TNA専門blog 拙訳版TNA情報局
無断リンクOKです。ガンガンリンクしてください。 記事のコピペ転載は、元記事へのリンクと共にお願いします。
Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PPV Lockdown試合結果速報
PPV Lockdown試合結果速報です
※更新したつもりが、下書きになってました。申し訳ありません。

全試合、金網マッチという説明ビデオの後、オープニング映像。セントルイスからの生放送。パイロが上がる。
リングサイドのテネイとタズが開幕の挨拶。テネイは、アイスランドの火山噴火の影響で、ダグラスウィリアムズはイギリスから出国出来なかったと説明。このため、Xディビジョンタイトルは剥奪となり、今夜、新チャンピオン決定戦を行うと言う。さらにショーンウォルトマンがまだ来場していないと説明。タズはビショフの姿も見ていないと言う。

RVDが登場。

RVD vs ジェームズストーム リーサルロックダウンアドバンテージマッチ

この試合の勝者の所属するチームが、リーサルロックダウンで有利な先攻権を獲得できる。
RVDがゴング前にストームを攻撃。ストームを場外で攻め込み、金網によじ登ってレッグドロップをヒット。ストームも反撃して、RVDの顔面を鉄階段に叩きつけると、ビールを吹きかける。RVDが流血。ストームがRVDをリングに放り込んで、ここでようやく正式に試合開始のゴング。
ストームがビールを飲みボトルを投げると、レフリーがそれをキャッチ。その隙にストームはビールをRVDの顔に噴射。すぐさまDDTをヒット。RVDはかろうじてキックアウト。ストームはRVDの起き上がりざまにスーパーキックを狙うが失敗。逆にキックで反撃され倒れたところですかさずRVDはコーナーに登って5スタースプラッシュをヒット。3カウント。
勝者:RVD チームホーガンが先攻権を獲得
試合後、フィニッシュのリプレイ。リング上ではRVDは喜んでおり、ストームは怒りながら花道を引き上げる。

クリスティへミーがバックステージでホーガンにインタビュー。ホーガンはチームにジャレットを招くことができたのは喜ばしいが、ジェフハーディがスティングとビアマニーに襲われ、ビール瓶で殴られたり、火球をぶつけられたりしたことは遺憾だというと、さらにアビスも交通事故で来場できなくなったで負傷しているため、作戦の再編成を余儀なくされてしまったという。
そして、今夜、チームフレアーにいいようにやられるようなことがあれば、チームホーガンのメンバーは、今後TNAで仕事をもらえると思うなと釘をさす。

ホミサイド vs ブライアンケンドリック vs クリスセービン vs アレックスシェリー Xスケープマッチ
この試合の勝者は、今夜行われる新Xディビジョンチャンピオン決定戦に出場できる。なお、すでにカザリアンとシャノンムーアは出場が決まっている。
MMGの2人は、序盤は共闘。早々にケンドリックが流血。
試合中、テネイがウォルトマンの欠場が確実になったといい、ホーガンの言葉として、スコットホールは代わりのパートナーを見つけないと、ハンディキャップマッチになってしまうという。
ケンドリックはシェリーをコーナーに逆さ吊りにすると、タズの持っていたハンドバッグで殴る。ホミサイドはセービンにグリンゴキラーをヒットすると、金網を登って一番上に到達。それを見たケンドリックが追いかけるが、ホミサイドが先に脱出成功。
勝者:ホミサイド

ケビンナッシュとエリックヤングの抗争をまとめた映像。

ケビンナッシュ vs エリックヤング
序盤はエリックが猛攻を仕掛けるが、ブレイクを命じたレフリーを押しのける隙に、ナッシュのローブローを食らって形成が逆転する。しかし、やられながらもエリックはナッシュを挑発。ナッシュはチョークスラムをヒットするが、それでもエリックは挑発をやめない。ナッシュはエリックを金網に叩きつけると、ジャックナイフパワーボムで勝利。
勝者:ケビンナッシュ
試合後、レフリー達がエリックを搬送。ナッシュは、今夜のスコットホールのパートナーは自分が務めるという。

