TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バシールは有罪
10/30付TNAニュース速報です

★BFGⅣのモンスターズボール戦で特別レフリーをスティーブ「モンゴ」マクマイケルが務めましたが、この試合に参加した選手達の多くは、彼のレフリングがひどかったと批判しているそうです。カウントが遅く、レフリーとしての立ち位置も悪く、試合の邪魔になっていたとのことです。
元々は、リングサイドにいる予定だったそうですが、ミックフォーリーがアングルvsジャレット戦の特別立会人となったことで、役割がかぶってしまうため、急遽レフリーを務める事にされたそうです。

★シークアブドゥルバシールがキップジェームズを侮辱したとして、火曜日に行われたiMPACT!収録の後、ロッカールームで選手達による裁判が行われたそうです。同じ飛行機にバシールとキップが乗り合わせた際、バシールがキップは65歳の誕生日を迎えたと大声で騒いだ事が問題にあげられたそうです。ブラザーレイがキップに付き、ブラザーディーボンがバシールの側でそれぞれ弁護を行った結果、バシールが有罪となり、選手達にビールと酒をおごるという判決が下されたそうです。
スポンサーサイト
棚橋もジーターに会ったのでしょうか!?
10/29付TNAニュース速報です

★前回のiMPACT!収録に、ニューヨークヤンキースのデレックジーターが訪れていたそうです。ジーターはCMの撮影でユニバーサルスタジオを訪れていたそうです。バックステージでは、誰に対しても、フレンドリーに接していたそうです。

☆10/23のiMPACT!生放送のエピソードで、クリスティへミーvsベルベットスカイ戦とその後のセグメントが時間を超過してしまったため、シークアブドゥルバシールvsジェイリーサルのXディビジョンタイトルマッチを短縮せざるを得なくなってしまったそうです。

☆ミックフォーリーがTNAに加わって以降、番組に登場する出演者の数を減らし、コメディスキットを減らすなど、明らかにブッキングの方向性が変わってきているそうです。

11/6放送分iMPACT!収録結果簡易速報
11/6放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

MEMが登場。新メンバーとしてスコットスタイナーを紹介。スタイナーは自分をMEMのヒットマンだという。ジョー、AJ、クリスチャンが登場。クリスチャンはどっちにもつかないとしつつ、MEMが気に入らないのでAJ、ジョー達をサポートするという。

○ビアマニー、ブッカーT vs モーターシティマシンガンズ、クリスチャンケイジ●

○マットモーガン、アビス vs チーム3D vs LAX vs 棚橋弘至 、ヴァロドールJr
TNA世界タッグタイトル挑戦者決定ラダーマッチ

○オーサムコング、ライーシャサイード vs テイラーワイルド、ラカカーン●
カーンがテイラーを裏切る。

○ケビンナッシュ、カートアングル、スティング vs エリックヤング、コンスケンスズクリード、ジェイリーサル●

○スコットスタイナー vs サモアジョー●
ナッシュのアシストでスタイナーが勝利。


Xplosion
○ライノ vs シークアブドゥルバシール● DQ
Xディビジョンタイトルのベルトでバシールがライノを殴って反則負け
10/30放送分iMPACT!収録結果簡易速報
10/30放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

AJスタイルズとサモアジョーが登場。MEMを挑発する。ODB、クリード、リーサル、エリックヤング、ピーティウィリアムズが登場し、2人を支持すると表明。セービンとシェリーも出てくるが、自分達が協力するいわれは無いという。怒ったジョーはシェリーにビンタ。MEMが登場し、罵りあいになる。

○クリスティへミー、ODB vs ビューティフルピープル●

○エリックヤング vs ジェームズストーム●
ルードのビールがストームに誤爆してエリックが勝利。試合後、ビアマニーの2人はエリックを攻撃。MMGが救出する。

○モーターシティマシンガンズ vs 棚橋弘至、ヴォラドールJr●
バシールが実況に加わる。試合後、敗れた棚橋とヴォラドールJrを怒鳴りつけるが、ライノが出てきてバシールにゴアを見舞う。

○AJスタイルズ、サモアジョー vs ケビンナッシュ、ブッカーT●

ミックフォーリーが登場。ターニングポイントで行う事が決定した試合を発表。スティング vs AJスタイルズのTNA世界ヘビー級タイトルマッチ、ケビンナッシュvsサモアジョー、ブッカーTvsクリスチャンケイジのレジェンドタイトルマッチを発表する。そしてスティングを呼び出す。スティングのMEM入りはショックだったと告げる。

○アビス vs カートアングル● DQ
アングルがイスを使用したため反則負け。モーガン、ナッシュ、ブッカー、AJ、ジョー、PT、クリード、エリック等などが大挙して試合後に乱入。フェイス軍が優位に立つが、ここでスコットスタイナーが鉄パイプを持って登場。PTも含めてフェイス軍全員を殴り倒す。MEMが勝ち誇り収録終了。


Xplosion
○ジェイリーサル vs ロバートルード●
今週の収録でスコットスタイナーが復帰!?
10/27付TNAニュース速報です

☆10/28に行われる10/30放送分IMPACT!収録に、怪我で長期欠場中のスコットスタイナーが登場し、MEMのメンバーに加わるとされています。

☆10/23よりハイビジョン放送がスタートした事で、オーランドのIMPACT ZONEのセットも一新されたそうです。
近く大量カットが行われるという噂
10/24付TNAニュース速報です

