TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5/3放送分iMPACT!収録速報
5/3放送分iMPACT!収録速報です。

スティングの会場到着シーンでスタート。スティングがIMPACT ZONEに入ってくる。リングに入る前にカートアングルがイスを持って襲い掛かる。TNAのセキュリティたちが飛び出してきて、両者を分ける。2人は先週の結末(ノーコンテストになった試合)について口論している。
クリスチャンのテーマがヒット。しかし、スティングとアングルは再び乱闘。セキュリティと共に、レフリーたちも止めに入る。ここで、クリスチャンが登場。大歓声が起こる。
クリスチャンは「全員落ち着け。アングルとスティングが組んで、俺とAJスタイルズ組と対戦するというのが、人道上望ましいと思う。このノーDQ戦でピンを奪ったものが、タイトルに挑戦し、もし、お前らのチームが負けたら、両者ともサクリファイスでの挑戦権を失うという事でどうだ。」
スティングは「挑戦権は、元々俺のものだ。試合などする必要は無い。」と言う。

レティーシャがバックステージでチーム3Dにインタビューしている。今夜は、ライノ、サモアジョー組と対戦があるという。

チーム3D vs ライノ、サモアジョー
LAXは登場せず。観客達は「3D sucks」チャントを繰り返している。
チーム3Dはライノを集中攻撃していたが、ジョーがタッチを受けると、レイと激しいパワー勝負になる。均衡が崩れたのはジョーがディーボンにサモアンドロップを決めたとき、すかさずレイがババボムを決めて、ペースを奪い取る。
しかし、ここでなぜかクリストファーダニエルズがバットを持って乱入。ジョーを殴ろうとするがかわされて、コキーナクラッチに捕らえられてしまう。4人の攻撃にさらされ、最後はコーナーに立てかけたテーブル貫通式ゴアを食らってしまう。
試合結果:無効試合

ジェレミーボラッシュがクリスチャンとAJにインタビューしている。AJは勝手にクリスチャンの試合に組み入れられたことに不満がある様子。クリスチャンはAJをひとしきり持ち上げると、「スティングとアングルに勝てば、挑戦権はお前のものだぞ。」

ロバートルードが、首にコルセットをつけたミスブルックスと、大量の卵を持って入場して来る。実況陣はエリックヤングの匿名の友人が、ジェフジャレットだった事を話している。
ルードは、言うまでも無く機嫌が悪い。エリックヤングに出てくるように言うと、公衆の面前でクビも言い渡してやるという。しかし、登場したのはジムコルネット。観客にジェフジャレットが来場していない事を告げる。そして「エリックヤングとRRI(ルードのチーム名)との契約は、あくまでTNAの契約の内側で行われるべきものだ。だが、お前は契約内容を改竄した罪が認められる。よって、その契約は無効であり、全てを破棄しなければならない。」しかし、ルードは「あんたがどう思おうが、ヤングはクビなんだよ。」と言うと、コルネットを挑発する。
エリックヤングが登場。ルードを攻撃すると、ジャレットのギターを取りに行く。この間、ルードは体勢を立て直し、反撃を狙うが、すでに察知していたエリックに、ブルックスと共にギターで殴られてしまう。しかし、ルードはエリックにチョップブロック。クリスハリスから奪った手錠を取り出して、コーナーにエリックを固定すると、マイクで罵倒してから、ギターで頭を殴る。
ようやく話せるまで回復したコルネットが、ルードにクビを宣告する代わりに、サクリファイスでジェフジャレットと戦ってもらうと宣告する。

ゲイルキム vs ジャクリーンムーア ストリートファイトルールマッチ
キムはいきなり調理用のトレイでムーアの頭を殴る。場外乱闘になり、キムはガードレールに腹から打ち付けられ、花道にボディスラムで落とされてカウント1。キムはムーアをリングに投げ込むと、リングの下からゴミ缶、竹刀を持ち出してくる。そして竹刀を構えると、野球のようなスイングでムーアの腹部を殴る。続いて、粉末でムーアの目を潰すと、棒を使ってムーアの首を絞める。ムーアがイスでキムを殴ろうとしたところに、キムの蹴りが入って、ムーアが持っていたイスを自分の頭に食らってしまい、そのままピンフォール。
勝者:ゲイルキム
ジェームズストームが出てきて、キムを甚振っていると、クリスハリスが登場。ストームと乱闘を始める。
収まった後、スタッフ達はリングで、ムーアの折れた2本の前歯を捜している。

ジムコルネットが実況席に加わる。

スティング、カートアングル vs クリスチャンケイジ、AJスタイルズ ノーDQマッチ
アングルは2人を相手に互角の殴り合い。投げを決めて2人を倒すと、スティングにタッチ。スティングはクリスチャンにドロップキックを決め、リフトアップスラムで叩きつける。さらに、トップロープ越しにAJを場外に投げ捨てる。クリスチャンとAJは場外からスティングの足を掴むと、コーナーポストを挟んで両側から引っ張り、スティングの股間をポストに打ち付ける。ここから、クリスチャンとAJは頻繁にタッチを繰り返し、スティングを集中攻撃。アングルは静観している。スティングはようやく自力で脱出すると、アングルにタッチ。アングルは連続ジャーマンを決める。スティングは2人まとめて、スティンガースプラッシュを決めると、クリスチャンにスコーピオンデスドロップ。フォールはアングルにカットされる。スティングとアングルは、ダブルのかわず落としをAJに決めるが、クリスチャンがイスで2人を殴りたおす。AJがイスを持って、アングルを狙うが、かわされた拍子にクリスチャンを殴り倒してしまう。ここで、スティングとアングルは同時にAJにアンクルロック。たまらず、AJがタップアウトする。
勝者:スティング、カートアングル
ジムコルネットがレフリーに、どちらのサブミッションを有効としたのかを確認すると、両方だと答える。これにより、サクリファイスのNWA世界ヘビー級タイトルマッチは3ウェイとする決定をコルネットが下す。

スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tnanews.blog69.fc2.com/tb.php/613-306ecbdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2007/10/02(火) 13:00:37 |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。