TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/21放送分iMPACT!試合結果詳細
11/21放送分iMPACT!試合結果詳細です

本日はサンクスギビングデーを記念して、ターキーボウルを開催するというビデオ。9人がそれぞれ3ウェイマッチで1回戦を戦い、その勝者が3ウェイで対決して勝者に2万5千ドル。敗者には七面鳥の衣装を着せると言う。

アングル夫妻、ジェレミーボラッシュ、トムコ、AJスタイルズがサンクスギビングの食事が用意されたテーブルについている。カートアングルが開宴の挨拶。テーブルマットにアングルの肖像写真が使われているのを紹介する。アングルが神父、カレンがシスターの衣装を着ている。アングルは祈りを捧げるといい、隣の人の手を取るようにいう。ボラッシュは間違えて両手でカートの手を握ってしまうが、カートはもう片方の手でAJに手を取るように言う。トムコが帽子を被っているのをカートが咎める。トムコはカレンもフードを被っていると言うが、カートはカレンが巡礼者だからだと言う。トムコはおとなしく従う。
カートの感謝の祈りが始まる。全員頭を垂れカートは祈りの文句を続けるが、AJはこっそりピラフを口に含む。カレンがJBに口を開けて見せると、カレンもすでに口に入れている。JBも口を開けてピラフを見せ返す。
アングルは祈りの最後に、「自分に俳優並みの容姿と、優れた運動能力とオリンピックの金メダルを与えてくださったことに感謝します。それと、パックマンジョーンズが我々の元にもういないことに感謝します。アーメン」続いて全員アーメン。しかしカートの祈りはまだ続く。AJがピラフを手づかみで食べるのを、トムコが止める。カートは「ターニングポイントであなた(神様)が我々と共にあり、デブのジョーぶっ飛ばす事を望みます。アーメン、アーメン」ようやく祈りが終わるが、AJはカートにクリスチャンも来るのかと尋ねる。クリスチャンのネームプレートもテーブルに置いてある。カートは来るという。AJが何か言いかけるが、カートはテレビを指差し「TNAのターキーボウルが始まるぞ」と言うと、iMPACT!のオープニング映像がスタート。

ターキーボウルの組み合わせが発表される。1回戦はアビス、ディーボン、セービンが第1戦。デバイン、キップ、ジョーが第2戦、AJ、リーサル、クリスチャンが第3戦で戦う。

ブラザーディーボン vs クリスセービン vs アビス
ブラザーディーボンがXディビジョンのベルトを持って入場。続いてセービン。フェイスとして入場。花道でディーボンが奇襲をかけリングに連れ込んでクローズラインで場外に叩き落す。ここでアビスのテーマがヒット。ゆっくりとリングに歩いてくる。リングに入るとディーボンをアビスが圧倒。早々にチョークスラムを予告するがディーボンがかわし、コーナーに上っていたセービンのミサイルキックをディーボンがかわした為アビスにヒット。ディーボンのクローズラインでアビスが場外に転落する。セービンはディーボンにウラカンラナをヒット。スワンダイブするがディーボンからカウンターのパンチを食らってしまう。ディーボンはセービンをコーナーにつめてパンチを打ち込み、ブートを顔面に押し付ける。アビスがエプロンに上がってくるがディーボンが蹴り落とす。セービンにクローズラインをヒット。セービンは一回転。再びエプロンに上がったアビスを蹴り落として、セービンにチョーク攻撃。セービンはロープワークからフェイスクラッシャーでディーボンを倒す。ここでアビスがようやくリングに上がり、2人を次々にパンチでなぎ倒す。さらに対角のコーナーに2人を別々に振り、両方にコーナースプラッシュを見舞う。さらにディーボンにチョークスラムをヒット。続いてセービンにも狙うが、セービンは指に噛み付いて阻止。クレイドルショックを狙うが上がらず、逆にショックトリートメントを食らう。ここでブラックレインとレリックが乱入。アビスを襲うが、ライノが救出に現れる。
リング上はセービンとディーボン。ディーボンのコーナースプラッシュをかわしたセービンのブートがヒット。さらにスイングDDTからカバー。カウント2でキックアウト。セービンはコーナーに追い詰めてテンカウントパンチ。ブラザーレイが乱入し背後からセービンに迫るが、これをかわして延髄切りでレイをノックアウト。ディーボンはリバースブレーンバスターを狙うが、セービンが着地して丸め込んでピン。
勝者:クリスセービン

