TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PPV Against All Odds試合結果速報
PPV Against All Odds試合結果速報です

MEMがハマーで会場に到着。スティングは乗っていない。
続いてチーム3Dの2人が車で到着。スティングはその後、黄色のコルベットを自ら運転して到着。

エリックヤング vs アレックスシェリー(c) Xディビジョンタイトルマッチ
エリックは場外のシェリーに対しブランチャーを決める。最初のTNAチャントが発生。観客はエリックを支持。ニアフォールの応酬からシェリーのスライスブレッド#2をエリックがブロック。さらにシェリーのフロッグスプラッシュをキックアウト。しかし、最後はシェリーの丸め込みで3カウント。
勝者:アレックスシェリー Xディビジョンタイトル防衛

会場にデトロイトタイガースのジョエル・ズマヤ投手が来ている。

バックステージでボラッシュがアングルにインタビュー。ボラッシュはスティングが別行動で会場入りしたことに触れる。アングルは、スティングも自分も、勝者でありチャンピオンだという。そして今夜を成功させる事で、MEMはより高みへと上るという。

スコットスタイナーとピーティウィリアムズのこれまでをまとめたビデオ。

スコットスタイナー vs ピーティウィリアムズ

スタイナーのヒールムーブに観客は大ブーイング。スタイナーが優位に試合を進めるが、PTはDDTで反撃しヘッドバットを決めてカバー。2カウント。スタイナーリクライナーが極まるが、PTがロープに逃れる。しかし最後は久々にスタイナーズスクリュードライバーを決めてピンフォール。
勝者:スコットスタイナー

試合後、スタイナーはマイクで仕事を終わらせるというと、PTを投げ飛ばしてスタイナーリクライナー。しかし照明が暗くないサモアジョーが登場。ジョーはスタイナーに罪を償わせるという。

実況陣が残りのカードを発表。今夜のメインイベントではミックフォーリーがベルトを授与すると言う。

ボラッシュがミックフォーリーとスティングにインタビュー。ミックはアングルが許せないという。スティングはミックをなだめる。ミックはスティングこそアイコンだと言うと握手を求め、スティングの検討を祈る。スティングはミックの言葉を歓迎すると、アングルと自分は互いに倒したいと思っている相手だという。そして今夜は必ず勝利し、その結果いかんにかかわらず、明日からはまたMEMは共闘していくという。

ブルータスマグナス vs クリスセービン 

マグナスのオープンチャレンジに名乗りを上げたのはセービン。しかし、マグナスがパワーで上回る一方的な試合でそのままマグナスが3カウントを奪う。
勝者:ブルータスマグナス

ローレンがチーム3Dにインタビュー。ディーボンは自分達が21回の世界タッグチャンピオンだとアピール。そしてレイは兄貴だという。レイは、ディーボンは引退したら、応援演説を仕事にするべきだと、ディーボンのスピーチに感動したといい、ローレンに、ダッドリーの金髪は水よりも濃いぞと、ローレンを誘う。(『血(ブラッド)は水よりも濃い』という諺にひっかけた言い回し)

オーサムコング(c) vs ODB TNAノックアウトタイトルマッチ
コングは取り巻きを連れて来るが、コルネットが1対1の試合だからと、セコンドの退場を命じる。もし応じなければタイトルはODBの物とするという。そして10秒間だけ与えるというと3人はリングサイドから離れる。コングはコルネットを襲うがODBが助ける。
ODBがボディスラムを狙うが持ち上げられない。ようやくコングを投げることに成功するがコングがキックアウト。インプラントバスターを食らってしまいカウント3。
勝者:オーサムコング TNAノックアウトタイトル防衛

ローレンが通路でチーム3Dとスティングが話しているのを見つける。レイは今夜スティングの魂を見たいのだという。そして今夜正しい事をしてほしいという。そして尊敬に値する昔のスティングに帰って着てほしいし、もし、そうしてくれるのならチーム3Dはスティングの味方になるという。ローレンはスティングに、アングルが話を従っていることを伝える。

