TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴタゴタしていても視聴率は好調
1/30付TNAニュース速報です

★1/28放送分iMPACT!視聴率は1.38%でした。木曜日放送のiMPACT!としては史上最高を記録しています。さらに前半のみの平均視聴率は1.46%に達していました。

★タズが主治医から、膝の手術が必要だと言われたことをツィッターで報告しています。部分的に人工関節を用いる必要があるそうです。

★スパイクTVは3/4の木曜日には、iMPACT!を放送しない予定になっています。3/1の月曜日にiMPACT!が放送されるためです。なお、1/4(月)の特番が放送された際は、1/7(木)に1/4大会が再放送されました。

★1/29のババザラブスポンジラジオショーにエリックビショフとハルクホーガンが出演し、まだ、iMPACT!を月曜日に移動する話は決定しているわけではないと、先にデーブメルツァーが報じた内容を否定しました。しかし、交渉は続けられており、変更後の放送開始日も、2/22と3/1が候補として検討されているそうです。

☆ハルクホーガンが、ラジオ番組の中でハウスショーを取り止めたいと発言したことに対し、TV収録大会のみの收入では生活できない、中堅以下の選手たちは強く反発しているそうです。また、リングを4角形のものに変更したことについても、反発は大きいそうです。

☆現在のTNAでは、WWEのへの移籍を考えている選手がかなり増えてきているそうです。彼らの多くは、ディベロップメンタル契約でも仕方がないと考えているそうです。

☆ディレクTVによるアゲンストオールオッズの宣伝では、サモアジョーがTNA世界ヘビー級タイトルに挑戦するとされているそうです。

☆1/28放送分iMPACT!のオープニング映像から、スコットホールとショーンウォルトマンが外されていました。

☆TNA上層部は、スコットホールとショーンウォルトマンが、明らかにトレーニング不足だと、不満に感じているそうです。ストーリーラインは続行するものの、期待していたほどの働きが出来ていないと、失望しているそうです。

☆リックフレアーは、TNAで誰からも極めて丁重な扱いを受けており、AJスタイルズの師匠役というストーリーライン上の役割にも非常に満足していると語っていたそうです。

☆ODBは、ジェネシスのタラ戦で破裂したとされる、左胸のインプラントを修復する手術を受けたそうです。

◆ROHは1/28にリックフレアーを訴える裁判を起こしました。フレアーに契約違反があったとし、4万ドルの返却を求めています。フレアーは1回の登場につき1万ドルで、ROHのハウスショーに5回出場する契約を結んでいたそうですが、実際には1度しか出場しませんでした。ROHはこの1回分のギャラは支払っているそうですが、契約不履行にあたるため、返却を求めています。また、HDネットでの番組収録の為、ROHはフレアーに3万5千ドルを支払ったそうですが、実際に予定通りに出場したのは1回だけで、その翌週にはWWE出場の為、ROHを去る事を観客にアナウンスするためだけの登場にとどまっています。
スポンサーサイト
マンデーナイトウォー完全復活!?
1/27付TNAニュース速報です

☆デーブメルツァーは、TNAが3月からiMPACT!のレギュラー放送日を月曜日に移動すると報じています。3/1が移動後最初の放送となるそうです。iMPACT!の2週撮りは続行され、月曜日は生放送、火曜日以降の収録は翌週以降に録画放送されるそうです。なお、3/1のみの放送については正式に発表されています。

★アリッサフラッシュが自身の解雇について、ビショフ、ホーガンがブッキングにかかわる以前から決まっていたことだとして、2人の意向ではないことを明かしています。

☆先日、ババザラブスポンジを殴る事件を起こしたオーサムコングは、その後TNAに対して解雇を求めていたそうです。ババの発言が引き金にはなっているものの、ホーガンの登場以降、それまでのTNAの選手たちの大半に登場機会が与えられなくなり、親しい友人たちが強い不満をいだいている事や、コングが師と仰いでいたプロモーターのエド・チューマン氏が亡くなりその葬儀に参列するため、予定されていたヨーロッパ遠征をキャンセルしたいとTNAに申し入れたものの、これが認められなかった事などが理由になっているとのことです。なお、コングの解雇要求はTNA上層部に却下されたと見られています。

☆ジェネシスの客席にいたブルックホーガンとニックホーガンをストーリーラインに起用する予定は、今のところないそうです。

★1/25に行われた、TNAヨーロッパツアーのパリ大会は、観客数2500人程度を動員したそうです。フランスでTNAは放送されておらず、予想外の反響に上層部は喜んでいるそうです。この大会中、サモアジョーが怪我をしたそうですが、欠場の予定はないそうです。

☆2009年度はPPV収入が激減しており、赤字が続いたため、コスト削減のため2010年は全大会をオーランドで開催することが検討されているそうです。ビショフ、ホーガンは、スラミバーサリーとバウンドフォーグローリーのみをオーランド以外で開催すべきだと主張しているそうですが、結論はまだ出ていないそうです。

★1/27にウェールズのカーディフで開催されたハウスショーで、エリックヤングをロブテリーが破り、TNAグローバルタイトルを奪取したそうです。

☆元WWEのハイデンライクを、1度か2度のみの登場で起用するという話があるそうです。

★インディの大会に出場したジミーハートが、ナスティボーイズのマネージャーとしてTNAに登場することをほのめかしていたそうです。

★ダイアモンドダラスペイジが、TNAとの短期契約について、ビショフと話し合ったとコメントしています。試合を行うことについても検討されたそうです。

★ホンキートンクマンが、自身の公式サイトにTNAのロゴなどを貼りつけ、TNAと契約間近であるなどと記述されています。サイトの管理者によると、TNAとは昨年の12月から交渉を続けているとのことです。また、WWEのホールオブフェイムにインダクトの打診を受けたものの、断ったとされています。
コングが自宅に帰されていたそうです
1/21付TNAニュース速報です