駐車場にアウトサイダーズの2人がいるのが映る。

コマーシャル

カートたちの食卓が再び映る。ロバートルードとトレイシーが登場。続いて、ジェームズストームとジャクリーンも席に着く。次にクリスハリスが登場。何かの間違いだろうといきり立つがジャクリーンの横に着席。エリックヤングが登場。突然変なことをはじめるエリックにカートが誰に招かれたのか尋ねると、JBだと答える。カートは何もせず、まっすぐに席に着けというが、やはりエリックはうろうろしてしまう。エリックはキーラと一緒に別の小さなテーブルに着くように言われる。

ジョニーデバイン vs キップジェームズ vs サモアジョー
ジョニーデバインが竹刀を持って登場。先週、チーム3Dの人質のふりをして不意打ちを食らわせたシーンのリプレイ。続いてキップジェームズ。BGとロキシーも一緒に登場。観客はブーイング。リングに上がってBGといつものポーズ。最後にサモアジョーが入場。大歓声が上がる。
ジョーが2人を圧倒。デバインを倒してサッカーボールキックからニードロップを落とす。隙をついてキップがジョーを捕まえて、コーナーでパンチからチョーク攻撃。ロープワークはジョーがカウンターのマンハッタンドロップで止め、逆にジョーがロープに走るが、場外に出ていたデバインが足刈りでダウン。そのままジョーの後頭部に何度もニーを落とす。キップはセカンドロープにジョーの喉を押し付け、BGが場外からビンタ。デバインのカバーは1。デバインとキップの共闘が続くが、ダブルチームの攻撃の後、ジョーをカバーしたデバインをキップが引き剥がし、キップがカバーするとデバインが引き剥がす。2人が言い争う間にジョーが立ち上がって2人にパンチ。デバインにパワースラムをヒット。コーナーのキップに膝蹴りを入れ、マッスルバスターを狙うが、BGが足をひっぱって妨害。キップはその隙にローブロー。その間にロープに走ったデバインがジョーに突っ込むが、ジョーにいなされてキップに交錯。反動で飛ばされたキップがBGと交錯してしまう。ジョーはデバインに延髄切りをヒット。そのままマッスルバスターが決まってピン。
勝者:サモアジョー

カートたちの食卓が再び映る。シャークボーイ、サンジェイダット、ピーティーウィリアムズが登場。ダットは恵まれない子供達に寄付を募っている。エリックとストームがビールの早飲み競争を始める。カートは一人で何かを語っている。

コマーシャル

AJスタイルズ vs ジェイリーサル vs クリスチャンケイジ

AJスタイルズが入場。タッグのベルトを持っている。続いてジェイリーサル。最後にクリスチャンケイジのテーマがヒット。大きなブーイング。しかし出てこない。現れないままゴング。照明が暗いまま、リーサルが丸め込みで奇襲。カウント2。もう一度カバーするがAJがキックアウトする。コーナーのリーサルにAJが突進するがジャンプでかわしたリーサルがウラカンラナをヒット。続いてボディスラムからコーナーに上りダブルスレッジハンマーをヒット。しかしAJはパンチで反撃。リーサルはAJのハンマースローを切り返してヒップトスから座り込んだAJの顔面にドロップキック。カバーは2カウント。AJはリーサルをコーナーにつめスプラッシュを狙うが自爆。リーサルはヘッドロックに固める。AJは髪を掴んで引き剥がす。ロープワークからAJのドロップキックがヒットする。ここでクリスチャンが登場。AJがあわてて逃げる。

コマーシャル

コマーシャル明け、AJがいない。クリスチャンがリーサルを圧倒している。腹への蹴りを連発し首投げからチンロック。さらにネックブリーカーをヒット。AJは花道奥のトンネルから様子を見ている。リーサルがショルダースルーで投げ飛ばされたのを見てリングに近づくが、クリスチャンが走り寄ると、再び逃げ出す。リーサルは戻ってきたクリスチャンに首固めで2カウント。しかし、クリスチャンはラフ攻撃で再びリーサルを捕まえる。リーサルは反撃してコーナーからのプファドーラで2カウント。さらにクリスチャンの頭を掴んだまま場外に飛び降りてロープスタンガン。さらにスワンダイブ式ドロップキックで2カウントを奪う。再びクリスチャンが優勢。スワンダイブしようとしたリーサルをそのままファイアーマンズキャリーに抱え上げ、山折りからカバー。2カウント。裏DDTを狙ったところで、リーサルコンビネーションに切り返されてしまう。リーサルはマッチョマンエルボーを予告。しかし、AJが妨害してコーナーで股間を強打。クリスチャンがリーサルにアンプリティアをヒット。倒れたリーサルにすかさずAJがスワンダイブしてスプラッシュ。クリスチャンは後ろを向いて気づいていない。3カウントが入った後でAJがカバーしていることに気づく。
勝者:AJスタイルズ
怒るクリスチャンがAJに詰め寄るとAJが逃げ出す。

