TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PPV Victory Road試合結果速報
PPV Victory Road試合結果速報です。

プレショー
センシ vs ピーティウィリアムズ vs ジェリーリン ガントレットアルティメットXマッチ予選試合
レフリーはアールヘブナー。リンのジャーマンがセンシに決まるが、PTがカット。センシに対し、リンがゴッチ式パイル、PTがカナディアンデストロイヤーを狙うが、いずれも切り返される。PTのカナディアンデストロイヤーがリンに決まったところで、PTにセンシのウォーリアーズウェイ(ダイビングダブルフットスタンプ)が決まってピン。
勝者:センシ ガントレットアルティメットX出場権獲得

本大会スタート

オープニングビデオが流れ、続いて事前収録のアングル、ジョー、チーム3Dらが、それぞれ世界王者である意味についてコメントする。アングルはTNAとIWGPのベルトを両肩にそれぞれかけている。

ソーカルヴァルの投げキッス。パイロが上がり、マイクテネイとドンウエストが今夜のカードを紹介する。

ガントレットアルティメットXマッチ
1分毎に次の選手が入場してくる。オーバーザトップロープ有り。
クリストファーダニエルズとジェイリーサルでスタート。次の入場者はプーマ。続いてホミサイド。続いてサンジェイダット。続いてピーティウィリアムズ。観客はPTチャントで声援。PTがプーマを落とす。しかし、すぐにPTも落とされてしまう。続いてシャークボーイが入場。続いてエリックススキッパー入場。スキッパーはシャークボーイとサンジェイダットを落とす。カズが入場。続いてセンシ。全員が登場し終わったところで、「X」がリングの上に吊るされる。センシがワイヤーに捕まろうとするが、ホミサイドが引きずり落とす。ダニエルズのトライはカズがカット。カズ、ダニエルズ、スキッパー、ホミサイドが同時に別のコーナーからワイヤーに捕まるが、全員同時に落ちてしまう。
ダニエルズがワイヤーに逆さまにぶら下がっているところへ、カズがスワンダイブして攻撃し、ダニエルズをマットに落す。素晴らしい動き。ダニエルズがスープレックス3連発。TNAチャント発生。カズとスキッパーがそれぞれ別のコーナーから登り、カズが「X」に到着。しかしスキッパーも追いつき、「X」を挟んで攻撃し合い、結局、2人とも落ちてしまう。
ダニエルズが登るが、リーサルが引きずり落とす。別のコーナーから再びダニエルズが登る。この間、スキッパーはリーサルをカット。ダニエルズが「X」を手にする。
勝者:クリストファーダニエルズ
ダニエルズ、センシ、スキッパー(元XXXメンバー)がリングに集う。

バックステージで、ジェレミーボラッシュがチーム3Dにインタビュー。ディーボンが、「今夜は人生で最高のチャンスだ。この機会を15年間、待っていた。今夜、アングルからピンを奪い、TNAチャンピオンになってやる」と言う。
レイは「お前はTNAチャンピオンにはなれない。俺がXディビジョンチャンピオンになるからだ」と言う。
ディーボンは、「俺のなすべきことをする。だから、レイもなすべきことをしろ。」と言うと、レイは「わかった」

レティーシャがサモアジョーにインタビュー。ジョーはアングルを信用していないと言う。しかし、チーム3Dを倒してタッグタイトルを奪うと言う。そして、その次はアングルだと言う。

バックステージでVKMが、今夜、サプライズがあるという。BGはヘミーにはまったく才能が無いといい、ニューオーリンズから新たなVKMメンバーを連れてきたと言う。キップはホイトをぶっ飛ばすとアピール。

ダマジャ&バシャム w/クリスティヘミー、ランスホイト vs VKM 
試合開始前、VKMはニューエイジアウトローズ風のアピールの後、BGがブードゥークイーンのロキシー・ラヴューズなる女性を連れてくる。観客は「何だこりゃ?」チャント。ロキシーはヘミーを睨んでいる。ヘミーはキップに絡む。ロキシーがリングに入ろうとすると、レフリーのアールヘブナーが止める。場外ではホイトがBGをガードレールに押さえつけている。観客は「Boring」チャント。ヘブナーの死角をついて、ホイトがイスを使ったブートをキップに決める。カバーはキップがキックアウト。BGのイス攻撃が決まり、キップが押さえてピン。
勝者:VKM
試合後、ロキシーがヘミーを殴り倒す。ホイトがヘミーを連れて引き上げていく。

JBがカートアングルにインタビュー。アングルは2つのベルトをまだ持っている。ジョーに対し、羨ましがらせて申し訳ないと嫌味を言うと、今夜は3対1にはならないだろうと言うと、「今夜はかき混ぜて焼けば出来上がりだ(簡単に片がつくの意)。」

