TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やはりホーガンの意見は全て通る契約のようです
10/28付TNAニュース速報です

☆ホーガン獲得後の戦略について、ディクシーカーター、ビンスルッソーと数名のTNA幹部と、スパイクTVの幹部たちによる会議がニューヨークで行われたそうです。ジェフジャレットや、ホーガン、エリックビショフらは参加しなかったそうです。

☆ホーガンは、自身が関わるセグメントに関して、ブッキング権を与えられており、もしホーガンの意に沿わない内容を提示された場合、拒否することが出来る契約になっているそうです。

☆ホーガンは、自分のセグメントに必要な選手やタレントを雇うよう、TNAに指示をだしていると見られています。

☆TNAはまだ大きなサプライズを用意していると見られています。ただし、すぐに公表される可能性は低いとも考えられています。

☆ハルカマニアツアーのオーストラリア大会は、まだ行われる予定になっているそうです。

☆リックフレアーは、ハルクホーガンと3年契約を結んでいるとされており、TNAに登場する可能性が高いと一部で見られていますが、公式にはなにも発表されいません。以前、TNAがスティングの引退試合の相手としてフレアーにオファーを出した際、フレアーは興味を示しませんでした。

★10/28にエリックヤングが喉の手術を受けたそうです。手術は成功しており、欠場も見込まれていないそうです。エリックは子供の頃に、何度か受けた喉の手術の影響で、あの独特の声になったそうです。

☆スパイクTVはiMPACT!を月曜日に移動させることは考えておらず、このまま木曜日の目玉番組にしたい意向とのことです。また、生放送にすることも考えていないそうです。
スポンサーサイト
ハルクホーガンとの契約が正式発表
10/27付TNAニュース速報です

★TNAはハルクホーガンと正式に契約を交わしたことを、ホーガン同席の元で行われたディクシーカーターの記者発表で明らかにしました。また、直後に公式サイトでも発表されました。ホーガンは、早速、次のiMPACT!収録に登場するそうです。

★記者発表の写真です。
1hogan2.jpg

★PWインサイダーは、ホーガンのビジネスパートナーであるエリックビショフとジェイソン・ハーヴェイも、共にTNA入りすると報じています。

☆ホーガンはTNAの番組にトップスターとしてレギュラー出演する予定ですが、レスリングの試合をレギュラーで行う予定にはなっていないそうです。

☆スパイクTVは、早速、ホーガンとリックフレアーを起用したドキュメンタリーショーの制作を提案しているそうです。

☆ホーガンは、懸念されるビンスルッソーとの関係について、彼は立場をよく理解しているとし、何も問題は無いと発言しているそうです。

☆ホーガンとビショフとは、あくまでも出演タレントとして契約を交わしており、クリエイティブチームに関わることは無いそうです。

☆記者発表の場には、ジミーハートも来ていたそうです。

☆TNA内部の人間でも、ごく一部しかホーガンとビショフとの契約について、聞かされていなかったそうです。

☆ホーガンと共に、リックフレアーもTNAと契約を交わすのではないかという噂がくすぶっているそうです。

△前回のiMPACT!の際、バックステージで激怒したとされるケビンナッシュが、その件で謹慎処分を受けているとprowrestling.netが報じています。

◇ダイアモンドダラスペイジが、近くレスリングに復帰すると公言しているそうです。ペイジはビショフと非常に親しいとされています。
コングがパーティで一悶着あったそうです
10/23付TNAニュース速報です

★10/22放送分iMPACT!視聴率は1.1%でした。

★BFGの後、アーバインのヒルトンホテルで行われたパーティの席上で、ある出席者の男性が、オーサムコングのボーイフレンドを侮辱したとして、コングがその男性を突き飛ばしたそうです。目撃者によると、男性は5m近くも吹っ飛ばされていたそうです。

★ライーシャサイードのキャラクターは、もう使用されず、今後はアリッサフラッシュとしての活動に専念するそうです。

☆11月のターニングポイントのメインでは、当初カートアングルvsAJスタイルズ戦が予定されていたそうですが、アングルをフェイスとして定着させるために、変更されたそうです。12月のファイナルレゾリューションのメインで、アングルvsAJ戦は行われる見通しになっているそうです。

