TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマスの視聴率
12/29付TNAニュース速報です

★12/25放送分iMPACT!視聴率は1.0%でした。
スポンサーサイト
ジェリージャレットにとって現在のTNAは「醜い子供」
12/28付TNAニュース速報です

★ジェリージャレットがインタビューの中で、いくつかTNAについて発言しています。

Q:TNAについてどう思いますか?
A:その質問は、醜い子供を持った両親に、それでも子供を愛しますか?と問うようなものだ。TNAが繁栄する事を願っている。3人のかわいい孫達のためにも。

Q:TNAに関して不満は?
A:私の承認も無く、勝手に名前を使われたことで嫌になってしまった。だから業界を去ることにした。私は生涯を通じて、試合のリアリティを重要視してきた。一方で、そうした考え方は古臭いと言う意見もある。しかし、私はリアリティ無しに会社が成功する事は無いと考えている。

Q:レスリング業界に戻る意思は?
A:海外の2つの団体から誘われた事がある。東アジアやヨーロッパへ行く事は楽しそうだが、彼らにとって私の給料は高すぎる。TNAを創立した時のようなことをもう一度やる事も無いだろう。


フィーストオアファイアードマッチは恒例化
12/26付TNAニュース速報です。

☆フィーストオアファイアードマッチのスーツケースの中身を公開した12/4放送分iMPACT!が、過去最高の視聴者数を記録したことで、上層部はフィーストオアファイアードマッチを、毎年の恒例行事にすることを決定したとされています。

☆最近のiMPACT!収録の際、ミックフォーリーがリングでのマイクパフォーマンスを失敗してしまい、セグメントの最初からやり直しを求める場面があったそうです。
アングルは背の高い女性が好みなんでしょうか?
12/24付TNAニュース速報です

☆デーブメルツァーは、負傷したカズのかわりにスーサイドを演じるのは、クリストファーダニエルズか、WWEを解雇されたポールロンドンではないかと報じています。

★ポールヘイマンがインタビューの中で、TNAは目先の視聴率にとらわれることなく、6ヶ月先まで考えた番組構成をするべきであり、いちいちパニックになる必要はないとコメントしています。また、視聴率が0.8%であろうが1.2%であろうが、PPVの売上げには影響しないとしています。

☆レスリングオブザーバーは、カートアングルとラカカーンが現在交際しているらしいと報じています。また、ゲイルキムはデビッドサハディと交際しているそうです。

★TNA公式サイトのロスターページに、キヨシ、ブルータス・マグナス、スーサイドの項目が追加されました。

★2008年度の推定PPV購入件数です。

1月:ファイナルレゾリューション/20,000件
2月:アゲンストオールオッズ/30,000件
3月:ディスティネーションX/20,000件
4月:ロックダウン/55,000件
5月:サクリファイス/25,000件
6月:スラミバーサリー/20,000件
7月:ビクトリーロード/25,000件
8月:ハードジャスティス/35,000件
9月:ノーサレンダ-/20,000件
10月:バウンドフォーグローリー/35,000件
11月:ターニングポイント/30,000件


iMPACT!の視聴率が修正されました
12/23付TNAニュース速報です

★12/18放送分iMPACT!視聴率は1.17%で、視聴者数は160万とニールセンメディアリサーチより発表されました。放送直後の段階で、このエピソードの視聴率は1.0%と報じられていました。
TNA所属選手同士が婚約
12/22付TNAニュース速報です

☆マイクジョンソンは、最近カズとトレイシーブルックスが婚約したと報じています。
今週の視聴率は
12/19付TNAニュース速報です。

★12/18放送分iMPACT!視聴率は1.0%でした。
TNAはイライジャバークに興味を示しているそうです
12/18付TNAニュース速報です

☆TNAと契約を結んだと噂されていたネイサンジョーンズは、ジェネシスに登場する可能性が高いそうです。

☆カズの負傷はかなり深刻で、再び長期欠場を余儀なくされると見られています。

☆TNAはイライジャバークに興味を持っており、90日間のプロテクト期間満了をまってオファーを出すとみられているそうです。バークは先日、ソーカルヴァルと交際中であることが報じられました。

☆スコットデモアが、最近のiMPACT!収録の中で、セキュリティとして登場していたそうですが、TNAに復帰したわけではないそうです。

☆モンティブラウンはWWE解雇後、フィットネスジムの経営を始めており、レスリング業界に戻る意思はないそうです。

LAXの2人が契約を延長
12/17付TNAニュース速報です

★TNAはホミサイド、ヘルナンデスの両名と3年間の延長契約を結んだと発表しました。現在の契約はラ2009年1月に満了すると見られており、2011年いっぱいまで2人はTNAに留まることが決定した事になります。
スーサイドは中身が入れ替わって続行?
12/16付TNAニュース速報です

★今回のiMPACT!収録にはSHIMMERレスリングの2人の女性レスラーが参加しました。一人は12/25放送分収録のダークマッチでアンジェリーナラブと対戦したポルティア・ペレス。もう一人は、1/8放送分収録の中でオーサムコングと対戦したアシュリー・レインです。レインはマディソン・レインという名前で番組に登場しました。

