TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イライジャバークがTNAと正式契約
7/29付TNAニュース速報です

★元WWEのイライジャバークがTNAと契約を結んだことを明らかにしています。バークの公式サイトで、自身の写真にTNAのロゴをあしらったものを掲載した件について、バークは管理人による軽率な行為だったなどとコメントし、ジェレミーボラッシュは「イライジャバーク」とTNAは契約する予定は無いなどとツイッターで発言していますが、どうやら、バークは新たなリングネームでTNAに登場するということを示唆していたとみられています。

★7/23放送分iMPACT!視聴率は1.3%と報じられていましたが、推定視聴者数は180万で、瞬間最高を記録したのは後半最初の15分間と、その次の15分間で、どちらも1.43%でした。

☆LAXの2人は、今後別々にシングルで活動し、特にヘルナンデスにトッププッシュを与える予定になっているそうです。

☆ボビーラシュリーは、将来的にMMAの世界でブロックレスナーとの対戦を目指すとされており、それに合わせてTNAでもトップスターとして両方の世界に君臨する存在にしたいと考えているそうです。これに従い、10月までラシュリーに激しい試合をさせる予定は無いそうです。ラシュリー本人は、バックステージでも沈黙を保っているそうです。

☆タズとサモアジョーは、MEMを欺く為にヒールを演じているだけで、いずれフェイスとしての正体を明らかにすることになっているそうです。

☆3週に渡って放送されるAJスタイルズとマットモーガンの3本勝負は、大方の予想に反し極めて素晴らしい内容だったと非常に高く評価されているそうです。特に最後の3試合目が最も高い評価を受けているそうです。

☆ジェフジャレットとカレンアングルは、ラジオ番組の中で同居していると暴露されましたが、実際には同居していないものの、頻繁にカレンがジャレットの自宅に通っているそうです。

☆前回収録分のiMPACT!は、ジャレットの意見を全く通していない、ビンスルッソーのシナリオで収録されたそうですが、番組制作はジャレットがいたときよりも難航したそうです。一部ではカートアングルにヘッドブッカーを任せるべきだとの声も上がっているそうですが、これはアングルの負担があまりにも大きいために不可能とみられており、ルッソーをヘッドブッカーとして、アングルは意見を提示するに留めるのが最良だと考えられているそうです。

☆PWトーチは、ジェフジャレットの離脱によって、様々な関係者達の今後の処遇や動向に変化があるとし、何人かの名前を挙げて、予測しています。

ビンスルッソー
ジャレットの忠実な部下だったため、ディクシーカーターによる大鉈が振るわれることを恐れている。しかし、ダッチマンテルのような他のジャレット派に比べれば、残留できる可能性があると思っている関係者は多いようである。

ジェレミーボラッシュ
ボラッシュもジャレットと親しかった人物だが、その仕事振りに定評があり、職を追われる心配はまず無いと思われる。

テリーテイラー
人事担当として、何度もジャレットと意見を対立させていた人物として、内部では評価が高い。ここ数ヶ月間、大物達との契約にこぎつけることができたのは、テイラーの手腕によるところが大きい。ジャレットの復帰が無ければ、権限が強化される可能性が高い。

スコットデモア
TNAのクリエイティブチーム復帰するチャンスだが、今のところディクシーカーターは、デモアの復帰を真剣には検討していない様子。

パットケニー
元エージェントだが、さらに上級職としてTNAで再雇用するという話はこれまでにも出ている。解雇される前はディクシーカーターのお気に入りの一人だったが、解雇を決断されて、周囲の人々が非常に驚いていた。

マットコンウェイ
クリエイティブチームの末席に位置するメンバー。ジャレットの影響は少なく、職を追われる可能性も無い。ディクシーは彼を通して、自分の考えをクリエイティブチームに反映させようとしている。20代とまだ若いため、クリエイティブチームの中で、他の誰よりも世間の動向に敏感だと評価されている。

ドンウエスト
カラーコメンテーターとしては平凡だと多くの関係者が考えており、ディクシーカーターの評価も低く、ジャレットの友人だったために職を保ってきたと思われている。今後、可能な限り早い段階で、タズとの交代が予想されるが、一方でバックステージインタビュワーとして起用される可能性は残っている。

クリスチャン

クリスチャンと親しい人々によると、もっと早くジャレットがTNAを離れていれば、TNAを離脱することは無かったと予想される。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。