★デイリースター誌のサイトにアップされた、デズモンドウルフ(ナイジェルマッギネス)のインタビュー内容です。

・(WWE入りできなかったことについて)整形外科医や、地元の医師から、健康には何も問題がないという証明書を貰っていた。彼らの意向に反するようなことも何もしていない。ビジネス上の決定であり、彼らはただ単に自分達にとって有益と思われる選択をしただけだろう。

・(TNA入りしたことについて)TNAで働く機会を得ることが出来て、とても嬉しい。AJやダニエルズ、ジョーらとはROHですでに知り合っているし、ROHに始めて入ったときも、彼らを見て多くのことを学んだ。ダグやニックがいることも、本当に心強いことだ。

・(TNAでのリングネームについて)みんなが、どうやって決めたのかと尋ね、何人かは映画の「Withnail and I」からだろうと言っていたが、実際はビンス(ルッソー)が、イギリス人の名前として、最も人気があるものをインターネットで検索し、デズモンド・ウルフという名前が出てきたと聞いている。



★UGO.comのQ&Aセクションで、ミックフォーリーがTNAのクリエイティブチームに関してどう思っているのかという質問に対する答えがアップされています。

ルッソーもコルネットも、どちらも好きだし尊敬している。ルッソーは才能をもっと評価されるべきだ。私がスモーキーマウンテンレスリングで、コルネットの下で働いていたとき、彼は天才だと思っていた。彼ら二人が平和的に共存することは不可能だろう。しかし、現在のTNAの方向性を、私は気に入っている。彼らは若手に力を注ごうとしている。これは重要なことで、あと数年もすれば、彼らは重要な存在になるだろう。


ナッシュが収録中にキレたそうです
10/21付TNAニュース速報です

★10/29放送分iMPACT!収録の試合中、クリスセービンがエプロンで誤って頭を打ち、かなりの苦痛をうったえていたそうです。しかし、試合は続行され、セービンは自力で立ち上がって試合途中に退場しました。試合終了後、バックステージでケビンナッシュが、セービンの痛がる様子を見てなぜ試合を止めなかったのかと、スタッフを怒鳴っていたそうです。(対戦相手のチーム3Dを叱っていたというソースもあります)
さらに、その後のワールドエリートのリングスキットの際、再びセービンを登場させようとしたことでナッシュが激怒し、iMPACT!は再収録が可能なのだから、まずは選手の体を心配するべきだと、番組スタッフの無責任さを叱り飛ばした後、キャラクターに戻って本来のスキットを続行したそうです。
ナッシュがリングで怒ったシーンは、編集でカットされると見られています。

★元WWEのRVDが、BFGのバックステージに行った際の様子を、ネットラジオ番組で語っています。その中で、初めてディクシーカーター、ビンスルッソーと直接会ったものの、ビンスマクマーンに会うときと同様に、話題がなくて気まずかったとしています。また、TNAのロッカールームの雰囲気に関して、TNAで働いている友人達の話から考えて、WWEよりもストレスは少ないようだとコメントしています。
10/29放送分iMPACT!収録結果簡易速報
10/29放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

クリスタルとラシュリーがリングサイドに座っている。

ウルフデズモンドが登場。自分は2番手などではなく、ただ唯一の存在であると言い、アメリカを打ち負かすと言う。そして先週、アングルを叩きのめしたことで、自分こそが最強のレスラーであることを示したのだと言う。アングルがフェイス側の入場口から登場。デズモンドは歓迎されるにはやりすぎてしまったといい、早々にTNAから出て行ってもらうことになるというと、今夜アングルvsデズモンドのストリートファイトマッチがアナウンスされる。

○タラ vs アリッサフラッシュ●
タラがファイアーマンズキャリーからサイドバスターに落とす技で勝利。
試合後、コングが現われて、倒れているアリッサの上に、タラをインプラントバスターで落とす。

○MMG vs チーム3D●
試合途中でセービンが脳震盪を起こすアクシデント最後はシェリーがディーボンからハーフボストンクラブでタップを奪う。試合後、ディーボンはタップしていないとして、レフリーに抗議する。

