TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/31放送分iMPACT!試合結果詳細
1/31放送分iMPACT!試合結果詳細です

トムコとアングルアライアンスとの軋轢を紹介するビデオ。今夜アングルvsトムコ戦を行うとアナウンスされる。

バックステージでAJがカートアングルに向かい、先週のトムコに対する振る舞いを責めている。アングルは自分がチャンピオンでお前のボスだという。AJもかつてのチャンピオンだと反論。アングルはこれを馬鹿にして、会社ができたばかりの頃の話だろと一笑に付す。AJは1度ではなく3度のチャンピオンだぞといきり立つ。カレンが止めに入るが、AJが突き放すと、カートは「自分の妻に触るな」とAJにつかみかかる。カートはAJが今夜、トムコに味方をするというのなら、トムコの後でAJも痛めつけてやるという。

オープニング映像

チーム3Dとジョニーデバインが登場。レイは竹刀で観客を威嚇しながら花道を歩いてくる。リングに入りマイクを持つと、アゲンストオールオッズでモーターシティマシンガンズとジェイリーサルは、史上最高のハードコアレスラーに潰される運命にあるという。
スクリーンに昔のダッドリーボーイズの衣装を着たシェリー、リーサルとデバインの格好をしたセービンが登場。しぇりーはがどもりながら、3Dをこけにする。本物の3Dたちはバックステージに向かっていく。3Dらがリーサル達を襲撃。そのままリングサイドに雪崩れ込んでくる。シェリーとセービンはテーブル貫通のパワーボム。リーサルは竹刀で額を割られ、イスで止めをさされてしまう。観客は大ブーイング。
レイはマイクを持って、お前達がガキの頃から、ECWのハードコアヒーローで、WWEでもレジェンドであり、TNAでは神になったのだとアピールすると、アゲンストオールオッズでは会場に来るなと警告しつつ、竹刀で3人を殴る。

バックステージでクリスタルがピーティウィリアムズ、スコットスタイナーにインタビュー。スコットはジムコルネットがXディビジョンの選手はベストだというから、自分こそベストだと証明することにしたという。クリスタルはしかしアゲンストオールオッズでチーム3D達が勝ったらXディビジョンは解散だという。スコットはどういうことか自分に関係する部分だけがわかるように説明しろと、インタビュワーの名前を間違えながら訊く。クリスタルは、Xディビジョンタイトルの挑戦権がまったくの無意味になるということだと説明。スコットはPTに、お前はそれを知っていたのかと尋ねる。PTは知っていたが、自分の問題ではなくお前の問題だというと立ち去る。

ロックンレイブインフェクション vs スコットスタイナー、ピーティウィリアムズ
PTとレイブが先発。PTが優勢。レイブを倒してスコットのような腕立て伏せでアピール。コーナーに上ったホイトに雪崩式フランケンシュタイナー。レイブにスタイナーリクライナーを決める。ここでホイトが介入してPTを倒してからレイブとタッチして入り直し、PTをブートで倒してマットに投げつけてレイブにタッチ。PTは高速のスイングネックブリーカーで脱出してスコットにタッチ。スコットはホイトとレイブをなぎ倒し、腕立て伏せのアピール。レイブに雪崩式フロントスープレックス、ホイトにもスープレックスを見舞ってPTにタッチ。PTが孤軍奮闘する感にスーツケースを2つとも持ってスコットが退場しようとする。それを見たPTが声をかけようと頭を出したところをケースで殴りつける。倒れたPTをレイブが起こしてライトニングスパイラルでピンフォール。
勝者:ロックンレイブインフェクション

ボブアームストロングがBGジェームズをしごいている映像。BGは吐いてしまう。

キップジェームズ vs ヘルナンデス
キップのセコンドはロキシーのみ。ヘルナンデスにはいつものようにホミサイドとサリナスがついている。序盤はヘルナンデスが優勢。キップはサミングでペースをつかむとコーナーにつめてパンチ。ヘルナンデスがチョップで反撃するが、キップがすぐに切り返して串刺しクローズラインを決める。キップが雪崩式の技を狙ったところでサリナスが邪魔をしようとするが、ロキシーがサリナスを排除。しかし、キップがヘルナンデスに突き落とされ、ヘルナンデスがボディプレス。キップはこれをかわし、ホミサイドにつばを吐きかけて挑発してレフリーの注意をホミサイドに向けさせ、ロキシーにブードゥーパウダーを使わせようとするが、自分が誤爆してしまう。すかさずヘルナンデスのクローズラインが決まってピンフォール。
勝者:ヘルナンデス
試合後キップはロキシーを役立たずとののしり、コスチュームもくだらないと罵倒するとクビを宣告。ロキシーはキップをにらみながら退場。