△スーサイドとして復帰したばかりのカズが大胸筋を傷めたそうです。再び欠場が見込まれており、その間は別の選手がスーサイドを演じることになるそうです。

★2009年の1月1日に放送されるiMPACT!は、2008年の総集編になるそうです。

★TNAのゲームを制作しているミッドウェイ社は、全社員の25%を解雇すると発表し、これに伴い2010年と2011年のプロジェクトを全て凍結すると発表しました。これに伴い、製作中とされていたTNAのゲームの第2弾も、計画が棚上げされる事になります。
1/8放送分iMPACT!収録結果簡易速報
1/8放送分iMPACT!収録結果簡易速報です
1/1の放送は無い模様です。

○クリスセービン vs サンジェイダット●

○アンジェリーナラブ vs クリスティヘミー●

○アレックスシェリー vs エリックヤング●
シェリーがジェネシスで行われる、Xディビジョン挑戦者決定トーナメントの決勝に進む。
試合後、バシールが出てきてレフリーのグラマーボーイシェインと乱闘。ジムコルネットがセキュリティを引き連れて現れ、乱闘を抑えると、素行不良を理由にシェインに解雇を宣告する。しかし、レスラーとして再雇用すると言い、ジェネシスでバシールとの試合を発表する。

MEMがリングに登場。メンバーがそれぞれジェネシスの試合に向けてアピール。

○オーサムコング vs マディソン・グリーン● ノンタイトルマッチ

○マットモーガン vs ロバートルード● 
ルードが場外に落ちた際、怪我をしたと訴え、試合続行不可能でモーガンの勝利が宣告される。そこへ、コンスケンスズクリードとジェイリーサルが登場。フィーストオアファイアードマッチで獲得した、タッグタイトル挑戦権をここで使用すると宣言。
○コンスケンスズクリード、ジェイリーサル vs ビアマニーInc● TNA世界タッグタイトルマッチ
ルードは戦えないという事なので、ストームがジーンズをはいたまま一人で試合することが決定。ルードはブリーフケースを持って、リングに忍び込むがレフリーに発見される。レフリーが注意をそらされる隙にケースを奪ったリーサルが、ケースでルードを殴って場外に叩き落す。さらにストームもケースで殴りピンフォール。TNAタッグタイトルを獲得する。

○カートアングル vs BGジェームズ●
BGがタップアウト。MEMは試合後もBGを攻撃しつづける。そこへ、ジェフジャレットとミックフォーリーが現れ、BGを救出。AJ、ディーボン、ライノも出てくる。MEMが退場後、ジャレットはマイクでアングルを挑発。ミックもMEMメンバーを挑発すると、再びMEMが現れて乱闘になる。腕を吊ったままのサモアジョーが客席からリングに登場。MEMを蹴散らす。
ミックフォーリーの試合出場が発表
12/15付TNAニュース速報です

★12/25放送分iMPACT!収録の中で、ミックフォーリーがAJスタイルズ、ブラザーディーボンと組み、ケビンナッシュ、ブッカーT、スコットスタイナー組と6人タッグ戦を行うと発表しました。実現すればミックのTNAデビュー戦となります。

★TNAは2009年に、TNAの歴史を過去の名場面の映像を交えて振り返る「TNA EPIX」という番組を放送すると発表しました。放送局や日程などの詳しいことは後日発表されるそうです。
12/25放送分iMPACT!収録結果簡易速報
12/25放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

バックステージセグメントは客席に公開されなかったそうです。

ミックフォーリーがリングに登場。今夜、ブッカーT、スコットスタイナー vs AJスタイルズ、ブラザーディーボン戦とカートアングル vs ライノ w/ジェフジャレット戦を行うと発表する。

○クリスセービン vs キオシ(雷陣明)●
グラマーボーイシェインがレフリー。試合後、バシールがシェインを襲う。スーサイドが現れてバシールを排除する。

○AJスタイルズ、ブラザーディーボン vs ブッカーT、スコットスタイナー●
試合後、MEMがAJを攻撃しようとするが、ミックが救出。ミックはジェネシスで、AJ、ディーボン、ミックフォーリー vs ケビンナッシュ、ブッカーT、スコットスタイナー戦を行うと言う。

○クリスティヘミー、ODB、ロキシー、テイラーワイルド vs オーサムコング、ライーシャサイード、ラカカーン、ソジョーナーボルト● サンタズワークショップマッチ

○カートアングル vs ライノ● DQ
ライノのセコンドのジャレットが介入してDQ裁定。スティングが現れて4人で乱闘になる。
Global Impact2の放送が発表
12/14付TNAニュース速報です

★TNAは、1/4に開催される新日本プロレスの東京ドーム大会の様子を、Global Impact2としてスパイクTVで放送することを正式に発表しました。放送日時は後日発表するそうです。

★先週末、元WWEのイライジャバークがソーカルヴァルを伴って、レスリングの試合会場を訪れていたそうです。バークはブログの中で、2人の間に何があろうとも、ヴァルを愛しており、友人だとコメントしています。
アングルがWWEに戻りたがっているという噂が急浮上
12/13付TNAニュース速報です