○ボビーラシュリー vs エリックヤング● DQ
スコットスタイナーがリングサイドのクリスタルに向かうと、ラシュリーが駆けつけスタイナーを叩きのめしてリングに戻る。スタイナーはリングに入ってラシュリーをイスで殴りDQ裁定。
エリックヤングが試合後もリングに居座り、ワールドエリートのメンバーがおそろいの新しいスーツで登場。ブリティッシュインベイジョンは先週レフリーを襲撃した件で謹慎処分を受けているが、ベルトを保持したままなので、ビアマニーもベルトに挑戦できなくなったと言う。さらに先週、ラシュリーにTNAではじめての黒星をつけることもできたという。そして、TNAレジェンドタイトルを、TNAインターナショナルタイトルに改称し、もうアメリカ人を相手にアメリカで防衛線は行わないと言う。
ナッシュがイスを持って登場。BFGではナッシュがレジェンドタイトルを防衛する条件で、6万ドルを支払っていたのだといい、金を返せというが、エリックはバシールがイランの通貨で6万を返すという。ビアマニーが客席から登場して、ワールドエリートを攻撃する。

○ビューティフルピープル vs ODB、クリスティヘミー、ハマダ●
レイシーがチョークスラムでヘミーを仕留める。
試合後、コングのテーマがヒット。リングに登場するが、タラが背後から襲撃する。セキュリティが止めに入る。

○アビス vs Drスティービー● ハードコアマッチ
ショックトリートメントでアビスの勝利。試合後、Drスティービーが竹刀でアビスの首を絞める。ミックフォーリーが竹刀を持って現われ、アビスを殴ると見せかけてスティービーを殴り退場する。

○マットモーガン vs ライノ●
ライノがゴアを狙うが、モーガンのカーボンフットプリントがカウンターで決まりピンフォール。試合後、ライノはモーガンにゴア。ヘルナンデスが現われてモーガンを救出。ライノはリングを降りるとマイクを持って、誰も自分をTNAから追い出すことはできないという。

○デズモンドウルフ vs カートアングル● レフリーストップ
デズモンドのクローズラインでアングルが首を痛めた様子。アールへブナーが試合を止める。アングルはストレッチャーで退場。

Xplosion
○アメージングレッド vs ジェイリーサル● Xディビジョンタイトルマッチ

マッギネスが電撃移籍、即プッシュ
10/20付TNAニュース速報です

★先月、WWEとの契約に合意したと報じられた、当時ROH所属のナイジェルマッギネスですが。10/20に行われたiMPACT!にウルフ・デズモンドというリングネームで登場しました。WWE側が、直前になって契約を反故にしたため、マッギネスがTNA入りを望んだと報じられています。早速、カートアングルとの抗争が始まった模様で、10/22放送分iMPACT!でその様子が流れる予定です。

★12月のターニングポイントで、AJスタイルズ vs サモアジョー vs ダニエルズのTNA世界ヘビー級タイトルマッチが行われることが発表されました。さらに、ビアマニーInc vs モーターシティマシンガンズのTNA世界タッグタイトルマッチも決定しているとされています。さらに、ウルフデズモンド(ナイジェルマッギネス) vs カートアングル戦も内定しているそうです。
10/22放送分iMPACT!収録結果簡易速報
10/22放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

Xplosion
○シークアブドゥルバシール vs キップジェームズ●
キップのフェイマサーをかわしたバシールが、タイツを掴んだ丸め込みで勝利。

iMPACT!
アングルがリングに登場。MEM結成から1年が経ったといい。自分達は収入を守る為ではなく、尊敬を勝ち取る為に戦ってきたのだと言う。そしてTNAのロスターは拡大し、またエリックやAJのように成長を遂げた選手が充実しているという。マットモーガンも、素晴らしい才能を有していることがわかったというと、自分達とともに戦おうと呼びかける。
ライノが登場。MEMはもう終わりだというと、TNA上層部はロートルよりも、モーガンやヘルナンデスらにチャンスを与える決断を下したという。アングルは、確かに奴らならその資格があるが、ライノには無いという。
チーム3Dが登場。レイがライノに対し、BFGで妨害したことに関して怒鳴りつけている。観客はライノに声援。ライノは、チーム3DもMEMと同じ立場だといい、チーム3Dの試合など組まれていないことを、バックステージで確認してみるがいいという。そして、自分はヘルナンデスと試合が組まれていると言う。

