TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メルツァーはジョーの新コスに不満!?
3/27付TNAニュース速報です

★3/26放送分iMPACT!視聴率は1.27%で、平均視聴者数は170万人と推定されています。メインイベントの行われた最後の15分間は1.40%と高い水準を維持しています。

★TNAは、ビンスマクマーンのTNA批判に対するディクシーカーターの反論を公式サイトに掲載しました。

☆デーブメルツァーは、サモアジョーがトップスターらしく見せる為に、コスチュームを変更したと報じています。しかし、メルツァー自身は、以前の方がトップスターらしかったと感じているそうです。
スポンサーサイト
ディクシーがビンスに反論
3/26付TNAニュース速報です

★イラクの米軍を慰問に行っていたトレイシーは、その最中に銃を試射した際、反動で銃床が右胸にあたり、インプラントが損傷してしまったそうです。直ちに医療班の治療を受け、大事には至らなかったそうです。

☆デーブメルツァーは、チームノーリミット(裕次郎、内藤組)とモーターシティマシンガンズの試合が、iMPACT!かロックダウンのいずれか、もしくは両方で行われると報じています。

★ディクシーカーターがサンスポーツに対し、先日のビンスによるiMPACT!の内容には問題があるという発言を受け、これに反論しています。
まず、ビンスがiMPACT!を観ていたと言うことに対し、素晴らしいことだとしながら、3週間にわたって、60歳の男性が暴行を受けたり、酷い家宅侵入や男性による女性への暴力を放送したことこそ、非難されるべき内容だとし、WWEはTV-PGでありながら、TNAの番組よりも酷い内容を放送しており、明らかにiMPACT!の方が、一般家庭向けの番組作りをしているとコメントしています。
TNAが再びROHと絶縁!?
3/23付TNAニュース速報です

★スパイクTVは、以前よりもiMPACT!により強い興味を示しているそうです。ゆっくりではあるものの、着実に視聴率を伸ばしているのが最大の理由だそうです。

☆マイクジョンソンは、TNAが所属選手達に対し、ROHに出場することを禁止したと報じています。ROHがHDネットでレギュラー放送を開始したためだそうです。

★ラジオ番組「ハワードスターンショー」にカートアングルが出演した際の発言内容のハイライトです。

・兄のエリックは、レスリングを引退し、現在は溶接工として働いている。エリックはWWEのディベロップメントに所属していたことがあった。

・WWEを辞めたのは、ペインキラー依存症に悩まされ、そのために申し入れた休暇の申請を、ビンスに蹴られた為である。

・薬についてはあまり語りたくないが、朝、起き上がるためにパーコセットを20錠、服用しなければならない状態だった。5ヶ月は薬を抜く為にリハビリ施設への入院が必要だったが、ビンスはこれを認めず、自力で薬を抜くよう求められた。現在は選手達のリハビリ施設入りをビンスは認めている。

・カレンとの離婚は2ヶ月前に成立し、カレンはミリオネアになった。カレンとは14年間の結婚生活を送ったが、別居中にカートがカレンを裏切る行為をしてしまった。

・現在もMMA出場を考えている。


視聴率は好調が続いています
3/20付TNAニュース速報です

★3/19放送分iMPACT!視聴率は1.34%で、推定視聴者数は180万でした。特にスティング、カートアングル vs ジェフジャレット、ミックフォーリー戦の放送された最後の15分間は1.45%と、非常に高い数字を獲得しています。

★ロックダウンに、ハルクホーガンのセレブリティチャンピオンシップレスリングに出演していた、ダニー・ボナデュースが出場し、エリックヤングが対戦相手を務めると発表されました。一方で、エリックビショフは、ボナデュースがTNAに出場するからと言って、ハルクホーガンに番組中で言及することは許可されていないとブログでコメントしています。
3/26放送分iMPACT!収録結果簡易速報
3/26放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

ダークマッチ

○アンドロメダ vs 不明●
酷い試合。アンドロメダはゲイギミックの男性レスラー。

ジムコルネットが現われ、20人金網ガントレットマッチを今夜行い、最後に残った2人をキャプテンとして4対4のリーサルロックダウンをロックダウンで行うと発表。

○スーサイド vs キヨシ● Xディビジョンタイトルマッチ
まあまあの内容だが短い試合。試合後、スーサイドがMMGに襲撃されるが、リーサルが助ける。

○ビューティフルピープル vs オーサムコング、ライーシャサイード●
キップは今日もいない。ビューティフルピープルは試合後にコングの髪を切ろうとするがコングは脱出する。