最近のノックアウトディビジョンを動きをまとめた映像。次の試合には、シングルとタッグの両タイトルをかけると説明。

ベルベットスカイ、マディソンレイン vs アンジェリーナラブ、タラ TNAノックアウトダブルタイトルマッチ
通常のタッグタイトルマッチを行い、もし、ビューティフルピープルが勝利すれば、ピンフォールを奪った方がシングルのタイトルも獲得出来る。
ラブがスカイとレインをコーナーに投げつけたところで、タラが勝手にタッチ。レインにウィドウズピークをヒット。カバーはスカイがカット。ラブがスカイを攻撃する間に、忍び寄ったレイシーがタラをタッグのベルトで殴る。レインがタラをカバーして3カウント。
勝者:ベルベットスカイ、マディソンレイン TNAノックアウトタッグタイトル防衛 マディソンレインはTNAのノックアウトタイトル獲得
試合後、ビューティフルピープルは、全てのベルトを獲得したことを喜ぶ。ラブは、自分がピンフォールを奪われたわけではないのに、ベルトを失ったことが信じられない様子。タラが謝るが、ラブは退場。するとタラが背後からラブを攻撃する。さらに鉄階段にラブを顔面から叩きつける。

バックステージで、ボラッシュがチームフレアーにインタビュー。フレアーは、今日は自分の地元であるセントルイス
だというと、ジェフハーディやアビスのような若者の努力は好ましいが、力はチームフレアーにあるという。そして、ホーガンはジャレットを獲得したようだが、こちらには「アイコン」のスティングがいると言う。そして、今夜ホーガンはこの会場から尻尾を巻いて逃げ出し、TNAには二度と戻ってこないだろうという。
ボラッシュは、AJスタイルズのタイトルマッチについて尋ねると、AJは、自分がTNAタイトル史上、最長の在位期間を記録していると言い、ディネロにチャンスはないと言う。

シャノンムーア vs カザリアン vs ホミサイド Xディビジョンタイトルマッチ

試合開始直後、ムーアとカザリアンがホミサイドを攻撃。カズがホミサイドをカバーすると、ムーアがカット。ムーアがクロスボディを決めてホミサイドをカバーすると、今度はカズがカット。これで、カズとムーアが戦い始める。
最後はホミサイドがムーアにグリンゴキラーを狙ったところをカットしたカズが、ホミサイドにアックスギロチンドライバーを決めて勝利。
勝者:カザリアン Xディビジョンタイトル獲得
試合後、カズが金網の上に登って勝利を祝う。タズは、ベルトはまだダグと共に海外にあるという。

バックステージでクリスティがディネロにインタビュー。ディネロは、前のAJ戦で勝利したように、今夜も勝利すると言う。そして、自分のキャリアの集大成を今夜見せると言う。

チーム3D vs ケビンナッシュ、スコットホール セントルイスストリートファイト
3Dが奇襲を仕掛け、場外乱闘になり客席へ入っていく。ホール、ナッシュ組が優勢になり、レイを倒したところでディーボンをリングに押し戻すと、ホールがドアを閉め、レイが入れないようにする。レイがリングサイドで金網に入る方法を探す間、ディーボンが集中攻撃を受ける。ナッシュがドアに手をかけていたところを、外からレイがイスで殴り、ようやくリングインに成功するが、ホールの攻撃に捕まってしまう。しかし、レイが反撃。形成を逆転すると、レイがホールを抑えて、ディーボンのワッツアップが股間にヒット。レイがテーブルをコール。ホールにテーブル貫通式3Dを見舞って勝利。
勝者:チーム3D
試合後、3Dは観客たちと勝利を喜んでいる。

