TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリードが解雇されました
3/29付TNAニュース速報です

★コンスケンスズクリードが、TNA公式サイトのロスターページから削除され、本人がツイッターでTNAから解雇されたことを認めました。

△prowrestling.netは、ナスティボーイズがTNAから離脱したと報じています。

◆オーサムコングは、リングネームをアメージングコングに戻して、ROHの5/8大会に出場が発表されました。
スポンサーサイト
ビンスのTNA批判に対する反応
3/27付TNAニュース速報です

★ビンスマクマーンのTNA批判に対し、エリックビショフは、ビンスマクマーンは義理の息子(HHH)が、死体とセックスをする演技を望んだ男だとし、ビショフに対しても、彼の妻(リンダ)と娘(ステファニー)の2人とできてしまうと言うプランを提示し、ビンスが所有する船の名前は「セクシービッチ号」であり、ビショフにレズビアンによる過激なアクション番組の制作を打診したこともあるとして、いまさら偽善はやめてくれとコメントしています。

★ディクシーカーターは、ビンスから「低俗」と評されたことに対し、低俗の王者から低俗と評されたのは褒め言葉だと受け止めるとコメントしています。
ヘルナンデスはしばらくメキシコで活動
3/23付TNAニュース速報です

★3/22放送分iMPACT!視聴率は0.86%でした。

★RVDが自身の公式サイトに、ディスティネーションXに出場するつもりで、土曜日に空港まで行ったものの、自分の勘違いでPPVへの出場予定はなく、翌日のiMPACT!への出場だったとコメントしています。このことはTNAから説明を受け、スケジュールを渡されていたものの、興奮して注意深く確認していなかったそうです。

☆3/22放送分iMPACT!の試合中にヘルナンデスが負傷したのはストーリーライン上のもので、今後3ヶ月間はメキシコで活動するために、TNAのストーリーから外す必要があったそうです。

★3/22放送分iMPACT!の中で、ミックフォーリーがババザラブスポンジを殴って会場を後にしたシーンがありましたが、その際、目測を誤って本当に強く殴ってしまい、ババは鼻血を出してしまったそうです。ババはツィッターでこのことを認め、医療班の治療を受けている際、ミックから謝罪を受けたとコメントしています。また、翌朝のラジオで、その日にX線写真を撮影し、骨折の有無を確かめるとし、当日の治療の際にはタンポンを使って血液を抜き取ったなどと話したそうです。
3/29放送分iMPACT!収録結果簡易速報
3/29放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

ダークマッチ
○ダニエルズ vs 岡田かずちか●
BMEで決着。

Xplosion
○アンジェリーナラブ vs マディソンレイン●

3/29放送分iMPACT!
チーム3Dがリングに登場。TNA公式サイトで行われたタッグチームの人気投票の結果、チーム3Dとモーターシティマシンガンズが同率で首位だったと言い、対戦を求める。MMGがこれに応じる。

×モーターシティマシンガンズ vs チーム3D× ドロー
試合中、セービンが誤ってレフリーのスリックジョンソンを気絶させてしまう。アールへブナーが現れて代理を務めるが、途中でジョンソンも復帰。最後はディーボンがセービンを押さえ込み、シェリーがレイを押さえ込み、同時に3カウントが入れられる。

スクリーンにホーガンが登場。先週までのビショフの振る舞いについて謝罪し、ジャレットに登場を促して、今夜、AJスタイルズをぶっ飛ばそうという。

リーサルがホーガンのオフィスに入っていき、ブラックマチズモのキャラクターで会話する。

ザ・バンド(ホール、ナッシュ、パックのユニット)がリングに登場。ババザラブスポンジも同行。ババは観客を罵る。そしてババはザバンドの行動に賛同するという。
ナッシュはエリックヤングを呼び出し、謝罪したいという。エリックが登場。ナッシュはエリックを裏切ったのは、個人的な感情からではなく、仕方が無いことだっといい、今夜予定されている6人タッグ戦をやるつもりはなく、エリックにザバンド入りを勧める。
エリックは3人を攻撃し、ババの首を締める。3人がエリックを攻撃。ここでRVDとジェフハーディが登場。ザバンドを追い払う。
ジェフは観客に対し、ロックダウンの優先権をかけて6人タッグマッチは今夜行うといい、さらに金網マッチで行うと言う。
このセグメント中、エリックヤングはRVD、ジェフハーディと同格の大人気。

○シャノンムーア、カザリアン vs ダグウィリアムズ、ブライアンケンドリック●
ムーアがセカンドロープから、相手を飛越しざまのネックブリーカーでケンドリックから勝利。
試合後、ムーアはケンドリックを挑発。

ディネロが登場。自分のキャリアを、AJとフレアーに邪魔されているが、自分は健在だとアピール。そして、ロックダウンではAJを宇宙まで放り飛ばしてやるから、宇宙服を用意しておけと言う。そして、AJは「フェノミナル」かもしれないが、決して「法皇(ディネロのニックネーム)」になれはしないと言い、決着がついたとき、自分は生存しているだけではなく、ピンピンしていることだろうと言う。
チェルシーがリングに登場。ディネロは、どうしたのかと尋ねる。チェルシーは、抱いて下さいと言う。デズモンドウルフが登場。リングに入るがディネロが場外に放り出す。ディネロはチェルシーを口説くと、リング上で押し倒す。そして、胸の谷間に金をねじ込んで立ち去る。

オーランドジョーダンがリング上に吊るされている。マットまで降ろされると、場外に這いでて実況席に向かう。観客たちは「気味が悪い」チャント。

ボラッシュがバックステージでタラにインタビューしていると。ダフニーが襲撃。そのまま2人は乱闘しながらアリーナへ向かう。
○タラ vs ダフニー● ファーストブラッドマッチ
工具箱でタラがダフニーの頭を殴って出血させる。試合後、ダフニーは出血をヘラヘラ笑っている。

○AJスタイルズ vs ジェフジャレット●
フレアーは序盤にリングサイドから退場させられる。しかし、終盤に戻ってきてレフリーを妨害。レフリーが気絶すると、ジャレットが雪崩式のストロークをヒット。しかし、カバーはレフリーが気絶しており、カウントされない。
ビショフがギターを持って登場しジャレットを殴ろうとするが、ジャレットが阻止。その隙にAJがローブローを放ち、スタイルズクラッシュを決めて3カウント。試合内容は素晴らしい。