☆カートアングルがWWEに戻りたがっていると言う噂が急速に広がっているそうです。アングルはTNAのクリエイティブチームの方針に強い不満をもっており、アングルが公然とジャレット批判をする姿が、様々な場所で目撃されているため、TNAとの契約の切れる2009年の9月にはTNAを退団するのではないかと言われています。しかし、一方でビンスマクマーンに対するアングルの不満も根強いとみられています。
カレーマンの解雇が発表されました
12/12付TNAニュース速報です

★12/11放送分iMPACT!視聴率は1.16%でした。視聴者数は約160万と見積もられています。

★12/11放送分iMPACT!で、ファイナルレゾリューションのフィーストオアファイアードマッチのブリーフケースの中身が公開され、解雇通告書を引き当てたカレーマンを即日解雇したとするメッセージが公式サイトにアップされています。もちろん、アングルと見られています。

★次回のiMPACT!の収録は12月の15、16日に行われます。本来ならもう1週後に行われるサイクルになるはずですが、年末休暇を選手やスタッフ達に与えるため、1週繰り上げて12/25放送分と1/1放送分の収録が行われます。
12/18放送分iMPACT!収録結果簡易速報
12/18放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

○ロキシー、テイラーワイルド vs ビューティフルピープル● 特別レフリー:トレイシー

○ライノ vs ランスロック●

フロントラインのメンバーがリングに集結。ライノはジェネシスでスティングのTNAタイトルに挑戦すると言う。

○クリスセービン vs サンジェイダット● Xディビジョンタイトルトーナメント1回戦

○ブッカーT、スコットスタイナー vs マットモーガン、アビス●

カートアングルが登場。ジェフジャレットに対してアピール。ジェネシスでジャレットを殺した後、残された3人の娘は養子に迎えてやると言う。ジャレットが現れるが、セキュリティに抑えられる。

○雷陣明 vs コンスケンスズクリード● Xディビジョンタイトルトーナメント1回戦

○クリスティヘミー、ODB vs ラカカーン、ライーシャサイード●
オーサムコングがヘミーとODBを襲撃するが、スーサイドが助けに入る。

○AJスタイルズ、サモアジョー vs ケビンナッシュ、スティング● 金網マッチ
試合後、AJとスティングが乱闘。その他のMEMメンバーも集結してジョーを襲撃。金網の中に閉じ込めて、鉄パイプやイスで殴りつける。
雷陣のデビュー戦が発表
12/8付TNAニュース速報です

★12/4放送分iMPACT!に出演したサラ・ペイリンの偽者は、元WCWのダフニーだったそうです。

☆ファイナルレゾリューションでデビューしたスーサイドは、当初の予定通り、カズが演じているとされています。一時、スーサイドは別人が演じるのではないかという噂が流れていました。

★元全日本プロレスの雷陣明は、12/18放送分iMPACT!で行われるXディビジョンタイトルトーナメント1回戦に出場し、コンスケンスズクリードと対戦すると発表されています。

★事前に、ファイナルレゾリューションでカートアングルの味方として登場がほのめかされていた、ミックフォーリーと共にタッグタイトルを獲得した事がある元世界チャンピオンについて、テリーファンクの事ではないかとされていましたが、大会直前になってTNAの公式サイトの記述から元世界チャンピオンという表現が削除されていました。実際に登場したのはアルスノーだった事から、なんらかの予定変更があったと見られています。
12/11放送分iMPACT!収録結果簡易速報
12/11放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

ファイナルレゾリューションで、コルネット預かりとなったXディビジョンタイトルは、トーナメントで新チャンピオンを決することになる。

○エリックヤング vs シークアブドゥルバシール● Xディビジョンタイトルトーナメント1回戦

○アレックスシェリー vs ジェイリーサル● Xディビジョンタイトルトーナメント1回戦

MMGがミックフォーリーを呼び出す。代わりにスーサイドが現れてMMGをリングからたたき出す。

○ジェームズストーム vs アビス● ビアボトルオンアポールマッチ

ブラザーレイが、それぞれのチームの解散をかけてアングルとの対戦を要求。

フィーストオアファイアードマッチの残り3つのケースの中身発表。TNA世界ヘビー級タイトルへの挑戦権はヘルナンデス。Xディビジョンタイトルへの挑戦権はホミサイド。クビになったのはカレーマン。

ブラザーレイがフロントラインのメンバーに、アングルとの試合に介入しないよう求める。

○クリスティヘミー vs ソジョーナーボルト●

×カートアングル vs ブラザーレイ× ノーコンテスト
素晴らしい試合。MEMが介入し、レイをゴミ回収用のカートに放り込んで花道を引き上げていくが、スティングはこれに加わらない。TNAタイトルのベルトを捨てようとするが、結局やらずに立ち去る。
PPV Final Resolution試合結果速報
PPV Final Resolution試合結果速報です