バックステージでAJとダニエルズが、先ほどのアングルの発言について話をしている。ローレンがターニングポイントではAJvsジョーvsダニエルズのTNA世界ヘビー級タイトルマッチが決まったと告げる。

バックステージライーシャがいる。ローレンが今夜のコングとの対戦について話をする。

○ホミサイド vs アメージングレッド●
グリンゴキラーでホミサイドの勝利。

○マットモーガン vs スコットスタイナー●
試合前、スタイナーがリングサイドにいたクリスタルマーシャル(ラシュリーの妻)の傍へ近づいて威嚇。試合が始まると、一進一退の攻防。場外乱闘になり、クリスタルの近くに行ったところで、スタイナーがモーガンをリングに押し込み、クリスタルを攻撃しようとする。そこへラシュリーが駆けつけ、スタイナーと乱闘。レフリーのアールヘブナーはモーガンを見ていて気づかない。その後、スタイナーがリングに戻ったところで、モーガンがカーボンフットプリントを決めて勝利。

○ケビンナッシュ、サモアジョー vs AJスタイルズ、ダニエルズ●
場外のジョーにAJがムーンサルトをヒットする間に、ナッシュがダニエルズをチョークスラムで仕留める。ナッシュは、次はエリックだという。

バックステージにエリックヤング。来週のiMPACT!で大発表があるという。

ローレンがバックステージのMMGにインタビュー。通常放送番組初のアルティメットXマッチについて尋ねる。

事前収録のセグメント。ビューティフルピープルをテイラーとサリータが襲撃する。

○オーサムコング vs ライーシャサイード●
ライーシャはコーナー上からダイビングヒップアタックを見せるなど、積極的に攻めるが、インプラントバスターに沈んでしまう。試合後、コングがライーシャを引きずって花道を歩いていき、ステージ上からパワーボムでステージ下へ叩き落す。ライーシャはストレッチャーで退場。

チーム3Dが実況に加わる。

○ヘルナンデス vs ライノ●
ダイビングクロスボディで勝利。試合後、勝利を喜ぶヘルナンデスにライノが攻撃。しかし、ヘルナンデスが反撃して、ボーダートスの体勢。チーム3Dが止めに入ると、ライノは謹慎処分を受けてまで痛めつけなければならない相手ではないはずだと言う。

ウルフ・デズモンド(ナイジェルマッギネス)の初登場バックステージセグメント。カートアングルを叩きのめす。

○ビアマニーInc vs ブリティッシュインベイジョン●(DQ) TNA世界タッグ金網タイトルマッチ
観客も熱狂。しかし、マグナスがレフリーを殴って、意図的に反則負けしたことでブーイング。タイトルも移動しない。

スタッフが前に試合の金網を撤去していると、アングルが現われてデズモンドを呼び出す。しかしデズモンドは出てこず、アングルがバックステージへ向かっていくと、背後から襲われてしまう。デズモンドはアングルをコーナーに座らせると、タワーオブロンドン(相手の足をトップロープに絡めたままで行うダイアモンドカッター)を決める。

○MMG vs リーサルコンスケンスズ● TNA世界タッグタイトル挑戦者決定アルティメットXマッチ
非常に素晴らしい試合。セービンが「X」を確保してMMGがターニングポイントでの挑戦権を獲得。
BFGのメインの結果は事前に洩れていました
10/18付TNAニュース速報です

★10/15放送分iMPACT!3時間スペシャルの視聴率は0.94%でした。

★BFGの試合中、タラを女性が襲撃するシーンがありましたが、襲ったのは女性MMAファイターで、ランディ・クートゥアの元妻であるキム・クートゥアでした。TNAはあえてカメラのフレームから襲撃シーンを外すことで、リアリティを増そうとしたようです。その直後、キムはツイッターで、「たった今、TNAの生放送でタラを襲ってきた。彼女にはフェイクの世界がお似合いよ。」とコメントしています。キムとタラは、ネット上でストライクフォースを巡り、意見を対立させていました。