ジェナ・モラスカとミックフォーリーのバックステージセグメント。しかし、会場には音声が流れず。

スティングが登場。ミックを呼び出して口論。なぜイスで殴ったのかと尋ねる。ミックは答えない。スティングはロックダウンでの対戦を要求し、ミックが受諾。

金網ガントレットバトルロイヤル
最初の2人が5分間戦った後、1分毎に1人ずつ入場。
最後に残った2人はサモアジョーとカートアングル。ジョーがピンフォールを奪う。
勝者:サモアジョー
アングルは逃走。ジョーは試合後、勝ち誇って退場。
(スポイラー記事ではチームジャレットvsチームアングルになるとされていました。翌週以降のiMPACT!でキャプテンが変わるのか、スポイラー情報が間違っていたのか、現段階ではわかりません。)
3人が解雇されると言う噂が流れています
3/18付TNAニュース速報です

★フィラデルフィアで開催されるロックダウンの最前列のチケットがまだ売れ残っているそうです。

☆キップジェームズとジャクリーンが、ディスティネーションXに登場しなかったことについて、TNAが彼らとの延長契約を結ばない決定を下した為、起用されなかったのではないかという噂が流れています。
ディクシーカーターが、キップ、ジャクリーン、ロキシーの3人のカットを決断したものの、これが同僚達に悪印象を与え、ジェフジャレットが批判されているのだそうです。
一方、キップは自宅が遠いために、交通費をカットするために呼ばれなかったとも考えられるそうです。

★TNAは偽サラペイリンを演じている元WCWのダフニーと契約を交わしたそうです。

★ロックダウンで行われることが決定しているカードです。いずれも、まだ放送ベースでは発表されていません。

スティング vs ミックフォーリー TNAタイトルマッチ

チームジャレット vs チームアングル リーサルロックダウン

ビアマニーInc vs チーム3D TNA世界タッグ&IWGPタッグのダブルタイトルマッチ



★かつてTNAに所属していたDレイ3000がインタビューに答え、TNAを去ることになったいきさつについて、ジェフジャレットの奥さんがガンになったことで、ダスティローズに権限が集中し、Xディビジョンの扱いが小さくなってしまったことが原因だとしています。しかし、ダスティに対してはわだかまりは無く、不満はTNA上層部の対応にあり、特に最後の出場が2004年の11月だったにもかかわらず、2005年の7月まで、契約から開放されなかった為、その間、何もできなかったことに大きな不満を感じたそうです。
クリードが脳震盪
3/16付TNAニュース速報です

☆オハイオ州シンシナティで開催されたハウスショーのバックステージにクリスハリスが現われ、元同僚達と旧交を温めていたそうです。しかし、TNA上層部は彼を再雇用するつもりはないそうです。

☆ディスティネーションXのアルティメットX戦の中で、スープレックスを受けた際にコンスケンスズクリードが脳震盪を起こしたそうです。クリードは試合中の記憶がほとんど残っていなかったそうです。

★3/19放送分iMPACT!収録開始前、TNAの選手達は健康診断のための血液検査を受けたそうです。

★ディスティネーションXで登場した軍人を演じたのは、チーム3Dのレスリングスクールの生徒だったそうです。

3/19放送分iMPACT!収録結果簡易速報
3/19放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

カートアングルが昨夜はモントリオール事件以来のスクリュージョブだったといい、カードの編成自体に問題があったという。スティングとアングルが口論になり、ナッシュはスティングを擁護。アングルは今夜のミックフォーリー、ジェフジャレットとのタッグマッチのパートナーにスティングを指名。スティングが受ける。
スコットスタイナーは昨夜のジョーの攻撃のダメージで、顔全体を覆っている。

○裕次郎、内藤哲也 vs クリスセービン、アレックスシェリー●
試合後、ビアマニーが裕次郎、内藤を叩きのめし、フィラデルフィアで3Dを相手に金網戦をやると言う。3Dが負けても追放は無し。

○ODB、テイラーワイルド vs オーサムコング、ライーシャサイード●
テイラーがコングからピンフォールを奪う。試合後、コングがODBを攻撃。コーディディーナーが助けに来る。

