仕事も含めて。ディクシーカーターは素晴らしいオーナーである。

・ジェフジャレットには多くのことを教わった。彼らが悪い印象を持っていないことを望んでいる。TNAには是非戻りたい。

・WCWに入ったのは19歳になったばかりの頃だった。

・ハーディボーイズとは幼馴染だ。自分が6歳の頃に家族でノースカロライナのキャメロンに引っ越したが、ジェフとマットの家とは2マイルも離れていなかった。

・クリスキャニオンの電話番号をマットハーディから教わり、それでWCWに入る事が出来た。

・元々スリーカウント(男性バンドのギミック。他のメンバーはシェインヘルムズ、エヴァン・カラギアス)はWCWのユニットとして考えたのではなく、タフイナフのようなリアリティショーが計画されたときに考えられたものだった。その計画が流れたのでWCWに流用した。

・スリーカウントはジミーハートのアイディアだった。

・WCWはもっとスリーカウントを上手く使えたはずだ。ジミーハートがぶち壊した。

・エヴァン・カラギアスと少し前にノースカロライナのシャーロットで会った。現在は税金関係の仕事をしているが、レスリングに復帰することを話していた。

・シェインヘルムス(グレゴリーヘルムス)はもうすぐWWEに復帰する。



★シークアブドゥルバシールのインタビューのハイライトです。

・WWEからTNAに移れた事は、自分のキャリアで最高の出来事だ。

・日本ではグレートムタと仕事ができたが、最初とその次のツアーではアメリカ人として扱われる珍しい体験をした。

・モハメドハッサンとは今でも定期的に話をしているが、レスリングの話はしない。

・(日本で受けたカルチャーショックは?という問いに対し)中東に対して、日本人は全く反感を持っていないということだ。アラブ人として登場しても、観客達からは全く反発されなかった。

・(日本での言葉の壁はありましたか?という問いに対し)日本ではより競技としての側面が強かった。どちらがより優れているかと言うように。

・(TNAのワールドXカップについて)私のTNA入りの導入としては最高だった。

・TNAでは私のアイディアが99%受け入れてもらえる。

・(六角形リングについて)まだ落っこちた事は無いが、ダイビング系の技が難しそうだ。

・(ミックフォーリーについて)彼がTNAに来れば、TNAの経営陣から一般のファンまで、あらゆる者にとって素晴らしいことだ。

・(WWE復帰について)可能性はいつだってあるものだ。

インタビュ
スティングの今年度の年俸は50万ドルと噂されていました
8/22付TNAニュース速報です

★8/21放送分iMPACT!視聴率は1.1%でした。

☆数ヶ月前、9月のノーサレンダーでサモアジョーvsケビンナッシュ戦を行うと言う計画が立てられていたそうですが、現在はボツになっているそうです。

☆ノックアウトたちは、視聴率に貢献しているにも関わらず、男性レスラーに比べてはるかに安い給料で雇われていると感じており、ゲイルキムの要求をTNAが飲まなかった事に対して反発していると噂されています。

☆TNAはスティングとの契約交渉で、来年度の年俸として60万ドルに近い額を提示しているのではないかとされています。
ゲイルキムがTNAを退団!?
8/22付TNAニュース速報です

★TNAの公式サイトから、ロスターページを始めとしたゲイルキム関連の情報がすべて削除されました。ゲイルキムは2005年の8月からTNAに出場していることから、契約が満了するのも8月と見られており、契約の延長交渉が決裂したものとみられています。

☆ゲイルキムが契約の延長交渉で、なんらかの保証をTNAに求めたところ、TNAがこれを拒否したため退団が決定したと報じられています。

☆ゲイルキムは8/21にフロリダ州タンパでジョニーエースと会談することになっており、WWE復帰を目指すものと見られています。

★iMPACT!の収録でゲイルキムの妹を演じたのは、アールヘブナーの実の娘だったそうです。
更新を再開しました
 たくさんのお見舞いコメントをいただき、まことにありがとうございます。まだ石が出たわけではないのですが、状態が安定したため一時帰宅しました。自然に排出される目処が立たないため、来週、より大きな病院で診断を受ける予定です。
 それまで、通常通り更新いたしますので、今後ともよろしくお願いいたします。