バックステージにビショフとリーサル。リーサルはメインイベントに出して欲しいという。ビショフはリングへ行けと指示。
○ジェイリーサル vs ビアマニーInc●
ストームが気を抜いている間に、リーサルがルードをスモールパッケージで下す。

○デズモンドウルフ vs ディアンジェロディネロ●
チェルシーがレフリーを誘惑する間に、ウルフがブラスナックルでディネロを殴って勝利。

アングルとアンダーソンが、それぞれロックダウンでの試合について語っている映像。来週、2人はラダーマッチで対戦するとアナウンス。

○エリックヤング、RVD、ジェフハーディ vs ケビンナッシュ、スコットホール、シックスパック● 金網マッチ
ジェフがパックにスワントーンを決めると、すぐさまRVDが5スタースプラッシュ。とどめにエリックが金網の上からダイビングエルボーをヒットして勝利。
3/22放送分iMPACT!試合結果速報
3/22放送分iMPACT!試合結果速報です

ビショフがリング上でギターを弾いている。意外な腕前。ビショフはマイクを持つと、人々は自分を誤解しているのだというと、自分は音楽を嗜むと言う。そしてジェフジャレットがギターを使うことに、不快感を感じていると言うと、奴は本当にギターが弾けるのか?と言う。そしてジャレットを呼び出すと、観客たちに披露してみろという。ジャレットが登場するが、ギターは拒否。ビショフは怒鳴るが、ジャレットは恥はかきたくないと言う。しかし、しつこいビショフに根負けしてギターを手にし、ビショフを殴るために構えるが、躊躇して結局やめてしまう。観客はブーイング。ジャレットはギターをおろして立ち去る。ビショフは追いかけてなおもジャレットを罵倒。ついにジャレットが振り向きざまに、ビショフの頭にギターを振り下ろす。観客たちは大「TNA」チャント。ジャレットが退場。

バックステージでミックフォーリーがこの様子をみて拍手でジャレットを迎える。テネイは、この後のビショフの報復が気になると言う。

CM明け、ようやくビショフが立ち上がると、ジャレットとミックは、超えてはいけないラインを超えたと言うと、今夜2人の試合を組み、負けた方をTNAから追放し、勝った方は自分の奴隷にしてやるという。
ミックとジャレットはこれをモニターで聞いている。ジャレットはビショフを罵る。ミックは、どっちも勝つわけにはいかないと言う。

ビューティフルピープル、ダフニー vs タラ、テイラーワイルド、サリーた、アンジェリーナラブ

タラが一人で現れて、ダフニーに対しタランチュラの「ポイズン」を返せと言う。ビューティフルピープルがその背後から攻撃。タラのパートナーたちが駆けつけて救出。一旦CM。
CM明け、タラがレインからニアフォールを奪っている。ダフニーの介入に気を取られた隙に、タラが捕まってしまう。
テイラーが入って、相手をカバーするが、レフリーのアールへブナーは、テイラーに試合権利が無いとして認めない。
タラはレイシーにウィドウズピークを決め、ポイズンを奪い返そうとするが、その隙にダフニーのネックブリーカーを食らってピンフォール。
勝者:ビューティフルピープル、ダフニー
ダフニーは、タラとポイズンを罵り、ポイズンを持って退場。

松葉杖を付き、腕を包帯で吊っているAJが会場に向かっている。フレアーは自分で車椅子を動かし、チェルシーを探している。
実況陣は今夜のカードを発表。ジャレットvsフォーリー戦と、ホーガンから重大発表があるという。

ディスティネーションXのメインイベントのハイライトシーン。アビスがAJをたたき落としてリングに穴が開いたシーン。ホーガンがフレアーに催涙スプレーをかけたシーン。
ホーガンのテーマがヒット。アビスと共に登場。
ホーガンはフレアーとの関係は、個人的な感情の持つれによるものだが、TNAを正常に運営するため、ロックダウンから元にもどすと言う。そして、リーサルロックダウン戦のチームホーガンのキャプテンにアビスを指名し、チームフレアーと戦ってもらうと言う。
アビスは、リングに上がると力を感じると言い、それでリングを貫通するほどのチョークスラムをAJに見舞うことができたという。そして昨夜はベルトを奪えなかったが、ロックダウンでは仕事を成し遂げると誓い、相手チームが必要になるのは松葉杖や車椅子や包帯ではなく、葬儀屋だという。
フレアーのテーマがヒット。チェルシーが車椅子を押して来る。AJも帯同。フレアーは、自分はレスリングの紙であり、何人たりとも殺すことなどできなしないというと、自分のチームを勝利に導くと言い、キャプテンにスティングを指名。

照明が落ちてスティングのテーマがヒット。照明が戻ると、スティングがコーナーに座っている。ホーガンは手錠でロープに固定され、AJが松葉杖でアビスを殴っている。
スティングは退場するが、AJはアビスへの攻撃を続ける。ディネロのテーマがヒット。アビスを救出し、ホーガンの手錠を外すと、花道を逃げて行くフレアーを指差し、追いかけて車椅子を捕まえると、アビスに向かって押す。アビスはフレアーにクローズライン。ディネロは20ドルをフレアーの口に突っ込む。

クリスティへミーが、ジェフハーディ、RVD、シャノンムーアにインタビュー。ジェフは、自分たち以外の誰か(対戦相手)が犠牲になるのを楽しみにしているという。
トムコがリングに登場。グローバルタイトルに挑戦する。

トムコ vs ロブテリー(c) TNAグローバルタイトルマッチ
トムコがしかけようとするが、テリーがかわして逆にパワーで仕掛けて行く。テネイは、ビアマニーが今夜のジャレットvsフォーリー戦の特別レフリーになったという。
テリーがチョークスラムでトムコからピンフォール。
勝者:ロブテリー TNAグローバルタイトル防衛