★1/18に行われたiMPACT!収録の際、ババザラブスポンジがハイチの大地震について不謹慎な発言をしたとして、オーサムコングが激怒し、ババに詰め寄って殴り、自宅に帰される事件があったそうです。コングはハイチの被災者支援のため、基金の設立を呼びかけるキャンペーンを行っており、TNAに対しても翌日抗議書を送ったそうです。
一方、TNAもハイチの震災被害者支援を打ち出しており、ババに対する反発が強まっているそうです。
1/19の制作会議にババも呼ばれていましたが、急遽、自宅待機の連絡を受けたとババ自身がツイッターでコメントし、その後、ハイチに関する発言を謝罪するコメントが出されました。

★事件翌日のババのラジオ番組に出演したハルクホーガンは、ババがコングにぶん殴られたと発言したそうですが、ババはこの件に触れたがらず、ただ、不意打ちを受けたとだけ発言したそうです。

★ババザラブスポンジが、ハワードスターンラジオショーに出演し、TNAに出演したのはハルクホーガンに協力するためだが、1/4の番組を盛り上げるために、1800人もの支持者を連れて行ったものの、ババが提示したImpact Zoneへの通行証は、ユニバーサルスタジオの係員に無効とされ、彼らが会場に入ることできなかったと、TNA側の不手際を主張しています。また、オーサムコングとの一件について、ババがコングの首根っこを掴み、殴りそうになったが、もし殴ってしまうと現在の仕事を失ってしまうと、思いとどまったとしています。

★1/21のババザラブスポンジのラジオ番組に出演したハルクホーガンは、iMPACT!が安定するまでハウスショーを取りやめたいと語っていたそうです。

★アリッサフラッシュ(ライーシャサイード)がTNAを解雇されたそうです。

★ケンアンダーソンがツイッターで、自身のTNAとの契約について、1年契約を結んだと思っていたが、複数の人々が契約に絡んで様々な話をしているため、状況がわからなくなっているという旨のコメントをし、しばらく後に削除しました。

☆今のところ、リングを6角形に戻すプランはないそうです。ロックダウンのみ6角形リングで行うと言う話はあるそうですが、全くの未定とのことです。

☆ジェフハーディとTNAの契約について、あるTNA関係者はレギュラー契約を結んだとリークしているものの、ジェフと親しい友人は、TNAと契約は結んでいないと発言しているそうです。
一方、1/4のiMPACT!にジェフが出演を決めた原因の一つは、WWEのSmackdownで、CMパンクがジェフとジェフファンを馬鹿にするストーリーが展開されたことに怒っていたためだといわれているそうです。

☆ODBは、胸のインプラントが破裂した状態で仕事を続けているそうです。

☆多くのTNA関係者が、現在のTNAはビショフとホーガンの意向を全て反映して運営されていると発言しています。ビショフはバックステージで、選手たちの好き嫌いについても言及しており、ブリティッシュインベイジョン、エリックヤング、ホミサイド、ダニエルズらのキャラクターを嫌っており、スーサイドのキャラクターはホーガンも反対していることから、近く打ち切られるだろうとのことです。

★TNA公式サイトのロスターページに、エリックビショフ、ショーンモーリー、ショーンウォルトマン、スコットホール、オーランドジョーダン、ナスティボーイズ、トムコが追加されています。
2/4放送分iMPACT!収録結果簡易速報
2/4放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

○サモアジョー vs ジェシーニール●
※WEBマッチの可能性が高いそうです。

○テイラーワイルド、サリーた vs ODB、トレイシー●

ミックフォーリーとエリックビショフのリングでのスキット。ビショフはミックvsナッシュ戦を発表。

リングにナスティボーイズ。テネイがインタビューしていると3Dが現れる。セキュリティが3Dを押し戻す。アゲンストオールオッズでのチーム3Dvsナスティボーイズ戦が決定。

○ケビンナッシュ vs ミックフォーリー●
ビッグブートでナッシュが勝利。試合後、ホールとウォルトマンが現れてナッシュを攻撃する。

○ディアンジェロディネロ vs オーランドジョーダン●

○Mrアンダーソン、カートアングル vs デズモンドウルフ、ヘルナンデス●
アングルがアングルスラムをウルフに決めたところで、アンダーソンが勝手にタッチして入り、アングルをリングから投げ落してピンフォールを横取りする。

ホーガンがリングに登場。エリックヤングが現れて、ホール、ウォルトマンにナッシュを襲わせたのは自分だと言う。ホーガンは、あの2人の会場への立ち入りは認めていないが、エリックがなにをしようが関知もしないという。

○マットモーガン vs スーサイド●
短いスカッシュマッチ。
※WEBマッチの可能性があるそうです。

○ダグウィリアムズ vs アメージングレッド● Xディビジョンタイトルマッチ
まずまずの好試合。

○ビューティフルピープル vs アンジェリーナラブ、タラ● ハンディキャップマッチ
レフリーの死角で、レイシーがブサイク棒でラブを殴り、スカイがフォールを奪う。試合後、ビューティフルピープルはタラを攻撃する。

カートアングルが登場。ホールとナッシュを呼び出す。2人が現れて乱闘。アングルが倒される。ホーガンが登場。ウルフパックのサインを2人と一緒にやり、ホールのブラスナックルを受け取るが、2人を殴り倒す。観客は大喜び。


Xplosion
○ビアマニーInc vs ブルータスマグナス、ロブテリー●
1/28放送分iMPACT!収録結果簡易速報
1/28放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

○ヘルナンデス vs ダニエルズ● アゲンストオールオッズトーナメント予選試合

○ケンアンダーソン(Mrケネディ) vs ジェフジャレット● アゲンストオールオッズトーナメント予選試合
ジャレットがストロークを狙ったところで、アンダーソンがローブロー。試合後、ジャレットにマイクチェックを決め、いつものマイクアピール。

○オーランドジョーダン vs ジェイリーサル●
フラットライナーで勝利。

○ブライアンケンドリック、モーターシティマシンガンズ vs アメージングレッド、ジェネレーションMe(ヤングバックス)●
MMGがレッドを倒したところで、ケンドリックが勝手にタッチして入り、ハイキックでレッドを仕留める。試合後、MMGとケンドリックは口論を始める。