(以下は8/20記述)
 もうしわけありませんが、尿管結石に罹ってしまい、痛みが酷いためニュース速報はお休みします。
今晩の様子を見て明日以降入院するかもしれません。
 現在、PHSの契約を切ってしまっているので、入院した場合はしばらく更新が途絶える事になります。あらかじめご了承とご理解を賜りたく存じ上げます。
JJvsスティング戦が計画中?
8/17付TNAニュース速報です

☆BGジェームズはパートタイムでエージェントの仕事をしているそうです。

☆TNAがサヴィオベガをロードエージェントとして雇用したのは、彼の持つプエルトリコでの人脈に期待しているためとされています。

☆バウンドフォーグローリーで、ジェフジャレットvsスティングの敗者引退マッチを行うと言うプランがあるそうです。

☆バウンドフォーグローリーを最後にチーム3DがTNAを離脱する可能性があるそうです。
スティングがiMPACT!収録に来なかった理由
8/16付TNAニュース速報です

★8/14放送分iMPACT!の視聴率は0.9%でした。

☆前回のiMPACT!収録にスティングは来場していませんでしたが、これはTNAと契約延長の交渉に入っているためとされています。スティングの契約は年末に満了する予定ですが、TNAは昨年と同様の内容でもう1年延長したいと考えており、交渉を進めているそうです。スティングについて、ジェフジャレットはギャラに見合う価値はないと考えているそうですが、ディクシーカーターは評価しており、彼女の意思で契約延長を求めているそうです。
新キャラクターの名前は「スーサイド」
8/14付TNAニュース速報です

★8/14放送分iMPACT!の中で「スーサイドは誰だ?」というプロモーションビデオが公開されました。スーサイドは発売間近のTNAのゲームの中のストーリーで、LAXに酷く痛めつけられ整形手術が必要となり、マスクで顔を隠して登場するオリジナルキャラクターだとされています。先日、カズがTNAをストーリー上、退団しましたが、スーサイドとして復帰するのではないかと予想されています。

★カートアングルがオリンピックの時の事について、出場した階級のレスラー達の中で、明らかに自分が最強でもなければ、最速でも最も知的でも無かったが、体調は一番良かったとコメントしています。そして試合が進むに連れ、より自信を深めていったとしています。

8/21放送分iMPACT!収録結果簡易速報
8/21放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

○ヘルナンデス vs ロバートルード●

○BGジェームズ、エリックヤング vs モーターシティマシンガンズ●
試合後、BGがマシンガンズに握手を求める。シェリーは応じるがセービンはビンタを返し、乱闘になる。

○マットモーガン vs フランキーカポーン●
試合後、ブラザーレイが現れてマイクでモーガンを挑発。リングに上がる。ディーボンは反対側から忍び寄ってモーガンに奇襲をかけ、2人でモーガンを攻撃。アビスが現れてモーガンを救出する。

○ブッカーT vs ライノ● ノーサレンダーでのフェイタル4ウェイタイトルマッチ出場者決定戦
試合中にクリスチャンが現れ、シャメールをバックステージに担いでいく。

×ピーティウィリアムズ vs コンスケンスズクリード× Xディビジョンタイトルマッチ
バシールが介入し、レフリーを殴り倒してノーコンテスト。クリードを倒してPTと口論を始める。

○オーサムコング vs ゲイルキム● ストリートファイトマッチ
試合後、キムの妹らしき女性がリングに上がってキムの容態を看ていると、コングがその女性をパワーボムの体勢に捕らえる。ODBとロキシーが救出に駆けつける。

○AJスタイルズ vs カートアングル● 金メダル争奪ラダーマッチ
AJにはジョー、アングルにはブッカーがセコンドについている。アングルが自分の金メダルをかけて再戦が決定。2人がラダーに登って、頂上付近で殴りあっていると、照明が落ち、ジェフジャレットのテーマがヒット。照明が戻るとAJがギターを手にしており、それでアングルを殴り倒してメダルを獲得。


Xplosion
○ODB、ロキシー vs ジャクリーン、ラカカーン●

○ジェイリーサル vs ジョニーデバイン●
8/14放送分iMPACT!収録結果簡易速報
8/14放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