カートたちの食卓。ブラックレインとレリックが登場。七面鳥を手づかみでちぎりとっていき、食卓にねずみをのせる。カートが頭を抱えている。

再び食卓。ストームとエリックはまだ飲んでいる。リーサルが登場。少し遅れてソーカルヴァル。リーサルが席までエスコートする。

ターニングポイントの宣伝。

アンジェリーナラブ vs ODB vs ベルベットスカイ

ODBはウイスキーの容器を持って登場。リング下で飲み干す。ラブをリング下から手を出して引きずり出すと、リングに上がってスカイにクローズライン。観客はODBチャント。さらにマウントパンチ。ラブがトップロープからクロスボディをODBにヒット。エルボーの連発から旋回式ヘッドシザースを決める。スカイはラブの胸にビンタ。ODBはコーナーにおいてあったウィスキーを飲む。スカイはロープワークからラブにミドルキック。ひざをついたラブにDDTを決めカバー。ODBがカットに入る。ODBはスカイにフォールアウェイスラムをヒット。ヘッドスプリングで跳ね起きる。再びODBチャント。ラブに狙いを定めるが、逆にキックを決められカバー。スカイがカットして、ラブをドロップキックで場外に落とす。ODBはスカイの髪を掴んだままコーナーに上がって腰掛けると、ターンバックルに何度もスカイの頭を打ち付ける。フラフラのスカイに、セカンドロープからルーテーズプレスをヒットしてカウント3。
勝者:ODB

食卓が映る。カートが注目するように言う。JBがここで退席するという。誰かが激しくノック。入ってきたのはオーサムコング。果物をむさぼり食べ始める。

クリストファーダニエルズのプロモ。センシとスキッパーも背後に控えている。

チーム3Dが食卓に現れる。誰も招いていないと言う。アングル夫妻とコングを残して全員退場。カートは勝手に食ってくれと言う。レイは残っている食事をむさぼり食っている。3Dはキーラに絡み始めるが、キーラは「お前らダサいんだよ!!」全員、息を呑む。

クリスセービン vs サモアジョー vs AJスタイルズ
JBと2人のレフリーがリング上にいる。レフリーの一人は2万5千ドルの小切手。もう一人は七面鳥の衣装を持っている。JBがいつものメインイベントのコール。
ゴングが鳴って試合開始。3人でにらみ合い。AJがセービンに突っかけるが、ジョーに殴られ、セービンもAJに攻撃。セービンに場外に落とされてしまう。セービンとジョーは非常に早い攻撃の押収。リングに戻ってきたAJは勢いあまって反対側の場外に転落してしまう。セービンはジョーを場外に落とすと、AJに向かってトペスイシーダを敢行。

コマーシャル

コマーシャル明け。ジョーが2人を圧倒。延髄切りでセービンを場外に落としてダイブしようとするが、AJが飛び込んで阻止。ドロップキックをジョーに狙った流れ弾がエプロンのセービンにヒット。セービンは再び場外に転落。AJはジョーにドロップキック。飛び込んできたセービンがAJに丸め込み。さらにジョーの背中にしがみついて丸め込んでいく。AJはジョーにブレーンバスターをヒット。セービンにパンチ。ロープに振ってバックブリーカーを決めると、今度はジョーにスリーパーを仕掛ける。セービンがその背後からスリーパー。ジョーが立ち上がってAJ越しにセービンの頭を押さえ込んで2人まとめてチンクラッシャー。

再びコマーシャル

コマーシャル明けAJが優勢。隙をついてセービンがジョーを足場にAJにスイングDDTをヒット。セービンはAJをコーナーに振るが、そこにいたジョーがAJを抱え上げ、そのままの体勢でセービンにガットショット。コーナーに下がったセービンに担いでいるAJの頭をぶつけると、反転してAJをパワースラムでたたきつける。カバーはAJがキックアウト。ジョーはAJにマンハッタンドロップからシャイニングケンカキック。倒れたAJの上にセービンをフラップジャックで落とし、AJにセントーン。カバーはセービンがカットする。セービンはジョーにクローズラインで場外に落とそうとするが、ジョーは落ちない。3回目にジョーがセービンを担ぎ上げるが、セービンはエプロンに着地。ジョーの足をロープに引っ掛けて、顔面にけりを入れる。ジョーがダウン。セービンはスワンダイブを狙うが、AJが場外から忍び寄って阻止。場外に叩き落し、ガードレールにたたき付け、セットしてあったテーブルに落とそうとするが、そこへジョーがダイブしてくる。AJとセービンがかわしてジョーがテーブルに自爆。