カートアングル vs Mrアンダーソン
勝利条件は、鍵を奪ってドアから脱出することのみ。iMPACT!の前哨戦の結果、鍵はアンダーソンが持っている状態でスタート。ドアに鍵がかけられ、試合がスタート。アンダーソンはアングルを攻撃し、低空ドロップキックで倒して、鍵を開けに行く。しかし、アングルがカット。アンダーソンは鍵についているチェーンを手に巻きつけて、それでアングルを殴る。アンダーソンが再び鍵を開けに行くが、アングルはバックドロップをヒット。鍵は錠前にかかったままになる。
アンダーソンがアングルを金網に突っ込ませ、アングルが流血。今度はアングルがアンダーソンを金網にぶつけ、両者流血。アンダーソンがコーナーに登ると、アングルが飛びついて高角度の雪崩式フロントスープレックスをヒットする。
アンダーソンは手首のテーピングを使ってアングルの首を絞める。アングルはなんとか振り払ってジャーマンスープレックスをヒット。アングルの額からは血が滴り落ちている。アングルはフロントスープレックスから、連続ジャーマン。そのままドアをでようとする素振りをみせるが、逆にドアを閉めてアンクルロックを極める。アンダーソンがなんとか脱出するが、今度はアングルスラム。アングルは鍵を錠前から抜き取ると、金網の外に投げ捨ててしまい、アンダーソンを攻撃。アンダーソンはなんとか逃れて金網をよじ登って脱出を試みるが、アングルがおいついて、非常に危険な角度で雪崩式のジャーマンスープレックスで投げっ放す。「THIS IS AWESOME」チャントが発生。
アングルはコーナーに登ってムーンサルトをやろうとする素振りをみせるが、そのまま金網を登り、頂上からムーンサルト。かろうじてアンダーソンにヒット。アングルはロープにづがりついて立ち上がり、ドアを強引に開けるが、振り返ってアンダーソンに向かう。アンダーソンはローブローからマイクチェックをヒット。そのまま這いずってドアからでようとするが、アングルが捕まえてリングに引きずり戻しアンクルロック。アンダーソンはタップするがこの試合では無効。アンダーソンは回転してアングルをコーナーに叩きつけ、再び脱出を試みるがアングルは自分のドッグタグでアンダーソンの首を絞める。アンダーソンが失神。血まみれのアングルが立ち上がり、アンダーソンに唾を吐いて金網を出る。
勝者:カートアングル
試合後、アングルはまいくでセントルイスのファンを賞賛。そして、しばらく欠場すると言うと、そして、自分はTNA世界ヘビー級タイトルを奪還するために、必ず帰ってくると言う。

AJスタイルズ(c) vs ディアンジェロディネロ TNA世界ヘビー級タイトルマッチ
試合前、レフリーのアールヘブナーが、AJのセコンドにつこうとしたフレアーを排除する。ボラッシュがタイトルマッチ恒例のコールを行う。
序盤は互角の激しい攻防。観客は大歓声。両者に声援が送られる。
AJがサミングでディネロの隙を作るとコーナーに登るが、ディネロが追いついて逆にAJを突き落として、ダイビングヘッドバットをヒットする。
AJはペレキックで反撃し、バックブリーカーから450スプラッシュをヒット。ディネロがキックアウト。AJは信じられない様子。AJは金網に登って頂上からクロスボディ。しかし、ディネロが回避して大自爆。ディネロがカバーするが、AJはなんとかキックアウトに成功。ディネロの攻撃が続くが、AJはキックアウト。ディネロがDDEを狙うが、AJが回避してコーナーに自爆。AJはカメラマン用の穴から手を出してペンを取ると、近づいてきたディネロの目をペンで突く。ディネロがのたうち回って痛がる。ようやくディネロが立ち上がったところへAJがクローズラインを叩き込み、スタイルズクラッシュをヒットして勝利。
勝者:AJスタイルズ TNA世界ヘビー級タイトル防衛
試合後、AJはベルトを掴むと、勝ち誇りながら退場。