MEMとフロントラインの対立をまとめたビデオ。

オープニング映像。パイロが上がる。
テネイとウエストが挨拶。カードの紹介。

フィーストオアファイアードマッチ
4つのブリーフケースを奪いあう。3つにはそれぞれTNAの各タイトルへの挑戦契約書。もう一つには解雇通告書が入っている。参加選手はキュートキップ、BGジェームズ、サンジェイダット、ジミーレイブ、ランスロック、アレックスシェリー、クリスセービン、ジェイリーサル、コンスケンスズクリード、カレーマン、シャークボーイ、ホミサイド、ヘルナンデス。
試合開始直後からBGがキップに襲い掛かる。場外で乱闘している集団にホミサイドがトペコンヒーロをヒット。さらにヘルナンデスが、ボーダートスでレイブを場外の集団に投げつける。大歓声が上がる中、ヘルナンデスがNo4のブリーフケースを獲得。
ランスロックが猛攻をみせ、MMGをジャーマンスープレックス、リフトアップスラムで倒し、カレーマンとホミサイドにはダブルのクローズラインを見舞う。その隙にリーサルがケースを狙うが、レイブに叩き落される。カレーマンとホミサイドの争いになるが、ヘッドバットでホミサイドを突き落としたカレーマンがNo3のケースを獲得。
ダットとホミサイドがブリーフケースを奪い合うが、ダットのヘッドバットにホミサイドが耐え、ダットは落下して股間を強打。コーナー上で倒れるダットを踏み台にしてホミサイドがNo1のブリーフケースを獲得。
セービンが他の選手を倒す間にシェリーを登らせ、シェリーがケースを獲得。シェリーはブリーフケースで他の選手達を殴りつけ、MMGは勝ち誇っている。しかし、リング外に脱出する前にスワンダイブしたリーサルがケースを奪い取って場外に脱出。ジェイリーサルがNo2のブリーフケースを獲得。
勝者:ヘルナンデス、カレーマン、ホミサイド、ジェイリーサル
試合後、MMGは信じられないという様子。リーサルが他のブリーフケース獲得者たちと勝利を祝う。

ボラッシュがリングに上がって勝者たちを祝福。ケースの中身は、これから明らかになると言う。その前に、解雇される可能性もあるので、棄権するものはいないかと確認。4人とも棄権しないという。
順番はランダムということで、2番から中身を確認。ジェイリーサルがケースを持ってリングイン。しかし、MMGがまだリングに居座っていたため、レフリーたちが排除する。シェリーはまだ文句を言っている。リーサルのケースの中身はタッグタイトルへの挑戦権。これを見てMMGはさらに激昂する。リーサルはクリードとハイタッチ。2人で花道を引き上げていく。
シェリーはまだボラッシュに食って掛かるが、ボラッシュは自分にはどうすることも出来ないという。そしてここは「トータルノンストップアクション」であり、「トータルノンストップA**hole」ではないと告げる。そして、シェリーはTNAでもっともむかつく男だと言う。

バックステージでローレンがシャメール、ビューティフルピープル、キップジェームズにインタビュー。シャメールは、この試合に勝てば、ビューティフルピープル達にブッカーTの豪華なロッカールームを使う権利を与えると言う。スカイは、ロキシー、テイラー、ODBのような間抜けどもを倒すのは、ゴミを捨てるようなものだという。そして、今回のオファーを受け入れたのは、ブッカーのロッカールームの為だけだと言う。ラブはブッカーに感謝すると言う。ここでサラ・ペイリンから電話が入り、2人は熱狂。今夜、会場にやってくるらしい。

シャメール、ビューティフルピープル vs ODB、ロキシー、テイラーワイルド
試合開始直後、ODBはシャメールに出てくるよう要求。しかしビューティフルピープルの2人でODBを攻撃する。しかしODBがダブルのクローズラインでなぎ倒すと、シャメールはセコンドのキップの後に隠れる。ODBがシャメールに迫るが、キップが間に入る。レフリーがキップを排除。スカイとラブがダブルチームでODBを攻撃する。
テイラーがラブ、ロキシーがスカイを仕留め場外へ。シャメールがODBに攻撃するがあえなく反撃されてしまう。キップがODBを突き飛ばすがODBはビンタを返す。キップが攻撃しようとするが、ODBは脱出してシャメールを追いかける。その間、リング内ではラブがテイラーをコーナーに詰め、串刺しドロップキック。さらにクロスボディを決めるが、テイラーがそのまま体を入れ替えて丸め込み。カウント3。
勝者:テイラーワイルド、ロキシー、ODB
試合後、ビューティフルピープルは結果を受け入れられない。

バックステージで、ボラッシュがエリックヤングにインタビュー。バシールとのXディビジョンタイトルマッチについて尋ねる。エリックは数週間前にレフリーのグラマーボーイシェインがやった事について責めるつもりは無いと言う。そしてフロントラインの兄弟のために戦うと言う。ここでMMGが登場。ボラッシュを借りていくという。エリックはなぜシェリーがそのように振舞うのか理解できないと言う。シェリーはフロントラインの側に自分達もいるが、自分達は誰も信用していないのだと言う。エリックが立ち去ると、シェリーはボラッシュをロッカーに叩きつけ、責任者はだれだという。ボラッシュはミックフォーリーだと答え、彼はジャレットのオフィスにいるという。