★ジェレミーボラッシュがツイッターで、BFGのバックステージに元WWEのチャックパランボが来ていることを明かしました。また、その後、RVDとブライアンケンドリックが、友人を訪ねてBFGのバックステージを訪れていたことも明かしています。

★一部のオンデマンド配信局が流している12月のターニングポイントのプレビューの中で「先月の大会でAJスタイルズがスティングを倒した」という表現が用いられているそうです。このプレビューはBFG前に放映され始めており、TNA上層部は不快感を表しているそうです。

☆プレショーで行われたMMGvsリーサルコンスケンスズの試合は、当初、挑戦者決定戦として行われる予定でしたが、ディネロの欠場が当日になって決まったため、急遽、アルティメットX予選試合に変更されたそうです。

☆BFGのアルティメットXマッチの最中、セットから転落したダニエルズが肩を脱臼する怪我を負ったそうです。また、首に酷い痣ができていたそうです。スーサイドもハードバンプにより打撲傷を負ったそうですが、ダニエルズほど酷くは無いとの事です。ダニエルズは翌日のiMPACT収録で、AJとタッグを組んで、アングル、ジョー組との対戦が予定されていますが、実際に行われるかどうかは不明の状態です。
PPV Bound For GloryⅤ試合結果速報
PPV Bound For GloryⅤ試合結果速報です

プレショー
ディネロは、家族が亡くなった為、今夜のアルティメットXマッチを欠場すると発表される。かわりに、プレショーで行われる試合の勝者チームが出場権を得る。

○MMG vs リーサルコンスケンスズ●
MMGがアルティメットXマッチの出場権を獲得。試合時間は短いが好試合。

モーガンvsアングル戦の煽り。

スティングvsAJスタイルズの煽り。

ローレンがバックステージでチーム3Dに、試合への意気込みについてインタビューしている。
プレショー終了

アメージングレッド(c) vs ホミサイド vs スーサイド vs ダニエルズ vs クリスセービン vs アレックスシェリー XディビジョンタイトルアルティメットXマッチ
非常に素晴らしい試合。ダニエルズがホミサイドをSTOでワイヤーからマットに叩き落す、非常に危険な技を敢行。隙をついてこっそりレッドがベルトを確保。
勝者:アメージングレッド
試合のハイライト映像。

ローレンがバックステージでビューティフルピープルにインタビュー。

サリータ、テイラーワイルド(c) vs ビューティフルピープル TNAノックアウトタッグタイトルマッチ
レフリーが、ビューティフルピープルのセコンドについているレイシーフォンエリックに退場を命じるが、レイシーがキスをすると撤回。アールへブナーが出てきてレイシーに退場を命じ、レイシーを掴んでキスをすると、レイシーもまんざらでは無い様子。へブナーはそれでもレイシーを下がらせようとしている。試合はあっさりとスカイが敗れる。
勝者:サリータ、テイラーワイルド ノックアウトタッグタイトル防衛

レジェンドタイトルを巡るこれまでのハイライト。

ローレンがバックステージでナッシュとエリックにインタビュー。

ケビンナッシュ(c) vs ヘルナンデス vs エリックヤング レジェンドタイトルマッチ
試合は2対1の様相で進む。しかし、最後にエリックがナッシュを裏切って勝利。
勝者:エリックヤング レジェンドタイトル獲得

バックステージでローレンがブリティッシュインベイジョンにインタビュー。

ブッカーT、スコットスタイナー(c) vs チーム3D vs ビアマニー vs ブリティッシュインベイジョン TNA&IWGP世界タッグタイトルフルメタルメイヘムマッチ

ブッカーが序盤に怪我をしたと言い張って、試合放棄しようとするが、レフリーが認めない。試合中にライノが乱入してチーム3Dを攻撃。ディーボンがIWGPのベルトを確保して、チーム3DがIWGPの新チャンピオンに決定。ロブテリーがルードをリフトアップスラムで場外のテーブルの上に投げつけ、ダグウィリアムズがTNAのベルトを確保。
勝者:チーム3D(IWGP世界タッグタイトル)、ブリティッシュインベイジョン(TNA世界タッグタイトル) 