エリックビショフがようやく会場入り。ボラッシュがコメントを求めるが、ビショフはただ睨みつけて歩き続ける。

チームホーガン(アビス、ジェフジャレット、ジェフハーディ、RVD) vs チームフレアー(スティング、デズモンドウルフ、ビアマニーInc) リーサルロックダウン
アビスとルードでスタート。2分が経過し、RVDが登場。ルードにモンキーフリップからローリングサンダーを見舞い、顔面から金網に叩きつける。
続いて、デズモンドウルフが入場。RVDの背後からドロップキックを見舞って、RVDは顔面から金網に突っ込んでしまう。ルードとアビスが殴り合いになり、ウルフとルードがダブルのエルボーをRVDに見舞う。
ジェフジャレットが入場。ルードとウルフに殴りかかり、2人を金網に叩きつける。
続いてストーム。ジャレットを殴ると、RVDを金網に叩きつけて流血させる。
ジェフハーディの入場時間になるが、ハーディの倒れている映像が流れ、スティングが立ち去っていく。リングではストームが、RVDの流血した顔を金網にこすりつけている。
スティングが入場。バットを持って入ってくると、それでアビス、ジャレット、RVDを殴る。スティングが天井を下ろすように要求。武器のぶら下がる天井が下がり、リーサルロックダウンがスタート。
人数で勝るチームフレアーが武器を使って有利に攻める。
ジャレットがゴミ缶で反撃するが、スティングのバットで潰されてしまい、ビアマニーのダブルのスープレックスをくらい、ルードがドアに叩きつけ、反動で開いたドアからジャレットは場外に転落。ビアマニーはそのままリングを出てジャレットを攻撃。
アビスは画鋲をぶち撒けると、スティングの革のジャケットをむしりとってチョークスラムを狙うが、ウルフがカットし、ビール瓶でアビスを殴る。ここでジェフハーディのテーマがヒット。ハーディは竹刀を持ってリングに駆け込むとビアマニーを滅多打ちにする。
リングではジャレットはウルフにギターショット。RVDがコーナーに登って5スタースプラッシュをウルフに見舞う。スティングはアビスを画鋲にたたき落とそうとするが、アビスがふんばり、逆にスティングをチョークスラムで画鋲に叩き落す。スティングは痛みで叫んでいる。
ハーディは場外から金網の上に登り、ビアマニーに上がって来いと挑発。2人が登ると、ハーディは竹刀とゴミ缶の蓋で滅多打ちにする。しかしビアマニーが反撃。ハーディが倒れると、最初から置いてあったテーブルを金網の上にセット。ハーディは竹刀で反撃し、ルードにツイストオブフェイトを見舞う。さらにストームをテーブルに載せ、ラダーを立ててその上に登り、ストームにダイブ。テーブルが崩壊する。
フレアーのテーマがヒットし、花道にフレアーが登場。アビスを攻撃すると、アビスの指からHOFの指輪を奪おうとする。
ホーガンのテーマがヒット。フレアーと対峙すると、スティングのバットを掴み、フレアーを出て行けと言う。ビショフが登場し、ホーガンに下がれと言い、ビショフは「約束しただろう!」と叫んでバットを渡せと言う。ホーガンが応じると、ビショフはホーガンにメリケンサックを渡す。ホーガンがそれを装着してフレアーを殴る。フレアーが流血。さらにホーガンはフレアーを金網に叩きつけると、フレアーのシャツをはぎ取り、さらにフレアーを攻撃。フレアーは画鋲にばったりと倒れ込んでしまう。ホーガンはさらにフレアーを引きずり起こして、ゴミ缶で頭を殴りつける。
アビスがウルフにブラックホールスラムを決めてピンフォール。
勝者:チームホーガン
試合後、ホーガンとビショフが握手。チームメイトを助け起こす。フレアーは血まみれ。
試合のハイライト映像が流れる。
ビショフは花道奥まで引き上げており、チームホーガンに拍手を送っている。

サクリファイスは5/16開催という宣伝。
アングルも婚約
4/13付TNAニュース速報です

★4/12放送分iMPACT!視聴率は0.8%でした。さらに、今週から始まった、iMPACT!の先週までのエピソードを振り返る「TNAリアクション」の視聴率は0.3%でした。

☆タラは現在、手を負傷しており、ノックアウトタイトルをアンジェリーナラブに移動させたのはこのためだったそうです。

☆iMPACT!のシナリオは、収録開始ギリギリまで、何度も書き直されているそうです。

☆ホーガン達は、ホーガンが試合を行った3/8放送分iMPACT!の視聴率は2.0%程度を予想していたそうです。

★カートアングルは、この数カ月、交際していたとされる、モデルで女優のジョバンナ・ヤノッティと婚約したそうです。ヤノッティはピッツバーグ出身の24歳で、アングルが出演した「エンドゲーム」という作品にも、少しだけ出演シーンがあったそうです。

☆現在、TNAでもっともギャラが安いのはジェネレーションMeの2人だそうです。

★ODBはフェイスブックで、最近のiMPACT!を録画で見たノックアウトディビジョンの余りの酷さに、辛辣なコメントを残しており、クリエイティブチームの方針に対して、不満をあらわにしています。

◇オーサムコングは、TNAに出場時、1試合あたり400ドルしかもらっておらず、解雇を求めた大きな要因になったそうです。
iMPACT!は夜8時放送開始に変更
4/6付TNAニュース速報です