ブッカーTがAJスタイルズにレジェンドタイトルのリマッチを要求する。

○偽ペイリン vs マディソンレイン●
試合後、ビューティフルピープルは、少しだけ偽ペイリンの髪を切る。

○ジェフジャレット、ミックフォーリー vs カートアングル、スティング●
ミックがイスでスティングを殴り、ピンフォールを奪う。スティングはロックダウンでミックとの試合を求める。 

PPV DestinationX 試合結果速報
PPV DestinationX 試合結果速報です
更新を再開しました。

テイラーワイルド、ロキシー、偽ペイリン vs アンジェリーナラブ、ベルベットスカイ、マディソンレイン
テネイがウエストに、今夜は3時間生放送のPPVだから、途中でいなくならないよう念を押している。ウエストはそのつもりだと言う。試合は5分ほどでテイラーがピンフォールを奪う。
勝者:テイラーワイルド、ロキシー、偽ペイリン

バックステージでミックフォーリーがソファーに腰掛ける横で、ジェフジャレットがインタビューに答える。ジャレットは今夜の試合で、スティングの本当の考えが分かるといい、試合はあくまでも公正に裁くという。ミックは、アングルに対してリングサイドで会おうと呼びかける。

ブルータスマグナスのオープンチャレンジマッチ
対戦相手はエリックヤング。
ブルータスマグナス vs エリックヤング
観客はエリックを応援するが、試合はあまり盛り上がらない。エリックのデスバレーがヒットするが、マグナスがキックアウト。その後、数度のニアフォールをしのいだマグナスが5分足らずでフィニッシャーを決めてピンフォール。
勝者:ブルータスマグナス

テネイとウエストが今夜のカードを読み上げる。

不意にシークアブドゥルバシールが登場。今夜試合が無いことに不満を示す。そして差別にはうんざりだという。観客はUSAチャント。そして、オバマは希望を口にしたが、自分には希望など無く、何も悪いことをしていないのに、囚人のような扱いを受けているという。ジムコルネットが登場。バシールの試合が無いのは、自分も観客もロッカールームの同僚達も、バシールが嫌いだからだという。そして口は災いの元だなという。観客はコルネットチャント。コルネットはバシールに会場から出て行けと言い、海軍の二ール士官を呼び入れる。コルネットは士官に何事か言い、観客達に立ち上がるよう促すと、士官はGod Bless Americaを歌う。バシールが退場。

バックステージでアングルがMEMメンバーと話をしている。ブッカーは今夜の問題はAJスタイルズだという。スタイナーは、不細工なサモア人に集中したいと言う。ナッシュは早く出て行ってスティングに集中したらどうだと言う。アングルは今夜、MEMの力は必要ないといい、今夜、スティングがどちらの側につくのかはっきりすると言う。

ウエストは、先ほどコルネットは行き過ぎた発言をしたが、誰にでも発言の自由が認められているという。

アビス vs マットモーガン 画鋲1万個マッチ
リングサイドに、大量の画鋲が入ったボードが設置されている。モーガンが袋から画鋲をマットに撒く。モーガンがダウンする間にアビスは画鋲の入った袋を取る。モーガンは場外に出てイスを持って帰り、コーナーにセットする。アビスは逆に、モーガンをそのイスに突っ込ませる。アビスは画鋲を撒き、さらに別の袋に入ったガラス片を、画鋲の上に撒く。
アビスは花道からチョークスラムで下に設置した画鋲を乗せたテーブルにモーガンを落とそうとするが、モーガンは股間を蹴り上げて脱出。モーガンが花道からアビスをそのテーブルに蹴り落として決着。
勝者:マットモーガン

バックステージでブッカー夫妻がAJ戦を取りやめるよう掛け合っている。コルネットは試合の契約は成立しているとして取り合わない。ブッカー夫妻は怒ってオフィスを出て行く。

ODBと一夜を過ごせる相手の発表。青いドレスのODBはレフリーのルディチャールズと一緒に登場。
最終選考に残ったのは3人。一人目はコーディ・ディーナー。2人目はシャークボーイ。3人目はバーニー・ウェーバー。ODBはそれぞれ質問していく。ディーナーは自分が金持ちであることをアピール。
ODBはダンス勝負で勝者を決めるという。勝者はコーディ・ディーナーに決定。