テネイとタズは、ミックとジャレットの過去を説明。ミックがビショフの頭を剃ったシーンと、ジャレットがギターで頭を殴ったシーンがリプレイ。

ボラッシュがバックステージでミックとジャレットにインタビュー。ミックは、ビショフのせいではなく、自らTNAを去るつもりだと言う。ジャレットは、ミックがTNAの誇りだと言うと、2人ともTNAに残る資格があるという。ミックは自分たちには観客に対する責任があるという。ジャレットは、自分にも家族に対する責任と、自分がリングに復帰する情熱をミックから与えられた借りがあるのだという。

ミックフォーリー vs ジェフジャレット ノーDQ敗者追放マッチ 特別レフリー:ビアマニーInc
レフリーはストーム。
ジャレットがストロークを狙うが、ミックが切り返してジェフをロープに向かって押す。場外のルードがジャレットの脚を掴み、ジャレットが気を取られる隙に、ミックがジャレットを場外に叩き落す。場外乱闘中、頭をアイシングしながらビショフが現れ実況に加わる。
ジャレットは花道でスープレックスを決めて、ミックをリングに戻す。レフリーはルードに交代。ジャレットはイスを持ち出して殴ろうとするが、ミックはガットショットで阻止。DDTで逆襲。カバーはジャレットがロープエスケープ。
ミックはMrソッコを持ち出してマンディブルクロウ。ジャレットが再びロープを掴もうとするが、ルードがその手を蹴り上げる。ミックはクロウを極めたままテイクダウンしてレッグシザーズ。ジャレットはエルボーの連打で脱出。ミックはイス攻撃を狙うが、ジャレットがイスを蹴って、ミックはイスで自爆。イスの上にストロークでミックを叩きつけてピンフォール。
勝者:ジェフジャレット ミックフォーリーの追放が決定
ジャレットは、勝者を示すために腕を掲げることを拒否。観客たちは「フォーリー」チャント。ミックはジャレットに対し、「君はやるべき事をやっただけだ」と言う。花道を引き上げるミックに、観客たちは「サンキュー、ミック」ビショフは実況から嬉しそうに別れを告げている。
ビショフはマイクを持つと、ビアマニーに向け、JJに沢山の薬をあげなさいという。2人はジャレットを攻撃。ここでジェフハーディとRVDが登場。ビアマニーを追いはらうと、RVDは今夜、ビアマニーとの対戦を要求。ビアマニーがこれを受ける。ビショフは、誰の差金か知りたがっている。

セキュリティ達がミックを連れてバックステージを歩いている。ババザラブスポンジがコメントを求めると、沢山話をしたい人がいるといい、ババを殴ってお前が最後だと言う。観客は「サンキュー、ミック!」

ビショフはホーガンのオフィスに入っていくと、TNAの邪魔をするなという。ホーガンは、ビショフがジャレットを孤立させることができて良かったというと、ビショフも同意して握手。しかし、ハーディとRVDについて尋ねると、ホーガンは答えず、退室を促す。

クリスティがビアマニーにインタビュー。2人は、ハーディとRVDが、ビアマニーこそ最高のタッグチームだともうすぐ思い知ることになるという。
実況陣は、その前にモーガンvsヘルナンデス戦が予定されていると言う。

ボラッシュがハーディ、RVDにインタビュー。ハーディは、自分たちはタッグチームレスリングについて熟知しているといい、RVDは、自分たちがいかに特別であるかを、TNAに知らしめると言う。

ヘルナンデスとモーガンの不仲を説明するビデオ。

マットモーガン vs ヘルナンデス

モーガンの入場時にヘルナンデスが奇襲をかけてそのまま場外乱闘。
ヘルナンデスが場外でクローズラインを狙うが、鉄柱に誤爆。痛みに苦しむヘルナンデスのの顔面にモーガンがキック。レフリーはトレーナーにチェックを要請。ホミサイドも出てきてヘルナンデスの様子を見ている。
CM明け、救急車の周囲にホーガンや他のレスラーたちが集まっている。
勝者:マットモーガン(レフリーストップ)
テネイとタズは、どんな不測の事態が起こっても、番組はつづけると言う。

昨夜の試合で、ホールとパックがTNA入りし、ナッシュもエリックを裏切って2人と合流したシーンが流れる。


ビアマニーInc vs RVD、ジェフハーディ
CMに入る前、テネイが、スパイクTVからこの試合が終わるまで、放送を延長する許可を得ているとアナウンス。
さらに試合中、テネイはタラvsダフニーのファーストブラッドマッチが決定したとアナウンス。
途中、ジェフが捕まる展開になり、ビアマニーはタッチを繰り返して攻撃を続ける。ロードのスパインバスターが決まるが、ジェフがキックアウト。一旦はジェフがRVDとタッチに成功するが、これをレフリーが見落としてしまい、認められない。さらに捕まる時間が続くが、ストームがアイオブザストームを狙っとところで、脱出してウィスパーインザウインドをヒット。観客は大歓声。自軍のコーナーに這い戻ってRVDにタッチ。
RVDはビアマニーをなぎ倒して、コーナー上からダイビングキックをロードにヒット。カバーはストームがカット。RVDはストームをハイキックで倒し、開脚式ムーンサルトをヒット。しかし、レフリーのブライアンヘブナーは、ストームに試合権利がないとしてフォールを認めず。
RVDの立ち上がりぎわにロードのクローズラインがヒット。さらにダブルでジェフにブレーンバスター。RVDが立ち上がるが、ダブルのDDTをヒット。カバーはRVDがキックアウト。ジェフのツイストオブフェイトが決まるが、カバーはストームがジェフを場外に引きずり出して阻止。ストームはジェフを、エプロンとガードレールに橋渡しにしたラダーにのせようとするが、ジェフはラダーを滑らせてストームにぶつける。
リングではRVDがロードにローリングサンダーをヒット。ジェフがコーナーからスワントーンを見舞い、RVDが5スタースプラッシュでピンフォール。
勝者:RVD、ジェフハーディ
RVDとジェフが勝利を祝っているとエリックヤングが登場。マイクを求める。
先程、ホーガンと話をして、来週、6人タッグマッチを組んでもらったと言う。ナッシュ、ホール、パックvsエリック、RVD、ジェフだという。3人で腕を上げてポーズ。
PPV DestinationX試合結果速報
PPV DestinationX試合結果速報です