★10/23放送分iMPACT!視聴率は1.13%、視聴者数は約160万人でした。

☆TNAが今後数週間以内に、所属選手達の大量カットを行うのではないかという噂が流れているそうです。解雇されるものの中には、先日のジョニーデバインのように、自ら解雇を望んだものが複数いると見られているそうです。

☆TNAは大物選手達との契約交渉でより良い条件を提示するために、コスト削減に力を入れているそうです。番組に不必要とされる選手の大量カットもこの一環で行われると見られているそうです。

☆ベテランvs若手の抗争アングルについて、WCW時代のnWoの時のように、巻き込まれることで不利益を蒙る可能性が高いとして、ストーリーの中心選手を除き、その他の選手達がストーリーから距離をおきたがっているそうです。一方、番組のストーリーから遠ざかっている選手達は、カットされる恐れがあるため、このストーリーに関わる事を希望しているそうです。
10/23放送分iMPACT!試合結果速報
10/23放送分iMPACT!試合結果速報です

ラスベガスより生放送。
過去6年間のTNAの歴史をまとめたビデオ。ラスベガスで、ハイビジョン放送の夢が花開くとアナウンス。

iMPACT!の新しいテーマ「Cross the Line」が流れる。マイクテネイとドンウエストが開幕の挨拶。2つのタイトルマッチとミックフォーリーからレスリング界を永久的に変革する大発表があると言う。

ベルベットスカイ vs クリスティへミー
序盤はヘミーが攻勢にでるが、アンジェリーナラブが介入して目に香水を吹きかけ形勢逆転。キップがレフリーの注意を引く間に、スカイが痛めつける。テネイとウエストは、カートアングルからも今夜大発表があると言う。スカイのコーナースプラッシュを回避したヘミーがFFG(フライング・ファイアークロッチ・ギロチン:開脚式ダイビングギロチンドロップ)を決めて勝利。
勝者:クリスティへミー

今夜、Xディビジョンタイトルマッチとノックアウトタイトルマッチが行われるとアナウンス。さらにファン投票で試合形式を決定するタッグガントレットマッチと、ブッカーTがブリーフケースの中身を公開するイベントが行われると言う。

ボラッシュがアングルといる。アングルはレスリング界にドラスティックな改革をもたらすと言う。同じ部屋にいたブッカーTが、自分達ベテランが今後、やりたいようにやるという。さらにケビンナッシュがこの業界において、リスペクトこそが全てであると言う。
ボラッシュは、ベテラン達が急激に成長する若手達の邪魔になっているのではないかという。アングルは、自分達が史上最高の3人のレスラーなのだと言い、さらに4人目を迎えると言う。メイクをしていないスティングが登場。スティングは自分達が軽視されている現状に対し、リスペクトを求めると言う。スティングが部屋を出て行くと、アングルがメイン・イベント・マフィアというユニット名を発表する。

ローレンが会場の外でミックフォーリーの到着を待っている。フォルクスワーゲンのビートルでミックが登場。ミックに大発表の中身を問うが、ミックはただ大きいとだけ言う。

ブッカーTがリングにシャメールと共に登場。TNAの勢力図を塗り替えるというと、ブリーフケースを開け、新しいチャンピオンベルトを披露。ブッカーは、これは自分のためだけに存在する、レジェンドチャンピオンシップだと言う。
クリスチャンケイジのテーマがヒット。リングに登場しブッカーに対し、レジェンドとは素晴らしい実績を残してリスペクトを得たものの事だが、ブッカーはそこそこの実績はあるものの、リスペクトは得ていないと言う。ブッカーは今夜は祝いの日だといい、クリスチャンにメインイベントマフィア入りを薦める。クリスチャンは興味が無いといい、それよりもターニングポイントでレジェンドチャンピオンシップに挑戦させろという。ブッカーはこれを了承。ただし、ブッカーが勝ったら、何も言わずにMEM入りする事を条件に出す。

バックステージでローレンがマットモーガン、アビスにインタビュー。今夜のタッグガントレット戦について尋ねる。モーガンはアビスが傷つきすぎているため、今夜は一人で戦うと言う。アビスは自分は大丈夫だとモーガンにアピール。火傷は治ったと言い、それよりもアングルに対してやり残した仕事があると言う。モーガンは気をつけろといって立ち去る。アビスは再びカートアングルに対して何かをやるという。

バックステージでボラッシュがジェフジャレットに、ミックフォーリーの大発表について、何か訊き出そうとしている。ジャレットは、それはミック自身が発表する事だと言う。そして、カートアングルとのBFGⅣでの試合に触れ、もうリングには復帰しないと言う。

シークアブドゥルバシール(c) vs ジェイリーサル Xディビジョンタイトルマッチ
バシールはゴング前に奇襲。リーサルはバシールを場外に落としてトペをヒット。バシールがリングに戻ると、リーサルはマッチョマンエルボーを狙うが失敗。バシールがWMD(ウエポン・オブ・マス・デストラクション:大量破壊兵器の意。スナップ式DDT)で勝利。
勝者:シークアブドゥルバシール Xディビジョンタイトル防衛