バックステージでローレンがビアマニーにインタビュー。ルードはチーム3Dの過去の実績など気にしないと言う。そして、日本へでも行ってタッグチャンピオンになればいいという。
ストームはビアマニーが実力に見合う評価を受けていないと言う。そしてビアマニーは誰にも媚びず、上層部もチーム3Dのファンも、どうでもいいという。

オーサムコング vs ソジョーナーボルト TNAノックアウトタイトルマッチ
4分ほどで、コングがオーサムボムで仕留める。
勝者:オーサムコング

サモアジョー vs スコットスタイナー
ジョーは登場直後にスタイナーを攻撃。すぐに流血させてしまう。制止しようとしたレフリー2人を殴り倒して反則負け。試合時間1分半くらい。
勝者:スコットスタイナー (DQ)
試合後、ジョーはスタイナーと乱闘しながら観客席へ。スタイナーの額に噛み付き、会場の外へ出て行く。

ローレンがバックステージでAJにインタビュー。AJは自分達を若いライオンにたとえ、自分達はレスリングを愛しているから戦っているのであり、金を愛しているから戦うMEMとは違うと言う。

ブッカーT vs AJスタイルズ レジェンドタイトルマッチ
序盤、ハイフライムーブでAJが優位に立つ。AJがニアフォールを連続で奪うが、ブッカーはキックアウト。しかし、9分過ぎ、スタイルズクラッシュが決まって3カウント。
勝者:AJスタイルズ レジェンドタイトル獲得

試合後、AJはベルトを観客達に見せて、勝利を祝う。

会場の外で、サモアジョーがローレンに対し、スコットスタイナーに自分の国の流儀で暴力というものを教えてやったという。ローレンはスタイナーはどこへ行き、彼に何をしたのか尋ねるが、ジョーは立ち去ってしまう。

ビアマニーInc vs チーム3D TNA世界ヘビー級タイトルマッチ 
チーム3が敗れれば、TNAから追放される。序盤は3Dが積極的に攻める。ディーボンがコーナーに上るが、ルードが突き落とす。7分過ぎからビアマニーは仲違いを始める。ババボムがルードにヒット。かろうじてキックアウト。3Dをルードに狙うが、ルードはイスでレイを殴りDQが宣告される。しかし、ジムコルネットが現われて、ノーDQルールで再スタートを宣告。
3Dがストームにヒット。しかしルードがレフリーを場外に引きずり出し、気絶したストームを背負って、ウエストからベルトを受け取り退場。カウントアウトが宣告される。
勝者:チーム3D カウントアウトの為、タイトルはビアマニーが防衛

試合後、チーム3Dはウエストに対して怒っている。テネイもウエストを叱責。

セービンの事前収録インタビュー。次で5度目のXディビジョンタイトルになるが、ここ3年間はベルトを獲っていないという。
シェリーは自分がもしベルトを守れなかったら、セービンに獲って欲しいと言う。そして、ベルトを守る為なら何でもするし、インチキもいとわないと言う。
クリードは、アルティメットXについて、自分が参加した中で、最も危険な試合形式だという。そして、このような試合の準備をすることはできなかったと言う。
リーサルは、非常に危険な試合であり、様々な条件が勝敗を分ける試合で、だからこそ出場する価値があるという。

アレックスシェリー vs クリスセービン vs コンスケンスズクリード vs ジェイリーサル vs スーサイド XディビジョンタイトルアルティメットXマッチ
試合開始直後、MMGは2人でスーサイドを場外に叩き落とす。セービンがベルトにトライするがクリードが引きずり落とす。スーサイドがクリードを場外に落とし、ベルトを狙うが、リーサルにドロップキックで打ち落とされる。リーサルがクリードをサポートしてベルトを取らせようとするが、セービンがカットに成功。観客は"that was awesome"チャント。
全員がタワーを作り、リーサルが倒すが、一番上にいたスーサイドはワイヤーに登って倒れない。リーサルがパワーボムでスーサイドを叩き落す。セービンがコーナーにクリードを抑え、シェリーがスライスブレッド#2をヒット。
3人がそれぞれ別のコーナーからベルトに迫る。しかし、ポール上に立ったスーサイドがベルトに向けてダイブ。ベルトを奪い取って勝利。
勝者:スーサイド Xディビジョンタイトル獲得

