TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PPV No Surrender試合結果速報
PPV No Surrender試合結果速報です
※再開しました

スーサイド vs デイアンジェロディネロ戦が追加されたことがアナウンスされる。
タズとテネイが開幕の挨拶。

マディソンレイン、ベルベットスカイ vs テイラーワイルド、サリータ ノックアウトタッグタイトルマッチ

途中でレフリーのスリックジョンソンがダウンし、セカンドレフリーとしてアールへブナーが登場。スカイは試合中に左右を間違えて動いてしまう初歩的なミスを犯し、締まらない試合になってしまう。テイラーがレインをジャーマンスープレックスで仕留める。
勝者:テイラーワイルド、サリータ TNAノックアウトタッグタイトル獲得

スーサイド vs ディネロ戦はフォールズカウントエニウェア戦とアナウンス。
テネイとタズが残りのカードを読み上げる。

ボラッシュがワールドエリートの控え室でインタビュー。エリックはヘルナンデスとの対戦を拒否するという。

エリックヤング vs ヘルナンデス
エリックはスーツ姿で登場。戦わないという。ヘルナンデスが一方的にエリックを叩きのめし、ボーダートスで瞬殺。
勝者:ヘルナンデス

ボラッシュがマットモーガンにインタビュー。

サモアジョー(c) vs ダニエルズ Xディビジョンタイトルマッチ
素晴らしい試合。ジョーはダニエルズの膝を攻める。最後はコキーナクラッチでジョーが勝利。
勝者:サモアジョー Xディビジョンタイトル防衛 

音声が途切れる放送事故。その他、小さなトラブルが頻発している。

バックステージでボラッシュがミックフォーリーにインタビュー。ミックとボラッシュの写真を見たミックは、写真をたたきつけて激怒する。
ローレンがディネロにインタビュー。

スーサイド vs ディアンジェロディネロ フォールズカウントエニウェアマッチ
駐車場で試合が始まり、会場のあちこちで乱闘を繰り広げる。ディネロがカメラに背中を向けている際、タイツが脱げてしまう。乱闘しながらアリーナにようやく入ってくると、花道脇のテーブルにスーサイドがディネロを寝かせて、ステージ脇の足場に登ってダイブを敢行。しかし、ディネロが回避して大自爆になり、ディネロがカバーして3カウント。
勝者:ディアンジェロディネロ

ODB vs コーディディーナー ノックアウトタイトルマッチ

コメディマッチだが、冗長になってしまう。ODBがTKOで勝利。
勝者:ODB
試合後にローレンがODBにインタビュー。

ボラッシュがバックステージでアングルに、メインイベントについてインタビュー。
ケビンナッシュ(c) vs アビス レジェンドタイトルマッチ
実況にミックフォーリー。この試合には、Drスティビーが5万ドルの賞金をかけており、花道から観戦している。内容はいまいち。ダフニーがスタンガンを持って介入しようとするが、アビスがブラックホールスラムでたたきつける。ミックがアビスに有刺鉄線バットを渡そうとするが、レフリーが阻止。ナッシュがスタンガンをアビスに使用して勝利。
勝者:ケビンナッシュ
試合後、Drスティービーは、まだアビスを引退には追いやれていないとして、賞金を回収。ナッシュはスティービーにジャックナイフを見舞い、賞金を奪い取る。

チーム3D、ビアマニー vs ブリティッシュインベイジョン、スコットスタイナー、ブッカーT リーサルロックダウンマッチ
ジェームズストームとダグウィリアムズでスタート。マグナス、ルード、スタイナー、ディーボン、ブッカー、レイの順に入場。金網の上でマグナスをビアマニーの2人が攻撃。ダブルのブレーンバスターで金網の天井にたたきつける。ビアマニーのDWIがウィリアムズに決まって勝利。
勝者:ビアマニーInc、チーム3D
ローレンがバックステージでライノにインタビュー。

ライノ vs ボビーラシュリー
休憩の為のサブミッションが多用される退屈な試合。ラシュリーも観客の支持を受けていない。ライノがゴアをレフリーに誤爆した隙に、ラシュリーがノックアウトパンチで勝利。
勝者:ボビーラシュリー
ボラッシュがバックステージでAJとスティングにインタビュー。

カートアングル(c) vs マットモーガン vs スティング vs AJスタイルズ フェイタル4ウェイTNA世界ヘビー級タイトルマッチ

ヘルナンデスが現われて、TNAタイトル挑戦権を行使。急遽5ウェイに変更される。試合中にエリックヤングが現われて、ヘルナンデスを叩きのめし、ヘルナンデスは試合続行不可能になってしまう。観客は無反応。スティングがアングルをノックアウトし、勝利を確実なものにするが、カバーせずに場外のモーガンへ向かうと、AJに止めを刺せと言う。AJは450スプラッシュをアングルに決めて3カウント。
勝者:AJスタイルズ TNA世界ヘビー級タイトル獲得
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。