ローレンがバックステージでサモアジョーとAJスタイルズにMEMについて尋ねている。AJは6年間の歴史の中で、若手とベテラン達との間に軋轢が生じてしまったという。これは彼らだけの問題ではなく、TNAの事だという。
ジョーは苛立ちを隠さず、ケビンナッシュを狩るという。そして世界タイトルをジョーから失わせた代償を支払わせるという。さらに他のMEMメンバーに対しても、自分の邪魔をすれば、たたき潰すと警告する。

スーサイドのビデオが流れる。

テネイが、ライノとバシールが口論になったという。ライノはバシールのアメリカ批判に対して、猛反発している。ライノは自分のオープンチャレンジマッチに出ろというが、バシールは股間を蹴り上げる。

ハードコアタッグガントレットマッチ
60秒ごとに出場者が一人ずつ順番に出てくる。オーバーザトップロープで失格。最後に残った2人のタッグパートナーが復帰し、タッグマッチで決着が着くルール。ジェームズストームの入場でコマーシャル入り。
コマーシャル明け、ブラザーレイが入場。ここで試合形式が発表。ウエポンズマッチ。使用できる武器はこれからファン投票でイス、テーブル、ラダーの中から選択される。レイがストームを圧倒。ストームは失格しそうになるが、踏みとどまる。ロバートルードが入場。ビアマニーの2人でレイを攻撃。しかし次の入場者はブラザーディーボン。ディーボンはビアマニーを蹴散らすと、観客はテーブルチャントを開始。
続いてヘルナンデスが入場。4にをまとめて攻撃するが、3Dの合体クローズラインで倒される。続いてホミサイドが入場。リングに入り際のミサイルキックで3Dの2人を倒し、そのまま攻勢。続いてマットモーガンが登場。モーガンは早々にホミサイドとディーボンを失格させる。さらにショルダースルーでヘルナンデスを落として、LAXの脱落が決定。アビスが続いて入場。しかしモーガンはリングに入るなという。それに気を取られたモーガンの隙をついて、ルードがモーガンを場外に落とす。さらにビアマニーは場外に降りてアビスを攻撃する。
リングアナウンサーのデビッドペンザーが、公認凶器はテーブルに決まったと発表。3Dは喜び、早速リングにテーブルを上げる。アビスがリングに入って3Dを攻撃。ディーボンは失格したにも関わらずリングに残っている。アビスはライターを持ち出して、テーブルに火をつけようとするが、ディーボンがアビスにローブロー。レイがクローズラインでアビスを場外に落とす。これで、チーム3Dとビアマニーが残る。
ここからタッグマッチルール。ビアマニーは背後から3Dを攻撃。観客は「We want fire」チャント。ルードがテーブル貫通式の3Dを食らってしまうが、レフリーをジャクリーンが場外に引きずり出してしまう。この隙にストームがビールをディーボンの顔に吹きかけて目潰し。すぐさま丸め込んでピンフォール。
勝者;ビアマニーInc

テネイとウエストは今夜の残りのカードを発表している。カートアングルのテーマがヒット。マイクを持って登場する。アングルはミックフォーリーの発表などどうでもいいと言う。それよりもジェフジャレットを出せという。ジャレットのテーマがヒット。アングルとの抗争は終わったのだという。そしてTNAには才能が揃っており、自分がリングに立つ理由は無いという。そして、ロッカールームにはアングルと戦いたい奴らがひしめいているというと、アングルの背後に忍び寄ったアビスがアングルを殴り倒す。さらにブラックホールスラムを狙うが、アングルはリングから脱出。

オーサムコングのビデオが流れる。ノックアウトディビジョンを制圧してきたが、テイラーワイルドに衝撃的な敗北を喫したという。

ローレンがバックステージで、コングとライーシャサイードにインタビューしている。ライーシャはテイラーの血を欲しているのだという。そして今夜コングは彼女の持つべきものを取り返し、今夜がテイラーの最後の試合になるのだという。

テイラーワイルド(c) vs オーサムコング TNAノックアウトタイトルマッチ
序盤はテイラーがスピードでかき回そうとするが、コングのパワーに圧倒されてしまう。コングは散々テイラーを痛めつけてチョークスラム。テイラーはキックアウト。続くオーサムボムはテイラーがフェイスバスターに切り返す。テイラーはミサイルキックをヒットするが、コングを仕留めるには至らない。テイラーはハリケーンラナで押さえ込むがコングがキックアウト。サイードがテイラーの足を刈り、コングのオーサムボムが決まってピンフォール。
勝者:オーサムコング ノックアウトタイトル獲得

ニックボックウィンクルが客席に来場しているのが映る。

スティング、ケビンナッシュ vs サモアジョー、AJスタイルズ
AJが捕まる展開。ペレキックで脱出するとジョーにタッチ。ジョーはナッシュを倒してコーナーでいたぶる。スティングが介入してくるが、スティンガースプラッシュはナッシュに誤爆してしまう。ジョーはスティングを場外に落とすが、ナッシュがタイトルベルトでジョー殴ってピンフォール。
勝者:ケビンナッシュ、スティング
試合後、AJとジョーは攻撃を続ける。ジョーは流血しながらもナッシュにコキーナクラッチを極めている。アングルとブッカーが登場。ブッカーはレジェンドタイトルのベルトでAJを殴り、AJも流血してしまう。MEMの4人でAJとジョーを殴り倒し、倒れている2人の傍で2人を見下ろす。