○コンスケンスズクリード、モーターシティマシンガンズ vs プリンスジャスティスブラザーフッド●

○クリスチャンケイジ、ライノ vs ロックンレイブインフェクション●

○マットモーガン vs ジョニーデバイン●

○シークアブドゥルバシール vs ジェイリーサル● 試合後サンジェイダットがリーサルを攻撃。

○テイラーワイルド vs クリスティへミー● 特別レフリー:トレイシー
試合後、コングがテイラーを攻撃。ゲイルキムが救出。

○ヘルナンデス vs ジェームズストーム●

ジムコルネットがノーサレンだーのメインイベントはフェイタル4ウェイTNA世界ヘビー級タイトルマッチと発表。3人の挑戦者を決定する予選試合を行うとし、まず来週、ブッカーTvsライノ戦を行うと言う。

○AJスタイルズ vs カートアングル●
試合中照明が落ち、点灯するとアングルが黒いバットを手にしている。それでAJを殴ろうとすると再び照明が落ち、点灯すると今度はAJがギターを手にしている。AJのギターショットが決ってカウント3。
ノーサレンダーのメインの予定が変更!?
8/11付TNAニュース速報です

☆9月のノーサレンダーのメインイベントはサモアジョー vs ケビンナッシュが予定されていたそうですが、ハードジャスティスの直前にボツになったそうです。現在はタッグマッチか6人タッグマッチが予定されており、サモアジョー、マットモーガン、ケビンナッシュ vs ブッカーT、スティング、カートアングル戦が有力とされているそうです。また、テイラーワイルド vs アンジェリーナラブのノックアウトタイトルマッチも予定されているそうです。

☆マイクジョンソンは、LAXの解散ストーリーはボツになったと報じています。

★カレンアングルはハードジャスティスにブッキングされておらず、会場入りもしていなかったそうです。一方、ROHのかつてのマネージャーであるプリンス・ナナや、かつてのランディサベージのマネージャーだったゴージャスジョージらが来場していたそうです。

☆ハードジャスティスの観客動員数は2500人程度だったそうです。

☆WWEから解雇されたシャノンムーアは、TNAと契約するとみられています。元々ムーアはWWE入りする以前、TNAと正式契約をかわす予定だったそうですがこの契約が延期されたため、WWE入りを決断していたとされています。
ピーティーウィリアムズが結婚
8/10付TNAニュース速報です

☆モーターシティマシンガンズは、以前報じられた、流血を拒否した事で上層部の反感をかっている為、トップスターとしてのプッシュが与えられないでいると噂されています。

☆マイクジョンソンが先週の金曜日にピーティウィリアムズが結婚したと報じています。式には多くのTNAの選手達が参列したそうです。

★ミッドウェイ社はすでにTNAのゲームの第2弾を開発中との事です。すでに何人かの選手はモーションキャプチャーを終えているそうです。

PPV Hard Justice試合結果速報
PPV Hard Justice試合結果速報です

フェイスプリントをしていないスティングがバックステージから会場に向かっている。ローレンがインタビューを試みる。

アイスTらがハードジャスティスの公式テーマソングを歌う。
マイクテネイとドンウエストが挨拶。

ピーティウィリアムズ(c) vs クリード Xディビジョンタイトルマッチ

序盤はクリードがグラウンドでペースを掴む。PTはカウンターからダイビング攻撃を狙うが、クリードに退避される。クリードは場外でPTを攻めるが、PTはエプロンにクリードを叩きつけて反撃。レフリーの注意をそらす間にラカカーンがクリードを攻撃し、PTがペースを完全に奪う。リングにクリードを戻してカバー。カウント2。
クリードは大きく振りかぶってのパンチを狙うがPTが回避。倒れたクリードをPTが腕立て伏せで挑発。観客はPTを支持。クリードはコーナーに詰められるが、突進してくるPTをブートで迎撃。リング中央で両者殴り合い。クリードはクローズラインを決め、エルボーを落とす。クリードがやや優勢になり、コーナー上から飛び降りつつフェイスクラッシャーをヒット。さらに必殺パンチがヒットしてカバー。カウント2。クリードはフライングニールキックをヒットし、PTをリフトアップ。しかしPTが抜け出してシャープシューターが極まる。クリードはロープエスケープ。観客はブーイング。
PTは逆水平チョップを打ち込む。クリードも応戦。PTはカナディアンデストロイヤーにトライ。クリードはカウンターでニアフォールを奪う。ここでシークアブドゥルバシール(ディバリ)がリングサイドに現れ、持ってきたイスでクリードを殴る。すかさずカナディアンデストロイヤーがヒットしてピンフォール。
勝者:ピーティウィリアムズ Xディビジョンタイトル防衛
試合後、バシールがマイクでアメリカ批判を始める。