バックステージでAJがトムコに、自分達は世界チャンピオンチームだとして協力しろと強い口調で言うが、トムコはAJが勝手にアングルを選び、アングルが自分に挑戦してきたのだとして、今夜自分の邪魔をするなと言って立ち去る。

UFCの宣伝。レスナー、ミア、アングルのインタビューがハイライトでまとめられている。

ジューダスメシアス vs コーリー・チェイビス
勢いあまって場外に落ちたチェイビスにブランチャーをメシアスがヒット。最後はコンプリートショットのような技でピンフォール。
勝者:ジューダスメシアス
試合後、ジェームズミッチェルがクリス(アビス)に対し、自分が父親だということは世界中の知るところとなったと呼びかける。そして、お前のような醜くおろかな化け物の息子を持ったことは、自分のようなハンサムで頭がよくカリスマ的人間にとっては恥だという。そしてそれはただ恥というだけでなく罪なのだという。それがアビスに画鋲やガラスや有刺鉄線を使わせてきた理由だとする。しかし、アゲンストオールオッズで家族ごっこは終わりだとし、義兄弟の手によって有刺鉄線でズタズタにされるという。

シャークボーイの過去の映像。今週もストーンコールドそっくりのテーマで入場。今週はオープンチャレンジを行うという。選手でもスタッフでも観客でもいいというが、レフリーのスリックジョンソンに絡み始める。シャークボーイはスリックジョンソンを挑発するが、ジョンソンは帰ろうとする。そこを掴んでガットショットを見舞ってストーンコールドスタナー。続いてセキュリティが3人出てくるが全員にスタナーを見舞って、コーナーに上ってクラムジュースを飲む。

コルネットのオフィス。モーガンが先週、コルネットがジョーの無茶な要求を飲んだことを責めている。コルネットは長年の経験を生かしてTNAのスターであるジョーと5年契約を取り付けたことは問題ではなく、むしろモーガンがナッシュに襲い掛かったことのほうが責められるべきだという。モーガンは驚いて、ナッシュが襲ってきたのだという。コルネットはジョーを止めるべきだったという。モーガンはこれに反発して、今日、ジョーの契約を止めてやると言い掛けるがコルネットが怒鳴りつけようとすると、横からナッシュが現れる。モーガンがナッシュに対峙。
ナッシュは今夜、ジョーとの契約に問題が起こった場合、自分はコルネットもモーガンも助けはしないという。つまり、契約がうまくいかなければ、お前らのクビが飛ぶということだと言い、立ち去る。
コルネットはモーガンに、今のを聞いたか?というと、自分達にはジョーが必要なのだという。ここでAJとカレンが入ってくる。AJはコルネットの権限でアングルvsトムコ戦をやめさせてくれと頼み始める。コルネットは今立て込んでおり、結果は数分後に連絡するから一人でもう一度来てくれという

リングにジムコルネットがいる。アゲンストオールオッズの宣伝を始める。続いてAJスタイルズを呼び入れる。コルネットはAJの立場に理解を示しながら、アングルvsトムコ戦は行うとし、AJを特別レフリーに任命する。AJは嫌がるが、ちゃんとカウント3をとらなければクビだという。

オーサムコングにクリスタルがインタビュー。アゲンストオールオッズのODB戦について尋ねるが、セコンドの女性が代わりに答えるという。女性は名前をアイーシャ・サイードと名乗り、コングからODBへのメッセージとして、コングの前に現れるなという。もし、従わなければあらゆる攻撃を加えるという。そしてコングは平和を望んでおり、これが最後の警告だという。

ロキシーラヴォー vs アンジェリーナラブ vs ODB
ODBの入場に大歓声が上がる。ロキシーがラブをけり倒し、ODBとロキシーの一騎打ちになる。ラブが復帰してバックブローでODB、ロキシーを倒してカバー。2カウント。さらにODBにネックブリーカードロップのような技を決め2カウントを奪う。しかし、ラブはコーナーにつかまる。ラブのダウン後、ロキシーとODBはラブへの攻撃権を奪い合い。ロキシーのスパインバスターがODBにヒット。ODBはランニングパワースラムからカバー。しかしラブがレフリーを誘惑してカウントを取らせない。ODBがレフリーに抗議する間にラブがロキシーをカバー。レフリーもすばやく戻ってカウント3。
勝者:アンジェリーナラブ
ODBがラブににじり寄る。ODBはラブにランニングパワースラムを見舞う。

ジェレミーボラッシュがAJにインタビュー。AJは今にも泣き出しそうな様子。そこへアングル夫妻が登場。AJに簡単なことだというと、自分に有利なレフリングをしろという。トムコが飛び込んできてアングルに殴りかかる。

ファイナルレゾリューションでルードがシャメールを殴ったシーンのリプレイ。
リング上でマイクテネイがブッカーTからビデオが届いていると紹介。ブッカーはシャメールは現在、自宅療養中だとし、もうすぐ復帰できるという。