ここ最近のTNAとXディビジョンの変化についてまとめた映像でスタート。

ブライアンケンドリック vs アメージングレッド vs ダニエルズ vs フランキーカザリアン Xディビジョンタイトル挑戦者決定ラダーマッチ

レフリーはスリックジョンソンと共に、ブライアンヘブナーも務めている。観客人気はレッドが一番。エプロンとガードレールに橋渡しされたラダーの上にカザリアンがダウン。その上からダニエルズがムーンサルトをヒット。さらに、そのラダーの上から、レッドがハリケーンラナで、ダニエルズを場外に叩き落す。
レッドとカズがラダー上で小競り合う間に、ケンドリックがラダーを倒し、2人は場外にたたき落とされる。コーナーに引掛けられたラダーの上に、ダニエルズがショルダースルーでカザリアンを投げ落とす。ダニエルズがラダーを登ると、カズがパワーボムで叩き落す。最後はカズがラダーを登りきり、契約書を獲得。
勝者:フランキーカザリアン Xディビジョンタイトル挑戦権獲得

タズとテネイが試合について語っていると、フレアーのテーマがヒット。デズモンドウルフの女性マネージャーであるチェルシーが、フレアーの乗った車椅子を押してステージに登場。フレアーは、iMPACT!でアビスにやられたことをアピールする。

控え室にホーガンとアビスがいる。ホーガンはアビスに対し、今夜はいつでも背後にいるというと、タイトルを今夜奪うぞという。アビスは黄色と赤の、ホーガンカラーの衣装に変更している。ビショフが現れると、アビスはビショフの坊主頭をからかう。ホーガンは、ビショフに対し、個人的な感情を仕事に持ち込むなという。ビショフが立ち去ると、ホーガンはビショフの頭を笑う。

タラ(C) vs ダフニー TNAノックアウトタイトルマッチ
観客の声援は半々。ダフニーがベルトで殴ろうとするが、かわしたタラがウィドウズピークで勝利。
勝者:タラ(c) ノックアウトタイトル防衛
ダフニーは、腹いせにタランチュラを盗む。

クリスティへミーがブルータスマグナスにバックステージでインタビュー。マグナスは今夜ロブテリーと対戦。マグナスはクリスティに対し、自分の名前は「マグナス」(リングネームからブルータスは外すということ)だと訂正すると、素晴らしすぎる自分に名前は一つでいいのだという。

ロブテリー(c) vs マグナス グローバルタイトルマッチ
短い試合。テリーがあっさりと勝利。マグナスは2度ほどしか動けず。
勝者:ロブテリー タイトル防衛

ジェネレーションMe vs モーターシティマシンガンズ TNA世界タッグタイトル挑戦者決定アルティメットXマッチ
ジェネレーションMeは、これまで使用していたハーディボーイズ風のコスチュームから、ヤングバックス時代のものに戻している。ジェネレーションMeは斬新なムーブを連発。ジェレミーはマックスの背中を利用して飛び上がり、ワイヤーにぶら下がっていたセービンをタックルでカットする。最後はセービンが「X」を確保。素晴らしい試合。
勝者:モーターシティマシンガンズ TNA世界タッグタイトル挑戦権獲得

スコットホール、シックスパック vs ケビンナッシュ、エリックヤング
ホール、パック組が勝てばTNAと正式契約。負ければ追放となる。ホール、パックは入場曲無しで入ってくる。ホールは以前よりも体を作ってきている。ナッシュがエリックを裏切って、ホール、パック組が勝利。
勝者:スコットホール、シックスパック 2人のTNA正式入団が決定
ウルフパックのテーマが流れ、3人で勝利を祝う。

バックステージにカートアングル。Mrアンダーソンの写真を火にくべる。

ダグウィリアムズ(c) vs シャノンムーア Xディビジョンタイトルマッチ

観客たちは「ムーアはやめてくれ!(タイトルを渡すな)」チャントをスタート。ダグはリング下からレンガを取り出して、それでムーアを殴って勝利。
勝者:ダグウィリアムズ Xディビジョンタイトル防衛
ダグは、自分以外のXディビジョンなど、なんの価値も無いとアピール。

ヘルナンデス、マットモーガン(c) vs ビアマニーInc TNA世界タッグタイトルマッチ
ヘルナンデス、モーガンの折り合いが悪い。モーガンはヘルナンデスの意向を無視して、勝手にタッチを繰り返し、ヘルナンデスがイライラし始める。ストームがビールをヘルナンデスに浴びせようとするが、モーガンに誤爆。この隙にヘルナンデスがピンフォールを奪う。
勝者:ヘルナンデス、マットモーガン TNA世界タッグタイトル防衛
試合後、モーガンはヘルナンデスにカーボンフットプリントを見舞う。

Mrアンダーソン vs カートアングル
アンダーソンは前に「Wrestling is Real」、後ろに「People are Fake」と書かれた新作Tシャツで登場。地味なグラウンドの攻防が続く。アンダーソンがレフリーを誤って殴ってしまう。ここでアンダーソンがアングルのドッグタグでアングルを流血させようとするが、逆にアングルがタグを奪いとってアンダーソンを流血させる。アングルはアンクルロックを決めてアンダーソンがタップアウト。
勝者:カートアングル
試合後、血まみれのアンダーソンがマイクを要求。天井からマイクが降りてくると、アングルを罵倒するスピーチ。

AJスタイルズ(c) vs アビス TNA世界ヘビー級タイトルマッチ
チェルシーが再び、フレアーの車椅子を押してリングサイドに登場。試合開始前、アビスがつっかける。
AJのスパイラルタップがヒット。アビスがキックアウト。今度はAJがブラックホールスラムをキックアウトする。
フレアーがレフリーを殴って気絶させる隙に、AJはベルトでアビスを殴る。ホーガンが新たなレフリーを連れて登場。ホーガンはフレアーの車椅子を押してバックステージへ。
AJの450スプラッシュがヒットするが、アビスがキックアウト。ここでアビスがハルクアップ。AJにチョークスラムをヒットすると、リングに穴が開いてしまう。レフリーのアールへブナーが試合を止める。戻ってきたホーガンはアビスにベルトを渡そうとするが、ヘブナーは認めない。リングサイドに戻っていたフレアーがリングに引き込まれ、殴り倒される。デズモンドウルフが登場。しかし、ホーガンに殴られ、穴に落下。試合はノーコンテストらしい。
試合結果:ノーコンテスト タイトルはAJスタイルズが防衛
オーサムコング解雇!?
3/18付TNAニュース速報です