シークアブドゥルバシール(c) vs エリックヤング Xディビジョンタイトルマッチ
レフリーは「グラマーボーイ」シェイン・シーウェル。終盤、エリックがフライングネックブリーカーを決めカバーするが、バシールは足をサードロープにのせてエスケープ。エリックを場外に落とす間に、バシールはレフリーに食って掛かり、シェインを突き飛ばす。バシールがさらにレフリーを殴ろうとするところにロープを飛び越えざまのサンセットフリップをエリックが狙う。バシールはロープを掴んで踏ん張るが、その腕をレフリーが蹴り飛ばしてサンセットフリップが決まりカウント3。
勝者:エリックヤング Xディビジョンタイトル獲得(?)
試合後、レフリーがエリックにXディビジョンのベルトを手渡す。喜ぶエリックをバシールが攻撃。さらにレフリーを突き飛ばす。これでシェインが激怒。バシールを殴り倒す。しかしバシールはベルトを奪い取ってシェインを殴る。シェインが流血。バシールはエリックを場外に投げ落としシェインを殴りつづける。さらにターバンでシェインの首を絞め、流血する額に噛み付く。Xディビジョンのベルトを持ってようやく引き上げるが、セキュリティを連れたコルネットがあらわれて、ベルトを取り上げる。バシールがまた激怒する。

オーサムコング(c) vs クリスティへミー TNAノックアウトタイトルマッチ
序盤はコングがパワーで圧倒。しかし、終盤にヘミーが猛攻を見せ、FFG(開脚式ダイビングレッグドロップ)をヒット。しかし、ここでサイードが場外にヘミーを引きずり出し、ラカカーンと共にヘミーを攻撃したためレフリーが反則を取る。
勝者:クリスティへミー タイトルは移動せず
試合後も3人でヘミーを攻撃。セキュリティが止めに来る。観客達から、大きな「戦わせろ」チャントが発生。

バックステージでボラッシュがカートアングルに今夜のライノ戦についてインタビューしている。アングルは自分をハンターに例えて、ジャレットを狩ってやると言う。そしてサイ(ライノ)がその途中にいると言うのは皮肉なものだと言う。そしてジャレットにかける情けは無いと言い、来月のジェネシスで叩き潰すと言う。ボラッシュはミックフォーリーが立会人を務めることについて触れると、気をつけていると答える。

ビアマニーInc(c) vs アビス、マットモーガン TNA世界タッグタイトルマッチ
ゴング前にアビスがストームに襲い掛かる。ストームが観客席に逃げ込んでいくが、アビスが後を追って場外乱闘。アビスとビアマニーがリングサイドに戻ったところへ、モーガンがブランチャーを敢行する。
特別アナウンスが入り、Xディビジョンタイトルの扱いについてはジムコルネット預かりになり、次のiMPACT!で詳細が発表されるという。
試合に戻ると、アビスとモーガンの優勢が続いている。しかし、ジャクリーンがモーガンの足をすくった所からビアマニーが優勢。ビアマニーは足を傷めたモーガンを集中攻撃。ようやくモーガンがアビスにタッチすると、アビスはルードにチョークスラム、ストームにショックトリートメントを決める。ストームをカバーするが、ルードがカット。ストームはビール瓶でアビスを殴ろうとするが、逆にアビスに奪い取られる。ここでジャクリーンが割って入り、アビスの前に立ちふさがる。この隙にストームがメリケンサックを装着してアビスの足を殴ってピンフォール。
勝者:ビアマニーInc TNA世界タッグタイトル防衛
試合後、ロードとストームが花道で勝利を祝う。

バックステージでローレンがミックフォーリーと共にいる。今夜の立会人としての仕事は、MEMのメンバーを介入させない事だとミックが言う。MMGが登場。ミックはシェリーに七面鳥の格好には笑わせてもらったと言う。シェリーはミックの髪型は服装を馬鹿にする。そしてフィーストオアファイアードマッチでリーサルにケースを強奪されたことについて、ミックが自ら出向いてケースをMMGに返還させるべきだと言う。ミックはすでにシェリーがやる事は決まっているとし、次のiMPACT!で明らかになると言う。

テネイとウエストは、次のiMPACT!で残る3つのブリーフケースの中身は明らかになると言う。そしてXディビジョンタイトルの行方と、ミックのシェリーに対するプランが明らかになるという。

MMGが花道から登場。シェリーはマイクで観客達に、しばらく黙っていろと言うと、今夜は2つの特別な事があったと言う。一つ目は、追加料金もなしにMMGが番組に2度も登場したことで、放送局としては喜ばしい事だと言う。そしてもう一つは、これからミックフォーリーが現れて、フィーストオアファイアードマッチの裁定を覆し、タッグタイトルへの挑戦権をMMGに返還させる事だと言う。セービンはリングを降りてイスを持ち込む。シェリーはイスに座り込んでミックを待つと言う。
ジムコルネットが登場。ミックは泣き虫どもの相手よりも重要な仕事があるのだと言い、さっさと出て行けという。そして、20フィート以内に近づいてきたら、史上最悪のセキュリティが相手をする事になるという。照明が落ち、スクリーンにスーサイドが登場。さらにリングの上からスーサイドが降りてくる。スーサイドはMMGの2人を倒すと再びリングの上に戻っていく。リングではMMGの2人がのたうち回っている。