ロバートルード、ペイトンバンクス、ジェームズストーム vs サンジェイダット、トレイシーブルックス、エリックヤング
試合前ルードはブッカーをののしる。ルードとダットでスタート。ダットが優位に立つがバンクスが介入。ダットがつかまるがうまく抜け出しスワンダイブを狙ったところでストームに引き落とされる。ルードはダットを捕まえたまストームにタッチ。ストームがそのまま攻勢。再びルードにタッチ。コーナーでダットを蹴り付けるが、隙をついたダットが脱出。エリックにタッチ成功。エリックが猛攻。ルードとエリック、ストームとダットがもみ合う中、トレイシーが相手コーナーに走りよってバンクスをリングに投げ入れる。あわててバンクスは場外に逃げ出す。トレイシーはこれを追いかけていく。その間リング内ではエリックがストームのスーパーキックを食らい、すかさずルードがペイオフをヒット。カウント3が入る。
勝者:ロバートルード、ペイトンバンクス、ジェームズストーム
勝ち誇るルードに背広姿のブッカーTが突如襲い掛かってくる。ストームが止めに入るが殴り飛ばされる。ルードが大慌てで逃げるのをブッカーが追いかけていく。

バックステージでジョーとナッシュがにこやかに歩いているのが映る。

バックステージでクリスタルがカズにインタビュー。カズは金髪のかつらをかぶり、顔に白いペイントをして「ホワイトサンシャイン」と名乗る。自分は幸せで世界のあらゆるものは美しいと、ブラックレインの真逆のセリフ。ネズミの入ったかごをもっており、メリーナはマイケルジャクソンのように白くて美しいという。クリスタルにかごを持たせると、素に戻り、ダスティンに対してこの数週間のお前にはうんざりだという。そしてお前の父親にもうんざりさせられたという。そして、自分とゲームをしたいのなら来週の試合で、リングの周りに4本のポールを立てて、そのうちの3つがネズミ捕りの罠。ひとつにメリーナをセットするというのはどうだという。

リング上でコルネットがこれからジョーと契約を結ぶというとジョーを呼び入れる。ジョーはナッシュとともに登場。コルネットはジョーを高く評価していることを説明。観客はジョーチャント。コルネットは非常にジョーに有利な条件の契約書へのサインを求める。ジョーはペンがないと言うと、コルネットはモーガンに持っていないかと尋ねる。モーガンはポケットからペンを取り出すとジョーに投げつける。モーガンが上着を脱いでジョーに対峙。ジョーはモーガンをバックドロップでテーブルにたたきつけ、契約書を破り捨てて立ち去ってしまう。

カートアングル vs トムコ ノンタイトルマッチ 特別レフリー:AJスタイルズ
最初にAJが登場。不機嫌な様子。続いてアングル。カレンが付き添う。最後にトムコ。大歓声で迎えられる。ゴング前にトムコがつっかけ、パンチでペースをつかむとクローズラインでアングルを場外に落とす。静止するAJを怒鳴りつけて場外に降り、アングルの頭を鉄階段にたたきつける。トムコはアングルをリングに押し込んで再びパンチ。アングルは反撃してオリンピックスラムを狙うが、逆にトムコが倒してカバーするも、AJがカウントを取らない。トムコはアングルをストンピングで攻め立てていくが、隙をつかれてジャーマンスープレックスを食らってしまう。

コマーシャル明け、両者リング中央で殴りあい。トムコが打ち勝ってカバーするが非常にカウントが遅い。トムコはAJに詰め寄る。その隙にアングルが攻撃するがスナップパワースラムをカウンターで食らってしまう。しかし、ここもAJのカウントが非常に遅い。トムコがブートでアングルを倒してカバーするが、やはりカウントは非常に遅く、2で止まってしまう。アングルのオリンピックスラムがヒット。アンクルロックが決まるがトムコが回転してアングルが振りほどかれる際AJに交錯。AJは場外でダウン。リング内ではアングルとトムコが相打ち。観客達のダウンカウントが10に達したところで、ようやくアングルがロープにすがって立ち上がるが、花道から出てきたクリスチャンがベルトでアングルの頭を殴る。すかさずトムコのトーチャーラックからのネックブリーカーがアングルにヒット。トムコがカバーする。AJはゆっくりとリングに戻り、しぶしぶカウントを取る。2でしばらく粘るがアングルがまったく動かないためついにカウント3を入れる。
勝者:トムコ

カレンがリングに上がり、AJにビンタ。トムコに詰め寄るとトムコはおとなしく立ち去る。引き上げるクリスチャンにクリスタルがインタビュー。クリスチャンはトムコはトムコが望むことをやっただけだという。そして、自分もそうするといい立ち去る。
リング内ではカレンがカートの様子を見ている。AJも近づくがカレンに押しのけられてしまう。カレンがAJをののしるシーンで終了。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。