TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラカカーンのトレカだけが発売されないそうです
4/23付TNAニュース速報です

★レスリングオブザーバーが、マットモーガンがアメリカングラディエーターズのセカンドシーズンから外されたと報じています。NBCはモーガンと2シーズンの契約を望み、モーガンもこれを了承しましたが、NBCはさらにオプションで最大6年間に及ぶ契約を求めたため、モーガンがこれを断ったそうです。

★ランディクートゥアが、もしカートアングルとグラップリング戦が実現したとしても、それはMMAでは無いとコメントしています。

★マイケル・ジューダスという選手が、先日のiMPACT!収録でトライアウトを受けました。プエルトリコの有名選手です。

★ペイトンバンクスは、TNAとの契約が終了したと言う報道を否定しました。

☆前回のIMPACT!収録の際、TNA所属選手全員に対し、新たに発売されるトレーディングカード千枚にサインするようTNA上層部が求めたそうです。ほとんどの選手がその日にサインを終えた中、一部のトップレスラーは、後日Fedexで郵送すると言う事で、その場ではサインしなかったそうです。
ラカカーンもその日にサインせず、後日Fedexで郵送したそうですが、サインが雑だったり、Rhakaの綴りが間違っていたり、明らかに本人とは違う筆跡のものが含まれていたため、TNA上層部は怒ってカーンに事情を問いただしたそうですが、カーンは疲れており、途中でサインを変えたと主張したそうです。これを受け、ジェフジャレットがラカカーンのトレーディングカードだけ、発売しない事に決定したそうです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。