☆デーブメルツァーは、TNAがオーサムコングを正式に解雇したと報じています。TNA公式サイトのロスターページからも、コングは削除されました。

★TNAとスパイクTVは、木曜日の午後9時から、iMPACT!の再放送を継続すると決定したそうです。

☆リックフレアーは、TNA入りする以前の数年間よりも、トップヒールとして扱われるTNAでの仕事に満足していると友人たちに語っているそうです。また、カートアングルを相手に、世界タイトルをもう一度争いたいと考えているそうです。

☆前回の収録の後、ハルクホーガンは強い腰の痛みを訴え、長時間アイシングしていたそうです。ホーガンの腰の状態はかなり悪く、普段から固定具を着用しており、調子が良い時でも試合で受身を取れる回数は非常に限られているそうです。ホーガンが試合を行うことはしばらくの間、無いだろうと見られているそうです。

◆ボビーラシュリーがインタビューの中で、今後12ヶ月間はMMAのスケジュールが埋まっているため、レスリングに関わることは無いとコメントしています。4/17に開催されるストライクフォースへの出場が決まっているそうですが、対戦相手についてはまだ知らされていないとのことです。なお、ラシュリーの対戦相手は、ストライクフォースが候補を選出しているものの、テネシー州のアスレチックコミッションの出場許可が出るのを待っている状態のため、未発表になっているそうです。
視聴率の苦戦は折り込み済み!?
3/16付TNAニュース速報です

★3/15放送分iMPACT!視聴率は0.8%でした。

★ディクシーカーターはツィッターで、ダビデがゴリアテを一石で倒すことはできないとし、自分たちには時間と容認が与えられていると、早急な結果を求められているわけでは無いことをコメントしています。一方、このコメントは現地時間3/16の午後1時頃にアップされており、まだ視聴率が発表される前だった可能性があるため、低視聴率になることを予め予想していたのではないかと見られています。

★昨年の9/11に薬物の不法所持容疑などで逮捕されたジェフハーディの裁判は、3/17に開廷します。

☆リックフレアーはiMPACT!収録時、観客たちを罵り、自分の血を客席に飛ばしたシーンがあったそうですが、放送ではカットされたそうです。

☆MrアンダーソンがiMPACT!収録で行われたタッグマッチの際、「WWLSD」と手首のテーピングに書いていたそうです。これは「What Would Lance Storm do(ランスストームに何が出来る)」の略だと見られているそうです。ストームは以前から、iMPACT!の制作方針を批判するコメントを続けています。
スパイクTVは低視聴率を問題視せず
3/10付TNAニュース速報です

★3/8放送分iMPACT!視聴率は1.0%でした。

☆スパイクTVは、3/8のiMPACT!の録画視聴率はアップしていると予想していると発言し、今回の低視聴率を問題視していないという態度を取っているそうです。

★3/8の放送で、ハルクホーガンのヒールターンが予定されていたそうですが、スティングのヒールターンに変更されたそうです。

★タズは今回の視聴率の低迷について、すぐに結果が出るものではないと擁護するコメントを残しています。

☆リックフレアーは、3/8の放送で試合を組まれたことにたいして、不満を持っていたそうです。

☆オーサムコングは、依然としてTNAに所属しているものの、TNAに対して賃上げを求めているそうです。

☆オーランドジョーダンは、放送時間が足りない為にプッシュができない状態にあるそうですが、上層部は改めてプッシュする計画を立てているそうです。

☆TNA内部において、3/8の視聴率低迷の原因が、ホーガンが獲得できる視聴率の限界だと指摘する者と、ビンスルッソーの発想力の限界だと指摘する者が対立しているそうです。

☆3/8の大会から、アルスノーがエージェントとして働いていたそうです。

☆トレイシーブルックスのTNA離脱を惜しむ声は、あまり多くなかったそうです。

★3/8の放送前に、ケン・ドーン(元WWEのケニー・ダイクストラ)がトライアウトマッチを行ったそうです。

☆ミックフォーリーの髪を金髪に染めると言うプランがあったそうですが、ホーガンがボツにしたそうです。
3/15放送分iMPACT!収録結果簡易速報
3/15放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

AJスタイルズとリックフレアーのインタビュー。AJは、アビスがHOFの指輪によって強くなれると勘違いしているようだとからかう。そして、アビスとは何度も戦ったが、いつも自分が勝ってきたという。
ジェフハーディが登場。AJは、ハーディなど相手にしないというが、結局ノンタイトルマッチが決定。

エリックビショフが、ミックフォーリーの髪と髭をそり落として綺麗にしてやると言う

ナスティボーイズが、ジェシーニールをテーブル葬。ナスティボーイズ、ジミーハート vs チーム3D、ジェシーニール戦が組まれていたが、ニールの怪我によりハンディキャップマッチになりかけるものの、3Dはサプライズを用意しているという。

○ナスティボーイズ、ジミーハート vs チーム3D、ブラザーラント(スパイクダッドリー)●
ジミーハートのヘルメットで殴り、サグスがレイからピンフォールを奪う。3Dが殴り倒され、テーブルにセットされていると、包帯だらけのニールが現れて3Dをサポート。3D軍が逆転し、サグスをテーブルに沈める。

アンジェリーナラブのインタビュー。ビューティフルピープルの誰でもいいから戦いたいと言う。そして、あのチームは自分が作ったのに、ごみのように追い出されたと言う。

ボラッシュがスコットホール、ショーンウォルトマンにインタビュー。ケビンナッシュとエリックヤングが現れて、ホールがナッシュと5分間、リングで戦い続けられたら2万5千ドルを支払ってやると言う。ホールがこれを受ける。

○カートアングル、ディアンジェロディネロ vs デズモンドウルフ、Mrアンダーソン●
ディネロがウルフをスモールパッケージホールドで下す。ウルフはディネロを攻撃。アンダーソンはドッグタグでアングルを流血さる。

バックステージにホーガン、RVD、ジェフハーディがいる。ホーガンはハーディvsAJ戦の特別立会人にアビスを指名する。

○アンジェリーナラブ vs ダフニー●(DQ)
ダフニーは、1日だけビューティフルピープルのメンバー。他のメンバーも試合に介入してくる。試合後もラブを攻撃するが、タラが救出。