ミックフォーリーがリングに登場。ジェフジャレットと交渉し、自分が用意できる金額を提示したという。そして、自分がいかに倹約をしてお金を貯めてきたかを語っているとMEMが登場。アングルがミックにヘッドバットを見舞い、ミックが倒れてしまう。ミックは立ち上がって笑い出すと、ジェフジャレットがTNAに大きな投資が行われたのだという。そしてミックは自分が筆頭株主になったことを宣言。アングルは新しいボスに頭突きをかましたのだという。
MEMは驚いて立ち尽くしている。ミックはTNAを信じているというと、自分達5人なら、業界に爆発を起こす事が出来るといい、アングルに対し、共に歴史を作り、歴史になろうという。
紙ふぶきが舞う中、アングルは退場。残りのMEMメンバーはミックをにらんでいる。
iMPACT!生放送での主な出来事
10/23付TNAニュース速報です。

★iMPACT!生放送で起った主な出来事です。大会の詳細は後ほどアップいたします。

・ミックフォーリーがジェフジャレットとの取引の結果、TNAの筆頭株主になったと発表。今後、ジェフジャレット側のボスとして活動するらしい。

・スティング、ケビンナッシュ、ブッカーT、カートアングルが、「メインイベントマフィア」というユニットを結成。サモアジョー、AJスタイルズやその他の若手達を攻撃すると表明。

・ノックアウトタイトルマッチにオーサムコングが勝利。タイトルをテイラーワイルドから奪還。

・ブッカーTはレジェンドチャンピオンシップの設立を宣言。ターニングポイントで、クリスチャンケイジを相手に初タイトルマッチを行うと発表。ただし、クリスチャンが敗れた場合は、メインイベントマフィアへの加入を強制される。


雷陣明の起用は未定
10/22付TNAニュース速報です

☆BFGⅣの入場者数は約5500人で、その内4500人程度が有料入場者だったそうです。

☆ターニングポイントでカートアングル vs アビス戦を行う事が検討されているそうです。

☆2009年の初め頃に、オハイオ州でPPVの開催を検討しているそうです。

☆雷陣明はTNAと2年契約を結んだとされていますが、今のところクリエイティブチームに彼を起用するプランは無いそうです。

★カートアングルの新作DVD「チャンピオン」は11/25発売です。
ジョニーデバインの離脱の理由
10/19付TNAニュース速報です

★ジョニーデバインは、TNAを離脱した理由について、一部のベテラン達と若手との間にあるサラリーのギャップに不満を感じており、それがTNA離脱の大きな理由の一つだと語っています。また、TNAから年間3万ドルしか貰っていなかったとされた件について、3万ドルよりは多く貰っており、飛行機代も支払われていたと否定しました。

☆シェインダグラスは現在中学校の先生をしているそうです。TNAを離脱した直後はターゲット(大手量販店)に務めているとされていました。
クリエイティブの方針転換があったそうです
10/17付TNAニュース速報です

★10/16放送分iMPACT!視聴率は1.1%でした。

☆10/23放送分iMPACT!で、ブッカーTがレジェンドチャンピオンシップのベルトをお披露目することになっているそうです。

☆ジョニーデバインは、このままTNAに所属していたとしても、上には行けないと感じ、1ヶ月以上前に解雇を申し入れ、BFGⅣを最後にする事で合意していたそうです。デバインがTNAから受け取っていたサラリーは年間で3万ドル程度だったとされています。
デバインは、楽しく無くなったときがレスリングをやめるときだとし、今回はTNAでレスリングをするのが楽しくなくなったのだとコメントしています。

★ミックフォーリーはWWEを辞めてTNAと契約を結んだ理由について、WWEで自分に出来る事はもう少なくなってしまったが、全く環境の異なるTNAなら、WWEとの違いを出すために出来る事があると考えたと語っています。

☆10/16放送分iMPACT!の収録から、エージェント達が積極的に試合の流れやフィニッシュについて、意見を出すようになったそうです。これまでは、クリエイティブチームの決定をそのまま伝える役割しか果していなかったそうです。
今後もブッキングの基本方針や、試合の勝ち負けなどはクリエイティブチームが定め、ジェフジャレットが許可を出す事に変わりは無いそうですが、細かな部分についてはエージェントたちのアイディアを受け入れていくそうです。
この決定は、テレビで放送される試合よりも、ハウスショーの試合の方が評価が高かったために下されたそうです。選手やスタッフ達にも、今回の変更は好意的に受け止められているそうです。
ゲイルキムの穴埋めにクリスティへミーをフェイスターン?
10/16付TNAニュース速報です

★TNA公式サイトで、ジェフジャレットのシルエットがプリントされたギターが発売されました。価格は199.99ドルで、12本限定発売とのことです。

★TNAのビデオゲームの販売本数は、アメリカ国内で10万本、全世界で20万本程度と見積もられているそうです。

★TNAはPPVの順番を入れ替え、11月にターニングポイント、12月にファイナルレゾリューション、1月にジェネシスを開催するそうです。昨年度は11月にジェネシス、12月にターニングポイント、1月にファイナルレゾリューションを開催しました。

