TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PPV DestinationX試合結果速報
PPV DestinationX試合結果速報です

ここ最近のTNAとXディビジョンの変化についてまとめた映像でスタート。

ブライアンケンドリック vs アメージングレッド vs ダニエルズ vs フランキーカザリアン Xディビジョンタイトル挑戦者決定ラダーマッチ

レフリーはスリックジョンソンと共に、ブライアンヘブナーも務めている。観客人気はレッドが一番。エプロンとガードレールに橋渡しされたラダーの上にカザリアンがダウン。その上からダニエルズがムーンサルトをヒット。さらに、そのラダーの上から、レッドがハリケーンラナで、ダニエルズを場外に叩き落す。
レッドとカズがラダー上で小競り合う間に、ケンドリックがラダーを倒し、2人は場外にたたき落とされる。コーナーに引掛けられたラダーの上に、ダニエルズがショルダースルーでカザリアンを投げ落とす。ダニエルズがラダーを登ると、カズがパワーボムで叩き落す。最後はカズがラダーを登りきり、契約書を獲得。
勝者:フランキーカザリアン Xディビジョンタイトル挑戦権獲得

タズとテネイが試合について語っていると、フレアーのテーマがヒット。デズモンドウルフの女性マネージャーであるチェルシーが、フレアーの乗った車椅子を押してステージに登場。フレアーは、iMPACT!でアビスにやられたことをアピールする。

控え室にホーガンとアビスがいる。ホーガンはアビスに対し、今夜はいつでも背後にいるというと、タイトルを今夜奪うぞという。アビスは黄色と赤の、ホーガンカラーの衣装に変更している。ビショフが現れると、アビスはビショフの坊主頭をからかう。ホーガンは、ビショフに対し、個人的な感情を仕事に持ち込むなという。ビショフが立ち去ると、ホーガンはビショフの頭を笑う。

タラ(C) vs ダフニー TNAノックアウトタイトルマッチ
観客の声援は半々。ダフニーがベルトで殴ろうとするが、かわしたタラがウィドウズピークで勝利。
勝者:タラ(c) ノックアウトタイトル防衛
ダフニーは、腹いせにタランチュラを盗む。

クリスティへミーがブルータスマグナスにバックステージでインタビュー。マグナスは今夜ロブテリーと対戦。マグナスはクリスティに対し、自分の名前は「マグナス」(リングネームからブルータスは外すということ)だと訂正すると、素晴らしすぎる自分に名前は一つでいいのだという。

ロブテリー(c) vs マグナス グローバルタイトルマッチ
短い試合。テリーがあっさりと勝利。マグナスは2度ほどしか動けず。
勝者:ロブテリー タイトル防衛

ジェネレーションMe vs モーターシティマシンガンズ TNA世界タッグタイトル挑戦者決定アルティメットXマッチ
ジェネレーションMeは、これまで使用していたハーディボーイズ風のコスチュームから、ヤングバックス時代のものに戻している。ジェネレーションMeは斬新なムーブを連発。ジェレミーはマックスの背中を利用して飛び上がり、ワイヤーにぶら下がっていたセービンをタックルでカットする。最後はセービンが「X」を確保。素晴らしい試合。
勝者:モーターシティマシンガンズ TNA世界タッグタイトル挑戦権獲得

スコットホール、シックスパック vs ケビンナッシュ、エリックヤング
ホール、パック組が勝てばTNAと正式契約。負ければ追放となる。ホール、パックは入場曲無しで入ってくる。ホールは以前よりも体を作ってきている。ナッシュがエリックを裏切って、ホール、パック組が勝利。
勝者:スコットホール、シックスパック 2人のTNA正式入団が決定
ウルフパックのテーマが流れ、3人で勝利を祝う。

バックステージにカートアングル。Mrアンダーソンの写真を火にくべる。

ダグウィリアムズ(c) vs シャノンムーア Xディビジョンタイトルマッチ

観客たちは「ムーアはやめてくれ!(タイトルを渡すな)」チャントをスタート。ダグはリング下からレンガを取り出して、それでムーアを殴って勝利。
勝者:ダグウィリアムズ Xディビジョンタイトル防衛
ダグは、自分以外のXディビジョンなど、なんの価値も無いとアピール。

ヘルナンデス、マットモーガン(c) vs ビアマニーInc TNA世界タッグタイトルマッチ
ヘルナンデス、モーガンの折り合いが悪い。モーガンはヘルナンデスの意向を無視して、勝手にタッチを繰り返し、ヘルナンデスがイライラし始める。ストームがビールをヘルナンデスに浴びせようとするが、モーガンに誤爆。この隙にヘルナンデスがピンフォールを奪う。
勝者:ヘルナンデス、マットモーガン TNA世界タッグタイトル防衛
試合後、モーガンはヘルナンデスにカーボンフットプリントを見舞う。

Mrアンダーソン vs カートアングル
アンダーソンは前に「Wrestling is Real」、後ろに「People are Fake」と書かれた新作Tシャツで登場。地味なグラウンドの攻防が続く。アンダーソンがレフリーを誤って殴ってしまう。ここでアンダーソンがアングルのドッグタグでアングルを流血させようとするが、逆にアングルがタグを奪いとってアンダーソンを流血させる。アングルはアンクルロックを決めてアンダーソンがタップアウト。
勝者:カートアングル
試合後、血まみれのアンダーソンがマイクを要求。天井からマイクが降りてくると、アングルを罵倒するスピーチ。

AJスタイルズ(c) vs アビス TNA世界ヘビー級タイトルマッチ
チェルシーが再び、フレアーの車椅子を押してリングサイドに登場。試合開始前、アビスがつっかける。
AJのスパイラルタップがヒット。アビスがキックアウト。今度はAJがブラックホールスラムをキックアウトする。
フレアーがレフリーを殴って気絶させる隙に、AJはベルトでアビスを殴る。ホーガンが新たなレフリーを連れて登場。ホーガンはフレアーの車椅子を押してバックステージへ。
AJの450スプラッシュがヒットするが、アビスがキックアウト。ここでアビスがハルクアップ。AJにチョークスラムをヒットすると、リングに穴が開いてしまう。レフリーのアールへブナーが試合を止める。戻ってきたホーガンはアビスにベルトを渡そうとするが、ヘブナーは認めない。リングサイドに戻っていたフレアーがリングに引き込まれ、殴り倒される。デズモンドウルフが登場。しかし、ホーガンに殴られ、穴に落下。試合はノーコンテストらしい。
試合結果:ノーコンテスト タイトルはAJスタイルズが防衛
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
メインのラストはまるでドリフみたいでしたなぁ。

失望しました。
2010/03/22(月) 22:48:28 | URL | 伊賀忍者 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。