★4/5放送分iMPACT!視聴率は0.9%でした。

★ディクシーカーターは、4/12放送分iMPACT!より、放送時間帯はレギュラーで8時からに変更されたことをツイッターで報告しています。4/5放送分も8時から放送されましたが、暫定的な措置でした。なお、木曜日の再放送は、引き続き9時から放送されるそうです。

★さらにディクシーカーターがツイッターで、ブライアンケンドリック、クリスティへミーと複数年契約を結んだと報告しています。

★フェイスブックで、カレンアングルがジェフジャレットと婚約したことを報告しています。

★4/12放送分iMPACT!収録会場に、タレントのドッグ・ザ・バウンティハンターが来ていたそうです。ツィッターでジェフハーディとその彼女を侮蔑する発言を行い、それにジェフが反発するコメントを返していることから、なんらかのストーリーラインがスタートするものと見られています。
4/12放送分iMPACT!収録結果簡易速報
4/12放送分iMPACT!収録結果簡易速報です

ジャレットがリングに登場。TNAは約8年前に自分が設立したという。そしてスティングに対し、何も話すつもりはなく、ただぶっ飛ばしてやると言うと、リングを離れ天井脇の梁の上へと向かう。しかしスティングはいない。するとジャレットの背後からスティングが襲撃。ジャレットも反撃してリングに戻っていく。ジャレットはスティングに「何故だ?」と尋ねる。照明が落ち、点灯するとスティングがバットを持っており、それでジャレットを殴り倒す。ジェフハーディ、RVD、アビスが現れると、スティングは退散する。

チーム3Dとジェシーニールが武器を持って登場。レイはホーガンと話をつけたといい、3対3のニューヨークストリートファイトマッチで決着をつけてやると言う。

○ザバンド(シックスパック、ケビンナッシュ、スコットホール) vs チーム3D、ジェシーニール● ニューヨークストリートファイトマッチ
ババザラブスポンジが出てきて3Dを妨害すると、パックが雪崩式のXファクターでレイをテーブルに叩きつけて勝利。
試合後、バンドのメンバーが3D達を攻撃していると、エリックヤングが現れて、ナッシュにロックダウンでの金網マッチで対戦を要求。エリックは正義に目覚めたと言う。

ダグウィリアムズが実況に加わる。
×シャノンムーア vs カザリアン× 時間切れ引き分け
試合後、2人にだましうちを仕掛けようとしたダグを2人が追い払う。

×アンジェリーナラブ vs ベルベットスカイ× 試合不成立
レザー&レースマッチが予定されていたが、スカイはラブの痴態を観たがるような変態は存在しないといい、ラブに手錠をかけると、試合はアイクイットマッチで行うという。レイシーとレインも現れて、動けないラブを3人で攻撃。タラが現れてラブを救出。手錠を外して握手を求めるが、ラブは嫌そうな顔をして、すぐに立ち去ってしまう。

○マットモーガン(c)、アメージングレッド vs モーターシティマシンガンズ● TNA世界タッグタイトルマッチ
レッドがコードレッドでセービンを仕留める。試合後、勝利を祝うレッドをモーガンが攻撃して勝ち誇る。

○ジェフハーディ vs ロバートルート●
すワントーンボムでジェフの勝利。試合後、ストームが乱入し、ジェフを攻撃すると、ジェフの顔に向かって火を吹く。RVDが出てくるが、ビアマニーに倒されてしまう。

○ディアンジェロディネロ vs AJスタイルズ●(DQ)
当初は、ディネロ、リーサル vs AJ、ウルフ戦が予定されていたが、リーサルはテーマ曲がヒットしても登場せず、ビアマニーが飲みすぎでこられなくなったため、ハンディキャップマッチになったと言う。続いて、ウルフの登場時、ホーガンがイスで殴り倒して、結局シングルマッチになる。
フレアーがTNAタイトルのベルトでディネロを殴ってDQ。ビアマニーがディネロを攻撃。ホーガンはステージに登場してしばらく見ている。チームフレアーのウルフ以外のメンバーがリング上でポーズ。ホーガンがゆっくりとリングに向かうと、セキュリティが止めに入る。

