TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4/15放送分iMPACT!収録結果速報
4/15放送分iMPACT!収録結果速報です

ダークマッチ

○サンジェイダット vs マイケルジューダス●

iMPACT!
サモアジョーが登場。タイトルを獲得した事と、今後防衛を続けていく事をアピールする。
スコットスタイナーが現れ、ピーティウィリアムズにXディビジョンタイトル挑戦権を譲ると、予告しているサクリファイスでのTNAヘビー級への挑戦をアピール。
カートアングルが現れ、来週のiMPACT!でリマッチ権を行使するという。

ライノとクリスチャンが会場に到着した様子が映る。チーム3Dが現れてライノにクリスチャンが怪しいと吹き込む。しかし、結局、ジェームズストーム、ロバートルードとともに4人でライノとクリスチャンを叩きのめす。

○ジェイリーサル vs ジョニーデバイン●
試合後にPTが乱入。ブリーフケースの上にスイングDDTでリーサルを叩きつけると、ブリーフケースを開けて中身をリーサルの頭の上にぶちまけると、挑戦権の行使を宣言。
○ピーティウィリアムズ vs ジェイリーサル●
カナディアンデストロイヤーでピンフォール。Xディビジョンタイトルを獲得。

マットモーガンが登場。自分がTNAの役員から離れたのは、自分がジムコルネットの犠牲になったからだと言う。そして自分は、この業界における巨人のブループリント(OVW時代のニックネーム。直訳だと「設計図」や「構想」といった意味。ここでは「けん引役」あたりが適当?)になると宣言する。

○カズ、スーパーエリック vs AJスタイルズ、トムコ vs LAX● TNAタッグタイトルマッチ
試合後バックステージでAJスタイルズがジムコルネットに、スーパーエリックとエリックヤングは別人だと主張し、試合に契約したのはエリックヤングだったため試合は無効だと言い張る。コルネットはエリックに確かめるとし、もしエリックがスーパーエリックとエリックヤングが別人だと主張したら、タイトルは剥奪すると言い、AJをオフィスから追い出す。

○ライノ、クリスチャンケイジ vs チーム3D●
ライノのゴアがクリスチャンに誤爆。しかしディーボンのクローズラインもレイに誤爆し、ライノが押さえ込んで勝利。試合後、チーム3Dの2人は小競り合いになり、セキュリティに分けられる。

ジムコルネットとAJ、トムコがリングに登場。カズとエリックヤングが後から現れる。スーパーエリックはエリックヤングを知らないと言う。コルネットがタイトルの剥奪を宣言。しかし、AJ、トムコ組には返さず、来週、その取扱について公式見解を発表すると言う。

○オーサムコング vs ロキシーラヴォー● ノックアウトタイトルマッチ

○ブッカーT、スティング、BGジェームズ vs ロバートルード、ジェームズストーム、キップジェームズ●
マットモーガンの介入で決着。ブッカーがモーガンに怒っている。

Xplosion
○モーターシティマシンガンズ vs レリック、ブラックレイン●
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。