TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/10放送分iMPACT!結果詳細
1/10放送分iMPACT!結果詳細です

ファイナルレゾリューションのハイライトでスタート

会場入りするロバートルードにクリスタルがファイナルレゾリューションでシャメールを殴った事について問い詰める。シャメールは顎を骨折して入院したらしい。ルードは何度も言った事だとしながら、あれは不運な事故だったという。そして責めるのなら彼女を守らなかったブッカーTを責めるべきだと言い立ち去ろうとする。
クリスタルは怒ったように、後悔はしていないのかと問うが、ルードはこれはプロフェッショナルレスリングの世界で起きた事で、後悔など決してしないという。そして今夜起こることはアクシデントだったとしても、すべてルードの意による事であり、Msブルックスについては今夜結論を下すという。

センシ、エリックススキッパー vs モーターシティマシンガンズ
入場後、コーナーに上がってアピールするMMGの2人を背後からセンシとスキッパーが奇襲。セービンを排除して、シェリーをダブルチームで倒す。シェリーがチョップで反撃するが、権利のないスキッパーが入ってカット。スキッパーがシェリーを抱え上げ、センシがロープの反動を利用したハイキックでシェリーを倒す。センシがセービンを場外に落として、スキッパーと共に再びダブルチーム攻撃を狙うが、シェリーが2人を交錯させて脱出。セービンにタッチ。スワンダイブ式ドロップキックをセンシにヒット。スキッパーは攻撃してくるがこれをかわし、スキッパーがコーナーに近づいたところでシェリーがエプロンサイドからキック。センシはセンシの顔面にブート。スキッパーにクレイドルショックを狙うが、スキッパーが脱出。そのままロープに押し込んだところで、タイミングよくシェリーがセービンにタッチ。それに気付かないままスキッパーが権利のないセービンを丸め込む。シェリーが入ってスキッパーを場外に落としてブランチャーを見舞う。セービンはコーナーに登るが、センシのスペースローリング式ハイキックが顔面にヒット。センシは雪崩式ブレーンバスターを狙うがシェリーが妨害。そこへスキッパーが突っ込んでくるが、シェリーがかわしてセンシに誤爆。センシはコーナーに逆さ吊り。セービンがコーナーから飛び降りると同時に、センシの顔面にシェリーの低空ドロップキックがヒット。続いてセービンも低空ドロップキックを決める。シェリーはスライスブレッド#2を狙うが、スキッパーが回避。セービンがスキッパーを場外に落とす。センシがシェリーを狙ってロープに走ったところで、セービンがシェリーを押しのけてセンシにカウンターのソバット。シェリーにセンシをカナディアンバックブリーカーの形に抱え上げさせて、セービンはロープに走ってセンシにダイアモンドカッターのような技を仕掛ける連携攻撃がヒット。センシが立ち上がるのを待って、セービンが後ろ回し蹴り。シェリーがスーパーキック。最後はスーパーキックと延髄切りの挟み撃ちで3カウントを奪う。
勝者:モーターシティマシンガンズ
終始ハイペースで技が繰り出されるめまぐるしい試合。

試合後、クリスチャンがリングに登場。センシのダメージをいたわるスキッパーを攻撃して場外に投げ捨てると、倒れているセンシも場外に投げ捨てる。
クリスチャンはマイクを持つと、AJに対し今夜奪われたものをすべて取り戻すとアピール。

コルネットのオフィス。クリスハリスが出番が与えられないと文句を言う。コルネットはそれならジューダスメシアスと試合を組むと言う。そして試合は5分後なのでさっさと支度をしろという。ハリスは試合に勝って、もう一度戻ってくると言うが、コルネットは戻ってきたら自殺すると言うと大きなため息。
コルネットはみんな問題ばかり引き起こすと言ってクリスタルに嘆く。ここでサモアジョーが入ってくる。サモアジョーはコルネットの差し金か?と怒鳴る。ファイナルレゾリューションでナッシュが裏切った事について、コルネットが糸を引いたのではないかと疑っている。コルネットはナッシュからの敬意は自分で得るものだと言う。ジョーは、ナッシュの件については自分が扱うとし、今夜、行動を起こすと言う。

事前収録のセグメント。駐車場に車が入ってくるが運転席から出てきたのはジェレミーボラッシュ。続いてAJが後部座席から出てきて逆サイドのドアを開けてカレンをエスコート。車の中から咳払いが聞こえ、JBが助手席のドアを開けるとカートアングルが出てくる。JBはアングルが用意しているという今夜の特別なプランについて質問する。アングルは全世界にアングルアライアンスの結成を伝えると言う。そして、AJに対し、今夜からAJスタイルズではなく、"プリンス"AJスタイルズだという。アングルはJBに荷物を持ってくるように言うと立ち去る。カレンはAJにハグ。