Xplosion
○ジェネレーションMe vs ホミサイド、岡田かずちか●
450とムーンサルトのコンビネーション攻撃で勝利。

○タラ vs マディソンレイン●
ウィドウズピークで決着。
4/5放送分iMPACT!試合結果速報
4/5放送分iMPACT!試合結果速報です

先週のハイライト映像でスタート。
ロッカールームでクリスティへミーが、今夜TNA史上初のロックボックスショウダウンが行われるとアナウンス。4つの鍵がかかった箱が用意されており、8人のノックアウトが参加するイリミネーションタッグマッチを行い、ピンフォールを奪った者は鍵を入手する権利が与えられ、4人が鍵を取得。箱の中身はポイズン(タラのタランチュラ)、タイトル挑戦権、ノックアウトタイトル、観客の前でストリップ)の4つ。

オープニング映像。今夜はリベンジマッチがテーマ。ディネロvsウルフ、アングルvsアンダーソンのラダーマッチと、ノックアウトロックボックスショウダウン戦が発表される。
ホーガンのテーマがヒット、アビス、ホーガン、ジャレットがリングに登場。
アビスがフレアーを挑発。フレアーのテーマがヒット。チェルシーが車椅子を押して、フレアーが登場。スティングも帯同している。さらにウルフ、ビアマニーもついている。フレアーはチームフレアーのメンバーを賞賛。自分のHOFリングを見せ、これをアビスに食らわせてやると言う。
ホーガンは、自分たちは万全だというと、時は来たのだと言う。フレアーがリングに入ろうとすると、ジャレットはスティングに、バットを持ち込むなと言う。スティングは構わずリングイン。ジャレットは、なぜダークサイドに堕ちてしまったのか、観客たちに説明しろと言う。スティングはただ笑っている。ジャレットがスティングにビンタ。スティングはジャレットにスコーピオンデスドロップを見舞う。
その他のチームフレアーのメンバーもリングイン。チームホーガンを襲うが、ジェフハーディのテーマがヒット。ハーディとRVDが登場して、チームフレアーを追い払う。マイクテネイは、RVDvsジェームズストーム戦を次に行うと発表。

RVD vs ジェームズストーム
すでに試合が開始された状態でCM明け。
RVDのローリングサンダーが決まるが、ストームがキックアウト。RVDが畳み掛けようとするが、ストームは延髄斬りでカウンターを取ってアイオブザストームをヒット。RVDがキックアウト。RVDはハイキックを決めると、開脚式ムーンサルトで3カウント。
勝者:RVD
試合後、RVDが勝利を祝っていると、ストームがビール瓶でRVDを殴る。セキュリティが出てきてCM。

CM明け、リングには血まみれのRVD。ジェフハーディが現れてストームを追いはらうが、客席から忍び寄ったルードが背後からジェフを襲ってスパインバスターをヒット。

クリスティがタラ、ハマダ、アンジェリーナラブ、ODBにインタビュー。タラは、冗談のような試合であり、TNAは視聴率のことしか考えていないと言う。ラブは、レスリングに公平性など無いのだと言い、ノックアウトタイトルを奪うと言う。ODBは、タイトルよりも挑戦契約書が欲しいという。ハマダは日本語で何か言う。

ホミサイド vs ロブテリー TNAグローバルタイトルマッチ
ホミサイドはゴング前に仕掛けるが、テリーは片手であしらう。ホミサイドをリフトアップスラムで投げつけ、ランニングパワースラムで勝利。
勝者:ロブテリー タイトル防衛

試合後、ホミサイドはイスで何度もテリーを攻撃。頭を殴って、テリーが流血。テリーはホミサイドを投げつけて反撃。オーランドジョーダンのテーマがヒット。ジョーダンは胸に白いペイントで登場。テリーと睨み合う。
ビューティフルピープルが控え室でウォームアップ。レイシーは新品のパンティを見せびらかす。

タラ、アンジェリーナラブ、ODB、ハマダ vs レイシーフォンエリック、ベルベットスカイ、マディソンレイン、ダフニー ロックボックスショウダウン
イリミネーションタッグルール。ただし、フォールを奪った側も、退場していくルール。勝者には鍵が与えられる。
試合開始早々。タラがウィドウズピークでレインを仕留める。2人が退場してCM。
CM中にハマダからダフニーがピンフォールを奪っている。ODBがスカイにフォールアウェイスラムを決めるがカバー出来ず。逆にスカイがDDTでピンフォール。
レイシーがムーンサルトを失敗し、ラブがライトアウトをヒットしてピンフォール。
勝者:タラ、ダフニー、ベルベットスカイ、アンジェリーナラブ
箱の中身は後ほど発表。