○スコットホール vs ケビンナッシュ● 5分間チャレンジマッチ
ウォルトマンがナッシュを手錠でロープに繋いでしまう。エリックが助け出すが、5分が経過してしまい、ホールが賞金を獲得する。

ホーガンが、スティングの登場を求める。スティングが出てくるが、RVDが襲撃してバットを奪い、ホーガンに渡す。ビショフが現れてスティングを追い払うと、ホーガンに対し、肉体的接触をするのならこの会社から追放せざるを得なくなると怒鳴る。

ヘルナンデスがジェフジャレットに、チームを組んでビアマニーと戦おうと言う。ビショフが怒って、ヘルナンデスにビアマニーとのハンディキャップマッチを義務付ける。

○ビアマニーInc vs ヘルナンデス●
DWIでピンフォール。ジャレットが試合後に現れてヘルナンデスに加勢。ビアマニーを追い払う。マットモーガンも実況席にいたが、加勢せず。

ビショフがミックの頭をそろうとすると、ミックがビショフを攻撃。逆にビショフをイスに座らせて頭を剃る。

モーターシティマシンガンズのインタビュー。PPVのアルティメットXで勝利して、タッグタイトル挑戦権を獲得するという。
ジェネレーションMeが現れると、MMGはMeを以前にやっつけてやったというが、MeはMMGを倒すと言う。MMGは、Meがアタリのゲーム機(非常に古い)だが、自分たちはX-Boxだという。さらに自分たちはフェラーリだが、Meはステーションワゴンだという。結局乱闘になり。ガールフレンドを連れたブライアンケンドリック、アメージングレッド、ダニエルズ、カザリアンらも出てくる。結局、フェイス軍がヒールたちを追い払う。

○ジェフハーディ vs AJスタイルズ●
ツイストオブフェイトからスワントーンでジェフの勝利。審判は途中で失神しており、アビスが3カウントを入れる。
試合後、フレアーがイスでジェフを攻撃。アビスがフレアーをチョークスラムでセットの上に叩き落して、AJを威嚇する。
3/8放送分iMPACT!試合結果速報
3/8放送分iMPACT!試合結果速報です

新テーマ曲でスタート。パイロが上がり、テネイとタズが今夜の内容を紹介。ディクシーカーターが客席に立っているのが映る。

ホーガンのテーマで、ホーガンとアビスが登場。ホーガンは赤と黄色の衣装。アビスは黒い新コスチューム。客席でブルックホーガンが父に向かって声援を送っている。客席は大歓声。

ホーガンがマイクを持つと、大「ホーガン」チャント。ホーガンはメインイベントを宣伝し、ビジネスのことを考えるときが来たのだという。そしてアビスを「ビッグブラザー」と呼ぶと、もう待つ理由は無いとし、フレアーとAJは覚悟しろという。そしてTNAを無限の未来へと導いていくのだというが、フレアーとAJには家族の前で血の海に沈められたというと、今日は評決の日だというと、2人に対しさっさとリングに出てこいと言う。
AJのテーマがヒットし、フレアーと共にリングに登場。そろってローブを脱ぐ。
ハルクホーガン、アビス vs リックフレアー、AJスタイルズ
アビスとAJでスタートし、アビスが前へ出ようとするが、AJはすぐにフレアーとタッチ。アビスが攻勢に出るが、フレアーがローブローで逆転。ノータッチでホーガンがフレアーを殴り倒す。AJがホーガンにペレをヒット。
ここで場内が暗転。スティングのテーマがヒット。音楽が止まると、バットを持ったスティングがリングに出現している。そして、AJ、フレアーを睨んでいるが、突然アビス、ホーガンをバットで襲ってリングを離れる。AJはイスでアビスを殴る。ホーガンは大流血。大きなショックを受けているブルックが映る。
ホーガンは倒れたままでマイクを掴むと、「まだ終わっていない。」といい、今夜の放送終了までに終わらせてやるという。そしてフレアーはルールを変更してきたが、自分はゲームそのものを変えてやると言い、この後、ノーDQマッチを行うという。
試合結果:無効試合

スティングがバックステージを歩いているのが映る。その前にディクシーが立ちふさがるが、スティングは彼女を押しのけて、「お前には何の借りも無い。」と言って立ち去る。
タズは、スティングの振る舞いに怒っている。

ボラッシュがAJとフレアーにインタビュー。AJは、レスリング業界に終わりなどないと言う。フレアーは問題ないと言い、ホーガンとアビスを救急車で会場から放り出してやると言う。

アビスが壁を殴りながら「なぜ、スティングが・・・」と言っている。

バックステージでホーガンのガールフレンドのジェニファーがブルックを慰めている。ブルックは、ホーガンが大丈夫ではないと言い、元気なフリをすることもできないと言う。

フランキーカザリアンがリングに登場。TNA復帰を宣言し、Xディビジョンを再び燃え上がらせてやると言う。ダニエルズが登場し、Xディビジョンを牽引してきたのは自分であり、ビショフにもXディビジョンを最高高度へ導くと宣言したという。ダグウィリアムズがXディビジョンのベルトを巻いて登場。Xディビジョンは健在なのだと言う。
カズは、ダグがチャンピオンらしいが、Xディビジョンを牽引してきたわけではないという。ダニエルズはカズこそ、何も貢献していないと言い、カズはダニエルズを自己中野郎とののしる。
ビショフが現れ、自分はホーガンからTNAの改革を手伝うように頼まれたのだと言うと、Xディビジョンの改革も楽しみだったと言い、より大きく、早く、強くしたいのだというと、たった今から3人でタイトルマッチを行うと言う。

ダグウィリアムズ vs カズ vs ダニエルズ Xディビジョンタイトルマッチ
好試合。場外の2人に対する、カズのダイブで大盛り上がり。
試合中、テネイは、たった今、ディクシーカーターがスティングに対して、この試合後に重大発表をすると伝えられたと言う。ディクシーの姿がすこしだけ映る。
リングでは3人の殴り合い。ダグが場外転落。ダニエルズがカズにBMEを狙うが、カズが回避。回復したダグがカオスセオリースープレックスでダニエルズからピンフォールを奪う。
勝者:ダグウィリアムズ Xディビジョンタイトル防衛
試合後、シャノンムーアがリングの現れてダグを攻撃。ビショフが現れて、ディスティネーションXで、ムーアがダグのタイトルに挑戦すると発表。

