FC2ブログ
TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の解雇通告書は本物でした
12/21付TNAニュース速報です

★12/20はWWEのSmackdown/ECWの収録がオーランドで行われましたが、その後WWE所属選手やスタッフ達が集まっていたオーランド市内のバーに、ディクシーカーターとTNAのスタッフ達が現れて、挨拶を交わしていたそうです。TNA側はバーの隣のホテルで、TNAスタッフ達のクリスマスパーティを行っていたそうです。一方、WWE側の関係者達は、TNAと交流することに慎重な態度をとっていたそうです。

★インディ団体で活動しているヤングバックスが、TNAのトライアウトマッチに出場しました。ディクシーカーターは、ツィッターで、彼らを雇用すべきかどうか、意見を求めています。

★1/4のiMPACT!3時間生放送特番に、スコットホールの来場がアナウンスされました。ファイナルレゾリューションでナッシュがTNA世界タッグタイトル挑戦契約書を獲得したことから、ナッシュと組んでタイトルを奪取するのではないかとみられています。一方、ショーンウォルトマンの来場するのではないかと噂されており、ホーガン、ビショフとあわせてオリジナルnWoを復活させるのではないかと見られているそうです。なお「nWo」は現在WWEの商標となっており、TNAがこの呼称を使用することはできないそうです。

★ファイナルレゾリューションで解雇通告書を取ってしまったシークアブドゥルバシールは、実際に解雇されており、ファイナルレゾリューションがTNAで最後の仕事だったそうです。バシールはTNAでの待遇に不満を訴えていたといわれているそうです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。