リングにアメージングレッドが残っている。そこへブリティッシュインベイジョンが登場。ロブテリーがXディビジョンタイトル挑戦権を行使するというが、話し合いの結果、試合はダグウィリアムズが出場することになる。
○ダグウィリアムズ vs アメージングレッド● Xディビジョンタイトルマッチ
カオスセオリースープレックスでダグが勝利。
試合後、権利を奪われたロブが怒っている。

○ディアンジェロディネロ vs AJスタイルズ● ノンタイトルマッチ
スモールパッケージホールドで3カウント。
試合後、フレアーとAJがディネロを攻撃。サモアジョーが現れてディネロを助けると、ディネロと共闘して、AJとフレアーをリングから排除する。ジョーはマイクでAJに対して、セコイ真似はやめろと言い、アゲンストオールオッズでは思い知らせてやると言う。アゲンストオールオッズでAJスタイルズvsサモアジョーのTNA世界ヘビー級タイトルマッチが決定。

ホーガンとビショフが登場。ミックフォーリーを呼び出し、先週、ビショフを襲った責任を問うと言う。ミックが現れ、ビショフを襲ってやりたいとは思っているが、先週襲ったのは自分ではないという。そして、もし自分がやったのなら、ビショフはストレッチャーで運ばれたはずだと言い、ビショフを嘘つき呼ばわりする。ホーガンはミックとビショフに対し、うまく折り合いをつけるか、さもなくばミックが出て行くかだという。ミックとホーガンが睨み合う。

○ビューティフルピープル vs タラ、オーサムコング、ハマダ●
タラとレイシーが場外乱闘。それにレフリーが気をとられている背後で、レインがブサイク棒でハマダを殴って勝利。
試合後、コングはスカイを追いかけてバックステージへ。レイシーとレインはタラとハマダを攻撃。アンジェリーナラブが現れてタラとハマダを助ける。レイシーとレインは退場。

カートアングルが登場。ジェネシスでのAJとの試合は、自分の人生をかけた試合だったと言う。しかし、AJやその取り巻き、そして彼らの横暴を許した観客達に失望したと言う。そして先週に試合に触れ、AJに対し、本当にフレアーがAJに味方だと思っているのかと問う。
そして、アゲンストオールオッズトーナメントに出場して、タイトルを奪い、自分こそ世界最高であることを証明してやるという。

ホーガンが登場。先週、アングルがホーガンに唾を吐いたことを咎める。アングルは謝罪し、ホーガンと握手。ホーガンが退場すると、スコットホールとショーンウォルトマンがアングルを攻撃。アングルも反撃してもみ合いになり、セキュリティが止めに入る。ホールとウォルトマンは会場を後にする。
1/21放送分iMPACT!試合結果簡易速報
1/21放送分iMPACT!試合結果簡易速報です

収録開始前、TNAスタッフが観客に、不適切なサインや下品なゼスチャーをしないように通達。

○ヘルナンデス、マットモーガン vs ブリティッシュインベイジョン● TNA世界タッグタイトルマッチ
試合中、ロブテリーがあらわれ、保持しているXディビジョンタイトル挑戦契約書の入ったブリーフケースをマグナスに渡し、マグナスがそれでヘルナンデスを殴ろうとするが、回避されてダグに誤爆。ヘルナンデスがダグからピンを奪う。
試合後、ミックフォーリーが現れてロブをイスで殴る。ヘルナンデスとモーガンがリングを去った後でカメラに何か言っている。

女性をはべらせたフレアーの登場。パイロがあがる。フレアーは、ホーガンは嫌いだが、TNAはすばらしいと言う。そして、自分はここに「次の」ネイチャーボーイを探しに来たのだと言う。そして、誤って「次の」ヘビー級チャンピオンとしてAJスタイルズを呼び出す。AJはスーツで、女性をはべらせている。観客から「結婚してるだろ!」チャントが発生し、AJは失笑してしまう。

アングルがホーガンと共にリングに登場。ホーガンは、アングルのタイトル挑戦はジェネシスが最後のつもりだったが、考えが変わったと言い、今夜AJvsアングル戦を行うと言う。そして、アングルの決め台詞を真似て「damn real」だと言う。

○オーランドジョーダン vs ディアンジェロディネロ●
フラットライナーでジョーダンの勝利。

今夜、ケン・アンダーソン vs ジェフじゃレット戦を行うとアナウンス。

○アンジェリーナラブ vs マディソンレイン●
バイシクルキックでラブが勝利。試合後、ラブはレインのシャツを引き裂いて、それで首を絞める。スカイとレイシーが現れて、「ブサイク棒」でラブを攻撃する。

ホーガンとビショフが登場。もう、ホールとウォルトマンに追い回されるのはうんざりだという。2人が登場。ウォルトマンはタバコをふかしている。ホーガンは、2人と契約もしないし、TNAで働かせる気も無いというと、セキュリティに2人を会場からつまみ出させる。

○ナスティボーイズ vs ケビンナッシュ、エリックヤング●
サグスがエリックをパンプハンドルスラムで仕留める。

Mrアンダーソンが登場。ジェネシスではアビスを倒したとアピール。アビスが背後に現れてアンダーソンを攻撃。アンダーソンはかろうじてリングから這い出して逃れる。ジャレットとの試合は行われず。

○AJスタイルズ vs カートアングル●
AJがアンクルロックをかけた途端に、レフリーのアールヘブナーがゴングを要求。AJ、フレアー、ヘブナーが共にリングから退場。試合後、ホーガンが現れると、アングルはその顔に唾を吐く。そして実況席に行き、テネイのイスを奪ってステージへ投げ飛ばす。

顔面血まみれのビショフが登場し、ミックフォーリーはクビだと言って立ち去る。
PPV Genesis試合結果速報
PPV Genesis試合結果速報です

iMPACT!ゾーンのセットが一新されている。リングも4角形に変更。花道もリングに直結するタイプに変更されている。

ホーガンとビショフがリングに登場。ホーガンは新セットについて語る。観客たちは6角形リングを求めるチャント。ホーガンは6角形のリングはもうないのだというと、観客は大ブーイング。ホーガンは、もしビンスマクマーンが来たらどうするだろうなあという。