サモアジョーがバックステージインタビューで、今夜ブッカーを倒した次はスティングだという。ケビンナッシュはジョーに俺を信用しろと言っていう。

ODB、ゲイルキム、テイラーワイルド vs アンジェリーナラブ、ベルベットスカイ、オーサムコング 特別レフリー:トレイシー

ベルベットスカイがODBと組み合う前、香水を吹きかける。ODBは香水を奪い取ってスカイの股間に吹き付ける。キムがスカイを攻撃。スカイはラブにタッチ。キムはワイルドにタッチする。ワイルドが優位に進めるが、ラブはコングにタッチ。ワイルドとキムがタッチし、さらにODBにタッチ。
ここでトレイシーがリングサイドのライーシャサイードを退場させる。怒ったコングがトレーシーをにらみつける。ODBがコングの顔に唾を吐くが、逆にスプラッシュを食らってダウン。スカイが入ってカバーするがキックアウト。スカイは卍固めのような技を極め、手首に噛み付く。ODBはそのままターンバックルにぶつけて脱出。両者タッチしてラブとキムが出てくる。ラブはトレイシーをにらみつけてからキムを攻撃。キムをターンバックルに突っ込ませる。ラブはトレイシーに突っかかる。トレイシーはついにラブを突き飛ばす。キムはワイルドにタッチ。ワイルドがラブを圧倒するが、カバーはコングがカット。コングはパワーボムを狙うが、キムがドロップキックでカット。6人が入り乱れる乱闘になる。場外でコングがキムをガードレールに叩きつけてダウンさせる。
リングではラブがワイルドを攻撃。コングはキムを押さえている。しかし、一瞬の隙をついてワイルドがラブを丸め込んで3カウント。
勝者:テイラーワイルド、ゲイルキム、ODB

天井の梁にチーム3Dがいる。スティングに協力を呼びかけるがスティングはいない。ディーボンは暗さを怖がっている。

LAX(c) vs ビアマニーInc TNA世界タッグタイトルマッチ
フリッシーがLAXのテーマを生で演奏。終始、卑怯な手段を用いるビアマニーにLAXが苦戦する展開。ビアマニーが場外に出たところで、ヘルナンデスのノータッチトペがヒットし観客が沸く。しかし、ジャクリーンがホミサイドにローブロー。ストームはビールをホミサイドの目に吹き付ける。その後ホミサイドが捕まる展開。ルードはスリーアミーゴスをホミサイドに決め、エディゲレロを侮辱する。しかし、ボディプレスをホミサイドがかわしてヘルナンデスにタッチ。ヘルナンデスがパワーで圧倒する。
LAXが優位にたち、ホミサイドのグリンゴカッターがストームにヒット。ビアマニーの2人が場外に出たところで、ヘルナンデスはホミサイドをボーダートスでリング内からビアマニーに投げつける。
ルードがリングに戻るとヘルナンデスが突っ込むが、ルードはトップロープを引き下げて、ヘルナンデスの場外転落を誘う。場外でジャクリーンがヘルナンデスにローブロー。サリナスがジャクリーンに突っかかり、ヘクターが止める。リングではホミサイドがストームにグリンゴキラーを狙うが、ストームがビール瓶でホミサイドを殴打。レフリーは見ていない。ストームがカバーしてカウント3。
勝者:ビアマニーInc TNA世界タッグタイトル獲得

試合後、ルードとストームはビール瓶を持ち出してタイトル奪取を祝う。ホミサイドは顔を抑えている。

バックステージで、ケビンナッシュとスティングが一緒にいる。ナッシュは今夜スティングがやることを知っている様子。しかし、別の道もあるとスティングに言う。スティングは別の道など無いと言う。