★スラムレスリングは、今年のロックダウンで行われたサモアジョーvsカートアングルのMMAマッチの前にサモアジョーのトレーニングを行ったマーカス・デービスの発言として、TNAがサモアジョーを有名なMMAファイターの元でトレーニングさせるというプランを検討したいたと明かしています。ジョーと同じ地域にすんでいるティトオーティスがその最有力候補だったそうですが、結局実現せず、デービスのところに話が舞い込んだそうです。
また、TNAからはロックダウンで、サモアジョーにタイトルを手渡す役をやらないかと誘われたそうですが、カートアングルから「ちょっとすっ転ばされることになるが心配するな」と言われ、アングルに殺されると思って辞退したと冗談を言っています。

☆ケビンナッシュは、短期間のオフを取って、ほぼ右腕全体をカバーする大きなタトゥーを入れたそうです。

☆TNA上層部はクリスティへミーをロックンレイブインフェクションから離脱させてフェイスターンさせる事を検討しているそうです。ゲイルキムのいたポジションに据えるのが狙いとされています。

☆BFGⅣのカートアングル vs ジェフジャレット戦は、当初、カートアングルが勝つ予定になっていたそうです。

☆BFGⅣのブッカーT vs AJスタイルズ vs クリスチャンケイジ戦において、クリスチャンがクリーンフォールを奪われた事から、クリスチャンはTNAの離脱が決定的なのではないかと噂されています。

◆元サリナスことシェリーマルチネスは、10/24のAAAの大会に出場するそうです。今のところ役割については決まっていないそうですが、ショーンウォルトマンのディージェネレーションMEXに合流するのではないかとされています。
新設が噂されるベルトはレジェンドタイトル
10/15付TNAニュース速報です

☆マイクジョンソンは、番組でブッカーTが持っているブリーフケースの中身は、新設されるレジェンドチャンピオンシップのベルトであると報じています。ベルトはリコ・マンがデザインし、デイブ・ミリカンとレジー・パークスが作成したそうです。

★10/23放送のiMAPCT!生放送大会からハイビジョン放送がスタートしますが、現段階でPPVのハイビジョン放送の予定は決まっていないそうです。

★公式サイトのロスターページからカレンアングルの項目が一旦は削除されましたが、再び掲載されました。ノックアウトセクションの写真集は削除されたままです。

☆10/16放送分iMPACT!の収録の際、会場内にスペイン語実況席とメイン実況席は設置されていなかったそうです。ハイビジョン放送に備えての変更と見られています。

△TNA内部で、ディレクターのケビンサリバンの解雇が検討されていたそうですが、個人的なジェフジャレットとの付き合いから、実現はしなかったと報じられています。
ジョニーデバインがTNA離脱を公表
10/14付TNAニュース速報です

☆マイクジョンソンは、カレンアングルがTNAを離脱したのは、クリエイティブチームが彼女のストーリーのアイディアを現段階で持っていないためであり、また必要とされれば戻ってくる可能性があると報じています。

☆ラスベガスで行われるiMPACT!の生放送大会のチケットは、ほぼ売り切れているそうです。

★ジョニーデバインがTNAに解雇を求めた報じられていましたが、デバイン本人がマイスペースでTNAにはすでに所属していない事を報告しました。インディ団体からのブッキングを受け付けており、怪我などによるものではないと見られていますが、それ以外の理由はわかっていません。

☆ケビンナッシュとTNAは延長契約を正式に交わしたそうです。1年契約であるという事以外、詳しい内容については分かっていません。
10/16放送分iMPACT!収録結果簡易速報
10/16放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

○モーターシティマシンガンズ vs サンジェイダット、シークアブドゥルバシール●
試合後、カートアングルが現れてMMGとダットを攻撃。ジャレットがリングに現れるまで、無差別攻撃を仕掛けると言う。

ジェレミーボラッシュがケビンナッシュにインタビュー。ナッシュは「親しくしようとするほど、敵が寄ってくるものだ」という。そして、ジョーが無礼な振る舞いをしたためにBFGではあのような行動をとったのだとして、自分とスコットホールは、全員に対して警告しているのだという。

スティングがリングに登場。日曜日、より優れていたのはジョーだったが奴は敗れたとし、奴の傲慢さに自滅したのだという。そして、自分に敬意を払う多くのレスラー達が、あの試合の後で握手を求めてきたが、AJスタイルズはその中にいなかったという。
AJが登場。スティングと口論になり、AJがスティングにビンタから乱闘。セキュリティに止められる。

○ブッカーT vs ヘルナンデス●

カートアングルが登場。デビッドペンザー(リングアナウンサー)を攻撃。セキュリティと係員が止めに来る。ジェフジャレットが登場。一度はリングに上がったが、もう上がらないという。カートはどうやらジャレットの3人の娘に会いに行かなければならないようだと言う。ジャレットは怒ってカートにつっかかるが、カートはさっさと退場。
ミックフォーリーが登場。TNAでの仕事は終わったと言う。観客達とレスラー達に礼を言い、AJ、リーサルらが現れて握手を求める。