アメージングレッド(c) vs ブライアンケンドリック Xディビジョンタイトルマッチ
観客たちはケンドリックに大声援を送る。ブルックホーガンがリングサイドでハルクのガールフレンドと共に観戦している。両者、すばらしい動きを見せ、Xディビジョンチャントが発生。レッドがスプリングボード式コードレッドで勝利。
勝者:アメージングレッド Xディビジョンタイトル防衛
放送では、今回からWWEと同様に画面分割方式のリプレイ画面を採用。
(レビューワーの印象では、試合内容はまあまあだったものの、予想よりは下回っており、後の試合を引き立てるために、あえてペースを落とすよう指示されていたのではないかと感じたそうです。)

バックステージでホーガンとビショフがナッシュ、ウォルトマン、ホールと話をしている。ビショフは彼らに、今夜実力を示せという。ビアマニーとの対戦に、ホールとウォルトマンのどちらが出場するかでジャンケンをはじめる。観客は「boring」チャント。

ショーンモーリー(ヴァルビーナス) vs ダニエルズ
モーリーは、ビーナスのときのままのギミック。観客はブーイングと「We want wrestling」チャント。モーリーはタオルを取ってブルックに渡す。ダニエルズには大歓声。ダニエルズはマイクで、TNAはレスリング団体であり、映画やポルノは扱っていないのだという。観客はダニエルズに声援を送るが、ダニエルズは黙れと一括。ブルックにも黙って座っていろという。
試合はダニエルズが一方的に攻め立てるが、BMEを失敗すると今度はモーリーがコーナーに上るが、ダニエルズが追いついてくる。しかしダニエルズを突き落としてマニーショットを狙うが、滑ってしまい失敗。改めて技をやり直して3カウント。観客は本当に怒っている。
勝者:ショーンモーリー

ODB(c) vs タラ ノックアウトタイトル3本勝負
観客は両者に声援。わずかにタラの声援が大きい様子。最初のフォールはスモールパッケージでタラが奪う。動きは緩慢。ブルックはタラを助けるために立ち上がるが、ODBに睨み付けられてすぐに座る。元インシンクのミュージシャンで俳優のジョーイ・ファートンがリングサイドにいるのが映る。タラがウィドウズピークを決めて2本連続でフォール。
勝者:タラ
序盤はもたついたものの、後半は盛り上がる。

クリスティへミーがバックステージでディネロにインタビュー。ディネロは今夜のウルフ戦の抱負を語る。

ブリティッシュインベイジョン(c) vs ヘルナンデス、マットモーガン TNA世界タッグタイトルマッチ
ダブルのスープレックスをヘルナンデスに速攻でヒット。リングサイドにニック・ホーガン(交通事故を起こした息子)がいるのが映る。試合内容はすばらしい。観客はモーガン、ヘルナンデス組を支持。モーガンがカーボンフットプリントをマグナスに叩き込んで勝利。
勝者:マットモーガン、ヘルナンデス TNA世界タッグタイトル獲得

バックステージで、ラシュリーがビショフを襲おうとするが、アビスが阻止。パソコンのモニターでラシュリーの頭を殴る。ホーガンが現れて状況を把握すると、アビスに出場停止処分は課さないものの、今後のためにハードコアなことをやらないように指示。そして、今夜の対戦相手は明かさないという。

ディアンジェロディネロ vs デズモンドウルフ
ウルフはセクシーな女性を連れて入場。コスチュームも一新されている。女性が下がろうとするとディネロがキス。
ウルフはディネロの膝を壊しにかかる。観客の反応は鈍い。ディネロはDDE(イライジャエクスプレス)を狙うが、膝が上がらずに失敗。ウルフがすかさずクローズラインを叩き込んで勝利。まあまあの内容。(やはり、なんらかの理由で、思い切り試合をさせないよう指示されていると感じたそうです)
勝者:デズモンドウルフ

バックステージでボラッシュが誰かにインタビューを試みているが、ビショフが映すなという。映像が切り替わって、クリスティへミーがリックフレアーにインタビューしている。フレアーは、自分がTNAに来た理由を明かすときが来たようだというと、自分は最高の才能が集まる場所に常にいたいと言い、それがTNAなのだという。

ビアマニーInc vs ケビンナッシュ、シックスパック
どうやらウォルトマンのTNAでのリングネームは「Syxx-Pac」に決まったらしい。ナッシュはほとんど試合に参加せず、パックが戦い続ける。パックがブロンコバスターを狙うが失敗。ビアマニーのダブルのスープレックスに歓声が上がる。ホールがリングサイドに登場。ナッシュがルードにチョークスラムをヒットしてニアフォール。突然、ホールが観客を殴る。これにナッシュ、パックが気をとられた隙にストームがナッシュにスーパーキックを決めてピンフォール。
勝者:ビアマニーInc
ナッシュはホールとパックのせいで負けたと思い、苛立っている。

バックステージでホーガンとビショフが、ナッシュ達と話をしている。ホーガンは木曜日のIMPACT!で3人から回答をもらうと言う。

アビス vs Mrアンダーソン(Mrケネディ)

アンダーソンは、観衆が自分を待ちわびていたことはわかっているといい、自分も待ちわびていたのだと言うと、WWE時代のように自分自身でコールする。観客は大声援。アビスにも歓声が上がる。
アンダーソンはアビスの腕を攻める。アビスがイスを使おうとするがレフリーが阻止。その隙にアンダーソンがブラスナックルでアビスを殴ってピンフォール。試合内容はいまいち。
勝者:Mrアンダーソン

Ajスタイルズ(c) vs カートアングル TNA世界ヘビー級タイトルマッチ
序盤から両者すばらしい動きを見せる。フレアーがリングサイドに登場。AJのトペコンヒーロが場外に出たアングルにヒット。リングに戻ってペレキックでニアフォール。スワンダイブ式450をアングルがかわしてアングルスラムがヒットするが、AJがキックアウト。アングルがムーンサルトを失敗。AJはスタイルズクラッシュを狙うが、アングルはアンクルロックに切り返す。AJが自力で脱出。アングルが掟破りのスタイルズクラッシュを決めるが、AJがキックアウト。今度はAJがアングルスラム。アングルがキックアウトする。アングルが雪崩式のアングルスラムをヒット。AJがかろうじてキックアウト。アングルはアンクルロックを極める。AJは逃れようとするが、たまらずタップ。しかし、フレアーがレフリーを場外に引きずり出す。アングルはフレアーに向かっていくが、AJがクローズラインをアングルの死角からヒット。フレアーはベルトを持ち出してリングに滑り込ませると、レフリーの注意をひきつけ、その間にAJがそのベルトでアングルを殴る。フレアーはすぐさまレフリーをリングに押し戻してカウントをとらせ、3カウント。
勝者:AJスタイルズ TNA世界ヘビー級タイトル防衛
フレアーとAJが勝利を祝うシーンで終了。
3月にもう一度マンデーナイトウォー!?
1/16付TNAニュース速報です

