TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/22,29日放送分TNA iMPACT!収録 詳細速報
毎回恒例のPPV直後(翌日)に行われる、iMPACTの収録が行われました。今回は6月22日と29日の放送分の2本撮りです。詳細な報告が上がってましたので、そちらの記事を元に、全文書き直しました。印象が随分違ってる箇所もありますが、今回の方が精度が高そうです。

先に書きますが、JJの王座は正式に認められたようです。


22日放送分
まず、ジムコルネットが登場し、来週、誰かがクビになると予告する。また、JJのスラミバーサリーでの行いに、憤りと嫌悪感を示し、チャンピオンにふさわしくない為、何らかの処分を来週下すと発言。おばあさんもJJの行いを恥じているだろうなどと続ける。JJが登場し、コルネット殴る。

AJ、ダニエルズ組(c) vs エリックススキッパー、デビッドヤング組
NWA世界タッグ選手権

ヤングとダニエルズが先発。ダイアモンズがダブルチームでペースを掴む。スキッパーはダニエルズをコーナー上に乗せるが、ヘッドシザーズはブロックされる。ダニエルズはヤングにジョーブリーカーを決め、AJにタッチ。AJとダニエルズは一斉にダイアモンズを攻撃し、ダニエルズはヤングにエンジェルズウィングを狙うが、乱入してきたサイモンダイアモンドがダニエルズの背中を打ちつけカット。ジェイミーD(スラミバーサリーで出てきた大女)が、サイモンダイアモンドを攻撃。ダニエルズはヤングにBME、続けてAJがフロッグスプラッシュを決め、タイトル防衛に成功した。
勝者:クリストファーダニエルズ、AJスタイルズ組

試合後、ゲイルキムが飛び込んで来て、謎の大女に突っ込むが、逆にチョークスラムの体勢に捕らえられ、追ってきたAMWに助けられる。


モンティブラウン vs チェイシンランス
審判のスリックジョンソンはサッカーのワールドカップのような格好をしている。試合はパウンスであっさり決着。
勝者:モンティブラウン

LAXが試合後に登場しモンティを誘う。モンティは一人でいたい事を理由に断る。LAXはサンジェイダットとロンキリングスももうすぐ仲間になる予定だと告げる。キリングスが出てくる。コナンとキリングスは激しく議論していたが、最後にキリングスはホミサイドとホットスタッフヘルナンデスに飛び掛った


ボラッシュとエリックヤングがコルネットのオフィスの前にいる。ヤングは首になるのが自分ではないかと恐れている。中にはセービンとリーサルが呼ばれているらしい。リーサルとセービンが出てきて、「今の競技の内容はナッシュにとって好ましくないものだろうな。」

チーム3Dとジェームズギャングが揉めている。ラントがBGに「お前の家族は全員負け犬だ」といった事で、乱闘になりリングサイドに出てくる。ジェームズギャングはイスで3Dを殴り倒して喜んでいると、ラントが入ってきて3Dの反撃を喰らう。レイはマイクを取り、ビクトリーロードで6メンタッグマッチの為に、ジェームズギャングはもう一人パートナーを探してくるように言っている。


3-Way Xディビジョンタイトルマッチ
センシ vs ジョー vs ダット

序盤はセンシとダットが手を組み、ジョーを攻撃するが、場外のジョーにダイビング攻撃を狙った際、センシに誤爆してしまう。エリックヤングがこっそり観客席に忍び込み、「ヤングをクビにするな」というサインボードを掲げている。ジョーは場外のダットにオーレキック(ヤクザキック)。センシにも狙うが、かわされ反撃される。センシとジョーはリングにもどり、掌底とキックの応酬。ロウキーはリバースのドラゴンスリーパー(相手が仰向けのフロントネックロック?)をかけ、自ら技を解く。センシはジョーに謝意ニングウィザードを狙いジョーにかわされるが、バックキックでフォロー。ダットがセンシをトップロープ上に落として、ローリングセントーンから、ハンドスプリングからのスプラッシュ。センシはジョーにタッチするが、逆に怒りを買い、連打を浴びる。ジョーがダットをコーナー上に捕らえたところへ、センシが側転からのハイキックでダットを狙うが、ダットがかわし、ジョーにヒット。ジョーは場外に転落。そこへスタイナーがイスで強襲。それを見てあっけにとられるダットにセンシシャイニングウィザードを決め、ダブルフットスタンプでピンフォール勝ち。
新Xディビジョンチャンピオン誕生。
勝者:センシ



7/29放送分
クリスチャンが登場。TNAの会議の結果を待っていられないとし、スティングを呼び出す。「俺の事を本当に兄弟のように思っているのなら、隠し事はしないでくれ。コルネットは俺にベルトを返すだろう。あんたが望むのならベルトに挑戦させてやってもいいんだぞ」。スティングはクリスチャンをジェフ・ジャレットと呼ぶ。クリスチャン「俺は白いパンツも履いてないし、最悪のくそったれでも無いぞ」、スティング「今のお前はくそったれだよ。お前は周囲の目をにさらされ、重圧を受けている。」スティング「7月6日のインパクトで、スタイナー、JJ組vsクリスチャンのとのパートナーで試合を組む」クリスチャンはスティングをさえぎって、来週は「ショーの幕が開くぞ」