準備をするライノと、ビールを飲むストームが映る。

ジェームズストーム w/ジャッキームーア vs ライノ
レフリーはルディチャールズ。試合前にレフリーがムーアを排除する。ストームはビール飲みながら入場。ストームが場外にいる間に、ライノが襲い掛かって乱闘がスタート。そのまま観客席へ。ライノは外壁にストームを叩きつける。ライノはストームのビール瓶を奪い、観客に投げ渡す。そのまま場外乱闘を3分ほど続けた時点でようやく正式に試合開始。観客はライノにチャントを送る。
ストームはリングの下からビール瓶を持ち出す。レフリーはそれを使わないように警告している。ストームは瓶をコーナーに置く。ライノの雪崩式ブレーンバスターがヒット。カウントは2。ライノのクローズラインがレフリーに誤爆。レフリーがダウン。ライノのフロントスープレックスがヒット。ストームがコーナーにダウンし、ライノがゴアを狙ったところで、置いてあった瓶でライノを迎撃してカバー。蘇生したレフリーがカウントを取りピン。
勝者:ジェームズストーム
ライノは流血。試合後、ストームはライノをロープに固定。ムーアを呼び入れると、ムーアはビア樽を持っている。ストームはイスでライノを殴り、ビールをかけると、ムーアが写真を撮る。レフリーはストームにやめさせようとするが、まだダメージが残っている。ストームは再びイスを持ち、無防備なライノの頭を殴る。

バックステージで、レティーシャがバックランドとジェリーリンにインタビュー。リンは「もう我慢できない。ルーキー共は敬意を払うと言うことを知らない。」と言う。バックランドは「私は家族の為に戦う。」といい、ひとしきりアピールした後、「私はやり遂げた。」

これまでの抗争のまとめ。

クリスセービン、アレックスシェリー w/ケビンナッシュ vs ジェリーリン、Mrバックランド
ナッシュが、持ってきた本に書いてあるらしい、自分のチーム(セービン、シェリー組)を紹介する。テネイはバックランドが56歳、リンは44歳だと紹介。
バックランドがリンにタッチすると、ジェリーチャントが発生。しかし、レフリーが注意を逸らされている間に、ナッシュが介入してリンにブート。すかさずセービンが抑えてピン。
勝者:クリスセービン、アレックスシェリー

バックステージの通路で、アングルが今夜、自分のバックアップをする人間を探している。リーサルに声をかけ、お世辞を言うが、リーサルは断る。怒ったアングルがリーサルをロッカールームで叩きのめす。流し台にリーサルの頭を何度も叩きつけ、トイレに放り込んで立ち去る。

ルード、トレイシーとエリック、キムの抗争のまとめ。

ロバートルード、Msブルックス vs エリックヤング、ゲイルキム 混合タッグマッチ

エリックが場外にルードにダイブ。観客はエリックヤングチャント。リングにもどり、トレイシーがエリックに嫌いだと告げる。キムがトレイシーにサイドバスターを決め2カウント。続いてキムのミサイルキックがヒット。キムとエリックがダブルでドロップキックを決め、キムがトレイシーを抑えてピン。
勝者:ゲイルキム、エリックヤング
試合後、ルードが激怒し、トレイシーを小突き、帰れという。エリックがルードの背後に忍び寄って、タイツをずり下ろしてしまう。

バックステージでJBがクリスチャン、AJ、トムコにインタビュー。クリスチャンがストップスター(不動のエースの意)になるために必要なものがあるという。AJが「俺はどうだ?最高の奴から学びたいんだ。」と言うと、トムコは自分とのタッグがあることを思い出させる。
カートアングルが登場。クリスチャンからチームのメンバーをバックアップに借りたいと言う。クリスチャンはこっちも手が足りないからと言って断る。サンジェイダットが世界の問題を記したプレートを持って現れる。アングルはそれよりも自分の問題を心配しろと言うとプレートを奪い、ダットの頭を殴りつける。アングルはロッカールームにダットを突き倒して立ち去る。

ハリスの事前収録のプロモ。自分には、TNAのストップスターになるだけのハートがあると言う。成功するにせよ、ぶち壊すにせよ、TNAでシングル戦線のスターであることは素晴らしい思い出になったと言う。

クリスハリス vs クリスチャンケイジ
花道でハリスのショルダースルーが決まる。場外でクリスチャンがイスを手にするが、レフリーのルディチャールズがイスを奪い取る。ハリスのクロスボディがヒット。カウントは2。クリスチャンのアンプリティアがヒットするも、ハリスはキックアウト。クリスチャンはハリスをイスで殴り、フロッグスプラッシュからカバーするが、ハリスが再びキックアウトする。ここで、ダスティンローズが登場。
トムコがレフリーの注意を引く間にダスティンが手錠でハリスを殴りつけて退場。クリスチャンが丸め込んでピン。
勝者:クリスチャンケイジ

アビス、スティングvsAJ、トムコ戦が決定するまでの流れのおさらい。

バックステージでJBがアビスとスティングにインタビュー。スティングがチーム結成には長い時間がかかったが、それだけの価値があったという。アビスはバットに有刺鉄線を巻いている。アビスは自分の手がAJとトムコの血にまみれることに鳴るという。

