TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PPV Final Resolution試合結果速報
PPV Final Resolution試合結果速報です

クリスマスをテーマにしたオープニング映像。

ブリティッシュインベイジョン(c) vs モーターシティマシンガンズ TNA世界タッグタイトルマッチ
観客は概ねMMGを支持。リングロープは緑と赤のクリスマス仕様。攻守がめまぐるしく入れ替わる好試合。シェリーのスライスブレッドNo2がダグウィリアムズに決まるが、2でキックアウト。セービンが場外のマグナスにダイブ。ここからニアフォールの応酬。素晴らしい盛り上がり。最後はブリティッシュインベイジョンが、ダブルチームのヨーロピアンアッパーで勝利。
勝者:ブリティッシュインベイジョン TNA世界タッグタイトル防衛

テネイとタズはいつもよりリングから遠い位置で解説している。

ODB(c) vs タラ TNAノックアウトタイトルマッチ
タラが序盤にウィドウズピークを狙うが失敗。観客の支持は真っ二つ。ODBはタラの腕を攻める。試合展開は平凡なまま進み、タラが優位に試合を進め始める。ODBはTKOを狙うが、タラがカウンターの丸め込みで勝利。
勝者:タラ TNAノックアウトタイトル獲得


クリスティヘミーがタラにリングサイドでインタビュー。タラは自分のキャリアで最高の日だという。

1/4のiMPACT!でハルクホーガンがデビューするという宣伝。

ジェイリーサル vs コンスケンスズクリード vs コーディディーナー vs ジェームズストーム vs ロバートルード vs シークアブドゥルバシール vs ホミサイド vs ロブテリー vs エリックヤング vs キヨシ vs ケビンナッシュ vs サモアジョー フィーストオアファイアードマッチ
4つあるブリーフケースを奪い取った順に勝ち抜け。3つはいつでも行使可能な3つのタイトルへの挑戦契約書。もう一つは解雇通告書が入っている。
バシールがケースを狙うが、テネイはエリックがワールドエリートメンバーに、ケースを狙うなと指示していると説明。バシールとディーナーがケースを奪い合い、バシールが競り勝ってケースでディーナーを殴る。バシールが最初のケースを獲得。続いてロブテリーがケースを獲得。エリックは激怒している。ナッシュが次のケースを奪う。最後のケースにディーナーが迫るがジョーが殴り倒してケースを獲得。
勝者:シークアブドゥルバシール、ロブテリー、ケビンナッシュ、サモアジョー
ボラッシュとソーカルヴァルがリングサイドに登場。4つのケースの中身を確認する。ナッシュのケースにはタッグタイトル挑戦契約書。ジョーの中身はTNA世界ヘビー級の契約書。残る2つは同時に開ける。テリーがXディビジョンタイトルの契約書で、バシールがクビ。

タズとテネイは、クビは番組の中のことではなく、本当に職を追われるのだと説明する。

ヘミーがアングルとAJにインタビュー。お互いの勝利を誓うが、その後緊迫する。

チーム3D、ジェシーニール、ライノ vs ヘルナンデス、スーサイド、マットモーガン、ディアンジェロディネロ イリミネーションマッチ
先日のiMPACT!の試合結果の為、最初の5分間、フェイス軍はヘルナンデスのみが戦う。しかし、その間にヘルナンデスは丸め込みでライノを仕留める。5分が経過し、フェイス軍4対ヒール軍3.ヘルナンデスがイスでニールを殴ってDQ。チーム3Dがダブルでスーサイドを仕留める。ニールはイス攻撃のダメージから立ち上がれず棄権。これで2対2。
3Dがディネロに決まってディネロ退場。モーガンがブートでディーボンを仕留めるが、レフリーがカウント3を入れていないにも関わらず退場が宣告されるミス。この結果、モーガンvsレイの一騎打ち。レイがイスを使おうとするが、モーガンがイスごと蹴りぬいてピンフォール。
勝者:マットモーガン、ヘルナンデス、スーサイド、ディアンジェロディネロ
大きなミスもあり、試合内容もいまいち。
さらに、テネイが次の試合をラストマンスタンディングと説明しているのに。アビス、フォーリーvsレイヴェン、スティービーの映像が流れてしまうミスを重ねてしまう。

ボビーラシュリー vs スコットスタイナー ラストマンスタンディングマッチ
クリスタルはリングサイドから退場させられる。試合はほとんどの時間、場外で行われ、単調な殴り合いが続き、スタイナーは足首を捻った様子。スタイナーが雪崩式のフランケンシュタイナーを放ち、鉄パイプも持ち出すが、ラシュリーのスピアーがヒット。パイプを奪い取り、それでスタイナーを殴って10カウント。凡戦に終わる。
勝者:ボビーラシュリー

