TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブッカーTが、マイケルへイズは差別主義者ではないと擁護
6/3付TNAニュース速報です

☆TNAは元WWEのジャズをビューティフルピープルのボディガードとして登場させる事を検討していたそうですが、交渉は折り合わなかったそうです。

★TNAは元WWEディベロップメントのシャンテルテイラーと契約を結びました。

☆スコットスタイナーがブッキングされていたハウスショーから外されているそうです。どうやら、怪我をしたらしいと噂されています。

★TNA公式サイトはスラミバーサリーで行われる、ジェイリーサルとソーカルヴァルの結婚式に、カマラ、ココBウェア、ジェイク「ザ・スネーク」ロバーツ、ジョージ「ジ・アニマル」スティールが出席する事が分かったと報じています。またエースヤングも出席し、リーサルの介添え人として、サンジェイダットも参列すると発表されています。

★今月のTNA月例記者会見は当初発表されていたケビンナッシュの代わりにブッカーTが担当しました。その中で、人種差別発言で謹慎処分を受けたとされる、WWEクリエイティブチームのマイケルへイズについて、彼は人種差別主義者ではないと考えていると擁護しました。ヘイズがNワード(アフリカ系に対する蔑称)を用いるのを聞いた事があるとしながらも、彼に悪意がないことをブッカー自身がわかっており、そうした発言をしても許せる人物の一人だったとしています。
一方、ボビーラシュリーについて、ボビーが今後どうするとはっきりと言う事は出来ないとしながらも、MMAの世界と日本でラシュリーを見られるだろうとしています。また、TNAが彼にスポットを用意していることを明かしています。
また、ヒールとして、WCW時代のnWoのような侵略ストーリーをやりたいと思っているとコメントしてます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。