TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TNA PPV サクリファイス 試合結果速報
TNA PPV サクリファイス 試合結果速報です。

今回はプレショー無し。代わりに、ロードトゥサクリファイスがそのまま流れる。
オープニング映像が流れる。レスラー達を英雄になぞらえるが、彼らも人間であるというテーマで作られている。

クリスセービン vs ジェイリーサル vs サンジェイダット Xディビジョンタイトルマッチ
リーサルの入場時、観客はウェーブを始める。序盤はダットとリーサルが共闘し、セービンを攻撃していく。セービンを場外に投げ落とすと、そこからはダットとリーサルが戦い始める。観客は非常に盛り上がっている。セービンはダットを場外に落とすと、リングに戻らないように妨害しつつ、場外でリーサルを痛めつける。ダットは2人まとめてケブラーダで倒す。
全員リングに戻り、ダットはコーナー上からミサイルキックをセービンに放つが、かわされてリーサルに誤爆。ここで、TNAの新マスコット「ストンパー」が映る。ダットはリーサルにアラビアンプレス式のセントーンでニアフォールを奪う。セービンは2人を攻撃し、2人ともコーナーに逆さ磔にすると、その顔面にドロップキックを打ち込んでいく。
しかし、リーサルのフライングエルボーがセービンにヒット。カバーはダットがカットし、ダットがリーサルに450スプラッシュでニアフォール。観客は"This is Awesome"チャント。セービンがダットをリーサルと交錯させて隙を作り、ダットを丸め込んでピン。
勝者:クリスセービン Xディビジョンタイトル防衛
試合後、リーサルとダットは言い争う。リーサルがダットを突き飛ばしたことで乱闘がはじまる。ケビンナッシュが仲裁に現れるが、ダットは背後からナッシュの脚を蹴り、逃げていく。

バックステージでジェレミーボラッシュがロバートルードとミスブルックスにインタビュー。JBはエリックヤングはどこにいるのかを尋ねると、エリックには自宅にいるように命令してあると言う。そしてルードは今夜ジェレットを倒して、スターからスーパースターになると言う。

リングサイドでナッシュがマイク。次の木曜のiMPACT!でダットをぶちのめすと言う。

マイクテネイとドンウエストは今夜の試合のラインナップを紹介している。

事前収録のセグメント。バシャム&ダマジャが挨拶代わりにVKMを襲撃する。DWはこれでBGジェームズが病院送りにされたため、試合が行われるかどうかはわからないと言う。

ジェフジャレットとロバートルードのこれまでのビデオ。

ジェフジャレット vs ロバートルード

ロバートルードは入場時にジャレットを急襲。パイロが上がる。ルードは場外でパワーボムを狙うが、ジャレットはリバーススープレックスで返す。ジャレットはルードをリングに押し込んだところで、正式に試合開始。
トレイシーはジャレットの脚を掴んで、場外に引きずり出そうとする。ジャレットがトレイシーを場外へ追いかけて行く背後からルードが襲い掛かる。ルードはジャレットの鉄階段に突っ込ませる。リングに戻って、ルードはジャレットの腕を肩を集中攻撃。ルードがスリーパーを極めるが、ジャレットが切り返して逆にスリーパー。ルードが脱出し4の字固めを極める。ジャレットがロープに逃れる。
リング中央で殴りあいになり、ジャレットが打ち勝って4の字固め。トレイシーがレフリーの注意をそらし、ルードのタップアウトは見逃される。ルードはイスをリングに投げ込み、使おうとするが、レフリーに止められる。ジャレットがドロップキックでルードの持っているイスを打ち抜き、続けてストローク。カバーするが、トレイシーがレフリーを場外に引きずり出して阻止。ルードはブラスナックルを取り出してジャレットを殴る。カバーはジャレットがキックアウト。ルードはジャレットのギターを奪って殴ろうとするが、レフリーが阻止。ジャレットはストロークを狙うが、ルードが切り返してペイオフがヒットし、カウント3。
勝者:ロバートルード
テネイは、「ルードの人生で最大の勝利」とアナウンス。試合後、ルードはギターでジャレットを殴ろうとするが、エリックヤングが救出。エリックとジャレットは、それぞれルード、トレイシーに4の字固めをかける。