★1/14放送分iMPACT!視聴率は1.26%でした。

★1/14放送分TNA Epics視聴率は0.7%でした。今回が第1回目のエピソードで、カートアングルを特集する内容でした。

★ディクシーカーターがツイッターで、今週末にもTNAの新たなウェブサイトをオープンすると公表しています。

☆TNAは現在もボビーラシュリーのプッシュを継続する予定としているそうですが、一方で、いつ打ち切られてもおかしくないと噂されているそうです。

☆アレックスシェリーは腰にヘルニアを抱えており、現在では症状がかなり悪化しているそうです。

☆レスリングオブザーバーは、TNAがリックフレアーをAJスタイルズの師匠役として起用する予定であるとしています。

☆レスリングオブザーバーは、3月の第1週か第2週にも月曜日のiMPACT!放送が予定されていると報じています。しかし、レギュラー化の話は出ていないとのことです。
ジェネシスでも大物が登場!?
1/9付TNAニュース速報です

★1/7放送分iMPACT!視聴率は0.9%でした。この日は1/4放送分のエピソードの再放送でした。

★ジェレミーボラッシュが、ネットラジオ番組の中で、ジェネシスでさらなる大物が登場すると発言しています。

★フランキーカザリアンとトレイシーブルックスが、1/7に結婚式を挙げたそうです。式には多くのTNA関係者と、数人のWWE関係者が参列していたそうです。

ホーガンの次に高い視聴率を獲得したのは?
1/6付TNAニュース速報です

☆1/5に行われた1/14放送分iMPACT!の収録会場は、観客が満員になっておらず、また盛り上がりにも欠けていたそうです。観客達が「boring」チャントや「We want wrestling」チャントを始めてしまったセグメントでは、撮り直しも行われたそうです。

☆チーム3Dが1/4の会場入りをしたのは、午後5:30頃だったそうです。新日本プロレスの大会に出場していたためです。

☆スコットホールの起用は、恐らくジェネシスまでだろうと、大方が予想しているそうです。

☆1/4の収録直前まで、ホーガンはほとんどの時間を与えられた専用オフィスにおり、ビショフとルッソーが、タレント達の指導に走り回っていたそうです。

☆ホーガンは、TNAの収録現場の統率が取れていないことに、ストレスを感じていたそうです。WCWやWWEと比べて、組織がしっかりと出来ていないことが問題だと考えているそうです。

☆ホーガンは収録前に選手達を集めてミーティングを行い、彼らを鼓舞するスピーチを行っていたそうです。また、彼らからの意見を広く求めるとして、ホーガン、ビショフ共に、耳を貸すつもりであると語っていたそうです。ルッソーもこれまで通りの仕事を行うと説明されたそうですが、ルッソー自身は別の席で、今後のストーリーラインがどう展開するのか、全く知らされていないと発言していたとも言われています。

☆ホーガンは1/4の番組中、ジェフジャレットはベビーフェイスとして復帰させるようシナリオを用意していたものの、観客の反応が悪かったために、ジャレットが勝手にヒールのスピーチを始めてしまったと噂されているそうです。

☆1/4に瞬間最高視聴者数を記録したのは、ホーガン初登場時の336万人だったそうですが、2番目に高い数字を記録したのは300万人を記録したビューティフルピープルのストリップポーカーのセグメントであり、WWEのRAWがスタートした後の時間帯では、最高視聴率を記録しました。また、その後、ショーン・モーリー(ヴァルビーナス)が加わったセグメントでも290万人と高い視聴率を記録したそうです。

☆1/4の視聴率を、TNA、スパイクTVともに歓喜しているそうです。
1/14放送分iMPACT!収録結果簡易速報
1/14放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

○ジェネレーション・ミー(ヤングバックス) vs モーターシティマシンガンズ●
450スプラッシュとムーンサルトをヒットして勝利。非常に素晴らしい内容。

アングルがリングに登場。AJスタイルズを賞賛し、ジェネシスでの再戦を求める。AJはその試合以降、アングルと2010年中はもうタイトルマッチを行わないという条件で了承する。アングルは一試合あれば十分だと言う。
1/4にも現れた覆面の男が登場し、AJを襲撃。マスクを脱ぐとトムコ。

アンジェリーナラブが観客席にいるのが映る。ビューティフルピープルが現れてハグするが、レイシーだけはハグしない。

○オーサムコング、ハマダ vs ベルベットスカイ、マディソンレイン● ノンタイトルマッチ
試合後、ラブがリングに上がりレインの容態をチェックするが、突如裏切って、スカイ、レイン、レイシーを攻撃して立ち去る。スカイが泣き出す。

AJがビショフのオフィスに入っていき、ホーガンを探す。ビショフはもし必要ならAJvsトムコ戦を今夜行うと言う。また、タイトルをかけるかと問うと、AJは同意する。

ボラッシュがビショフのオフィスで、ミックフォーリーに対する返答を求める。ビショフはミックを侮辱する発言をして、ボラッシュを罵ると、ボラッシュをクビにするぞと脅す。

スコットホール、ケビンナッシュ、ショーンウォルトマンのマイクアピールにビアマニーが登場。ジェネシスで、ホール、ナッシュ組との対戦を要求。ビショフは考えておくと言う。

ショーン・モーリー(ヴァルビーナス)がリングサイドに登場。自分の映像分野での技能を生かすため、TNAでの映像部門を作るべきだと言う。ダニエルズが現れて自分にアイディアがあるというと、モーリーを殴り倒してBMEを見舞う。しかし、モーリーが反撃して逆にダニエルズを倒してしまう。