ジェイリーサル vs サンジェイダット ブラックタイブロウル&チェーンマッチ
両者をチェーンでつなぎ、相手からピンフォールを奪うかタキシードを脱がせた方が勝利と言うルール。リングサイドにはリーサルの家族が来ている。レフリーは先にリーサルにチェーンを固定。続いてダットにチェーンを固定するが、リーサルはチェーンを外してロープに固定してダットにチープショット。ニヤニヤ笑っている。レフリーが割って入り、リーサルにチェーンを固定しなおす事を求める。リーサルはこれに応じるフリをしてクローズライン。ようやくリーサルにチェーンを固定するが、ダットはこの隙にチェーンをリーサルの股間に通して、チェーンを引っ張り急所攻撃。ここでゴングが鳴り、正式に試合スタート。
ダットはリーサルのタキシードを脱がせにかかる。リーサルも反撃してタキシードを脱がせようとする。リーサルはダットの首にチェーンを巻いて宙吊りにする。ソーカルヴァルが止めるように叫ぶ。その後ダットはリーサルの家族を襲うフリをしてリーサルの隙をつく。観客達はboringチャントを始め、さらに「ルッソーをクビにしろ」チャントが始まってしまう。
ダットがボディプレスを失敗。リーサルがフィッシャーマンスープレックスをヒット。馬乗りになってマウントパンチを打ち込み、「お前が俺の人生をメチャクチャにした!」と叫ぶと、リーサルコンビネーションからダイビングエルボーを決めてカウント3。
勝者:ジェイリーサル

バックステージでボラッシュがブッカー夫妻とともにいる。JBはスティングが会場にいることを告げると、今、衣装に着替えている最中だと文句を言う。ブッカーはスティングと自分をプロレス界最高の宝石だと言い、スティングにサモアジョーに関わるなら自分の身は自分で守れと言う。そして、ジョーのことは認めていないとし、スティングも奴を認めていないと言う。そして、奴はインディ団体ででかい口を叩いているだけの男だと言う。そして、自分こそTNAチャンピオンにふさわしい事を証明してやると言う。

チーム3D vs クリスチャンケイジ、ライノ ジャージーストリートファイト

リングに入るなり4人で乱闘。場外に出て観客席に入って激しくやりあう。観客からTNAチャントが発生すると、レイが観客を挑発し始める。
ロードサインでレイをクリスチャンが殴ろうとするが、かわされて逆に鉄階段の上にフルネルソンスラムで叩きつけられる。再び大きなTNAチャントが発生。
ライノがレイをクローズラインで倒すと、ディーボンがライノを倒す。さらにクリスチャンに突進するが、クリスチャンは「ストップ」の標識を掲げる。止まってしまったディーボンにライノのゴアがヒット。クリスチャンはレイにフロッグスプラッシュを決めてカバーするが2カウント。続けてアンプリティアを狙うが、レイはエレクトリックチェアに切り返す。
レイがコーナーに登って腰掛けたところに、ライノがディーボンを突っ込ませ、頭がレイの股間に突っ込む形になる。続けて何度もライノはディーボンをぶつける。ライノとディーボンはクローズラインの相打ちで両者ダウン。レイが「俺のタマが!!」と叫んでいる。クリスチャンが立ち上がって、雪崩式のラナを狙うがレイは踏ん張ってスーパーパワーボムをヒット。カバーはクリスチャンがキックアウト。
観客はテーブルを要求。ディーボンがテーブルをリングに入れると大歓声。コーナーにセットしてライノを突っ込ませるがライノは直前でストップし、ダブルのクローズラインで反撃。クリスチャンがラダーを持ち込む。ライノはコーナーにラダーをセットするとクリスチャンに上がれと叫ぶ。クリスチャンはラダー上からのフロッグスプラッシュをレイにヒット。レイは胸を抑えて立ち上がるが、待っていたライノのゴアに沈む。
勝者:ライノ、クリスチャンケイジ

試合後、竹刀を持ったデバインが出てきてライノを殴る。ディーボンも後頭部を殴る。レイが竹刀を構えたところでアビスのテーマがヒット。花道をアビスが駆け下りてきてリングに入り、3Dを蹴散らすとデバインをにらみつける。デバインは竹刀で殴りかかるがブラックホールスラムを食らう。アビスは竹刀を手にすると観客は「使え」というが、結局使わずに立ち去る。

バックステージでローレンがAJスタイルズにインタビュー。スティングと話す機会はあったかと尋ねられるが、AJはいくつか問題があったが解決したという。ローレンは今夜のカートアングル戦について尋ねると、AJは自分達はお互いに相手を痛めつけてやりたいと思っていると言う。そしてカートは自分よりも優れたレスラーかもしれないが、自分よりも優れた男だとは思わないと言う。そして、最後に立っているのは自分だと言う。