ODB(c) vs オーサムコング vs タラ TNAノックアウトタイトルマッチ
タラが場外に落ちると、何人かの女性が襲撃する。ライーシャがコングにイスを渡そうとするが、コングが拒否。そのイスにODBがコングをたたきつけて勝利。
勝者:ODB ノックアウトタイトル防衛
試合後、怒ったコングがライーシャを追いかけていく。

ローレンがバックステージでモーガンにインタビュー。

ボビーラシュリー vs サモアジョー サブミッションマッチ
観客はラシュリーにブーイングを浴びせる。ラシュリーがチョークホールドらしき技で勝利。いまいちの試合内容。リングサイドには、元WWEディーバで、ラシュリーの妻であるクリスタルマーシャルが座っているのが映る。
勝者:ボビーラシュリー

ボラッシュがバックステージでミックフォーリーにインタビュー。
ミックフォーリー vs アビス モンスターズボールマッチ
両者とも、花道のセットの上によじ登る。ミックがアビスをステージに突き落とす。スタンガンを持ったダフニーが現われてミックに手渡すと、ミックはアビスに使用する。フォールはレフリーが3カウントをコールするも、アビスがギリギリでキックアウトしたと判定され試合続行。観客はブーイング。
Drスティービーが乱入するが、画鋲に叩き落されてしまう。アビスが有刺鉄線にチョークスラムでミックをたたきつけて3カウント。
勝者:アビス

ローレンがバックステージでカートアングルにインタビュー。

カートアングル vs マットモーガン
非常に素晴らしい試合。お互いに技を切り返しあい、ニアフォールの応酬になる、純粋なプロレスの試合展開。観客はそれぞれ支持する選手に声援を送っており、フェイスorヒールは関係ない様子。最後はアングルが勝利。
勝者:カートアングル

スティング vs AJスタイルズ(c) TNA世界ヘビー級タイトルマッチ
ややスティングファンが多い様子。攻守の入れ替わる、非常に素晴らしい試合。特にスティングが、かつて無いほどの激しい試合を見せる。AJがスワンダイブ式のスプラッシュで勝利。
勝者:AJスタイルズ TNA世界ヘビー級タイトル防衛
退場するスティングを、AJが呼び止めてリングに戻らせると、観客達に「please don't go」チャントを促す。そしてスティングが引退するのかどうか、本心は知らないが、観客達の反応をみれば、スティングが永遠に求められていることが分かるだろうと告げる。

スティングがリングサイドの観客達とタッチを交わすシーンで終了。
ODBがTNAからの離脱を示唆
10/17付TNAニュース速報です

★マットモーガンが、背中の3箇所が痙攣を起こしているとツイッターで発言しています。

★ODBが自身のフェイスブックに、「全ての出来事には理由がある。選択が正しいことを望む。」とコメントし、プロフィールの職業を「休職中」に書き換えました。TNAを離脱したものと思われます。ただし、バウンドフォーグローリー直前のファンフェストには参加しています。

★バウンドフォーグローリー直前のファンフェストで、ディクシーカーターが、BFGではなんらかのサプライズを用意していると発表しました。観客達はケネディチャントを始めたそうです。

★バウンドフォーグローリーのカードです。

AJスタイルズ(c) vs スティング TNA世界ヘビー級タイトルマッチ

カートアングル vs マットモーガン

ボビーラシュリー vs サモアジョー サブミッションマッチ

ミックフォーリー vs アビス モンスターズボール

アメージングレッド(c) vs スーサイド vs ディアンジェロディネロ vs ダニエルズ vs ホミサイド XディビジョンタイトルアルティメットXマッチ

スコットスタイナー、ブッカーT(c) vs ブリティッシュインベイジョン(c) vs チーム3D vs ビアマニー 振るメタルメイヘムTNA世界タッグ&IWGP世界タッグタイトルマッチ