×ヘルナンデス、マットモーガン vs ビアマニー× ノーコンテスト
ロブテリーが乱入してヘルナンデスを襲う。ウォルトマン、ナッシュ、ホールが現れてビアマニーを攻撃。セキュリティやレフリー達が止めに入るが、返り討ちに遭う。ビショフが現れて、ビアマニーに言動には気をつけろと警告。

ビショフが再びリングに現れて、観客に笑顔を求めると、3人の友人としてウォルトマン、ナッシュ、ホールを紹介。先週はミック、今週はビアマニーを叩きのめしたというと、ジェネシスでのビアマニーvsホール、ナッシュ戦を正式決定する。

○デズモンドウルフ vs サモアジョー●
ジョーがコキーナクラッチに来たところを、そのままターンバックルにぶつけて、タワーオブロンドンを決めてクリーンフォール。実況にはディネロが加わっている。

リックフレアーがリムジンから出てくるのが映る。

リーサルコンスケンスズが試合の為に登場するが、ボビーラシュリーが現れてたたきのめす。クリスタルがマイクでビショフに対し、ホーガンとの直接対話ができるまで、ボビーがTNAの選手たちを襲撃し続けると言う。
○チーム3D vs ジェイリーサル、コンスケンスズクリード●
短い試合。ババザラブスポンジが、3Dが先週は新日本プロレスに出場していたことを説明。3Dはナスティボーイズを罵倒すると、叩きのめしてやると言う。

ジェフジャレットがビショフ、ホーガンのオフィスに入ろうとする。ビショフがドアを開けて応対すると、ジャレットはTNAの変化が気に入らない様子。ジャレットは、TNAには才能のある奴が自分しかいないのだという。そして訴訟をちらつかせると、ビショフはジャレットを追い払って部屋に引っ込む。

リックフレアーが実況席に加わる。
○AJスタイルズ vs トムコ● TNA世界ヘビー級タイトルマッチ
リングサイドでアングルも観戦。試合後、トムコがAJを襲うが、アングルが救出。アングルはAJに握手を求めるが、AJが応じない。


Xplosion
○エリックヤング vs コンスケンスズクリード●

○タラ vs ダフニー●
視聴率は史上最高を記録
1/5付TNAニュース速報です

★1/4放送分iMPACT!生放送3時間スペシャルの平均視聴率は1.5%でした。15分毎の視聴率の推移は次の通りです。

1.58 - 1.70 - 1.78 - 1.71 - 1.88 - 1.30 - 1.42 - 1.16 - 1.17 - 1.21 - 1.19 - 1.30



☆スパイクTVは、もしiMPACT!が150万人以上の視聴者数を安定して獲得できるのであれば、放送日を月曜日に移動してもよいと考えているそうです。1/4の平均視聴者数は220万人を記録し、瞬間最高では290万人に達していたことから、月曜日への移動が実現する可能性は高まったと考えられているそうです。

☆1/4放送分iMPACT!で使用されたNWOのテーマは、新日本プロレスが使用していたバージョンだったそうです。オリジナルの曲は、WWEが権利を所有しています。

★TNA公式サイトのショップページで、多数のハルクホーガングッズの販売が始まりました。

☆デーブメルツァーは、今後のストーリーラインとして、ディクシー、ホーガン vs ジャレット、フォーリーの権力闘争のストーリーラインが始まると予想しているそうです。

☆TNAはジェフハーディと、1/4のiMPACT!に演者として出演する契約のみを結んでいたそうですが、その後の交渉でレギュラー契約を結んだとみられているそうです。契約期間については、まだ報じられていません。
ジェフは友人たちに、WWEのスケジュールよりも、TNAの方が今のライフスタイルに合っている為、TNAと契約したと語っているそうです。

☆WWEのマットハーディがツイッターで、シェイン(グレゴリー)ヘルムズと共にTNAに移籍して、ジェフハーディ、シャノンムーアと共に「ザ・コア」というチームを結成する可能性をほのめかす発言をしています。

☆PWインサイダーによると、1/14放送分iMPACT!より、リングを6角形から4角形に変更して行くためのストーリーラインがスタートすると噂されているそうです。

☆1/4のバックステージには、スコットスタイナーとアンジェリーナラブが来場しており、1/14放送分iMPACT!収録で起用されるとみられているそうです。

★ディクシーカーターは、1/4のiMPACT!終了後の記者会見で、さらなるサプライズを用意していると語り、視聴率を番組の成否の判断材料とはしないと語っていたそうです。さらに、ジェフジャレットが、今後も月曜日のiMPACT!スペシャルを行っていくことを示唆する発言をしています。
1/4放送分iMPACT!試合結果速報
1/4放送分iMPACT!試合結果速報です

TNAの7年間を振り返る映像。ホーガンの登場で今夜から新しい時代が始まるというテーマ。

パイロの後、テネイとたづが今夜は歴史的な日だといい、カードを発表。

ババ・ザ・ラブスポンジが新アナウンサーとして登場。子供だましのWWEなど誰も見なくなると言う。

クリスセービン vs アレックスシェリー vs ホミサイド vs キヨシ vs ジェイリーサル vs コンスケンスズクリード vs スーサイド vs アメージングレッド ノンタイトルスティールアサイラムマッチ
TNAチャントが飛び交う熱戦。しかし途中でホミサイドが棒を持ち出して、対戦相手を殴り、キヨシを殴ったところでレフリーがノーコンテストを告げる。観客は失望。
ここで、WWE時代そっくりの曲でジェフハーディが登場。リングサイドでホミサイドと乱闘をスタート。ジェフはツイストオブフェイトを見舞い、アサイラムのセットによじ登ってポーズ。

CM後、バックステージをジェフが歩いていると、シャノンムーアに出くわす。実況陣はホーガンの登場を宣伝。会場前に車が到着する。

クリスティへミーがバックステージでケビンナッシュに今夜のTNAについて話を聞く。ナッシュは旧友達と会うのが楽しみだというと、ホーガンが彼の財力をもって、TNAを新たに創造するのだと言う。そしてホーガンは一人で現れるわけではないという。