○ロキシー vs ライーシャサイード●
試合後、オーサムコングがロキシーを叩きのめす。

○ケビンナッシュ vs コンスケンスズクリード●

○カートアングル vs マットモーガン●
試合後もカートはモーガンを攻撃。アビスが救出に現れるが、カートが反撃してアビスに流血させると、アンクルロックを極める。

バックステージでボラッシュが、フォーリーとジャレットが車に乗り込むところに駆けつける。フォーリーは来週のラスベガスの生放送大会で大発表をすると言う。
アングルvsフォーリー戦への布石!?
10/13付TNAニュース速報です

★BFGⅣで行われたモンスターズボールマッチで、アビスが火のついたテーブルに落とされた際、最初にかけられた消化剤が不十分で火が残ってしまったため、腕に焼けどを負ったそうです。今後、感染症の恐れがあるため、しばらく欠場すると見られています。また、ヘルナンデスにジェームズストームが竹刀で殴られた際、当たり所が悪く、しばらくの間ほんとうに意識が朦朧としていたそうです。

★カレンアングルがTNAを離脱した理由は、家族と過ごす時間を増やすためとされていますが、カートとの離婚問題が原因である事は明らかと見られています。

☆次回のiMPACT!収録で、ミックフォーリーの「グッバイ」セグメントが収録されるとアナウンスされていますが、対カートアングル戦に繋がって行くストーリーになると見られています。
TNAの観客動員記録更新は前売り段階で決まっていたそうです
10/12付TNAニュース速報です

★BFGⅣの前売りチケットは5000枚以上が販売されており、これだけでTNA史上最高の観客動員数が確定していたそうです。

☆ケビンナッシュとTNAとの延長契約は数週間前にすでに交わされており、それ以降のナッシュの契約はまだしていないという発言はワークだったと見られているそうです。

☆フランクトリグは、ネットラジオ番組のインタビューの中で、今後のTNA登場について、決定権はTNAにあり、現段階では未定である事を明かしています。

☆カレンアングルがTNAから離脱したそうです。現在、インディ団体からのブッキングを受け付けているそうです。

☆最近のTNAのロッカールームでは、ジョニーデバインが上層部に解雇を求めたらしいという噂が広がっているそうです。
PPV Bound For GloryⅣ試合結果速報
PPV Bound For GloryⅣ試合結果速報です
※再開しました。

シカゴのギャングをモチーフにしたオープニング映像が流れる。

アレックスシェリー vs カレーマン vs ジェイリーサル vs サンジェイダット vs ジミーレイブ vs ジョニーデバイン vs クリスセービン vs ピーティウィリアムズ vs シャークボーイ vs スーパーエリック スティールアサイラム
危険なハードバンプの連続。観客は大熱狂。リーサルが脱出に成功。
勝者;ジェイリーサル Xディビジョンタイトル挑戦権獲得

バックステージのオフィスでジムコルネットがミックフォーリーと話をしている。ビューティフルピープルが入ってくる。ビューティフルピープルは、青いM&M'S(マーブルチョコレート)をくれと言ったのに、黄色を渡されたと言って怒っている。

ビューティフルピープル、キュートキップ vs ODB、ラカカーン、ライノ ビンボーブロウル 特別レフリー:トレイシーブルックス
酷い試合。ライノがスカイにゴアを狙うが、キップがカット。キップはメイク道具の箱でODBを殴る。最後はライノがゴアが決まってピンフォール。
勝者:ODB、ラカカーン、ライノ

バックステージでローレンがクリードにXディビジョンタイトル挑戦への意気込みを尋ねる。

シークアブドゥルバシール(c) vs コンスケンスズクリード Xディビジョンタイトルマッチ
試合前に、陸軍兵士のダニエル・カサラという人物がクリードを紹介。激しい立ち上がり。クリードはダイビング攻撃を連発。しかし、試合のペースはXディビジョンとしてはかなり遅い部類。評価の分かれる内容。最後はバシールがロープを掴んでの丸め込みで勝利。
勝者:シークアブドゥルバシール Xディビジョンタイトル防衛

コルネットのオフィスにミックがいる。コングとサイードが入ってきてなぜミックがここにいるのか尋ねる。ミックが答えようとすると、それを遮ってサイードがそんなことはどうでもいいという。ミックはそれは無いだろうと言い、今ロックと電話で話をしているところだと冗談を言う。コング達は怒って退場。ミックは電話を取り、ミシガンのユーペル・ザ・クラウンという人物に電話をする。

テイラーワイルド(c) vs オーサムコング vs ロキシー TNAノックアウトタイトルマッチ
一部、退屈な場面もあるが、まあまあの内容。テイラーがロキシーをジャーマンスープレックスで仕留める。
勝者:テイラーワイルド ノックアウトタイトル防衛
内容はまあまあだが、短すぎる試合。

また、コルネットのオフィスにミックフォーリーがいるのが映る。今度はチーム3Dが来ている。ミックはブラザーレイに自分のルックスをパクられたという。ECWのことを少し話してから3D立ち去る。

