TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PPV Against All Odds試合結果速報
PPV Against All Odds試合結果速報です

リックフレアーが会場に飛び込んでくる。クリスティへミーがインタビューを試みるが、フレアーはエリックビショフの元へ行く。ビショフは、今夜のメインイベントの特別レフリーを務める準備をしている。フレアーは、もし、メインイベントでビショフが余計な事をしたら、酷い目に遭わせてやるといい、この場では私が神なのだというと、部屋を飛び出して行く。

今夜のトーナメント戦を宣伝。

ディアンジェロディネロ vs デズモンドウルフ TNA世界ヘビー級タイトル挑戦者決定8人トーナメント1回戦
序盤からウルフがタワーオブロンドンを仕掛けるが、ディネロがブロック。雪崩式のブレーンバスターがディネロに決まるが、カバーはキックアウト。素晴らしい試合。コーナーでDDE(イライジャエクスプレス)がウルフに決まって3カウント。
勝者:ディアンジェロディネロ

フレアーが再びビショフの部屋に飛び込んで行くと、自分をメインイベントの特別レフリーにしろと要求。ビショフは、自分が公正に裁くといい、フレアーは試合に参加させないと言う。

ボラッシュがヘルナンデスとモーガンにインタビュー。互いの印象を尋ねている。

ヘルナンデス vs マットモーガン TNA世界ヘビー級タイトル挑戦者決定8人トーナメント1回戦

コーナー上からクロスボディを狙っ他ヘルナンデスを、モーガンがキャッチしようとするが、受けとめきれずに両者倒れてしまう。冗長な展開になるが、花道のモーガンに対し、ヘルナンデスがダイブを敢行。ヘルナンデスが肩を痛めた様子。モーガンはヘルナンデスの肩を攻め、鉄柱に叩きつけ、タイツをつかんだ丸め込みでピンフォール。
勝者:マットモーガン
ヘルナンデスは結果に不服な様子。

アングルとホーガンの対立をまとめた映像。

クリスティへミーがカートアングルにインタビュー。アングルはホーガンに対し、疑って悪かったと言うと、Mrアンダーソンに向けて、リングの中央でTNAとはどういうところなのかをわからせてやると言う。

Mrアンダーソン vs カートアングル TNA世界ヘビー級タイトル挑戦者決定8人トーナメント1回戦

アンダーソンは、試合前にいつものように自分で自分をコール。
アンダーソンはアングルのメダルを持っており、それでアングルの頭を殴る。アングルは流血。しかしレフリーは見ていない。アングルは反撃し、オリンピックスラムをヒットするが、アンダーソンがキックアウト。アンダーソンはターンバックルを外すと、アングルをそこへ叩きつけようとするが、アングルがブロック。今度はそのコーナーにアンダーソンを押し込んで突進するが、回避されてむき出しの金具に自爆。アンダーソンがマイクチェックを決めてピンフォール。
勝者:Mrアンダーソン

バックステージで、ビショフがミックフォーリーとアビスに対し、今夜の2人の試合はノーDQにすると通達。2人が本気で殺し合わないようなら、次の木曜日にアビスのマスクを脱がせると言う。

ミックフォーリー vs アビス TNA世界ヘビー級タイトル挑戦者決定8人トーナメント1回戦

ノーDQルールで行われる。アビスは画鋲の袋を持ってリングイン。ミックは有刺鉄線バットを持っている。アビスはミックを武器で殴るのをためらっている。ミックが画鋲をばら撒きアビスがミックの喉輪を掴むが、画鋲に叩きつけるのを拒否。アビスはミックのMrソッコを奪って、マンディブルクロウを狙うが、ミックはブロックしてDDTに切り返す。ミックは有刺鉄線バットを持ってアビスに突っ込むが、逆にブラックホールスラムに捕まり、画鋲にたたき落とされ3カウント。
勝者:アビス

クリスティがナスティボーイズにインタビュー。チーム3Dとの試合の抱負を尋ねる。

チーム3D vs ナスティボーイズ
酷い試合。ジミーハートが現れてノブスにヘルメットを渡すと、ノブスはそれでブラザーレイを殴る。倒れたレイの上に、やはり倒れていたサグスを載せ、3カウントが入る。
勝者:ナスティボーイズ

