TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーサムコングのインタビュー
オーサムコングがインユアヘッドというサイトが放送しているネットラジオ番組の11/28放送分に出演しています。その発言内容です。一部省略しています

・12/2のターニングポイントでゲイルキムとノックアウトタイトルマッチを行うという宣伝。

・オーサムコングと言う名前にしたのは、その名前の使用権をTNAが持つため。インディ団体ではアメージングコングとして、TNAではオーサムコングとして活動する。

・TNAの女子タイトルを取るということはこれまでの5年間、日本の団体とアメリカのインディ団体の地獄で得たものを証明すると言う事。日本でのトレーニングはとても激しいものだった。そしてそれが報われるときがきた。トレーニングは最初、ハードノックスというジェシーヘルナンデスのスクールではじめた。その後、全日本女子プロレスのトライアウトを受け、海外で長期的にトレーニングを積むことになった。全女の道場は自分の経験した中で最も厳しい場所だった。高校のスポーツ部などとは比べ物にならない。トレーナー達は私がどこまでやれるのかを見極めようとしているようだった。

・子供の頃からレスリングファンだった。子供の頃の一番のお気に入りはアンダーテイカーで、大きくなってからはスティーブオースチンとロックが好きだった。

・日本で暮らすのは好きだ。

・(アジャコングと共に最後の全女のタッグチャンピオンになった事について)いろんな意味がある。いい事も悪い事も。間接的に会社の失敗の責任を負った気がしたし、なによりも若手選手のことを考えねばならなかったから。

・アジャコングの事はトライアウトを受ける前から知っていたが、どれほど重要な人物なのかは知らなかった。自分にコングの名前を与えるのはアジャコングのアイディアではなく、会社(全女)の意思だ。しかし、コングとして試合に出場したことをアジャコングはとても喜んでくれた。

・全女時代は非常に楽しかった。いろんな考えの元に行動している人がいて、どれもが間違いではなく、ただ方向性が違うだけだと知った。そしてこの業界の厳しさを乗り越えるファイティングスピリットを身に付けた。

・(最も衝撃を受けた女子レスラーは)ジョニーローラー(チャイナ)だ。

・(最初のTNAのPPV登場時に大きなチャントで迎えられたことについて)リングに上がるときに、何を観客達が言っているのか聞き取れなかったので、その振動を楽しんでいた。

・(アメリカの女性レスラーでTNAの女子ディビジョンを向上させられる選手はと言う問いに)SHIMMERの選手達だ。彼女達もTNA入りを望んでいる。WWEを尊重しないわけではないが、WWEのディーバはレスラーとは思っていない。WWEをあまり見ないのもこのためで、ベスフェニックスのことも知らない。

・私の使うトーチャーラック(アルゼンチンバックブリーカー)はアコーディオンラックという名前だ。(相手のつま先と頭をくっつけるように締め上げる技)

・(故障について)腰に問題を抱えている。日本での最初の1ヶ月で足首を捻挫した。そして多くのレスラーと同様に脳震盪を何度か経験している。一度は呂律が回らなくなったことがある。

・自分のブッキング権は今でも持っているので、今後もSHIMMERには上がるつもりだ。しかしTNAの決定は尊重する。アメージングコングのブッキングは、
edchuman@midwestwrestling.com
で受け付けている。
またはオフィシャルサイト
www.amazingkong.com
か、マイスペース
http://myspace.com/carsonhomecomingqueen
に連絡して欲しい。

・(日本で外国人嫌いの人には会わなかったかという質問に対し)日本人は良く受け入れてくれた。

・日本語はとても上達した。

・日本ではスティーブコリノととても親しかった。彼がエージェントのふりをしてエビアンのコマーシャルにダンサーとして登場するオーディションを受けようとしたが、ゼロワンMAXからストップがかかって実現しなかった。

・CWアンダーソンの頭はコリノよりも大きかった。

・(里村明衣子について)熱心に練習しており、優れたリーダーだった。大きな希望を持っている人だと思う。

・(自分の会社を持ちたいと思うかという問いに)自分のアニバーサリー興行はやりたいが、レギュラーでは望んでいない。今はリングでの仕事と、女子レスラーの能力の向上に集中したい。

・サンクスギビングのiMPACT!で、偽物の果物を食べたくは無かったが、断らなかった。簡単に食いちぎれてしまい、驚いた。どこかのカフェテリアの食事よりもマシなくらいだった。

・6角形のリングに方向感覚が狂って戸惑ったが、6方向に相手を飛ばすことができることが可能になったのだと捉えた。

・日本でMMAの試合も行ったが、とても大変なトレーニングが必要だ。当分、戻ることは無いと思う。

・WWEからもオファーがあった。しかしTNAの番組の方が好きだったし、オファーも早かった。

・日本のハッスルが好きだ。黄色いチュチュで試合をした。ハッスルのユーモアセンスが好きだ。あこがれのチーム3Dともタッグで対戦することができた。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
現在いろんなブログ応援しています。
応援ポチッ!
2007/12/05(水) 06:20:08 | URL | スタローン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。