ODB vs タラ ノックアウトタイトルマッチ

ゴング前にODBが仕掛けるが、タラが反撃してクローズラインでODBを倒す。タラのムーンサルトはODBがキックアウト。ODBはタラの攻撃を切り返し、タイツをつかんだ丸め込みで3カウント。
勝者:ODB ノックアウトタイトル獲得

タラは試合結果に不満。ODBにガットショットを見舞うと、ウィドウズピークをヒット。ODBに毒をかけると、ベルトを掲げる。

リムジンが会場に登場。リックフレアーが出てくる。TNAの選手たちと挨拶を交わし、AJの控え室に入っていく。

録画映像。放送開始前にヘミーが観客たちに今夜の大会について尋ねている。ミックフォーリーが近づいてくると、今夜、立ち入りを禁止されているというが、自分が規範を示すべき時なのだといい、無理に入ろうとするも、セキュリティに止められてしまう。

ラシュリー夫妻がリングに登場。ボビーチャントが発生。クリスタルは、ボビーからホーガンへのメッセージだとして、ボビーこそレスリング業界とMMA業界をまたにかけたスーパースターだという。クリスタルは、MMAと違い、レスリング業界には歯が抜けたようなおかしな連中ばかりであり、夫の為には早くTNAを辞めさせたいのだと言う。

ベルベットスカイがカメラマンを、自分たちの控え室に招き入れる。ビューティフルピープルはポーカーをやっているが、チップを賭けておらず、今夜は一晩中ストリップポーカーをやると言う。

会場の外にスコットホールとショーンウォルトマンが現れるが、セキュリティが中に入れない。2人は強行突破しようとするが、セキュリティは応援が駆けつけて阻止。その向こうで、ホーガンの車を待つ舞台が映っている。

CM後、リムジンが到着しているが、仲の様子は分からない。実況陣はホールとウォルトマンの動向を心配している。

NWOのテーマにそっくりな曲がヒット。ホーガンが登場。バンダナ、シャツ、ジーンズの全てが黒尽くめのハリウッドホーガンスタイル。娘のブルックも客席に立っている。
ホーガンが6角形のリングに立つと、TNAチャントが発生。ホーガンは、TNAとマニアック達は、今夜歴史をつくるのだというと、TNAの若い選手たち、ベテラン達を賞賛。TNAこそ世界最高の企業だという。
ウォルトマンとホールがリングに向かってこようとしているのをみて、ホーガンが招く。
ホールは、今夜ここに来たのは、ホーガン、ビショフ、ナッシュと揃っていれば、大金が手に入ると思ったからだと言う。ホーガンはそうはいかないといい、これからはビジネスとして正しいことをやっていくのだと言う。
ホールはこの返答が気に入らない様子。ナッシュのテーマがヒット。ホールとウォルトマンに対し、今夜自分には仕事があるというが、ホーガンがこれを否定。
ビショフが登場。すでにTNAでの人事は完了しているという。ホーガンは、過去の関係は現在の仕事に関与しないといい、全てが劇的に変わるのだと言う。

客席にディクシーカーターが現れ、ビショフに台本を渡そうとするが、ビショフはこれを破り捨ててしまうと、ソーカルヴァルに新しい台本を渡す。ビショフは、この会社を完全にひっくり返すのだというと、ホーガンのテーマがヒット。しかし、カメラは天井付近にいるスティングを捉える。

オーサムコング、ハマダ vs テイラーワイルド、サリーた ノックアウトタッグタイトルマッチ
試合中、バックステージのボラッシュが、何者かにモーターシティマシンガンズが襲われたとリポート。MMGの2人が倒れている。
CM後、コング、ハマダ組がダブルでテイラーを攻撃。ハマダがヘッドバット連打でテイラーを倒し、サリータを罵ってからコングにタッチ。テイラーは素早く脱出してジョーブリーカーを決め、サリータにタッチ。サリータは一度に2人を相手にしようとするが、コングに捕まって倒される。コングのカバーをテイラーがカット使用とするが、コングは動じない。かろうじてサリータが返すと、ハマダとコングはダブルでのミサイルキック。コングが押さえ込んでピンフォール。
勝者:オーサムコング、ハマダ TNAノックアウトタッグタイトル獲得

ビューティフルピープルの控え室にヴァルビーナスが入っている。スカイがビーナスの名前を呼ぼうとすると、昔の名前は捨てたという。スカイは、彼をポーカーに加えるつもりはないというと、自分はタオルを巻いているだけなので、参加させて欲しいと言う。

ミックフォーりがセキュリティと話をし、侵入を試みるが阻止されている。ミックは別の考えがあるとして立ち去ると、今度はナスティボーイズが会場に入ろうとして止められる。

レイヴェン、Drスティービー vs マットモーガン、ヘルナンデス

モーガンがスティービーをカーボンフットプリントで仕留める短い試合。
勝者:マットモーガン、ヘルナンデス

へミーがバックステージで、ディネロにインタビュー。ディネロはホーガンから今夜試合をするよう指名されたのだという。対戦相手はデズモンドウルフ。ウルフを叩きのめすとアピールしていると、オーランドジョーダンが登場。ホーガンを探している。

デズモンドウルフ vs ディアンジェロディネロ

ウルフは腕攻めからハンマーロックDDTをヒット。さらに腕を攻めタワーオブロンドンを狙うが、ディネロが丸め込みに切り返して勝利。
勝者:ディアンジェロディネロ

ジェフジャレットがバックステージを歩いている。実況陣は、ジャレットが何をしようとしているのかといぶかしむ。

ボラッシュが、バックステージに倒れているライノを発見。ババが現れリポート。実況陣は、ホーガンのデビューをケチをつけたい何者かの犯行ではないかという。ジャレットが歩いている姿が再び映る。

ボラッシュはAJの控え室でインタビュー。AJはTNAの7年間を振り返っている。ボラッシュはジェネシスでのアングル戦について話をするが、ビショフが現れて良いニュースと悪いニュースがアルと言う。悪いニュースはジェネシスでのアングル戦は無くなったことだといい、良いニュースはアングル戦は今夜のメインで行うことになったことだという。AJは笑うと、自分は準備が出来ているので、アングルも準備が出来ていることをのぞむと言う。

