FC2ブログ
TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/4放送分iMPACT!試合結果速報
1/4放送分iMPACT!試合結果速報です

TNAの7年間を振り返る映像。ホーガンの登場で今夜から新しい時代が始まるというテーマ。

パイロの後、テネイとたづが今夜は歴史的な日だといい、カードを発表。

ババ・ザ・ラブスポンジが新アナウンサーとして登場。子供だましのWWEなど誰も見なくなると言う。

クリスセービン vs アレックスシェリー vs ホミサイド vs キヨシ vs ジェイリーサル vs コンスケンスズクリード vs スーサイド vs アメージングレッド ノンタイトルスティールアサイラムマッチ
TNAチャントが飛び交う熱戦。しかし途中でホミサイドが棒を持ち出して、対戦相手を殴り、キヨシを殴ったところでレフリーがノーコンテストを告げる。観客は失望。
ここで、WWE時代そっくりの曲でジェフハーディが登場。リングサイドでホミサイドと乱闘をスタート。ジェフはツイストオブフェイトを見舞い、アサイラムのセットによじ登ってポーズ。

CM後、バックステージをジェフが歩いていると、シャノンムーアに出くわす。実況陣はホーガンの登場を宣伝。会場前に車が到着する。

クリスティへミーがバックステージでケビンナッシュに今夜のTNAについて話を聞く。ナッシュは旧友達と会うのが楽しみだというと、ホーガンが彼の財力をもって、TNAを新たに創造するのだと言う。そしてホーガンは一人で現れるわけではないという。

ODB vs タラ ノックアウトタイトルマッチ

ゴング前にODBが仕掛けるが、タラが反撃してクローズラインでODBを倒す。タラのムーンサルトはODBがキックアウト。ODBはタラの攻撃を切り返し、タイツをつかんだ丸め込みで3カウント。
勝者:ODB ノックアウトタイトル獲得

タラは試合結果に不満。ODBにガットショットを見舞うと、ウィドウズピークをヒット。ODBに毒をかけると、ベルトを掲げる。

リムジンが会場に登場。リックフレアーが出てくる。TNAの選手たちと挨拶を交わし、AJの控え室に入っていく。

録画映像。放送開始前にヘミーが観客たちに今夜の大会について尋ねている。ミックフォーリーが近づいてくると、今夜、立ち入りを禁止されているというが、自分が規範を示すべき時なのだといい、無理に入ろうとするも、セキュリティに止められてしまう。

ラシュリー夫妻がリングに登場。ボビーチャントが発生。クリスタルは、ボビーからホーガンへのメッセージだとして、ボビーこそレスリング業界とMMA業界をまたにかけたスーパースターだという。クリスタルは、MMAと違い、レスリング業界には歯が抜けたようなおかしな連中ばかりであり、夫の為には早くTNAを辞めさせたいのだと言う。

ベルベットスカイがカメラマンを、自分たちの控え室に招き入れる。ビューティフルピープルはポーカーをやっているが、チップを賭けておらず、今夜は一晩中ストリップポーカーをやると言う。

会場の外にスコットホールとショーンウォルトマンが現れるが、セキュリティが中に入れない。2人は強行突破しようとするが、セキュリティは応援が駆けつけて阻止。その向こうで、ホーガンの車を待つ舞台が映っている。

CM後、リムジンが到着しているが、仲の様子は分からない。実況陣はホールとウォルトマンの動向を心配している。

NWOのテーマにそっくりな曲がヒット。ホーガンが登場。バンダナ、シャツ、ジーンズの全てが黒尽くめのハリウッドホーガンスタイル。娘のブルックも客席に立っている。
ホーガンが6角形のリングに立つと、TNAチャントが発生。ホーガンは、TNAとマニアック達は、今夜歴史をつくるのだというと、TNAの若い選手たち、ベテラン達を賞賛。TNAこそ世界最高の企業だという。
ウォルトマンとホールがリングに向かってこようとしているのをみて、ホーガンが招く。
ホールは、今夜ここに来たのは、ホーガン、ビショフ、ナッシュと揃っていれば、大金が手に入ると思ったからだと言う。ホーガンはそうはいかないといい、これからはビジネスとして正しいことをやっていくのだと言う。
ホールはこの返答が気に入らない様子。ナッシュのテーマがヒット。ホールとウォルトマンに対し、今夜自分には仕事があるというが、ホーガンがこれを否定。
ビショフが登場。すでにTNAでの人事は完了しているという。ホーガンは、過去の関係は現在の仕事に関与しないといい、全てが劇的に変わるのだと言う。