アングルのロッカールーム。JBがAJにクリスチャンが激怒しているのは当然だとして、AJにどうするつもりかたずねる。AJは自分が何をしたと言うのだと言う。JBはファイナルレゾリューションでの裏切り行為をあげる。AJはJBに、どうしたらいい?と弱気にたずねる。JBはお前のボスはカートだろという。
AJはカートにどうしたらいいか訪ねるが、アングルは(プリンスとしての)戴冠式の事を考えていればいいという。AJは今度はカレンに、自分がクリスチャンに殺されるかもしれないと説明する。カレンは何も心配ないという。そしてまず髪を整えて、タキシードを着なさいと言う。
AJはJBを連れて対策を練りに出て行こうとするが、ここでドアがノックされる。入ってきたのはトムコ。AJはトムコに泣きつくが、トムコは自分のことは自分で解決しろと言う。

ジューダスメシアス vs クリスハリス
メシアスはジェームズミッチェルと共に登場。ミッチェルは実況席に加わる。続いてハリスが入場。実況席に近づく背後からメシアスが奇襲して試合開始。リングに入って、メシアスが優勢。ミッチェルはアビスの秘密を暴露するのは1週間後だと言う。ハリスが反撃してスパインバスターで2カウントを奪う。さらにフェイスクラッシャーをヒット。ハリスがカタトニックを狙うが、ミッチェルがリングサイドに上がり、ハリスがそれに気を取られた間にメシアスがブラッドミストをハリスの顔面に発射。そのまま、変形のフラットライナーでピン。
勝者:ジューダスメシアス

クリスタルがMsブルックスにインタビュー。クリスタルはルードとの対決を思いとどまるように言うが、トレイシーは悪夢を終わらせる為には必要な事だと言うと立ち去っていく。

ファイナルレゾリューションで行われたオーサムコングvsゲイルキムのハイライトがリプレイされる。

VKM vs ピーティウィリアムズ、サンジェイダット
ピーティは新しいテーマ曲で入場。新ニックネームは「メープルリーフマッスル」。サンジェイは花びらをまきながら入場。リングに入って、持ってきたタンバリンにキス。PTはリングサイドにTNAタイトル挑戦権の入ったスーツケースを置く。キップとサンジェイでスタート。キップが自軍コーナーに近づいたところで、BGが勝手にタッチ。サンジェイはPTにタッチ。PTがBGを圧倒。技の間に腹筋運動や、腕立て伏せを挟んで筋肉を誇示する。

コマーシャル明け、キップがPTを圧倒している間にスコットスタイナーがリングサイドに忍び寄って、自分の持っていたスーツケースとPTのケースを摩り替え立ち去る。PTはダットに交代。ダットがキップのフェイスバスターに捕まっているとき、PTはケースが変わっていることに気付きバックステージへ。ダットが孤立するが、VKMが仲間割れしている隙に丸め込みでピンフォール。
勝者:サンジェイダット、ピーティウィリアムズ
ダットは試合後、リングサイドのソーカルヴァルにキス。リング内ではVKMの2人が言い争っている。BGがリングを降りるがキップがマイクを持ち、来週、BGがタッグタイトルに挑戦する際のパートナーを発表するように求める。

バックステージで歩いているクリスチャンにクリスタルがインタビュー。AJを見つけたらどうするつもりかたずねる。クリスチャンはお前の考えている通りだと言う。クリスチャンが立ち去るがしゃべっていた場所後方の机の下にJBとAJと撮影スタッフが隠れている。

コマーシャル明け、さっきの机の下でAJがJBに、さっきのを聞いたかという。JBはAJにおならをしなかったか?とたずねる。AJは表情でやった事を表し、ナーバスになっているんだと言う。そこにエリックヤングが登場。JBとAJは驚く。エリックは隠れるのならユニバーサルスタジオの園内に紛れ込んだ方がいいという。AJも針を隠すのなら藁山の中と言うなと納得。しかし、戴冠式では確実に狙われると言う。しかし、エリックにグッドアイディアだと言うと机から出て行く。エリックはなぜか代わりに机の中に入る。

これまでのチーム3DとXディビジョンの抗争のまとめ。

リング上にチーム3Dとジョにーデバインがいる。レイがリーサルとMMGに対し今度はストリートファイトマッチでの対戦を求める。MMGとリーサルが勝利したらXディビジョンのベルトは返してやるが、負けたらXディビジョンは終わりだと言う。ディーボンがOh My Brother Tstify!!で締め。チーム3Dのテーマがヒット。