バックステージでローレンがライノにインタビュー。ライノはアングルがたびたびジャレットの娘の事を口にすることが許せないと言う。ジャレットと話をすると、3歳の娘のことをよく口にしているという。そして今夜は、彼女のために戦うのだという。そして暴力の世界で暴力に生きるアングルに対し、暴力を叩き返してやると言う。

カートアングル vs ライノ 特別立会人:ミックフォーリー
ライノが勝てばアングルはTNAから永久追放。アングルが勝てば、ジェネシスでジェフジャレットと対戦する。ミックは場外で試合を見ている。
終盤、ライノはアングルをコーナーに担ぎ上げて雪崩式のスープレックスをヒット。ニアフォールを奪う。ここで、客席からアルスノーが登場。観客は歓声を上げる。ミックがスノーに何か言うとスノーがミックにビンタ。その隙にアングルがイスでライノを殴り、イスを投げ捨ててアングルスラムを決める。ミックがリングでアングルがカバーしている事に気付き、カウント3を入れる。
勝者:カートアングル
試合後、アルスノーが花道の奥から様子を見ている。アングルは勝ち誇り、マイクで約束通り、ジェフジャレットには、ジェネシスで戦ってもらうと言う。そしてジャレットを倒した次の標的はミックだと言い、花道をスノーのいる方向へ引き上げていき、スノーとハグ。

バックステージで、ローレンがスティング及びその他のMEMメンバーにインタビューしている。スティングは今夜の変則ルールについて尋ねられても、自分にもメンバーにも不安は無いと答える。そして経験豊かな3人に囲まれており、タイトルを守り抜くと言う。そして3D、AJ、ジョーにTNAを代表しているのは自分達の方であると思い知らせてやると言う。

ボラッシュがフロントラインにインタビュー。ボラッシュは3Dを信用して大丈夫なのかと言う。AJは、3Dは兄弟のようなものであり信頼しており、今夜TNAタイトルを自分達の手に取り返すのだという。
スティング、ブッカーT、ケビンナッシュ、スコットスタイナー vs AJスタイルズ、サモアジョー、チーム3D TNA世界ヘビー級タイトルマッチ
8人タッグ戦ながら、フロントライン側が勝利した場合、スティングの持つTNAタイトルはAJスタイルズに移動するというルール。
観客達は、圧倒的にフロントラインを支持。終盤、AJのスプラッシュがナッシュにヒット。さらにスティングにバックスープレックスを決めて2カウントを奪う。ジョーがタッチオを受けて、スティングにTボーンスープレックス。カバーはブッカーとスタイナーがカット。3Dがリングに入り、ナッシュとブッカーを攻撃。3Dがブッカーを狙う間にスタイナーがクローズラインでレイを倒し、ディーボンにはフロントスープレックスを見舞う。レイはババボムをスタイナーにヒット。ナッシュがレイにクローズライン。AJがフライングクローズラインでナッシュを倒す。スティングがAJにスコーピオンデスロックを狙うが、ジョーがスーパーキックでスティングを攻撃。マッスルバスターの体勢に捕らえるが、ナッシュがジョーにローブロー。解放されたスティングがジョーにスコーピオンデスドロップを決めてピンフォール。
勝者:スティング、ケビンナッシュ、スコットスタイナー、ブッカーT スティングがTNA世界ヘビー級タイトルを防衛
iMPACT!の視聴者数が史上最高記録を更新
12/5付TNAニュース速報です

★12/4放送分iMPACT!視聴率は1.2%でした。視聴者数は180万で、iMPACT!史上最高を記録しています。

★カートアングルが、ファイナルレゾリューションの試合のセコンドとして、かつてミックフォーリーと共にタッグタイトルを獲得した事のある、元世界チャンピオンが登場すると発言しています。額面どおり、この発言を受け止めると、該当者はストーンコールドスティーブオースチン、ロック、ケインなどが該当するのですが、彼らが登場する可能性は極めて低いと考えられています。

★ファイナルレゾリューションの決定済カードです。

スティング、ケビンナッシュ、スコットスタイナー、ブッカーT vs AJスタイルズ、サモアジョー、チーム3D 8人タッグマッチ ただし、MEMが敗れた場合、TNAタイトルはAJスタイルズに移動する

カートアングル vs ライノ 特別立会人:ミックフォーリー
アングルが勝利すれば、ジェフジェレットと対戦できるが、敗れればTNAを永久追放

シャメール、ビューティフルピープル vs ロキシー、ODB、テイラーワイルド

フィーストオアファイアードマッチ
参加選手:アレックスシェリー、クリスセービン、ホミサイド、ヘルナンデス、ジミーレイブ、ランスロック、ジェイリーサル、サンジェイダット、ピーティウィリアムズ、BGジェームズ、コンスケンスズクリード、カレーマン、シャークボーイ、キュートキップ