カートアングル vs AJスタイルズ ラストマンスタンディングマッチ
突っかかるAJをアングルがじらす作戦。場外に下りて笑っている。序盤はAJが勢いで上回るが、徐々にアングルが盛り返す展開。場外乱闘でアングルがブレーンバスターを狙うが、AJが投げかってカバー。カウントは2。2人は乱闘しながらステージへ。アングルはAJをステージ上からブレーンバスターで投げ落とすが、AJは着地に成功。しかし、アングルはステージ上からダイビング攻撃をAJにヒット。アングルはAJをひきずってリングに戻し、腹部への蹴りからバックブリーカーを決めてカバー。AJがキックアウトする。
AJがスタイルズクラッシュを狙ったところでアングルはアンクルロックに切り返す。しかし、さらにAJはスパインバスターに切り返す。AJのダイブ攻撃をアングルがキャッチしてパワーボムをヒット。さらにアングルがスタイルズクラッシュを狙うが、AJがアンクルロックに切り返す。アングルはロープに逃れようとするが、AJが引きずり戻してさらに体重をかける。アングルがタップアウト。レフリーのカウント9でアングルがようやく片足で立ち上がる。
AJがスワンダイブしたところで、アングルはローブローでカウンター。そこから連続ジャーマンに入り、4発目で投げっぱなす。しかしカバーはキックアウト。アングルはオリンピックスラムを狙うが、AJはペレキックで逆襲。AJはムーンサルトを狙うが、失敗して叩きつけられる。アングルのカバーで3カウント。AJはカウント7で立ち上がる。すかさずアングルはオリンピックスラムからカバーしてカウント3。アングルは勝利を確信しているがカウント9でAJが立ち上がる。アングルはもう一発オリンピックスラムを狙うが、AJはスタイルズクラッシュに切り返す。押さえ込んで3カウントが入る。カウント9でアングルが立ち上がる。AJはアングルを場外に投げ落とそうとするが、アングルがAJのあばらを殴って着地。アングルはコーナー上からブレーンバスターでAJを場外に投げ落とそうと持ち上げるが、AJがDDTに切り返し、雪崩式で決る。AJがカバーして3カウント。そのままAJもダウンするが、カウント9でAJだけが立ち上がり10カウント。
勝者:AJスタイルズ
試合後、レフリーがアングルをチェックし、医療班を呼ぶ。医療班はアングルの首を固定するとストレッチャーに載せて運び出そうとするが、それを見たAJがアングルにスープレックスを見舞う。AJはアングルの耳元で何事か喚くと引き上げていく。すると照明が落ち再び点灯すると、スティングはAJを捕らえており、スコーピオンデスドロップが決る。ケビンナッシュが現れ、スティングに「いったいどういうことだ!?」と尋ねる。

サモアジョー(c) vs ブッカーT TNA世界ヘビー級タイトル武器あり金網マッチ
シャメールはバックステージで観戦。ブッカーは持っているベルトを誇示する。
ジョーがイス攻撃を狙った際、かわしたブッカーのスピンキックがイス越しにジョーの顔面にヒット。さらにイスでジョーの頭部を殴りつけ、ジョーが流血する。
ジョーはパワーボムからクロスフェイスまで移行する一連のサブミッション。ブッカーはエスケープ。ジョーはイスをリング中央に2つ置き、その上にマッスルバスターを狙うが、ブッカーがブックエンドに切り返して逆にジョーをイスに叩きつける。カバーは2カウント。さらにブッカーはスピンルーにーから、アックスキックをヒット。ここで照明が落ち、点灯するとジョーはギターを持っている。それでブッカーの頭を殴り、脚をかけたカバーでピンフォール。
勝者:サモアジョー TNA世界ヘビー級タイトル防衛

試合後、ジョーはギターを拾い上げて笑う。ドンウエストはテネイに、「これはあの男が帰ってくるって事なのか?」と尋ねている。ジョーがベルトを持って引き上げる中、ブッカーは驚いた表情でギターを見ている。


カズはゲームとタイアップしたキャラで復帰する予定!?
8/8付TNAニュース速報です

★8/7放送分iMPACT!視聴率は1.0%でした。

☆カズのTNA離脱ストーリーラインは、ミッドウェイ社が開発中のゲームとタイアップで進められる予定になっているそうです。カズはTNAを離脱後、ゲームに登場するオリジナルのマスクマンとしてTNAに復帰する予定になっているそうです。