バックステージをサモアジョーが歩いている。その背後からクリスタルと複数のセキュリティがついてくる。ジョーはセキュリティに対し、余計な手出しをするなというと、控え室に入る。いたのはナッシュ。振り向いたナッシュはバットを構えている。ナッシュは自分はビジネスマンだから、無料でジョーと戦う気義理はないという。そして、自分には様々な財産と預金があるという。そして、ジョーが欲するもののすべてを持っているというと、泣き言を言うのは止めて、自分の言う事を聞けと言い、バットをジョーに渡して立ち去る。ジョーは手を出せない。

グローバルインパクトは来週木曜夜11時放送のアナウンス。(1/4の新日本プロレスの様子はここで流される予定です。)

テネイが病院の控え室でブッカーTにインタビュー。ブッカーは医者からシャメールの状態はよくないと聞かされたと言う。そして、シャメールをリングにあげたのは自分の人生最大の失敗だったと言う。そして、自分の怒りはただ一人ロバートルードに向かっていると言うと、シャメールの傍に行くといって立ち去る。

ロバートルードが入場。リングに上がってブッカーTに対し、ファイナルレゾリューションの試合を了承し、妻を守れなかったのはすべてお前だと言う。そしてその結果、シャメールは顎の骨折したのだという。
続いてMsブルックスに対し、お前は今夜で公式にクビだというとトレイシーにリングに出てくるように言う。トレイシーは泣きながら入場。ルードがトレイシーに何か言おうとするが、トレイシーは黙れと一喝すると、ルードはシャメールの顎を折り、自分にも乱暴な態度で接してきたと言う。そして、ルードは女性に暴力を振るう事でしか力を誇示する事のできない男だと言う。さらに、ルードは金も才能も地位も手に入れたが、中身は間抜けな「ボブ」のまんまだったと言う。
ルードはトレイシーをののしって今にも攻撃しそうになるが、コルネットが登場。ルードにスパイクTVもTNAも、自分自身も男性が女性に暴力を振るう事は認めないと言う。そしてルードは男性と言う種の恥であり、自分を失望させたと言うと、どうしても女性に暴力を振るう事で力を誇示したいと言うのなら、謹慎処分を下して惨めな人生を送せてやると言う。しかし、処分しないのはブッカーTが戻ってきたときにルードがどのような目に遭うのかを見たいからだという。
トレイシーに対し、ボビーから復讐からの保護を保障すると言う。トレイシーが下がろうとするが、観客席からルードの信奉者の女性が出てきて背後からトレイシーを襲撃。イスで殴りつけて馬乗りになって攻撃。ルードはトレイシーに向かい、たった今からトレイシーをクビにして、Msバンクスを採用すると言い、2人で立ち去る。

ジェレミーボラッシュがユニバーサルスタジオにいる。その背後で観客達との写真撮影に応じているツタンカーメンがいる。JBに近づいてくると正体はAJ。JBはカレンがAJにタキシードを着るように言っていたと言う。AJはカレンが自分を探していたのかとたずねるとJBは同意。AJはカレンはどこだと訪ねるが、トイレに言ったようだと言う。AJは男子トイレじゃないよなと言うが、JBは自分に聞くなと言い、一緒に立ち去る。

ロックンレイブインフェクション vs LAX
ホイトとヘルナンデスでスタート。ブレーンバスターの打ち合いはヘルナンデスが投げ勝ち、超滞空式で叩きつける。両者タッチ。レイブのブートがヒットしたところでレイブはホイトにタッチ。ホイトのブートがホミサイドにヒットする。ホイトがリバースのスプラッシュマウンテンを狙うが、ホミサイドがグリンゴカッターに切り返す。両者タッチ。ヘルナンデスがレイブを吹っ飛ばしてホミサイドにタッチ。レイブにコンビネーション攻撃を続けカバー。ホイトがカットに入る。ホイトはコーナーに登ってムーンサルトを狙うが、ヘルナンデスはそのまま場外に突き落としてしまう。ホミサイドはレイブにグリンゴキラーを狙うが、レイブが切り返してスクールボーイ。しかしカウント2でキックアウトすると再びグリンゴキラー。今度は決まってカウント3。
勝者:LAX

クリスタルがトムコにインタビュー。なぜAJはアングルを選んだのかについてたずねられるが、トムコは「スクールボーイクラッシュ(ゲイのポルノ映画)」に影響されたんじゃないのか?と答える。クリスタルはスクールボーイクラッシュがなんなのか分からない様子。

シャークボーイ vs トムコ
シャークボーイは相変わらず満身創痍。しかし、コスチュームの上からテーピングを巻いている。トムコはタッグのベルトを巻いて登場。シャークボーイが松葉杖で殴りかかろうとするが、トムコがブートで蹴り飛ばして試合開始。シャークボーイの攻撃は力なく、効果がない。トムコのクローズライン一発で倒れてしまう。トムコがリフトアップの後フォールアウェイスラムで投げ捨てる。トムコはトーチャーラックネックブリーカーでピン。
勝者:トムコ
試合後、医療班が担架を持ってくる。