三度コマーシャル

AJがセービンに垂直落下式ブレーンバスター。カウントは2。AJは激しくレフリーに詰め寄る。ジョーはまだ場外でダウン。AJはセービンにエルボーを打ち込み、ロープに走るが、セービンが同じ方向に走ったためセービンを見失い、動きを止めたところにセービンのフェイスクラッシャーがヒットする。セービンの串刺しブートがヒット。さらにスワンダイブ式クローズラインでニアフォール。さらに延髄切りからクレイドルショックを狙うが、AJがサンセットフリップに切り返してスタイルズクラッシュ。ジョーがカバーをカット。ジョーはAJに襲い掛かる。AJはロープの反動を利用してバック宙でジョーに裏DDTを狙うが、ジョーは空中でキャッチしてそのままアイランドドライバー。カバーはセービンがカットする。

四度コマーシャル

セービンがロープの反動を利用してジョーに飛びついてDDTをヒット。トップロープに上るがジョーが追いついてコーナー上で殴りあい。一旦突き放されたジョーに、AJがキック。ジョーがコーナーにぶつかってセービンがクロッチ。ジョーがすかさず延髄切りを決める。セービンは場外に崩れ落ちていく。AJにクローズラインを狙うが、AJはペレキックをヒット。コーナーのジョーにスプラッシュを狙うが、空中でキャッチされ、STOでたたきつけられる。ジョーはAJにマッスルバスター。カバーしてカウント3。
勝者:サモアジョー
非常に素晴らしい内容。

レフリーが小切手をジョーに渡す。サブレフリーが七面鳥を持ってリングに立っている。ジョーはそのまま退場していく。

食卓が映る。テレビで見ていたカートとトムコがリングに向かっていく。

リング上ではAJがコスチュームを着ることを拒否している。レフリーたちが着るように強要している。

コマーシャル明け、食卓でカレンがパイを配っているところにナッシュとホールが登場。カレンが嫌そうな顔をする。2人はパイを受け取ると、カレンの顔に押し付ける。そこから、全員で食べ物のかけ合いになる。コングは構わず食べ続け、飛んできた食べ物を空中で掴み取ってむさぼる。

リング状にジムコルネットが来ている。マイクでAJに向かって、お前はTNA至上最大の七面鳥になったと言う。そして、根性を見せてコスチュームを着ろという。しぶしぶAJが衣装を着始める。ようやく足の部分だけ装着するが、上半身を着るのを躊躇していると、コルネットが着ないとクビにすると言う。AJはようやくすべてを着る。
カートアングルとトムコが憮然とした表情で入場。カートは冗談だろというと、ゴールドメダリストの横にいる男が七面鳥なんてとんだ屈辱だと言う。AJはそういうあんたはピルグリム(放浪の巡礼者)じゃないかという。カートは、「ちょっと待て、ピルグリムと七面鳥は大違いだと言う。」
ここでサモアジョーのテーマがヒット。ジョーが笑いながら戻ってくる。一緒にナッシュとホールも出てくる。ジョーは3人も間抜けがそろっていると言う。カートは、そっちこそサモア人と一緒にいる間抜けどもじゃないかと笑い返す。
ジョーは、アウトサイダーズに対し、「それじゃあ、あいつらをちょっとぶっ潰しに行ってやろう。」と言い、3人でリングに向かっていく。6人で乱闘になりジョーとナッシュ、ホールがカートたちを場外に投げ落とす。エリックヤングが七面鳥の足を持ってリングにやってきて、カートの口に突っ込む。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
スティングとブッカーT出てないね。
おもしろそうな内容なのに
2007/11/24(土) 07:51:46 | URL | あれ? #-[ 編集]
メインの試合の完全版どっかのDVDに収録されませんかね……。
凄い面白そうなんですが。
2007/11/24(土) 19:20:32 | URL | ゆうやみ #-[ 編集]
>スティングとブッカー
確かに出てませんね。スキットにも絡んでませんし。
今週は大物組の出番が少なめで、久々に活きの良い試合が多かったように感じました。

>ゆうやみ様
ベスト系のDVDにはいずれ収録されると思います。今年のベストマッチ候補に入ってもおかしくないと思いました。
この週のエピソードは、ニコニコにアップされているのを見かけました。URLを貼るのは控えます。
2007/11/25(日) 21:10:06 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。