Mrアンダーソン vs カートアングル ラダーマッチ

リーサルロックダウンで使用される鍵を2人で争う。
アングルが登るラダーをアンダーソンが突き倒した際、アングルが後頭部から場外に落下。しかし試合は続行。リングに戻り、アンダーソンがラダーに登るのを、ラダーへのドロップキックで打ち落としたアングルが、ラダーにケネディを寝かせて、コーナー上からムーンサルトをヒット。アングルはアンダーソンを鉄柱に突っ込ませて、ラダーを登る。アンダーソンはアングルのタグを持ち出して、ストラップで首を絞める。アングルは構わずラダーを登って鍵に手をかけるが、ここで意識を失って落下。アンダーソンが鍵を獲得。
勝者:Mrアンダーソン
試合後、アンダーソンはマイクでこれからロックダウンの勝利を祝ってくるという。

ぼラッシュがホーガンにインタビュー。先週、ビショフがホーガンのいない間に、職権を乱用したと言う。ホーガンは、当事者同士が話すべき問題で、公の発言は控えると言う。ボラッシュは、今週はなぜビショフの姿が見あたらないのかと尋ねると、ババザラブスポンジが登場。
ホーガンはババの真意を尋ねるが、ババはホーガンにへつらうのは沢山だと言って立ち去る。リーサルが現れて、自分はホーガンの味方だと言うが、ホーガンは皮肉げに、いつ裏切るか分からない奴の助けを求めていたんだと言う。

バックステージでクリスティがマットモーガンにインタビュー。モーガンはタッグのベルトを2本とも持っている。クリスティ、誰を新たなパートナーに選ぶのかと尋ねると、モーガンは自分一人でベルトを守ると言う。クリスティは、次の試合の勝者を相手に、モーガンの健闘を祈ると言う。

モーターシティマシンガンズ vs チーム3D TNA世界タッグタイトル挑戦者決定戦
Xplosionで行われた試合の再戦。Xplosionの際はダブルフォールでドロー。
セービンを倒して、レイがテーブルをコールしたところで、ザ・バンドが乱入。チーム3Dを攻撃し、ナッシュは両拳にメリケンサックを装着してレイを殴る。さらに、両チームを攻撃し、それぞれのフィニッシャーを披露して、スプレー塗料をかける。

CM明け、まだバンドのメンバーがリングにいる。ババザラブスポンジが登場。ナッシュは、小切手にはサインしていないが、番組は自分たちが運営すると言い、ホーガンに対し、ビショフやフレアーに気を取られている暇は無いというと、自分たちこそホーガン最大の悪夢だという。そして、ホーガンを担がされるのには、もううんざりしているのだという。

ボラッシュがディネロにインタビュー。ディネロはロックダウンでTNAタイトルを奪うと言うが、ウルフが現れて、先週、ディネロに勝った自分こそ、ロックダウンでタイトルに挑戦するべきだと言う。ディネロはそれに同意すると、今夜のウルフとの試合に、ロックダウンの出場権をかけるといい、今夜は新たな試合をみせるという。

ダグウィリアムズが登場。自分以外のXディビジョンの選手たちは、レスリングスクールに戻って出なおせと言い、自分のことはダグラス・ウィリアムズと呼べと言う。そして、ガントレットマッチでレスリングを教えてやると言う。

ダグラスウィリアムズ vs ジェネレーションMe ガントレットマッチ
ジェレミーバックが先発。ムーンサルトでダグを倒すが、ダグはキックアウト。さらにジェレミーは攻撃を続けるが、ダグに通じず、逆にカオスセオリースープレックスを食らってピンフォール。
続いてマックスバックが登場。素早く丸め込みを狙うが、キックアウトされる。マックスは果敢に攻め込むが、ダグのギロチンチョークに捕まってタップアウト。
勝者:ダグラスウィリアムズ
シャノンムーアが現れ、ダグの顔になにかをかけようとするが、ダグはリングから離れる。ムーアは、ダグのような退屈なレスラーはXディビジョンに必要ないと言い、ロックダウンでの対戦を求めるが、ダグは黙って立ち去る。

クリスティがチーム3Dのアイシング中にインタビュー。レイは、これまでウルフパックと自分たち道が交わることはなかったが、来週、対戦をもとめるという。ディーボンは、来週奴らをやっつけると言う。