男子トイレにAJがカレンを探しに行く。個室からカレンの声。開けるとドレスの肩紐を外したカレンがいる。AJに結ぶように頼む。カレンはJBがいるのに気付くと、席を外すように言う。カレンはAJに男にはステップアップのために重要なときが有るとし、それが今夜だと言う。そしてAJをひとしきりおだてる。AJは真に受けて戴冠式の準備に向かう。カレンはやれやれと言った表情。

クリスタルがカズにインタビュー。カズはミスティのかごを持っている。クリスタルはレインがミスティを狐だと思っていると言うが、カズはこのネズミにメリーナという名前をつけたと言う。

アングル夫妻とAJスタイルズが正装でリングに登場。リング上には赤いじゅうたんと豪華なイスが置かれている。カートはマイクを持つと、アングルアライアンスの新しいプリンスとして、AJスタイルズを紹介する。AJがイスに座る。カーとは王冠をAJに被せる。そしてファイナルレゾリューションの決定を賞賛する。観客は「You Suck」チャント。カートは観客達に「金メダリストのケツにキスしろ」という。カートはAJがクリスチャンのクソ野郎をファイナルレゾリューションで叩きのめしたと言う。AJはそれは言わないで欲しいと言う表情。カートはAJが正しい選択をしたのだからそれに見合う地位は保証されるという。そしてクリスチャンなど恐れるに足りない存在になったのだという。ここでクリスチャンのテーマがヒット。AJがあわてる。
花道からクリスチャンが登場。クリスチャンははっきりさせたい事が一つ有るとし、ファイナルレゾリューションの試合中、クリスチャンのアンクルロックで、アングルがタップアウトするのを確かに見たと言う。そしてプリンスAJに対し、お前の忠誠はすべて嘘だったと言うと、言い分があるのなら聞くと言うが、AJはクソ食らえと返答。続いてクリスチャンはカレンを侮辱。AJがカレンを庇い、レディにそのような事を言うなと言うと、クリスチャンは自分が倒すと言う。クリスチャンはこれを受け、リングに向かうがここでサモアジョーのテーマがヒット。ジョーがマイクを持って登場。カートに対し挑戦を要求。これにもAJが応戦。クリスチャンが加わり、今すぐ決着をつけようと言う。ここでコルネットが登場。クリスチャンの言い分を認め、リマッチ権があるという。サモアジョーの言い分も認め、タイトル挑戦権を得る資格があるという。このため、来週、AJスタイルズ、クリスチャンケイジ、サモアジョーの3ウェイダンスマッチを行い、クリスチャン、ジョーのいずれかが勝利した場合はアゲンストオールオッズでのTNAタイトル挑戦権を与え、AJが勝利した場合には、TNAタイトルに挑戦するか2ヶ月挑戦を伸ばしてロックダウンでタイトルに挑戦するかの選択肢を与えると言う。

ゲイルキム vs オーサムコング ノックアウトタイトルマッチ
コングには顔を隠した謎の女性がついている。キムはいつもより険しい表情で入場。JBがメインイベントのコール。レフリーはアールヘブナー。コングは東京出身とコール。キムのコール中にコングが突っ込みゴング。キムはコングの突進をエプロンにでてかわすが、バックブローを食らって場外に転落。コングは鉄階段にキムの頭をたたき付け花道に投げつける。キムは花道の段差を利用して飛び掛るがコングが受け止めて、キムの背中を花道の側面にたたき付け、コンクリートの壁に激突させる。コングはさらにキムに突進するが、キムがかわして壁をぶち抜いてしまう。ここでコマーシャル。

コマーシャル明け、コングがパワーで圧倒。キムをコーナー上にセットするが、キムが反撃してスイングDDTで2カウント。倒れたコングにパンチを打ち込み、コーナーに登ってセントーンで2カウント。キムは再びコーナーに登るが今度はコングがキャッチしてチョークスラムで2カウント。コングのコーナーへの突進をキムが回避するが、結局つかまりコングのFFF(旋回しないエンジェルズウイング)。カバーはキムがキックアウトする。コングのパワーボムを後方に着地したキムがドロップキックをヒットしてコーナーに登り、飛びつきウラカンラナを狙うも、コングが受け止めてパワーボム。そのままエンドレス式で3発目にシットダウンパワーボムを決めてピンフォール。
勝者:オーサムコング TNAノックアウトタイトル奪取
コングがベルトを頭上に掲げて雄たけびを上げる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。