客席にディクシーカーターが現れ、ビショフに台本を渡そうとするが、ビショフはこれを破り捨ててしまうと、ソーカルヴァルに新しい台本を渡す。ビショフは、この会社を完全にひっくり返すのだというと、ホーガンのテーマがヒット。しかし、カメラは天井付近にいるスティングを捉える。

オーサムコング、ハマダ vs テイラーワイルド、サリーた ノックアウトタッグタイトルマッチ
試合中、バックステージのボラッシュが、何者かにモーターシティマシンガンズが襲われたとリポート。MMGの2人が倒れている。
CM後、コング、ハマダ組がダブルでテイラーを攻撃。ハマダがヘッドバット連打でテイラーを倒し、サリータを罵ってからコングにタッチ。テイラーは素早く脱出してジョーブリーカーを決め、サリータにタッチ。サリータは一度に2人を相手にしようとするが、コングに捕まって倒される。コングのカバーをテイラーがカット使用とするが、コングは動じない。かろうじてサリータが返すと、ハマダとコングはダブルでのミサイルキック。コングが押さえ込んでピンフォール。
勝者:オーサムコング、ハマダ TNAノックアウトタッグタイトル獲得

ビューティフルピープルの控え室にヴァルビーナスが入っている。スカイがビーナスの名前を呼ぼうとすると、昔の名前は捨てたという。スカイは、彼をポーカーに加えるつもりはないというと、自分はタオルを巻いているだけなので、参加させて欲しいと言う。

ミックフォーりがセキュリティと話をし、侵入を試みるが阻止されている。ミックは別の考えがあるとして立ち去ると、今度はナスティボーイズが会場に入ろうとして止められる。

レイヴェン、Drスティービー vs マットモーガン、ヘルナンデス

モーガンがスティービーをカーボンフットプリントで仕留める短い試合。
勝者:マットモーガン、ヘルナンデス

へミーがバックステージで、ディネロにインタビュー。ディネロはホーガンから今夜試合をするよう指名されたのだという。対戦相手はデズモンドウルフ。ウルフを叩きのめすとアピールしていると、オーランドジョーダンが登場。ホーガンを探している。

デズモンドウルフ vs ディアンジェロディネロ

ウルフは腕攻めからハンマーロックDDTをヒット。さらに腕を攻めタワーオブロンドンを狙うが、ディネロが丸め込みに切り返して勝利。
勝者:ディアンジェロディネロ

ジェフジャレットがバックステージを歩いている。実況陣は、ジャレットが何をしようとしているのかといぶかしむ。

ボラッシュが、バックステージに倒れているライノを発見。ババが現れリポート。実況陣は、ホーガンのデビューをケチをつけたい何者かの犯行ではないかという。ジャレットが歩いている姿が再び映る。

ボラッシュはAJの控え室でインタビュー。AJはTNAの7年間を振り返っている。ボラッシュはジェネシスでのアングル戦について話をするが、ビショフが現れて良いニュースと悪いニュースがアルと言う。悪いニュースはジェネシスでのアングル戦は無くなったことだといい、良いニュースはアングル戦は今夜のメインで行うことになったことだという。AJは笑うと、自分は準備が出来ているので、アングルも準備が出来ていることをのぞむと言う。

ジャレットのテーマがヒット。リングに登場。復帰の挨拶のあと、7年前にTNAを立ち上げたときは、金銭的にくるしかったと言い、7年後の今、様々批判が間違いだったことを、月曜の夜に証明できたと言う。
そして、自分がやってきたことには良い面と悪い面があったといい、しかし自分はビアマニーmMMG、ジョー、ダニエルズ、AJら若い選手を第一に考えて運営してきたのだと言う。そして、最後に自分と、ホーガン、ディクシーが並び立つことは無く、TNAには何も起こりはしないのだという。
スクリーンにホーガンが登場。ジャレットの言う事など誰も気にしないと言い、TNAノックアウトはディクシーのパートナーとなったホーガンによって再構築されるのだと言う。そして、若い選手達にスポットライトを当てることを約束し、TNAをトップに押し上げてやると言う。

へミーがダニエルズにインタビュー。しかしボラッシュが遮って、ミックが場外で、入場を求めているというと、ドアを開ける。ミックが飛び込んできて、ホーガンが相手だろうが自分は相手にしないと言う。