AJスタイルズ、トムコ vs スティング、アビス

AJがコーナースプラッシュをトムコに誤爆。アビスのブートがトムコに決まるがAJがカット。アビスはAJにスタイルズクラッシュを狙うが、トムコがカットする。
AJがコーナーに登ったところで、スティングがAJを突き落とすと、場外にいたトムコとアビスの上に落ちる。3人がもつれたところに、スティングがダイブする。
トムコのランニングパワースラムがスティングにヒット。カバーはスティングがキックアウト。ニアフォールの応酬になる。
アビスのチョークスラムがトムコにヒット。トムコがキックアウト。アビスはAJにショックトリートメント。スティングのスコーピオンデスロックがトムコに極まる。しかし、AJがレフリーの注意を引きつけたため、トムコのタップアウトは見逃されてしまう。しかし最後はアビスのブラックホールスラムがトムコに決まってピン。
勝者:アビス、スティング
試合後にジェームズミッチェルが登場。裏切り者には制裁が必要だと言い、破滅への時計は動き続けていると言うと立ち去る。

テネイとDWはこの後のマッチオブザチャンピオンズの予告。これまでのハイライトビデオが流れる。

サモアジョー、カートアングル vs チーム3D マッチオブザチャンピオンズ
ジョーはサモアンダンサーを引き連れての入場。通路では、カートアングルがマーターとハボックにサポートするように言い寄るが、結局2人とも殴り倒してベルトで殴る。ようやくアングルはリングに向かう。相変わらずIWGPとTNAの2つのベルトを持っている。JBのメインイベント恒例のコールが始まる。観客は「Angle Sucks」チャント。
試合はディーボンとジョーで始まる。ファン投票の結果は、ジョーの勝利という予想が38%で、アングルの36%を上回る。
序盤はジョー、アングル組がチームとして機能し、頻繁にタッチを繰り返す。観客の声援はジョーに集中。ディーボンがアングルをカバーすると、レイがカットしてしまう。レイがジョーをカバーするとディーボンがやり返す。チーム3Dは互いに小競り合いになり、レイがディーボンにビンタ。そのまま立ち去ってしまう。が、すぐにリングに駆け戻ってハグし仲直り。どうやら心理戦を仕掛けている様子。
3Dはジョーを集中攻撃。ジョーはアングルにタッチを試みる。アングルも声をかけてタッチを促すがレイがアングルを殴りつけて、タッチを阻止する。ようやくアングルへのタッチが成立。3Dの2人をなぎ倒す。3Dは反撃を試みるが、ジョーがディーボンを場外に落とす。すばやいフォールの応酬から、アングルのムーンサルトがディーボンにヒット。カバーはレイがカットする。レイが「Get the Table」コールを促したところで、ジョーとアングルがダブルでアンクルロックを極める。3Dがアングルにヒット。しかし、登場したリックスタイナーがレフリーのアールヘブナーを場外に引きずり出してカウントを阻止。リックがレイを殴り倒す。ジョーがレイを抑えるが、アングルがカット。続けてジョーにオリンピックスラムを狙うが、ジョーがこれを切り返し、レイを押さえ込んでピン。
勝者:サモアジョー、カートアングル TNA世界タッグタイトル獲得

ジョーが3つのベルトを掲げて放送終了。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ダスティンって^^;
更新お疲れさまでした。
気になったのですがまだ出来てまもない新しいTNAチャンピオンベルトをIWGPと並べるってのはどうなんでしょうか。ベルトマニアの私には見慣れない2本のベルトを一緒にされても価値を感じません^^;新ベルトをIWGPとくっける事で付加価値が狙いなんですかね。IWGPの防衛戦なりがあるまでは2本でひとつってことでしょうか。長々とすいません。
2007/07/16(月) 15:27:11 | URL | D-bleJ #-[ 編集]
カートhttp://blog69.fc2.com/image/icon/e/363.gif" alt="" width="14" height="15">永田の戦いになりそうな気がする…。
2007/07/16(月) 18:34:48 | URL | #-[ 編集]
更新お疲れ様です。
なんでまたダスティン…
ゴールダストは権利とかで無理なんですかね。あの姿なら見たい
しかしVKMとナッシュはもういいよ
2007/07/16(月) 21:40:01 | URL | あん生 #-[ 編集]
>ダスティンについて
ほんと謎の起用です。前にレギュラーでTNAに参戦していたときもパッとしませんでしたが、役所をちゃんと考えての起用なのかどうか心配です。

>IWGPのベルトについて
特に意味は無いと思います。間違ってもTNAで防衛戦はできないわけですし。アングルが過去の実績を鼻にかけた嫌味で横暴なヒールキャラになったので、持っているベルトを見せびらかすのに使っているだけだと思います。

>VKM、ナッシュ
VKMは行き詰まりもはなはだしいですね。前から思っているのですが、元WWEで軍団を結成して、ヒールとして使えば、観客をかなり煽れるのではないでしょうか。
ナッシュの立ち位置もよくわかりませんが、以前ほど若手の邪魔にはなっていませんから、これなら出てきてもらってもいいかなと思い始めています。
2007/07/17(火) 00:19:47 | URL | finch3 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tnanews.blog69.fc2.com/tb.php/693-0f933a71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。