ブッカーT(c) vs シェインシーウェル レジェンドタイトルマッチ
ブッカーは観客のヒートをあおろうとするが、反応は薄い。シャメールがシーウェルの足を引っ張り、ブッカーのアックスキックをアシストする。
勝者:ブッカーT
試合後にブッカーがマイクアピールを始めるが、AJスタイルズが現われる。2人は乱闘になるが、AJはクローズラインでブッカーを場外に落とす。AJはレジェンドタイトルのベルトを掲げる。観客は声援。
AJは、自分の貧しい生い立ちを語る。そして自分の夢は最も偉大なレスラーになることだったという。そして自分はレジェンドになりたいという。さらに、自分を見るためにお金を払ってくれた人々のために、できることなら何でもやるという。そして、今こそレジェンドにステップアップする時なのだという。

ローレンがモーガンにインタビュー。ローレンはアビスとの関係修復をするつもりはないのかと尋ねるが、モーガンはなにも聞きたくないという。そしてモーガンは手術を受けたばかりだが、試合に問題はないといい、ローレンに対し、自分にかかわるなと警告する。

マットモーガン vs アビス
ウエストは、モーガンがドクターストップを無視して出場しているという。アビスが凶器を使おうとするがレフリーがこれを奪い取る。2人は客席で乱闘。リングサイドに戻ってくると、アビスはリング下から凶器を取り出してリングに放り込む。レフリーがアビスのイスを奪おうとした際に、モーガンが凶器でアビスを殴る。アビスは画鋲をばら撒こうとするがレフリーが妨害。アビスはクローズラインを狙うがモーガンが回避してレフリーに誤爆。モーガンはイスでアビスを殴る。モーガンはレフリーを起こしてカウントを取らせるがアビスがキックアウト。モーガンはイスの上にアビスをチョークスラムで叩きつけるが、アビスがキックアウト。モーガンがレフリーを盾にしたことで、アビスのイス攻撃がレフリーにヒット。アビスのブラックホールスラムがヒットするがレフリーが不在。セカンドレフリーが出てきてカウントを取るがモーガンがキックアウト。アビスがもう一発ブラックホールスラムを決めてピンフォール。
勝者:アビス
試合後、アビスは画鋲をばら撒く。モーガンのシャツを脱がせるが、モーガンはリング外に脱出。

ボラッシュがMEMにインタビュー。ブッカーはいきり立つが、ナッシュが落ち着かせる。スティングが登場。アングルがスティングに座るように言う。そしてレイが言ったことなど信じるなという。そして明日、MEMの結束はより強固になるという。スティングとアングルがハグ。そしてナッシュによく見ていてくれという。

ビアマニーInc(c) vs ジェイリーサル、コンスケンスズクリード TNA世界タッグタイトルマッチ

ジャクリーンが何度も介入しようとするが、ことごとく誤爆。ようやくストームにイスを渡せると、ストームはそれでリーサルを殴り倒して勝利。
勝者:ビアマニーInc

スティング vs カートアングル vs ブラザーレイ vs ブラザーディーボン TNA世界ヘビー級タイトルマッチ
ボラッシュがミックフォーリーをコール。ミックは実況席に加わる。
レイは自ら横になってディーボンにカバーさせるが、アングルがカット。しかしその後、3Dの2人は戦い始める。観客はECWチャント。場外に4人とも出て乱闘。スティングはガードレール越しに投げ、レイをリングサイドにいたラジオ番組の司会者にぶつける。
レイはアングルを突き飛ばしてスティングと交錯させる。頭同士がぶつかり、アングルが流血。アングルはスティングをカバーしようとする。
チーム3Dが場外でダウン。リングではスティングとアングルが乱闘。アングルはスティンガースプラッシュをアンクルロックに切り返す。その間に3Dが復帰。オリンピックスラムがスティングにヒット。しかし、キックアウト。レイはディーボンにロックボトムを決めカバーするがディーボンがキックアウト。
3Dはドゥームズデイデバイスをアングルにヒット。しかしカバーはスティングがカット。スティングのスコーピオンデスドロップがレイにヒットして3カウント。
勝者:スティング TNA世界ヘビー級タイトル防衛

ミックがリングに上がり、ベルトをスティングに授与する。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。