バックステージで、ディクシーが、今夜スティングには試合を行ってもらうと言う。ボラッシュは相手を訪ねるが、ディクシーはそのときに発表するという。

ビューティフルピープルのウォーミングアップシーンでCM入り。

マイクテネイが、オーサムコング、ハマダ組は、タイトルマッチに出場できなかったことでノックアウトタッグタイトルを剥奪されたと発表。
ビューティフルピープル vs テイラーワイルド、サリータ vs アンジェリーナラブ、タラ TNAノックアウトタッグタイトルマッチ
ダフニーが現れてタラをベルトで殴り、レインがタラを押さえ込んで勝利。
勝者:ビューティフルピープル TNAノックアウトタッグタイトル獲得

バックステージでソーカルヴァルがディネロにインタビュー。ウルフの襲撃についてテネイが説明する。2人は今夜試合を行う。

ボラッシュがビューティフルピープルにインタビュー。3人はタイトルダッシュを祝っている。ボラッシュはシャンペンで勝利を祝おうと言うと、3人はシャンペンをボラッシュにかける。

スティングがリングに登場。ここでRVDが登場。スティングは歓迎していない様子。
RVD vs スティング
大歓声の中、客席を通ってRVDが登場。RVDはコーナーに上るが、そのままスティングにキックを見舞う。すぐさまローリングサンダーを決めてカバー。スティングも慌ててキックアウトするものの、3カウントの後。開始10秒で勝利。
勝者:RVD
試合後、RVDが勝利を祝っていると、回復したスティングがバットでRVDの腹部を攻撃。さらに何度もバットで攻撃を加える。レフリーたちがスティングをバックステージに推し戻そうとするが、バットで追い払われてしまう。
スティングがリングに戻ってくると、ホーガンのテーマがヒット。ババザラブスポンジがホーガンを止めようとしている。セキュリティはホーガンとスティングの間に入る。ホーガンはセキュリティを追い払ってリングに入ろうとするが、全力で阻止される。
スティングは、ホーガンにリングに入れと言い、さらにRVDを打ち据える。スティングのバットがホーガンの腹部にカスる。セキュリティがホーガンを押し戻し、バックステージへ。スティングも追いかけて行き、ホーガンをバットで殴る。ホーガンがステージに倒れてしまう。

リングサイドでテネイとタズがスティングについて話をしている。テネイは非常に残念だという。タズはスティングが何を考えているのかわからないと言う。そして2人は、何か理由があるのだろうと結論付ける。そして、ディクシーカーターがなんらかの鍵を握っているのではないかという。

ビショフがセット外のイスに座っているのが映る。放送事故らしい。テネイは、ビショフもスティングの行動にショックを受けているようだとフォロー。

ナッシュとエリックヤングがリングに登場。
ナッシュは契約書を持っている。それによると、スコットホールとショーンウォルトマンは、ディスティネーションXに限り、対戦を認められたと言う。テネイは、2人が会場入りを認められているのかわからないと言う。
ホールとウォルトマンが会場の外を歩いているのが映ってCM入り。

CM明け、ナッシュとエリックは、まだリングで待っている。観客たちは「ホールは無駄だ」チャント。
ホールとウォルトマンが会場入り。セキュリティがナッシュとエリックの後ろに控える。
ホールはナッシュを、ホーガンに魂を売った裏切り者だと言う。ナッシュは、2人の方こそTNAに入りたいのだろうと言うと、ホールはデカイ金額の契約を結びたいだけだと言い、PPVでナッシュとエリックを倒せばいいのだと言う。
ビショフがモニターに登場。ビショフはPPVで勝利すれば、ホール、ウォルトマンと契約を結ぶと言う。しかし負ければ、TNA追放だという。
ナッシュはホールと握手を交わすが、ウォルトマンはエリックにビンタ。2人が乱闘を始めると、ビショフが再びモニターに現れて、セキュリティにナッシュとホールをリングから遠ざけるよう、指示すると、エリックvsウォルトマン戦を行うと言う。

エリックヤング vs ショーンウォルトマン
2人は私服のままで試合。ウォルトマンがキックを狙うが、かわしたエリックがパイルドライバーで勝利。
勝者:エリックヤング

陸軍のマークが入った、兵士の一団を載せた車両が映る。

兵士の集団が2列にならび、それぞれ向かい合っている。その間を、スーツのカートアングルが通り、リングに向かう。兵士たちは客席のガードレール前に立って警護の姿勢。
リングではアングルがMrアンダーソンに対し、自分のもっとも親しい友人たちを今夜は連れてきたというと、兵士たちは我々の国家のために、自らを犠牲にしてくれているのだという。観客はUSAチャント。アングルは、彼らは彼らの信ずるもののために、家族と離れて立ち上がってくれた者たちだという。そしてその前には、金メダルすら比較にはならないのだという。だからこそ、アンダーソンのような男から、彼らの尊厳を守ることが自分の義務なのであり、ディスティネーションXでは、奴のケツを蹴り飛ばしてやるのだと言う。
アンダーソンがスクリーンに登場。兵士など、高校の落ちこぼれどもの吹き溜まりだという。アングルはアンダーソンのいたステージ脇に飛び込んでいく。2人はリングに入り、アンダーソンが逃げ出そうとするが、兵士たちが立ちふさがって逃亡を阻止する。兵士たちはアンダーソンをリングに放り込むと、アングルは笑ってアンダーソンを再び場外に投げ落とす。兵士たちは再びアンダーソンを攻撃してリングに戻す。アングルはオリンピックスラムをアンダーソンに叩き込み、星条旗を手にする。アンダーソンに唾を吐いて、旗を振る。兵士たちがリングに上がってアングルを担ぐ。

ババザラブスポンジがホーガンに、もうレスリングはやめろと説得している。アールヘブナーが現れて、もう一度チャンスが欲しいという。ホーガンはヘブナーを追い払うが、ババはどういう意味か知りたがる。ホーガンは、ヘブナーのことが好きだから、もう一度自分とリングにたつ栄誉を与えようとしただけだという。そして、息子のニックもカリフォルニアで自分を心配しているだろうというと、もし、自分が本当に試合は無理だと感じたときには、ヘブナーに試合を止めて欲しいという。