バックステージでレティーシャがクリスチャンケイジ、AJスタイルズ、スコットスタイナーにインタビュー。スタイナーはトムコがまだ来ていないという。もし来なかったらクリスチャンが罰を与えると言う。
AJはジョーなど恐れはしない。なぜならクリスチャンとスタイナーがついているからだと言うと、2人に確認するが、2人は無視。
クリスチャンは、今夜の防衛を約束すると言う。

ライノ vs クリストファーダニエルズ
序盤は一進一退の激しい攻防。ライノがゴアを失敗したことでダニエルズがペースを掴む。ダニエルズは様々な関節技でライノの腕を狙う。観客は前の2試合ほどは盛り上がっていない。
ライノはスパインバスターで2カウントを奪う。しかし、腕を痛めてしまう。ダニエルズはコージクラッチを極める。ライノはロープエスケープ。ダニエルズがBMEを失敗。すかさずライノがTKOを決める。ダニエルズは場外に脱出しバットをリングの下から持ち出す。ライノがダニエルズを捕まえたところで、ダニエルズがバットでライノの頭を殴り、押さえ込んで3カウント。
勝者:クリストファーダニエルズ
試合後、ダニエルズは逃げようとするがライノに捕まり、リングサイドに引き戻されて、イスで殴られる。ダニエルズは流血。さらにイスの上にライノドライバーを見舞おうとするが、セキュリティが止めに入る。ダニエルズは指で額の血をぬぐうと、それを舐めてニヤっと笑う。

バックステージで、キップジェームズが、「BGは病院で、ランスホイトの飛行機が遅れている。しかし、試合を棄権する気は無い。2対1でやってやる」と言う。

バシャム&ダマジャ w/クリスティヘミー vs キップジェームズ ハンディキャップマッチ
キップは頭に包帯を巻いて登場。バシャムがその包帯を剥ぎ取る。ダブルチームでキップを攻撃するが観客は"boring"チャント。バシャムズは同士討ちをしてしまい、キップが反撃。しかし最後はダグバシャムのダイビングヘッドバットでピン。
勝者:バシャム&ダマジャ
試合後もキップをいたぶり続けるが、ようやくランスホイトが到着し救出する。

クリスハリスとジェームズストームのこれまでの関係をまとめたビデオが流れる。

レティーシャがクリスハリスにインタビュー。AMWの歴史について語るが、これまでストームによってもたらされていた悪夢を、ストームに返してやると言う。

クリスハリス vs ジェームズストーム w/ジャッキームーア テキサスデスマッチ 

ゲイルキムはセコンドについていない。実況陣はキムの動向を気にしている。ルールはラストマンスタンディング戦と同じ。場外乱闘で、ハリスがストームを壁に突っ込ませると、壁をぶち抜いてしまう。ハリスはトップロープから観客席内のストームへ向かって、フェンス越しにダイブを敢行する。ハリスがピンを奪ってカウントスタート。ストームが8で立ち上がり、試合続行。ハリスがストームをリングに押し戻す。
再びハリスが危険なダイブを狙うが、ストームはイスを投げつけて迎撃。ストームはハリスをロープに逆さ磔にして、顔面をイスで殴りつける。ハリスは流血する。ストームはテーブルをセットし、その上にフランケンシュタイナーで叩きつけようとするが、ハリスが切り返す。ハリスはコーナーにテーブルを立てかけると、カタパルトスローでストームをテーブルに叩きつける。ストームはテーブルに脚に顔面が当たったらしく、激しく出血する。ストームはテーブルをセットし、テーブル貫通式パワーボムを決めてピン。ハリスはカウント9で立ち上がり、試合続行。観客は"This is Awesome"チャント。ストームはさらに出血が激しくなっている。ストームはテーブルをリングサイドに設置。エプロンサイドに上がるが、リング内からハリスがスピアーで突っ込んできて、ストームはテーブルに落下。ハリスはゴミ缶の上にカタトニックでストームを叩きつけフォール。しかし、ストームがキックアウト。
ジャッキーが試合に介入しようとするが、キムが出てきてこれを阻止。ハリスがビール瓶で、割れたストームの額を殴りつけてピン。ストームは立ち上がれず決着。
勝者:クリスハリス