ジャレットのテーマがヒット。リングに登場。復帰の挨拶のあと、7年前にTNAを立ち上げたときは、金銭的にくるしかったと言い、7年後の今、様々批判が間違いだったことを、月曜の夜に証明できたと言う。
そして、自分がやってきたことには良い面と悪い面があったといい、しかし自分はビアマニーmMMG、ジョー、ダニエルズ、AJら若い選手を第一に考えて運営してきたのだと言う。そして、最後に自分と、ホーガン、ディクシーが並び立つことは無く、TNAには何も起こりはしないのだという。
スクリーンにホーガンが登場。ジャレットの言う事など誰も気にしないと言い、TNAノックアウトはディクシーのパートナーとなったホーガンによって再構築されるのだと言う。そして、若い選手達にスポットライトを当てることを約束し、TNAをトップに押し上げてやると言う。

へミーがダニエルズにインタビュー。しかしボラッシュが遮って、ミックが場外で、入場を求めているというと、ドアを開ける。ミックが飛び込んできて、ホーガンが相手だろうが自分は相手にしないと言う。

控え室で、ジェフハーディがムーアと共にペインティングしている。

アビス vs サモアジョー
当初、アビスの相手はライノが予定されていたがジョーに変更。ホーガンとビショフのリクエストらしい。
終盤、レフリーのブラインドをついてジョーがイスでアビスを殴りコキーナクラッチ。アビスは粘るがついにタップアウト。
勝者:サモアジョー

ビショフがプロデューサーと話をしているとクリスタルが現れ、ホーガンの返事を聞きたいと言う。ビショフはクリスタルを押しのけると、話をしたければ列に並んで順番を待てと言う。クリスタルは、ボビーが怒ればTNAは最大のスターを失うことになるのだという。

ババがバックステージで倒されているビアマニーをリポート。ババは犯人に心当たりがあるという。

ナスティボーイズがまだ会場入りをセキュリティに阻まれている。ババがセキュリティにかけあい、ようやく2人は入場できる。

ボラッシュがアングルにインタビュー。自分はTNAタイトルを、才能溢れるAJに奪われたというと、4ウェイマッチで再戦を禁じられ、ようやく今夜チャンピオンに返り咲くことができると言う。

ジェフハーディとモーアが封筒を持って駐車場を歩いていると、歓声を上げる女性の一団に取り囲まれる。2人はジェフのスポーツカーで会場を後にする。

ナスティボーイズがチーム3Dのロッカールームに入ろうとすると、セキュリティが止めに来るが、2人はディーボンの写真にスプレーでナスティボーイと書く。

カートアングル vs AJスタイルズ(c) TNA世界ヘビー級タイトルマッチ
放送時間は残り24分だが、60分一本勝負。
試合中、マスクマンが乱入してAJを攻撃しようとするが、アングルがクローズラインで場外に叩き落す。セキュリティがマスクマンを排除。そこからアングルが優勢。AJをパワーボムでターンバックルに叩きつけCM入り。
アングルスラムをAJが切り返し、スタイルズクラッシュを狙うが、アングルが脱出して、逆に連続ジャーマンをヒット。
再びアングルスラムを狙うがAJが切り返す。ペレキックはアングルが避けアンクルロック。AJは丸め込みに切り返しニアフォール。さらにペレキックからカバーするが、アングルがキックアウト。アングルスラムが決まるが、AJを仕留められない。
アングルのフロッグスプラッシュをAJがかわしてスタイルズクラッシュを決めるが、アングルがキックアウト。今度はAJがアングルをコーナーにのせようとするが、落とされて逆にアングルのフロッグスプラッシュがヒット。AJがキックアウト。アングルスラムを狙うが、AJがDDTに切り返す。観客は「ブレットなんか必要ない!」チャント。
アンクルロックが決まるが、AJが回転してアングルの頭部にキック。スタイルズクラッシュが決まるが、アングルがキックアウト。
AJは3度目のスタイルズクラッシュを狙うが、アングルがアンクルロックに切り返す。ここでフレアーが登場。リングサイドで観戦。AJはアングルを蹴り払って脱出。テネイはホーガンとビショフがスパイクTVをかけあって、この試合が終わるまで放送を延長する約束を取り付けたとアナウンス。AJがスワンダイブ式スプラッシュをヒットするが、アングルがキックアウト。CM入り。
アングルのサブミッションをAJがスタイルズクラッシュに切り返そうとするが、アングルはアンクルロックに切り返す。AJはスタイルズクラッシュをリング中央でヒット。リックフレアーが立ち去ると、AJはスワンダイブ式450スプラッシュでアングルからピンフォール。
勝者:AJスタイルズ TNA世界ヘビー級タイトル防衛

試合のハイライトがリプレイ。ディクシーも客席で、試合を賞賛している。アングルが試合後、AJの腕を掲げて勝利を祝福。ホーガンが現れて2人はこの業界で最も偉大な2人であるというと、AJがTNAのベルトを掲げる。
セキュリティがホーガンになにやら耳打ち。ホーガンが立ち去ると、カメラはミックフォーリーを捉える。ミックはビューティフルピープルの控え室に飛び込むと、ホーガンの居所を訪ねる。ビーナスがホーガンのオフィスを教えると、ミックはそこへ向かうが、中にいたのはビショフ。ビショフは、もうすでにミックの居場所はどこにもないと告げる。
ミックは、2度とビショフの下で働くつもりなどないというと、自分をクビにする口実をくれてやると言って、攻撃しようとするが、背後からナッシュ、ホール、ウォルトマンがミックを攻撃。その背後で、ホーガンがその様子をみている。
アンジェリーナラブの復帰が決定!?
1/2付TNAニュース速報です

☆昨年、ビザの問題でTNAを解雇されていたアンジェリーナラブですが、ビザの問題が解決したため、改めてTNAと契約を結んだそうです。

★エリックビショフがツィッターで、暗に1/4のiMPACT!ではサプライズを用意していることをほのめかしています。

△F4オンラインは、RVDが1/4に登場すると予想しているそうです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。