ケビンナッシュ(c) vs ヘルナンデス vs エリックヤング TNAレジェンドタイトルマッチ

ODB(c) vs オーサムコング vs タラ TNAノックアウトタイトルマッチ

テイラーワイルド、サリータ(c) vs ビューティフルピープル TNAノックアウトタッグタイトルマッチ

コルネットの離脱理由はやはりルッソー
10/10付TNAニュース速報です

★10/5放送分iMPACT!視聴率は1.0%でした。

★バックステージインタビュワーのローレンが、ツイッターで婚約したことを発表しました。

◆ジムコルネットが、ネットラジオのインタビューの中で、衰退していく大きな会社で働くことに嫌気が差したので、小さな会社を大きくする手助けをすることにしたとコメントしています。犬猿の仲と言われたビンスルッソーについては、身体能力に優れたレスラーは多くいたが、彼らは一流の俳優ではなく、ましてお笑い芸人でもないのに、ルッソーが書きたがっているシナリオや、ジョークの為に、試合を全く無意味なものにしてしまったとし、彼の下で働くことに我慢がならなかったとコメントしています。
10/15放送分iMPACT!収録結果簡易速報
10/15放送分iMPACT!収録結果簡易速報です
バウンドフォーグローリー直前大会です

○マットモーガン、アビス vs カートアングル、ミックフォーリー● 
モーガンがフットプリントでミックからピンフォールを奪う。
※この試合は10/8放送分メインイベントの再収録と思われます。

Xplosion/Webマッチ
○MMG vs シークアブドゥルバシール、キヨシ●
試合後、バシールとキヨシがMMGを攻撃する。

○テイラーワイルド vs トレイシー●
ジャーマンスープレックスでピンフォール。

10/15放送分iMPACT!
MEMがリングに登場。観客は大ブーイング。アングルが、MEM結成からもうすぐ1年だといい、バウンドフォーグローリーでは、MEMの勝利が各所から待望されているのだという。
AJ、ビアマニー、モーガン、ヘルナンデス、チーム3Dが登場。レイは、すでに誰もがMEMに飽き飽きしているのだといい、AJにマイクを渡すと、AJはMEMは試合をしたいのかぶち壊したいのか、態度をはっきりさせろといい、MEMの崩壊まであと残り3日だという。モーガンは、もう3日も待てないといい、リングに駆け寄って乱闘がスタート。セキュリティが止めに入る。

○ビューティフルピープル(スカイ、レイン、レイシーフォンエリック) vs ODB、オーサムコング、タラ●
フェイス軍がすぐに仲違いをはじめ、タラとコングが揉めてコングが試合放棄。続いてODBとタラが揉めて、ODBが引き上げると、タラがスカイにピンフォールを奪われる。

×アメージングレッド vs スーサイド× Xディビジョンタイトルマッチ
レッドのセコンドにドンウエストがついている。両者、素晴らしい立ち上がりを見せるが、3分半ほどでポープ(ディネロ)が乱入してノーコンテスト。ポープはスーサイドを攻撃。レッドはしばらく見ているが、ついにポープをドロップキックで倒す。

○ヘルナンデス vs ブリティッシュインベイジョン● 3対1ガントレットマッチ
エリックが実況に加わる。ヘルナンデスはLAX時代のコスチュームで登場。エリックにマイクで何事か、声をかける。ダグウィリアムズが最初の相手だが、あっさりヘルナンデスが勝利。続いてブルータスマグナスも破れ、最後のロブテリーもシットダウンパワーボムであっさりと敗れてしまう。エリックがリングに乱入し、ブリティッシュインベイジョンと共にヘルナンデスを叩きのめす。

○ダニエルズ vs ディアンジェロディネロ●
エンジェルズウィングで決着。まあまあの好試合。試合後、スーサイドが現われ、ディネロを攻撃するかに見えるが、突然ダニエルズを攻撃し、グリンゴキラーを見舞う。スーサイドがマスクを取ると、正体はホミサイド。