バックステージでJBがスティングにインタビューを試みる。しかし、ダニエルズが割り込んで来る。スティングは今は時間が無いと言って立ち去る。

4代目タイガーマスク vs センシ vs ジェリーリン vs アレックスシェリー
センシとリンでスタート。センシはリンの腕を狙って攻撃。センシとシェリーがタッチ。リンはタイガーとタッチ。シェリーがタイガーのマスクを小馬鹿にして、さっさとセンシにタッチする。組み合いからセンシが胸板に激しいキックを見舞い、再び組み合いへ。センシがリンとタッチ。スモールパッケージホールで2カウントを奪う。シェリーがタイガーとタッチし、リンの顔面を掻き毟り。シェリーのアトミックドロップをかわしてタイガーとタッチ。シェリーはスタナーから、タイガーにも掻き毟り。しかし、タイガーはペレキックで倒して、スタンディングムーンサルトを決める。タイガーがコーナーに登ったところで、シェリーが捕まえてジョーブリーカー。しかし、タイガーはシェリーをコーナーに上げると、雪崩式のダブルアームスープレックスを決める。カバーはセンシがカットする。
センシはスワンダイブ式バックキックをタイガーの頭部に入れると、座り込んでいるシェリーを攻撃。シェリーを蹴り倒す。その間にタッチしたリンがスワンダイブして、センシの膝へのドロップキックを決める。さらにシェリーにスワンダイブ式ドロップキックを決める。タイガーはリンにタイガースープレックスを狙うが、持ち上げられない。リンはサンセットフリップに切り返してカウント2。リンがTKOで再び2カウント。シェリーがリングに入って、リンを攻撃する。
リンがシェリーの蹴りをキャッチ。シェリーはリンの目を突いてから蹴り。リンがシェリーの攻撃をかわして場外に脱出しようとしたところで、センシがリンを攻撃。リンとセンシはコーナー上でもみ合いになり、リンがゴッチ式パイルの体勢にセンシを捕らえる。ここでタイガーがセンシにキック。センシは場外転落。代わってタイガーがリンをダブルアームの体勢に捕らえるが、シェリーがタイガーへキック。シェリーはコーナー上に座り込んだリンにスーパーキックを決め、雪崩式のウラカンラナを決める。しかし、上手く回転してリンが逆に押さえ込みカウント3。
勝者:ジェリーリン