バックステージでボラッシュがスティングにインタビュー。スティングは、アングルがレスリングを求めるならレスリングで、戦いを求めるなら戦いで応じると言う。そしてミックが1対1の勝負にしてくれるといい、ジャレットが3カウントを数えるだけだという。

スティング vs カートアングル TNA世界ヘビー級タイトルマッチ 特別立会人:ミックフォーリー 特別レフリー:ジェフジャレット
スティングがアングルをトップロープ越しに場外に投げ落とし、さらに追いかけていき、ガードレールにたたきつける。テネイは、ジャレットが業界に入ってすぐの頃はレフリーを務めていたことを説明する。アングルの3連ジャーマンがヒット。スティングがキックアウト。アングルはスティンガースプラッシュを回避して、オリンピックスラムをヒット。スティングがキックアウトする。アングルはムーンサルトをヒット。スティングは再びキックアウト。
スティングのスコーピオンデスドロップがヒット。アングルがキックアウト。ジャレットは中立を守る。しかし、ジャレットが巻き込まれて倒れる間に、スティングがタップしている。しかし、レフリーは不在。ミックもジャレットの容態をうかがっている。アングルはミックに激怒。股間を蹴り上げる。アングルはイスを持ち出そうとするが、ミックが阻止しようとするが、スティングに誤爆。
不満の高まったアングルがジャレットの顔に唾を吐く。ジャレットはアングルを殴り、スティングが押さえ込んで3カウント。
勝者:スティング TNA世界ヘビー級タイトル防衛
ミックがベルトをスティングに手渡す。
試合後、アングルはジャレットを怒鳴りつけ、この会社はジャレットだけのものではないのだという。

ディスティネーションXのカードが発表
3/13付TNAニュース速報です

★3/12放送分iMPACT!視聴率は1.2%でした。

★ディスティネーションXのカードです。

カートアングル vs スティング(c) TNA世界ヘビー級タイトルマッチ
特別立会人:ミックフォーリー 特別レフリー:ジェフジャレット

クリスセービン vs ジェイリーサル vs コンスケンスズクリード vs スーサイド vs アレックスシェリー アルティメットXマッチ

AJスタイルズ vs ブッカーT(c) レジェンドタイトルマッチ

チーム3D vs ビアマニーInc(c) TNA世界タッグタイトルマッチ
チーム3Dが敗れた場合、TNAから追放

ソジョボルト vs オーサムコング(c) ノックアウトタイトルマッチ

サモアジョー vs スコットスタイナー

ビューティフルピープル、マディソンレイン vs ロキシー、テイラーワイルド、偽ペイリン


サンジェイダットがラジオ番組でコメント
3/6付TNAニュース速報です

★3/5放送分iMPACT!視聴率は1.32%で、推定視聴者数は約190万でした。

★ドキュメンタリーショー「サバイバー:ザ・アマゾン」の勝者で、プレイボーイのカバーガールを務めたこともあるジェナ・モラスカが、TNAと契約を結び、3/12のiMPACT!からレスラーとして出場するとコメントしています。

☆サンジェイダットが、ワールドバンドメディアのデジライブショーというラジオ番組のインタビューの中で、TNAに所属する選手も含めて全てのレスラーは心の奥底で、WWE入りを望んでいると発言しています。一方、TNAのトップスター達は、楽なスケジュールで、妬ましいような金額を受け取っており、彼らはTNAで働くことが楽しいだろうとし、スティングのような選手にとって、遠征スケジュールの過酷なWWEに対し、TNAは良いオプションだろうとコメントしています。
TNAとの契約が終了した経緯について、ダットの契約期間は3月で満了する予定だった為、ダットの代理人がTNAと延長契約交渉を行っており、木曜日の交渉で一旦はダットが希望した3年契約にTNAも合意し、次の月曜日にサインする予定になっていたものの、翌日の金曜日になってTNAから契約しない旨を電話で通達してきたと語っています。
またWWE入りの噂がネットで流れた事に関し、自分も記事を読んでおり、どこから出た噂だか分からないと思ったが、WWE入りしたいと思っているのは本当だと笑い、しかし、WWEとは接触しておらず、そもそもTNAとの契約期間が満了するまで、交渉はできないとしています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。