オーサムコング vs クリスティへミー TNA女子タイトルマッチ

シークアブドゥルバシール vs エリックヤング Xディビジョンタイトルマッチ

ビアマニーInc vs アビス、マットモーガン TNAタッグタイトルマッチ

12/4放送分iMPACT!試合結果速報
12/4放送分iMPACT!試合結果速報です
今回は収録時のスポイラー記事がアップされなかったので、放送分のレビューです。

チーム3Dがロッカールームで、フロントラインのメンバーを鼓舞し、ブラザーレイが、自分達が主導権を握るための革命が今夜から始まると言う。

オープニング映像。テネイがファイナルレゾリューションのカードを紹介。そして今回がカートアングルの登場する最後のiMPACT!になるかも知れないと言う。ウエストは、今夜ブッカーTvsサモアジョーのストリートファイトレジェンドタイトルマッチと、スティングvsライノのメインイベントが行われるとアナウンスする。

MEMのテーマがヒット。カートアングルがメンバーを率いて現れる。ナッシュはチーム3Dの先週の行動を非難する。そして考え直す時間を60秒だけ与えると言う。
3Dが登場。ファイナルレゾリューションのパートナーはAJとジョーだと紹介する。レイはフロントラインを選んだ事は、レイスリング業界にとって正しい選択だったと言う。そして全ての会社を食い物にしてきたMEMは業界の悪だと言う。その他のフロントラインメンバーもリングサイドに登場。ライノはマイクで、アングルのTNAでの活動は日曜日で終わり、今夜はスティングがどうなるか見ていろという。ブラザーレイが口火を切ってMEMに襲い掛かっていく。

ボラッシュとローレンが、会場外のビューティフルピープルに取材している。ボラッシュはまもなくサラ・ポーリンが到着する予定だと言う。ラブとスカイは、彼女にビューティフルピープルメンバーの証である冠を渡すのだと言う。しかし、その前にやる事が残っていると言う。

カートアングルの5大ニュース。第5位はTNAの全タイトルを独占したこと。

ボラッシュがブッカーT夫妻にインタビュー。ビューティフルピープルとの関係と、なぜサモアジョーとレジェンドタイトルをかけてストリートファイト戦を行うのかを尋ねる。シャメールはビューティフルピープルを、PPVまでの間、ボディガードとして雇ったのだと言う。ブッカーは誰が相手でもタイトルを防衛できる事を証明するためだと言う。

サモアジョー vs ブッカーT ストリートファイトレジェンドタイトルマッチ
ジョーのスナップパワースラムがヒットしたところでシャメールがエプロンサイドに上がり、レフリーのアールヘブナーの注意をひきつける。ジョーのコキーナクラッチが極まり、ブッカーがタップしているが、気付かないビューティフルピープルが現れてジョーの目にスプレーを吹き付ける。ブッカーが目の見えないジョーにアックスキックを決めてピンフォール。
勝者:ブッカーT

MEMがロッカールームで試合を観戦し、勝利を祝福。スコットスタイナーは、スティングと共に、メンバー全員がPPVでタイトルに挑戦するという。アングルはミックフォーリーに言う事があるとし、ファンと世界に向けてアナウンスする事があると言う。

カートアングルの5大ニュース。第4位は日本でIWGPのベルトをかけて永田裕志と戦い、勝利した事。

ローレンがロッカールームのジョーにインタビュー。3Dが入ってきて、ジョーは敗れた後、どう行動するのかと問う。レイはこれは戦いに勝つか負けるかではなく戦争に勝つか負けるかが重要なのだと言い、リックフレアーは16度世界タイトルを獲得し、自分達は20度タッグの世界タイトルを獲得しているが、これは、敗れてもそのたびに這い上がってきたと言う事だと言う。そして負けてもくじけることなく、戦争を戦いぬけと言う。

ODBがロキシー、テイラーワイルドと共にいる。ODBはファイナルレゾリューションでタッグマッチを行う予定が、3対1の状況になってしまっていると言い、2人に助力を求める。テネイはトレイシーブルックスが正式な許可を与えたため、3対3の試合に変更されたとアナウンス。

ローレンがビアマニーにインタビューしていると、アビスが現れる。ビアマニーは数週間前、ビール瓶でアビスを殴った事を誤りたいという。そして一緒に飲もうと言うが、アビスは自分は飲まないから、一緒にアニメの話をしようという。ビアマニーは自分達は、いつもビールとジンビームを飲んでいるんだというと、アビスはビームという言葉に反応。モーガンが現れて、アビスに悪い奴らと付き合うなという。

カートアングルの5大ニュース。第3位は2006年のノーサレンダーでTNAデビューを果した事。

ローレンが会場の外で、ビューティフルピープルと共に、リムジンの傍で立っている。酷いサラ・ポーリンの偽者が出てくる。ビューティフルピープルは大興奮した様子で会場内へ偽者をエスコート。キュートキップが何か言いかけるが、ラブとスカイは聞く耳を持たない。