テネイとタズはディスティネーションXのカードを発表。MMGvsジェネレーションMe アルティメットXタッグタイトル挑戦者決定戦。ホール、ウォルトマンvsナッシュヤング、アングルvsアンダーソン、AJスタイルズvsアビス TNA タイトルマッチが発表される。

バックステージでジェフジャレットとミックフォーリーが話をしている。ジャレットはジェームズストームに近づき、次の試合に出場するのはストームの意思かどうかを確認する。ストームは志願したのだという。ジャレットはストームために、できることは全てしてきたやったのにと言い、ストームを殴る。ルードが背後からジャレットを攻撃する。

ジェフジャレット vs ビアマニーInc ハンディキャップマッチ
ミックフォーリーが、手製のレフリーシャツで特別レフリーを務める。
ストームのアイオブザストームがジャレットにヒット。CM明け、ストームがビールを口にふくみ、ジャレットに噴射するが、回避されてルードに誤爆。ジャレットが反撃に転じて2人をリングから落とす。ビアマニーはリングサイドから挑発。ミックはリングしたから有刺鉄線バットを持ち出してジャレットに渡す。ここでスリックジョンソンレフリーが現れて、ジャレットを止める。その隙にビアマニーがフィニッシャーを叩き込んで勝利。
勝者:ビアマニーInc

バックステージでホーガンがアビスと話をしていると、ブルックが入ってくる。アビスが退室。ブルックは、自分のすることはわかっていると言い、その代わりホーガンがこの試合を最後にするという約束を守って欲しいという。ホーガンは約束するといい、これで最後だと言ってハグ。

フレアーがAJを鼓舞している。テネイは、メインイベントの時間が足りなくなりそうだと言う。

ハルクホーガン、アビス vs リックフレアー、AJスタイルズ ノーDQマッチ

アールヘブナーがレフリー。放送終了まで残り2分。テネイは、この試合がノーDQの為、雌雄が決するまで終わらないと言う。タズはリング上に2人もHOFがいるという。ブルックの目の前の場外でホーガンはフレアーを攻撃。フレアーが流血してしまう。ここで放送延長に突入。
ホーガンはさらにフレアーを場外で攻撃。ブルックも応援している。フレアーは大量出血。ホーガンがリングに入ると、アビスが花道でフレアーを攻撃し、リングに投げ戻す。ホーガンはベルトでフレアーを鞭打ち。フレアーをロープに振るが、フレアーはばったりと倒れてしまう。
おびただしい量の出血をしているフレアーは、ホーガンにローブローを放ってAJにタッチ。AJはフレアーの前のリングサイドで、ホーガンを痛めつける。
ホーガンはコーナーに上ったフレアーを投げ落としてアビスにタッチ。
アビスはヒール軍のダブルチームを意に介せず、逆にクローズラインで2人同時になぎ倒す。フレアーにチョークスラムをヒットして、HOFのリングをした手を掲げる。AJがスワンダイブ式のナックルを決めてニアフォール。4人全員がリングに入って乱闘。フレアーとホーガンの流血はすさまじいことになっている。ホーガンとアビスはダブルのブートをヒット。ホーガンがAJをアビスに向かって走らせ、アビスがブラックホールスラムでピンフォール。
勝者:アビス、ハルクホーガン
試合後、デズモンドウルフがリングに上がり、イスでアビスを殴る。さらにホーガンに向かうが、ホーガンはブロック。しかし、フレアーがホーガンにチョップブロック。ディネロが現れてホーガンとアビスを救出。しかし、ヒール軍
ここでジェフハーディのテーマがヒット。すさまじい歓声が上がる。ジェフはヒール3人を攻撃。AJにツイストオブフェイトを見舞う。さらにコーナーに上ってAJにスワントーンをヒット。
ここで延長放送が終了。
スティングがTNAと再契約
3/5付TNAニュース速報です。

★3/4放送分iMPACT!視聴率は1.14%でした。

★ディクシーカーターがツイッターで、スティングと再契約したことを明かしています。3/5に発したコメントの中で、スティングと昨夜、契約を更新したとし、スティングは月曜日の生放送には何をおいても出場すると語ったとのことです。また、ディクシーはスティングとホーガンの競演を楽しみにしているとコメントしています。

★TNAは公式サイトのロスターページから、ロキシーとショーンモーリー(ヴァルビーナス)の項目を削除しました。2人は解雇されたと見られています。

★ショーンモーリーは、フェイスブックでTNAから離脱したことを認め、今後はメキシコでの活動に専念するとコメントしています。

★女優業に専念するとして2008年にTNAを離脱した、サリナスことシェリーマルチネス(元WWEのアリエル)が、マイスペースで、近く、TNAに復帰するとコメントしています。

☆PWインサイダーは、トレイシーブルックスがTNAを解雇されたと報じています。トレイシーは2003年からTNAに所属している最古参のノックアウトで、今年の1月に、カズと結婚したばかりです。

☆オーサムコングは、まだ現在もTNAの契約下にあるそうです。
ミッキーロークより先にホーガンがオファーされていた!?
3/3付TNAニュース速報です

★エリックビショフが最近のインタビューの中で、映画「ザ・レスラー」のランディ・ロビンソン役を最初にオファーされたのは、ハルクホーガンだったものの断ったと発言しています。さらに、TNAに招聘したい選手について、クリスジェリコ、ジョンシナ、ランディオートンの3人をかねてより挙げていたものの、現在はその中からジェリコを外しているとコメントしたそうです。

☆一部で、TNAという団体名を改称するのではないかという噂が流れているそうですが、実際にはそのような動きは確認されていないそうです。

★「ハクソー」ジムデューガンが最近のインタビューの中で、TNA出場をほのめかす発言をしています。

★スパイクTVは、iMPACT!のオンライン無料放送を開始しましたが、地域制限がかけられており、日本からの視聴は制限されています。
http://www.spike.com/full-episode/rage-over-ring/36433

☆オーサムコングがツィッターで、ディクシーカーターに感謝するなど、TNAへの別れを告げると取れるコメントを公開しています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。