ビアマニーInc vs LAX vs チーム3D vs マットモーガン、アビス 特別レフリー:スティーブマクマイケル TNA世界タッグタイトルモンスターズボールマッチ
マクマイケル(元NFLのスター選手)は昔、モンティブラウンが使っていた曲で入場。ホミサイドがフォークでディーボンを攻撃。レイはチーズ用のおろし金でアビスの額を削り、流血させる。マクマイケルのレフリングは酷く、カウントに入る動作もカウントの速度も遅い。ビアマニーはマクマイケルに食って掛かるが、マクマイケルがルードにクローズラインで逆襲。
チーム3Dはステージの下にテーブルをセットして火をつけると、ステージの上からアビスをダブルのチョークスラムでテーブルに叩き落す。さらに画鋲をまいたテーブルの上にホミサイドを3Dで叩きつける。こっそり忍び寄ったビアマニーが倒れたホミサイドからピンフォールを奪う。
勝者:ビアマニーInc TNA世界タッグタイトル防衛
ハードコアファンにとっては最高の内容。

ブッカーT vs クリスチャンケイジ vs AJスタイルズ
素晴らしい試合。AJがクリスチャンにスパイラルタップを狙うが自爆。ブッカーはAJとクリスチャン2人まとめてアックスキックで倒す。クリスチャンはトップロープからの雪崩式アンプリティアをAJに決めるが、そこへブッカーがコーナー上からダイビング式のアックスキックをクリスチャンにヒットしてピンフォール。
勝者:ブッカーT

カートアングル vs ジェフジャレットの煽りビデオ

カートアングルがバックステージでインタビューを受けている。ミックフォーリーが立会人を務めることに文句を言うが、いずれにしろ勝つのは自分だと言う。

カートアングル vs ジェフジャレット
非常に素晴らしい試合。ミックがカートにマンディブルクロウを決め、ジャレットがギターでカートを殴り倒してピンフォール。
勝者:ジェフジャレット

サモアジョー(c) vs スティング TNA世界ヘビー級タイトルマッチ
客席での乱闘でスタート。観客の反応はスティングに対しては歓声とブーイングが入り混じり、ジョーに対してはブーイングの方が大きい。ジョーは上部デッキから、下にいるスティングに向けてドロップキックでダイブする。リングに戻り、ジョーがマッスルバスターをヒットするが、スティングはすぐに立ち上がる。観客はこのあたりから両者にチャントを送り始める。ケビンナッシュがスティングのバットを持ってリングサイドに登場。ジョーがロープに走ったところで、ナッシュがバットでジョーを殴る。スティングがジョーをカバーしてピンフォール。
勝者:スティング TNA世界ヘビー級タイトル獲得
ビンスは学生時代のマットモーガンをWWEには誘わなかったそうです
10/10付TNAニュース速報です

★10/9放送分iMPACT!視聴率は0.95%でした。

★マットモーガンがマイアミヘラルド紙のインタビューの中で、自身の学生時代に、WWEマガジンのライターをしていた友人とジムでトレーニングをしていたところにビンスマクマーンが現れたため、モーガンがビンスを尊敬し、番組も大好きであることを話したところ、ビンスは友人に対し、この大男をどこで見つけたのかと尋ね、モーガンに体の大きさをきいたそうです。モーガンはWWE入りするにはどうしたらいいのかと尋ねたそうですが、ビンスは家族のためにもバスケットボールかアメリカンフットボールのトライアウトを受けてはどうだと言い、WWE入りを保証してはくれなかったそうです。
TNAがセカンドタイトルの新設を検討中
10/9付TNAニュース速報です

☆TNA上層部は、ケビンナッシュとの契約交渉は順調だと考えているものの、一般の職員には全く情報が与えられておらず、公式サイトのロスターページからナッシュが削除された事もあり、ナッシュが離脱するのではないかという話も広がりつつあるそうです。ただ、おおむねゲイルキムの時とは状況が違うとも受け止められているそうです。

☆TNAは、近日中にシングルのタイトルを増設することを検討しているそうです。

☆新日本プロレスの棚橋弘至はBFGⅣ直後のiMPACT!収録に参加すると言われているそうです。

★バウンドフォーグローリーⅣの最終決定カードです。

TNA世界ヘビー級タイトルマッチ
サモアジョー(c) vs スティング

遺恨試合
ジェフジャレット vs カートアングル 特別立会人:ミックフォーリー

3ウェイマッチ
ブッカーT vs クリスチャンケイジ vs AJスタイルズ

モンスターズボールTNA世界タッグタイトルマッチ
ビアマニーInc(c) vs チーム3D vs LAX vs アビス、マットモーガン 特別レフリー:スティーブマクマイケル(元NFL選手)

Xディビジョンタイトルマッチ
シークアブドゥルバシール(c) vs コンスケンスズクリード

TNAノックアウトタイトルマッチ
テイラーワイルド(c) vs オーサムコング vs ロキシー

スティールアサイラムマッチ(旧テラードームマッチ)
Xディビジョンの選手達が出場

ノックアウトビンボーブロウル
ライノ、ラカカーン、ODB vs アンジェリーナラブ、ベルベットスカイ、キュートキップ 特別レフリー:トレイシーブルックス


ナッシュがアングルを擁護
10/8付TNAニュース速報です

★BFGⅣの前日に行われるファン感謝祭のチケットは完売しました。このイベントにはスティング、ミックフォーリーらも参加するとされています。

★ケビンナッシュがインタビューの中で、カートアングルがイギリスのサン紙に対し、TNAはギミックに頼りすぎているとしてジェフジャレットを批判したとされる件について、地球上にカートアングル以上の働き者はどこにもいないとし、彼の苛立ちは理解できると擁護するコメントをしています。