試合後、セービンとシェリーがリンを攻撃。ボブバックランドが救出する。

レティーシャがトムコにインタビュー。スタイナーには必ず来ると伝えているにもかかわらず、スタイナーは愚かにも、誰も信じようとしなかったと言う。

チーム3D vs LAX vs トムコ、スコットスタイナー 世界タッグタイトルマッチ
入場時から、トムコとスタイナーは口論している。3DはNWAのベルトを持って入場。まだ新ベルトを持ってはいない。観客の反応は、3Dに対しては声援とブーイングが混ざっており、LAXに対しては歓声が送られている。
ブラザーレイ、ホミサイド、スコットスタイナーでスタート。観客は「3D sucks」チャントをはじめる。ディーボンがスタイナーに攻め込まれると、レイは観客に声援を促すが、観客は応えない。ディーボンがようやくレイにタッチ。レイはLAXをなぎ倒す。しかし、3Dがそろって場外にいるところに、ヘルナンデスがブランチャーでダイブ。まとめて倒される。
リング内でスタイナーがホミサイドを肩に担ぎ上げ、トムコがコーナー上からダイブ。しかし、ホミサイドが一瞬早く、スタイナーを丸め込んでトムコは自爆。スタイナーとトムコは口論を始める。スタイナーはブラザーレイを羽交い絞めにすると、トムコはロープに走るが、レイがかわしてブートはスタイナーに誤爆。すかさずディーボンがトムコを抱え上げて3Dがヒット。
勝者:チーム3D 世界タッグタイトル防衛
試合後、スタイナーがトムコを突き飛ばすと、トムコもやり返す。やがて殴り合いに発展するが、ここでリックスタイナーが登場。スコットとダブルチームでトムコを攻撃し、クローズラインで場外に叩き落す。


※サクリファイスとは関係ありませんが、先ほどNWAはクリスチャンケイジとチーム3Dから、それぞれタイトルを剥奪すると発表しました。


サモアジョー vs AJスタイルズ
観客席で「シナはジョーを恐れている」というサインボードが掲げられているのが映る。
組み合うが、パワーで勝るジョーがAJを吹っ飛ばす。AJは片足を取って倒しに行くが、ジョーに蹴りはがされてしまう。ジョーはAJを水面蹴りで倒す。
ジョーが優勢に試合を進め、AJが場外に脱出したところへ、ジョーが得るボースイシーダで突っ込む。
AJはレフリーに怪我をしたとアピール。ジョーがAJを捕まえて、リングに押し戻す。すぐに場外に出て、ジョーはAJをガードレールに打ち付け、クローズラインで追い討ちを狙うが、AJがかわして自爆。AJは自分の頭の良さをアピールする。
リングに戻ってAJが優勢。ロープを使ったチョーク攻撃をレフリーに止められる。ジョーはパンチで反撃するが、AJは逆水平チョップで押し返す。AJがロープに走ると、ジョーはカウンターのフロントスープレックス。さらにマンハッタンドロップから、重爆キックを狙うが、AJが伏せてかわしたところへセントーンを決める。
AJはスタイルズクラッシュを狙うが、惜しいところでジョーが脱出し、逆にデスバレーを食らってしまう。
ジョーが膝を押さえている。AJはジョーが傷めた右足を狙うが、ジョーは左足でAJの顔面に蹴り。ジョーは一気に攻め込もうとするが、踏ん張りが利かず倒れてしまう。AJはコーナーに上ってスパイラルタップ。しかしジョーは転がってこれをかわし、普通に立ち上がって、膝の故障がフェイクだった事をアピール。スタンディングでコキーナクラッチを決めると、そのまま後方にスープレックスで投げる新技でピン。
勝者:サモアジョー