リングにソファが設置され、ミックフォーリーが登場。ポップコーンの入ったボウルを持っている。アビスの事を、「ミックのよく出来たまがい物」と呼ぶ。そしてアビスのこれまでの活動をまとめたビデオを流す。アビスが2006年のBFGで画鋲を撒いたシーンを見せ、自分は1995年にすでに画鋲を使用していたといい、2007年のBFGでアビスが燃え盛るテーブルに転落したシーンを見せ、自分はエッジとのレッスルマニアでの試合ですでにこれをやっており、年間最高試合賞を受賞しているという。
アビスが有刺鉄線バットを持って登場。ミックをイスから突き落としてバットを構えるが、スクリーンにスティービーが人質(恐らくはローレン)を取っているのが映る。ミックは、助けに行けというと、アビスはバックステージへ向かう。

○ハマダ vs アリッサフラッシュ● フォールズカウントエニウェアマッチ。
ハマダがステージ下に設置したテーブルにフラッシュを寝かせ、花道からムーンサルとでテーブル貫通。ピンフォールを奪う。

○ボビーラシュリー vs ライノ● ストレッチャーマッチ
ライノはステージ上でゴアを狙うが、ラシュリーが回避。ストレッチャーにのせたライノを、そのまま救急車に放り込んでラシュリーが勝利。

×AJスタイルズ vs カートアングル× ノンタイトルマッチ 20分時間切れ引き分け
iMPACT!史に残る素晴らしい試合。観客は試合終盤までチャントも忘れるほど、試合にのめりこんでいる。最後の30秒間、アングルがアンクルロックでAJを追い詰めるが、AJは最後まで堪え、タイムアップ。
試合後、スティングが登場するが、AJは敢えて無視。AJはマイクで、もう二度と観客達に引き分けになるような試合は見せないと言う。


特別試合
○キップジェームズ vs ジョバー●
キップはなかなかの観客人気。試合内容もそこそこ。
10/8放送分iMPACT!収録結果簡易速報
10/8放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

ミックフォーリーとアビスがリングで口論。バウンドフォーグローリーで、モンスターズボールマッチでの対戦が決定。特別レフリーはDrスティービーで、もしアビスが画鋲を使用すれば、負けとなる条件がつく。

○アメージングレッド vs サモアジョー● Xディビジョンタイトルマッチ
試合中、ボビーラシュリーが現われた事で、ジョーが敗北する原因になる。アメージングレッドがXディビジョンの新チャンピオン。

○ヘルナンデス vs ケビンナッシュ● DQ
試合中、エリックヤングが現われて、ヘルナンデスにパイルドライバーを見舞う。

○ホミサイド、ディアンジェロディネロ vs スーサイド、ダニエルズ●

スティングのプロモ。AJが登場。続いてアングルが現われて、次週の対戦を要求。

○ベルベットスカイ、マディソンレイン、アリッサフラッシュ、トレイシーブルックス vs サリータ、テイラーワイルド、ハマダ、クリスティヘミー● イリミネーションタッグマッチ
レインが一人残りでヒール軍の勝利。

ボビーラシュリーとサモアジョーが乱闘。ラシュリーがスペイン語実況席に投げ飛ばされる。

○ODB vs タラ●
試合中、武器を持ち、ソーカルヴァルの髪を掴んだオーサムコングが登場し、タラが気を取られたところをODBが仕留める。

○マットモーガン、アビス vs ミックフォーリー、カートアングル●
試合中、ミックがDrスティービーの介入を認め、さらにダフニーも加わってアビスを攻撃するが、モーガンとアビスが逆転で勝利。
iMPACT!初の3時間スペシャルが決定
10/5付TNAニュース速報です

★10/1放送分iMPACT!視聴率は1.1%でした。

★今年のバウンドフォーグローリーのPPV視聴料は39ドル99セントと、昨年より10ドル値上げされました。TNAのフラッグシップ大会として、差別化をはかったと見られています。

★TNAは、AJスタイルズ、マットモーガンと契約延長で合意に達したそうです。この結果、2人とも2014年まで、TNAと専属契約を結んだそうです。

★スパイクTVは、10/8放送分iMPACT!終了後、1時間のグローバルiMPACT!特番を放送するそうです。

★10/15放送分iMPACT!は、夜9時から12時までの3時間スペシャルで放送されます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。