控え室で、ジェフハーディがムーアと共にペインティングしている。

アビス vs サモアジョー
当初、アビスの相手はライノが予定されていたがジョーに変更。ホーガンとビショフのリクエストらしい。
終盤、レフリーのブラインドをついてジョーがイスでアビスを殴りコキーナクラッチ。アビスは粘るがついにタップアウト。
勝者:サモアジョー

ビショフがプロデューサーと話をしているとクリスタルが現れ、ホーガンの返事を聞きたいと言う。ビショフはクリスタルを押しのけると、話をしたければ列に並んで順番を待てと言う。クリスタルは、ボビーが怒ればTNAは最大のスターを失うことになるのだという。

ババがバックステージで倒されているビアマニーをリポート。ババは犯人に心当たりがあるという。

ナスティボーイズがまだ会場入りをセキュリティに阻まれている。ババがセキュリティにかけあい、ようやく2人は入場できる。

ボラッシュがアングルにインタビュー。自分はTNAタイトルを、才能溢れるAJに奪われたというと、4ウェイマッチで再戦を禁じられ、ようやく今夜チャンピオンに返り咲くことができると言う。

ジェフハーディとモーアが封筒を持って駐車場を歩いていると、歓声を上げる女性の一団に取り囲まれる。2人はジェフのスポーツカーで会場を後にする。

ナスティボーイズがチーム3Dのロッカールームに入ろうとすると、セキュリティが止めに来るが、2人はディーボンの写真にスプレーでナスティボーイと書く。

カートアングル vs AJスタイルズ(c) TNA世界ヘビー級タイトルマッチ
放送時間は残り24分だが、60分一本勝負。
試合中、マスクマンが乱入してAJを攻撃しようとするが、アングルがクローズラインで場外に叩き落す。セキュリティがマスクマンを排除。そこからアングルが優勢。AJをパワーボムでターンバックルに叩きつけCM入り。
アングルスラムをAJが切り返し、スタイルズクラッシュを狙うが、アングルが脱出して、逆に連続ジャーマンをヒット。
再びアングルスラムを狙うがAJが切り返す。ペレキックはアングルが避けアンクルロック。AJは丸め込みに切り返しニアフォール。さらにペレキックからカバーするが、アングルがキックアウト。アングルスラムが決まるが、AJを仕留められない。
アングルのフロッグスプラッシュをAJがかわしてスタイルズクラッシュを決めるが、アングルがキックアウト。今度はAJがアングルをコーナーにのせようとするが、落とされて逆にアングルのフロッグスプラッシュがヒット。AJがキックアウト。アングルスラムを狙うが、AJがDDTに切り返す。観客は「ブレットなんか必要ない!」チャント。
アンクルロックが決まるが、AJが回転してアングルの頭部にキック。スタイルズクラッシュが決まるが、アングルがキックアウト。
AJは3度目のスタイルズクラッシュを狙うが、アングルがアンクルロックに切り返す。ここでフレアーが登場。リングサイドで観戦。AJはアングルを蹴り払って脱出。テネイはホーガンとビショフがスパイクTVをかけあって、この試合が終わるまで放送を延長する約束を取り付けたとアナウンス。AJがスワンダイブ式スプラッシュをヒットするが、アングルがキックアウト。CM入り。
アングルのサブミッションをAJがスタイルズクラッシュに切り返そうとするが、アングルはアンクルロックに切り返す。AJはスタイルズクラッシュをリング中央でヒット。リックフレアーが立ち去ると、AJはスワンダイブ式450スプラッシュでアングルからピンフォール。
勝者:AJスタイルズ TNA世界ヘビー級タイトル防衛

試合のハイライトがリプレイ。ディクシーも客席で、試合を賞賛している。アングルが試合後、AJの腕を掲げて勝利を祝福。ホーガンが現れて2人はこの業界で最も偉大な2人であるというと、AJがTNAのベルトを掲げる。
セキュリティがホーガンになにやら耳打ち。ホーガンが立ち去ると、カメラはミックフォーリーを捉える。ミックはビューティフルピープルの控え室に飛び込むと、ホーガンの居所を訪ねる。ビーナスがホーガンのオフィスを教えると、ミックはそこへ向かうが、中にいたのはビショフ。ビショフは、もうすでにミックの居場所はどこにもないと告げる。
ミックは、2度とビショフの下で働くつもりなどないというと、自分をクビにする口実をくれてやると言って、攻撃しようとするが、背後からナッシュ、ホール、ウォルトマンがミックを攻撃。その背後で、ホーガンがその様子をみている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。