クリスティへミーが、オーサムコング戦に向けてトレーニングを行っている様子が流れる。

オーサムコング、スコットスタイナー vs クリスティへミー、AJスタイルズ
男性は男性同士、女性は女性同士でしか戦えない混合タッグマッチ。スタイナーとAJでスタート。
スコットとAJが場外乱闘している間、コングがヘミーをパワーで圧倒。入ってきたAJもろともコーナースプラッシュを決め、へミーにオーサムボムを狙うが、へミーが抜け出し、AJとダブルチームでDDTをコングにヒット。へミーがコングを押さえ込んでピンフォール。
勝者:クリスティへミー、AJスタイルズ
勝利を喜ぶ2人を尻目に、場外でコングが苛立っている。

ボラッシュがカートアングルと共に、ミックフォーリーの所へ向かっている。アングルはミックに対し、BFGの時のように介入してくれば、殺してやると言う。ミックはライノとの試合は1対1であることを保証。アングルも、MEMメンバーを介入させないと言う。

カートアングルの5大ニュース。第2位は、スラミバーサリーで初めてTNAタイトルを獲得した事。

バックステージでビアマニーとアビスのパーティが続いている。アビスはストームのカウボーイハットを被り、似合うかどうか尋ねる。アビスは自分がTNAのトップに立てると思うかと言う。ビアマニーはもちろんだと言い、ずっとそうありつづけるという。2人はジャクリーンにアビスの膝の上に座ってキスさせる。

ジミーレイブ、サンジェイダット、シークアブドゥルバシール vs コンスケンスズクリード、ジェイリーサル、エリックヤング
レフリーはグラマーボーイシェイン。バシールはリングを降りてヘッドセットを奪うと、エリックとシェインのいるリングでは戦わないと言う。レイブとダットがエリックを捕まえて集中攻撃。しかし、ダットとレイブが同士討ちしてしまうと、エリックはクリードにタッチ。ヒールの2人を蹴散らしていく。リーサルが場外でダットを食い止める間に、クリードのTKOがレイブにきまってピンフォール。
勝者:コンスケンスズクリード、ジェイリーサル、エリックヤング
試合後、バシールが戻ってきてエリックを攻撃。しかしエリックが花道でヒップトスでバシールを投げる。エリックはXディビジョンのベルトを掲げる。

ボラッシュが控え室のスティングにインタビュー。スティングは過去にどれだけのことをして信頼を勝ち得てきたのかを語る。そして今夜のライノには何も出来ないという。

カートアングルの5大ニュース。第1位はラスベガスでMEMを結成した事。

ビューティフルピープルがサラポーリンの偽者を連れてブッカーTのロッカールームに入ってくる。ブッカーはキュートキップに、こいつらを連れて出ていけと耳打ちする。

アビスとビアマニーのパーティが続いている。アビスにモーガンから電話がかかる。アビスはモーガンも招いていいかというが、ビアマニーは賛成せず、ビール瓶でアビスを殴りつける。そしてPPVで、タイトルを渡しはしないという。

ライノとアングルのこれまでの対立をまとめたビデオ。

アングルはBFGでのジャレット戦ではめられたと言う。しかし、ライノとの試合で同じ事はさせないという。そしてジャレットはもう終わっている男であり、TNAは自分のものだと言う。ジャレットはこの会社を奪いたければ、俺を倒してからにしろという。

ローレンがライノにインタビューしている。

ボラッシュが3D、AJ、ジョーにインタビュー。AJはジョーとダニエルズとは家族のように思っているが、3Dと同じサイドに立ったことは無かったと言う。そして、スティングがバトンを自分達に譲る気がないのなら、力ずくで奪うと言う。ジョーはボラッシュに、言いたいことはそれだけだと言う。

スティング vs ライノ ノンタイトルマッチ
場外でゴアをライノが狙うが、スティングにかわされてガードレールに自爆し、流血してしまう。スティングはライノの傷を狙って攻撃。ライノがクローズラインで反撃すると、アングルがリングサイドに現れてスティングに声援を送る。AJも出てきてライノを応援。アングルがエプロンサイドに上がったことに気を取られたライノにスティングのクローズラインがヒット。続けてスコーピオンデスロックが極まる。この間、AJとアングルが場外で乱闘を始める。スティングはロックを外し場外の様子をうかがっていると、ライノが背後からゴアをヒット。ピンフォールを奪う。
勝者:ライノ
試合後、フロントラインのメンバーがリングに集まって、ライノを祝福。ライノはTNAタイトルのベルトを掲げている。
iMPACT!視聴率
12/2付TNAニュース速報です

★11/27放送分iMPACT!視聴率は1.1%で、先週と変わっていませんが、平均視聴者数は160万とされており、先週の150万よりも上昇しました。15分毎の視聴率が最も高かったのは最後の15分間で、1.2%を記録しています。
ミックフォーリーvsカートアングル戦の噂
12/1付TNAニュース速報です

★現在、2009年1月開催のジェネシスで、ミックフォーリーが試合をする可能性をほのめかす内容のプレビュー公開されています。実際、カートアングルvsミックフォーリー戦をいずれ行うと言うプランはあるそうですが、PWインサイダーは早くとも2009年の春頃になる予定だと報じています。

★ジェネシスの宣伝用ポスターです。
2009genesis.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。