PT、エリックヤング vs セービン、リーサル
チームカナダは序盤から押されている。意思疎通が上手くいかない様子。A1とルードが乱入しようとするが、クビになることを恐れているヤングはそれを遮る。さらに、セービンのサンセットフリップをカットしようとしたPTにも拒否のサイン。さらに、デモアの介入も押し留める。PTはセービンのヘッドシザースをかわし足払い。そこからダブルチームを仕掛けるが、セービンがかわし、逆にヤングをPTのいるコーナーに振る。ここで、出番の無かったリーサルが入ってくる。A1とルードを蹴りで撃退し、セービンはブランチャー。シェリーとデバインが飛び込んでくる。トップロープに登ったリーサルを、デモアが妨害。落ちたところでカナディアンデストロイヤー。この時、リーサルは足首を痛めた様子。
勝者:PT、エリックヤング

モンティブラウン vs ノーマンスマイリー
ダンスでスマイリーは入場。フォアアームアッパーを2発入れ、モンティに唾を吐いた所でモンティが激怒。パウンスでピン
勝者:モンティブラウン

チーム3D vs AMW NoDQマッチ
AMWはベルトを奪われた怒りをチーム3Dにぶつけ、場外乱闘でスタート。ダブルチームでペースを掴む。ブラザーレイが武器をリングに持ち込む。ディーボンは竹刀でストームの頭を殴り、レイはパソコンのキーボードでハリスを殴っている。ハリスは流血するが反撃し、セカンドロープからのレッグドロップをディーボンに決める。ゲイルキムはゴミ缶の蓋でレイを殴るが全く効かない。ラントがゴルフクラブでキムの腹を殴り、ゴミ缶の蓋をレイに渡す。3Dはストームにワッツアップ(股間へのダイビングエルボー)を決め、テーブル持ち出そうとする。AMWが妨害し、逆にAMWがテーブルをセットする。リングに戻り、AMWはディーボンをビンで殴るかゴミ缶で殴るか言い争っている。結局、ハリスがストームをゴミ缶で誤爆。ハリスに3Dが決まってピンフォール。
勝者:チーム3D

ジェームズギャングが試合後に登場し、もう一人のメンバーが決まった事を告げる。アビスが登場。アビスはラントをとらえ、AMWがセットしていたテーブルに叩きつける。BGジェームズは(WWE実況の)JRの物真似。

コマーシャル明け、ジムコルネット、クリスティへミー、ソーカルバル、AMW、クリストファーダニエルズ、AJスタイルズ、ジェフジャレット、クリスセービン、ジェイリーサル、ジェレミーボラッシュ、モンティブラウン、ジェームズギャング、センシ、アレックスシェリー、チームカナダ、ジョニーデバイン、スコットスタイナー、サモアジョー、審判たちがリング上で会議を行っている。コルネットは、LAXがこのまま試合に出る事を拒否し続けるのなら、給料は支払わないと発言。チームカナダは今後個別契約とし、正式に解散させたと発表。AMWが希望しているタッグタイトルのリマッチは行わず、ビクトリーロードで、AJ、ダニエルズ、謎の大女組vsAMW、ゲイルキムの試合を発表。そして、アールヘブナー、ラリーズビスコ、ジェフジャレットにリングに来るように要求。20年来の友人であるアールヘブナーにクビを宣告する。ズビスコは首にしない代わりに、ビクトリーロードでレイヴェンとの髪切りデスマッチの契約をさせる。
次にジャレットに向かい、ファンはJJがボコボコにされるのを見たがっているのだから、JJを王者として認め、かわりに第一挑戦者決定4ウェイマッチを、クリスチャン、スタイナー、スティング、サモアジョーで行いその勝者と、次回のPPVでJJが王座を賭けて闘わなければならないという決定を伝える。ジャレットは機嫌よく合意する。さらに、来週組まれているタッグマッチを今すぐやってやると挑発。スティングも登場して、クリスチャンと共に、スタイナーとJJに飛び掛っていく。スタイナーはジョーのコキーナクラッチに捕まっている。

Xplosion用の試合
○キリングス、ダット組 vs ルード、PT組●
カナディアンデストロイヤーを狙ったPTをキリングスがバックドロップで切り替えして、シザーズキックでピン。

○リーサル vs シェリー● w/デバイン
リーサルが投げっぱなしのドラゴンスープレックスからピン。リーサルはPPVで痛めた足がかなり悪そう。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tnanews.blog69.fc2.com/tb.php/58-4f2409db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
前王者はサモア・ジョー アメリカの第2団体、TNAからの情報。 TNAでは、PPV終了直後に(!)TV番組(iMPACT)のタメ撮りが行われるそうで、その中でタイトルが移動している。 放送は6月22日・...
2006/06/22(木) 02:05:34 | ブラックアイ2
管理人の承認後に表示されます
2007/11/24(土) 14:57:19 |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。