☆LAXを解散させるプランがあると先日報じられましたが、現段階でもLAXにタイトルを持たせているのは、ディクシーカーターがLAXを気に入っているためだそうです。

☆ビクトリーロードでテイラーワイルドがオーサムコング相手にノックアウトタイトルを防衛した際、観客の反応がいまいちだった事にTNAのバックステージは驚きを隠せなかったそうです。その前のiMPACT!でワイルドがタイトルを奪ったときの観客達の反応と、余りに違ったためです。

☆ライーシャサイードは先週、トレーニング中に脚を負傷したそうですが、その後の経過は順調との事です。

☆先日、ダスティンローズ(ブラックレイン)をTNAが解雇したと報じられましたが、元々ワンマッチ契約だったそうです。今後、新たなストーリーの中でダスティンが必要になった場合は、再び起用するそうです。

☆7/31放送分のiMPACT!において、プリンスジャスティスブラザーフッドのセグメントが多すぎると、他の選手達からクリエイティブチームに不満が出ていたそうです。一方で、プリンスジャスティスブラザーフッドが登場したセグメントの視聴率は概ね高かったとされています。

★7/31放送分iMPACT!のメインイベントは、アンジェリーナラブ、ベルベットスカイ vs ゲイルキム、テイラーワイルドのノックアウトタッグマッチでしたが、視聴率は1.18%とこの日の平均視聴率(1.08%)を大きく上回り、成功だったと考えられているそうです。
スティングのヒールターンは実現するでしょうか?
8/6付TNAニュース速報です

☆スティングのストーリーラインについては、まだ決定されていないそうです。ビンスルッソーはスティングをヒールターンさせたいと思っているそうですが、絶対にヒールターンすべきとも考えていないそうです。もし実現した場合、AJスタイルズとの抗争の後、サモアジョーとの抗争に入る予定になっているそうです。

☆TNAは収支が黒字に転換したため、これまでパンダエナジーから得ていた援助資金の返還を始めたそうです。

☆ケビンナッシュは、元々オフのはずだったビクトリーロードに直前になって呼び出されたため、そのときから不機嫌になっていたそうです。

☆9月に契約が切れるとされているチーム3Dの2人ですが、TNAと再契約しないのではないかという話があるそうです。


★2008年のビクトリーロード、ハードジャスティス、ノーサレンダーの3大会は個別にDVDを発売せず、3枚セットでの販売のみとなるそうです。11/11の発売予定です。

★先週の土曜日にテキサス州ラレドで行われたハウスショー中、シャークボーイが膝を痛める怪我をしたそうです。しかし、来週のiMPACT!収録には参加できる見込みとのことです。

★ショーンディバリが、TNA入りする際にカートアングルの口添えがあったことを明かしています。

☆WWEを解雇されたトレバーマードックのプロテクト期間がもうすぐ満了しますが、TNAはほとんど興味を持っていないそうです。なお、マードック本人は来日を希望しているそうです。
ジェリージャレットがネットラジオに登場
8/4付TNAニュース速報です

☆チーム3Dの契約は9月に満了すると見られています。現在、交渉が続いているそうですが、まだ合意には至っていないそうです。

☆9月よりクリードの本格的なプッシュがスタートすると噂されています。

★長らく公の場で発言する事の無かったジェリージャレットが、ネットラジオ番組のマンデーナイトメイヘムに登場しました。
以下はその発言内容のハイライトです。

・健康の問題でTNAを離れて以後、体調は良くなっており、家族と過ごす時間も増え、現在は建設業を営んで暮らしている。

・初期のNWA‐TNAは、70~80年代くらいのレスリングを投影でき、楽しかった。当時は多くのことに関わっていたが、これが偏見を生む事にもなった。しかし、ビジネスの成功は、金を稼げたかどうかだ。人々の意見は意見として尊重するが、経済的な裏づけが無ければ意味がない。