クリスチャンケイジ vs スティング vs カートアングル 世界ヘビー級タイトルマッチ
スティングとアングルが共闘してクリスチャンを攻撃する。スティングがアトミックドロップを決めると、2人がかりでクリスチャンを場外に落とす。スティングとアングルはリング中央でにらみ合い。クリスチャンがリングに入ってくると、再び場外に放り出してしまう。
クリスチャンが再び戻るとスティングに共闘を持ちかけるがスティングが拒否。スティングはクリスチャンをリフトアップスラムで叩きつけ、エルボードロップを落とす。
アングルは花道でスティングにオリンピックスラム。すかさずリングに戻ってクリスチャンを攻撃しようとするが、逆にブートで反撃されてしまう。クリスチャンはサードロープにアングルの喉を引っ掛けると、アングルの上に乗る。さらに、背後からチョーク攻撃でアングルの動きが次第に弱くなっていく。
アングルへのフォールが2で返されると、場外に出て行ってスティングを攻撃。リングに戻ってくるところで蘇生したアングルに捕まり、8連発ジャーマンを食らってしまう。アングルがカバーするが、スティングが飛び込んでカットする。スティングはアングルを場外に落としてクリスチャンをカバーするが、2カウント。
スティングは雪崩式ブレーンバスターをクリスチャンに狙うが、アングルが入ってきて、スティングを引き倒すと、クリスチャンごとマットに叩きつけられる。アングルはスティングをカバーして2カウント。続いてクリスチャンのカバーに行くが、こちらも2カウント。クリスチャンにオリンピックスラムを狙うが、クリスチャンは着地してかわし、アンプリティアを狙う。アングルはクリスチャンを突き飛ばして、コーナーに押し込むとクリスチャンはへたり込んでしまう。そこへ2人まとめてスティンガースプラッシュを食らってしまう。スティングがアングルをカバー。クリスチャンがレフリーを引っ張ってカウントを阻止する。
スティングがスコーピオンデスロックをアングルに狙うが、アングルは前転してアンクルロックの体勢。クリスチャンがアングルに蹴りを放ったところで、アングルはこの蹴り脚をキャッチして、2人まとめてアンクルロック。スティングとクリスチャンは同時に前転して、反動でアングルを引き剥がす。クリスチャンはスティングにアンプリティアを狙うが、スティングが丸め込みに切り返す。スティングがクリスチャンを押さえ込んだ体勢のまま、アングルがスティングにアンクルロック。レフリーはスティングのフォールカウントを入れるが、3とほぼ同時にスティングがタップアウト。
勝者:カートアングル 世界ヘビー級タイトル奪取

終了です。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
今回は変わった試合形式も無かったみたいで、大会が盛り上がったみたいですね。今後アングルの抗争相手が楽しみです。
2007/05/14(月) 12:34:09 | URL | 羊 #-[ 編集]
>スタンディングでコキーナクラッチを決めると、そのまま後方にスープレックスで投げる新技でピン。
スリーパースープレックスですかね?もしかすると片腕引っ掛けないやつなのかも……
(小橋のスリーパーSPは首を絞めつつ相手の片腕を巻きこんでクラッチするので)
2007/05/14(月) 14:51:07 | URL | ゆうやみ #-[ 編集]
最後にAJがROHに上がった去年の8月の大会でもジョーがそのコキーナクラッチからのスープレックスで勝ってます。
2007/05/14(月) 16:57:38 | URL | ユウ #-[ 編集]
管理人さんお疲れさまでした。NWAが王座剥奪したということはカートの勝利ではなく判定が浮いたって事になるんでしょうか。どちらにしろスラミバーサリーで新王座の決定戦ですね。
2007/05/14(月) 18:25:35 | URL | D-bleJ #-[ 編集]
>羊様
ロックダウンとスラミバーサリーと言う名物大会に挟まれているので、地味な大会になるかと思いましたが、良いカードがそろいましたね。次のメインがキングオブザマウンテンと決まっているので、カードの出し惜しみをする必要が無かったのかも知れません。
観るのが楽しみです。

>ゆうやみ様、ユウ様
すでにROHで使ってましたか。
最後はカバーしたそうですので、スリーパースープレックスだと思うのですが、クラッチの仕方が文章では分からないので、映像が入手できたら、連続写真でご紹介する予定です。

>D-bleJ様
正式な発表はありませんが、どうも、ただ「世界タイトル」としてコールされていたようですので、3Dとクリスチャンが試合前の時点で、TNAチャンピオンと言う扱いだったようです。で、アングルはそのタイトルを奪ったわけですので、近いうちにTNA世界ヘビー級チャンピオンとコールされるものと思われます。
 次のPPVのメインがキングオブザマウンテンですから、どういうメンバーがそろうのか、非常に楽しみです。
2007/05/15(火) 01:52:40 | URL | finch3 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tnanews.blog69.fc2.com/tb.php/625-27e0a05a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。