デズモンドウルフ vs ディアンジェロディネロ
ウルフのタワーオブロンドンを切り返したディネロが、膝パッドを外して倒れたウルフの顔面へのDDE(倒れた相手へのイライジャエクスプレス)をヒットしてピンフォール。
勝者:ディアンジェロディネロ
試合後、ディネロがステージまで引き上げたところで、AJスタイルズが襲撃。カメラマンが巻き添えを食う。AJはディネロをリングに押し戻してスタイルズクラッシュをヒット。アビスのテーマがヒット。AJを追いかけていくが、背後からウルフが襲撃。アビスがウルフに振り向いたところで、AJがアビスにチョップブロック。ウルフは消化器でアビスを殴る。

ボラッシュが、ロックボックスショウダウンの鍵獲得者達と一緒にいる。これから箱をあけるという。最初に開けるのはスカイ。中にはタイトル挑戦権が入っている。次はタラ。中からポイズンが出てくる。
続いてダフニーとラブが同時に開けると、ラブはノックアウトタイトル。ダフニーのストリップが決定。
TNAノックアウト新チャンピオンはアンジェリーナラブ
ダフニーは立ち去ろうとするが、ボラッシュは義務を果たさないとTNAをクビになるという。ダフニーはゆっくりとリングに向かうが、顔は嫌がっている。レイシーがリングに上がり、ダフニーをブサイク棒で殴ってストリップをやめさせると、自分が脱ぎ始める。
ラブとタラが花道で、ベルトを巡って乱闘。2人は、まだレイシーがストリップを続けているリングになだれ込んでくる。スカイがマイクを持つと、ビューティフルピープルの会則第1条は、「美しくないものは、美しいものの引き立て役に過ぎない」だと言い、来週、タイトル挑戦権を行使してラブとレザー&レースマッチで対戦すると言う。
一触即発の両者を、セキュリティが分ける。
ダニエルズが解雇!?
4/4付TNAニュース速報です

★prowrestling.netは、TNAがダニエルズを解雇したと報じています。すでに「フォーリンエンジェル」クリストファーダニエルズとしてROHに出場し、さらに継続出場も発表されており、信ぴょう性は高いと見られています。

☆TNAはヘルナンデスの復帰の際、ホミサイドとLAXを再結成して登場させることを計画しているそうです。ヘルナンデスはTNAを欠場中ですが、ストーリーライン上は怪我の為とされていますが、実際はメキシコ遠征中です。

☆最近、ODBの出場機会が無いのは、破裂した胸のインプラントを修復する手術を受けるためだったそうです。

★サリータは、試合のため日本に遠征中です。

☆メキシコのAAAは、6/6に行われる年間最大イベント、トリプレマニアにカートアングル、RVD、ジェフハーディのいずれかを招聘したいと考えているそうです。ジェフハーディに関しては、ジェフがTNAと契約を結ぶ前に、AAAも契約を目指して接触していたそうですが、ジェフが抱えている裁判のスケジュールが問題になり、手を引いていたそうです。一方、カートアングルの招聘に関し、アングルが米国外で試合を行う際に要求するギャラの高さが障害になると予想されているそうです。
iMPACT!視聴率はHBKに惨敗
3/30付TNAニュース速報です

★3/29放送分iMPACT!視聴率は0.6%でした。

☆ナスティボーイズは、TNAと90日間のトライアウト契約を結んでおり、正式採用に至らなかったため、そのままTNAを離脱したそうです。

★元WWEディーバのブルックこと、ブルック・アダムズが、今週のiMPACT!からエリックビショフの秘書Msテッシュマッカーとして登場しています。ブルックはECWに所属していましたが2007年の11月に解雇されていました。なおテッシュマッカーという名前は、映画「スーパーマン」に登場したレックス・ルーサーの秘書の名前からつけられたと見られています。

★ディクシーカーターは、ツィッターで今回の低視聴率に関し、引退は一度しかできなくて良かったとコメントしています。また、ショーンマイケルズの素晴らしいキャリアを祝福しています。

◆4/17に行われる、ストライクフォースに出場すると言われていたボビーラシュリーですが、結局、出場者リストに名前がありませんでした。ラシュリーは5/15の大会に出場するのではないかと噂されていますが、正式な発表はありません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。