☆ミックフォーリーとTNAとの契約期間は6ヶ月とされているそうです。試合をする事は契約に入っていないそうです。ミック自身も、レギュラーで試合を続けられる体の状態には無いと認めています。
TNAのクリエイティブチームは、まだストーリーライン上でのミックの立ち位置について決めかねており、BFGⅣ意向に関しては全くプランが定まっていないそうです。
メキシコでiMPACT!のレギュラー放送が開始
10/3付TNAニュース速報です

★10/2放送分iMPACT!視聴率は1.0%でした。ミックフォーリーとカートアングルが口論を始めた最後の15分間が1.19%と最も高い視聴率を記録しました。

★TNAはメキシコのチャンネル52MXというテレビ局と複数年のiMPACT!放映契約を結びました。今週より、毎週土曜日に放送されます。またPPVも2時間遅れで放映するそうです。

★WWEのエッジが、クリスチャンケイジがWWEに復帰する可能性があるという噂について、本当だといいが噂に過ぎないし、何も知らないとコメントしています。また、クリスチャンとの関係について、相手の状況がどうであろうとも、自分達は友達であるとしています。

☆BFGⅣで、元NFLのスティーブ・マクマイケルがカートアングルvsジェフジャレット戦の特別立会人を務めるというプランが当初予定されていたそうですが、この話が流れたため、この役はミックフォーリーに回されたそうです。
ナッシュの残留を本人がほぼ認めました
10/2付TNAニュース速報です

☆ミッドウェイ社がTNA iMPACT!のビデオゲームが成功したと考える為に必要な販売本数は60万本との事です。、

★デイトナビーチニュースのウェブサイトが、電話でケビンナッシュにインタビューした内容を掲載しています。その中でナッシュは、TNAとの契約が切れる10/10以降に関し、WWEとも話をしたと認めつつ、TNAとの再契約でほぼ合意に達しているとしています。合意に至っていないのは、関連グッズに関する権利などの部分との事です。その中で、ビンスと電話で話をした際、オファーを受けたが髪を染める事を求められたを明かしています。ナッシュはWWEよりも、スケジュールが楽なTNAを選択したそうです。

★TNAは10/23のiMPACT!をラスベガスから生放送する事と、そのエピソードからハイビジョン放送を開始する事を正式にアナウンスしました。

☆カートアングルがイギリスのサン紙のインタビューの中でTNAを批判した為、次回放送のiMPACT!の中で処分を受けますが、これは、アングルがインタビューを受けた当初から予定されていたわけではなく、アングルのインタビューでの発言を受けて、急遽決まったストーリーではないかと一部で考えられているそうです。

☆スティングが現在もTNAに出場を続けているのは、TNAとの契約延長交渉が合意に達しているためだと考えられていますが、実際に契約書を交わしているわけではないそうです。TNAは明らかに、スティングとリックフレアーで何らかのストーリーをやりたいと考えていると見られていますが、フレアー側がWWEとの関係を維持するために、断るのではないかと多くの人々が考えているそうです。

★ターニングポイントの宣伝用ポスターです。ターニングポイントは12/14にオーランドのユニバーサルスタジオで開催されます。
tp2008.jpg
スーサイドを演じるのはカズではない!?
10/1付TNAニュース速報です

☆TNAのゲームに登場したスーサイドは、バウンドフォーグローリーⅣでスクリーンデビューを果す予定になっていたそうですが、スーサイドを演じる予定だったカズではなく、別の選手が演じるプランが浮上し、スーサイドのデビューも遅れる見通しとの事です。

☆キュートキップ、ビューティフルピープル vs ODB、ラカカーン、ライノ戦がBFGⅣで行われるそうです。

☆新日本プロレスが棚橋弘至のTNA参戦を公表していますが、TNAのロッカールームでそのような話題は出ておらず、ほとんどの関係者がそういった話があるということすら知らないそうです。

☆ゲイルキムとTNAとの最終交渉は決裂したと見られているそうです。トレイシーブルックスが、近くゲイルキムのWWE入りが公式に発表されるだろうと言っていたそうです。

★10/23にラスベガスのハードロックホテルで開催されるiMPACT!生放送大会のチケットは、23ドルと63ドルの席が用意されているそうです。

10/9放送分iMPACT!収録結果簡易速報
10/9放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

○キュートキップ vs ライノ● ノーDQマッチ

○コンスケンスズクリード vs ピーティウィリアムズ vs ジェイリーサル vs サンジェイダット バウンドフォーグローリーでのXディビジョン挑戦者決定戦

○アビス、マットモーガン vs ビアマニーInc● ノンタイトルマッチ

ミックフォーリーが登場。ジャレットとアングルが現れ、3人で口論になる。

○ライーシャサイード、オーサムコング vs ロキシー、テイラーワイルド●

○AJスタイルズ vs ブッカーT● 特別レフリー:クリスチャンケイジ
試合後、クリスチャンがAJとブッカーを攻撃し、自分はどちらの味方でもないという。コルネットが登場。BFGでAJ vs クリスチャン vs ブッカーのスリーウェイ戦を決定する。 

スティングとサモアジョーが、BFGのタイトルマッチの調印式に現れる。結局乱闘になり、セキュリティが止めに入る。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。