サモアジョーがビショフと今夜のメインイベントについて話をしている。ジョーは、自分はAJに気を付けるので、ビショフはフレアーに気をつけろと言う。

ディアンジェロディネロ vs マットモーガン TNA世界ヘビー級タイトル挑戦者決定8人トーナメント準決勝

試合前にディネロがリングサイドでファンサービスをしていると、リングサイドにいたブルックホーガンと揉めてしまう。
モーガンの強烈なクローズラインをディネロが辛くもキックアウト。逆にDDEを決めて3カウント。
勝者:ディアンジェロディネロ

バックステージで、アンダーソンがボラッシュのインタビューを受けている。アンダーソンは、世界最高と言われているアングルをぶっ壊してやったと言うと。挑戦権を今夜奪い、ロックダウンでチャンピオンになるという。

Mrアンダーソン vs アビス TNA世界ヘビー級タイトル挑戦者決定8人トーナメント準決勝

いまいちの内容。アビスがチョークスラムを狙うと、アンダーソンはアビスのマスクを横にずらして視界を奪う。その隙にマイクチェックでピンフォール。
勝者:Mrアンダーソン

バックステージでAJとフレアーがクリスティのインタビューを受けている。AJは髪を金髪に染めている。

AJスタイルズ(c) vs サモアジョー TNA世界ヘビー級タイトルマッチ 特別レフリー:エリックビショフ
アリーナへの通路で、ビショフをホーガンが呼び止めると、試合は公正に裁くように言う。ビショフは少し憤慨した様子。AJはフレアーのようなローブを着て登場。
ジョーが場外のAJにエルボースイシーダをヒット。しかし、フレアーがジョーの膝を鉄柱に叩きつける。その間、AJはビショフの注意を引きつけている。AJは4の字固めを極める。さらにフレアーが場外から手を出して、より深く関節を極めようとする。ビショフがこれを見咎めて、AJにブレイクを指示。AJはスタイルズクラッシュを狙うが、ジョーがブロック。ジョーのマッスルバスターが決まり、ビショフがカウントに入るが、フレアーがビショフを場外に引きずり出す。ビショフはフレアーを殴る。ジョーはビショフに対して苛立っていると、AJがペレキックをヒット。すかさずスタイルズクラッシュを決めてカバー。ビショフはカウントを渋るが、結局3を入れる。
勝者:AJスタイルズ TNA世界ヘビー級タイトル防衛
試合後、フレアーがマイクを持ち、ビショフにAJの腕を掲げるよう要求。ビショフは嫌がるが、結局応じる。

トーナメント戦のハイライトのリプレイ。

バックステージでインタビューを受けていたディネロが、スコットホール、ショーンウォルトマンに襲撃される。
Mrアンダーソン vs ディアンジェロディネロ TNA世界ヘビー級タイトル挑戦者決定8人トーナメント決勝

ディネロは登場してこない。アンダーソンが入場し、レフリーに試合開始を要求。ゴングが鳴り、その直後から場外カウントがスタート。カウント6でディネロが床を這って登場。アンダーソンは花道でディネロを攻撃。アンダーソンが一方的にいたぶるが、ディネロも反撃を試みるものの、すぐに失速してしまう。ようやくディネロの反撃が始まり、ニアフォールを奪うものの、やはりアンダーソンに押し返されてダウン。アンダーソンはマイクを要求。天井から降ろされたマイクを持つと、「タイトル挑戦権まで、あとマイクチェック一回だ」と言う。そして、ディネロをひきずり起こしてマイクチェックを決めカバー。しかし、これをディネロがキックアウト。アンダーソンはショックを受けている。コーナーにディネロを追い詰めてラッシュをかけるが、ディネロが回避し、すかさずDDEを決めて3カウント。
勝者:ディアンジェロディネロ トーナメント優勝、ロックダウンでのTNA世界ヘビー級タイトル挑戦権獲得
ディネロは足を引きずっている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。