TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリエイティブの方針転換があったそうです
10/17付TNAニュース速報です

★10/16放送分iMPACT!視聴率は1.1%でした。

☆10/23放送分iMPACT!で、ブッカーTがレジェンドチャンピオンシップのベルトをお披露目することになっているそうです。

☆ジョニーデバインは、このままTNAに所属していたとしても、上には行けないと感じ、1ヶ月以上前に解雇を申し入れ、BFGⅣを最後にする事で合意していたそうです。デバインがTNAから受け取っていたサラリーは年間で3万ドル程度だったとされています。
デバインは、楽しく無くなったときがレスリングをやめるときだとし、今回はTNAでレスリングをするのが楽しくなくなったのだとコメントしています。

★ミックフォーリーはWWEを辞めてTNAと契約を結んだ理由について、WWEで自分に出来る事はもう少なくなってしまったが、全く環境の異なるTNAなら、WWEとの違いを出すために出来る事があると考えたと語っています。

☆10/16放送分iMPACT!の収録から、エージェント達が積極的に試合の流れやフィニッシュについて、意見を出すようになったそうです。これまでは、クリエイティブチームの決定をそのまま伝える役割しか果していなかったそうです。
今後もブッキングの基本方針や、試合の勝ち負けなどはクリエイティブチームが定め、ジェフジャレットが許可を出す事に変わりは無いそうですが、細かな部分についてはエージェントたちのアイディアを受け入れていくそうです。
この決定は、テレビで放送される試合よりも、ハウスショーの試合の方が評価が高かったために下されたそうです。選手やスタッフ達にも、今回の変更は好意的に受け止められているそうです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。