・NWA‐TNAを設立しようとしたとき、その資金を集めるために当時レスリング業界を離れていたかつてのパートナーであるジェリー「ザ・キング」ローラーにメンフィスとルイスビル地区の会社の株式を売却した。WCW崩壊後、WWEを離れたジェフが頼ってきていた。子供たちの為にできるだけのことをしようと思ったのだ。テレビでの放映をするためには最低でも5千万ドルを用意する必要があったが、そんな金は無かった。52回のPPVを放送するのがやっとだった。1年間運営してその間にプロモーションが成功する事を願っていたが、結局は実現せず、金が尽きてしまったが、カーター家が団体の所有権を購入してくれたために危機を脱する事ができた。

・ジェフに批判がある事は知っているが、家族でのビジネスでは常に父親の成功の後を追わされるものであり、ジェフもわかっている。そして、そうした批判を裏側で引き受けることも仕事のうちだ。ジェフのリング復帰については何もしらない。

・オレッグ(現WWEのウラジミールコズロフ)については、個人的に雇わないかと言う話を持ちかけられた。しかし、当時はすでにTNAを離れており、ジェフに相談したが、ジェフは乗り気ではなく、ディクシーから反対されていると言われた。ビンス、リンダ夫妻とは個人的に友人付き合いがあったため、彼らに紹介したところ、2人は評価したため、ジョニーエースに連絡しメッセージを残した。1週間後、ニューヨークで妻と買物をしているときにエースから連絡があり、「あなたが推薦するなら雇えとビンスが言ったのなら契約します」という事になった。インターネットで流れた話のほとんどが誤りだ。(この出来事は、ジェフとの不仲説の決定的な証拠のように言われていました。)TNAを離れたのも心臓の状態が悪化したためだ。

・ビンスルッソーについては何も考えていない。彼はレスリング業界に損失を与えた男であり、決してこの業界で成功する事はないと思っている。WWEに所属していたからこそ成功した男だし、WCWを沈めたときに舵を取っていた男だ。彼がレスリング業界にとって有益だとは思えない。

・ボブカーター(TNAのオーナー)は資産家だが、ビンスマクマーンに対抗できるとは思わない。ビンスは3代目のプロモーターで、彼の人生はレスリングそのものであり、人生をレスリングにささげている。テッドターナーも彼には対抗できなかった。NWA‐TNAもニッチの観客を取り込むことを目指した。TNAを含めた何者もWWEに対抗することはできないと思う。

・もしWWEのホールオブフェイムに選ばれたら、喜んで受賞する。ビンスマクマーンはこの業界で最も賢い男だ。

・レスラーであれブッカーであれ、この業界を志すならば、心からレスリングを愛する事だ。



LAXが解散ストーリーに反発?
8/1付TNAニュース速報です

★7/31放送分iMPACT!視聴率は1.1%でした。

☆TNAはLAXの解散を検討しているそうですが、ホミサイドとヘルナンデスはこれに反対しているそうです。


トムコは正式に退団したようです
7/31付TNAニュース速報です

☆ケビンナッシュが激怒した原因は、8/7収録分iMPACT!のメインイベントで10人ガントレットバトルロイヤル戦を行い、その中でナッシュはコマーシャルブレイク中に失格するとされた事だったそうです。ナッシュは変更を要求したものの、TNA側がこれを受け入れなかったため、ナッシュはそのまま会場を立ち去り、試合は8人タッグウエポンマッチに変更されたそうです。
その後、ナッシュとTNAは和解しており、ハードジャスティスにナッシュも登場するそうです。

★8/7放送分iMPACT!のバックステージに、元WWEのジムナイの2人が来ていたそうです。

★トムコの解雇が正式に決定したそうです。クリエイティブチームはいくつかのプランをトムコに提示したそうですが、トムコが全て拒否したそうです。

☆ブラックレイン(ダスティンローズ)がTNAを解雇されたようです。TNAのロスターページから削除されました。TNAがノックアウトをより多く露出させる方針をとり始めていこう、ダスティンの出場機会は全くなくなっていました。

★バウンドフォーグローリーのテレビコマーシャルの放映が始まったそうです。シカゴのストリートを、ギャングに扮したサモアジョー、ブッカーT、LAXらが練り歩くというものだそうです。

★TNAは、2万平方フィートの広さのテレビスタジオが、ナッシュビルにある本社近くに完成間近であると発表しました。iMPACT!やXplosionの収録なども、そこで行う事になるそうです。

★8/7放送分iMPACT!のメインイベントのウエポンマッチで、カートアングルにラダーが当たった際、激しく流血する裂傷を負ったそうです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。