Drスティービー、レイヴェン vs アビス、ミックフォーリー

試合が開始されてもミックが現われず、2対1でスタート。アビスはステージからスティービーを投げ落とそうとするが、レイヴェンが阻止。レイヴェンは1斗缶を持ち出すが、ここでミックが登場。アビスを救出。ミックはショッピングカートに武器を山積みにして来ている。ダブルのマンディブルクロウをスティービーとレイヴェンに決め、スティービーをテーブルにセット。ステージ上からダイブしてエルボーを落とし、テーブルが崩壊。アビスがレイヴェンにブラックホールスラムを決めて勝利。
勝者:アビス、ミックフォーリー

ボラッシュがジョーにバックステージでインタビュー。ジョーは、獲得した権利を今夜使うか1/4に使うか考えているが、どっちにしろ勝つのは自分だという。

デズモンドウルフ vs カートアングル 3ディグリーズオブペイン
1本目はフォール。2本目はタップアウト。3本目は金網からの脱出が勝利条件となる3本勝負。
序盤はグラウンドの地味な攻防。凡戦続きで観客はダレている。アングルがウルフをパワーボムでコーナーに叩きつけ、連続ジャーマンを5連発。アングルがコーナーに登るが、ウルフが叩き落してタワーオブロンドンでニアフォール。もう一度狙うがアングルスラムに切り返されてニアフォール。アングルのムーンサルトは失敗。ウルフがラリアットから、もう一度タワーオブロンドンを狙い、今度は決まってピンフォール。
2本目がスタート。アングルの4の字が決まるがウルフがロープ。ロンドンダンジョンはアングルが脱出。アングルはアンクルロックを極めるが、ウルフは切り替えして逆にアンクルロック。ウルフは三角締めを極めるがアングルがアンクルロックに切り返し、ウルフがタップ。
NBAオーランドマジックのジェイソン・ウィリアムズが客席にいるのが紹介される。
3本目がスタート。アングルが金網を登るが、ウルフがブレーンバスターで叩き落す。アングルがウルフを金網にたたきつけると、ウルフが激しく流血。アングルはフロッグスプラッシュを狙うが、ウルフは膝剣山。ウルフがドアからの脱出を狙うが、ギリギリでアングルが追いつきアンクルロック。ウルフはタップするが、これは無効。ウルフの出血が酷くなる。非常に素晴らしい試合だが、観客の反応は悪い。アングルが金網を登り始めるが、ウルフはドアからの脱出を狙う。先に着地したのはアングル。
勝者:カートアングル

ボラッシュがミックフォーリーにバックステージでインタビュー。ミックは1/4にホーガンから返事がもらえるはずだという。

AJスタイルズ(c) vs ダニエルズ TNA世界ヘビー級タイトルマッチ
観客達は、若干AJへの声援が大きいが、ノリがいまいち。
ダニエルズが場外のAJにトペコンヒーロをヒット。ダニエルズは2つイスを持ち出して一つをセットし、もう一つを振りかぶる。レフリーがイスを取り上げる隙に、AJをSTOでセットしたイスにたたきつける。ダニエルズはAJの腰を狙う。場外でAJにウラカンラナを狙うが、AJはパワーボムに切り返す。ダニエルズの後頭部に大きな痣が出来る。ダニエルズは猛攻をしかけ、シャイニングウィザードをヒット。AJはスタイルズクラッシュを狙うがダニエルズがブロック。AJはペレキックをヒット。ダニエルズのBMEでニアフォール。AJのスタイルズクラッシュがヒットするが、ダニエルズがキックアウト。コーナー上で競り合いになり、AJがトップロープからに雪崩式スタイルズクラッシュをヒットして3カウント。
勝者:AJスタイルズ TNA世界ヘビー級タイトル防衛
非常に素晴らしい試合内容。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
酒井法子のフ○ラ動画がついに流 出か!?問題映像を独占入手!
大手週刊誌の週刊ポストが報じた衝撃的な記事。

「問題映像を独占入手!のりピー?カメラ目線で…性 愛口唇動画の衝撃19秒」

との衝撃的な見出し。

さらに

「これは法子なのか?そうでないと信じたい。それしか、いえない」(元事務所幹部)--“男と女で覚醒剤”の恐怖の核心はここにある

とのサブ見出しとともに問題の映像を…

http://skinrkfr.blogspot.com/
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。